火災保険を利用して外壁塗装を行う方法、適用条件とそのための準備、外壁塗装会社選びのポイント

《PR》
火災保険を利用して外壁塗装を行う方法、適用条件とそのための準備、外壁塗装会社選びのポイント 外壁塗装
外壁塗装で失敗しないためには、

たくさんの情報をインプットし比較することです。

①「助成金・補助金を活用した見積もり比較
②「火災保険の活用チェック(50万円以上の削減可能)
③「外壁塗装プランの比較
この3つの比較が非常に重要です。

ただ、
未だに悪徳業者・訪問販売等の苦情は
毎日、国民生活センターに寄せられています。

特に、初めて補助金を活用した外壁塗装を行う方は
補助金・外壁塗装プラン・不安や悩み・・・など、
なんでも相談できる担当者選びが
成功・失敗の分かれ道
になります。

助成金・補助金の確認は一括見積もりサイトで

そこでオススメしたいのが、
  • 補助金・補助金・火災保険情報を確認できる
     
  • あなたの地域の優良業者が確認できる

外壁塗装見積り

ヌリカエの活用です。

簡単60秒で入力完了!
助成金・火災保険が貰えるか調べてみる
外壁塗装 一括見積もり

 

火災保険 外壁塗装

マイホーム(家)は私たちの生活を支える大切な場所です。

その住まいを守るためには、定期的なメンテナンスが必要です。

特に、外壁塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、建物を自然災害から守る重要な役割を果たします。

しかし、どんなに丁寧にメンテナンスを行っても、経年劣化や自然災害による損害は避けられません。

そこで、火災保険の存在が重要となります。

火災保険は、火災だけでなく、風災や水害などの自然災害による損害も補償します。

この記事では、
外壁塗装と火災保険の関連性、適用条件、補償範囲、申請方法などを詳しく解説します。

外壁塗装とは何か?

外壁塗装は、外壁材の劣化を防ぎ、建物を保護するための重要な作業です。
また、美観を保つことで、住宅の価値を維持します。

外壁塗装の目的

美観の維持
外壁塗装は、住宅の外観を美しく保つために行います。
色褪せや汚れを解消し、新築時の美しさを取り戻します。
建物の保護
外壁塗装は、建物を風雨や紫外線などの自然環境から守ります。
これにより、外壁材の劣化を防ぎ、建物の寿命を延ばします。
防水効果
外壁塗装は、雨水が建物内部に侵入するのを防ぎます。
雨漏りや湿気によるカビの発生を防ぎます。
断熱・遮熱効果
一部の塗料には、断熱・遮熱効果があります。
室内の温度を適度に保ち、冷暖房費を節約することができます。
外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類や施工面積、業者の料金体系などにより異なります。
見積もりを取る際は、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
また、火災保険を上手に活用するのもポイントです

外壁塗装 火災保険

火災保険とは何か?

火災保険は、火災だけでなく、風災や水害などの自然災害による損害も補償する保険です。
住宅を守るための重要なツールと言えます。

以下に、その主な目的を詳しく説明します。

  • 経済的な負担回避
    火災保険は、自然災害などによる損害が発生した際に、経済的な負担を軽減します。
    これにより、被害からの復旧をスムーズに進めることができます。
  • 住宅の保護
    火災保険は、住宅やその中にある財産を保護します
    万が一の事態に備え、安心して生活することができます。
  • 生活の再建支援
    火災保険は、被害により生活が立ち行かなくなった場合でも、生活の再建を支援します。
    生活を早期に元通りにすることができます。
本来、補助金や助成金の場合、
見積を取り寄せ、工事・施工を行い、支払い後に、申請し助成してもらうのが基本的な流れです。

