防水工事セレクトナビ:評判口コミ|屋上・外壁防水工事業者比較に一括見積もりサイトを解説・特徴を紹介。最大5万円のお祝い金

《PR》
防水工事セレクトナビの評判・口コミ:防水工事・ ベランダ防水工事・マンションの屋上防水工事 外壁塗装

防水工事セレクトナビ

防水工事と言って、パっとイメージできますか?

簡単に言ってしまえば、

  • 雨漏り修理屋さん
  • 屋根工事屋さん
  • 屋上防水屋さん

なんですが、
リフォーム文化が徐々に浸透してきた今、注目されています。

今回紹介する防水工事セレクトナビは、
株式会社サフタが運営する

  • 一軒家などの防水工事
  • ベランダ防水工事
  • マンションの屋上の防水工事

など様々な工事に対して、屋上防水や雨漏りなどの防水工事の修繕費の見積りを優良工事業者から一括で取得し比較することができる業界最大級の見積り比較サイトです

本記事では、セレクトナの見積り比較サイトの活用方法、防水工事の工事内容、利用者の体験談・クチコミ・評判、またよくある質問まで徹底解説します。

accel japan アンバサダー:ヒロミさんが広告を務めています。
*企業がタレントの肖像を活用したプロモーションを行うための支援プロジェクト

雨漏り修理や屋上防水、大規模修繕工事
全国各都道府県の防水工事業者からの見積りを一括請求できる見積り比較サイト

北海道・東北 北海道青森県岩手県宮城県秋田県
山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県
群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県山梨県
長野県岐阜県静岡県愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県滋賀県
奈良県和歌山県
中国・四国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
香川県徳島県愛媛県高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県宮崎県
大分県鹿児島県沖縄県

>>防水工事セレクトナビ公式サイトへ

関連比較サイト;外壁塗装セレクトナビ

以前、防水工事セレクトナビを運営する株式会社サフタとして、
外壁塗装の見積もり比較サイト”外壁塗装セレクトナビ”をご紹介しました。

防水工事と外壁塗装は、工事内容で似ているところがあり、

外壁塗装は、
塗装をする前に、壁のクラック(ヒビ)・シーリング材の劣化を補修した上で塗装を行います。

この作業自体、雨などによって建物内部に雨水の浸入・防水機能をケアする作業です。

防水工事セレクトナビを解説・基本情報 雨漏り修理や屋上防水工事業者一括見積もりサイト

対して、防水工事は、
外壁塗装に比べ、より防水効果に特化した工事になります。
防水工事業は建設業法によって規制されており、事業を営むには都道府県の許可が必要です。
国土交通省公式サイトの「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」で許可番号などを確認できます。

使用する材料や工事自体も異なり、
国家資格(技能検定制度)として、「防水施工技能士:(1級は上級技能者、2級は中級技能者)」が存在していますので、防水工事と外壁塗装は似て非なる存在です。
*試験に合格していない人が「防水施工技能士」を称することは禁じられています(職業能力開発促進法第50条)

*なお、防水工事に関係する国家資格として、「防水施工技能士」以外に、「塗装技能士」が存在します。

防水工事セレクトナビは、
全国の提携施工店300社以上の登録業者から、工事の種類に合わせた近隣の防水工事施工業者(リフォーム業者)を紹介してくれます。

>>一括見積もりはコチラから

防水工事の落とし穴

ポタポタ、天井から雨音が聞こえる・・
雨漏りかな?

屋根だけでなくベランダ、また屋上など台風や地震でいつ破損してもおかしくないだけでなく、時間が経てば必然的に劣化していくものです。

一般的に、防水工事・プロによる建物チェックが必要なタイミングとして、

  • 雨漏りが発生している箇所がある
  • 外壁や土台などにひび割れが生じている
  • 防水シートの浮きや、剥がれかけている
  • 防水シートが破れて消失している箇所がある
  • ひび割れが生じた箇所から雑草が生えている
  • 屋上やベランダなどに水たまりが発生する箇所がある
  • 前回の防水工事から10年以上経過しており、1度もチェックしていない
  • 外壁塗装が剥がれている

と言われています。

そんな時に、

  • どの会社にお願いすればいいのか?
  • どのような工事になるのか?
  • 費用は、どれくらいを見ておけばいいのか?
  • 期間はどれくらいになるのか?

