相続・遺産分割:相続不動産の考え方・弁護士の選び方

  • 相続における遺産分割

円満に解決できることが一番ですが、
権利が複雑な不動産が絡むと状況は一転します。

今回は、これから相続・遺産分割を行う人のために、

  • 遺産分割トラブルの原因
  • 弁護士などの専門家に依頼する前に知っておくこと

について紹介したいと思います。

相続・遺産分割における不動産トラブル

目の前に2000万円の現金があり、
これを2人で分けるふりがなということであれば、シンプルに1,000万円ずつ分割が可能です。
 
しかし、そこに家(不動産)があると話は変わります。

遺産分割における不動産トラブル

  • 売却して売却益を2等分(換価分割)
    *不動産屋選びの失敗・2人が納得できる金額で売れない。
  • どちらか一方が家に住み続けたい(代償分割)
    *家の価値が定まらない
  • 共有財産として2人で家の権利を保有したい
    *後々の処分が難しい

など様々ですが、問題の原因は1つ”お金”です。

各々のポジショントークが複雑化を招きます。

不動産売却は一般的

  • 家を売ったお金で遺産分割

不動産を売却して現金化することは、遺産分割の問題が起き難いのは間違いありません。
 

  • いくらで売るか?
  • どこに任せるか?

この辺りは、弁護士選びを間違えなければ泥沼になることはありません。

どちらかが住み続ける場合

均等に分けることが前提である遺産分割とはいえ、
 
家を売却せず、残した形で遺産分割を行う場合、誰が主導権を握るか?
 
ここに注目しなくてはなりません。

 
家を売却せず、遺産分割を行うシチュエーションとして、
簡単に書けば、

  • 長男:家 (1,000万円相当)
  • 長女:現預金等(1,000万円)

このような形で2人で分けるようなものです。
 

ただ、家の価値が本当に1000万円なのか?

  • 試算した不動産価格が本当なのか?
  • 不動産屋は長男と結託していないか?

このあたりは鵜呑みにしないほうがいいでしょう。

 

もし、私が長女の立場であれば、個人的に家の資産価値を確認するでしょう。

 

家の価値が1,500万円相当となれば、前提であるバランスが崩れます。
2500万円(家1500万円・現金1000万円):1,250万円ずつがベースになります。
 
このバランスを取るために、長男から250万円の現金を用意してもらう形になるでしょう。

  • 長男:家(1500万円相当)-250万円
  • 長女:現金(1000万円)+250万円

長女は、当初より250万円多くもらえることになります。

このあたりは、弁護士が間に入る形で調整しますが、
誰側の弁護士か?というのも少しは考えておいたほうがいいかもしれません。

遺産分割の基本

家の価値をいくらで見積るか?
 
実際に売却するわけではないので言ったのも勝ちという、後々気づいて泣き寝入りの要因にも多々なっています。

弁護士の選び方・不動産に強い弁護士とは?

お金がかかるので無理に弁護士をつける必要はありませんが、
問題の泥沼化が考えれる場合は、弁護士などの専門家も考えておいた方がいいでしょう。
 
もちろん、不動産に強い弁護士でないと意味がありません。
 
弁護士選びを間違ってしまうと

  • 有利な遺産分割が実現できない
  • あなたの見方にもならない

最悪な結果になります。
 

もう1つ、知っておかなければならないのは、
弁護士の仕事は、貴方の有利な結末を探ることではないということです。
 
早く、双方の折り合いをつけ問題を解決することだからです。

 
泥沼化なんてナンセンス・お互いの弁護士同士が結託することもあります。
 
そのため、弁護士、それもその道の猛者を味方つける方法として、
自分で見つけるのではなく大手不動産会社(三井・住友等)に査定ついでに弁護士を紹介してもらうのが近道です。

>>不動産に詳しくない人は”こちら”

最大手の安心感”すまいvalue”

住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産・三井不動産・三菱地所など
業界トップの不動産会社が立ち上げた一括査定できる唯一のサイト。
査定件数36万件以上の豊富な実績は、あなたにとって万全なサポートとなるでしょう。

スマイバリュー

>>”すまいvalue”で査定をする

家の査定

タイトルとURLをコピーしました