家を安く購入する方法・建てる方法:老後の資金作り・田舎暮らしを実現、格安物件は情報収集と不動産会社選びのポイント

一軒家 安く購入 不動産購入・マンション購入
仲介手数料が無料になる不動産会社

音羽トレンディ
不動産購入時の仲介手数料”無料”

新築一戸建に限らず、売地、中古マンション、事業用物件の仲介手数料最大無料

仲介手数料無料 不動産会社 売買

音羽トレンディの強みは、
売主は業者になります。

売主からの仲介手数料を確定させることで、
買主の仲介手数料を無料としています。
お宝物件購入

要するに、
表に出る前の物件を業者とのコネクションで仕入れることができる訳です。

・3,000万円の場合:約106万円の削減。
・5,000万円の場合:約156万円の削減。

更に
・全国対応
ですから、

音羽トレンディには、お宝物件が出てきたら、連絡して下さい!

と、コネクションを作っておくだけです。

この作業だけで、
お得に不動産の購入が可能です。

また、気になっている物件に関して、
仲介手数料が無料になるのか?
確認、交渉してもらうことも可能です。

>>音羽トレンディ公式ホームページ

家を安く購入する方法

  • 理想の家が欲しい!
  • デザインにこだわった家を建てたい

そもそも高額が不動産ですが、

都心限定で考えれば、
基本的に今は、マイホームを購入するタイミングではありません。

居住用の家は、お金を生みません。

不動産価格が高値で推移している現状で住宅ローンを組んで家を購入となれば、

いざ、売却をしようと思った時、家を売っても住宅ローンが残る(オーバーローン)可能性、後悔するかもしれません。

そもそも、家の査定をする3割の方は、
家の価値より住宅ローンの方が多いというデータがあります。
家を売ってもローンを返せない

≫≫気になる方は家の価値の確認を

今回の記事は、家を安く購入する方法・賢く家を購入するという意味で

  1. お金を生む家づくり
  2. 安く家を仕入れる

今の不動産市況から、この2つを解説します。

販売価格の安さだけではなく、住宅ローンの早期返済、節約、お得物件の情報収集なども含めてちょっとしたコツを紹介します。

お金を生む家づくり

賃貸併用住宅のメリットや、住宅ローンの返済を楽にする方法、学費や老後の資金に活用する方法について

不動産を安く購入する意味は、お得な家を購入したいという意思からくるものです。

賃貸併用住宅を聞いたことがありますか?

一戸建ての一部を賃貸として貸し出す設計の一軒家です。

  • 一部の部屋を人に貸して家賃収入が入れば、住宅ローンの返済が楽になります。
    返済額をアップ、繰り上げ返済にもメリットがあります
  • その資金を、学費・老後の資金に活用できます。

35年の住宅ローンを借りるにしても、

  • 早く住宅ローンの完済したい
  • 毎月の返済が楽なほうがいい
  • リストラにあって家を手放すのは嫌

などを、普通に考えます。

そこで、検討したいのがはたらくおうち(運営:賜典株式会社)の「賃貸併用住宅」です。

結果的に家を安く建てる方法としても人気があります

はたらくおうちのノウハウをまとめた特別レポートダウンロード
家を安く購入する方法
*住宅ローンのシミュレーション・相談、手付金・頭金の相談(目安;10%等)などのサポート体制も充実です

家を安く購入する考えから、

  • お金を生む家を購入する・建てる
  • トータルでお得な家を持つ

これが、1つ目の家の持ち方です。

資産価値の考え方として一考をおすすめします。

>>気になる方はコチラから

家を安く購入する準備

不動産市況は常に動きます。

よって、家・マンションを安く購入する方法もそのタイミングごとに変わります。

  • そもそも新築マンションは、値引き交渉が通用しません。
  • 中古物件であっても、容易に値引き交渉は実現しません。

そのため、選ぶ物件の段階から、割安で購入できる属性を見つけることが大切です。

  • 新築マンションも含めた売れ残り物件
    売れ残り物件は、戸建てでも新築マンションでも、業者は値引き交渉に応じてくれます。
    固定資産税が発生したり、築年数が経過する観点から、
    値引き幅は業者の権限によりますが、少なからず、10%以上安く購入すること・サービスが実現することもあります。

