ベランダ塗装におすすめの外壁塗装・屋根塗装会社、ベランダの防水方法、塗装工事にかかる必要は?

《PR》
ベランダ塗装におすすめの外壁塗装・屋根塗装会社、ベランダの防水方法、塗装工事にかかる必要は? ベランダ塗装
外壁塗装で失敗しないためには、

たくさんの情報をインプットし比較することです。

①「助成金・補助金を活用した見積もり比較
②「火災保険の活用チェック(50万円以上の削減可能)
③「外壁塗装プランの比較
この3つの比較が非常に重要です。

ただ、
未だに悪徳業者・訪問販売等の苦情は
毎日、国民生活センターに寄せられています。

特に、初めて補助金を活用した外壁塗装を行う方は
補助金・外壁塗装プラン・不安や悩み・・・など、
なんでも相談できる担当者選びが
成功・失敗の分かれ道
になります。

助成金・補助金の確認は一括見積もりサイトで

そこでオススメしたいのが、
  • 補助金・補助金・火災保険情報を確認できる
     
  • あなたの地域の優良業者が確認できる

外壁塗装見積り

ヌリカエの活用です。

簡単60秒で入力完了!
助成金・火災保険が貰えるか調べてみる
外壁塗装 一括見積もり

 

ベランダ塗装

ベランダは、私たちの生活空間の一部として、日々の生活に欠かせない存在です。

洗濯物を干したり、夜の星空を眺めたり、朝のコーヒーを楽しんだり、と、ベランダは私たちの生活を豊かにしてくれます。

しかし、そのベランダが劣化してしまうと、住宅全体の価値が下がってしまうだけでなく、雨漏りなどの問題を引き起こす可能性もあります。

そのため、ベランダのメンテナンスは非常に重要です。

その中でも、特に重要なのがベランダ塗装です。

この記事では、ベランダ塗装の基本から、選び方、費用、メンテナンス方法までを詳しく解説します。

ベランダ塗装を検討している方、またはこれから検討する方の参考になれば幸いです。

ベランダ塗装とは?

ベランダ塗装とは、ベランダの表面に塗料を塗り、防水性や耐久性を高める工事のことを指します。

ベランダは日々の風雨や紫外線にさらされ、劣化が進みやすい部分です。

そのため、ベランダ塗装は、ベランダの劣化を防ぎ、長持ちさせるために重要なメンテナンス作業となります。

また、ベランダ塗装は、ベランダの美観を保つだけでなく、雨漏りなどの問題を防ぐためにも必要な工事です。

以前、屋根塗装や外壁塗装を紹介しましたが、
家の劣化を防ぐ意味では、ベランダ塗装も非常に重要な家のメンテナンスです。

ベランダ塗装の選び方

ベランダ塗装を選ぶ際は、自分の住宅の状態や予算、そして塗装業者の信頼性などを考慮する必要があります。

また、塗装の種類や塗料の種類によっても、耐用年数やメンテナンスの頻度が変わるため、慎重な判断が求められます。

具体的には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

住宅の状態
ベランダの広さや形状、現在の劣化状況などを考慮します。
予算
塗装の種類や塗料の種類によって費用は大きく変わります。

自分の予算に合った塗装を選びましょう。

塗装業者の信頼性
塗装業者の評判や実績をチェックし、信頼できる業者を選びます。

《ベランダ塗装の種類と特徴》

FRP防水
FRP防水は、ガラス繊維で補強された塗料を使用する防水工法です。
強度が高く、新築住宅のベランダ塗装として広く普及しています。
しかし、下地処理が複雑で、施工には専門的な技術が必要となります。

ウレタン防水
ウレタン防水は、液状のウレタン樹脂を塗布していく防水工法です。
継ぎ目のない仕上がりが可能で、複雑な形状のベランダにも対応できます。
ただし、耐久性が低く、メンテナンスの頻度が多くなるというデメリットがあります。

シート防水
シート防水は、防水シートを敷き詰めていく防水工法です。
広範囲での施工が可能で、費用対効果が高いとされています。
しかし、施工には時間がかかり、工期が長くなる可能性があります。

