ふるさと納税と節税にならないの?ただの寄付?不動産投資オーナーにもおすすめ?メリットと活用法

ふるさと納税と節税にならないの?ただの寄付?不動産投資オーナーにもおすすめ?メリットと活用法 ふるさと納税 不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

ふるさと納税 節税

日本の税制には、地方自治体への寄付を通じて税金を節約できる「ふるさと納税」という制度が存在します。

この制度は、地方自治体の財政を支援し、地域振興を促進する目的で設けられています。

しかし、その仕組みや活用法、節税効果などは、まだ十分に理解されていないかもしれません。

また、
ふるさと納税は節税ではない!
という言葉もよく言われます。

この記事では、ふるさと納税の基本的な仕組みから、具体的な節税効果、さらには不動産投資との関連性についても詳しく解説します。

また、実際にふるさと納税を活用して節税を実現した人々の体験談も紹介します。

ふるさと納税とは何か?

ふるさと納税は、
自分が選んだ自治体に寄付を行い、その寄付金額の一部を所得税や住民税から控除できる制度です。

この制度の目的は、地方自治体の財政を支援し、地域振興を促進することです。

<ふるさと納税の流れ>

  1. 寄付の申し込み
    自治体のウェブサイトやふるさと納税専用のポータルサイトを通じて、寄付を希望する自治体を選び、寄付の申し込みをします。
  2. 寄付金の支払い
    寄付金の支払いはクレジットカードや銀行振り込みなど、さまざまな方法があります。
  3. 税金の控除
    寄付金額から2,000円を引いた金額が、所得税や住民税から控除されます。この控除は、確定申告をすることで適用されます。
  4. 返礼品の受け取り
    寄付をした自治体からは、返礼品がもらえることもあります。返礼品は自治体の特産品や地域の名産品など、さまざまです。

《ふるさと納税専用のポータルサイト》
ふるさと納税サイトは、全国の地方自治体への寄付(ふるさと納税)をオンラインで行うことができるポータルサイトです。
寄付を希望する自治体を自由に選ぶことができます。

  • 全国の自治体への寄付:全国の地方自治体へ寄付を行うことができます。寄付を希望する自治体を選び、寄付金額を指定するだけで、簡単にふるさと納税を行うことができます。
  • 返礼品の選択:寄付をした自治体からの返礼品を選ぶことができます。返礼品は自治体の特産品や地域の名産品など、さまざまです。
  • 寄付金の支払い:クレジットカードや銀行振り込みなど、さまざまな方法で寄付金の支払いを行うことができます。
  • 確定申告のサポート:確定申告に必要な書類の発行も行っています。これにより、確定申告をスムーズに行うことができます。

【参考サイト】
au PAY ふるさと納税
わが街ふるさと納税
ふるさと納税ニッポン
ふるさとパレット

ふるさと納税のメリット・デメリット

ふるさと納税の最大のメリットは、税金の節約です。
寄付金額の一部が税金から控除されるため、実質的な自己負担は寄付金額から控除額を引いた金額となります。

ふるさと納税のメリット

節税効果
ふるさと納税の最大のメリットは、税金の節約です。
寄付金額の一部が税金から控除されるため、実質的な自己負担は寄付金額から控除額を引いた金額となります。
地方自治体への貢献
寄付金は地方自治体の財政を支援し、地域振興を促進します。

自分が愛着を持つ地域を支援することができます。

返礼品の受け取り
寄付をした自治体からは、返礼品がもらえることもあります。
これにより、寄付を通じて地域の特産品を手に入れることができます。

ふるさと納税のデメリット
一方で、ふるさと納税には以下のようなデメリットもあります。

確定申告の必要性
寄付金額が一定額を超えると、確定申告が必要になります。
確定申告は手間がかかるため、これが負担と感じる人もいます。
控除額の上限
ふるさと納税の控除額には上限があります。
そのため、寄付金額が所得の一部を超えると、その部分は翌年に繰り越すことはできません。
すぐに全額控除されるわけではありません。
返礼品の質
返礼品は自治体によって異なり、期待したものと違う場合もあります。
また、返礼品のために寄付を行うと、本来のふるさと納税の目的である地方振興から逸脱する可能性もあります。