    関連ページ:売れ残りの新築マンション(未入居マンション)を購入するならメリット・デメリット
    値引き交渉の基本・いくら位値引きできる?
  • 中古住宅・築古物件を購入(リノベーション)
    日本は地震大国ということもあり、世界に誇る設計技術です。
    そのため中古住宅・築古であっても、新耐震基準の物件であれば倒壊等のリスクはかなり抑えることが可能です。
    築古物件を購入しリノベーション(間取りの変更・設備の一新)を行う形で、マイホームを安く購入する人は増えています。
    以前、築古戸建て投資としても紹介しました。
  • 訳あり物件を購入する
    人に嫌われる物件は、必然的に安く家を購入することは可能です。
    借地・再建築不可・事故物件・空き家・旗竿地などがそれになります。
  • 注文住宅と建売住宅の比較
    注文住宅は各自のオーダー、カスタイマイズが入るため、必然的に購入額が高くなります。
    そのため、設計デザインは形成された建売住宅の選択が1つです。
    住宅メーカーも完成物件を回転よく売却していくため値引き交渉も可能です。

不動産の購入期は、一般的に金融機関(銀行)から住宅ローンを借りて購入します。

年収をベースにある程度の予算を想定・把握し予算内の物件を物色します。

その意味では、超低金利時代の現状から、少しでも安い金額の物件を見つけることができれば、有利な家の購入を実現できるでしょう。
(1%変わるだけで総額数百万円・場合によっては一千万円の違いがでます)

そこで、具体的に家を安く購入する情報収集を紹介しました。

新しい住宅ローンの制度やキャンペーン情報

住宅ローンは、多くの人々の生活に密接に関わる大きな負担となるため、最新の情報や制度、キャンペーンを把握することは非常に重要です。

最新の住宅ローンの金利情報
近年、日本の金融政策は超低金利が続いており、これに伴い住宅ローンの金利も低水準を保っています。特に、フラット35や固定金利型のローンでは、長期間の金利固定が可能となっており、将来の金利上昇リスクを回避することができます。

銀行や金融機関のキャンペーン
多くの銀行や金融機関は、新規の住宅ローン契約を促進するためのキャンペーンを実施しています。例えば、契約時の手数料無料、初回数回の金利割引、保険料のサポートなど、様々な特典が用意されています。

住宅ローンの選び方のポイント

  • 金利の種類: 金利は、変動金利型と固定金利型があります。変動金利型は、短期間の金利変動に連動して金利が変わるため、初期の金利は低めですが、将来の金利上昇リスクがあります。一方、固定金利型は、契約期間中の金利が固定されるため、将来の金利変動の影響を受けません。
  • 返済プラン: 元利均等返済や元金均等返済など、返済方法にはいくつかの選択肢があります。自身の収入や生活設計に合わせて、最適な返済プランを選ぶことが重要です。
  • オプションサービス: 災害時の保険や、返済保証など、住宅ローンに関連するオプションサービスも考慮するポイントとなります。

住宅ローンは、長期間にわたる大きな負担となるため、慎重な選択が必要です。
専門家のアドバイスや、複数の金融機関の情報を比較検討することで、最適な住宅ローンを見つけることができます。

