《2024年最新》外壁塗装おすすめランキング16選・口コミ・評判比較:外壁塗装業者紹介・相場・人気塗料・性能・耐久性解説

《PR》
《2023年11月最新》おすすめ外壁塗装会社・口コミ・評判:外壁塗装会社の紹介・比較、工事のポイント、悪徳業者の見分け方 外壁塗装
  1. 外壁塗装おすすめランキング
  2. 【日々更新中】外壁塗装 おすすめの会社”16選”比較ランキング
    1. ヌリカエ:助成金の活用
    2. 外壁塗装のプロカベ:紹介サービス
    3. 外壁塗装紹介サイト:一括見積もり査定
    4. 外装リフォームプロ
    5. gaiheki+(ガイヘキプラス)
    6. 外壁塗装パートナーズ
    7. ハピすむ外壁塗装
  3. 2024年おすすめの外壁塗装・外壁塗料選び・悪徳業者
    1. 施工の必要性とその効果
    2. 塗料選び:種類・耐久性・メーカー・商品
    3. 悪徳業者の見分け方・見積もりに注意
    4. 外壁塗装ほっとらいん
    5. セレクトナビ
    6. 外壁塗装プランナー
    7. 外壁塗装の窓口
    8. RENOBE(リノベ)
    9. シンニッケン
    10. イロハト
  4. 外壁塗装業者のメリットとデメリット:評判・ポイント
  5. 外壁塗装は10年に1度がタイミング:料金比較・工事費用にも影響
    1. 50坪の費用相場の把握・価格
    2. 40坪の相場・価格
    3. 30坪の相場・価格
    4. 外壁塗装費用の内訳(30坪の場合)
    5. 工事の流れ
    6. 日本外壁塗装相談センターの特徴
    7. くらしのマーケット
  6. 外壁塗装のトラブルとその対処法・チェックポイント
    1. 自分で塗装するメリットとデメリット・リスク
    2. プロに任せるべきタイミング 劣化が激しい・高品質施工
    3. よくある質問・疑問
    4. リフォームと内装リフォームの組み合わせ
  7. おすすめ専門外壁塗装 業者の選び方、比較:まとめ
    1. 人気の塗料、色おすすめランキングランキング
    2. リペアRu
    3. 外壁広場
    4. Goyoo(屋根・外壁の優良業者紹介サービス)
    5. ヤネカベ
    6. いえふく
    7. 塗装ベストワン
    8. リショップナビ外壁塗装
    9. 火災保険の適用の基礎知識

外壁塗装おすすめランキング

外壁塗装会社に求めるものは何ですか?

外壁塗装は、住宅や建物の美観を保つだけでなく、さまざまな機能性を持つ重要な作業です。

  • クラック処理(ヒビ)
  • 壁の塗り替え
  • 屋根の塗装

一軒家を持っている人にとって、自宅の重要なメンテナンスですが、

  • どのタイミングでやればいいのか?
  • 費用はどれくらいなのか?
  • 気を付けることはあるのか?

今回は、外壁塗装会社の徹底比較として

  • 工事・施工箇所
  • 作業工程・流れ
  • 費用・相場の確認
  • おすすめの外壁塗装会社

を紹介します。

【日々更新中】外壁塗装 おすすめの会社”16選”比較ランキング

外壁塗装は、未だに訪問販売・悪徳会社による手抜き工事がはびこっています。

シロアリ駆除業者のように、

  • 安く見える見積の提示
  • 今なら訪問しキャンペーン中だからの売り文句
  • 高圧的な態度で強引の契約

など国民生活センターや消費者センターにはトラブルによる苦情の連絡が届いています。
1日平均15件というデータもあります。

そのため、少なからず外壁塗装を検討している場合は、複数の施工会社に相見積もりを出してもらうのが基本です。

そこで、外壁塗装、おすすめの施工会社比較をはじめ、

  • 現地見積もり(現場調査)は必要か?
  • メリット以外にデメリットはあるのか?
  • 大手ハウスメーカーでおすすめはあるのか?
  • 施工実績が多い塗装会社はどこか?
  • 地域密着型(地場・地元)のペンキ屋さんにお願いしてもいいか?
  • 保証は何年保証/長期保証(メーカー保証)がいいのか?
  • 人気の塗料は何なのか?

など、Googleクチコミ、Twitter:ツィッターやInstagram:インスタグラム、フェイスブックなどの投稿、公式サイトから良い口コミ・悪い口コミ・騙された・信用できないなどのクチコミも併せて紹介します。

外壁塗装比較としてご活用ください。

ヌリカエ:助成金の活用

《外壁塗装で助成金が受けられる自治体》

自治体ごとに

  • 受付期間
  • 予算の消化
  • 助成額

など、そのタイミングごとで助成の有無が変わります。

外壁塗装・屋根塗装のおすすめ会社紹介サービス”ヌリカエ”は、

下のように、助成金もわかる相場算定サイトを提供しています。

≪ヌリカエの口コミ≫
私は、営業の人も職人さんも丁寧で、私の質問も分かりやすく説明してくださったので、大満足でした。
後はアフターフォローを今後もしてくださるので、安心感がありました。
そのため、この評価になりました。
アフターフォローを長期間付けてくださっての価格なので、他の業者と比べてもコストパフォーマンスも優れていました。
作業も丁寧でしたので、お得感がすごくありました

《おすすめ指数:★★★★★》
>>ヌリカエ公式サイトへ

外壁塗装のプロカベ:紹介サービス

確かな技術を持つ塗装会社紹介サービス”プロカベ”
外壁塗装会社紹介サービス

  • 建築許可番号を取得している会社
  • 国家資格者(1級塗装技能士)が所属している会社

安心してお願いできる外壁塗装会社紹介してくれます。

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装のプロカベ公式ホームページ

外壁塗装紹介サイト:一括見積もり査定

《最大3社へカンタン一括見積もり依頼》

外壁塗装見積

一括見積もりサービスには、
加盟金や成約手数料として10%・20%の報酬が設定されている会社もあります。

外壁工事における50坪の費用相場は、100万円を越えます。
★10%の手数料なら10万円
★20%の手数料なら20万円
登録してる業者からすれば負担が大きく、成約手数料を見積もり金額に上乗せすることも少なくありません。

外壁塗装紹介は、成約手数料とは一切設定していません。

業者からは、紹介手数料として11,000円だけなので外壁塗装業者としても負担が少なく、結果的に良心的な見積もりが実現しています。

外壁塗装紹介サイト

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装紹介サイト公式

外装リフォームプロ

一級塗装技能士が在籍する外壁塗装、屋根工事の優良店から、低価格&高品質の塗装工事業者の無料一括見積もりが可能です。
外装リフォームプロの評判・口コミ:外壁塗装・屋根工事の一括見積サイト:地元の優良業者を紹介

塗装工事、屋根葺き替え、ベランダや屋上の防水など、お住まいの外装工事において、
自社施工の職人店に直接依頼することで、低価格を実現しています。
外装リフォームプロ
自社施工とは、業者が自らの職人や設備を持って工事を行うことを指します。

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装紹介サイト公式

gaiheki+(ガイヘキプラス)

外壁塗装の見積もり依頼と比較を簡単かつ効率的に行うことができる革新的なプラットフォーム
外壁塗装一括見積もりサイト

たった30秒の簡単な入力で複数の塗装業者から見積もりを取得できるサービスを提供しています。
ユーザーは、自宅の快適さと安全性を確保するための最適な選択を、時間と労力を節約しながら行うことができます。

