ハワイ不動産投資のメリット・デメリット:不動産市況・人気のエリア、コンドミニアム投資・バケーションレンタルの始め方

ハワイ不動産投資のメリット・デメリット:不動産市況・人気のエリア、コンドミニアム投資・バケーションレンタルの始め方 ハワイ不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

ハワイ不動産投資

海外旅行先で常に上位を占めるハワイ。

トラベルコ海外ツアー検索で人気の海外旅行先、1位のハワイ(ホノルル)

ハワイはその美しい自然やリラックスした生活スタイルで知られていますが、最近では不動産投資の新しい投資手法としても注目されています。

特に日本人投資家にとって、
ハワイの不動産は安定した利回りや節税のメリット、さらにはコンドミニアム投資・バケーションレンタルとしての利用可能性を秘めています。

しかし、海外での投資はリスクも伴います。

この記事では、ハワイの不動産投資の魅力とリスク、そして実際の投資家の体験談を通じて、成功のためのポイントを詳しく解説します。

バケーションレンタルとは?
バケーションレンタルは、簡単に言えば貸別荘です。
コンドミニアム等、オーナーが使用していない期間、短期・長期で貸し出すシステムです。

ハワイ不動産投資の魅力

ワイキキやアラモアナなど、ハワイの主要エリアの特徴と物件の傾向について紹介します。

  • ワイキキ
    ハワイ最大の観光地で、多くのホテルやショッピングモールが集まるエリア。
    物件価格は高めですが、バケーションレンタル(短期・長期)の需要が非常に高いエリアです。
  • アラモアナ
    ショッピングセンターが有名なエリア。
    新しいコンドミニアムの建設が進んでおり、将来的な価値上昇が期待されています。
  • ホノルル
    ハワイの中心都市で、ビジネスや生活の拠点となるエリアです。
    安定した賃貸需要があります。
  • オアフ島の郊外
    自然が豊かで、リゾート感を求める人々に人気。物件価格は都市部に比べてリーズナブルに投資が可能です。

総じてハワイは、賃貸需要が高く、物件自体、プレミア価格体というのが現状です。
ハワイ不動産投資

利回りと節税のメリット

ハワイの不動産は、安定した利回りを期待することができます。

特にバケーションレンタルとしての運用を考えると、高い稼働率と1泊あたりの高い料金が期待できるため、良好な利回りを実現することが可能です。

また、ハワイには不動産投資に関する税制上のメリットもあります。

特定の条件下(1031エクスチェンジ・LLC設立)で、投資物件に関連する経費を節税として計上することができるため、実質的な収益を向上させることができます。

ハワイは年間を通じて多くの観光客が訪れるため、バケーションレンタルとしての物件運用が非常に有望です。
特に、短期間の滞在を求める観光客には、ホテルよりも広々とした空間を提供できるコンドミニアムが人気です。
しかし、バケーションレンタルとして運用する際には、ハワイ州や各市町村の法律や規制をしっかりと理解し、適切な運用方法を選ぶ必要があります。

ハワイ不動産投資のリスク

ハワイの不動産市場は、米国や世界的な経済の動向に大きく影響を受けます。

例えば、米国経済が好調な時期には、観光業が盛況となり、物件の需要や価格が上昇する傾向があります。

逆に、経済が不調やリセッションの時期には、物件の価格が下落するリスクが高まります。

また、米国の金利政策や通貨の動きも、ローンの利率や物件価格に影響を与えるため、投資を検討する際には、これらの経済指標をしっかりとチェックすることが重要です。

【ハワイ州の法律と規制】
ハワイ州には、不動産に関する独自の法律や規制が多数存在します。

特に、バケーションレンタルに関する法律は、地域や物件の種類によって異なるため、詳しく調査する必要があります。

また、ハワイ州では、物件の購入や売却に関する手続きや税金の取り扱いも独特であり、日本とは異なる点が多いため、不動産エージェントや専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。

《災害リスクの考慮》
ハワイは、その美しい自然環境とは裏腹に、ハリケーンや地震、津波などの自然災害リスクが存在します。

特に、海沿いの物件や低地のエリアは、津波のリスクが高いため、物件選びの際には注意が必要です。

また、物件の保険にも注意が必要で、自然災害に関する補償内容をしっかりと確認し、適切な保険を選ぶことが重要です。

2023年8月、ハワイ・マウイ島山火事が発生しました。
これまでに死者は110人を超え、2200の建物が被害を受けました。
ハワイの不動産投資に限らず、日本であっても災害のリスクは無視できません。