最新の不動産市場の動向

今年の不動産市場は、多くの変動を見せています。

価格の上昇・下落傾向
近年、都心部のマンション価格は上昇傾向にありましたが、今年は一部で価格の下落が見られるエリアも出てきました。特に、新築マンションの供給過多や、中古マンション市場の活況が影響しているとされています。一方、郊外の戸建て物件は、リモートワークの普及や都心離れのトレンドにより、価格が上昇しています。
人気のエリア
都心部では、アクセスの良さや再開発が進むエリアが人気を集めています。
特に、新しい商業施設やオフィスビルが立ち並ぶエリアは、若い世代を中心に注目されています。
一方、郊外では、自然環境が豊かで、生活インフラが整っているエリアが人気です。
物件タイプのトレンド
マンション市場では、共用施設が充実したタワーマンションや、セキュリティが高いデザイナーズマンションが人気です。
また、ペット可やSOHO利用可能な物件も需要が高まっています。
一方、戸建て市場では、庭付きの物件や、エコハウス、ZEH(ゼロエネルギー住宅)など、環境性能が高い物件が注目されています。
不動産投資の動向
不動産投資市場も活況を呈しています。特に、一棟マンションの取引が増加しており、中でも築年数が古い物件のリノベーションと賃貸化がトレンドとなっています。また、民泊物件の需要も増加しており、観光地やアクセスの良いエリアでの取引が活発です。

今年の不動産市場は、多様なニーズに応える形で変化しています。
これからも、市場の動向をしっかりとキャッチし、最新の情報を取得することが重要となります。

≪補足:環境に優しいエコハウス≫
近年、地球環境の保護と持続可能な社会の実現を目指す動きが加速しています。
その中で、住宅分野も例外ではなく、エコハウスや環境に優しい建材の導入が進められています。
以下は、その最新のトレンドと情報についての詳細です。
詳細はコチラ

≪補足:不動産テクノロジーの進化≫
近年、テクノロジーの進化は目覚ましく、その影響は不動産業界にも大きく及んでいます。特に、VR(バーチャルリアルティ)やAR(オーグメンテッドリアルティ)、AI(人工知能)の導入により、物件の選定や取引のプロセスが大きく変わりつつあります。以下は、その最新の動向と情報についての詳細です。
詳細はコチラ

コロナ禍での不動産市場の変化

コロナウイルスの影響は、多岐にわたる産業に変動をもたらしましたが、特に不動産市場においても大きな影響が見られました。

安く不動産を購入する、ただ資産価値が低い不動産を購入しては意味がありません。

リモートワークの普及と住環境の変化
コロナ禍により、多くの企業がリモートワークを導入。これに伴い、都心の狭い住居から、広々としたリビングや専用のワークスペースを持つ郊外の物件への需要が高まりました。特に、一戸建てや2LDK以上の広さを持つマンションが人気となっています。
郊外への移住トレンド
リモートワークの普及により、都心から離れた場所での生活が可能となったことから、郊外や地方都市への移住が増加。これに伴い、地方の不動産市場も活況を呈しており、特に自然環境が豊かなエリアや、地域おこし協力隊の活動が活発なエリアが注目されています。
オフィス需要の変化
リモートワークの定着により、企業のオフィスに対する需要が変化。大手企業を中心にオフィスの縮小や、フレックスオフィスの導入が進んでいます。一方で、コワーキングスペースの需要は増加し、都心部や駅近の物件での新規オープンが相次いでいます。
商業施設の変遷
コロナ禍による外出自粛の影響で、都心部の商業施設は大きな打撃を受けました。しかし、地域密着型の商業施設や、オンラインとリアルを融合させた新しい形態の商業施設が出現しています。
投資物件の見直し
不動産投資においても、コロナ禍の影響を受けて投資戦略が変わりつつあります。特に、観光地の民泊物件や、都心部の賃貸物件に対する投資意欲が減少。一方で、郊外の物件や、多目的に使用できる物件への投資が増加しています。

コロナ禍は、不動産市場に多くの変化をもたらしましたが、これを機に新しいライフスタイルや働き方が生まれつつあります。
今後も市場の動向をしっかりとキャッチし、変化に柔軟に対応することが求められます。

