《PR》

ネズミが掘った穴とその対策:ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの習性を知り、家庭への被害を防ぐ完全ガイド

地面に空いた穴はネズミが掘った穴かも? ネズミが掘った穴

害虫駆除・害獣駆除:おすすめサイト

庭や、街路樹の下、排水桝付近、建物の基礎付近の穴など、地面に空いた謎の穴。見たことありますか?

ネズミは地面に穴を掘ります。

もしかすると、その穴はネズミの穴かもしれません。

ネズミが掘った穴

ドブネズミは土の中にトンネルを掘って巣を作る習性があるくらいなので、他のネズミよりは達者です。

「ドブ」という名前の通り、水を好むので、下水の中を移動したり土手に巣穴を作って住むことも多いです。

気を付けていると川べりに丸いネズミサイズの穴が開いているのを見ることがあります。全部がそうとは限りませんが、結構ネズミの穴だったりするんですよ~。

ドブネズミ以外のネズミ掘ります。ハタネズミは田畑や河原に穴を掘り地中を巣穴にして農作物を食い荒らします。

地中に巣を作るドブネズミは、かなり手ごわくて苦戦するようです。
ねずみの習性についてはこちらでご説明してあります。

NYではネズミの穴にドライアイスを大量に入れて、窒息死させる作戦をとって話題になりました。

巣穴をこれで攻め、二酸化炭素を充満させて窒息死させるというやり方です。

マンハッタン南部のチャイナタウンのある公園では1200匹を駆除し、60カ所あった巣穴は2カ所に減ったと当局者はコメントしていました。

これはうまくいくとネズミの死骸を回収する必要もないので便利です。放置していても土に還るだけですから。
ドライアイス作戦はその後、どうなったんでしょうか?

ネズミが掘った穴

クマネズミの穴掘りの実態

クマネズミは都心部で多いネズミです。もともと木の上で生活するネズミなので、天井裏など乾いた環境を好みます。
したがって、クマネズミは地面の土は掘らないという意見がありますが、それは違います。

うちに入り込んだクマネズミは地面からやってきました。

なんと隣の敷地からブロック塀の基礎をくぐり、床下まで続くトンネルを築きながら、経年劣化した下水桝の穴を利用して床下に侵入してきた強者です。
基礎の亀裂から床下に入ったルートもあります。

青ルートが下水桝ルート
赤ルートが基礎の亀裂ルート

ぼろぼろの下水桝の穴もショックでしたが、隣の敷地から入り込むなんて誰が想像できるでしょう? ぜんぜん気が付きませんでした。

ネズミが掘った穴、うちに入り込んだクマネズミは隣の敷地からブロック塀の基礎をくぐり、床下まで続くトンネルを築きながらやってきた強者です。

ハツカネズミの穴掘り活動

ハツカネズミも地面に穴を掘るネズミです。
ハツカネズミの被害例が少なくて情報が乏しいのですが、証拠写真を見つけましたので貼っておきます。

ネズミが掘った穴 ハツカネズミも地面に穴を掘る

地面に穴を利用するその他の動物たち

イタチ、ヘビ、モグラ、鳥、虫などがあります。

イタチの巣穴の秘密

あちこちに穴をいくつも掘ります。気温変化の少ない土の中を好むようです。ネズミのように家屋に侵入して巣を作ることもあります。

ヘビが冬眠する場所とは?

冬に寒さから身を守るため、穴を掘って冬眠します。暖かくなると出ていきます。

モグラのトンネルシステムを探る

きれいな穴を作り、穴の内部はトンネルになっています。本道と支道に分かれていて、穴の周辺にモグラ塚と呼ばれる特徴の土の塊があります。気温の変化が少ない土の中で暮らしているのが特徴です。

鳥たちの巣穴の特徴とは?

カワセミなど一部の鳥も穴を掘ります。
地面というより、土手に開けた横穴です。

虫たちの地面利用の実態

セミも地面にでてくるときに穴を作ります。
小さいので間違いようはありませんが、頭がネズミでいっぱいになっているときに見ると、「もしやネズミ穴では?」とドキッとします。

参考ページ:ネズミ類移動解析の実施状況(環境省)

地面の穴とネズミの共生関係

ネズミが利用している地面の穴は、もしかするとモグラが作ったトンネルの可能性もあります。

畑など土の中に住むミミズを食べにモグラが住み着きトンネルを拵えます。ネズミはモグラが作ったトンネルを利用するようになります。

家庭菜園などでモグラがいるような環境で、ネズミにも悩まされているというのであればそうかもしれません。

また、コンポストを使っている環境でもネズミを引き寄せることが考えられますので、キチンとネズミに入られないような工夫をする必用があります。

地面の穴とネズミとモグラ

 

ネズミの巣穴を見つけたらどうする?