《おすすめ指数:★★★★★》
見積書を取得後アンケートに回答するだけで最大3万円のキャッシュバック
3万円のキャッシュバック
>>ガイヘキプラス公式ページへ

外壁塗装パートナーズ

適正価格・相場が分かる、建築士が運営する外壁塗装・屋根塗装一括見積サイト
定期点検のある優良な施工業者検索などで充実のアフターフォローを用意している会社探しも
外壁塗装 おすすめ 比較 東京

≪外壁塗装パートナーズの口コミ≫
職人さんの人柄・資質が大変よかったです。
エリート意識を持たず謙虚で、小さい仕事ほど丁寧にやる技術力・腕の良い職人の条件が揃っていました。
(塗装工事を終えて)とにかく気持ちがすっきり!
あんなに汚く、ボロボロだった家が喜んでいるようです。
近所の人にも褒められました!
おすすめ外壁塗装です

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装パートナーズ公式へ

ハピすむ外壁塗装

全国1000社以上の外壁塗装・リフォーム会社から優良施工会社を探して無料で紹介、おすすめの外壁塗装一括見積りサイト
外壁塗装 おすすめ一括見積りサイト

≪ハピすむ外壁塗装の口コミ≫
ハピすむで紹介を受けた3社の見積もりや持ち味を比較検討することで、外壁リフォームについての理解を深めながら、自分に合う会社を探すことが出来ました。
提案にはそれぞれの会社の強みが反映されていて良かったです。

《おすすめ指数:★★★★★》
対応地域:全国対応
>>ハピすむ外壁塗装公式HPへ

2024年おすすめの外壁塗装・外壁塗料選び・悪徳業者

  • 外壁塗装 おすすめ会社探し
  • 塗装会社比較
  • 料金比較

実は、そう簡単ではありません。

理由は複数あります。

  • 見積りの項目の理解できない。
  • 見積書自体、各社独自のフォーマット
  • 塗料によって単価がマチマチ

ただ単に安い料金なら、悪徳業者の方が安い見積もりを出すでしょう。
*注意点:安い塗料を使い、追加費用を請求を前提とした見積書なので

では、どのように判断すればいいのか?

イチから外壁塗装の勉強をしても、時間がかかりますし、それによるベネフィットBenefitメリットmeritは少ないでしょう。

そこで、外壁塗装見積比較のポイントは

  • 細かく単価・数量がかかれている業者を選ぶこと
  • 総額(合計金額)で見ないこと
  • 複数社の見積比較をすること

この3つは無視できません。

見積比較は、最安値を探すものではありません。

  • 正当な料金設定なのか?
  • 理にかなった金額なのか?

この見極めです。

よって、合計金額での判断(最安値判断)は ”×” です。

初歩的な考え方として、省くところは省くことで見極める方法です。

正当な料金設定の見極めは、見積書からある程度分かるものです。

例えば、日本ペイント株式会社のファイン4Fセラミックという塗料と言われても何を言っているのか?
分からないと思います。

仮に2つの見積書を見比べた時、
・ファインサーモアイウォールSiの単価・数量
・ファインサーモアイウォール4Fの単価・数量
2つの塗料の金額が掲載されていたとしても、同じ商品でないのは分かりますが、同じ単価であるとは限りません。

こんなものを1つ1つ潰していく必要はありません。

そこで、
誰が見ても容易に想像がつく”足場費用”などを比較対象・業者選考の1つにすることです。

足場の見積は基本的に

  • 1㎡あたりの”足場単価”
  • 外壁面積・家の広さ:建物の外周の”長さ”と”高さ”

で決まります。

単純に”足場単価”が高いか?安いか?

これだけで、差別化することは可能でしょう。

足場に限らず、単価の差のカラクリは

  1. ボっている
  2. 下請け業者・孫請け業者に流している

などが考えられます。

下請けや外注に仕事を流すとなれば、そこにマージン・手数料が上乗せされます。

また、足場に限らず、塗料・塗装における見積においても

外壁面積 × 単価 になります。

総じて、外壁面積が広ければ、見積額が高くなるため、外壁面積比較も簡単にできるでしょう。

更に言えば、家の広さの計算に”大きな差”があるようであれば、
業者に、他社の建物の外周を提示し見積りし直してもらうことも可能です。

そこで活用してもらいたいのが一括見積サイトです。

一括見積サービスのメリットは、
ただ単に複数の会社から見積書をもらえるだけではありません。

一括見積は、業者選びから厳選しています。

  • 事業規模
  • 豊富な実績
  • 国・県への申請・登録
  • 事故・クレーム

等、また、加盟後も厳しくその状況をチェックしています。

更に、先ほど紹介した、外注業者への依頼・中抜き(マージン)が発生しないように、施工業者に限定しているサイトもあります。

おすすめの外壁塗装:一括見積サイトでいえば、

上記の2サイトは、下請け→孫請けの会社に依頼などの心配がない、自社施工管理の塗装専門業者の一括見積サイトです。

この2つに登録することで、賢く外壁塗装工事比較が可能と言えるでしょう。

施工の必要性とその効果

外壁工事は、建物を雨水などの外部からの水分侵入から守る役割があります。

特に、日本の多湿な気候では、外壁の防水性を高めることで、建物の寿命を延ばすことができます。

最近の塗料には、夏の暑さや冬の寒さから室内を守る断熱・遮熱成分が配合されているものも多く、エネルギー消費の削減や快適な室内環境の維持に寄与します。

そのため、定期的な外壁塗装は、外壁の劣化を防ぎ、建物の寿命を延ばす効果があります。

特に、紫外線や酸性雨などの外的要因から建物を守る役割を果たします。

塗料選び:種類・耐久性・メーカー・商品

外壁工事における塗料選びは、
理屈では重要ですが、その考え方は業者にある程度任せていいと思います。

自社施工管理の塗装専門会社は、
バリバリの営業マンを配置はしていませんが、その分、施工内容がしっかりっした外壁塗装工事の職人と言える会社です。

よって、

  • 塗装の考え方
  • 塗料の選び方

の専門家です。

そのため、提案のバリエーションに強みがあります。

  • 単価の高い塗料を使う必要があるのか?
  • 耐久性をどこまで考えるか?

色選びは、お客の要望で成り立ちますが、
予算を伝えた上で使用する塗料は、職人の判断・提案の中から選択で問題ありません。

《中抜きなし!自社施工管理の業者だけが登録のおすすめ一括見積サービス》

悪徳業者の見分け方・見積もりに注意

外壁塗装は、10年に1度など計画的に行う必要があります。

訪問販売の営業トークに騙されてはいけません。

セールストークは一流の営業のプロだけに業者もあの手この手で近寄ってきます。

  • 破損個所を見つけて、親切心を装って・・・
  • 無料モニター募集中
  • 無料で見積り、別に今日契約する必要ないですから・・・
  • 今なら、キャンペーン中で安く工事(値引き中)できますよ!
  • 弊社で外壁塗装しておけば20年持ちますよ!

