リースバックの注意点:リースバックのメリット・デメリットと注意点から成功・失敗事例まで徹底ガイド

リースバックの注意点:リースバックのメリット・デメリットと注意点から成功・失敗事例まで徹底ガイド リースバック

リースバック 注意点

リースバックは、自身の所有する不動産を売却し、その後も同じ物件を賃貸として借り続けることができる制度のことを指します。

これにより、自宅を手放すことなく資金を調達することが可能となります。

しかし、リースバックにはデメリットも存在します。

自宅を売却することで所有権を失うため、家賃の設定や契約内容については不動産会社の決定に従う必要があります。

また、契約更新の際には新たな条件が提示される可能性もあります。

本記事では、

  • リースバックの基本的な概念と特徴
  • リースバック契約に関する注意点
  • リースバックの売却に関する注意点
  • トラブルとその解決策
  • 成功・失敗事例と対策

そして安心してリースバックを利用するためのおすすめリースバック会社を紹介します。

リースバックを検討している方、またはすでに利用している方は是非、参考ください。

リースバックとは何か

リースバックとは、自宅を不動産会社に売却し、その後も同じ物件を賃貸として借り続けることができる制度のことを指します。

これにより、自宅を手放すことなく資金を調達することが可能となります。

《リースバックのメリット》
リースバックの最大のメリットは、自宅を売却して資金を得つつ、そのまま住み続けることができる点です。
これにより、住宅ローンの返済が困難な状況や、老後資金の確保が必要な場合などに有効な手段となります。

資金調達
自宅を売却することで一時的に大きな資金を得ることができます。
これは、急な出費が必要な場合や、老後資金の確保が必要な場合などに有効です。
住み続けることが可能
自宅を売却した後も、そのまま住み続けることができます。
引っ越しの手間や新たな住まいを探すストレスを避けることができます。
住宅ローンの返済負担の軽減
自宅を売却することで、住宅ローンの返済負担を軽減することができます。
住宅ローンの返済が困難な状況にある人にとって、大きなメリットとなります。
資産の有効活用
自宅を売却し、その資金を他の投資や生活費に活用することで、資産を有効に活用することができます。

リースバック 注意点

《リースバックのデメリット》
しかし、リースバックにはデメリットも存在します。
自宅を売却することで所有権を失うため、家賃の設定や契約内容については不動産会社の決定に従う必要があります。

所有権の喪失
自宅を売却することで、所有権を失います。
家賃の設定や契約内容については不動産会社の決定に従う必要があります。
家賃の負担
自宅を売却した後も、家賃を支払う必要があります。
一定の金額を毎月支払うことが求められます。
契約更新の条件変更
契約更新の際には新たな条件が提示される可能性があります。
家賃の上昇や契約期間の変更など、予期しない変更が発生する可能性があります。
退去時の費用
契約終了時には、原状回復費用などの退去時の費用が発生します。
退去時に一時的な出費が必要となります。

リースバックの売却に関する注意点

リースバックを行う際には、自宅の適正な売却価格と家賃を把握することが重要です。

適正価格を下回る売却価格や、市場価格を大きく上回る家賃設定は避けるべきです。

また、売却価格と家賃のバランスも重要で、売却価格が高すぎても家賃が高すぎてもリースバックのメリットを享受することが難しくなります。

おすすめのリースバック会社

リースバックは、

  • 売却(買取)
  • 賃貸

を同時に契約する流れですから、

  • 高額買取を実現してくれる不動産会社
  • 賃貸に強みのある不動産会社

両方の強みのある不動産会社である必要があります。

そのため、リースバック会社選びもそれなりの注意点があります。

《信頼できる不動産会社の選び方》
リースバックを成功させるためには、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。
不動産会社の実績や評判を確認し、複数の不動産会社と相談することをオススメします。

