《2024年6月最新》おすすめの引越し業者比較・口コミ・評判、引越し会社人気ランキング(見積もり・価格一覧)

《PR》
引越し業者選びのポイントは
・料金(少しでも安く)
・日程(希望の日時)
・安心(信頼のおける引越し)
他社比較をしっかり行うことです。
 
【定番の引越し見積もりサイト】

《2023年11月最新》おすすめの引越し業者:引越し業者比較・口コミ・評判、引越し業者のおすすめ人気ランキング 引越し

引越し業者 おすすめ

引越しを行う時、引越し一括見積もりサイトの活用は定番化してきました。

その理由は簡単で、少しでも料金を抑えたいからです。

ただ、どの見積サイトを活用すればいいのか?

そもそも、

  • 安ければどこでもいいのか?
  • 大手業者と中小業者の違い、どちらがいいのか?
  • 見積もり比較のポイントをどこに置けばいいのか?

そこで今回の記事では、

  • 初めて引っ越しを行う人
  • 少しでも安い引っ越し業者を探している人
  • 引越し業者の口コミ・評判を確認したい人

など、引越し業者比較として

  • 引越し業者のおすすめ最新人気ランキング
  • 引越し業者体験談:口コミ・評判
  • 一括見積サイトの活用方法
  • 実施中の見積りキャンペーン・特典のある見積もり・割引サービス

を紹介します。

引越し業者(引越サービス)に関しては、(独立行政法人)国民生活センターに年間2000程度の苦情が来ています。
・引越しの時にダイニングセットのへこみや傷、ベッドマットの破れが生じた。引越会社に連絡すると、修理や買い替えの対応はできないと言われ、納得できない。
・引越業者を呼んで見積りを取ったが、後から届いた明細書の金額が見積時より3万円(税込)高くなっていた。見落としていた部分を上乗せしたと言われたが納得できない。
・引越しの際、作業員が遅れて来たので予定時間を過ぎても荷造りが終わらず、残りは自分で行うように言われた。
・引越作業時に、たんすや戸棚などの大型家具家電に傷をつけられた。修繕してほしい。
・引越しの際の養生マットに小石や泥がついたままだったため、搬出元と搬入先の住居が汚れ、ハウスクリーニングが必要になった。引越会社に清掃費を支払ってほしい。
など。

安かろう悪かろう(安いものにはおおむね良いものはない。)とまではいいませんが、それに近い側面もあります。

安さはもちろん、安心しておまかせできるおすすめの引越し業者選び方・コツも併せて紹介します。

引越し一括見積サイト紹介:評判口コミ

そこで、運営会社が上場企業や提案力のある大手の引越し比較サイトが運営している引越し一括見積もりについて
口コミや評判、また各サイト、見積りキャンペーン・特典のある見積もり・割引・きめ細やかなサービス・高品質の引越しなど引越し業者に対しての2024年最新独自の人気ランキング(高評価・接客対応等)を公開しているのでまとめました。
簡単見積もりでその場で予約まで完結(Zoom等)など。

《引越し業者の提携業者数一覧》

一括見積もりサイト 提携業者
引越し侍 300社以上
業界ナンバーワン
ズバット引越し比較 220社以上
引越しラクっとNAVI 50社以上
トレファク引越

SUUMO引越し見積り

誰もが知っている不動産情報サイト”SUUMO:スーモ”、株式会社リクルートが運営する電話番号入力の必要なし!しつこい営業電話・勧誘電話の心配なし!おすすめの引越し一括見積サイト
SUUMO引越し見積り
電話番号の入力の必要がないので、営業電話・勧誘電話などの電話対応に困る心配はありません。

アート引越センター・アリさんマークの引越社・サカイ引越センター・ハート引越センター・アップル引越センター・アーク引っ越しセンター・クロネコヤマトの引越サービス・引越しは日通・東京ムービング・幸運引越センター・ネットワーク引越センターなどなど

【引っ越し業者厳選ランキング】

大手引っ越し業者”有名”ランキング

  1. アップル引越センター(4.42)
  2. クロネコヤマトの引越(4.21)
  3. サカイ引越センター(4.21)
  4. アート引越センター(4.18)
  5. ハート引越センター(4.17)

地域密着引っ越し業者ランキング

  1. ハピネス引越センター(5.00)
  2. 楽々荷造り引越サービス(5.00)
  3. シルバーバックス引越センター(5.00)
  4. ミツバチ引越センター(5.00)
  5. 引越しのVIP(5.00)
  6. アイラブ引越センター(5.00)

引っ越し業者ランキング、口コミ評価・口コミランキングで評価(体験談・口コミ)が掲載されていたので紹介します。

東京での実績多数 地域密着型の引越しセンター

まず、SUUMO引越し見積りを活用し、見積もり依頼時に以前利用させていただいた事も伝え、格安で見積もりをいただけました。
県外の実家からの荷物も、相乗りで安く運搬できるスケジュールを提示していただき、市内の引越し、実家からの荷物も合わせてお安く誠実に対応していただきました。
引越し当日は、追加ダンボール・段ボール・ガムテープが必要となり、予定よりも個数が増えましたが、気持ちよく追加料金なしで引き受けていただきました。
作業中も経験豊富なスタッフ同士で和気あいあいとした雰囲気で会話もされており、安心して搬出搬入・セッティングを任せることができました。
引越し代金が決めてではあったのですが、安かろう悪かろうではなく、安くても確かな技術、きめ細かな内容も充実度おも高く、また接客態度もよく、今後引越しする際には1番に連絡したいと思える業者さんでした。
*ハート引越センターの口コミ・評判

引っ越し見積もりシミュレーション

引越し業者さんをいくつか吟味していましたが、引越し業者の決め手は、値段交渉に応じて、コスパが良く対応して頂けました。
また、社員教育・研修制度がしっかりしている大手の会社で担当者の方もしっかりしていたので、安心してお任せする事が出来ました。
当日はテキパキとしていて、気さくな男性スタッフさんが2名来て下さり、ベットなどの大型の家具の解体から組み立てや、衣類・コート等のハンガーラック(ハンガー専用BOX無料レンタル・収納ボックス)など、夏の暑い中で素早く運んでもらい、とても感謝しています。
親切丁寧なスタッフさんなので、自分たちの荷物を任せるのに不安が無かったですし、一生懸命に対応して下さり、飲み物を差し入れしたくなりお渡ししました。
手際よく運んで頂けたおかげで作業時間も予定時間よりも早めに終わり、すぐに新しい家での生活を始める事が出来て嬉しかったです。ありがとうございました。
*アート引越センターの口コミ・評判

引越し見積もりなら
最安値業者の確認、満足な引越し業者探しなら。
《おすすめ指数:★★★★★》
引越し見積もり

>>SUUMO引越し見積りはコチラ

《おすすめ指数:★★☆☆☆》
《参考サイト》

 

引越し侍

株式会社エイチームライフデザイン(株式会社エイチーム・証券コード”3662”:東証プライム市場上場のグループ企業)が運営するおすすめの業界初の引越し料金一括見積もり予約サイト。

引越し侍

全国対応:日本全国の引越し会社と提携
330社以上の業者の中から最大10社まで無料一括見積もり可能。
アリさんマークの引越社,サカイ引越センター,アート引越センター,ヤマトホームコンビニエンス,ハトのマークの引越専門京都山科センター,名鉄引越便,ファミリー引越センター,カンガルー引越便,高田引越センター,アップル引越センター,人力引越社,アーク引越センター,ハート引越センター,日本通運,やさか引越センター,アクティブ感動引越センター,中央引越センター,フクフク引越センター,町の引越屋さん,スター引越センター,ケーエー引越センター,引越のプロロ,安全輸送引越サービスなど全国に支店のある会社から地域密着型の業者まで

【大手引越し業者 満足度おすすめランキング:素敵な接客対応】
大手引越し業者・業界トップクラスの引っ越し会社

アート引越センター(4.4) アーク引越センター(4.4)
サカイ引越センター(4.4) ハート引越センター(4.35)
ヤマトホームコンビニエンス(4.27)

【エリア別の引越し業者 満足度ランキング】

関東地方の業者
人力引越社 4.83 ハトのマークの引越センター埼京 4.67
博多引越本舗(北九州引越本舗)4.66
関西地方の業者
引越しのエディ 4.77 レジェンド引越サービス 4.63
アップル引越センター 4.57 アップル引越センター 4.57

《引越し侍の口コミ》

引越し一括見積もりサイト - クチコミランキング

引越し侍は、見積もり依頼時の入力項目がとてもわかりやすく、大変便利でした。
他社サイトはわかりにくく、入力を途中であきらめてしまいました。
30代女性 北海道から北海道へお引越し

引っ越し見積もり(無料)

退去日まで2日しかなく、数々の引越し業者に断られましたが、このサービスのおかげで業者を見つけることができ、早く引越しすることができました。
30代男性 東京都から東京都へお引越し

引越し業者比較なら
330社以上の業者の中から最大10社まで無料一括見積もり!