しかし、火災保険は命に係わる事故・損害が発生するため、施工前に、申請、即保険金を受け取ることが可能です。

【火災保険の適用範囲】
火災保険は、火災だけでなく、風災や水害などの自然災害による損害も補償します。

  • 火災:火災保険の基本的な補償対象は、火災による損害です。これには、直接的な火災だけでなく、煙や熱による損害も含まれます。
    関連ページ:火事のあった家を売却するには?
  • 風災:台風や豪雨による風災や水災による損害も、特約を付けることで補償の対象となることがあります。
  • 水害:洪水や豪雨による水害も補償対象となります。
  • 落雷:落雷や爆発による損害も、多くの火災保険で補償されます。
  • 盗難:火災などの混乱に乗じた盗難も補償対象となることがあります。
  • 塗膜の剥がれや色褪せ: 強風による砂や小石の衝突、長期間の紫外線曝露による塗膜の剥がれや色褪せも、条件によっては補償されることがあります。
  • その他の自然災害:地震や雪害など、特定の条件下での自然災害による損害も補償対象となることがあります。

なお、火災保険の適用範囲は、契約内容によりますので、具体的な補償内容は保険会社に確認してください。

《補償されないケース》

  • 経年劣化
    外壁塗装の経年劣化による損害は、通常、火災保険の補償対象外です。
  • 不適切な施工:
    不適切な施工による損害も補償されないことが一般的です。

《補償を受けるための条件》
☆特約の確認: 外壁塗装の損害が補償されるかどうかは、契約している特約によります。風災や水災特約があるかどうかを確認しましょう。
☆損害の報告: 損害が発生した場合は、速やかに保険会社に報告する必要があります。損害の状況を正確に伝えることが大切です。

《保険金請求のプロセス》

  1. 損害の発生: 火災や自然災害などにより住宅や建物に損害が発生した場合、まずはその状況を正確に把握します。
  2. 保険会社への連絡: 損害が発生したことを速やかに保険会社に連絡します。この際、保険証券番号や契約者情報を用意しておくとスムーズです。
  3. 損害報告書の提出: 保険会社から指示された損害報告書を提出します。損害の状況や原因、被害の範囲などを詳細に記載します。
  4. 見積もりの提出: 修理や復旧に必要な費用の見積もりを提出します。外壁塗装の場合は、専門の業者に見積もりを依頼します。
  5. 現場調査: 保険会社の担当者や鑑定人が現場調査を行い、損害の原因や範囲を確認します。
  6. 保険金の算定: 受給の可否と補償金額を決定
  7. 保険金の支払い: 算定された保険金が支払われます。支払い方法や時期は契約内容によります。

関連ページ:火災保険とは

外壁塗装と火災保険の関連性

自然災害による外壁塗装の損害は、火災保険で補償される可能性があります。

火災保険の適用条件は、保険会社により異なりますが、自然災害による直接的な損害が補償対象となります。

外壁塗装は、劣化のサインが見られたらすぐに行うことが重要です。

定期的なメンテナンスと併せて、外壁塗装を計画しましょう。

外壁塗装の損害が火災保険の補償対象となる場合、塗装業者と保険会社との連携が重要です。

適切な見積もりと補償申請を行うために、専門業者のサポートを受けましょう。

ただ、自然災害と経年劣化の判断はなかなか難しく、申請のテクニックでいかようになるのが現状です。
火災保険の申請に長けている施工会社選びも1つのポイントとも言えます。