営業マンは、契約を取ることが目的です。
その日に契約を決めることがノルマでもあります。

親切心・キャンペーン中などは近寄るための手段でしかありません。

  • 営業マンは外壁塗装のプロ
  • 一軒家の住民は、外壁塗装の素人

知識差は大きいため、話を聞いてしまったら簡単に逃れることができません。

口では勝てない以上、

  1. 絶対、契約しない。

これを、念頭に置いておく必要があるでしょう。

外壁塗装ほっとらいん

地域の優良塗装店紹介サービスを提供。外壁塗装、屋根塗装、サイディング工事
外壁塗 おすすめ装会社 神奈川

≪外壁塗装ほっとらいんの口コミ≫
仕上がりはなかなかの出来栄えです。職人さんも明るくて楽しく会話ができました。
金額もリーズナブルで良かったです。

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装ほっとらいん公式サイトへ

セレクトナビ

一戸建・マンションやアパートの外壁塗装の見積もり比較・外壁塗装一括見積もり
外壁塗装会社比較 評判

≪セレクトナビの口コミ≫
外壁塗装については、初めての経験で不安だった為に、各社から色々な話を聞く事が出来、大変に勉強になりました。
選定されなかった業者への断りの連絡も、セレクトナビ様から行って貰え、安心して任す事が出来ました。
当初の金額よりも、半額以上安くなった上に、信頼できる会社との新しい付き合いが始まった事に喜びを感じています。

《おすすめ指数:★★★★★》
>>セレクトナビ詳細はこちら

外壁塗装プランナー

外壁塗装比較を専門スタッフが紹介・外壁塗装にかかる費用・高品質な外壁塗装サービスを紹介
外壁塗装会社おすすめ比較 口コミ

≪外壁塗装プランナーの口コミ≫
この業者がいいのかと迷っていましたが、 こちらにお願いしてよかったです。
ありがとうございました。

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装プランナー公式サイトへ

外壁塗装の窓口

業界最大級、外壁塗装・屋根塗装・サイディング専門サイト。
人気の外壁塗装店を無料で紹介
外壁塗装 おすすめ 東京

≪外壁塗装の窓口の口コミ≫
訪問販売がきて、いただいた最初の見積りがなんと250万!!
90万円値下げをすると言われ、安いと思い直ぐ契約。
冷静に考え一括見積りサイトを利用し相談員の方にお話を伺うと見積り内容がおかしいことが発覚。
すぐさまクーリングオフを行い見積りをとった結果、88万円も安く塗装ができました!
質問やいろいろな疑問にも相談にも乗ってもらいました。

《おすすめ指数:★★★★★》
>>外壁塗装の窓口公式サイトへ

RENOBE(リノベ)

奈良(生駒市)、京都、大阪の外壁塗装・屋根塗装・リフォーム業者
外壁塗装 奈良

《おすすめ指数:★★★★☆》
>>RENOBE(リノベ)公式サイトへ

シンニッケン

全国25万軒以上の施工実績!外壁塗装&屋外塗装の無料見積もり
外壁塗装 大手

  • 1990年設立(33年の営業実績)
  • 全国25万軒以上の施工実績
    年間施工件数8,416軒
  • 全国直営50拠点

の外壁塗装&屋外塗装会社です。

≪シンニッケンの口コミ≫
断熱材を入れなくて済んだ
我が家は気密性が悪い住宅なのか、家の中の隙間風が大変寒く困っていました。
シンニッケンさんの担当者が屋根裏や壁の内部の点検をしてくれたところ、
なんと新築の時から断熱材が入っていないと判明しました。
断熱塗装のプレミアムクリーンを提案して頂き、コーキング塗装を施してもらったおかげで、隙間風がなくなり高額な断熱材は入れなくて済みました。
即対応いただき、本当に感謝しております

《おすすめ指数:★★★★★》
対応地域:全国対応
>>シンニッケン公式サイトへ

イロハト

埼玉県上尾市の外壁塗装・リフォーム・リノベーション会社
外壁塗装 上尾市
埼玉県上尾市発

  • 光触媒の外壁塗装
  • 雨漏り修理、葺き替えなどの屋根工事

外壁塗装、屋根塗装、リフォームの専門店です。

≪イロハトの口コミ≫
外壁塗装とトイレのリフォームの施工してもらいました。大変満足しております。また、機会があればお願いしたいです

《おすすめ指数:★★★☆☆》
>>イロハト公式ページへ

外壁塗装業者のメリットとデメリット:評判・ポイント

外壁塗装は、住宅や建物の美観を保つだけでなく、さまざまな機能的な利点をもたらします。
しかし、メリットだけでなく、デメリットも存在します。

外壁塗装のメリット
耐久年数・耐久性の向上
外壁塗装は、建物の外壁を「紫外線」や「雨風」から守り、劣化を防ぎます。特に、最新の「シリコン樹脂塗料」や「フッ素樹脂塗料」は、高い耐久性を持つため、長期間の保護が期待できます。
断熱・遮熱効果
「断熱塗料」や「遮熱塗料」を使用することで、夏の暑さや冬の寒さから室内を守ることができます。これにより、エアコンやヒーターの使用頻度が減少し、電気代の節約にも繋がります。
美観の維持・向上
外壁の色褪せや汚れを解消し、新築時の美しさを取り戻すことができます。また、色やデザインを変更することで、住宅のイメージを一新することも可能です。
防カビ・防藻効果
「防カビ塗料」や「防藻塗料」を使用することで、カビや藻の発生を抑制します。これにより、健康被害を防ぐとともに、外壁の劣化を遅らせることができます。
外壁塗装のデメリット
初期費用が高い
塗装には、専門的な技術や高品質な塗料が必要となるため、初期投資が高くなることがあります。
施工時の騒音や臭い
塗装の際には、高圧洗浄機の使用や塗料の臭いが発生することがあります。これにより、近隣住民や家族に迷惑をかける可能性があります。
選択ミスのリスク
塗料の種類や色、業者の選び方によっては、期待した仕上がりにならない、または早期劣化するリスクがあります。
定期的なメンテナンスが必要
施行後も、定期的な「点検」や「クリーニング」が必要となります。これにより、継続的な料金が発生することがあります。
外壁塗装は、多くのメリットを持つ一方で、デメリットも考慮する必要があります。
適切な業者選びや塗料の選定、施工時期の検討など、計画的に進めることで、最大の効果を得ることができます。

【外壁塗装のメンテナンス方法】

定期的な外壁の点検

  • 目視確認
    外壁にひび割れや剥がれ、カビや藻の発生などの異常がないか定期的にチェックすることが重要です。
  • 打音確認
    外壁を軽く叩いて、異音がしないか確認します。異音がする場合、下地の劣化が進んでいる可能性があります。

汚れの早期除去

  • 汚れの原因
    外壁は、雨や風、紫外線などの自然の要因や、排気ガスなどの人工的な要因により汚れやすいです。
  • 洗浄方法
    汚れやすい部分は、柔らかいブラシやスポンジを使用して、中性洗剤を薄めた水で優しく洗浄します。強い力でこすらず、洗浄後は十分に水で洗い流します。

防藻・防カビ対策

  • 藻やカビの発生
    高湿度や日陰の多い場所では、藻やカビが発生しやすいです。
  • 対策方法
    「防藻・防カビ剤」を定期的に塗布することで、藻やカビの発生を抑制します。

塗膜の保護

  • 紫外線対策
    長時間の紫外線の照射は、塗膜の劣化を早める原因となります。特に「アクリル樹脂塗料」や「スチレン樹脂塗料」は紫外線に弱いため、注意が必要です。
  • 保護方法
    「遮熱塗料」や「紫外線カット塗料」を塗布することで、紫外線から塗膜を保護します。

塗膜の補修

  • 補修のタイミング
    外壁に小さなひび割れや剥がれが見られた場合、早めの補修が必要です。
  • 補修方法
    「シーリング材」や「パテ」を使用して、ひび割れや剥がれを補修します。その後、同じ色の塗料で上塗りを行います。
長持ちのポイント
適切な塗料の選定: 外壁の材質や環境に合わせて、適切な塗料を選定することが重要です。
定期的なメンテナンス: 年に1回程度の外壁の点検や洗浄を行うことで、塗膜の劣化を遅らせることができます。