《おすすめ指数:★★★★★》
引越しを安く済ませる方法
>>引越し侍公式サイトへ

《参考サイト》

 

ズバット引越し比較

ズバットでおなじみの比較サイト、株式会社ウェブクルー(WebCrew Inc.)が運営する引越し料金相場&見積比較として最大12社に一括依頼できるリピーターも多い引越し見積もりおすすめのサイト
ズバット引越し比較

引越し業者は220社以上から最大12社に見積もり依頼

サカイ引越センター,アート引越センター,日本通運,ハート引越センター,アーク引越センター,人力引越社,クロネコヤマト引越センター,東京ムービング,引越し本舗ラク越 / 引越革命株式会社,スタイル引越センター,イナミ引越サービス,ワクワク引越サービスなど

【大手引越し業者の現場スタッフ満足度ランキング】

日本通運株式会社(4.2) サカイ引越センター(4.1)
アート引越センター(4.1) クロネコヤマト引越センター(4.1)
ハート引越センター(4.0)

【地域密着の引越し業者の総合満足度ランキング】

東京ムービング(4.6) 引越し本舗(4.3)
イナミ引越サービス (4.3) 町の引越屋さん(4.1)
KIZUNA引越サービス(4.1) ラク越 / 引越革命株式会社(4.0)

《ズバット引越し比較の口コミ》
Googleクチコミ、SNS:X(旧:Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認し、公式サイトにご利用者の引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

引越し費用の相場はいくら?

良かった点は引っ越し後の段ボール回収サービス(ガムテープ回収)はありがたかった
もちろん、無料回収。
また、引越し蕎麦を用意してたりと細かな点で気配りができていた印象でした
悪かった点は家具の配置依頼が依頼通りじゃなかった箇所があったり、見積もりで余裕をもってだと思いますが、トラック1台結局使用しなかったのでもっと細かく見積もってもらうべきでした
(グッジョブ引越センター)

単身者の引越し費用の相場はいくら?

ズバット引越し比較でアーク引越センターにお願いしました。
日程は、引っ越しが決まった時点から余裕を持って計画を立て料金を下げる方法などを確認していたので、引越業者の空き日程に合わせる(フリー便)ということにしたので、かなりの値引きをしてくれました。
途中に寄り道(実家)してもらい、追加で荷物も運んでもらえました。
事前に細大漏らさず打ち合わせしてくれたので、当日はスムーズに完了できました。
例えば、洗濯機の設置は、専門業者を紹介してくれ、引越が終わるタイミングにあわせてきてくれ作業してくれたので、大変効率がよかったです。
(アーク引越センター)

引越し一括見積もりなら
引越し業者は220社以上から見積もり比較できるので最安値探しに最適!

《おすすめ指数:★★★★★》
二人暮らしの引越し費用の相場はいくら?
>>ズバット引越し比較一括査定はコチラ

《参考サイト》

 

トレファク引越

トレファク引越なら引越し&不用品の買取見積り成約可能!
株式会社トレジャー・ファクトリー(東京証券取引所 プライム市場、証券コード:3093:Treasure Factory Co., LTD.)が運営する引越・不要品・不用品買取・不用品回収・廃棄物処分の同時見積を行うができる引越し費用削減可能なおすすめ引越しサービスです。
状態がいいもの・希少なものは即現金化可能です。
トレファク引越

《トレファク引越の口コミ》
公式サイトにご利用者の引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

トレファク引越 デメリット

この度はお世話になりました。
全体的にスムーズな対応でした。
引越しと買取を別で頼んでしまうと、それぞれで時間を作らないといけないのが、同時にやっていただいたので、引越し前日まで使用でき、すごく助かりました。
こういう充実のサービス内容はとても有難いです。
引越し当日の配送は、テキパキ素早い・スピーディー対応、また丁寧に運んでいただきました。
テレビの配線についてもご親切に色々教えてくださいました。
担当していただいたトレファク引越しの方には大変感謝しております。

引越し一括見積もりサイトは危険

引っ越し作業員の方々がとても良い方達でした。作業・動きも最高!
対応がとても丁寧親切で、皆さん楽しそうに仕事をされていてきっと良い会社なんだろうと言う印象を受けました。
また、迅速な対応を頂き引っ越しがとても早く済みました。不要品買取、廃棄も一緒にお願いしましたが、引っ越しのドタバタの中で全てを一度にお願い出来たのは時間の節約になり良かったです。平日と土日の金額に差がないのも驚きました。
引っ越しの計画を立てるのに有難いです。是非次回もお願いしたいですし、他の人にも勧めたいと思いました。有難うございます。

引越し&買取サービスなら
買取品は、引越し時に搬出するため、冷蔵庫や洗濯機などの生活必需品を売る場合でも、直前まで使用はOKです。
買取金額に満足できなければ、他社の買取サービスに依頼することも可能ですので。

《おすすめ指数:★★★★☆》
使っちゃダメ!危険な引越し一括見積もりサイト
>>トレファク引越公式サイトはコチラ

《参考サイト》

 

引越しラクっとNAVI

株式会社リベロ(東証グロース市場上場:9245)が運営する引越しの申し込み・引越し内容(引越し内容や要望)を伝えるだけでコンシェルジュが

  • 見積もり請求
  • 見積もり比較
  • 価格交渉

まで一括で手配してくれるリピートしたい次世代型の引越しコンシェルジュサービスです。
引越しラクっとNAVI

《引越しラクっとNAVIの口コミ》
公式サイトにご利用者の引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

引越し 見積りサイト ヤバイ

引越し時に必要な手続きなどもリマインダーのおかげでスムーズに出来てとても助かりました。
電電話対応も丁寧でわからない事も安心して聞けました。
引越すことがあれば、信頼は太鼓判!また是非利用したいです。
今、検討している人にもおすすめです

引越し見積もりはいつやる

希望(希望日・希望時間)はしっかり伝えられるし、ちょっとした迷いが出ても相談すると確実に要望に答えてもらえるし、親身に相談に乗ってくれました。
条件変更して再見積り依頼など何度かやりとり・連絡をしましたが、いつも気持ち良く対応してくれて安心して利用することができました。
煩わしい頻繁なセールス電話がなく快適でした。
自分に合う引っ越し業者どうかも大切でだと思います。
引越しラクッとNAVIでよかったです。

引越し準備の手間を省きたい方
引越しコンシェルジュが、値下げ交渉まで引越し準備を軽減!

《おすすめ指数:★★★★☆》
>>引越しラクっとNAVI公式サイトへ
親切・ていねい・安心がモットーのハトのマークをはじめユーミー引越サービス、アクティブ感動引越センター、アーク引越センター、人力、アート引越センター、ハート引越センター、福山通運、ベスト引越サービス、アップル引越センター・・などの引越事業社の案内

《参考サイト》

 

引越し達人セレクト

大手から地元の引越し業者まで料金の安い引越し業者探し
株式会社グライドが運営する大手から地元の引越し業者まで、低価格の引越し業者探しが行える一括無料見積もりサイトです。
引越し達人セレクト

《引越し達人セレクトの口コミ》
みん評に引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

引越し達人セレクト 悪い口コミ

たくさんの引っ越し業者から見積もりを比較することができ、明確に価格の差が出たので自分で比較する手間が省けました。
また、比較の対象となる業者が、ほとんど大手だったため、安心することができました。
更に、このサイトを利用することでギフト券や引っ越しお祝い金、その他優待サービスを受けることができます。
引っ越し見積もりの比較サービスは多数ありますが、受けることができるサービスの多さはここが一番かと感じました。
サイトも見やすく、必要事項の入力もそこまで煩わしくなかったため、見積比較時のストレスも正直少なかったです。

おすすめの引越し業者

本当に後悔しています。
登録した瞬間、信じられないくらい沢山の業者からの電話が殺到。
紹介サイトとはいえ限度を超えており、不要に個人情報を共有されたとさえ感じました。
とにかく何も手につかないくらいの電話の数で、本当に必要な連絡が出来ず、逆に足止めされました

引越し・新生活に必要な製品・サービスが最大80%オフになる会員優待券を約4,000種類をプレゼント中

《おすすめ指数:★★★★☆》
おすすめの引越し業者ランキング
>>引越し達人セレクト公式サイトはコチラ

《参考サイト》

 

ハコブ引っ越しサービス

ハコブ引っ越しサービスは、ハコブ株式会社が運営するコストパフォーマンスを重視した単身者や一人暮らしの方々から高い評価を受け、
2022年3月時点での「引越し侍」のランキングでは、単身引っ越し業者カテゴリーと総合ランキングの双方で1位に輝いた引越し業者です。
引越し業者 おすすめ 東京

《ハコブ引っ越しの口コミ》
公式サイトにご利用者の引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

迅速な作業で、あっという間に引越しが完了しました。
相場より安く引っ越しできたのも嬉しかったです。
機会があれば是非またお願いしたいです!
見積もりの際、オペレーターの方の対応がとても良かったです。
当日の引越し作業もスピーディーで、予定より早い時間に終えることができました。
対象地域:東京・千葉・埼玉・神奈川

