【後悔しない家づくり】注文住宅時のハウスメーカーの選び方:失敗しない注文住宅選び!ハウスメーカーと工務店何が違うの?

【後悔しない家づくり】注文住宅時のハウスメーカーの選び方:失敗しない注文住宅選び!ハウスメーカーと工務店何が違うの? 家を建てる

注文住宅時のハウスメーカーの選び方

一生に一度のマイホーム購入。

注文住宅は、理想の住まいを叶える最高の手段ですが、同時に大きな買い物でもあります。

注文住宅時のハウスメーカー選びを間違えると、後悔やトラブルに繋がることも少なくありません。

そこで今回は、後悔しない家づくりを実現するために、注文住宅時のハウスメーカー選びのポイントを詳しく解説します。

家づくりは、あなたの人生の中でも最も重要なイベントの一つです。

「後悔しない家づくり」のために、このガイドを参考に、自分に合ったハウスメーカーを見つけて、理想の住まいを手に入れてください。

ハウスメーカー選びの基準

ハウスメーカーを選ぶ際は、その企業の実績や評判、提供するサービスの質を確認することが重要です。

理想の住まいを実現するために、デザインや機能性、予算に合ったプランの提案能力も見極めましょう。

ライフスタイルに合った間取り

ライフスタイルに合った間取りは、家族構成や個々の生活スタイルを考慮して設計されます。

例えば、現在お子さんがいる家庭では子供部屋の必要性があり、将来的に家族構成が変わる可能性にも柔軟に対応できるよう、

間取りを工夫することが重要です。

また、家事を効率よく行えるように、キッチン、洗濯室、リビングがスムーズにつながる家事動線を考えることも大切です。

さらに、十分な収納スペースを設けることで、生活空間をすっきりと保つことができます。

家族構成やライフスタイルに合わせた間取り
間取りを考える際には、現在の家族構成だけでなく、将来の変化も考慮することが重要です。

  • 家族人数
    家族の人数が多いほど、必要な部屋数や広さが増えます。
  • 子供の年齢
    小さな子供がいる場合は、遊びスペースや勉強スペースが必要となります。
  • 高齢者の同居
    高齢者が同居する場合は、バリアフリー設計や介護スペースが必要となります。
  • 趣味
    趣味のスペースが必要であれば、それを確保する必要があります。
  • ペット
    ペットを飼う場合は、ペットスペースが必要となります。
注文住宅 ハウスメーカー

注文住宅時のハウスメーカーの選び方

将来の家族構成の変化にも対応できる間取り
将来の家族構成が変化する可能性がある場合は、フレキシブルな間取りにすることで、それに対応することができます。

★間仕切りを取り外しできるようにする
★ロフトや納屋を作る
★将来、部屋を増築できるようにしておく

家事動線がスムーズな間取り
家事動線がスムーズな間取りにすることで、家事の負担を軽減することができます。

★キッチン、洗面室、洗濯室を動線上に配置する
★収納スペースを各部屋に設ける
★廊下を広く確保する

収納スペースの確保
収納スペースが不足すると、家が散らかってしまいます。
そのため、十分な収納スペースを確保することが重要です。

★各部屋に収納スペースを設ける
★クローゼットや押入れを有効活用する
★ロフトや納屋を活用する

これらの点を考慮することで、快適で機能的な住空間を実現することができます。

デザインや外観の好み

注文住宅のデザインや外観は、住む人の個性や好みを反映します。

外観のデザインは家の第一印象を決定づけるため、モダン、クラシック、カントリースタイルなど、様々なスタイルから選ぶことができます。

内装のデザインにおいては、色の選択、素材の質感、そして空間の利用方法を考慮して決めます。

使用する建材は、耐久性やメンテナンスのしやすさ、環境への影響も考慮に入れるべきです。

また、家具やインテリアとの調和を考え、全体のコーディネートに一貫性があるかどうかをチェックすることが重要です。これにより、美しく快適な住空間が実現します。

外観のデザイン
外観デザインを選ぶ際のポイント

  • 周辺の街並みとの調和
    周囲の住宅と調和した外観にすることで、街並みに馴染みます。
  • 好みのテイスト
    洋風、和モダン、北欧風など、好みのテイストを選ぶことができます。
  • 素材
    木造、鉄筋コンクリート、鉄骨造など、使用する素材によって外観の印象が変わります。
  • 機能性
    日当たりや風通し、防犯性なども考慮する必要があります。
注文住宅 ハウスメーカー選び