これらの防水工法は、それぞれ特徴とメリット、デメリットがあります。
自分の住宅の状態や予算、そして求める性能によって、適切な防水工法を選ぶことが重要です。

参考ページ:外壁劣化の原因

ベランダ塗装に強みを持つ外壁塗装のおすすめ業者選びなら

ベランダ塗装に強みを持つ外壁塗装会社として、
エリアに強みがあり、料金も明瞭会計の外壁塗装会社、それも複数の業者から相見積もりを取るところから始まります。

複数の見積もりを確認することで、

  • 相場が読めてきます。
  • 施工内容も見えてきます。

また、対応の良し悪しも1つの業者選びのポイントとなります。

そこで、外壁塗装工事比較におすすめのサイトを紹介します。

外壁塗装比較としてご活用ください。

【見積比較のポイント】
ベランダ工事・塗装の業者からの見積もりは、すべてフォーマットが一緒ではありません。

そのため、見積比較が難しく、総額だけ見て業者選定をしてしまう方も少なくありません。

見積比較のポイントは、他者の見積書を確認してもらいながら、業者から作業内容・見積内容を説明してもらう方法をおすすめします。

説明を聞くことで、メリット・デメリット・値引き交渉まで容易に進めることが可能です。

外壁塗装パートナーズ

適正価格・相場が分かる、建築士が運営する外壁塗装・屋根塗装(ベランダ塗装)一括見積サイト
定期点検のある優良な外壁塗装業者検索などで充実のアフターフォローを用意している会社探しも
外壁塗装 火災保険 経年劣化
>>外壁塗装パートナーズ公式サイトへ

ハピすむ外壁塗装

全国1000社以上の外壁塗装・リフォーム会社から優良施工会社を探して無料で紹介、おすすめの外壁塗装一括見積りサイト
外壁塗装 火災保険 デメリット
おすすめのベランダ塗装が見つかります。
>>ハピすむ外壁塗装公式HPへ

外壁塗装ほっとらいん

地域の優良塗装店紹介サービスを提供。外壁塗装、屋根塗装、サイディング工事・ベランダ塗装
火災保険 外壁塗装 助成金

>>外壁塗装ほっとらいん公式サイトへ

参考ページ:外壁塗装に使える助成金:都道府県・市町村別

セレクトナビ

一戸建・マンションやアパートの外壁塗装の見積もり比較・外壁塗装一括見積もり
外壁塗装 火災保険 事例
>>セレクトナビ詳細はこちら

参考ページ:
おすすめ外壁塗装会社の口コミ・評判
火災保険を利用して外壁塗装を行う方法

ベランダ塗装の費用とその見積もり

ベランダ塗装の費用は、選ぶ防水工法や塗料の種類、そして施工範囲によって変わります。

一般的には、

  • FRP防水が2,000~4,000円/㎡
  • ウレタン防水が1,500~2,000円/㎡
  • シート防水が2,000~3,000円/㎡

とされています。

防水層にまで達してしまった深いひび割れや、広範囲の剥がれなどがある場合、
トップコートの塗り替えだけでは対応できない場合があります。
その場合、防水層の補修が必要となり、その費用は5,000円~8,000円/㎡程度となります。

見積もりのポイント

見積もりを取る際は、塗装業者によって費用が大きく変わる可能性があるため、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

また、見積もりの際には、工事内容や費用の内訳を詳しく説明してもらうことが重要です。

  • 複数の業者から見積もりを取る
    塗装業者によって費用が大きく変わる可能性があるため、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
  • 工事内容や費用の内訳を詳しく説明してもらう
    見積もりの際には、工事内容や費用の内訳を詳しく説明してもらうことが重要です。
    これにより、適切な費用が算出されているかを確認することができます。
  • 悪徳業者に注意する
    見積もりを取る際には、不適切な業者に注意が必要です。
    適切な見積もりが出せない業者や、不明瞭な費用設定をする業者は避けるべきです。

ベランダ塗装:メンテナンスの重要性

ベランダ塗装後も定期的なメンテナンスが必要です。
ベランダの劣化を早期に発見し、長持ちさせることが可能となります。
また、メンテナンスを怠ると、ベランダの劣化が進行し、再度塗装が必要となる可能性があります。
そのため、定期的なメンテナンスは、ベランダ塗装の耐用年数を延ばすためにも重要です。