外壁塗装後も、適切なメンテナンスを行うことで、美観や機能性を長期間維持することができます。定期的な点検や洗浄、補修などのメンテナンスを欠かさず行うことで、外壁塗装の寿命を延ばし、住宅や建物の価値を高めることができるでしょう。

外壁塗装は10年に1度がタイミング:料金比較・工事費用にも影響

外壁塗装の適切な時期は、気温や湿度が安定している春や秋が最適です。

高温や高湿の時期は、塗料の乾燥や定着が不十分になるリスクがあります。

また、工事のサイクルは、使用する塗料や住環境にもよりますが、一般的には7〜10年に1回が目安とされています。
新築の家を建ててから10年後、20年後・30年後・・・分りやすい年数で行いたいところです。

当たり前ですが、外壁・屋根は、大きな傷みができればその分、大規模な工事になります。

その工事は、時間が経てばたつほど、修復に高額な出費となります。

外壁塗装 料金比較

10年ごとの外壁塗装メンテナンスを怠ることで

  • 外壁屋根塗装:100万~120万
  • 外壁(屋根)修繕工事+外壁屋根塗装:200万~

本来、100万円程度で済むものが、葺き替えや剥離した外壁補修など大規模工事となれば、2倍以上になることも。

《外壁塗装見積もり・費用相場》

外壁塗装は家の美観と保護を左右する重要な投資です。

外壁塗装のコストと価格帯の深掘り、トータルコストとコスパのバランスをどのように取るかが重要です。

高級感ある仕上がりから予算に優しい選択肢まで、さまざまな価格帯の中から最適な塗装オプションを選ぶためのポイントを前提に、賢い外壁塗装の選択で、長期的な満足度と経済性を実現しましょう。

まず、外壁塗装の相場は、以下のようになります。

一般的な相場:

  • 30坪以下の家: 約60万円〜100万円
  • 30〜50坪の家: 約100万円〜150万円
  • 50坪以上の家: 約150万円〜200万円以上

になります。

50坪の費用相場の把握・価格

50坪の戸建て住宅の塗装費用は、80万円~160万円程度です。
塗料の種類によっても相場が変わるため、塗料ごとの相場も見てみましょう。

塗料の種類・外壁塗料 費用相場
アクリル塗料 約80万円~100万円
ウレタン塗料 約90万円~115万円
シリコン塗料 約100万円~120万円
フッ素塗料 約110万円~140万円
遮熱・断熱塗料 約120万円~150万円
無機塗料 約130万円~160万円

40坪の相場・価格

40坪の戸建て住宅の外壁塗装費用は、60万円~150万円程度です。
塗料ごとの相場は以下の通りです。

塗料の種類 費用相場
アクリル 約60万円~80万円
ウレタン 約70万円~85万円
シリコン 約80万円~100万円
フッ素 約100万円~120万円
遮熱・断熱塗料 約110万円~130万円
無機塗料 約120万円~150万円

30坪の相場・価格

30坪の戸建て住宅の外壁塗装費用は、50万円~120万円程度です。
塗料ごとの相場は以下の通りです。

塗料の種類 費用相場
アクリル 約50万円~70万円
ウレタン 約60万円~80万円
シリコン 約75万円~100万円
フッ素 約90万円~110万円
遮熱・断熱塗料 約95万円~115万円
無機塗料 約100万円~120万円

また、外壁塗装費用の内訳(「足場の組み立て」、「養生作業」、「作業後の洗浄」)についても

外壁塗装費用の内訳(30坪の場合)

項目 面積 平米単価 合計金額
足場代 225m2 600円 135,000円
飛散防止ネット 225m2 150円 33,750円
高圧洗浄 119m2 200円 23,800円
養生 119m2 300円 35,700円
シーリング 

(増し打ち)

119m2 800円 95,200円
下地補修 10,000円
下塗り 

(シラー)

119m2 600円 71,400円
ラジカル塗料 

(中塗り・上塗り)

119m2 2,300円 273,700円
廃材処理費一式 20,000円
合計 698,550円

工事の流れ

おすすめ外壁塗装会社・外壁塗装工事の業者選びを行う・上手に比較するための前提として工事の流れを把握しておく必要があります。

そこで、外壁塗装の流れを説明します
外壁塗装の工期は、1週間~2週間が目安です。

  1. 【足場設置】
    外壁塗装において、1.2を争う重要度の足場。
    塗装をスムーズに進めるための職人の導線の確保、また安全な作業のために重要です。
    足場の設置後は、塗料等が近隣の飛ばないように養生ネットを張ります。
    おすすめの外壁塗装会社
  2. 【高圧洗浄】
    外壁の汚れやコケ、カビを高圧洗浄機の水圧で洗浄します。
    外壁塗装会社 口コミ
  3. 【養生作業】
    高圧洗浄のあとは、塗装時に窓などに汚れが付かないように養生作業。
  4. 【下処理・クラック処理】
    • 外壁の亀裂・ヒビであるクラックの補修
    • 傷んでいる箇所の修理(コーキング)
    • 塗装面を目慣らし

    等を行います。
    下地処理は非常に重要です。
    外壁塗装会社 おすすめ比較

    下地処理の重要性
    塗装前には、外壁の汚れや旧塗膜をしっかりと除去することが必要です。
    高圧洗浄機を使用して、汚れや藻類、カビなどを取り除きます。
    また、外壁に生じたひび割れや穴は、シーリング材やパテで補修することで、塗料が均一に定着しやすくなります。
    併せて、下地の状態に応じて、プライマー(下塗り材)を塗布することで、塗料の密着性が向上し、仕上がりの品質が高まります。

  5. 【塗装(下塗り・中塗り・上塗り)】
    外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3工程で塗っていきます。

    壁と塗料の密着性を高める下塗りに始まり、
    中塗り・上塗りで厚み・強度をもちろん見栄えを含めて整えていきます。

    塗装の工程と注意点
    ★下塗り:下地調整後、最初に行うのが下塗りです。この工程で使用する塗料は、中塗りや上塗りの塗料とは異なり、外壁材にしっかりと密着するように設計されています。
    ★中塗り:下塗りの上に塗る中間層としての塗装です。この工程で、外壁の色や質感を整える役割があります。
    ★上塗り:最後の仕上げとして行う塗装です。この工程で使用する塗料は、耐候性や耐久性に優れており、長持ちする外壁塗装を実現します。
    ★塗料の選定:使用する塗料は、外壁の材質や環境条件、予算などに応じて選定します。また、塗料の種類やメーカーによっても、特性や性能が異なるため、注意が必要です。

  6. 【細部の塗装】
    破風はふ雨樋あまどいなどの細部の塗装
    外壁塗装会社比較 評判

  7. 【仕上げと乾燥の確認】
    塗装が均一になっているかを確認します。ムラや筋が生じていないか、特に注意深くチェックします。
    塗装後は、十分に乾燥させることが重要です。乾燥が不十分なまま次の工程に進むと、塗膜の剥がれや色ムラが生じるリスクがあります。
    全ての工程が終了した後、仕上がりの品質や外観を確認します。問題がないか、細部までチェックし、必要に応じて補修作業を行います。
  8. 【足場解体・点検】
    足場の解体前にチェックを行い点検・手直しを行います。
    養生・足場を撤去し完成、作業完了です。
  9. 【アフターフォロー・アフターサービス】
    作業後も不具合があった場合の補修等、5年・10年等のアフターフォロー・アフターサービス