火災保険を活用した外壁塗装業者選びなら

火災保険に強い外壁塗装会社探しは、実績と経験がものを言います。

エリアに強みがあり、料金も明瞭会計の外壁塗装会社探しは、複数の施工会社とのコンタクトが基本です。

そこで、外壁塗装工事比較におすすめのサイトを紹介します。

外壁塗装比較としてご活用ください。

ヌリカエ

《外壁塗装で助成金が受けられる自治体》

自治体ごとに

  • 受付期間
  • 予算の消化
  • 助成額

など、そのタイミングごとで助成の有無が変わります。

外壁塗装・屋根塗装のおすすめ会社紹介サービス”ヌリカエ”は、

下のように、助成金もわかる相場算定サイトを提供しています。

火災保険を利用した外壁塗装

>>ヌリカエ公式サイトへ

外壁塗装のプロカベ

確かな技術を持つ外壁塗装会社紹介サービス”プロカベ”
外壁塗装会社 火災保険

  • 建築許可番号を取得している会社
  • 国家資格者(1級塗装技能士)が所属している会社

安心してお願いできる外壁塗装会社紹介してくれます。

>>外壁塗装のプロカベ公式サイトへ

外壁塗装紹介サイト

《最大3社へカンタン一括見積もり依頼》

外壁塗装 保険見積

一括見積もりサイトには、
加盟金や成約手数料として10%・20%の報酬が設定されているサイト・会社もあります。

外壁塗装における50坪の費用相場は、100万円を越えます。
★10%の手数料なら10万円
★20%の手数料なら20万円
登録してる業者からすれば負担が大きく、成約手数料を見積もり金額に上乗せすることも少なくありません。

外壁塗装紹介サイトは、成約手数料とは一切設定していません。

業者からは、紹介手数料として11,000円だけなので外壁塗装業者としても負担が少なく、結果的に良心的な見積もりが実現しています。

火災保険で外壁塗装

>>外壁塗装紹介サイト公式サイトへ

外装リフォームプロ

一級塗装技能士が在籍する外壁塗装、屋根工事の優良店から、低価格&高品質の塗装工事業者の無料一括見積もりが可能です。
火災保険 外壁塗装工事

外壁塗装工事、屋根葺き替え、ベランダや屋上の防水など、お住まいの外装工事において、
自社施工の職人店に直接依頼することで、低価格を実現しています。
外壁 火災保険
自社施工とは、業者が自らの職人や設備を持って工事を行うことを指します。

>>外壁塗装紹介サイト公式サイトへ

外壁塗装パートナーズ

適正価格・相場が分かる、建築士が運営する外壁塗装・屋根塗装一括見積サイト
定期点検のある優良な外壁塗装業者検索などで充実のアフターフォローを用意している会社探しも
外壁塗装 おすすめ 火災保険

>>外壁塗装パートナーズ公式サイトへ

ハピすむ外壁塗装

全国1000社以上の外壁塗装・リフォーム会社から優良施工会社を探して無料で紹介、おすすめの外壁塗装一括見積りサイト
外壁塗装 火災保険 東京

>>ハピすむ外壁塗装公式HPへ

参考ページ:おすすめ外壁塗装会社の口コミ・評判

助成金・補助金の活用

外壁塗装には、一定の費用が必要です。
しかし、火災保険以外に地方自治体や国などから提供される助成金や補助金を利用することで、費用を軽減することが可能です。

地方自治体の助成金・補助金
地方自治体によっては、住宅の改修やリフォームに対する助成金や補助金を提供している場合があります。
詳細は、各地方自治体のホームページや窓口で確認しましょう。
エコポイント制度
エコポイント制度は、環境に配慮した商品やサービスを利用した際にポイントが付与され、そのポイントを商品やサービスの購入に利用できる制度です。
エコポイント対象の塗料を使用すると、一部の費用を補助することが可能です。
住宅ローンの減税制度
一部の住宅ローンでは、リフォーム費用をローンに組み入れ、その利息分を所得税や住民税から控除できる制度があります。
これを利用することで、外壁塗装の費用を抑えることが可能です。

これらの制度を活用することで、外壁塗装の費用負担を軽減することができます。
ただし、各制度には適用条件がありますので、詳細は各制度の公式情報を確認してください。

参考公式サイト
ヒートアイランド対策助成制度(千代田区)
高反射率塗料等(港区)
高反射率塗料施工助成金制度(台東区)
各自治体で用意していることが多いため、
自治体 + 塗装 + 補助金 で検索してみてください。

火災保険を活用した外壁塗装体験談・口コミ

火災保険を活用した外壁塗装を検討している方について、一番気になるのは、口コミや体験談だと思います。

Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認し、良い口コミ・体験談などを探しました。

外壁塗装に火災保険

私の家は、築20年になります。
外壁の色が褪せてきたので、外壁塗装を考えていました。
しかし、その直後に台風が来て、外壁に大きな損害を受けました。
幸い、私は火災保険に加入していたので、保険会社に連絡しました。
保険会社の鑑定人が来て、損害状況を確認した後、保険金が支払われ、外壁塗装の費用をカバーすることができました。