ネズミの穴を見つけた場合、その対処法と予防策を知ることで、効果的にネズミを駆除することができます。

巣穴の効果的な塞ぎ方

ネズミの巣穴を見つけたら、まずはその穴を塞ぐことが重要です。土や砂利を使って穴を埋めることで、ネズミが再びその場所を利用するのを防ぎます。また、巣穴の周囲に障害物を設置することで、ネズミが新たな巣穴を掘るのを防ぐことができます。

安全な駆除剤の使い方を学ぼう

ネズミを駆除するために駆除剤を使用することも有効です。ただし、使用する際には注意が必要で、子供やペットが誤って触れないようにする必要があります。駆除剤は専門店で購入でき、適切な使用方法を守ることで効果的にネズミを駆除することができます。

専門家に頼るメリットとその方法

ネズミの駆除は専門家に依頼することも一つの方法です。専門家は適切な駆除方法を提案し、効果的にネズミを駆除する手助けをしてくれます。また、専門家は巣穴の場所を正確に特定し、効果的な駆除計画を立てることができます。

定期的な点検の重要性を知ろう

家の周囲を定期的に点検し、基礎部分や隙間、排水溝の状態を確認します。隙間が見つかった場合は、すぐに修理することでネズミの侵入を防ぎます。特に、建物の基礎部分や地下室の入り口など、ネズミが侵入しやすい場所は注意深く点検する必要があります。

食べ物の管理方法とその効果

ネズミは食べ物の匂いに引き寄せられます。食べ物は密閉容器に保存し、ゴミはしっかりと蓋をして管理することが重要です。また、食べ物の残りカスやペットフードを放置しないようにし、清潔な環境を保つことがネズミの再侵入を防ぐために重要です。

環境整備と衛生管理のポイント

ネズミの隠れ場所となるような草むらやゴミを取り除き、家の周囲を清潔に保つことで、ネズミの再侵入を防ぎます。また、庭や敷地内の雑草を定期的に刈り取ることや、不必要な物品を整理整頓することで、ネズミの隠れ場所を減らすことができます。

超音波装置の設置

ネズミは高周波音を嫌うため、超音波装置を設置することで、ネズミの侵入を防ぐことができます。これにより、長期間にわたってネズミを遠ざけることが可能です。

 

ネズミの巣穴の形状と場所を知ろう

ネズミの巣穴は通常、小さな円形で、直径は約5〜7cmです。建物の基礎部分や庭、排水溝の近くなど、人目に付きにくい場所に掘られることが多いです。ネズミが掘った穴は、彼らの生活の証です。その特徴を理解することで、効果的にネズミの活動を把握し対策を立てることができます。

巣穴の特徴と簡単な見つけ方

ネズミの穴は通常、小さな円形で直径は約5〜7cmです。穴の周囲には掘り出された土が積もっていることが多く、出入口が複数存在する場合もあります。これらの穴は建物の基礎部分や庭の隅、排水溝の近くなど、人目に付きにくい場所に掘られることが一般的です。

季節による巣作りの変化を理解する

ネズミは季節によって巣穴の場所を変えることがあります。冬には暖かい場所、夏には涼しい場所に巣を作る傾向があります。例えば、冬場には建物の内部や地下に近い場所に巣を作り、夏場には木陰や草むらなど涼しい場所に巣を作ります。このような季節ごとの変動を理解することで、ネズミの巣穴を見つけやすくなります。

巣穴の深さと内部構造の詳細

ネズミの巣穴は非常に深く、複雑なトンネルシステムを持っています。複数の出入口を持つため、捕獲や駆除が難しいことがあります。また、巣穴の内部には食料庫や産卵室、休息場所が含まれており、ネズミが生活するための複数の部屋が構築されています。

ネズミの種類別巣作りの習性

ネズミには様々な種類があり、それぞれ異なる巣作りの習性を持っています。以下では、代表的なネズミの種類について詳しく説明します。

ドブネズミの生活と巣作りの習性

ドブネズミは湿った環境を好み、下水道や水辺に巣を作ります。彼らは非常に巧妙にトンネルを掘り、複数の出入口を作ることで捕食者から逃げやすくしています。ドブネズミの巣は複雑な構造を持ち、食料庫や休息場所、産卵室が含まれています。これにより、彼らは食糧を安全に保存し、繁殖活動を行うことができます。

クマネズミの特徴と巣作りの実態

クマネズミは都市部や住宅地に適応し、屋根裏や壁の中に巣を作ることが多いですが、地面にも巣を作ることがあります。彼らは非常に知能が高く、巣の場所を頻繁に変える習性があります。また、クマネズミは非常に警戒心が強く、罠や毒餌に対しても敏感に反応します。

ハタネズミの巣穴とその生態を探る

ハタネズミは農地や河川敷に巣を作ります。彼らの巣は地面に深く掘られ、食料庫や休息場所が含まれています。ハタネズミは草食性で、主に根菜や葉物野菜を食べます。農作物を食い荒らす害獣として知られており、被害が拡大すると収穫量の大幅な減少を招くことがあります。

ネズミの巣穴による被害とその対策

ネズミの巣穴は建物や農作物に大きな被害を与えることがあります。
以下では、その被害と影響について詳しく説明します。

建物への影響と修理の方法

ネズミが建物の基礎部分に穴を掘ると、構造的な損傷を引き起こす可能性があります。これにより、建物の安定性が損なわれ、修理が必要になることがあります。特に、基礎部分に掘られた穴は建物の沈下や傾斜を引き起こすことがあります。

農作物への被害を防ぐためには?