これが、外壁塗装の一連の流れです。

 

日本外壁塗装相談センターの特徴

無料&匿名で価格相場のチェック、失敗しない優良塗装業者紹介ならおすすめの外壁塗装会社”日本外壁塗装相談センター”
おすすめできない外壁塗装会社・悪徳業者

≪日本外壁塗装相談センターの口コミ≫
「見積りに来た業者さんの 対応がすごく心地よかった」
見積りに来た業者さんの対応もすごく心地よく、見積は他社に比べても安かったですし、工事の見積内容に自分自身納得することが出来、決めさせていただきました。本当に感謝しています。
本当にありがとうございました。

【更新履歴】

  • 2023年3月(令和5年):記事リライト
  • 2022年5月(令和4年):口コミ追加
  • 2021年9月(令和3年):画像追加
  • 2020年2月(令和2年):評判記事修正
  • 2019年1月(令和元年):新規記事アップロード

くらしのマーケット

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなどの暮らしのサービスをオンラインで予約するなら【くらしのマーケット】は、
リフォームカテゴリの中に、戸建て等の外壁塗装・コーキング補修サービスも容易されています。
口コミ、店舗のブログ、写真などを通して、スタッフの人柄や仕事ぶりを予約前に知ることができます。
外壁塗装ランキング

≪くらしのマーケットの口コミ≫
築四十年以上の実家のリフォーム中に何ヶ所か雨漏りが見つかり、暮らしのマーケットで探したところ雨漏りの修理に自信があるとのことでお願いしました。決め手はこの会社のホームページでした。ここの会社の塗装業に対する姿勢が表れていてここならと思いお願いしました。外壁塗装を頼むのは初めてで他の会社は知りませんが私はこちらに頼んで正解だったと思っています。修理箇所を一つ一つ丁寧に作業してもらいました。ペンキの色の決定にもアドバイスいただき根気よく気持ちに寄り添ってもらいました。とても誠実で良心的なスタッフの方々です。実家が素敵によみがえりました。ありがとうございました。

  • みんなのマーケット株式会社
  • 東京都渋谷区道玄坂1丁目10−5 渋谷プレイス10階

《外壁塗装の工法と特徴》

塗装工法には、以下の3工法があります。

  1. はけ工法
  2. ローラー工法
  3. 吹き付け工法

外壁にはいろいろな種類の素材が使われています。

  1. モルタル
  2. ALCボード
  3. コンクリート壁
  4. 漆喰
  5. 窯業系サイディングボード
  6. 金属系サイディングボード
  7. 樹脂系サイディングボード
  8. 木質系サイディングボード

外壁塗装する場合、壁に直接色を塗っていく方法と、すでに完成している外壁パーツを壁に取り付けていくという2つのやりかたがあります。

  1. 塗装
  2. 張り替え

外壁塗装に使われる塗料の種類

  1. アクリル塗料
  2. ウレタン系塗料
  3. シリコン塗料
  4. フッ素塗料
  5. ラジカル塗料
  6. ピュアアクリル塗料
  7. セラミック塗料
  8. 光触媒塗
  9. 遮熱系塗料

塗料の種類と特徴
★アクリル系塗料:水性で、乾燥が早く、臭いが少ないのが特徴。耐久性や防水性に優れており、一般的な住宅に最適です。
★シリコン系塗料:高い防水性と耐久性を持ち、外壁の微細なひび割れを埋める効果もあります。コストはやや高めですが、長持ちします。
★フッ素系塗料:非常に高い耐候性を持ち、色褪せにくいのが特徴。初期費用は高いものの、長期的には経済的です。

参考:外壁塗装プランナー

外壁塗装のトラブルとその対処法・チェックポイント

外壁塗装は、住宅や建物の美観を維持し、耐久性を向上させるための重要な作業です。

しかし、施工後にトラブルが発生することも少なくありません。

塗膜の剥がれやヒビ
外壁の汚れや旧塗膜が十分に除去されていない場合、新しい塗膜がしっかりと定着しないことがあります。
これが原因で、塗膜が剥がれやすくなることがあります。

また、外壁の材質や環境条件に合わない塗料を使用した場合、塗膜が剥がれたり、ヒビが入るリスクが高まります。

塗装作業を行う際の気温や湿度が適切でないと、塗膜の乾燥や定着が不十分になり、ヒビや剥がれの原因となります。

トラブルを未然に防ぐ方法
高圧洗浄機を使用して外壁をきれいにし、必要に応じてプライマーを塗布することで、塗膜の密着性を向上させるため適切な下地処理が重要となります。

また、外壁の材質や環境条件に合わせて、最適な塗料を選定、また、塗料の品質や性能を確認することも重要です。

《アフターサービスと保証期間の活用》

  • 定期的な点検
    外壁塗装後、定期的に外壁の状態を点検し、トラブルの兆候を早期に発見します。
  • 保証期間内の対応
    多くの外壁塗装業者は、施工後に一定期間の保証を提供しています。トラブルが発生した場合、保証期間内であれば無償での修復や再塗装が受けられることが多いです。
  • アフターサービスの利用
    外壁塗装業者が提供するアフターサービスを活用し、トラブルの早期発見や対処を行います。

自分で塗装するメリットとデメリット・リスク

近年、住宅のメンテナンスやリフォームを自分で行うDIY(Do It Yourself)が人気を集めています。

外壁塗装もその一つとして、多くのオーナーが挑戦しています。

しかし、外壁塗装のDIYには様々なリスクが伴います。
自分で塗装する際のメリットやデメリット、安全対策、そしてプロに任せるべきケースの判断は無視できません。

《自分で塗装するメリット》
・コスト削減:業者に依頼するよりも、材料費のみで済むため、経済的に有利です。
・自由なデザイン:自分の好みや考えに基づいて、色や塗り方を自由に選べます。
・満足度:自分の手で家を美しくする達成感や満足感が得られます。
《自分で塗装するデメリット》
・品質の不安定性:専門的な技術や知識がないと、ムラのある塗装や不均一な仕上がりとなるリスクがあります。
・時間と労力:プロと比べて作業効率が低いため、長時間かかることが多いです。
・安全リスク:高所作業や専門的な機材の取り扱いにはリスクが伴います。

DIY時の安全対策
外壁塗装におけるDIYは、安全第一、対策が重要です。
脚立や足場は、しっかりと固定し、安全に使用できるものを選び、作業時はヘルメットや安全靴、保護メガネなどの保護具を必ず着用は必須です。
風や雨などの悪天候時は作業を避け、安全な環境下での作業を心がけ、揮発性のある塗料を使用する際は、十分な換気を行い、火気の使用を避けましょう。

プロに任せるべきタイミング 劣化が激しい・高品質施工

DIYは経済的なメリットや達成感が得られますが、プロに任せるべき外壁塗装もあります。

広い面積や複数階の建物の塗装、特定の機能性を持つ塗料や専門的な技術を要する塗料を使用する場合は、プロの知識と技術が必要です。
また、高所や狭い場所での作業、特殊な機材の使用が必要な場合は、安全対策が難しく、プロに依頼することが適切です。

新時代の外壁塗装

外壁塗装の環境への影響とエコ塗料
近年、環境問題が社会的な関心を集める中、住宅や建物の外壁塗装においても、環境に優しい選択が求められています。
特に、塗料の成分やその影響に関する知識は、持続可能な生活を目指す上で欠かせません。

