不動産投資を始めるにあたり団体信用生命保険は死亡・生命保険の代わりになる?仕組みの違いや火災保険の必要性について解説

《PR・広告》

不動産投資は生命保険の代わりになるのか?不動産投資のタイミングで保険の見直しもおすすめ! マンション投資・不動産投資

《不動産相談・お問合せでAmazonギフト券がもらえる》

不動産投資を行う人も、結果的に検討で終わる人も、

何年か前までは不動産投資会社、2・3社のセミナーや相談で不動産投資を始めていました。

しかし、投資物件価格の値上がりの現状、物件選びが難しい・大きなポイントとなっています。

ただ、不動産投資用の物件(オーナーチェンジ物件)、
特にお得な優良物件はあまり表に出てくることがなく、

不動産投資会社の内部で情報共有され、新しいオーナーに売却されている状況です。

そのため、現状、物件提供も兼ねて6~8社の不動産投資相談に行くのが主流となっています。

どうせ、何社かに話を聞くなら、アマギフもらえるセミナーや面談に参加したほうがいいと思いませんか?

ポイ活として40万円以上、稼げますからありがたいキャンペーンと言えるでしょう。
登録は1サイト2分程度なので、5サイト登録でも10分程度の労力です

6万円分のアマギフが貰える
JPリターンズ
おすすめエリア:東京23区
まずは、60秒、資料請求から

5万円分のアマギフが貰える

3万円分のアマギフが貰える

【おすすめ】
最大40万円以上のAmazonギフト券がもらえる不動産投資相談はこちら

不動産投資 保険

不動産投資は資産運用の一つの手段として注目されています。

借金してできる唯一の投資とも言われています。

しかし、不動産投資にはリスクも伴います。

そのリスクを軽減するために、保険が活用されることがあります。

今回は、

  • 不動産投資のメリットとデメリット
  • 保険の基本的な仕組みと種類
  • 団体信用生命保険(団信)のメリットとデメリット
  • 団信は生命保険代わりになるのか?

について詳しく解説します。

不動産投資のメリットは、安定した家賃収入を得られることや、賃貸物件の価値上昇による資産価値の増加が期待できることです。

また、節税効果もあります。

これらのメリットは、不動産投資の魅力とも言えます。

一方で、空室リスクや物件の価値下落リスク、修繕の支出・負担と共に、

  • ローン返済中に亡くなるリスク(死亡)
  • 病気のリスク(重度の障害)
  • 地震や設備故障のリスク

があります。

そのリスク対策として保険の活用について深堀してみました。

不動産投資をどこまで保険代りになると考えられるか? 団信との違い・比較・どちらがおすすめ?

結論から言えば、
不動産投資が直接的に保険代わりになるわけではありません。

ただ、一定のリスク対策として機能する面があります。

そこで、おさらいがてら、不動産投資のメリット・デメリットから確認してみましょう。

安定した収入源
不動産投資により、家賃収入を得ることができます。
定期的な収入を確保するという意味で、生命保険や年金保険が目指す「収入保障」に近い機能を果たします。
例えば、老後の生活資金確保や子供の教育費用など、長期的な資金計画に対する安定した収入源となり得ます。

資産価値の保全・増加
不動産は物価上昇(インフレ)に対するヘッジ(保護)となります。
つまり、一般的に物価が上昇すると、不動産価格も上昇する傾向にあります。
これにより、購入した不動産の価値が一定程度保たれ、場合によっては資産価値が増加する可能性もあります。
これは、保険が目指す「資産保護」の機能と一部重なります。

火災保険や自然災害リスクにおける地震保険
損害保険・破損による被害、備えの必要を解説

しかし、不動産投資にはリスクも存在するため、そのために備えが必要です。
例えば、

  • 空室リスク(入居者がいない期間が長くなると収入が途絶えます)
  • 家賃滞納リスク(借主からの家賃回収が不可能となればキャッシュフローが崩れます)
  • 物件の価値下落リスク(不動産市場の変動や物件の老朽化により価値が下がる可能性)
  • 地震のリスク(自身の規模によっては修繕の必要が発生します)
  • 大規模修繕費用(特にマンションの場合、定期的に発生する大規模修繕による出費)

などがあります。

これらのリスクに対処するために、
団体信用生命保険(団信)や火災保険や自然災害リスクにおける地震保険(損害保険・破損による被害)、また保険ではないですがサブリース(家賃保証)や空室保障・賃貸保証会社(家賃保証会社)などを行います。

FANTAS:がん+生命保険つきワンルーム投資

生命保険代わりになる不動産投資会社

生命保険つきワンルーム投資

  • 『FANTAS詳細情報』

    不動産投資運営会社:
    費用:
    投資物件:
    投資エリア
    オンライン:
    参加資格:
    入居率:
    特典:
    ファンタステクノロジー株式会社(非上場)
    無料
    中古
    都心
    ×
    500万円以上
    98.5%
    ×