節税効果の計算方法

ふるさと納税の節税効果は、寄付金額と所得税率によって決まります。

  • 寄付金額から2,000円を引く
    ふるさと納税では、寄付金額から2,000円を引いた金額が所得税や住民税から控除されます。この2,000円は自己負担額と呼ばれます。
  • 所得税率を掛ける
    自己負担額を引いた金額に、自身の所得税率を掛けます。
    これが節税効果となります。

例えば、寄付金額が100,000円で、所得税率が20%の場合、節税効果は以下のように計算できます。
(100,000円 – 2,000円) × 20% = 19,600円
この場合、節税効果は19,600円となります。

《節税の上限》
ふるさと納税の節税の上限は、所得と家族構成によって決まります。

また、住民税の控除上限額は、所得金額と扶養親族の数に応じて設定されています。

具体的な上限額は、各ふるさと納税サイトで確認することができます。
参考:au PAY ふるさと納税

ふるさと納税と不動産投資

不動産投資は、賃料収入を得ることで所得を増やす一方で、経費やローンの利息を所得控除として計上することができます。
これにより、税金の負担を軽減することが可能です。

《不動産投資とふるさと納税の関係》

ふるさと納税は、給与所得だけでなく、他の所得(事業所得・不動産所得)も合算して計算することが可能です。

そのため不動産投資を行っている人は、所得が増えるため、ふるさと納税の節税上限も増えます。

不動産投資とふるさと納税を組み合わせることで、より大きな節税効果を得ることが可能です。

《ふるさと納税と不動産投資の併用メリット》
不動産投資とふるさと納税を併用することには、以下のようなメリットがあります。

大きな節税効果
不動産投資により所得が増えると、ふるさと納税の節税上限も増えます。
そのため、不動産投資とふるさと納税を組み合わせることで、より大きな節税効果を得ることが可能です。
投資リスクの軽減
不動産投資は、物件の選定や運用、管理などにリスクが伴います。
しかし、ふるさと納税を活用することで、そのリスクを一部軽減することができます。
節税効果により、投資にかかるコストを下げることができるからです。
地方自治体への貢献
不動産投資で得た所得を地方自治体に寄付することで、地域振興にも貢献することができます。
また、投資物件のある地域に寄付を行うことで、その地域の発展に直接寄与することも可能です。
返礼品の受け取り
寄付をした自治体からは、返礼品がもらえることもあります。
これにより、投資の一部を回収する形で、地域の特産品を手に入れることができます。
 
【ふるさと納税の活用法】

  • ふるさと納税の活用法:一般的なケース
    一般的なケースとしては、自己負担額を考慮した上で、節税効果を最大限に活用するために、所得に応じた適切な金額を寄付することです。
  • ふるさと納税の活用法:不動産投資者
    不動産投資者の場合、所得が増えるため、ふるさと納税の節税上限も増えます。
    そのため、不動産投資とふるさと納税を組み合わせることで、より大きな節税効果を得ることが可能です。
  • ふるさと納税の活用法:高額所得者
    高額所得者の場合、所得が多いほどふるさと納税の節税上限が高くなります。
    そのため、高額所得者は、ふるさと納税を活用して大きな節税効果を得ることができます。

節税対策としてのふるさと納税

ふるさと納税は、所得税や住民税の節税対策として有効です。
特に、高額な所得がある場合や不動産投資を行っている場合には、節税効果が大きいです。

ふふるさと納税を活用することで、自己負担額を最小限に抑えつつ、最大限の節税効果を得ることができます。
また、寄付を通じて地方自治体を支援することで、地域振興にも貢献することができます。

ただし、確定申告が必要、手間になります。
また、寄付金額が控除上限を超えた場合、超えた部分は控除の対象とならず、その分は自己負担となります。

ふるさと納税は節税にならないのか?