《複数の不動産会社との相談》
一つの不動産会社だけに依存せず、複数の不動産会社と相談することで、より適切な判断が可能となります。
各社の提案を比較検討し、自身の状況に最適な提案を選びましょう。

セゾンのリースバック

スピーディーな現金化、老後資金確保や相続資産整理などにクレディセゾングループの安心感。
株式会社セゾンファンデックスが運営する自宅を売却して現金化しつつ、売却後も賃貸契約で住み続けることができるリースバックサービス。
リースバック 注意点 わかりやすく

  • 老後資金:余裕のある老後生活を安心しておくりたい
  • 相続対策:生前の相続対策をしたい
  • ローン返済:毎月の支払いを軽くしたい
  • 事業資金:自宅兼事務所で事業を続けたい
  • 買い替え:買い替えをしたいが住宅ローンが残っている
  • 教育費:大学の学費を捻出
  • 財産分与:離婚後も自宅に住み続ける

など、様々な用途に活用されています。
 

  • 株式会社セゾンファンデックス
  • 〒170-6037 東京都豊島区東池袋三丁目1番1号 サンシャイン60 37階
  • 事業内容
    融資事業(無担保・不動産担保)・不動産金融事業・ソリューション事業・信用保証事業(不動産担保)
  • 登録番号
    貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00897号
    宅地建物取引業者免許証番号 国土交通大臣(1)第9536号
  • 加盟団体
    日本貸金業協会・株式会社 日本信用情報機構・一般社団法人 日本クレジット協会・一般社団法人 全国事業者金融協会・一般社団法人 全国住宅産業協会

リースバック 注意点する点
>>セゾンのリースバック公式サイトはコチラ

いえカツLIFE

なるべく早く売りたい!高く売りたい!
いえカツLIFEは、
株式会社 サムライ・アドウェイズ(東京証券取引所プライム市場:証券コード2489)が運営する一括査定サイトの中でも、①仲介/②買取/③リースバックの売却査定が可能です。
リースバック 注意点する箇所
☑ 仲介の最高値のチャレンジ査定額
☑ 買取の最短売却可能価格と売却時期
☑ リースバックの売却額とそのまま同物件に住み続ける賃料等、
家の価値を売却方法ごとにも比較検討することが可能です。
 

相続・離婚・金銭問題(住宅ローン難)等に強く、無料の弁護士相談の利用も可能です。
  • 株式会社 サムライ・アドウェイズ
  • 〒160-6138
    東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー38階
  • 事業内容
    インターネット(PC)メディア開発・運営事業・広告代理業務

リースバックの注意点
>>いえカツLIFEのリースバック査定はコチラ

家まもルーノ

家まもルーノは、
株式会社応援宣言が運営するリースバック専門コンシェルジュのおすすめ一括査定サイトです。
リースバック 注意点 仕組み
☑登録している100社以上の不動産業者に一斉査定
☑コンシェルジュが希望にあった不動産業者を選定
あなたの代わりに最適な買い手を見つけてくれます。
 

  • 株式会社応援宣言
  • 〒150-0002
    東京都渋谷区渋谷2-14-13岡崎ビル8F
  • 事業内容
    売買不動産の仲介・賃貸不動産の仲介および管理業務・投資用不動産流通事業・リフォーム・リノベーション事業
  • 免許番号
    東京都知事(1)第98319号
  • 加盟団体
    公益社団法人全日本不動産協会

参考ページ:おすすめのリースバック業者比較

安心してリースバックを利用するために

大手リースバック業者を選ぶ理由
リースバックを利用する際には、大手のリースバック業者を選ぶことが推奨されます。
大手業者は実績が豊富であり、契約内容やサービスの質についても信頼性が高いためです。

複数社の買い戻し価格の比較
また、複数のリースバック業者から買い戻し価格を提示してもらい、それらを比較することも重要です。
これにより、自宅の適正な売却価格を把握し、最適な業者を選ぶことができます。