    【FANTASの口コミ】
    夫婦で所有してます。
    元々は夫がセミナーをきっか けにFANTASさんで不動産 投資を始めました。
    夫に話を 聞いているうちに私も興味が 出てきて夫の担当の方に話を聞いてみるとガン保障や生命保険のような効果があって 即決してしまいました。
    いまで は担当の方と家族ぐるみで仲 良くさせて頂いてます。

  • 《おすすめ指数:★★★★☆》
    FANTAS;公式サイトはコチラ
運営会社 ファンタステクノロジー株式会社
FANTAS technology 株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F
設立日 2010年2月22日
資本金 1億円
免許登録 宅地建物取引業免許
東京都知事(1)第107394号

マンション管理業者免許
国土交通大臣(2)第034294号

賃貸住宅管理業者免許
国土交通大臣(2)第002052号

不動産特定共同事業許可番号
東京都知事 第103号

有料職業紹介事業許可証
許可番号 13-ユ-308622

 
公式サイトで確認

不動産投資 保険

不動産投資と保険の加入・関連性 保険に入るべき理由・保険料

不動産投資と保険は、リスク対策という観点から密接に関連しています。

保険とは

保険の基本的な仕組み
保険は、保険料を支払うことで、万が一の事態に備える仕組みです。
保険金は、被保険者が死亡した場合や高度障害状態になった場合など、保険契約の条件に該当する事態が発生したときに支払われます。

《一般的な保険の種類》
保険には、生命保険、火災保険、地震保険など、さまざまな種類があります。

それぞれの保険は、異なるリスクに対する保障を提供されており、
自身のライフスタイルやリスク許容度、保障内容、保険料などを考慮する必要があります。
また、保険会社の信頼性やサービスも重要な選択基準となります。

保険と不動産投資について

万が一の時の補償・保証内容

保険は、不動産投資のリスク対策として活用されます。

特に、団体信用生命保険(団信)は、住宅ローン、不動産投資ローンの返済を保障する保険として加盟が適用・義務付けられています。

団信に加入することで、万が一の事態が発生した場合、保険金額でローンを完済・補償してくれるため不動産を手放す必要はなくなります。
*受取人は残された遺族ではなく、金融機関になります。

団体信用生命保険(団信)の仕組み・保険金

被保険者が死亡した時・家族はどうなる?

団信の基本的な仕組み
団信は、不動産投資ローンの返済を保障する保険です。

契約者が死亡した場合や高度障害状態になった場合など、
保険契約の条件に該当する事態が発生したときに、残債が保険金で清算される・住宅ローンがゼロになる保険/金融商品です。

そのため、ため遺族からすれば、借金を相続する必要がなく安心という側面があります。

保険期間に関しては
生命保険の場合は「定期保険」と「終身保険」がありますが、
団信の場合は、不動産投資ローンを支払い終えるまでが契約期間です。

不動産 保険

メリット

ローン返済軽減

  • 返済保障
    団信は、契約者が死亡した場合や高度障害になった場合など、保険契約の条件に該当する事態が発生したときに、残債が保険金で清算されます。
    これにより、万が一の事態が発生した場合でも、ローン返済の負担を軽減することができます。
  • 家族への負担軽減
    団信に加入していることで、万が一の事態が発生した場合でも、家族がローン返済の負担を背負うことなく、物件を継続して所有することが可能です。
    これにより、家族への負担を軽減することができます。

デメリット

金利に転化・保険金が支払われるものではない

  • 保険料の負担
    団信の保険料は、ローンの金額や契約者の年齢、健康状態などにより決まります。
    ただ、保険料は住宅ローンの金利の中に組み込まれているため、実際に毎月、保険料が口座等から引き落とされるものではありません。
  • 全てのリスクをカバーしない
    団信は主に死亡や高度障害などのリスクをカバーしますが、全てのリスクをカバーするわけではありません。
    例えば、病気やケガによる一時的な収入減少、物件の価値下落、空室リスクなどはカバーされません。
    そのため、これらのリスクに対する対策も別途考える必要があります。
  • 保険金の受け取り方
    団信の保険金は、直接金融機関に支払われ、ローンの残債に充てられます。
    そのため、死亡保険金のように、現金で受けれるものではありません。
    また、住宅ローン残に即した金額あるため、住宅ローン完済後に亡くなっても、保険金が支払われるものでもありません。

団信の選び方

団信を選ぶ際は、保障内容、加入条件などを確認し、自身の状況に最適なものを選ぶことが重要です。

団体信用生命保険に関しては、以前詳しく説明しました。

住宅ローン借り入れ時に契約する住宅ローンの団信ですが、
基本的に「死亡した場合や高度障害が発生した場合」、生命保険会社が住宅ローン残高を銀行に返済(債務返済)する形で保障、住宅ローンがゼロになる保険です。