注文住宅 ハウスメーカー選び

内装のデザイン
内装デザインを選ぶ際のポイント

  • 好みのテイスト
    洋風、和モダン、北欧風など、好みのテイストを選ぶことができます。
  • 家族構成
    家族構成によって、必要な部屋数や広さが変わります。
  • ライフスタイル
    ライフスタイルに合わせて、家具や家電の配置を考えます。
  • 機能性
    照明や収納スペースなども考慮する必要があります。
使用したい建材
建材を選ぶ際のポイント

  • デザイン
    好みのデザインの建材を選ぶことができます。
  • 機能性
    耐久性、耐火性、防音性などの機能性を考慮する必要があります。
  • コスト
    建材の種類によって、コストが大きく変わります。
  • メンテナンス性
    お手入れがしやすい建材を選ぶ必要があります。

希望する設備や仕様

注文住宅での設備や仕様の選択は、快適さと機能性を大幅に向上させます。

キッチンには、使い勝手の良いレイアウトと最新の家電が求められます。

浴室は、リラクゼーションのための広々としたスペースと最新のアメニティを備えることが一般的です。

トイレもデザインと機能性を兼ね備えたモダンなものが選ばれます。

内装設備には、高品質な材料と仕上げが用いられ、居住者のスタイルと快適性が反映されます。

省エネ性能は、コスト削減と環境への配慮から重要視され、高断熱材や高効率の暖房冷房システムが採用されることが多いです。

耐震性能に関しては、最新の建築基準に準拠し、地震に強い構造が求められます。

キッチン
キッチンは、毎日使う場所なので、特にこだわりたいポイントです。

  • レイアウト
    I型、L型、U型など、キッチンのレイアウトを選ぶことができます。
  • ワークトップ
    人工大理石、ステンレス、御影石など、ワークトップの素材を選ぶことができます。
  • シンク
    ステンレス、人工大理石など、シンクの素材を選ぶことができます。
  • コンロ
    ガスコンロ、IHコンロなど、コンロの種類を選ぶことができます。
  • 家電
    冷蔵庫、食器洗い機、レンジフードなど、家電の種類を選ぶことができます。
  • 収納
    食器棚、パントリーなど、収納スペースの量や種類を選ぶことができます。
浴室
浴室は、リラックスできる空間であることが重要です。

  • 浴槽
    浴槽の大きさや形状、素材を選ぶことができます。
  • シャワー
    シャワーブースの種類や機能を選ぶことができます。
  • 浴設備
    追い焚き機能、浴室乾燥機、暖房機能など、浴設備を選ぶことができます。

  • タイル、フロートマイスなど、床の素材を選ぶことができます。

  • タイル、パネルなど、壁の素材を選ぶことができます。
トイレ
トイレは、快適な空間であることが重要です。

  • 便器
    ウォシュレット機能、タンク式、タンクレス式など、便器の種類を選ぶことができます。

  • タイル、フロートマイスなど、床の素材を選ぶことができます。

  • タイル、パネルなど、壁の素材を選ぶことができます。
  • 収納
    トイレットペーパーホルダー、タオル掛けなど、収納スペースを選ぶことができます。
内装設備
注文住宅では、内装設備も自由に選ぶことができます。

  • 照明
    ダウンライト、ペンダントライト、シャンデリアなど、照明の種類を選ぶことができます。
  • スイッチ・コンセプト
    スイッチの種類やデザインを選ぶことができます。

これらの要素を考慮に入れることで、安全で快適な住まいを実現できます。

予算の設定と資金計画

注文住宅の予算設定と資金計画は、計画的に進めることが重要です。

まず、土地購入費用として、希望の地域や広さに応じた市場価格を把握します。

次に、建築費用は設計や材料、工事の内容によって異なりますが、詳細な見積もりを取ることが必要です。

ローン返済額は、月々の返済が家計にどれだけの影響を与えるかを考え、長期的な支払い計画を立てます。

その他の諸経費には、登記費用や設計料、諸手数料が含まれます。

また、予期せぬ出費に備えて余裕資金も計画に含めるべきです。

土地購入費用
土地購入費用は、注文住宅全体の費用の中でも大きな割合を占めます。

土地購入費用の内訳

  • 土地代:土地の価格
  • 仲介手数料:不動産業者に支払う手数料
  • 印紙代:土地購入時に必要な税金
  • 測量費:土地の測量費用
  • 登記費用:土地の登記費用
  • その他諸経費:土地の造成費用など
ローン返済額
注文住宅を購入する場合、多くの方が住宅ローンを利用します。