多くの人は、その判断がつかないと思います。

そもそも、悩みや不安が解決できなければ、安易に契約はできません。

さらに、シロアリ駆除や外壁塗装などと同様、訪問販売・悪徳業者によるトラブルも少なくないため、安心してお願いできる施工業者でなくては意味がありません。

防水工事セレクトナビは、日本最大級の防水工事の見積もり比較サイトですが、

すべて厳重な審査を通過した業者だけが掲載されています。

防水工事セレクトナビの特徴

防水工事業者が担っている工事内容及び工事箇所は複数業者あり、単純に雨漏り補修といった事柄だけではありません。

例えば、

  • シーリングの充填
  • 防水層の全交換
  • 防水層の修理
  • 防水塗料の塗り直し
  • 雨漏り箇所の周囲や雨どいの詰まり掃除

など様々です。

防水工事の主な工事内容は防水層の修理・構築です。

主な工法として

  • 塗膜防水
  • シート防水
  • 塗膜+シート防水(複合)

FRP防水、アスファルト防水、ウレタン防水などを用いて防水性能は高めます。

建物自体、破損の状態や劣化具合が異なりますので、防水工事業者がその方法を選択するか?

その業者の分析力・提案力が試されますが、
1社だけにお願いする場合、

  • この方法が本当にいいのか?
  • この金額が妥当なのか?

不安になりますが、
複数の会社から工事内容を説明されることにより、

  • 工程・工事個所
  • 価格面
  • 工事期間

がなんとなく、その違いが分かってきます。

防水工事の種類と特徴

工法 費用相場 耐用年数 特徴 適した場所
アスファルト防水 1㎡あたり相場6000円〜8000円 20年前後 長持ち ビルの屋上
塩ビシート防水 1㎡あたり相場3000円〜5000円 13年前後 柔軟性が高い ビルの屋上、廊下、ベランダ
FRP防水 1㎡あたり相場6000円〜8000円 10年前後 硬度が高く、耐衝撃性・耐水性に優れている 建物、ベランダ
ウレタン防水 1㎡あたり相場6000円〜8000円 10年前後 複雑形状に対応できる ベランダ、屋上、外壁、廊下、階段

注: 上記はあくまで目安であり、実際の費用や耐用年数は、施工業者や使用する材料によって異なります。

優良業者と悪質業者:実績・

防水工事セレクトナビで紹介される施工業者は基本的に実績も技術も一定レベル以上の会社ばかりです。

ただ、その中から優劣をつけなくてはなりません。

優良な業者(悪質な業者)の判断ポイントは、基本的にお客様目線であるか?

ここになります。

  • 見積書の項目が詳細に書かれているか?
  • 質問に対して、細かく説明をしてくれるか?

家が傾いたり、壊れたり、最悪、命にもかかわる工事なので、安さだけが重要ではありません。

逆に、お金をかければいいというものでもないのが防水工事です。

工事個所・状況に対して適切な塗料や材料(資材)選びが重要ですから、納得のいく説明、それに対する見積でなくてはいけません。

防水工事に関して、1~100まで理解することは難しいですが、大まかな手順・各業者が提案している共通事項が見えてくれば、業者の選び方で失敗する可能性は少なくなうと思います。

【信頼できる防水工事会社】

  • 都道府県から防水工事業の許可番号を与えられている
  • 1級建築士や1級防水施工技能士などの有資格者が在籍している
  • 現地調査をしっかりとやってくれる
  • 納得するまで丁寧に分かりやすく質問に答えてくれる
  • アフターサポート(無料点検、保証)がある

>>一括見積もりはコチラから

防水工事セレクトナビの口コミ・評判 実際に利用した方の良いクチコミ・回答についてご紹介

防水工事セレクトナビについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

ツィッターやインスタグラム、フェイスブック、公式サイトに体験談・口コミが掲載されていたので紹介します。

防水工事セレクトナビ

価格よりも保証:保証が手厚かった工事会社さんに依頼

最上階の住人から雨漏りの知らせが突然きて、本当に最初は大変でした。工事は急を要したのですが、最低でも比較検討は必要だと思い、防水工事見積もり比較ネットを利用して、複数社から防水工事の見積もりを取りました。
対応を急いでいる事も伝えてあったのですが、見積もりを頂いた業者さんは全て迅速で丁寧に対応して頂けました。
最終的には価格よりも保証が手厚かった工事会社さんに依頼をして、無理を行ってすぐに工事に着手して頂きました。
工事行程の説明や進捗状況の報告等、本当に丁寧に工事を進めて頂き、とても感謝しております。
お陰で、雨漏りも止まり、一安心しております。
5年後10年後までメンテナンスの相談にしっかり乗って頂けるように期待をしておりますので、今後とも宜しくお願い致します。
防水工事セレクトナビ 評判

防水工事セレクトナビ 口コミ

専門性も高い比較サイト”現地調査”