【メンテナンスの方法】
メンテナンスの方法としては、定期的な清掃や、塗装面のチェックがあります。

  • 定期的な清掃
    ベランダの汚れやゴミを定期的に清掃することで、塗装面の劣化を防ぎます。
  • 塗装面のチェック
    塗装面にひび割れや剥がれなどがないかを定期的にチェックします。特に、ひび割れや剥がれなどが見つかった場合は、早めの補修が必要です。

【メンテナンスのタイミング】
メンテナンスのタイミングは、一般的には年に1回程度とされています。

しかし、塗装の種類や塗料の種類によっては、もっと頻繁にチェックが必要な場合もあります。

また、大雨や台風などの激しい天候の後は、特に注意深くチェックを行うことがおすすめです。

【自分でできるメンテナンス】
メンテナンスは専門業者に依頼することも可能ですが、
簡単なものであれば、自分でも行うことができます。
例えば、ベランダの清掃や、塗装面のチェックなどは自分でも行うことが可能です。

ベランダ塗装のDIYガイド:自分でベランダ塗装を行うには?

ベランダの塗装は、外観の美しさを保つだけでなく、建物を保護する重要な役割を果たします。

プロに依頼するのも良いですが、DIYで挑戦することで、コストを抑えつつ、自分の好みに合わせた仕上がりを実現できます。

ではベランダ塗装のDIYについて、流れをまとめました。

  1. ステップ1: 下準備
    ☆清掃: ベランダの表面のほこりや汚れを丁寧に取り除きます。高圧洗浄機を使用すると効果的です。
    ☆補修: ひび割れや剥がれがある場合は、パテやシーリング材で補修します。
    ☆養生: 塗装しない部分はマスキングテープや養生シートで保護します。
  2. ステップ2: 下塗り
    ☆プライマー塗布: 塗料の密着を良くするために、プライマー(下塗り材)を塗布します。塗料の種類に合わせたプライマーを選びましょう。
  3. ステップ3: 中塗り
    ☆塗料選び: 耐候性、耐水性に優れた塗料を選びます。アクリル塗料やウレタン塗料が一般的です。
    ☆塗装: 塗料を均一に塗り広げます。ローラーや刷毛を使い、ムラがないように注意しましょう。
  4. ステップ4: 上塗り
    ☆仕上げ塗装: 中塗りが乾いたら、最終的な仕上げのために上塗りを行います。この工程で色や質感を整えます。
  5. ステップ5: 乾燥と仕上げ
    ☆乾燥: 塗装した表面を十分に乾燥させます。乾燥時間は塗料の種類によって異なります。
    ☆仕上げ: 乾燥後、養生を取り除き、必要に応じて清掃を行います。
注意点
★気象条件: 雨や強風の日は避け、湿度が低く、温度が適度な日を選びましょう。
★安全対策: 転落防止のため、安全帯の着用や足場の確保を徹底してください。
★塗料の取り扱い: 換気を良くし、塗料の取り扱いには十分注意しましょう。

ベランダ塗装のDIYは、計画的に行えば、プロ並みの仕上がりを実現できます。
各ステップを丁寧に行い、安全に注意しながら作業を進めましょう。
自分の手でベランダを美しく保つことは、大きな達成感と満足感をもたらします。

ベランダ塗装の環境への影響

環境に優しい塗料の選び方や、塗装工事の環境への影響についての情報
ベランダ塗装は、美観を保つだけでなく、建物を長持ちさせるためにも重要です。

しかし、塗装工事が環境に与える影響も無視できません。

環境に配慮した塗装を行うことで、持続可能な社会への貢献が可能です。

《環境に優しい塗料の選び方》

VOC(揮発性有機化合物)の少ない塗料: VOCは大気汚染の原因となるため、VOCの含有量が少ない塗料を選びましょう。
水性塗料の利用: 溶剤を使用しない水性塗料は、環境への負荷が低く、安全性も高いです。
天然素材の塗料: 天然素材を使用した塗料は、化学物質の排出が少なく、環境に優しい選択肢です。