ハタネズミなどが農地に巣を作ると、農作物が食い荒らされることがあります。これにより、収穫量が減少し、経済的な損失が発生することがあります。特に、根菜類や果樹などが被害を受けやすく、これらの作物が成長する時期には特に注意が必要です。

健康リスクとその予防策

ネズミはさまざまな病原菌を運ぶため、人間やペットに健康被害をもたらすことがあります。ネズミの穴周辺には、糞尿や病原菌が存在することがあるため、注意が必要です。特に、ネズミが媒介する感染症には注意が必要で、適切な衛生対策を講じることが重要です。

ネズミの巣穴の対策と駆除方法

ネズミの巣穴を見つけた場合、適切な対処法を講じることが重要です。以下では、具体的な対策と駆除方法について詳しく説明します。

巣穴を塞ぐ

ネズミの巣穴を見つけたら、まずはその穴を塞ぐことが重要です。土や砂利を使って穴を埋めることで、ネズミが再びその場所を利用するのを防ぎます。また、巣穴の周囲に障害物を設置することで、ネズミが新たな巣穴を掘るのを防ぐことができます。

駆除剤の使用

ネズミを駆除するために駆除剤を使用することも有効です。ただし、使用する際には注意が必要で、子供やペットが誤って触れないようにする必要があります。駆除剤は専門店で購入でき、適切な使用方法を守ることで効果的にネズミを駆除することができます。

専門家への依頼

ネズミの駆除は専門家に依頼することも一つの方法です。専門家は適切な駆除方法を提案し、効果的にネズミを駆除する手助けをしてくれます。また、専門家は巣穴の場所を正確に特定し、効果的な駆除計画を立てることができます。

ネズミの再侵入を防ぐために

ネズミの再侵入を防ぐための予防策を講じることが重要です。以下では、具体的な予防策について説明します。

定期的な点検の重要性を知ろう

家の周囲を定期的に点検し、基礎部分や隙間、排水溝の状態を確認します。隙間が見つかった場合は、すぐに修理することでネズミの侵入を防ぎます。特に、建物の基礎部分や地下室の入り口など、ネズミが侵入しやすい場所は注意深く点検する必要があります。

食べ物の管理方法とその効果

ネズミは食べ物の匂いに引き寄せられます。食べ物は密閉容器に保存し、ゴミはしっかりと蓋をして管理することが重要です。また、食べ物の残りカスやペットフードを放置しないようにし、清潔な環境を保つことがネズミの再侵入を防ぐために重要です。

環境整備と衛生管理のポイント

ネズミの隠れ場所となるような草むらやゴミを取り除き、家の周囲を清潔に保つことで、ネズミの再侵入を防ぎます。また、庭や敷地内の雑草を定期的に刈り取ることや、不必要な物品を整理整頓することで、ネズミの隠れ場所を減らすことができます。

ネズミによる健康被害を防ぐための方法

ネズミはさまざまな病原菌を媒介するため、健康被害のリスクがあります。以下では、ネズミによる健康被害を防ぐための対策について説明します。

レプトスピラ症の予防策とは?

レプトスピラ症は、ネズミの尿から感染する病気です。症状は発熱、頭痛、筋肉痛などで、重症になると黄疸や腎障害を引き起こすことがあります。

サルモネラ症を防ぐための対策

サルモネラ菌は、ネズミの糞や尿に含まれる病原菌です。食べ物や水を介して人に感染し、腹痛、下痢、発熱などの症状を引き起こします。

ハンタウイルスの感染を防ぐには?

ハンタウイルスは、ネズミの糞や尿から空気中に拡散し、吸い込むことで感染します。症状は発熱、筋肉痛、肺炎などで、重症化すると命に関わることもあります。

地面の穴についての総まとめ

ネズミのことが気になると「あれもネズミの穴?」「これもネズミの穴か?」と、穴ばかり目に留まるようになるので、みつけることができます。

が、大抵の人はそんなことを気にせずに生活しているので通り過ぎるだけですが、「これたぶんネズミの穴だ」と、ひとりほくそ笑んだりしてしまいます。

もちろん、家の周辺で指を一本入れることができそうなサイズの穴を見つけたら、自宅の床下と繋がってる危険も考えられますので、要注意です。

ネズミの穴だとしたら、変にいじってこじらせる前に、専門家に相談してみるのも一つの方法です。

相談料は無料なので聞いてみましょう。

参考:
公益社団法人 公益社団法人日本ペストコントロール協会
日本環境衛生センター