住宅ローンの返済額は、借入金額、金利、返済期間によって決まり、毎月の家計に大きな影響を与えるため、慎重に検討する必要があります。

余裕資金
注文住宅を購入する場合には、必ず余裕資金を用意しておくことが重要です。

急な出費や予想外のトラブルに備えて、余裕資金を確保することをおすすめします。

★家具・家電の購入費用
★カーテン・照明などの購入費用
★引越し費用
★万が一の修繕費用

その他の諸経費
注文住宅には、上記以外にも様々な諸経費がかかります。
★火災保険料
★地震保険料
★固定資産税
★都市計画税
★家財保険料

これら全てを総合的に考慮し、資金計画を策定することで、金銭的な負担を適切に管理し、安心して家づくりを進めることができます。

注文住宅 ハウスメーカー比較

注文住宅 ハウスメーカー比較

ハウスメーカーをリサーチする

理想の住まいを叶えるための賢い選択

注文住宅は、一生に一度の大きな買い物です。

そのため、ハウスメーカー選びは慎重に行う必要があります。

後悔しない家づくりを実現するために、ハウスメーカーをリサーチする際に重要なポイントを5つご紹介します。

ハウスメーカーと工務店の違いは?

まず、ハウスメーカーと工務店の違いを理解することが重要です。

ハウスメーカー
全国展開している大手企業が多く、自社工場で部材を生産し、システム化された施工流程で家を建てます。

研究開発力やデザイン力に優れ、豊富な間取りや設備バリエーションから選ぶことができます。

またアフターサービスも充実しているのが特徴です。

工務店
地域密着型の中小企業が多く、一棟一棟丁寧に家を建てます。
ハウスメーカーに比べて柔軟な対応が可能で、予算を抑えたい場合にもおすすめです。

規模や実績を比較

ハウスメーカーの規模や実績を比較する際は、まずその企業がどのようなプロジェクトを手がけてきたか、過去の建築例や顧客のレビューを参考にします。

大手ハウスメーカーでは、全国規模で多くの家を建てているため、安定した建築品質やアフターサービスを期待できます。

一方、実績が豊富な地域の工務店では、地元の気候や文化に合わせた家づくりが可能です。

また、各社の受賞歴や認定資格を調査することも有効です。

規模の比較
ハウスメーカーの規模は、主に以下のような指標で比較できます。

  • 年間販売戸数
    年間でどれだけの住宅を販売しているかを示す指標です。
    販売戸数が多いほど、それだけ多くの経験と実績を積んでいると言えるでしょう。
  • 資本金
    企業の財務基盤の強さを示す指標です。
    資本金が多いほど、事業基盤が安定しており、アフターサービスなどの長期的な責任を果たせる可能性が高いと言えます。
  • 従業員数
    企業の規模や事業内容を示す指標です。
    従業員数が多いほど、それだけ多くのノウハウや技術力を持っていると言えるでしょう。
実績の比較
ハウスメーカーの実績は、主に以下のような指標で比較できます。

  • 創業年数
    企業の創業年数です。創業年数が長いほど、それだけ長い歴史と経験を持っていると言えるでしょう。
  • 累計販売戸数
    累計でどれだけの住宅を販売しているかを示す指標です。累計販売戸数が多いほど、それだけ多くのノウハウや技術力を持っていると言えるでしょう。
  • 受賞歴
    住宅に関する賞を受賞しているかどうかです。受賞歴があるということは、業界内での評価が高いということになります。
  • 顧客満足度
    顧客満足度調査の結果です。顧客満足度が高いということは、顧客からの信頼が厚いということになります。
規模と実績の比較方法
ハウスメーカーの規模と実績を比較する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 比較する指標を統一する
    異なる指標を比較しても意味がありません。比較する指標を統一して比較しましょう。
  • 比較する企業の状況を把握する
    企業によって事業内容や得意とする地域などが異なる場合があります。比較する企業の状況を把握した上で比較しましょう。
  • 最新の情報を確認する
    規模や実績は常に変化しています。最新の情報を確認した上で比較しましょう。
規模と実績以外の比較ポイント
規模や実績以外にも、以下のポイントを比較して自分に合ったハウスメーカーを選ぶことが重要です。