【高度障害】とは

  • 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器に著しい傷害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

なのに要件に該当するケースになります。

参考ページ;住宅ローンの団信とは?団体信用生命保険

不動産投資と保険の活用方法 保険を選ぶ際のポイント・特約も可能

家の購入時同様、不動産投資のローンを組む場合、団体信用生命保険に加入しますが、団信も1種類ではありません。

保険を選ぶ際は、自身のライフスタイルやリスク許容度、保障内容などを考慮する必要があります。

団信には各種特約(オプション)があり、金融機関ごとに様々なプラン・充実な特約が追加されています。
保障範囲が大きく広がり、

  • ガン保障特約付き(ガン団信)
  • 3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)保障特約付き
  • 7大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中に糖尿病、高血圧疾患、肝疾患、腎疾患)保障特約付き
  • 8大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)保障特約付き
  • 11大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎・大動脈瘤および大動脈解離・上皮内新生物・皮膚がん)保障特約付き
  • 就業不能保障保険

などの特約を付加することが可能です。
*ガン団信:保障期間・保険期間中に、所定の悪性新生物(がん)に罹患したと医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されたとき。

保障対象、また介護保障特約や配偶者が連帯債務者の場合には、夫婦連生団体信用生命保険も活用できることもあります。
*オプション分は上乗せ金利の形。

【保険の活用例】
団信を利用することで、万が一のことがあった時の保険になります。

また、火災保険や地震保険に加入することで、物件が火災や地震で損壊した場合のリスクをカバーすることも可能です。

不動産オーナー 保険

詳しいセレクトはFPや専門家へ相談も

検討したい人

不動産投資に限らず、不動産購入・ローン契約時の団信は、万が一、亡くなった時の住宅ローン返済苦の心配がなくなるのは事実です。

ただ、生命保険を考えると

  • 死亡保険
  • 医療保険
  • 介護保険
  • 生存保険

など、複数の保険があるため、
不動産投資だけですべてをカバーすることはできません。

死亡保険と団信も上記でご紹介した通り、若干違いがあり、似て非なるものです。
加入期間は事前に決定されているわけではなく、逓減定期保険に近いものです。

そのため、不動産投資を行う時は、将来のプラン、人生のイベントをベースに保険の見直しや投資のシミュレーションもおすすめです。

≪補足≫
団信は、生命保険のようなものなので、健康状態の告知が必要となります。
持病を持っていたり・最近手術をした場合などは告知の必要があり、住宅ローンの審査と併せて健康面のチェックもされることになります。
もし、健康状態に問題ありっと判断されると住宅ローンの審査が通らない場合もあります。
*特にうつ病や糖尿病、高血圧症、心臓病、脳卒中など

そのため、健康上の理由で通常の団信に加入できない人でも加入できるよう、①保険料を割り増しする代わりに・②加入条件が緩和された”ワイド団信”が活用できます。

参考ページ:インカムクラブ
会員制の投資用不動産情報サイト・不動産投資に役立つ総合メディア”income club”

不動産投資の物件選び・戦略をご紹介

家賃収入を得るためのリフォームやエリア選択

不動産投資は、中長期的な視点での投資がおすすめです。
サラリーマンや公務員におすすめのワンルームマンション投資、だけでなく一棟マンション投資や中古物件のリフォームなど、年収に合わせて時間をかけて価値を高める投資が適しています。

中古物件・戸建てのリフォーム

中古物件を購入し、リフォームを行うことで価値を高め、高い賃料収入を得る戦略です。
30代はまだ時間的余裕があるため、リフォームによる価値向上を待つことが可能です。

一棟アパート・マンション投資

年収1,000万円以上の方なら

一棟丸ごと購入することで、家賃収入を最大化する戦略です。
高額・高い物件購入になりますが、経営規模が大きく弁護士や医師、会社社長などの投資に向いています。
関連ページ:アパート投資の口コミ・評判
年収1,000万円以上なら一棟アパート投資がオススメな理由

都心の不動産投資

賃貸需要の高い都心の不動産投資は、利回りより空室リスク軽減が期待できます。
エリアの選定が重要となるため、不動産会社から優良物件の提供が1つのポイントです。

地方都市への投資

首都圏ではなく地方都市に投資することで、物件価格を抑えつつ、地方都市の成長に乗る戦略です。
地方都市の成長を長期的に見込むことができる30代には、この戦略が適しています。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資は、売却益や家賃収入など、様々なメリットがあります。