《おすすめ指数:★★★☆☆》
>>ハコブ引っ越しサービス公式サイトへ

《参考サイト》

 

引越バービィー

アビドレックス株式会社が運営する首都圏中心(東京、千葉、埼玉、神奈川限定)のおすすめ引越し業者です。
引越バービィー 引越し予約
引越バービィーは、コストカットにも力を入れています。

  • 1都4県に拠点を絞った営業エリア・対応エリアでトラックの稼働率をアップ
  • 削減した広告費を引越し見積もりに還元
  • 事務所経費や管理部門の経費を削減することで、コストダウン実現
  • 本当に必要なサービスに絞って提供
  • 一人ひとりの生産性と稼働率を高めることで人件費を大幅に削減

《引越バービィー便の口コミ》
公式サイトにご利用者の引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

引越し見積もり 最安値

見積もりのときからとても一生懸命に考えていただき、こちらの要望に答えて下さいました。
ただ一番忙しい時期だから高いというのは分かりますが、他の時期との値段の差が開きすぎだと感じます。
これは他の業者さんでも一緒なのですが、同じ荷物で同じ距離なのに不思議だなぁと感じます。
今回の引越バービィーさんは初めて頼みました。
いくつか見積もりを取りましたが、一番安く対応も良かったからです。
引っ越し当日もとても手際がよく、皆さんテキパキと動いてくれていたので助かりました。
引っ越し先に着いてからもただ運ぶのではなく、ちゃんとこちらの要望通りにきちんと運んでくれました。
全て運び終わり、普通はここで終了だと思いますが、タンス・家具の位置など細かく見て下さり、もう少しずらしますか?など本当に良く気が利いていました。微調整をしてもらい、主人と天井に付ける照明器具がとどきそうもないと話していると、一番背の高い子が僕が着けますとこころよく引き受けてくれました。
初めから終わりまで本当にすばらしい対応でした。その後、友達も引っ越しをすると聞いて、こちらの業者さんをおすすめしました。利用したそうです。

引越し見積もり 東京

初めに引っ越し業者の比較サイトに依頼したが、依頼したとたん電話やメールがひっきりなしで、大変疲弊した為、ネットで引っ越し業者を探し、複数の引っ越し業者に、見積りを頼んだが高かったり安すぎたり何処に頼もうか大変悩んだが最終的に引越バービィーさんが、初めの見積りが、40万円でこちらが、難色を示したら27万円になった。
家族と相談して最終的に、バービィさんにお願いすることしたが、作業員の仕事ぶりや、受け答え、挨拶の良さで頼んで良かったと思う。
今まで数回引っ越しをしているが、引っ越し業者を、頼んだのは、今回が初めてで思ったが引っ越し業者の比較サイトで家具や荷物などの数を、記入しているのだから、大まかな金額を出してくれればいいと思う。

東京、千葉、埼玉、神奈川の引越しなら
平成12年設立、創業23年、安い!小回りが利く!有料オプションサービスが豊富!地域密着の引越し業者のメリットが受けられます。

《おすすめ指数:★★★★☆》
>>引越バービィー公式サイトへ

《参考サイト》

 

引越し業者の評価と総合評価の見方

引越し業者を選ぶ際、総合評価の理解と分析は非常に重要です。
総合評価は、質、価格、顧客対応など、多岐にわたる要素を包括的に反映しています。
この評価は、主にアンケート調査や顧客満足度の指標から導き出され、実際の利用者の声が反映されています。

アンケート調査は、引越し業者のサービスに対する直接的なフィードバックを提供し、特定の業者が顧客の期待にどの程度応えているかを示します。
作業の速さ、慎重さ、スタッフの対応、追加サービスの質などが含まれます。

顧客満足度は、サービス全体に対する顧客の満足度を測る指標で、業者が提供するサービスの品質を総合的に評価します。
高い顧客満足度は、一般的に優れたサービス品質を意味します。

口コミや評判も重要な情報源です。
これらは、実際の利用者の経験に基づく生の声であり、公式な評価やランキングには現れない実際の内容・質や問題点を反映しています。
特に、オンラインのレビュープラットフォームやSNSでは、多くの実体験に基づく評価が共有されています。

総合評価を見る際には、これらの要素を総合的に考慮し、自分の引越しのニーズに最も適した業者を選ぶことが重要です。
価格だけでなく、サービスの質、信頼性、顧客対応の良さなど、多角的な視点から業者を評価することが求められます。

引越し業者の選び方・引越しの流れ

引越しは一生の中で何度か行うイベントですが、その都度、どの業者を選ぶかは悩むポイントの一つです。

引越し業者を選ぶ際のポイントに関しては、

  • 評判・口コミの確認
  • サービス内容の比較
  • 追加の有無
  • 保険の内容
  • 料金の透明性

などが考えられます。

評判・口コミの確認
口コミや評判は、引越し業者選びの大きな手がかりとなります。
特に、SNSや引越し比較サイトなどでのユーザーの実際の声は、サービスの質や料金、対応の良さなどを知る上で非常に参考になります。
ただし、一つの悪評に惑わされることなく、多くの口コミを総合的に判断することが大切です。

サービス内容の比較
引越し業者は、基本的なサービス内容は同じでも、細かなサービス内容や対応が異なることが多いです。
例えば、梱包材の提供や家電の取り扱い、大型家具の移動など、具体的なサービス内容をしっかりと比較することで、自分のニーズに合った業者を選ぶことができます。

追加サービスの有無
近年、多くの引越し業者がオプションを提供しています。
これには、家具の組み立てや家電の設置、不用品の回収などが含まれます。
これらのサービスを利用することで、引越し後の生活をスムーズにスタートさせることができます。
ただし、追加料金が発生することもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

保険の内容
引越し中に家具や家電が破損するリスクはゼロではありません。
そのため、多くの業者が補償制度や保険を提供しています。
特に、高価な家電や貴重品を持っている場合、十分な補償内容を持つ業者を選ぶことがおすすめです。
また、保険の免責金額や補償上限などの詳細も確認しておくことが重要です。

料金の透明性
引越し料金は、ゾーン制や時間制、一律料金など、業者やプランによって異なる計算方法が採用されています。
そのため、見積り時には、料金の内訳や追加料金が発生する可能性など、詳細をしっかりと確認することが大切です。
また、隠れたコストがないか、事前に確認しておくことで、後でトラブルになるリスクを避けることができます。

引越しの流れと手続き

引越しは、計画的に行わなければならない大きなイベントの一つです。

引越しの基本的な流れと、それに伴う手続き、引越し業者当日の流れは以下になります。

《引越しの流れと引越し手続き》

  1. 見積もり依頼
    引越しを検討する際の最初のステップは、見積もりの依頼です。
    一括見積もりサイトを利用すると、複数の引越し業者から見積もりを取得することができ、料金やサービス内容を比較することが容易になります。
    見積もりの際は、荷物の量や移動距離(遠距離・離島)、業者のサービスレベルなどが料金に影響する要因として考慮されます。
  2. 日程の確定
    見積もりを基に、最適な引越し業者を選定したら、次に日程を確定します。
    繁忙期やオフシーズン、平日や休日など、日程によって料金が変動することもあるため、柔軟な日程調整が節約のカギとなることも。
  3. 荷造り
    日程が確定したら、次は荷造りの準備です。
    梱包材や緩衝材を用意し、破損しやすい物や重い物を中心に梱包を進めます。
    また、ラベリングを行うことで、新居での荷解きがスムーズに行えます。
  4. 当日の作業
    引越し当日は、業者のスタッフが家に来て、荷物の搬出を開始します。
    特に大型家具や家電は、専用の機材や技術を用いて運び出されます。
    新居に到着後は、指定の場所に荷物を運び入れ、必要に応じて家具の組み立てや家電の設置が行われます。
  5. アフターケア
    引越し作業が終了した後も、業者のアフターケアサービスを利用することができます。
    破損や不具合があった場合の対応や、不用品の回収など、アフターケアの内容は業者によって異なります。

《引越し業者当日の流れ》
引越しは、荷積み・荷下ろしが大きな流れですが、詳細な流れも把握しておきたいとところです。

〈搬出時〉

  1. 依頼主へ挨拶・マンションの場合管理人に挨拶(エレベーターやオートロックの確認)
  2. エレベーター・共有スペースの養生(ブルーの養生シート)
  3. 家屋に傷がつかないように保護資材でカバー
  4. 家具や冷蔵庫などは引越ジャバラ(引越梱包資材)で保護
  5. 搬出・輸送
  6. 掃除・傷などのチェック

〈搬入時〉

  • マンションの場合管理人に挨拶(エレベーターやオートロックの確認)
  • エレベーター・共有スペースの養生(ブルーの養生シート)
  • 搬入
  • 片付け・掃除・傷などのチェック
  • 支払い(現金・クレジットカード)
    *口座振込の場合も
  • 引越し主の当日の流れ
    〈搬出時〉