  • デザインや工法
    好きなデザインや希望する工法に対応しているかどうか
  • 価格帯
    予算に合うかどうか
  • アフターサービス
    保証内容や対応エリアなど
  • 営業担当者の対応
    誠実で親切な対応をしてくれるかどうか
規模と実績に関する情報収集
ハウスメーカーの規模と実績に関する情報は、以下の方法で収集することができます。

  • 公式ホームページ: 各ハウスメーカーの公式ホームページには、規模や実績に関する情報が掲載されています。
  • 住宅情報誌: 住宅情報誌には、ハウスメーカーの特集記事などが掲載されています。
  • 口コミサイト: 口コミサイトには、実際にハウスメーカーを利用した人の口コミが掲載されています。
  • 住宅展示場: 住宅展示場では、各ハウスメーカーの担当者から直接説明を受けることができます。

関連ページ:後悔しない注文住宅の秘訣!
失敗事例から学ぶ、理想の家づくりのための完全ガイド(口コミ・体験談)

得意なデザインや工法の確認

ハウスメーカーが得意とするデザインや工法を確認する際は、その企業が提供する建築スタイルや技術に注目します。

例えば、モダンなデザイン、伝統的な日本家屋、または省エネルギー性を重視した環境に優しい家など、特定のスタイルを得意としているかを見極めます。

工法に関しても、耐震性に優れた構造や特殊な断熱材を使用しているかなど、技術的な特徴を理解することが重要です。

デザイン

外観 和風、洋風、北欧風、モダン、シンプルなど、様々なデザインに対応しているハウスメーカーがあります。
内装 ナチュラル、北欧、モダン、シンプルなど、様々なテイストに対応しているハウスメーカーがあります。
間取り 自由度の高い間取り設計が可能なハウスメーカー、家族構成やライフスタイルに合わせた間取りを提案してくれるハウスメーカーなどがあります。

注文住宅 ハウスメーカー 工務店

工法

木造 伝統的な工法で、温かみのある空間づくりに適しています。耐震性や断熱性を高めた木造住宅も開発されています。
鉄骨造 強度が高く、開放的な空間づくりに適しています。耐火性にも優れています。
コンクリート造 耐久性が高く、防音性にも優れています。
ハイブリッド工法 木造と鉄骨造、コンクリート造などを組み合わせた工法です。
それぞれのメリットを活かした住宅づくりが可能です。

デザインや工法を選ぶ際のポイント

自分の好み 自分が好きなデザインやテイストを選ぶことが大切です。
ライフスタイル 家族構成やライフスタイルに合ったデザインや工法を選ぶことが大切です。
予算 予算に合わせて、デザインや工法を選ぶことが大切です。
性能 耐震性、断熱性、耐火性などの性能も考慮する必要があります。

価格帯

ハウスメーカーを選ぶ際には、価格帯の確認も重要な要素です。

各ハウスメーカーによって、提供する家の価格帯が異なります。

一般的に大手ハウスメーカーはシステム化された建築プロセスにより、比較的リーズナブルな価格設定が可能です。

一方、カスタマイズ性を重視する小規模な工務店やデザイナーズハウスは、個別の要望に応じた価格設定となることが多く、全体的に高価になる傾向があります。

《ハウスメーカーの価格帯》

ハウスメーカーの価格帯は、坪単価で比較することができます。
ただし、坪単価には土地代やその他諸経費が含まれていないため、あくまでも目安として考える必要があります。