《塗装工事の環境への影響》

大気汚染
  • 塗料からのVOCの放出は、光化学スモッグの原因となります。
廃棄物の問題
  • 塗装工事で発生する廃棄物は、適切に処理しないと環境汚染を引き起こす可能性があります。
エネルギー消費
  • 塗装工事にはエネルギーが必要であり、その消費も環境への影響を与えます。

《環境に配慮した塗装工事の進め方》

  1. 適切な塗料の選択: 環境に優しい塗料を選ぶことが最も重要です。
  2. 効率的な塗装プロセス: 無駄な塗料の使用を避け、効率的な塗装プロセスを計画しましょう。
  3. 廃棄物の適切な処理: 使用した塗料缶や養生材は、適切に分別し、リサイクルや処分を行います。
環境に優しい塗装のメリット

★健康への配慮
有害物質の排出が少ないため、住む人の健康を守ることができます。
★持続可能な選択
環境に配慮した塗装は、持続可能な社会への貢献につながります。
★コスト削減
効率的な塗装は、長期的に見てコスト削済にもつながります。

ベランダ塗装を行う際には、環境への影響を考慮し、環境に優しい塗料の選択と塗装工事の進め方に注意を払うことが重要です。
環境に配慮した塗装は、美しいベランダを保つだけでなく、健康と環境を守るための賢い選択です。

ベランダ塗装:体験談・口コミ

ベランダ塗装を検討している方は、口コミや体験談が気になると思います。

Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認し、良い口コミ・体験談などを探しました。

我が家のベランダは10年以上放置していました。
雨漏りが始まり、ベランダ塗装を検討するようになりました。
FRP防水を選び、塗装業者に依頼しました。
施工後、ベランダはまるで新品のようになり、雨漏りも止まりました。
費用は少々かかりましたが、それ以上の価値があると感じています。

新築の戸建てを購入した際、ベランダの防水について考える機会がありました。
ウレタン防水を選択し、定期的なメンテナンスを心掛けています。
ベランダの清掃や塗装面のチェックは自分でもできるので、それほど手間を感じていません。

ベランダ塗装を自分で行うことに挑戦しました。
シート防水を選び、DIYショップで購入した塗料を使用しました。
初めての経験だったので時間はかかりましたが、完成した時の達成感はひとしおでした。
ただ、専門的な知識が必要な部分もあったので、次回はプロに依頼するかもしれません。

参考公式サイト
民間賃貸住宅の計画修繕ガイドブック:国土交通省

よくある質問・Q&A

ベランダ塗装の耐用年数は?

ベランダ塗装の耐用年数は、塗装の種類や塗料の種類、そして施工の品質によって変わります。
一般的には、FRP防水が10年~15年、ウレタン防水が5年~10年、シート防水が10年~20年とされています。

ベランダ塗装の適切な時期は?

ベランダ塗装の適切な時期は、ベランダの劣化状況や塗装の種類によって変わります。
しかし、一般的には、劣化が進行している場合や、既に雨漏りが発生している場合は、早めの塗装が必要です。

ベランダ塗装の施工期間は?

ベランダ塗装の施工期間は、ベランダの広さや塗装の種類、そして天候によって変わります。一般的には、1週間~2週間程度とされています。

ベランダ塗装の後のメンテナンスは?

ベランダ塗装の後も定期的なメンテナンスが必要です。
これにより、ベランダの劣化を早期に発見し、長持ちさせることが可能となります。

ベランダ塗装:まとめ

ベランダ塗装は、住宅の価値を保つために重要な工事です。

適切な塗装を選び、定期的なメンテナンスを行うことで、ベランダを長持ちさせることができます。

また、ベランダ塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、雨漏りなどの問題を防ぐためにも重要です。

この記事を参考に、自分の住宅に最適なベランダ塗装を選んでみてください。

また、ベランダ塗装の施工は専門的な技術が必要なため、信頼できる業者を選ぶことも忘れずに。

ベランダ塗装によって、あなたの大切なベランダがさらに長持ちし、快適な生活空間を提供してくれることでしょう。