    1. 管理人・近隣の方へ挨拶(分譲マンションの場合)
    2. 引越し業者の出迎え
    3. 電気・ガス・水道を止める
    4. 輸送の確認

    〈搬入時〉

    1. 管理人へ挨拶(分譲マンションの場合)
    2. 引越し業者の出迎え
    3. 電気(ブレーカー)・ガス・水道を開ける
    4. 搬入の立会い・搬入の確認
    5. 支払い(現金・クレジットカード)

    《引越し後の手続き》

    • 電気・ガス・水道の移転手続き
      引越しに伴い、公益事業者への移転手続きが必要となります。
      特に、ガスの開栓・閉栓は、専門の技術者が来て行うため、事前の手配しておきましょう。
    • 郵便の転送手続き
      新居への引越し後も、旧居宛の郵便が届くことが考えられます。
      そのため、郵便局に転送手続きを行うことで、新居に郵便が届くようになります。
    • 住民票の移動
      引越しを行った場合、市区町村への住民票の移動手続きを行います。
      手続きは、新居の所在地の役所で行うことができます。

    ちなみに、引越しで持って行ってもらえないものは、
    現金、有価証券、通帳、印鑑、貴金属類、高価品(毛皮、高級バッグ等)、骨董品・美術品、精密機器、シャンデリア、動植物、土砂、特殊機械品、危険物(灯油、ガソリン等)等
    https://www.hikkoshi-sakai.co.jp/plan/flow.html

    引越し業者の追加サービスとは?

    追加サービスは、基本的な引越し作業以外に提供されるオプションです。
    これには家具の組立、電気工事、清掃、一時保管などが含まれます。これらは、引越しの効率を高め、より快適な移転体験を提供するために設計されています。

    家具組立サービスのメリットは何ですか?

    家具組立は、重い家具や複雑な組立が必要なアイテムの設置を引越し業者が行うサービスです。
    これを利用することで、引越し後の疲れを軽減し、すぐに新居での生活を始めることができます。

    引越し時の電気工事サービスはどのようなものですか?

    新居での照明設備の取り付けや、特定の電化製品の設置を含みます。
    専門的な知識が必要な電気関連の作業を引越し業者が代行することで、安全かつ迅速に新居を整えることができます。

    清掃サービスはどのような場合に便利ですか?

    引越し前後の住居の清掃を行うものです。特に引越し後の新居での清掃は、荷物の搬入による汚れやほこりを取り除き、快適な新生活をスタートさせるのに役立ちます。

    一時保管サービスとは何でしょうか?

    一時保管サービスは、引越し荷物を一定期間、引越し業者の保管施設に預けるものです。新居がすぐに利用できない場合や、荷物を段階的に移動させたい場合に特に便利です。

    引越し業者の決め方 全国展開の大手・地域密着・単身・家族:荷物の量

    引越しの理由は様々です。

    • 結婚
    • 入学・進学
    • 就職・転勤・転職
    • 良い物件を発見
    • 1人暮らしがしたかった
    • 離婚・パートナーとの別れ
    • 賃貸マンションの更新時期が来た
    • 子供の誕生

    引越しは人生で何度か行うものですからが、決して頻繁に行われるものではありません。

    また、

    • 単身者(単身引越し)・学生(学割パック)・年配者向け(高齢者サポート)の引越し・一人暮らし引越しタイプ
    • 夫婦引越し・カップル引越しタイプ
    • 家族引越し・ファミリー引越しタイプ

    などニーズが行るため、引越しをする人数(タイプ)も異なります。

    荷物の量によって作業員の人数が変わってくるため、引越す人数が多くなれば荷物量が増え、金額が高くなるのは想像がつくと思います。
    また、移動距離(近距離・長距離)によっても営業所の兼ね合いから見積もりに差が出る場合もあります。

    よって、おすすめの引越し会社も状況によって少し変わってきます。

    引越しを行った人の口コミ・体験談を見ると、
    良い口コミがある反面、悪い口コミも目にしますが、その中でよく見かけるのが、引越し業者選び方・比較の難しさも1つの要因です。

    引越し業者は

    • テレビCMでよく見かける大手の引越し業者
      [アリさんマークの引越社(株式会社 引越社:代表取締役社長 空雅英)・引っ越しのサカイ(株式会社サカイ引越センター:代表取締役社長 田島 哲康)・アート引越センター(アート引越センター株式会社:代表取締役社長 寺田政登)・日通(日本通運株式会社:代表取締役社長 堀切 智)・ハトのマークの引越センター(全国引越専門協同組合連合会)]
    • 地域密着・対応エリア限定の引越し業者
    • 運送業の許可を取っているのかも怪しい・微妙な便利屋
    • LINEから引越し見積り・オンライン予約が可能(簡単LINEお見積り予約 )

    まで様々です。

    最近では、繁忙期の需要過多・見積額高騰・人材不足などのニュースも目にするようになりました。

    そこで引越し業者にちょっとした格差が生まれています。

    大手は大手としての仕事や人員管理・コンプライアンス・セキュリティ管理が少なからずあります。
    「Pマーク」やクオリティ・サービス品質に関する国際規格「ISO 9001」を取得している大手引越業者等も

    中小・特に小回りが利き、一人暮らし向きの引越しには重宝する引越し業者の場合、人材確保だけでなくその運用に支障をきたしつつあります。

    引越しスタッフには、ベテランスタッフもいれば入りたての新人スタッフ・女性スタッフもいます。

    人材育成において、大手の方が時間もお金をかけていますし、ある程度分担した形で引越し業務を行います。

    特に人材確保に厳しい引越し社は、新人スタッフもベテランスタッフも関係なく同じ作業を行うため、無理な仕事が結果に影響する場合があります。

    また、コストを安く抑えるために、ギリギリの人員設定で見積るため、たまに怒号が鳴り響きながら作業が進められている場合もあります。

    引越し見積もりサイトは、
    複数の引越し業者に一度の登録でまとめて見積もりを取れる”完全無料”のサービスなので非常に便利なツールなので、引越し会社探しにおすすめです。

    しかし、活用方法を誤ると残念な引越しになりかねません。

    見積もりサイトの仕組みとメリット・デメリット 無料見積もり・料金確認・オプション利用

    引越し見積もりサイト
    引越しエリアに合わせた複数社から一度の見積もりが取れるメリット・特徴があります。

    各社の見積もりを確認することができるため、その会社の強みや弱み、、また相場の確認だけでなく最安値の確認も可能です。

    昔は、引越し業者のサイトに1回1回訪問し、各サイトの仕様に合わせた引越し見積もり登録が必要でした。

    5社に見積もりを依頼するだけにも下手したら1時間程度かかることも・・・。

    引越し見積もりサイトなら、公式WEBサイトから1回の入力で登録が完了です。
    2・3分の登録で終了です

    • 引越し元:住所の登録(都道府県・市町村)
    • 引越し先:住所の登録(都道府県・市町村)
    • 引越し日時
    • 名前・メールアドレス・携帯番号
    • 荷物の数量(大まかな)

    の登録です。

    さらに、複数の引越し会社との接点は、競争(料金値引き競争)を生むことが期待できます。

    • A社:80,000万円
    • B社:90,000万円
    • C社:100,000万円
    • D社:80,000万円

    の見積もり結果に対して、更なる値引き交渉が可能です。

    最近は、オンライン見積もり等もありますが、
    一般的に、引越しの見積は引っ越し業者の営業担当の査定員が家に来て正確な荷物の量を確認します。

    その際、

    引越し比較

    「他社さんからの見積もりは取りましたか?」
    「相見積りしていますか?」

    必ず聞かれます。
    査定員も他社を意識している証拠ですし、そのために多少の値引きも考えています。
    即決してもらう・契約してもらうためです。

    もちろん、デメリットもあります。

    1社ではなく何社かの引越し会社から連絡が来るのも1つです。
    見積もり料金比較なので万が一納得いかなければ断るだけですが、ウザいと考える人もいるかもしれません。

    それ以上に、引越しが済んだ後にも、インターネット回線やその他の営業電話をかけてくる業者もあります。
    一時期は、かなり迷惑な営業さんでしたが消費生活センター通告、更にGoogleクチコミへのタレコミをデメリットと考える業者も増えたため、最近はおとなしい傾向にあります。

    【引越し見積もりサイトのメリット】

    1. 登録が簡単(1回の入力で完了)
    2. 見積もり比較で安く引越しが実現可能
    3. 無料サービス・タダで活用できる

    〈おすすめの引越し一括見積サイト〉
    ”無料”で一括見積が取れるサイトを紹介

    引越し見積もりサイトで賢い”おすすめ引越し業者” 安い会社・満足度の高い引っ越し業者

    おすすめ引越し業者として、引越し費用を安くする方法は、

    1. 事前の準備(チェックリスト確認)
    2. 引越し業者との値引き交渉

    この2つになります。

    1. 引越し日時の決定(時期:季節・曜日・時間)
    2. 引越し元・引越し先の環境(エレベーターの有無・駐車場等)
    3. 引越しの荷物
    4. オプション(付帯サービス)の必要性の有無(エアコンの撤去・取り外し・取付け・布団袋対応・単身引越しなど)
    5. 自身の荷造り業者の荷造り代行サービス、梱包作業、荷解き代行