家を安く購入する情報収集

不動産情報サイトの活用方法や、地方の物件情報の取得方法、不動産営業マンとのコネクションの作り方について。

  • 家を安く建てたい・購入する方法を知りたい
  • 田舎暮らしがしたい
  • 地方移住するために家探しをている
  • 家を安く購入したい

家が欲しいと思った時に、即安い物件・格安が出てくることは滅多にありません。

そもそも売り主(売り手)あってのものなので、買主・売主のタイミングが一致ということは稀です。

買い手の思い通りにはいかないものです。

多くの人は不動産情報サイト(スーモ・アットホームなど)で探すわけですが、

毎日、朝昼晩、物件を探していれば、新着の掘り出し物件に出会う可能性もあるでしょう。

とは言え、手間がかかります。

それ以上に、
地方の物件のケース、広告費の費用対効果が合わず掲載を見合わすことが多く、業者間での情報共有というのが現実です。

また、空き家バンクを物色する人もいると思いますが、
売れ残り中の売れ残り物件であることが多く、ババ抜き的な要素であることは知られていません。

不動産投資も行っている筆者からすれば、
家を安く購入する方法は、
・ ”公に出る前”に情報を入手する
・ ”投売りの物件”を安く買う
これが基本です。

そこで、
家を安く購入するための情報収集、鮮度の高い物件情報を入手するアイデア・テクニックを紹介します。

参考公式サイト
建設産業・不動産業:空き家・空き地バンク総合情報ページ:国土交通省

幸か不幸か、新型コロナウイルス・ウクライナ戦争・悪いインフレ・増税傾向などによって、今後、不動産相場の下落、購入のタイミングが来るかもしれません。

それ以前に、
・ 住宅ローンが返済できない
・ 1日も早く現金化しなくてはいけない
などの人も増えてきました。

そうなると、家を安く購入する方法を知っているか?知らないか?で得する人・損する人の分かれ道になります。

不動産営業マンとのコネクションつくり

コネクション作りは、人間と人間の付き合いですので、非常にアナログな作業です。

そこで、一からはじめる不動産会社の営業マンとの人間関係つくりを紹介しましょう。

ステップ①

  • 欲しい物件の場所・条件を決定する
  • その立地・エリアの不動産会社を検索する
  • 不動産会社に連絡する

不動産会社に直接、欲しい物件情報・条件を電話で伝えます。

そのタイミングで物件がなかったとしても、
「条件に合う物件が出たら連絡ください」
と伝えます。

1社でも多く連絡することがステップ①です。

ただ、これだけでは人間関係は作れません。

家を安く買う方法

ステップ②

条件を伝えただけでは、不動産会社は時間が経つことで忘れてしまいます。

そこで、3週間後にもう1度、連絡します。

3週間くらいでは薄っすら覚えていてくれるでしょうし、2回連絡することで不動産屋もこの人は本気なんだっと認識してくれます。

これによって、ぴったりな条件でなくても、
それなりの物件があれば、1週間以内に連絡があるでしょう。

営業マンに、
この人に会ってみたい
っと思ってもらうのがステップ②です。

ステップ③

実際に会う:内覧・名刺交換がステップ③です。

2回の電話で、営業マンもあなたのことを知りたがっています。

実際にあって、改めて条件提示をすることで人間関係を深めることが可能です。

私の場合、
年収や自己資金、場合によっては融資証明も用意し、不動産会社に伝えます。

ステップ③までの作業を複数の業者と行っておけば、少なからず優良物件情報は流れて来るでしょう。

ただ、人間関係は信頼関係あってのものなので、実際に売買締結を行ってはじめて強固な人間関係が築けると思っていたほうがいいでしょう。

築古物件に手を出している芸能人

芸能人が築古物件を購入した事例や、そのメリット・デメリットについて。

最近だと千原せいじが自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で、380万円の激安物件を購入したことを報告しましたね。

中古・特に築古物件を選ぶ理由は、

  • とにかく物件価格が安い!安く購入できる
  • 物件数が多い
  • リフォーム・リノベーションで再生可能

などのメリットがあります。

逆にデメリットを上げれると

  • 古い・状態がかならずしもよくない
  • 耐用年数から住宅ローン契約・融資の審査が通りにくくキャッシュが必要
  • 見えない瑕疵が潜んでいる

なども見逃せません。

購入した物件は、風光明媚な海辺の町に佇む築46年の集合住宅。
3部屋のうち既に2部屋に入居者がいるため、最初から家賃収入が望めるという好条件の家屋で、購入値段は380万円だったという。

  • 築古物件を安く購入して住む
  • 築古物件を安く購入して貸す

いずれにしても、安く購入できれば、選択肢は広がります。

  • どこまで手(リフォーム)を入れるか?
  • 手を入れないと住めないレベルか?
  • 基礎もダメ・傾きもあり、クソ物件をつかまされたか?