外壁 コーキング ひび割れ 火災保険

私の家は、築10年です。
ある日、突然の大雨で外壁に雨漏りが発生しました。
外壁塗装をしていた業者に連絡し、修理の見積もりを取りました。
その見積もり額に驚き、どうしようかと思っていたところ、業者から火災保険の存在を教えてもらいました。
火災保険に加入していたことを忘れていました。
すぐに保険会社に連絡し、保険金を申請しました。
その結果、修理費用の大部分を補償してもらうことができました。

火災保険 外壁塗装 助成金

私の家は、築15年です。
ある日、強風で外壁に飛来物が当たり、大きな傷がつきました。
外壁塗装を考えていましたが、その費用を心配していました。
しかし、友人から火災保険のことを教えてもらい、保険会社に連絡しました。
幸い、私の火災保険は風災も補償対象に含まれていたので、保険金を申請することができました。
その保険金で、外壁塗装の費用を賄うことができました。

 

《火災保険の適切な活用方法》
火災保険を適切に活用するためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 保険の内容を理解する:火災保険の補償内容や適用条件は、契約内容によります。保険の内容を理解し、自分のライフスタイルに合った保険を選びましょう。
  • 定期的な確認:火災保険の契約内容は、定期的に確認しましょう。住環境やライフスタイルの変化により、保険の内容を見直す必要があるかもしれません。
  • 早期の申請:損害が発生した場合、早期に保険会社に連絡し、保険金の申請を行いましょう。適切な書類を準備し、必要な手続きをスムーズに進めることが大切です。
  • 専門家の意見を聞く:保険の申請や手続きは複雑な場合があります。必要であれば、専門家の意見を聞くこともおすすめします。

[外壁塗装の申請期間]

火災保険での外壁塗装の補償を受けるための申請には、一般的には期間が設けられています。

損害が発生した日から3年以内に保険金の請求を行わないと、保険金を受け取る権利を失うことが定められています。

多くの場合、損害が発生した日から一定の期間内(例: 2週間、1ヶ月など)に保険会社に損害を報告し、必要な手続きを開始することをおすすめします。

具体的な期間や手続きの詳細は、契約している火災保険の保険証券や保険会社のガイドラインを確認するか、直接保険会社に問い合わせることで確認できます。

損害が発生した場合は、できるだけ早く保険会社に連絡し、指示に従って手続きを進めることが重要です。

適切な手続きを怠ると、補償を受けることができなくなる可能性があります。

[火災保険を活用した外壁塗装の流れ]

  1. 損害の確認
    外壁に損害が発生したことを確認します。
    この損害が火災保険の補償対象となるかを判断するための基礎となります。
  2. 外壁塗装業者の確認
    損傷個所の確認・調査、工事に関わる費用・工数の算出
  3. 保険会社への連絡
    損害が発生したら、速やかに保険会社に連絡します。
    損害発生から短い期間内に報告することが求められます。
  4. 査定の申請
    保険会社に対して、損害の査定を申請します。
    外壁塗装業者の見積もり書の提示。
    外壁塗装業者が代行してくれる場合もあります。
  5. 査定結果の通知
    保険会社から査定結果が通知されます。
    この結果に基づき、どれだけの保険金が支払われるか、また外壁塗装が補償対象となるかが明確になります。
  6. 保険金の受領
    工事前に、保険会社から保険金が支払われます。
    支払い方法や期間は保険会社によって異なります。
  7. 業者の選定
    見積もり書を提出した塗装会社に工事依頼が基本的です。
    保険会社が推奨する業者がある場合もありますが、必ずしもその業者を選ばなければならないわけではありません。
    申請と工事が同一業者である必要はありません
  8. 見積もりの再確認・契約
    選定した業者から外壁塗装の見積もりを再確認します。
  9. 工事の開始
    見積もりに同意したら、外壁塗装の工事を開始します。
  10. 工事の完了と確認
    工事が完了したら、その結果を確認します。問題がなければ工事完了となります。