    等で決まります。

    【引越し日(時期:季節・曜日・時間)】

    引越しには繁忙期・閑散期があり、引越し費用自体に大きな変動があります。

    売り上げをベースに指数化(平均化)したものが以下になります。
    《繁忙期カレンダー》

    • 01月:1.4
    • 02月:1.6
    • 03月:2.0
    • 04月:1.2
    • 05月:1.0
    • 06月:1.0
    • 07月:1.0
    • 08月:1.0
    • 09月:1.2
    • 10月:1.0
    • 11月:1.0
    • 12月:0.8

    1月から引越しシーズンが始まり3月がピークというのが目安です。

    ただ、引越し費用がリーズナブルな月となると稼働日数や人員の単価等から、

    • 1位:10月
    • 2位:6月
    • 3位:12月

    の順番です。
    引越し業者 比較
    参考:引越し侍

    また、曜日によるメリット・デメリットは、
    仕事の関係で、平日休みが取れないなど土曜・日曜・祝日が高く、平日が安い・おすすめというのは想像がつくと思います。

    荷造り・荷解きを考えた平日引越しとしてのオススメは、

    • 金曜日に引っ越し、週末(土曜日・日曜日)で荷解き
    • 週末(土日)に荷造り、月曜日に引っ越し

    は賢い引っ越しスケジュールの1つです。

    あまり知られていませんが、引越し時間でも見積もり額が大きく変わります。

    高評価・人気順に並べると

    • 時間指定
    • 朝イチ(朝一番)
    • 午前中
    • 午後
    • 時間指定なし

    になります。

    安く引越しを行うのであれば、”フリー便”(業者都合:引越しの時間を引越し業者の空きに合わせて行うプラン・業者独自のコース)にすると安くなります。

    ≪引越し日から考える引越し費用を削減≫

    • 繁忙期を避けた:6月・10月・12月
    • 土曜日・日曜日・祝日を避けた:平日
    • フリー便(時間指定なし)

    繫忙期を避けることで最大”半額”程度の料金削減、格安料金が現実味になります。

    ちなみに、最短何日で予約が可能か?という疑問において、
    基本的に閑散期であれば、最短1日も難しいことはありません。
    たくさんの引越し業者に空き確認をしてみてください。

    【引越し元・引越し先の環境】

    引越しは、引越し元から引越し先から荷物・家財を運ぶシンプルなビジネスです。

    ただ、1階から1階への引越しとは限りません。

    • マンション・アパート・オフィスであれば、2階・3階・・・・・最上階
    • 一軒家であれば、1階・2階(3階)

    そこで重要なのが、エレベーターの有無と数。

    エレベーターがなければ、階段で運ばなくてなりません。
    引越し用語として一階から二階以上に荷物を運ぶことを”縦持ちたてもち”と言います。

    引越しでは、段ボールだけでなく、電化製品、冷蔵庫や家具・ソファ・洗濯機などありますので

    • 人員
    • 労力(技量)
    • 搬入・搬出時間

    この差が、見積価格を大きく左右します。

    エレベーターが2基・3基あったからと言って、すべてのエレベーターを使用することはできませんが、
    時間通りの作業、また時間の短縮だけでなく他の住民への配慮や迷惑をかけることは無くなります。

    また、搬送においては、駐車スペースの確保も1つのポイント、注意します

    建物の前に引っ越しのトラックが止められない(道路はば・建物までの距離・一方通行)となると、
    トラックの停車場所から引越し先の建物まで運ぶ時間がプラスされます。

    引越し用語として、建物からトラック(引越し・輸送車両)などへ荷運びすること横持ちよこもちと言います。

    マンションの場合、事前に管理会社に引越しの時間・車両スペースの確保をお願いしておきましょう。

    横持ち・縦持ちの有無も事前に確認しておきましょう。

    『豆知識情報』
    マンションの場合、基本的に管理会社に事前に確認・許可が必要です。
    オフィス・店舗(企業・自営業・個人事業主等)の場合は、ケースバイケース・確認を取らないことも多いですが、意外と起こる落とし穴として、引越し当日、エレベーターの定期点検・メンテナンスで使用できないということもあります。
    引越し業者の判断になりますが、縦持ちで対応、追加料金が発生する場合があります。
    事前の確認が大事です。

    《断捨離》

    引越し見積もりの基本は荷物の量です。

    • 家具・食器棚
    • 家電製品やパソコン
    • 絵画・骨董品
    • 組み立て家具の有無
    • AV機器の設置
    • ダンボールの数

    など、引越し費用を安くするためには、この荷物を少なくする工夫がポイントです。

    厳密に言うと、トラックのサイズをワンランク下げることを重視したいところです。

    積める荷物の量にもよりますが、基本的に

    • 単身(*ミニマリスト):軽トラック
    • 単身(ワンルーム~2K):2トントラックショート
    • 1LDK ・2K・2DK(2人暮らし):2トントラックロング
    • 2LDK~3DK(3人家族):3トントラック
    • それ以上:4トントラック

    です。
    ミニマリストとは、最低限必要なモノだけで暮らすライフスタイル

    ダンボールの数を少なくするために、
    食器や衣料を廃棄したり断捨離として売却(買取サイト活用)したり

    引越しを機に、冷蔵庫・洗濯機・テレビなどを一新するのであれば、引越し元で粗大ゴミとして処分(家電リサイクル)し
    購入する冷蔵庫・洗濯機・テレビは新居への配送の手配をすることで、トラックサイズを抑えることが可能です。
    *可能(型番・製造年月日等)であればリサイクルショップの買取・不用品回収がおすすめです

    冷蔵庫や洗濯機は粗大ゴミとして扱ってくれません。
    引越し元で破棄を考える場合、家電リサイクル法に則って家電リサイクル受付センターにリサイクル料金と収集運搬料金を支払う形で処分してもらうことになります。
    ただ、その場合、部屋の中から玄関先や上層階から1階までの運び出しは、自身で行わなければなりません。

    そこで、引越し業者に1階までの運び出しをお願いするといいと思います。
    引越し荷物ではないけど、集合住宅の集積所までの運搬を。
    (上手に交渉すれば無料で行ってくれます)

    《オプションの有無:有料》

    2週間くらい前から断捨離や廃棄を行いながら基本的に荷造り、荷解きは自分で行いましょう。

    ただ、エアコンの撤去や取付は自身では難しいため、

    • 引越し業者の見積もり
    • エアコン工事取付業者に見積もり

    の比較がおすすめです。

    引越し業者の見積もり比較方法

    引越し見積もり・おすすめの引越し業者比較で重要なのは、均等な条件で見積もりをもらうことです。

    そこでポイントとなるのが

    • 段ボールの数や梱包材の数
    • トラックのサイズ

    です。

    段ボールの数が

    • A社:30個(30枚)
    • B社:40個(40枚)
    • C社:30個(30枚)
    • D社:20個(20枚)

    B社が多く見積もられていれば、見積もり額に差が出ます。

    トラックのサイズが

    • A社:2トントラックロング
    • B社:3トントラック
    • C社:2トントラックロング
    • D社:2トントラックロング

    B社だけ3トントラックとなれば、見積もり比較にも差が出ます。

    引越し業者の見積もり金額は、

    • 昔はクリップボード(用箋挟)に手書きで引越し項目をまとめる形
    • 現在はタブレットやPC(デジタル)に引越し項目を埋めていく形

    見積金額も、AIアルゴリズム等を活用した算出も増えてきました。

    最安値を求める以上、同じ条件で見積もりをしてもらわない限り精度が落ちてしまいます。

    そこで、面倒な方は、
    1社目にもらった見積書の見積もり額部分を黒塗りにして
    2社目以降の業者に
    「他社ではこの形で見積もりを出してもらいました」
    と伝える形で、項目をある程度統一させるのもいいと思います。

    おかしい部分があれば、業者も指摘してくれるでしょうし、それがブラッシュアップ(見積もり精度アップ)できれば無駄がなくなります。

    《引越し料金の相場と節約》

    引越しを計画する際、多くの人が気になるのが料金の相場と、その節約方法です。
    引越し料金の相場と、それを節約するための方法についてまとめました。

    引越し料金の相場

    1R/1Kの場合 1Rや1Kは、一人暮らし向けの部屋として多くの人に利用されています。
    このタイプの部屋は、荷物の量が比較的少ないため、引越し料金も抑えられる傾向にあります。
    平均的な相場は、10,000円〜30,000円程度とされていますが、繁忙期や業者によっては、この範囲を超えることも。