信頼できる不動産業者との連携
信頼できる不動産業者との連携も、リースバックを成功させるための重要な要素です。
不動産業者は市場の動向や価格情報を把握しており、適切な売却価格や家賃の設定、契約内容の確認など、リースバックに関する様々なサポートを提供してくれます。

家の買い戻し希望に応じたプラン
また、将来的に自宅を買い戻したいと考えている場合は、その希望に応じたプランを提供してくれる不動産業者を選ぶことも一つの方法です。
このようなプランを提供している業者を選ぶことで、自身の希望に最も近い形でリースバックを利用することが可能となります。

仲介での売却・不動産会社による買取の検討も

リースバックは自宅を売却する一つの手段ですが、
通常の仲介による不動産売却より安く買い叩かれるため、注意が必要です。

そのため

  • 仲介での売却
  • 不動産会社による買取

といった方法も検討したいところです。

これらの方法も含めて検討し、自身の状況に最適な方法を選択することが求められます。

【SRE不動産】
ソニーグループ:SREホールディングス株式会社(SRE Holdings Corporation)が運営する不動産テック事業者です。
ハウスリースバック 注意点
”AI”を活用した価格査定を採用しているおすすめの不動産査定サイトです。

業界最高水準の精度を誇るAIが、人間では処理できないほどの大量なデータや様々な条件から売却の推定価格を算出しています。

【首都圏限定】プロの不動産エージェント確保から現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、エリア拡大中です。
ソニーグループのSRE不動産のAI査定なら
不動産会社の人が自宅に来ることなく”簡単に査定可能”です。
ハウス リースバック 怪しい注意
>>詳細はこちら

【イエウール】
おすすめ一括不動産査定サイトならイエウール
ハウスリースバック 後悔

  • 登録不動産会社:1600社
  • 月間1万人の査定実績
  • 全国47都道府県対応

ライン:Line感覚で登録が簡単な一括不動産査定サイト:イエウール。
査定物件:マンション(一室)・一戸建て・土地・一棟マンション・一棟ビル・区分所有ビル・一棟アパート・店舗・工場・農地・その他
*東京証券取引所スタンダード市場上場(株式会社Speee)が運営
>>公式サイトはこちら

参考ページ:リースバックの買戻し、メリット・デメリット

リースバックの”賃貸契約”に関する注意点

リースバックの賃貸契約には主に

  • 「普通借家契約」
  • 「定期借家契約」

の2種類があります。

それぞれの契約形態にはメリットとデメリットがあり、自身の生活状況や将来的な計画に合わせて選択することが重要です。

普通借家契約
普通借家契約は、契約期間の終了後も更新が可能な契約形態です。
しかし、更新の際には家賃の上昇や契約内容の変更が行われる可能性があります。
定期借家契約
定期借家契約は、契約期間が終了すると同時に契約が終了する形態です。
契約期間中は家賃の変動がないため安定感がありますが、契約終了後の住まいについては別途考える必要があります。

リースバックの契約を結ぶ際には、契約内容を十分に確認することが重要です。
特に、

  • 家賃の設定
  • 原状回復責任
  • 契約更新の条件

などについては、後のトラブルを避けるためにも詳細に確認しましょう。

  • 家賃の設定
    家賃はリースバックの重要な要素であり、自身の生活費とのバランスを考慮しながら適切な金額を設定することが求められます。
    また、家賃が市場価格と比較して適正であるかどうかも確認しましょう。
  • 原状回復責任
    原状回復責任は、退去時に物件を契約開始時の状態に戻す責任のことを指します。
    リースバックの場合、自宅を売却しているため、この責任がどの程度発生するのかを契約時に確認することが重要です。
  • 契約更新の条件
    契約更新の条件は、契約期間終了後に契約を続けるための条件です。
    更新料が発生するのか、家賃が上昇するのかなど、具体的な条件を確認しておくことが求められます。