[外壁塗装の種類]
塗料の種類には、シリコン塗料、アクリル塗料などがあります。
それぞれの特性を理解し、自宅の状況に合わせて選びましょう。

外壁塗装のタイミングは、以下のような状況を参考に判断すると良いでしょう。

  • 外壁の色褪せ
    外壁の色が褪せてきた場合、塗装の効果が失われてきている可能性があります。
    この状況では、新たに塗装を行うことを検討しましょう。
  • ひび割れや剥がれ
    外壁にひび割れや剥がれが見られる場合、それは塗装の劣化を示しています。
    これらの症状が見られたら、早急に塗装を行うことをおすすめします。
  • 経過年数
    一般的に、外壁塗装は約10年ごとに行うことが推奨されています。
    しかし、使用する塗料の種類や住環境により、その期間は前後することがあります。
  • 自然災害後
    台風や地震などの自然災害後は、外壁に損傷が生じている可能性があります。
    自然災害後は、外壁の状態を確認し、必要であれば塗装を行いましょう。

よくある質問・Q&A

火災保険は外壁塗装の費用を補償してくれますか?

通常、火災保険は経年劣化による外壁の塗装の費用を補償しません。
しかし、火災や風災などの特定の原因による損害があった場合、補償の対象となることがあります。

どのような場合に火災保険で外壁塗装が補償されるのですか?

火災や風災、落雷などの突発的な事象によって外壁に損害が生じた場合、その修復の一環としての外壁塗装が補償の対象となることがあります。

火災保険の補償を受けるための手続きは?

まず保険会社に損害を報告し、その後指示に従って必要な書類や写真などの証拠を提出します。保険会社は査定を行い、補償内容を決定します。

保険会社が推奨する業者でないと、外壁塗装はできませんか?

保険会社が推奨する業者以外でも外壁塗装は可能です。ただし、業者選びには注意が必要です。

保険金の額が外壁塗装の見積もりを下回った場合、どうすればいいですか?

保険金の額が外壁塗装の費用を下回る場合、差額は自己負担となります。

火災保険での補償は、外壁塗装だけですか?

火災保険の補償は外壁塗装だけでなく、損害の範囲や契約内容に応じて、他の修復作業(リフォーム等)も含まれることがあります。

外壁塗装の前に、保険会社に連絡する必要がありますか?

火災保険を活用する場合は、外壁塗装の前に必ず保険会社に連絡し、手続きを進めることが必要です。

火災保険の補償を受けた後、外壁塗装をしないでそのままにしても問題はありますか?

保険金は損害の修復のために支払われるものです。
外壁の損害を放置することで、さらなる損害の原因となる可能性があります。

火災保険での外壁塗装の補償は、何回まで受けられますか?

保険契約の内容や保険会社のポリシーによりますが、特定の回数に制限があることは一般的ではありません。

すでに外壁塗装を行った後でも、火災保険の補償を受けることはできますか?

通常、外壁塗装を行った後に保険の補償を受けることは難しいです。事前に保険会社との連絡や手続きが必要です。

火災保険の申請に必要な書類は何ですか?

火災保険の申請には、保険証券、被害状況の写真、修理の見積もりなどが必要となることがあります。

外壁塗装の費用はどのくらいですか?

外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類や施工面積、業者の料金体系などにより異なります。

火災保険 外壁塗装:まとめ

外壁塗装と火災保険は、住宅を守るための重要な要素です。

外壁塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、建物を自然災害から守る役割を果たします。

一方、火災保険は、自然災害による損害を補償し、経済的な負担を軽減します。

しかし、火災保険の適用条件や申請方法を理解し、適切に活用することが重要です。

また、外壁塗装の適切なタイミングや費用、業者選びも重要なポイントです。

これらを理解し、自分の住まいを守るための最善の策を立てましょう。

そして、何よりも大切なのは、自分の住まいを愛し、大切にする心です。

それが、最高の保護をもたらすのです。