    2LDK・3LDK以上の場合 2LDKやそれ以上の広さの部屋は、家族やカップルなど、複数人での生活を想定した部屋となります。
    そのため、荷物の量も増え、それに伴い引越し料金も上昇します。
    相場としては、60,000円〜120,000円程度が一般的ですが、家具や家電の量、業者のサービス内容によって変動します。
    距離や階数による料金変動
    引越し料金は、移動する距離や、荷物を運ぶ階数によっても大きく変動します。
    特に、エレベーターのないマンションやアパートでは、階数が上がるごとにプラス料金が発生することが一般的です。また、都市間の引越しの場合、距離に応じて料金が計算されるゾーン制を採用している業者も多いです。

    引越し料金の節約

    グループ割引やキャンペーン利用
    引越し業者は、時期や状況に応じて様々なキャンペーンや割引サービスを提供しています。
    特に、学生や新社会人を対象とした学割や、複数人での引越しを対象としたグループ割引など、利用することで大幅に料金を節約することが可能です。
    自分での荷造り・梱包
    引越し業者に荷造りや梱包を依頼すると、その分プラスして料金が発生します。
    そのため、自分で荷造りや梱包を行うことで、料金を節約することができます。
    特に、緩衝材や段ボールなどの梱包材を自分で用意することで、さらに節約できます。
    不要なものの処分
    引越しの際、不要なものを持ち運ぶと、その分荷物が増えて料金が上昇します。
    事前に断捨離を行い、不要なものを処分することで、荷物の量を減らし、料金を節約することができます。
    特に、大型の家具や家電は、処分やリサイクルを検討することで、大きな節約が期待できます。
    料金交渉のコツ

    見積もりの比較
    複数の業者から見積もりを取得し、それを基に交渉する。一括見積もりサイトの利用が効果的です。
    オフシーズンの利用
    引越しの繁忙期を避け、オフシーズンに引越しを行うことで、料金を下げる余地が生まれます。
    オプションサービスの見直し
    必要なサービスだけを選ぶことで、無駄な料金を削減することができます。
    直接交渉
    引越し業者と直接交渉を行い、自身の予算や条件を伝えることで、柔軟な対応をしてもらえることがあります。

    見積もりの比較

    料金交渉の際の注意点

    隠れた費用
    契約時に明確にされていない追加料金が後から発生することがあるので、契約前に詳細を確認することが重要です。
    品質とのバランス
    料金を下げるあまり、サービスの品質が低下することがあるため、料金とサービスのバランスを見極めることが大切です。

    《各引越し業者の新型コロナウイルス感染対応》
    流行病・新型コロナウイルスによって、各業界様々な影響(営業時間短縮等)を受けました。

    それに合わせて、飲食業界では黙食など新しい様式・習慣も生まれました。

    各引越し業者の新型コロナウイルス感染対応として、感染症対策を実施しています。

    知名度の高い、大手の引越し業者の公式ホームページから抜粋しました。

    • ≪サカイ引越センター≫
      ☆新型コロナウイルスワクチン職域接種実施
      ☆トラックに抗菌・抗ウイルス加工を実施
    • ≪日本通運:引越しは日通≫
      ☆引越プランナー及び作業スタッフによるマスク着用・検温
      ☆お客様宅への訪問前のうがい・手洗いの励行
      ☆移動中における車内換気
      ☆リモートで見積りを行う「リモミ®」の取り扱いを開始
      おまけ:その他、盗聴器・盗撮器探査も魅力
    • ≪アート引越センター≫
      ☆従業員によるマスク着用・消毒・手洗い・うがいの徹底、換気などの対策を実施
    • ≪アーク引越センター≫
      ☆全従業員を対象に「毎日の体温計測」「マスクの着用」「手洗い・うがいの励行」「室内換気」などを引続き実施
     

    よくある質問:ランキングやQ&A

    引越し業者比較引越し会社のランキング、質問・疑問などいろいろ引越しに対して気になることがあると思います。

    そもそも

    • 引越しなのか?
    • 引っ越しなのか?

    大手の業者は、
    ・アリさんマークの引越社
    ・クロネコヤマト引越センター
    ・サカイ引越センター(10分間サービス・新生活応援サービスも人気)
    ・アート引越センター
    ・日本通運株式会社

    引越で表記しています。
    引越”し”に関しては、バランスですかね?

    最近よるある質問としてペットの引っ越しは可能なのか?お願いできるのか?

    ペット引越しに関しては、大手引越し会社であればオプション利用できる可能性が高いです。
    ペットの種類や、大きさ、年齢、移動の距離の範囲(国内・海外)、輸送手段:陸路(トラック輸送)と空路(航空便)を用意しています。

    住民票を移すタイミング

    引越しによって住まいが変われば、今まで登録していた住所も新しく変更します。

    特に郵便局に変更の手続きをしておかないと、

    半年間は転居・転送サービスで郵送は届きますが、その後届かなくなり、定期購読をしているようなものなどは、きちんと連絡しておかないと、返品されてしまいます。

    住民票 移すタイミング

    そのほかにも、運転免許証や保険証、金融機関、携帯電話、NHK、保険会社などいろいろな場所で変更の手続きします。

    もし引越しが同じ市内であれば問題ありませんが、市外に引越しをする際には、住民票を移動する必要があります。

    税金は、実際に住んでいる場所で納めることになるので、住民票の移動手続きを行わないといけません。

    住民票を移すには、まず現在住んでいる市区町村の役場で転出届けをもらい、新しい住所のある市区町村の役場に行って転入届を提出で、転入手続きは完了します。

    このときには、届出人の印鑑、本人確認ができるものを準備しましょう。

    住民票を移すタイミングは、新住所に引越しをする直前に、転出手続きを行えば、引越しをしてからの手続きにかかる時間が長くなるので安心です。

    転入届は、引越しをしてから14日以内と期限がありますから、事前に段取りを決めて必要なものは揃えておくとよいでしょう。

    各種続きまとめ
    • 引越業者の手配
    • 新居の家具・株式会社ーテン・証明などの手配
    • 学校の転向手続き
       公立小中学校・公立高校・私立小中高学校によって手続きが変わります
    • 電話・プロバイダーの移設・名義変更手続き
    • 電気・ガス・水道の移転手続き
    • 行政への転出届
    • 国民健康保険手続き
    • 印鑑登録消去
    • 郵便転居届
    • 金融機関の住所変更
    • クレジットカード・保険等の変更手続き

     

    LIFULL引越し

    株式会社LIFULL(東京証券取引所 プライム市場上場:2120)、不動産売買・住宅情報の総合サイト【LIFULL HOME’S/ライフルホームズ】が運営する引越し一括見積もりサイト
    LIFULL引越し

    約130社の業者の中から無料一括見積もり可能。

    LIVE引越サービス,関西アロハムービングムービングエスラクダの引越し便,中国トラック引越しのVIP,レジェンド引越サービス,ビートル引越センター,leaf transport,リーフトランスポート,アリさんマークの引越社,アーク引越センター,サカイ引越センター,ハピネス引越センター,ハロー引越センター,やさか引越センター,メテオドリーム,引越のプロロ,LIVE引越サービス,引越しのスタートなどから一括見積もり・アドバイス

    【大手の引越し業者ランキング】

    アリさんマークの引越社 (3.9) サカイ引越センター (3.8)
    アート引越センター(3.8)

    【対応エリア別の引越し業者 満足度ランキング】

    東京の引越し業者ランキング
    leaf transport リーフトランスポート (4.8) やさか引越センター (4.6)
    まめつぶ運送 (4.4)
    大阪の引越し業者ランキング
    アップル引越センター (4.5) レジェンド引越サービス (3.8)

    《LIFULL引越しの口コミ》

    引越し見積もりはいつやる?