購入後の運用と管理

ハワイの物件を購入した後の運用や管理も、成功のための重要なポイントです。

特に、遠隔地からの物件管理は、現地の管理会社や不動産エージェントとの連携が不可欠です。

物件のメンテナンスや修繕、賃貸運用時の入居者対応など、日常的な管理業務を円滑に行うためには、信頼できるパートナーとの連携が必要です。

また、物件の価値を維持・向上させるためのリノベーションや、税金や経費の適切な管理も、長期的な投資成功のための鍵となります。

ハワイ不動産投資のステップ

情報収集・市場調査
ハワイの不動産市場の最新データや動向のチェックは、投資の検討に非常に重要です。

ハワイの不動産市場は、観光業の動向や経済状況、さらには地域ごとの開発計画などによって、大きく変動することがあります。

物件投資を検討する前に、最新の市場データや動向をしっかりとチェックすることが重要です。

物件の中央値や取引件数、さらには将来の開発予定などの情報をもとに、投資のタイミングやエリアの選定を行うことが求められます。

資金計画とローンの活用
ハワイの物件購入には、購入価格だけでなく、手数料や税金、保険料などの初期費用が必要です。

これらの費用を考慮した上で、適切な資金計画を立てることが重要です。

また、国内の金融機関、ハワイの銀行からローンを利用することで、資金負担を軽減することが可能です。

ただし、ローンの利率や返済条件、さらには外国人としてのローン取得の条件などをしっかりと確認することが必要です。
参考ページ:海外不動産投資向けのローンはあるの?

ハワイ不動産投資 コンドミニアム

物件の選び方と契約
ハワイの物件選びは、投資目的や運用方法、さらには将来の市場動向を考慮して行うことが求められます。

特に、バケーションレンタルとしての運用を検討する場合、
物件の立地や設備、築年数などの要素が重要となります。

物件選びの際には、現地の不動産エージェントとの連携が不可欠と言えるでしょう。
契約時には、契約内容や条件、さらには物件の状態をしっかりと確認し、問題がないかどうかをチェックすることが重要です

税金と経費の管理
ハワイの不動産投資には、物件の購入や運用に関するさまざまな税金や経費が発生します。

特に、物件の購入時や売却時には、物件取得税や譲渡所得税などの税金が発生するため、これらの税金を適切に計算し、節税のための対策を講じることが求められます。

また、物件の運用時には、物件の修繕や管理、さらには賃貸運用時の広告費や管理費などの経費が発生します。

これらの経費を適切に管理し、収支を最適化することが、成功のための鍵となります。

ハワイ不動産投資の将来展望

2023年のハワイ不動産市場は、前年に比べてさらなる成長が期待されています。

コロナ以降、観光業の回復とともに、バケーションレンタルの需要が増加することが予測されています。

また、ハワイ州政府の新しい開発計画やインフラ整備により、特定のエリアでの物件価格の上昇が期待されています。

しかし、米国の金利政策や経済状況による影響も考慮する必要があり、投資を検討する際には、これらの要因をしっかりとチェックすることが重要です。

【長期的な投資の視点】
不動産投資は、長期的な目線も(10年後や20年後のハワイの不動産市場)不可欠です。

ハワイの不動産投資を長期的な視点で考えると、その安定した観光業や米国の経済基盤に支えられた市場の成長が期待されます。

特に、ハワイはアジアや太平洋地域とのビジネスのハブとしての役割も拡大しており、今後も多くのビジネスマンや観光客が訪れることが予測されています。

このような背景を考慮すると、ハワイの物件は長期的な資産価値の上昇や安定した賃貸収入を期待することができます。

新しい投資の形・新しい市場にも注目

近年、ハワイの不動産市場では、従来の物件購入や賃貸運用とは異なる新しい投資の形が登場しています。

例えば、複数の投資家が共同で物件を購入し、共有のバケーションホームとして利用する「タイムシェア」や、物件の一部を購入する「フラクショナルオーナーシップ」などの新しい投資形態が注目されています。

これらの新しい投資の形は、初期投資を抑えつつ、ハワイの不動産市場の成長を享受することが可能です。

《ハワイと日本の不動産市場の比較》
ハワイと日本の不動産市場は、多くの点で異なる特徴を持っています。

ハワイは、その観光業やリゾート地としての特性から、バケーションレンタルの需要が非常に高い一方、日本は都市部を中心にビジネスや生活の拠点としての物件需要が高いです。

また、ハワイの物件は、築年数が古くても価値が下がりにくい特性がありますが、日本では新築(築浅)の物件が高く評価される傾向があります。

税制や法律、さらには物件の選び方や運用方法も異なるため、投資を検討する際には、これらの違いをしっかりと理解することが重要です。

ハワイ バケーションレンタル

 