価格帯別のハウスメーカーの特徴

坪単価40万円~60万円: ローコストハウスメーカー
シンプルな間取りや設備で、比較的安価に家を建てることができます。
デザインや工法にこだわりたい方には向いていない場合があります。
坪単価60万円~80万円: 中堅ハウスメーカー
ローコストハウスメーカーよりもデザインや工法にこだわることができます。
ある程度の機能性や性能も期待できます。
坪単価80万円~100万円: 大手ハウスメーカー
高品質なデザインや工法、充実した設備や仕様を選ぶことができます。
アフターサービスも充実しています。
坪単価100万円以上: 高級住宅メーカー(フルオーダー)
独自の設計やデザイン、高価な設備や仕様を選ぶことができます。
注文住宅の中でも特に高額な部類に入ります。
ハウスメーカー・工務店の平均坪単価と特徴
ハウスメーカー 平均坪単価 特徴 区分
アイ工務店 68.5万円 ミリ単位のプレカット加工
耐震等級が最高ランク
中堅
アイダ設計 57.8万円 ミリ単位のプレカット加工
狭小地での建築実績あり
ローコスト
アイフルホーム 59.3万円 フランチャイズシステム
住宅設備LIXIL住宅研究所が運営
キッズデザインが得意
ローコスト
アエラホーム 64.0万円 高気密・高断熱の家づくり
全熱交換型換気システム対応
中堅
一条工務店 89.9万円 モデルハウスが標準仕様
30年以上の耐震性実大実験
1,000万円台住宅プラン
大手
クレバリーホーム 74.1万円 外壁タイルが標準仕様
高性能フィルター付き換気システム
中堅
セキスイハイム 87.6万円 木造・鉄骨造に対応
全資材を自社工場で製造
短工期で住宅が仕上がる
ボックスラーメン構造採用
大手
鉄骨造
積水ハウス 93.0万円 木造・鉄骨造に対応
邸別自由設計
独自開発の高強度梁採用
大手
鉄骨造
フルオーダー
ダイワハウス 90.1万円 木造・鉄骨造に対応
地震の力を吸収する壁を標準仕様(鉄骨造)
WEB限定規格住宅
大手
鉄骨造
フルオーダー
パナソニック ホームズ 86.9万円 15cm単位の設計
光触媒タイル外壁
WEB限定規格住宅
大手
鉄骨造
ヘーベルハウス 93.0万円 基本躯体の耐用年数60年以上
鉄骨造に特化
独自の断熱材採用
大手
鉄骨造
ポラスグループ 74.7万円 自由設計
耐震性シミュレーション
1,000万円台住宅プラン
中堅
鉄骨造

※プラン・エリアにより異なる
参考ページ:家づくりのとびら

予算に合わせたハウスメーカー選びが、満足のいく家づくりに繋がります。

アフターサービス

ハウスメーカーを選ぶ際にアフターサービスの充実度は非常に重要です。

保証期間の長さや内容、定期的なメンテナンスの提供、小さな修理から大規模な修繕までカバーするサポートの有無を確認してください。

また、過去の顧客のフィードバックや評価を参照することで、そのハウスメーカーのアフターサービスの実態をより正確に把握することができます。

良質なアフターサービスは、長期にわたる住宅の品質を保つために不可欠です。

《アフターサービスの内容》
ハウスメーカーのアフターサービス内容は、以下のようなものがあります。

住宅保証
構造躯体や雨漏りなどの住宅本体に関する保証です。保証期間は、10年~30年程度が一般的です。
設備機器保証
キッチン、浴室、トイレなどの設備機器に関する保証です。保証期間は、1年~10年程度が一般的です。
定期点検
定期的に住宅を点検し、問題があれば修繕を行うサービスです。点検回数は、年1回~3回程度が一般的です。
相談窓口
住宅に関する疑問や悩みについて、相談できる窓口です。

複数のハウスメーカーを比較検討する

複数のハウスメーカーを比較検討する際には、

  1. まず資料請求を行い、それぞれのメーカーが提供する情報を比較します。
    各社のパンフレットやカタログなどを比較することで、それぞれの家づくりの特徴や強みを把握することができます。
  2. 次に、資料請求で興味を持ったハウスメーカーがあれば、実際にモデルハウスを見学してみましょう。
    モデルハウスでは、実際に建てられた家の中を見学することで、空間の広さや使い勝手、デザインなどを体感することができます。
  3. 営業担当者との面談では、モデルハウス見学で気に入ったハウスメーカーがあれば、営業担当者との面談を行いましょう。
    面談では、具体的な希望や予算などを伝え、プランや見積もりを作成してもらうことができます。
  4. 最後に、実際の建築費用の見積もりを取ることで、総費用とその内訳を把握し、予算内で最適な選択をするための基準を設けることができます。