    自分で選んで手配するのが面倒だったので不動産屋さんに任せるつもりではいたもののなんとなくLIFULL引越しで一括見積りをしたところ圧倒的に安くビックリして問い合わせた。
    細々と料金がプラスされていくのかと思ったがそんなことはなく大変満足。
    25才 / 女性(神奈川県)

    引っ越し費用の相場表

    ホームページは間取りもわかりやすかった。
    そして引越しとなったらホームページから一括見積もり送信………その中から選定でき、丁寧な説明と見積し選定することができた。
    その結果、現場のスピードな段取り、臨機応変、柔軟な対応してくれた引越しセンターを見つけることができた感謝です。
    41才 / 男性(東京都)

    《おすすめ指数:★★★☆☆》
    引越し一括見積もりなら
    簡単な入力で、約130社の中から無料一括見積もりが取れるので引越し会社比較に最適です。

    ≪追記:2022/11/10≫
    20代の同僚男性のパンツを脱がすなど、わいせつな行為をした上、ケガをさせたとして、9日、アート引越センターのアルバイト・森本義洋容疑者(52)が逮捕されました。社員の岩倉拓弥容疑者(27)、19歳の社員2人も逮捕されています。
    残念なニュースです。
    引越し業界を冒涜する行為、それも大手のアート引越センターで。
    一括査定見積もりサイトの大手のアート引越センターの扱いが気になるところです。

    【更新履歴】

    • 2023年12月(令和5年):レビュー追加
    • 2022年4月(令和4年):記事修正
    • 2021年6月(令和3年):画像加工追加
    • 2020年1月(令和2年):体験談・口コミ修正
    • 2019年2月(令和元年):新規記事アップロード

    くらしのマーケット 格安引越し

    くらしのマーケットなら、口コミを確認しながら高評価の業者(個人)に依頼が可能
    くらしのマーケットの引っ越し

    《くらしのマーケット 格安引越しの口コミ》

    suumo引越し見積もり おすすめポイント

    口コミを見て決めました。 家族3人で2LDKから3DKへの引越しです。 1月中旬の引越しで土日と平日で料金の違いは無いとの事で土曜日にしました。 電話で荷物の確認をしてもらって見積もりをしてもらいました。 他者さんは訪問見積もりだったので電話で見積もりと言えどテレビ電話で部屋の中を確認されるのかな?と思っていましたが通話のみで見積もりをしてもらえました。 電話でしてもらえるのは楽で良かったです。 あとから荷物の追加がありましたが最初の見積から金額が上がることもなく安心でした。 当日は3人来てくださって皆さま感じの良い方でテキパキと荷物を運んでくださいました。確認や報告などもちゃんとしてもらえたので不満もなく気持ちよく引越しを終えることができました。 ただ、エアコンの取り付けを手配してもらいましたが来てくださった業者さんに配管の交換が必要と言われ、室外機をエアコンのすぐ下に付けてもらったのに税込で12000円かかったのが少し高いような気がしました。 詳しくないので本当に相場なのかもしれませんがそこだけが気になりました。 でも業者さんは良い方でエアコンもすぐ取り付けてくださいましたので金額以外は気になる点はありませんでした。 また引越しする時は利用したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    格安引越しサービスなら
    少しでも安く引越し費用を抑えたいということであれば、くらしのマーケット 格安引越しの利用はメリットが多いでしょう。

    《参考サイト》

    • みんなのマーケット株式会社
    • 東京都渋谷区道玄坂1丁目10−5 渋谷プレイス10階

    レントラ便

    株式会社ハーツが運営する引越しや荷物の運搬で気軽に使える「ドライバー付きレンタルトラック」の時間料金制で契約できるおすすめサービスです。
    レントラ便
    言い方を変えれば、知り合いに車を出してもらい引越しを手伝ってもらうようなものです。
    レントラ便のスタッフ(ドライバー)と一緒に荷物を搬入・搬出するような・・・赤帽さんに近いとも言えます。

    《レントラ便の口コミ》
    公式サイトにご利用者の引越し口コミ・評判が掲載されていたので紹介します。

    引越し見積もりを最大60%安くする方法

    夜間にもかかわらず、笑顔で作業くださった運転手と作業員の方にありがとうと言いたい、引っ越しのプロならではのノウハウ、満足の作業内容です。
    急な日程変更のため車を手配できず、パソコンで検索し悪戦苦闘の中、偶然御社のホームページを見つけ、電話しました。
    初めてのレントラ便さん利用で不安も大きかったのですが、結果的に終わってみると、本当に気持ちの良いサービスをご提供いただき、感謝しています。
    運転手や作業員の方の作業や姿勢も素晴らしく、かつ予定していた時間より早く終了し、見積もりより安く完璧な作業していただいたこと本当にありがとうございます。

    引越し見積もりシミュレーション

    素晴らしい働きっぷりに感動いたしました。
    初めて利用させていただきました。
    ネットで検索しているうちに偶然見つけました。
    部屋を借りるだけでもかなりな出費なので、何軒かの引越し屋さんに見積もりをしたのですが、なかなかの高額、想定以上で予算的に無理でした。
    『レントラ便』さんはシステム、料金面(料金プラン)・サービス面ともに申し分なし、見積もりも細かくわかりやすく、そして実際に来ていただいた方も実にてきぱきとし好感の持てる方で、予定よりも早く終了し大変助かりました!!
    このたびは本当にお世話になりましたありがとうございました。

    引越し費用負担を抑えたいなら
    ドライバー付きレンタルトラック:30分、トラック+ドライバー+ガソリン代:3,980円~

    《おすすめ指数:★☆☆☆☆》
    《参考サイト》

    • 会社概要:ア株式会社 ハーツ
    • 本社所在地:東京都品川区南大井5-12-3

     

    引越しの際の注意点やコツ

    引越しは生活の大きな変化を伴うイベントの一つです。
    そのため、計画的に進めることが大切です。
    引越しの際の主な注意点とコツを挙げてみました。

    【引越しの際の注意点】

    • 早めの見積もり依頼
      引越しの見積もりは、早めに依頼することがおすすめです。
      特に繁忙期(3月や9月などの転勤・転校シーズン)には、引越し業者が手一杯になることが多いため、早めのアクションが必要です。
      また、複数の業者から見積もりを取ることで、料金比較やサービス内容の確認ができ、最適な業者を選ぶ手助けとなります。
    • 引越し日の選定
      引越し日は、平日やオフシーズンを選ぶと、料金が安くなることが多いです。
      また、連休や土日は引越しの依頼が集中するため、希望の日にちに予約が取りづらくなることも。
      さらに、天候や交通状況も考慮し、スムーズな移動を心がけましょう。
    • 大型家具や家電の取り扱い
      大型の家具や家電は、専用の梱包材や取り扱い方法が必要です。
      特に、液晶テレビや冷蔵庫などの高価な家電は、破損のリスクを避けるために、専門の技術や機材が求められます。
      事前に業者に相談し、適切な梱包や取り扱いをしてもらうことが大切です。
    【引越しの際のコツ】

    • オフシーズンの利用
      引越しの繁忙期を避け、オフシーズンに引越しを行うことで、料金を節約することができます。
      また、業者も余裕を持って作業を行えるため、丁寧なサービスを受けられる可能性が高まります。
    • 引越し業者の比較
      一括見積もりサイトを利用することで、複数の引越し業者から見積もりを取得することができます。
      これにより、料金やサービス内容を比較し、最適な業者を選ぶことができます。
    • 事前の荷造り
      引越しの前に、不要なものを断捨離することで、荷物の量を減らし、引越し作業をスムーズに進めることができます。
      また、ラベリングを行うことで、新居での荷解きも効率的に行えます。

    荷造りのコツ(丁寧な作業と分類)

    引越しの際、荷造りは最も手間と時間がかかる作業の一つです。
    効率的かつ安全に荷造りを行うためのコツは以下になります。

    荷造りの前の整理
    引越し前に不要な物を処分することで、荷物の量を減らし、効率的な荷造りが可能になります。
    同じカテゴリの物を一緒にまとめること(分類整理)で、荷解きがスムーズに行えます。
    段ボールの選び方
    引越しの際に使用する段ボールは、そのサイズや強度によって用途が異なります。
    一般的に、ダブルボードやトリプルボードといった、厚手の段ボールは重い物や破損しやすい物の梱包に適しています。
    一方、軽い衣類や布類を入れる場合は、シングルボードの薄手の段ボールを使用すると良いでしょう。
    また、特定の物に特化した専用段ボール(例:衣類用、書籍用・専用ボックス)も販売されているため、利用すると効率的です。
    破損しやすい物の梱包方法
    ガラス製品や陶磁器など、破損しやすい物は特に注意深く梱包する必要があります。
    まず、緩衝材(バブルラップや新聞紙)でしっかりと包み、その上から段ボールで覆います。
    また、段ボールの中にも緩衝材を敷き詰め、物同士がぶつからないように工夫することが大切です。
    衣類の効率的な詰め方
    衣類は、圧縮袋を使用することで、効率的に梱包することができます。
    特に、冬物の厚手の衣類や布団は、圧縮袋に入れて空気を抜くことで、大幅にスペースを節約できます。
    また、ハンガーにかけたままの衣類は、ハンガーボックスを使用することで、シワを防ぎつつ梱包することができます。
    家電の取り扱い
    家電製品は、取扱説明書に従って梱包することが推奨されます。
    特に、液晶テレビやパソコンなどのデリケートな家電は、元々の純正箱や緩衝材を使用して梱包すると安全です。
    また、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、移動前に水分や中身をしっかりと取り除くことが重要です。
    ラベリングの重要性
    荷造りが終わった段ボールには、中身や置き場所、開封の優先度などを示すラベルを貼ることで、新居での荷解きが格段にスムーズになります。
    特に、必要な物をすぐに取り出せるように、**「開封優先」や「日常必需品」**といったラベルを活用すると効果的です。