ふるさと納税は節税にならない!とよく言われます。

厳密に言えば節税効果はありますが、寄付という側面上、劇的に節税にはならないというのが結論です。

自己負担額
ふるさと納税では、寄付金額から2,000円を引いた金額が所得税や住民税から控除されます。
この2,000円は自己負担額と呼ばれ、これが実質的な負担となります。
つまり、寄付金額全額が節税になるわけではないため、一部の人々はこれを節税とは認識していません。
控除上限
ふるさと納税の控除額には上限があります。
その上限を超えた部分は控除の対象とならず、その分は自己負担となります。
したがって、寄付金額が控除上限を超えた場合、節税効果は限定的となります。
返礼品の価値
ふるさと納税を行うと、寄付をした自治体から返礼品がもらえることがあります。
しかし、返礼品の価値が寄付金額に見合わない場合や、返礼品が不要な場合、節税とは言えないと感じる人もいます。
確定申告の手間
寄付金額が一定額を超えると、確定申告が必要になります。
確定申告は手間がかかるため、これが負担と感じる人もいます。

ふるさと納税体験談

ふるさと納税について、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

年収600万円の会社員です。
ふるさと納税を知った彼は、自身の出身地である地方自治体に寄付を決めました。
年間で7万円を寄付しました。
その結果、所得税と住民税から約5万円が控除され、実質的な自己負担は2,000円だけでした。
さらに、彼は寄付のお礼として地元の特産品を受け取りました。

不動産投資を行っている個人事業主です。
不動産から得た所得をさらに地方自治体へ寄付することで、節税効果を最大限に活用しました。
年間で22万円を寄付し、その結果、かなりの節税効果がありました。

自営業者で、年間所得は200万円です。
ふるさと納税を通じて地元の自治体を支援することを決めました。
ただ、5,000円以下の寄付でもらえる返礼品は、選択肢が少なく節税効果はあまりありませんでした。

《関連公式サイト》
ふるさと納税ポータルサイト:総務省
企業版ふるさと納税ポータルサイト – 地方創生推進事務局
自己負担なき「寄附」の在り方が問われる「ふるさと納税」:参議院

よくある質問・Q&A

ふるさと納税の寄付金額はどのくらいが適切ですか?

ふるさと納税の寄付金額は、所得や家族構成によって節税上限が決まります。
その上限内で、自己負担額を考慮した上で寄付を行うことが適切です。

ふるさと納税の手続きは難しいですか?

ふるさと納税の手続きは、自治体のウェブサイトやふるさと納税専用のポータルサイトを通じて行うことができ、比較的簡単です。
ただし、寄付金額が一定額を超えると確定申告が必要になることがあります。

ふるさと納税の返礼品は何ですか?

ふるさと納税の返礼品は、寄付をした自治体から送られてくる商品やサービスです。これらは自治体の特産品や地域の名産品など、さまざまです。

ふるさと納税はどのように税金を節約できるのですか?

ふるさと納税は、寄付金額の一部を所得税や住民税から控除できる制度です。
そのため、寄付を行うことで、税金の負担を軽減することができます。

ふるさと納税の節税と不動産投資:まとめ

ふるさと納税は、地方自治体への寄付を通じて税金を節約する有効な手段です。

その節税効果は、寄付金額と所得によって異なりますが、一般的には寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されるため、実質的な自己負担は寄付金額から控除額を引いた金額となります。

また、寄付をした自治体からは返礼品がもらえることもあります。

特に、高額な所得がある場合や不動産投資を行っている場合には、大きな節税効果を得ることが可能です。

しかし、確定申告が必要になることや、寄付金額が所得の一部を超えても、翌年に繰り越すことができないなど理解しておくことが重要です。

ふるさと納税は、自分自身の生活を豊かにするだけでなく、地方自治体の振興にも貢献できる制度です。

その仕組みを理解し、適切に活用することで、自分自身の税負担を軽減しながら、地方自治体の発展にも寄与することができますね。

【参考サイト】

  • au PAY ふるさと納税
    au PAY ふるさと納税は、KDDIが運営するふるさと納税のポータルサイトです。全国の自治体への寄付が可能で、au PAYのポイントを使って寄付を行うこともできます。
  • わが街ふるさと納税
    わが街ふるさと納税は、全国の地方自治体への寄付をサポートするサイトです。寄付金額に応じた返礼品の選択が可能で、地方自治体の振興に貢献できます。
  • ふるさと納税ニッポン
    ふるさと納税ニッポンは、全国の自治体への寄付を簡単に行えるポータルサイトです。返礼品の検索や比較が容易で、自分に合った自治体を見つけやすいです。
  • ふるさとパレット

    ふるさとパレットは、全国の自治体への寄付をサポートするサイトです。返礼品の豊富さが特徴で、地域の特産品を手に入れることができます。