複数のハウスメーカーを比較検討することは、理想の家づくりを実現するために欠かせません。

資料請求、モデルハウス見学、営業担当者との面談、見積もり取得などを慎重に行い、自分に合ったハウスメーカーを選びましょう

見積もりと契約:注意すべきポイント

見積もりと契約を進める際の注意すべきポイントには、契約内容の詳細な確認、見積もり内容の透明性、キャンセル規定の明確化が含まれます。

契約内容には、工事の範囲、使用材料、完成予定時期などが具体的に記載されているかをチェックし、不明点は事前に解消しておくことが大切です。

見積もりは詳細に分析し、隠れた追加費用がないかを確認します。

また、キャンセル規定は、万が一の事態に備えて柔軟性があるかどうかを確認し、アフターサービスと保証の範囲と期間も事前に理解しておくことが重要です。

注文住宅 ハウスメーカー 見積もり

契約内容

請負契約の内容: 請負契約書の内容をしっかりと確認しましょう。

  • 建築費用の内訳: 各項目の具体的な金額を確認しましょう。
  • 仕様: 使用する建材や設備の仕様を確認しましょう。
  • 工期: 着工日と完成日を確認しましょう。
  • 支払い条件: 支払い方法と支払い期日を確認しましょう。
  • 変更・キャンセル規定: 変更やキャンセルする場合の手順と費用を確認しましょう。
  • 瑕疵担保責任: 瑕疵が発生した場合の責任の所在を確認しましょう。
  • 損害賠償責任: 損害が発生した場合の責任の所在を確認しましょう。

これらをしっかりと把握することで、トラブルを避け、安心してプロジェクトを進めることができます。

追加費用請求のリスク

間取り・デザインばかりに目が行って
・地盤調査・地盤改良費用
・外構・庭の施工費用(フェンス、門扉、駐車場)
・防水工事(屋根やバルコニーの防水処理)
・外壁材の選定
など、細部まで決定しないと見積もり比較はできません。

ある程度、決まっただけ契約した場合、追加費用を請求される可能性、資金計画が崩れる恐れがあります。

また、曖昧な決定では、工事中の仕様変更などにより別途費用がかかる可能性もあり、これはハウスメーカーの失態とはまた別の話です。

そのため、注文住宅における契約のタイミングは、全ての項目が明確・確定してからをおすすめします。

参考ページ;注文住宅の契約のタイミング

まとめ:注文住宅時のハウスメーカー、理想の家を実現するために

理想の家を実現するためには、自身のライフスタイルに合ったハウスメーカー選びが不可欠です。

適切なハウスメーカーを見つけるには、その実績、信頼性、提供するサービスの質を評価することが重要です。

また、詳細な見積もりと透明性の高い契約を確保し、アフターサービスの充実度を確認することも忘れてはなりません。

これらを総合的に考慮し、計画的に進めることで、理想とする快適な住空間の実現が可能となります。

注文住宅・補助金の活用

家づくりの実情

家づくりにおいて、本来は、
間取り(生活導線・快適な暮らし)
デザイン(おしゃれ・機能性)
設備(システムキッチン・最新設備)
等に集中したいところです。

しかし、実際のところ
資金計画(年収の何倍まで大丈夫?)・住宅ローン融資(銀行選び・ペアローン)・金利動向(変動金利・固定金利)・スケジュール管理、そして、補助金の確認・・・。

多くの人は、この準備に時間を割かれしまいます。

この準備、一般的に”約9か月”とも言われています。

とはいえ、ここをきっちり整理しておかないと、

“人生で一番”大きな借金”を背負う家づくりで失敗”してしまうため、一歩踏み出すのに時間を要しています。

ハウスメーカーは、各社強みや工法・こだわりが違うため、同じ間取りでも、感じるイメージ費用が全然違います。

1社・2社の比較では、判断がつかず、
後々、後悔してしまうことが多々あるため、気になるハウスメーカーには、間取りプラン・見積もりを出してもらい比較することが重要です。

間取りプランを申し込んでみよう

アドバイザーに相談できる注文住宅サイトとして、
家づくりのとびら(NTTグループ)をおすすめします

 

家を建てる注文住宅注文住宅 ハウスメーカー