環境に優しい塗料の選び方
☆成分表示の確認:塗料の成分表示を確認し、有害な化学物質が含まれていないかをチェックします。
☆環境認証の有無:エコマークやグリーン購入法適合商品など、環境認証を受けている塗料は、環境への影響が少ないとされています。
☆水性塗料の選択:有機溶剤を使用しない水性塗料は、VOCの放出量が少なく、環境や健康への影響が低いとされています。
VOC(揮発性有機化合物)のリスク
VOCとは、揮発性有機化合物(VOC)は、室内空気の質を悪化させる原因となる化学物質の総称です。塗料や接着剤、清掃剤などに含まれています。
☆健康への影響:VOCは、目やのどの刺激、頭痛、めまいなどの健康被害を引き起こすことが知られています。長期的な曝露は、さらに重篤な健康リスクをもたらす可能性があります。
☆環境への影響:VOCは、大気中で酸化されると、地上近くのオゾンの生成を促進し、光化学スモッグの原因となります。
エコ塗料の効果とコスト
☆健康・環境への配慮:エコ塗料は、VOCの放出量が少ないため、室内空気の質の向上や環境への負荷軽減に寄与します。
☆耐久性と機能性:近年のエコ塗料は、従来の塗料と同等、あるいはそれ以上の耐久性や機能性を持っています。防カビや防藻、断熱効果などの特性を持つ製品も増えています。
☆コスト面の考慮:エコ塗料は、一般的な塗料に比べて価格が高い傾向にあります。しかし、長期的な健康や環境へのメリットを考慮すると、コストパフォーマンスは高いと言えます。

よくある質問・疑問

外壁塗装の適切なタイミングはいつですか?

外壁の色褪せやひび割れ、カビや藻の発生などのサインが見られたら塗装のタイミングを検討すると良いです。一般的には、前回の塗装から10年~15年が目安とされています。

外壁塗装の持続年数や耐用年数はどれくらいですか?

使用する塗料の種類や品質、施工方法、気象条件などによりますが、一般的には10年~15年が目安とされています。

塗料の種類にはどのようなものがあり、それぞれの特徴は何ですか?

主な塗料としては、アクリル系、シリコン系、フッ素系などがあります。アクリル系はコストパフォーマンスが良く、シリコン系は耐久性に優れ、フッ素系は汚れにくく長持ちする特徴があります。

外壁塗装の際、家の中の家具や貴重品を移動させる必要はありますか?

外壁塗装の際は、主に外部作業となるため、室内の家具や貴重品を移動させる必要は基本的にありません。

雨漏り修理業者に必要な資格・職人に必要な資格はありますか?

雨漏り修理業者に必要な資格
☆建設業許可
建設業許可は、建設工事を請け負うためには必ず必要な許可です。
建設業許可には、種類や規模によって29種類の許可があり、雨漏り修理を行うためには、屋根工事の許可が必要です。

☆建築施工管理技士
建築施工管理技士は、建築工事の現場監督を行うための国家資格です。
雨漏り修理は、屋根工事の中でも比較的規模の大きい工事になる場合があるため、建築施工管理技士の資格を取得している業者であれば、工事の安全性や品質を担保できると考えられます。

職人に必要な資格
☆建築板金技能士
建築板金技能士は、建築板金工事の技能を認定する国家資格です。
建築板金工事とは、屋根や外壁などの板金工事を指します。
雨漏り修理においては、屋根や外壁の板金工事が欠かせないため、建築板金技能士の資格を取得している職人であれば、技術力や経験を有していると判断できます。

☆雨漏り診断士
雨漏り診断士は、一般社団法人雨漏り鑑定士協会が認定する資格です。
雨漏りの原因や修理方法を診断する能力を認定する資格です。
雨漏り修理においては、雨漏りの原因を的確に特定することが重要であるため、雨漏り診断士の資格を取得している職人であれば、専門的な知識や技術を有していると判断できます。

コストはどのように決まるのですか?見積もりの際、注意すべき点はありますか?

コストは使用する塗料の種類や量、施工面積、業者の料金体系などによって変わります。見積もりの際は、明確な内訳を確認し、隠れた費用がないかを注意深く確認することが大切です。

外壁塗装の工程中、住み続けることは可能ですか?

はい、工程中でも住み続けることは可能です。但し、騒音や臭いなどの影響を受けることがあるため、事前に業者と相談すると良いでしょう。

工事後のメンテナンスやアフターケアはどのように行うべきですか?

定期的に外壁の汚れをチェックし、必要に応じて軽い洗浄を行うことがおすすめです。また、異常なひび割れや剥がれなどが見られた場合は、早めに専門家に相談することが大切です。

VOC(揮発性有機化合物)とは何ですか?健康や環境への影響はありますか?

VOCは、揮発性の有機化合物のことを指し、塗料や接着剤などに含まれることがあります。人体への影響や環境への悪影響が懸念されるため、低VOCや無VOCの製品を選ぶことが推奨されています。

外壁塗装の際、近隣への配慮やトラブルを避けるための方法はありますか?

工事の日程や時間、騒音や振動の配慮など、事前に近隣の住民への説明や挨拶を行うことが大切です。また、作業中の安全対策を徹底することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

天気や季節によって、最適な時期は変わりますか?

はい、雨の少ない春や秋が最適です。高温や高湿、冬の低温時は塗料の乾燥や性能に影響が出ることがあるため、避けるのが良いでしょう。

≪季節や気候による外壁塗装の適切なタイミング≫
単に外壁の美観を保つだけでなく、住宅や建物の寿命を延ばすための重要な工程です。
そのため、施工のタイミングは非常に重要です。

春(3月~5月)
  • 適切なタイミング
    春は温度が安定し、湿度も適切な範囲内に収まるため、外壁塗装には最適な時期です。
  • 注意点
    花粉の飛散が気になる時期でもあります。特に「セダー花粉」は塗料に混入するリスクがあるため、施工前の外壁のクリーニングが重要です。
夏(6月~8月)
  • 適切なタイミング
    早朝や夕方など、気温が低い時間帯に施工することが推奨されます。
  • 注意点
    高温や直射日光下での施工は、塗料が乾燥しすぎるリスクがあります。また、「梅雨」の時期は湿度が高くなるため、塗料の乾燥が不十分になる可能性があるので避けるべきです。
秋(9月~11月)
  • 適切なタイミング
    春同様、秋も温度や湿度が安定しているため、外壁塗装には良い時期です。
  • 注意点
    落ち葉や虫などが塗料に混入するリスクがあるため、施工時の環境管理が必要です。
冬(12月~2月)
  • 適切なタイミング
    一般的には冬の寒さは外壁塗装には不向きとされますが、温暖な地域特性や日中の気温が10度以上の日を選ぶことで施工可能です。
  • 注意点
    低温での施工は、塗料の乾燥が遅れるリスクがあります。また、霜や露が付着すると、塗料の密着性が低下する可能性があるため注意が必要です。
気候・風土による影響
  • 海沿いの地域
    塩害の影響を受けやすいため、「塩害対策塗料」の使用が推奨されます。
  • 雪の多い地域
    雪の重みや融雪剤の影響を受けるため、耐久性の高い「ウレタン樹脂塗料」や「フッ素樹脂塗料」の使用が適しています。

リフォームと内装リフォームの組み合わせ

自宅の外観を新しくするための外壁塗装は、単なる美観の向上だけでなく、建物の保護という重要な役割も果たします。

また、内装リフォームと組み合わせることで、住まい全体の快適性と機能性を高めることができます。

外壁塗装の重要性
外壁塗装は、紫外線や雨風から建物を守り、耐久性を高めるために不可欠です。使用する塗料には、アクリル樹脂塗料やシリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料などがあり、それぞれ耐候性や防カビ性に優れた特性を持っています。適切な塗料選びと施工は、建物の寿命を延ばし、長期的なメンテナンスコストの削減にもつながります。