    荷解きのコツ

    引越し先での新生活をスムーズにスタートさせるためには、効率的な荷解きが欠かせません。
    荷解きのテクニック・コツは以下になります。

    優先順位の明確化

    • 生活必需品の特定
      到着直後(トイレットペーパー、食料品、洗面用具など)を特定し、最初に荷解きを行います。
    • 段階的な荷解き
      全ての荷物を一気に解くのではなく、優先度に応じて段階的に荷解きを行うことで、効率的に作業を進めることができます。

    ラベリングの活用

    • 色分けラベル
      荷造りの際に、部屋やカテゴリごとに色分けしたラベルを貼ることで、どのボックスをどの部屋で開けるべきかが一目でわかります。
    • 内容物の明記
      ボックスの外側に、中身の主要なアイテムを記載することで、必要な物を迅速に取り出すことができます。

    効率的な収納テクニック

    • 収納ボックスの活用
      特定のカテゴリの物をまとめて収納することで、後から物を探しやすくします。例えば、文房具やアクセサリーなどの小物は、収納ケースや仕切りボックスにまとめると便利です。
    • 縦収納の導入
      服や本などを縦に収納することで、取り出しやすく、また収納スペースも効率的に使用することができます。

    収納グッズの活用

    • 多機能収納家具
      収納付きベットや収納付きソファなど、多機能な家具を使用することで、限られたスペースを有効に活用することができます。
    • 壁面収納
      壁面を利用したハンガーラックやウォールシェルフを取り入れることで、床面積を広く使うことができます。

    効率的な配置の工夫

    • 頻繁に使用する物の配置
      よく使用する物は、手の届く位置に配置することで、日常生活をスムーズに行えます。
    • 季節ごとの収納
      使用しない季節の衣類や装備は、収納ケースやクローゼットの奥などに収納し、季節が変わった際に入れ替えることで、収納スペースを効率的に使用することができます。
    荷解きは、新生活の第一歩とも言える大切な作業です。
    上記のようなテクニックやコツを活用し、効率的に荷解きを行い、新しい生活空間を快適に整えましょう。

    業者とのトラブルについて スタッフの対応・回避方法

    引越しの際の注意点とトラブル回避方法
    引越しは、新しい生活のスタートを意味する大切なイベントですが、その過程で様々なトラブルが発生することがあります。

    荷物の紛失・破損
    • トラブルの内容
      引越し作業中に家具や家電、貴重品などが紛失したり、破損したりすること。
    • 回避方法
      引越し業者との契約時に、保険加入を確認する。また、貴重品や壊れやすい物は自分で運ぶか、特別な梱包を要求する。
    時間の遅延
    • トラブルの内容
      納期の遅れや、指定時間に作業員が来ないなどの時間に関するトラブル。
    • 回避方法
      引越しの日程や時間を事前に業者と確認・調整し、余裕を持ったスケジュールを組む。
    料金のトラブル
    • トラブルの内容
      見積もり時と実際の料金が大きく異なる、または追加料金が発生するなどの金銭的なトラブル。
    • 回避方法
      契約前に明確な見積もりを取得し、追加料金が発生する場合の条件を確認する。
    近隣トラブル
    • トラブルの内容
      引越し作業中の騒音や、共有部分の汚れなどで近隣住民とのトラブルが発生すること。
    • 回避方法
      事前に近隣住民に引越しの旨を伝え、作業時間を調整する。また、作業後は共有部分の清掃を徹底する。
    契約トラブル
    • トラブルの内容
      契約内容が曖昧であったり、後から変更されるなどの契約に関するトラブル。
    • 回避方法
      契約書をしっかりと読み、不明点や疑問点は業者に確認する。必要に応じて書面に残すことで、後のトラブルを避ける。

    引越しは、計画的に進めることで多くのトラブルを回避することができます。
    上記のポイントを参考に、安心して新生活を迎えるための準備をしてください。

    引越運送約款とは?

    引越しを行う場合、国土交通省が定めている運送業者の「標準引越運送約款」が前提にあります。
    破損・紛失など保証や返金は、この約款の記載に基づいて行われます。

    よくある質問

    見積もりは無料ですか?

    多くの引越し業者では、見積もりは無料で行っています。
    しかし、業者によっては有料の場合(有料道路利用・遠方からの出張・引越し先のチェック等)もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

    繁忙期とオフシーズンの違いは?

    繁忙期は、春や夏などの引越し需要が高まる時期を指し、料金が高くなる傾向があります。オフシーズンはその逆で、料金が割安になることが多いです。

    引越しの際、ペットはどうすればいいですか?

    ペット専用の輸送サービスを提供している業者もありますが、ペットのストレスを考慮して、飼い主が直接輸送することがおすすめです。

    大型家具や家電の取り扱いはどうなりますか?

    多くの引越し業者が大型家具や家電の搬入・搬出、設置を提供しています。
    ただし、サービス内容や料金は業者によって異なるため、事前に確認を

    荷造りは自分で行う必要がありますか?

    荷造りを提供している業者も多いですが、料金が追加される場合があります。
    自分で荷造りを行う場合、梱包材を業者から提供してもらうことも可能です。

    引越し当日に必要な手続きはありますか?

    引越し当日には、業者との最終確認や、荷物の最終チェックを行います。
    また、駐車スペースの確保や近隣への挨拶もおすすめされます。

    引越し後の不用品の処分はどうすればいいですか?

    不用品回収サービスを提供している業者もあります。
    また、自治体の大型ごみ収集サービスを利用することもできます。

    梱包材は返却するのでしょうか?
    使用した梱包材の返却ポリシーは業者によって異なります。返却の場合、業者が指定する日に回収に来ることが多いです。

    雨天時の引越しはどうなりますか?

    雨天時でも引越し作業は行われますが、荷物を濡らさないように配慮がされます。特別な対応の場合は、業者に相談しましょう。

    キャンセルや日程変更は可能ですか?

    キャンセルや日程変更のポリシーは業者によって異なります。
    変更やキャンセル料が発生する場合もあるため、事前に業者の規約を確認しておくことが大切です。

    引越事業者優良認定制度(引越安心マーク)とは何ですか?

    引越事業者優良認定制度(引越安心マーク)は、日本での引越しサービスの質を保証するための制度です。
    全日本トラック協会が安全・安心な引越サービスを提供すると認めた引越事業者を優良事業者として認定する制度で、引越事業者優良認定制度とも呼ばれます

    激安料金業者の選び方と注意点

    激安業者を選ぶ際、価格だけでなくサービスの質も重要です。
    まず、費用相場を理解することが大切。
    インターネットや口コミで相場を調べ、異常に安い価格には注意が必要です。
    激安の背後には、質の低下や隠れた追加料金がある場合があります。

    お値打ちな業者を選ぶコツは、複数の業者を比較検討すること。見積もりを複数取り、サービス内容と価格を比較します。
    特に、安価な料金設定の業者は、サービスの詳細をしっかり確認しましょう。
    例えば、引越し業者の場合、梱包材の費用や作業員の人数が見積もりに含まれているかをチェックすることが重要です。

    また、高価買取を謳う業者を利用する際は、その評判や実績を確認することが肝心。
    インターネットのレビューや評価を参考にし、信頼できる業者かどうかを見極めます。
    不透明な料金体系や、契約前後で態度が変わる業者には警戒が必要です。

    最後に、契約前には必ず書面での見積もりを受け取り、契約内容を確認しましょう。
    不明点や疑問点は契約前に解消しておくことが、後のトラブルを避ける鍵となります。激安業者を利用する際は、価格だけでなくサービスの質や信頼性も考慮することが大切です。

    引越し業者・おすすめ一括見積サイトの比較:まとめ

    そもそも引っ越し前には非常にお金がかかります。

    • マイホーム・自宅購入(一軒家の購入・マンション購入)であれば仲介手数料・頭金や住宅ローン契約
    • 賃貸物件であれば、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料

    などの最初の参加で初期費用やランニングコストがかかります。

    だからこそ、少しでも引越し費用は安くしたいわけです。

    引越し見積もりサイトの活用は非常に簡単です。

    一括見積サイトも、加盟ている引越し会社の管理も厳しく、

    • ユーザーからの口コミ・苦情のチェック
    • トラブル事象(引越しの補償有無)に関する確認・調査

    などで、加盟後の監視も強化していますので、安心感に繋がっています。

    引越しで失敗しないために上手に『おすすめの引越し業者比較』・一括見積サイトの活用に役立ててください。

    また引っ越しの際に、電気・ガスの開通手続きを行う必要がございます。
    引っ越しに伴う電気の開通方法を紹介しているサイトがありますので、参考にすると良いでしょう。

    引っ越しに伴う電気の開通方法

    ≪告知:引越し業者様へ≫
    おすすめの引越し業者として、掲載業者を募集しています。
    一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
    お問い合わせフォームより、気軽にお問合せ・相談ください。
    2営業日以内に、返信させていただきます。
    年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)
     

    関連公式サイト
    自動車:引越時期の分散に向けたお願い:国土交通省
    引越し手続オンラインサービス:デジタル庁
    引越サービス(各種相談の件数や傾向):国民生活センター