このリスクをどこまで許容して物件を購入するか?という最終判断はあれど、選択肢が広ければ広いだけリスク管理・リスク回避が可能です。

余談ですが、
今回の場合、千原せいじさんは、
>実際に自分が購入した物件を訪問。年季の入ったその外観を目の当たりにして「『ボロい、ボロい』とは聞いてたけど、ここまでとは思いませんでしたよ」と苦笑いを浮かべた。

物件を見ずに購入した模様。
任せられる右腕がいてその人の判断ならまだいいが、不動産会社を信頼して購入ということであれば、ババをつかまされた可能性が高くなる。
不動産会社なんて、手数料取ることしか考えていませんので・・・。
なんなら右腕だと思っていた人であっても、キックバック狙いで動く人少なくないですから・・・。

忘れていけないこと

人間関係ができたとしても、全て優良物件が届くわけではありません。

不動産投資で失敗しない方法は、何度も言いますが購入がすべてですので、ババをつかまされたら絶対アウトです。

多くの失敗者は、買いたい買いたい病になり、焦って物件を購入してしまいがちです。

人からの情報には、
ノルマのため営業成績のための切羽詰った状況下での情報が届くことも忘れてはいけません。

・騙すつもりはないとしても・・・
・悪質だと思っていないとしても・・・
少し怪しいと思ったら、一歩引いて俯瞰ふかんにみることも重要です。

見積もりや内容に疑問があれば、あとあと問題・トラブルにならないように、担当者に事前に納得いくまで確認・相談しましょう。

会社からの情報:新着物件メール

人からの情報、強固な人間関係構築は
一度築いてしまえば、後は連絡待ちで済みますが地道な作業です。

そんなの面倒という人におすすめなのが”会社からの情報環境の構築”です。

安く家を買うための準備みたいなものです。

少し話は脱線しますが、

昔は、いい物件があれば業者や特定のオーナーに情報を流していました。

表向きは、紹介したい・買って欲しい人に情報を流したいということですが、

実際には、知っている人なら話が早い、営業がしやすいというのが本音だったりします。

不動産屋は、誰であろうと早く売買を締結し仲介手数料が欲しいわけです。

インターネットの発展によって、情報の広がりが早くなったことで、
購入するか分からない上客にアナウンスの手間を割くよりも、レインズに掲載するタイミングで不動産情報サイトにアップを流れ作業化する不動産会社が増えてきました。

要するに、不動産情報サイトに掲載される物件にお宝物件が増えているのが現状です。

となれば、各不動産サイトの新着物件情報に注視したいところです。

節約を駆使する

  • 安くものを買う
  • お得な商品を買う

この基本は、良いものに出会うことが基本です。

ただ、その前提に節約できる部分、余計な出費・削減できる諸費用を削ることもポイントです。

不動産の場合

  • 仲介手数料をはじめとした各種事務手数料・取引手数料
  • 保険料(火災保険・地震保険)
  • 不動産登記代金・司法書士への報酬
  • 税金:印紙税、登録免許税、不動産取得税など
  • 土地取得費・設計・建築料金
  • リフォーム・リノベーション費用

また、手続きは自分で行うなど、削減できるコストを削減してこそです。

以前、不動産仲介手数料無料の不動産会社を紹介しました。

住宅購入における仲介手数料は、
2000万円で3%の60万円(+6万円+消費税)、3000万円なら100万円程度のコストカット、かなり大きな金額ですね。

仲介手数料ゼロを掲げている不動産会社を利用すれば、引っ越し費用以上の削減が可能というわけです。

参考ページ:不動産購入時の諸費用・初期費用

一軒家を安く購入する方法

家を安く買うアイデア

友人と話をしている時のこと。

地元の友人が家を建てたいということで、話を聞くと

  • 土地の購入で1000万円(坪単価20万円×50坪)
  • 建物 1500万円

2500万円程度を考えているという。

エリアを聞くと、あれ?