内装リフォームの役割
内装リフォームは、住まいの機能性を向上させるだけでなく、居住者のライフスタイルに合わせた空間作りを可能にします。キッチンやバスルームのリノベーション、フローリングの張り替え、壁紙の更新などが一般的です。特に、断熱材の充填や窓の二重サッシ化などは、省エネ効果も期待できます。

組み合わせのメリット
外壁塗装と内装リフォームを同時に行うことで、工事期間の短縮やコスト削減が見込めます。また、外壁と内装のデザインをトータルで考えることで、統一感のある美しい住まいを実現できます。さらに、一貫した工事計画により、工事の質の向上や施工ミスの低減も期待できます。

《全体計画の立て方》

  1. ニーズの洗い出し
    まずは、リフォームにおける自分たちのニーズや希望を明確にしましょう。
    外壁の色や質感、内装のスタイルや機能性など、具体的なイメージを持つことが重要です。
  2. 専門業者の選定
    外壁塗装と内装リフォームの両方に対応できる専門業者を選びましょう。
    施工実績や口コミ、保証内容などを確認して、信頼できる業者を選定します。
  3. 見積もりと計画の確認
    複数の業者から見積もりを取り、コストとサービス内容を比較検討します。
    工事のスケジュールや施工方法についても詳細に確認しましょう。
  4. 契約と工事の進行
    契約書には工事の範囲、費用、スケジュールなどが明記されていることを確認します。
    工事中は定期的に進捗を確認し、コミュニケーションを密に取りましょう。

自宅の外壁塗装と内装リフォームを組み合わせることで、住まい全体の価値を高めることができます。
計画的に進めることで、コストパフォーマンスの高いリフォームが実現可能です。専門業者との良好な関係を築き、納得のいくリフォームを目指しましょう。

おすすめ専門外壁塗装 業者の選び方、比較:まとめ

外壁塗装は、人生で何十回も行うものではないですし、そもそも一軒家を保有していない人には認知もされていないものです。

外壁塗装見積比較・業者比較は、ちょっとした知識で失敗しないのは間違いありません。

最後に、見積比較のポイントとして

  • 前払いを要求する会社は怪しい
  • 塗料の種類・塗りの回数を明確に書いてない会社は怪しい
  • 総額しか書いていない会社はほぼ悪徳・追加請求は確実
  • 近隣住民への挨拶まで書かれていれば親切な業者

などにも注目するといいと思います。

もう1つおまけに追加すると
外壁塗装会社選びの基準として、資格も確認するといいと思います。
*塗装技能士・建設業許可・有機溶剤作業主任者など

外壁塗装会社おすすめ比較を徹底解説しました。

 

人気の塗料、色おすすめランキングランキング

外壁塗装は、表面的に見れば、壁に色を塗る作業です。

しかし、雨漏りの可能性・雨水の浸食を防ぐことで木材や鉄筋の劣化を防ぐ働きがあります。

とはいえ、外壁塗装選びの色も気になると思います。
事前に知っておくとイメージも湧きやすいと思います。

人気の色おすすめランキングランキング

  1. 第1位:ベージュ・クリーム
  2. 第2位:ホワイト
  3. 第3位:ブラウン
  4. 第4位:グレー
  5. 第5位:ブラック

車の人気カラーは、汎用性の高い、白や黒が気人気ですが、

外壁塗装においては、汚れを意識して白ではなくベージュ・クリームが1位なのは納得でしょう。

5位のブラックだと暗いイメージがあるので、3位のブラウンもなんとなくわかります。

外壁塗装会社を比較する場合、このカラーももちろんですが、塗料にも気を使いたいところです。

ちなみに冒頭で紹介した悪徳会社やちょっと怪しい業者に捕まった場合は、消費者センターへ連絡を。
https://www.kokusen.go.jp/map/

外壁塗装のおすすめの塗料メーカー(上場企業)

  • ロックペイント(東証S:4621、ROCK PAINT CO.,LTD.)
  • 菊水化学工業(東証S:7953、KIKUSUI CHEMICAL INDUSTRIES CO.,LTD.)
  • 日本ペイントホールディングス(東証S:4612、NIPPON PAINT HOLDINGS CO.,LTD.)
  • エスケー化研(東証S:4628、SK KAKEN CO.,LTD.)
  • 関西ペイント(東証S:4613、KANSAI PAINT CO.,LTD.)
  • 大日本塗料(東証S:4611、Dai Nippon Toryo Company, Limited)
  • アサヒペン(東証S:4623、ASAHIPEN CORPORATION)

非上場の有名どころ
水谷ペイント、アステックペイント、AGCコーティング、日進産業など今後も紹介していきたいと思います。

  • 外壁パーツ:雨戸、戸袋(とぶくろ)、面格子、幕板(まくいた)、水切り、入隅・出隅、笠木(かさぎ)、矢切り
  • 屋根パーツ:棟(むね)、破風(はふ)、鼻隠し(はなかくし)、雨押さえ(あまおさえ)、庇(ひさし)、軒天井(のきてんじょう)、雨樋

リペアRu

壁や屋根の修理・防水工事の地域最安値・最高品質、おすすめ業者探しに。市区町村・火災保険の給付金の活用も。
外壁塗装 おすすめ会社探し

  • 業者選びの時間削減におすすめの施工業者1社のみを紹介
  • 壁や屋根の修理など工事全般を地域最安値・最高品質業者選定
  • 市区町村・火災保険の給付金の活用
  • 銀行と提携し施工費用の手出しを最小限に縮小
  • 契約後の抽選で、豪華百貨店ギフトをプレゼント

《おすすめ指数:★★★★☆》

  • 株式会社 Life Adventure
  • 160-0022 新宿区新宿3-5-6 キュープラザ新宿3丁目6階

外壁広場

一番安い価格が見つかる外壁塗装・屋根塗装の一括見積りサイト
外壁塗装会社比較 工事業者

≪外壁広場の口コミ評価≫
築10年の28坪の住宅
外壁塗装会社 悪い口コミ
足場のスペースや屋根の斜度によっても金額は異なります。
何色使うかなどによっても金額は異なりますので、その都度の見積もり依頼となります。

《おすすめ指数:★★★☆☆》

  • アットセル株式会社
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目11-2 白石第五ビル3F

Goyoo(屋根・外壁の優良業者紹介サービス)

ヒアリングから業者選び・施工完了まで無料サポートサービス
Goyoo(屋根塗装優良業者紹介

Goyooは、業界経験豊富な専門の外壁診断士があなたに最適なリフォーム会社探しから工事完了までサポートする、リフォーム会社探しの新しいサービスです。
業界トップクラスの審査により選び抜かれた加盟店ネットワークが加盟、質問に答えるだけで、あなたに最適なリフォーム会社をご提案!簡単1分で優良な業者を探してみることができます。

  • ツクリンク株式会社
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-4-1 Jプロ代々木ビル4F

ヤネカベ

東京都と神奈川県の外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ総合研究所
吉本興業のお笑いコンピ”EXIT(イグジット)”さんがCMのおすすめ”外壁塗装会社”