しかし、空室リスクや金利上昇リスクなど、デメリットも存在します。

これらメリット・デメリットが気になるでしょう。

メリット
資産価値の増加

長期的に見れば、不動産の価値は上昇する傾向が多いです。適切な時期に売却することで、購入価格よりも高い価格で売却することが可能になります。

安定した収入源 賃貸物件を所有している場合、賃貸収入を安定的に受けることができます。これは、株式などの他の投資と比較しても安定性が高いと言えます。

税制上の優遇措置 不動産投資には、減価償却費や不動産の関連経費を税務上の控除対象とすることができるなど、税制上の優遇措置を受けることが可能です。

デメリット
初期投資が必要

不動産投資には、物件を購入するための大きな初期投資が必ず必要になります。また、物件の維持管理にも費用がかかります。

流動性の低さ

不動産は売却するまでの時間がかかることが多く、急に現金が必要になった時にすぐに売却できない場合があります。
どちらかと言えば、流動性の低い投資です。

市場の変動リスク

不動産市場は景気の影響を受けることが多く、予期せぬ市場の変動により物件価値が下がるリスクを受ける可能性があります。

不動産投資は、その安定した収入や税制上のメリットを享受することができる一方で、高い初期投資が必要であり、市場の変動リスクや流動性の問題に関する慎重な検討がべきです。
投資を行う際には、これらのメリットとデメリットを十分に理解し、自身の投資目的やリスク許容度に照らし合わせた上で判断することが重要です。

よくある質問・Q&A:疑問・悩み・不安を解決・注意点

不動産投資は保険代わりになるのか?

不動産投資は保険代わりになるのか?

不動産投資自体が保険代わりになるわけではありませんが、一定のリスク対策として機能する面があります。具体的には、安定した家賃収入を得ることができ、物価上昇による資産価値の保全・増加が期待できます。

どのような保険が不動産投資に適しているのか?

不動産投資には、団信や火災保険、地震保険などが適しています。これらの保険は、不動産投資のリスクを軽減する役割を果たします。

保険の加入は必須なのか?

保険の加入は必須ではありませんが、リスク対策として保険の加入を検討することは推奨されます。特に、団信は、不動産投資ローンの返済を保障する保険として重要な役割を果たします。

保険料はどのように決まるのか?

保険料は、保障内容、契約者の年齢や健康状態、保険期間などにより決まります。また、保険会社によっても保険料は異なります。

インフレ対策になるのは本当ですか?

インフレになると、モノの価値が上がり、現金・預金の貨幣価値が目減りしてしまいますが、不動産のような現物資産は、インフレになっても物価指数に伴い家賃も上昇します。
*資産価値自体も上がれば、キャピタルゲインも期待できます。

不動産投資は相続税が優遇されるのはなぜですか?

相続税は、相続財産の合計額から基礎控除額を差し引いた金額に課税されます。

つまり、相続財産の評価額を低く抑えれば、相続税を節税することができます。

不動産は、現金や預金などの他の資産と比べて、評価額が低く抑えられる傾向があります。

これは、不動産の評価額が、固定資産評価額に基づいて算定されるためです。
固定資産評価額は、実際の取引価格よりも低いことが多く、不動産を相続財産に含めることで、相続税を節税できる可能性があります。

住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除(減税)は、住宅ローンを借り入れてマイホームを取得した場合に、所得税や住民税から控除される制度です。

この制度は、住宅ローンの年末残高の0.7%が控除されることで、金銭的な負担を軽減し、住宅確保を促進することを目的としています。

住宅ローン控除は、新築住宅や買取再販住宅などの住宅の環境性能や入居時期によって、控除率や借入限度額が異なります。

不動産購入時の諸費用・初期費用は?

不動産購入には、物件価格以外にも発生します。
これらは、物件の種類や購入方法、地域によって異なりますが、一般的に物件価格の5~8%程度と言われています。

購入に関連
仲介手数料
印紙税
登録免許税
不動産取得税
登記費用
抵当権設定登記費用
火災保険料
銀行振込手数料
ローン事務手数料
測量費用
地盤調査費用

住宅ローン関連
金利
手数料
団信加入料

引っ越し関連費用
引っ越し費用
家具・家電購入費用
転居届費用

《関連公式サイト》
不動産業における社会保険等の加入について:全宅連

不動産投資に関する保険:記事まとめ 収益物件・資産管理の判断は慎重に

不動産投資は、資産形成の一つの手段として注目されています。

投資家という響きは嬉しいことかもしれませんが、不動産投資にはリスクも伴います。

そのリスクを軽減するために、保険が活用されることがあります。

金融機関から融資・借金する以上、
保険を選ぶ際は、自身のライフスタイルやリスク許容度、保障内容、保険料などを理解・考慮することが重要です。

最近は、収益物件購入価格が高騰しているため、家賃収入で不動産投資ローン返済額が賄えず、1万円・2万円程度のお金の持ち出しが発生しています。

これを保険料の支払いと意識を転換し考えられるか?

不動産投資を始める前にさまざまな検討を行うことが推奨されます。