その近所の築古一軒家を
不動産投資用の物件として物色していたのです。

たしか、800万円くらいで出ていたけど、300万円までは指値(値切る)行ける!っと感じたのを思い出しました。

築25年:100万程度のリフォームで大丈夫

いい物件ってどうやって仕入れるの?

不動産投資の成功者の行動:いい物件ってどうやって仕入れるの?新着物件メールとは?
新着物件メールとは?
https://www.town-life.jp/fudousan/

家を購入するためのテクニック・窓口として

  • 値引き・値下げ交渉を行う
  • 住宅ローンの金利を安く抑える
  • 仲介手数料不要の物件を購入する
    音羽トレンディ・ゼロ区
  • 時期を考えると決算期に合わせて購入する

などの種類もあります。

《更新履歴》

  • 2019年(令和元年)1月:記事アップ
  • 2021年(令和3年)6月:口コミ・体験談追加
  • 2022年(令和4年)5月:調査内容をリライト
  • 2023年(令和5年)10月:文字数追加
  • 2024年(令和6年)1月:画像追加

家を安く建てる・新居を買うための知識を紹介しました。
不動産価格は、外的要因にも影響を受けるため、絶好のタイミングの見極めも重要です。

スムーズに物事を進めるために
物件の本体価格を値切ること以外にもたくさんあります。
実際に現地に足を運ぶと値引き材料が落ちていることもあります。
はたらくおうちを活用すれば、早めのローン返済も実現、安心感が得られ、旅行・家具・家電など欲しいもの費用にもなります。
大幅にローン返済期間が短縮できれば、土地を担保に融資を受けるなどのバリエーションも生まれます。

リノベーションや耐震・防音・防振対策にも費用を捻出できます。

安く購入できれば、住宅ローンの負担や老後の生活も少なからず楽になります。

家の購入は人生で最も高額な買い物ですので、
ファイナンシャルプランナー・専門家などお金のプロのアドバイス・ライフプランシミュレーションでお金と人生のイベント両面からタイミングを考えるのもおすすめです。

優先順位を明確するためにもまずは問い合わせを。
プロによる手配が大きな手助けになります。

激安物件情報を入手するには

激安物件・格安物件の情報収集。

個人的に、ここ数年、情報収集の形が大きく変わってきました。

昔から不動産会社に顔を出したり売買実績で営業マンとのコネクションを大事にしていますが、

今は、メール配信ツールがメインとなりました。

  • 希望エリア(市町村)
  • 購入希望価格

をリスクエストするとそのエリアの不動産会社から最新情報・非公開物件情報が届きます。

昔は難しかった複数の地元の不動産会社から簡単に情報が取れるようになりました。

《効率よく情報を入手》
申し込み時に、具体的な情報を伝えることがポイントです。
・400万円以内でリフォームに必要のない一軒家
・駐車場1台は必須:1000万円の一軒家
・鎌倉の古民家の激安出てきたら連絡ください
・空き家で無料物件があれば、検討したいです
・別荘地の管理がしっかりしているリゾートマンションがあれば連絡ください
など。
少しでも安く一軒家を購入できれば、
ゆくゆくは賃貸に回し、田舎暮らしの副収入にもなりますしね。
*一軒家を400万円で購入し、5万円(年間60万円)で賃貸しても利回り驚異の”15%”ですからね

不動産を安く購入するには?

ちなみに筆者は、
投資物件用も含め、少しでも多くの物件を見るために、希望エリアを多めにチェックしています。

*また、ジャンジャン電話連絡されても困るので、連絡はメールでお願いしますという形を取ってます。
昔の営業マンは電話連絡が多かったですが、最近は商圏(ユーザー属性)が広がったことでメールが一般化しつつあります。

【登録方法】
タウンライフ物件探しに移動し、①都道府県を選択し・②次へをクリックで登録可能です。
一軒家を安く購入した
>>家を安く購入するならこちら

【注意点】
昨日、登録を行った方、メアドが間違っていたようです。連絡手段が断たれてしまうため、登録時はご注意を。

家を安く購入するテクニック