日本人投資家の成功事例

多くの日本人投資家がハワイの不動産市場で成功を収めています。

例えば、ワイキキの中心部に物件を購入し、バケーションレンタルとして高い稼働率を維持している投資家や、アラモアナ近くの新しいコンドミニアムを購入し、将来的な価値上昇を見込んでいる投資家など、様々な戦略で成功を収めています。
重要なのは、市場の動向をしっかりと把握し、自分の投資目的に合わせた物件選びと運用方法を選ぶことです。

ハワイ不動産投資”体験談”・口コミ

ハワイ不動産投資を検討している方にとって、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

クチコミサイト、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、体験談・良い口コミ・悪い口コミなどを探しました。

ハワイ不動産投資 バケーションレンタル

ハワイのワイキキエリアにコンドミニアムを購入しました。
最初はバケーションレンタルとして運用していましたが、稼働率の高さに驚きました。
税金や経費を考慮しても、日本の物件よりも利回りが良いです。
ただ、管理会社の選び方や税金の取り扱いには注意が必要です。

ハワイ不動産投資 メリット

オアフ島のアラモアナ近くの物件を購入。
最初は自分で使用するための別荘として考えていましたが、不動産エージェントのアドバイスで賃貸運用を始めました。
ハワイの物件は日本とは違い、築年数が古くても価値が下がりにくいのが魅力です。

ハワイ不動産投資 デメリット

ハワイの不動産投資は、米国の経済状況やハワイ州の法律をしっかりと理解することが重要だと感じました。
特に、バケーションレンタルの法律は頻繁に変わるため、常に最新の情報をチェックしています。
ハワイの物件は日本人にとっても非常に人気があり、適切な運用をすれば安定した収入を期待できます。

関連公式サイト
アメリカの建設業に関する外資規制等:国土交通省
外務省 海外安全ホームページ
おすすめ不動産投資
Amazonギフト券がもらえる不動産投資相談

よくある質問・Q&A

ハワイの物件購入に必要な初期費用はどれくらいですか?

ハワイの物件購入には、購入価格の他にも手数料、登記費、保険料などの初期費用が必要です。具体的な金額は物件の価格やエリア、購入の形態によって異なります。

ハワイの物件は日本から遠隔で管理できますか?

はい、ハワイには多くの物件管理会社が存在しており、日本からの遠隔管理も可能です。ただし、信頼できる管理会社を選ぶことが重要です。

バケーションレンタルの運用にはどのような許可が必要ですか?

ハワイ州や各市町村によって、バケーションレンタルの運用に関する規制(可能エリア・不可能エリア・短期レンタル・長期レンタル)が異なります。
運用を検討する前に、該当するエリアの法律を確認することが必要です。

ハワイの物件の税金は高いですか?

ハワイの物件に関する税金は、物件の価格やエリア、運用方法によって異なります。
節税のための対策や税制の最新情報を確認することが推奨されます。

ハワイの物件のローンは日本の銀行で組むことができますか?

一部の日本の銀行では、ハワイの物件のローンを提供していますが、条件や利率は銀行によって異なります。
また、ハワイの現地の銀行や金融機関からローンを取得することも可能です。

ハワイの物件の価格は上昇傾向にありますか?

ハワイの物件価格は、経済状況や観光業の動向、さらには地域ごとの開発計画などによって変動します。
最新の市場データや動向を確認することが重要です。

ハワイの物件を購入する際の手続きは複雑ですか?

ハワイの物件購入に関する手続きは、日本とは異なる点が多いため、現地の不動産エージェントや専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。

ハワイの物件の築年数は日本と比べて古いと聞きますが、本当ですか?

はい、ハワイの物件は、日本と比べて築年数が古いものが多いです。
しかし、築年数が古くても価値が下がりにくい特性があります。

ハワイの物件のメンテナンスは高額ですか?

ハワイの気候や環境の影響で、物件のメンテナンスや修繕が必要になることがあります。
具体的な費用は物件の種類やエリアによって異なります。

ハワイ不動産投資:まとめ

ハワイの不動産投資は、その魅力的な利回りや多様な運用方法で多くの投資家の注目を集めています。

しかし、成功するためには市場の動向や法律、税金などの情報をしっかりと把握し、適切な戦略を立てることが必要です。

この記事を通じて、ハワイの不動産投資の基本を理解し、実際の投資家の体験談から学びを得ることができたことでしょう。

ハワイの不動産市場は今後も大きな可能性を秘めています。適切な知識と戦略で、その可能性を最大限に活用してください。

≪告知:ハワイ不動産投資会社様へ≫
おすすめのハワイ不動産投資として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)