ビルの老朽化も進み、内容のリフォーム工事に合わせて防水工事も実施しました。
リフォーム会社さんも工事が出来るとの事だったのですが、防水工事は専門性も高いため、比較サイトを通して相見積もりを実施しました。
各業者珊瑚との見積もり金額とリフォーム会社さんからの見積もり金額が大きく違っている事に驚きを隠せませんでした。
価格が一番安かった業者さんに現地調査を実施していただき、予想以上に安い金額で依頼する事ができました。工事後の状況も非常に綺麗で、工事前も工事中も色々とわがままな要望にもしっかりと対応していただき、本当に良かったです。
相見積もりの重要性を本当に感じました。

防水工事セレクトナビ クチコミ

リフォームも今後はお願いしよう

ベランダ部分の防水をいらいしようと思ったのですが、知り合いの工務店などが無く、ネット経由で業者を決めました。依頼する事を決めて本当にすぐ工事に着手して頂きました。金額も驚く程安く、質を心配していたのですが、丁寧に工事もして頂き、本当に良かったです。依頼した業者さんはたまたま家の近くで、今回の内容も満足している為、リフォームも今後はお願いしようと考えております。本当に色々とありがとうございました。

参考ページ:ベランダ塗装におすすめの外壁塗装・屋根塗装会社

 

株式会社サフタニュース

防水工事セレクトナビを運営しているのが株式会社サフタです
防水工事の見積比較|防水工事セレクトナビ【最大5万円祝金】
http://safta.co.jp/

防水工事セレクトナビ お祝い金

経済産業省の希望工事種別及び主な工事内容

【更新履歴】
2024年1月:記事リライト
2023年10月:画像アップ
2023年5月:口コミ評判・感想を追加
2022年9月:新規記事アップ

よくある質問:疑問・不安・悩み 無料点検・アフターサービス・施工業者選びのポイント

防水工事とは?

防水工事という言葉から連想されるのは、住宅に対して防水加工を施すといった事柄かと思います。

防水工事は、建物の内部に雨水などの水が侵入しないようにするための工事です。

建物は常に雨や風、日光や日光による紫外線や熱によって、徐々にダメージを受けています。

防水工事は、一戸建て住宅やアパート、マンションなどの建築物の防水性を高めるために施工されます。

防水工事には、外壁塗装やひび割れの修繕工事、特殊シートを使用して防水工事を施すことが含まれます。

一般住宅における、雨漏り防止の工事の場合は、単純に雨漏り工事としてカテゴリされています

アフターサービスは?

防水工事の施工後に問題が発生した際に、無料で補修工事をしてくれるような保証(アフターフォロー)が付いているか契約の際に確認しましょう。

また、工事後の無料点検の有無、保証の有無や保証内容、賠償責任保険への加入の有無については、必ず確認するようにしましょう。

住宅リフォーム事業者団体登録制度に登録している業者のケース、一定金額以上の工事に際して、リフォーム瑕疵保険への加入が求められており、万が一、施工ミスが発生した際には保険金で補修工事が行われることになります。

防水工事専門業者が存在するの?

はい、防水工事専門の業者は存在します。
全国には水道工事業者や工務店などと同様に、多数の防水工事業者が営業しており、その数は数100に上ります。
これらの業者は、防水工事に関する専門知識と技術を持っています。
防水工事業者は多いため、選択肢が豊富ですが、その分、利用者にとってはどの業者を選ぶか判断が難しいこともあります。
そのため、リスクを回避し、適切な業者選びをするためには、複数の業者から見積もりを取って比較検討するサービスの利用が推奨されます。

安過ぎる見積もの場合どうする?

相場よりも安すぎる見積もりには注意が必要です。

安すぎる見積もりは手抜き工事のリスクがあるため、内訳を業者に質問し、正しく把握できるまで理解することが重要です。

また、低コストで提案される場合、作業の簡略化や材料の使用量削減などのリスクも考慮すべきです。

そのため、相場に沿った見積もりを提供する業者に発注することをお勧めします。

業者選びのポイント:質問に対して丁寧に分かりやすく回答してくれるかどうか

防水工事における業者選びでは、質問に対して丁寧かつ分かりやすく回答することが重要です。

多種多様な防水施工方法があるため、依頼者は通常専門的な知識を持っていません。

したがって、分からない点が多く生じ、それに対して業者がいかに忍耐強く、明確に説明できるかが重要です。

丁寧な説明をする業者は、万が一のトラブルが発生した場合でも責任を持って対応する可能性が高く、逆に説明が適当な業者は技術面(技術力)や対応面での不安があるため、避けるべきです。

契約時は、過去の施工事例の写真等を見せてもらい、マンションの施工例が多いのか、一戸建ての施工例が多いのかなど、その業者の得意分野を見極めることをおすすめします。

る業者選びのポイント:現地調査をしっかり行ってくれるかどうか?