参考ページ:リースバックの定期借家契約

 

【リースバックで発生するトラブルと解決策】

家賃の未払いトラブル
リースバックでは、自宅を売却した後も家賃を支払う必要があります。
しかし、家賃の未払いが発生すると、契約解除や退去を求められる可能性があります。
家賃の支払いを確実に行うための計画を立て、家賃の未払いトラブルを避けましょう。

契約更新の問題
契約更新時には、新たな条件が提示される可能性があります。
家賃の上昇や契約内容の変更など、更新条件に納得できない場合は、契約を更新しない選択もあります。
しかし、その場合は新たな住まいを探す必要がありますので、契約更新の条件には十分注意しましょう。

退去に関するトラブル
リースバックの契約が終了した際や、契約違反があった場合など、退去を求められることがあります。
退去には様々な費用が発生しますので、退去に関するトラブルを避けるためにも、契約内容を十分に理解し、必要な費用を確保しておくことが重要です。

退去の拒否
契約が終了したにも関わらず退去を拒否すると、訴訟を起こされる可能性があります。
また、退去を拒否した場合、信用情報に影響が出る可能性もあります。

退去時の費用負担
退去時には、原状回復費用や清掃費用など、様々な費用が発生します。
これらの費用を予め確認し、必要な費用を確保しておくことが重要です。

参考ページ:不動産リースバックはデメリットだらけ?
リースバックのトラブル

リースバックの成功・失敗事例と注意点と対策

リースバックは、即現金が必要な方にとって有効なビジネスモデルです。

自宅を売却して資金を得つつ、そのまま住み続けることができたことで、住宅ローンの返済が困難な状況や老後資金の確保が必要な場合などに有効な手段となった成功談がある一方、失敗例も目にします。

リースバックの失敗事例としては、
家賃の未払いによる契約解除や契約更新時の条件変更によるトラブルなどがあります。

これらの事例から学ぶべきは、リースバックの契約を結ぶ際には、契約内容を十分に理解し、自身の生活状況や将来的な計画に合わせて適切な選択をすることが重要であるということです。

《トラブルを回避するための注意点》
リースバックのトラブルを回避するためには、以下の点に注意することが重要です。

  • 自宅の適正な売却価格と家賃を把握する
  • 契約内容を十分に理解する
  • 家賃の支払いを確実に行う
  • 退去に関する費用を確保する

これら注意点を押さえリースバックを利用することで、自宅を売却しつつもそのまま住み続けるというメリットを享受することが可能となります。

リースバックを行った方の口コミ・体験談

リースバックを活用している方は、

  • 老後の資金を確保するための高齢者
  • 即キャッシュが必要な企業経営者
  • 家を売りたいけど引越ししたくない方

老若男女問いません。

そこで気になるのは、実際にリースバックを活用した人の口コミや体験談だと思います。

注意する点の多いリースバックですから成功談・失敗体験談も多々目にします。

そこで、インターネットやSNSから体験談・口コミを紹介します。

リースバック 注意する罠

自身の所有する一戸建てをリースバックすることで、住宅ローンの返済負担を軽減しました。
自宅の売却価格と家賃を事前に複数の不動産会社から見積もりを取り、最も条件が良かった会社と契約しました。
その結果、家賃は売却価格を元に算出された適正な金額で、自身の生活費にも余裕が生まれました。
しかし、契約更新時に家賃が上昇する可能性があるため、その点は注意が必要ですね

リースバック 口コミに注意

リースバックを利用して自宅を売却し、そのまま住み続けることを選択しました。
しかし、契約内容を十分に理解していなかったため、契約更新時に家賃が上昇し、生活費に影響が出るという問題が発生しました。
また、退去時には原状回復費用が発生し、その費用を予め確保していなかったため、経済的な負担が増えました。
リースバックを利用する際には契約内容を十分に理解し、必要な費用を確保しておくことが重要だと感じました。

リースバック 体験談に注意

リースバックを利用して自宅を売却し、そのまま住み続けることを選択しました。
しかし、自宅を売却した後も家賃を支払う必要があり、その家賃の支払いが困難になったため、契約解除となりました。
その結果、新たな住まいを探す必要が生じ、大きなストレスとなりました。
リースバックを利用する際には、家賃の支払いを確実に行うための計画を立てることも重要です。

関連公式サイト
住宅のリースバックに関するガイドブック:国土交通省

よくある質問やQ&A

リースバックのメリットとデメリットは何ですか?