≪ヤネカベの口コミ≫
我が家も9年前に叔父にヤネカベさんを紹介していただきました。
2012年と2016年に工事をしていただきましたが、とても親切で信頼できる業者さんなので何か困った時はすぐに電話して見ていただきました。
今回の工事に際しましても、工事中いろいろアドバイスをしていただき、満足のできる工事をしていただきとても感謝しています。
知り合いにも以前からプロタイムズさんは信頼できる業者さんだという話をしていたので、工事をする時は薦めたいです。
担当さんはとても親切で信頼できる方なので今回の工事を担当者していただいて本当に良かったです。こちらの要望にもすぐ気持ち良く対応してくださり、感謝しています。
職人の方達にも丁寧なお仕事をしていただき素敵な屋根に仕上りました。皆様、本当にありがとうございました。

無料の映像診断実施中
《おすすめ指数:★★☆☆☆》

  • 株式会社プロタイムズ総合研究所
  • 〒183-0006 東京都府中市緑町3-10-1 TSKビル

いえふく

【初回】【建売】【築15年以内】の住まいの塗装に限定
東京・神奈川・千葉・埼玉の外壁・屋根塗装なら「外壁塗装を一生懸命やる会社 いえふく」
外壁塗装 比較

≪いえふくの口コミ≫
今回の外壁塗装によって、家を取り巻く環境が外壁にさまざまな悪影響を及ぼす状況が改善されました。
今となっては分かりませんが、以前に塗られていた塗料が過酷な自然環境に対応できるものではなかったのかもしれません。
しかし今回は、I様が業者の提案を信頼し、予算をややオーバーしてでも優良な塗料の使用を受け入れてくださりました。
そのため、業者側もさらに仕事に力が入り、大変やりがいのある塗装工事となったのです。
業者にとって納得のいく出来映えを見ていただくことで、次の機会のご注文や、お客様のお知り合いのご紹介も期待できます。
今回使用した汚染性・耐藻性・耐久性に優れた塗料の効果は、時間が経過するほど強く実感していただけるでしょう。
いえふくとしては、きれいな仕上がりに喜ぶお客様の顔を見ることはもちろん、その数年後に証明される出来映えの確かさにご満足いただいたときの笑顔を見ることも、大きな楽しみなのです。

《おすすめ指数:★☆☆☆☆》

  • 株式会社いえふく
  • 東京都中央区日本橋浜町2-56-2 ネオロジービル2F

塗装ベストワン

外壁塗装の信頼のおける低価格で行える自社施工の業者を紹介
おすすめ外壁塗装会社比較ランキング

≪塗装ベストワンのコメント≫
Googleクチコミ、ツィッターやインスタグラム、フェイスブック(TwitterやInstagram、Facebook)、公式サイトから体験談・口コミを確認しましたが、
良い口コミ・悪い口コミ・信頼できない・業者に騙されたなどのクチコミを見つけることができませんでした。

  • 日本外壁塗装協会
    外壁塗装業者会員の品質向上、技術の向上、情報交換をし、さらなる進化を遂げる。
  • 外壁塗装協会
    一級塗装技能士の塗装業者を紹介する一般社団法人 外壁塗装協会
  • 日本塗装工業会(日塗装)
    一般社団法人 日本塗装工業会(日塗装)は発足して70年、2300社の塗装業者が集う日本最大の塗装団体であり、国土交通大臣認定の住宅リフォーム団体
  • 東京都塗装工業協同組合(東塗協)
    東京都内27地区の約500社の塗装工業者が加盟する東京都知事認可の協同組合

リショップナビ外壁塗装

外壁塗装・屋根塗装会社紹介サービス「リショップナビ」(旧プロヌリ)
全国500社の優良塗装業者から最大4社を紹介の【おすすめ外壁塗装】
外壁塗装会社 比較

≪リショップナビの口コミ≫
紹介形式は悪くは無いですが、頻繁に電話で業者との進捗を細かく聞いて来られたので迷惑でした。
1ヶ月くらいまとめてメールで対応してほしいと思います。

《おすすめ指数:☆☆☆☆☆》

  • 株式会社じげん (ZIGExN Co., Ltd.)
  • 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-8

火災保険の適用の基礎知識

外壁塗装において火災保険の加入活用、補助金・助成金も可能です。

助成金に関しては、各自治体によって条件が変わってきますので、塗装会社に相談することをおすすめします。

また、火災保険に関しても、
火災だけでなく、落雷、破裂・爆発、風災、水害、水濡れ、暴行・破壊、飛来・落下・衝突、盗難などにも適用可能なので、こちらも相談が可能です。

ただ、保険の種類(住宅火災保険・住宅総合保険)によって適用外ということもありますのでご注意を。

参考ページ:火災保険を利用して外壁塗装を行う方法

参考ページ:外壁塗装に使える助成金:都道府県・市町村別

≪告知:外壁塗装会社様へ≫
おすすめの外壁塗装として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、気軽にお問合せ・相談ください。
2営業日以内に、返信させていただきます。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)
 

関連公式サイト
民間賃貸住宅の計画修繕ガイドブック;国土交通省
住宅塗装工事等におけるガス機器の給気・排気部の閉塞:経済産業省

外壁塗装で失敗しないためには、

たくさんの情報をインプットし比較することです。

①「助成金・補助金を活用した見積もり比較
②「火災保険の活用チェック(50万円以上の削減可能)
③「外壁塗装プランの比較
この3つの比較が非常に重要です。

ただ、
未だに悪徳業者・訪問販売等の苦情は
毎日、国民生活センターに寄せられています。

特に、初めて補助金を活用した外壁塗装を行う方は
補助金・外壁塗装プラン・不安や悩み・・・など、
なんでも相談できる担当者選びが
成功・失敗の分かれ道
になります。

助成金・補助金の確認は一括見積もりサイトで

そこでオススメしたいのが、

  • 補助金・補助金・火災保険情報を確認できる
     
  • あなたの地域の優良業者が確認できる

シンニッケンの活用です。

シンニッケンの評判・口コミ:全国25万軒以上の施工実績!外壁塗装&屋外塗装の無料見積もり【シンニッケン】

全国25万軒以上の施工実績

《ここが違う》
シンニッケンは、

  • 1990年設立(33年の営業実績)
  • 全国25万軒以上の施工実績
    年間施工件数8,416軒(2020年時点、間施工数)
  • 全国直営50拠点

外壁塗装・屋外塗装・リフォーム設計の施工実績が全国でトップクラスの大手ハウスメーカーです。

シンニッケンが補助金や助成金、また火災保険の利用の有無などの申請代行も行ってくれるため、外壁塗装&屋外塗装の出費を抑えた工事を実現できます。

ややこしい、補助金システム

補助金・助成金は、お住いの地域によって、
助成額や補助額も変わります。

申請業者が限定(*注意)されていたり、
申請時期や予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

そのため、自己判断はおすすめできません。

とはいえ、
補助金の申請は、先着順
それも、必要書類がそろった状況が基本ですから、
早めに、補助金の基礎知識を高めておきたいですね。

 

まずはシンニッケンに登録

最新の助成金・補助金情報を外壁塗装会社に確認したい方

助成金・補助金の活用に実績のある施工会社を見つけたいという方

火災保険を使って、50万円・100万円単位で工事を削減したい方

助成金は市区町村によって予算や期限が異なるため、まずは、確認してみてください。

↓ 査定可能なエリア ↓

お住いの都道府県は?

北海道・東北 北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県滋賀県奈良県和歌山県
中国・四国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県香川県徳島県愛媛県高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

簡単60秒で入力完了!
助成金・火災保険が貰えるか調べてみる
リフォーム 一括見積もり

 

外壁塗装外壁塗装 おすすめ外壁塗装 比較