現地調査を綿密に行うことで、最適な施工方法・材料を選択することが可能になります。

しっかりと業者に見てもらうことは、最適な修繕手法を取るために大切な要素です。

見積もり前に、現地調査をしっかりと行う業者は信頼できます。

事前調査がいい加減なまま施工し、工法・材料の選択を間違えると、後で雨漏りが生じるケースもあります。

また、「かぶせ工法」という既存の防水層の上に新しい防水層をかぶせる工法を勧める業者には注意が必要です。

工法や材料などの説明が曖昧で、費用の安さばかりに言及し、割引きやセール価格をチラつかせて契約を急がせる業者は避ける方が良いかもしれません。

る業者選びのポイント:防水工事業の許可番号の有無とは?

防水工事業者は、建設業法に基づいて都道府県の許可が必要ですが、500万円未満の「軽微な工事」については許可が不要です。

多くの一般住宅の防水工事はこの範疇に入ることが多いですが、許可番号を持つ業者は経験や資格を持つことが多く、信頼性が高いため、許可番号を持つ業者に依頼することが望ましいです。

モルタル防水工事には左官工事業の許可を持つ業者も対応可能です。

さらに、「住宅リフォーム事業者団体登録制度」への登録がある業者は、リフォーム瑕疵保険への加入が必要で、信頼の指標となります。

地域(都道府県や市町村)によっては、独自のリフォーム業者登録制度や民間レベルの団体への登録も確認可能です。

防水工事のメリット・デメリット・注意点

防水工事のメリット
★建物の・耐久耐水性を向上させる。
★劣化や腐食した箇所の補修や修繕が可能。
★建物の寿命を延ばす。
★雨漏りなどの被害を改善。
★雨風、台風、梅雨、地震による雨漏りの被害を軽減。
防水工事の注意点
☆工事費用が高くなる可能性がある。
☆適切な業者を選ばないと、高額な費用で手抜き工事のリスク。
☆各防水工法にはメリットとデメリットが存在する。

防水工事セレクトナビのお問い合わせ:記事まとめ 簡単申し込みの流れ・全国対応・必要項目

防水工事に限らず、専門家のチェックは本来、外壁塗装同様、10年周期で行っておいた方がいいかもしれません。

少なくとも、壁のヒビから水が入り込みそうだったり、屋上や防水シートが剥がれているようであれば、早めに手を打ちたいところです。

早めに手を打っておくことは、大きな問題の回避になります。

雨漏りが激しくなってからでは、修理レベルではすみません。
コスト面・安全面を考えたら、建て替えたほうがいいという選択肢になるかもしれません。

本来であれば数十万円済んだものが、千万円単位の話になってしまいます。

防水工事セレクトナビであれば、
複数の業者に見積依頼ができるので、状況に合った施工を行うことはできるでしょう。

防水工事セレクトナビの一括比較見積り申し込みの流れは、

  1. 一括見積もり登録
    公式サイトのフォーム(一括見積りスタート)から必要事項記述し送信
    入力は、都道府県・市町村・住所・名前・電話番号・建物(マンション・一戸建て・アパート・その他)・ 防水工事の対象箇所(屋上・屋根・外壁・その他)・建物の(占有)面積:50平方メートル以下(15坪以下)・51~70平方メートル(15~21坪)・71~100平方メートル(22〜30坪)・101~200平方メートル(31〜61坪)・201~300平方メートル(61〜91坪)・300平方メートル以上(91坪以上)・わからない、メールアドレス、要望を入力し見積り依頼が完了
  2. 簡易見積りの連絡
    条件に合う工事業者3〜5社から初回の簡易見積もりは届きます。
  3. 現地調査/本見積り
    簡易見積もりを取得した塗装店の中でニーズにマッチした塗装店を選定し現地の調査
    詳細の見積りを出してもらいます。
  4. 契約/工事の開始
    本見積りを比較・工事内容の説明から、納得のいく塗装店を最終選定・契約
    契約後に工事の着手となります

まとめ:運営会社

雨漏り修理や屋上防水、大規模修繕工事
全国各都道府県の防水工事業者からの見積りを一括請求できる見積り比較サイト

ちなみに、ご成約でお祝い金贈呈のキャンペーン中です
防水工事セレクトナビ経由で成約した場合、もれなく祝い金(ギフトカード)を進呈中
防水工事業者探しに非常に便利なサイトですので、お気軽にお問い合わせしてみてください。
>>防水工事セレクトナビ公式サイトへ

《参考サイト》

《参考サイト》