A1. リースバックのメリットは、自宅を売却して資金を得つつ、そのまま住み続けることができる点です。
これにより、住宅ローンの返済が困難な状況や、老後資金の確保が必要な場合などに有効な手段となります。
一方、デメリットとしては、自宅を売却することで所有権を失うため、家賃の設定や契約内容については不動産会社の決定に従う必要があります。
また、契約更新の際には新たな条件が提示される可能性もあります。

リースバックの契約を結ぶ際に注意すべき点は何ですか?

A2. リースバックの契約を結ぶ際には、契約内容を十分に理解することが重要です。
具体的には、家賃の設定、契約更新の条件、退去に関する費用など、契約に関する全ての内容を把握し、自身の生活状況や将来的な計画に合わせて適切な選択をすることが求められます。

リースバックのトラブルを避けるためにはどうすればいいですか?

A3. リースバックのトラブルを避けるためには、以下の点に注意することが重要です。

  • 自宅の適正な売却価格と家賃を把握する
  • 契約内容を十分に理解する
  • 家賃の支払いを確実に行う
  • 退去に関する費用を確保する

これらの注意点を押さえ、リースバックを利用することで、自宅を売却しつつもそのまま住み続けるというメリットを享受することが可能となります。

リースバックの成功事例と失敗事例は何ですか?

A4. リースバックの成功事例としては、自宅を売却して資金を得つつ、そのまま住み続けることができたケースがあります。
この場合、住宅ローンの返済が困難な状況や、老後資金の確保が必要な場合などに有効な手段となりました。
一方、失敗事例としては、家賃の未払いによる契約解除や、契約更新時の条件変更によるトラブルなどがあります。
これらの事例から学ぶべきは、リースバックの契約を結ぶ際には、契約内容を十分に理解し、自身の生活状況や将来的な計画に合わせて適切な選択をすることが重要であるということです。

リースバックを利用する際に信頼できる不動産業者を選ぶためのポイントは何ですか?

A5. リースバックを利用する際に信頼できる不動産業者を選ぶためのポイントは、以下の3つです。

  • 不動産業者の実績や評判を確認する
  • 複数の不動産業者から見積もりを取り、条件を比較する
  • 自身の希望に最も近いサービスを提供している業者を選ぶ

これらのポイントを押さえることで、リースバックを安心して利用することが可能となります。

リースバックの注意点:まとめ

リースバックは、自宅を売却しつつもそのまま住み続けることができるというメリットを享受することが可能な制度です。

しかし、その利用には様々な注意点が存在します。

契約内容の確認、適正な売却価格と家賃の把握、信頼できる不動産会社の選び方など、リースバックを利用する際には多くのポイントを押さえる必要があります。

また、リースバックにはデメリットも存在します。

自宅を売却することで所有権を失うため、家賃の設定や契約内容については不動産会社の決定に従う必要があります。

また、契約更新の際には新たな条件が提示される可能性もあります。

本記事を参考に、リースバックを利用する際の注意点を押さえ、自身の生活状況や将来的な計画に最適な選択をすることをお勧めします。

リースバックは一見魅力的な制度ですが、その利用には様々な注意点が存在します。

これらの注意点を理解し、適切な判断を行うことで、リースバックを最大限に活用することが可能となります。

≪告知:リースバック業者様へ≫
リースバック業者として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)