リースバック大手業者の特徴から契約時の注意点まで詳細ガイド、おすすめプラン徹底解説

リースバック大手業者の特徴から契約時の注意点まで詳細ガイド、おすすめプランの徹底解説 リースバック

リースバック 大手

リースバックは、不動産を売却し、同時に賃貸借契約を結ぶ手法で、近年注目されています。

この方法により、不動産を保有したまま現金化が可能で、資金調達や資産運用に利用されています。

しかし、リースバックには多岐にわたる要素があり、業者選びから契約内容、利用のメリット・デメリットまで、様々な点を考慮する必要があります。

この記事では、リースバックの基本から大手業者の特徴、注意点、今後の展望など、幅広く解説します。

《リースバックの仕組み》

リースバックは、不動産の所有者が物件を売却(不動産会社の買取)し、同時に新しい賃貸借契約を結ぶ手法です。

  1. 売却
    所有者は不動産を業者に売却します。
    この際、売却価格が現金として支払われます。
  2. 賃貸借契約
    売却後、同じ物件を業者から賃貸します。
    賃料や契約期間などは新たに取り決めます。
  3. 利用目的
    現金化により資金調達や資産運用が可能で、自宅や事業用不動産の有効活用が期待できます。

対象物件
マンション、戸建て、事業用不動産など、多岐にわたる物件がリースバックの対象となります。

リースバック:大手業者の特徴

リースバックは、

  • 不動産を売却
  • 賃貸借契約

を同時に行うプロセスです。

このプロセスをスムーズに進めるために、
安心してお願いできる不動産会社である必要があります。

だからこそ、大手業者に依頼することが推奨されている側面があります。

信頼性
大手業者は、長い実績と高い評判を持っています。
リースバックは複雑な契約が絡むため、信頼できる業者との取引が安心感をもたらします。
資金力
大手業者はしっかりとした資金基盤を持っているため、売却価格の即日支払いなど、柔軟な対応が可能です。

資金調達の速さが求められる場合に特に重要です。

専門的なサポート
大手業者は、リースバックに特化した専門の担当者を持っており、契約のプロセスや法的な問題など、専門的なサポートが受けられます。
多岐にわたるプラン提供
豊富なプランとオプションが用意されており、個人のニーズや要望に合わせた最適なプランを提案してくれます。
全国対応
大手業者は全国規模でサービスを提供していることが多く、地域に応じた最適なサービスが受けられます。
アフターサポート
契約後のトラブルや相談にも対応してくれる体制が整っているため、長期間にわたって安心して利用することができます。

リースバック 大手

リースバックのメリットとデメリット:大手と中小

リースバックは、資産の有効活用や資金調達に非常に便利な手法ですが、契約の複雑さや法的な側面もあるため、専門的な知識と経験が求められます。

メリットとデメリットをしっかり理解し、自身のニーズに合った業者と契約することが重要です。

【リースバックのメリット】

資産の有効活用

  • 現金化: 不動産を売却することで、資産を現金化できます。
    資金調達や投資に活用することが可能です。
柔軟な契約

  • 多岐のプラン: さまざまなプランが用意されており、個人のニーズに合わせた契約が可能です。
  • 契約期間の調整: 契約期間を自由に設定できるため、将来のライフプランに合わせた契約が組めます。
老後の資金計画

  • 老後の安心: 資産を現金化し、賃料収入も得られるため、老後の資金計画に役立ちます。
  • 相続対策: 資産の有効活用により、相続対策・生前贈与などの資産管理が行いやすくなります。
大手業者との取引

  • 信頼性: 大手業者との取引により、信頼性が高く、安心して契約が進められます。
  • 専門的サポート: 専門の担当者がサポートするため、契約のプロセスがスムーズです。

【リースバックのデメリット】

契約の複雑さ

  • 法的な規制: 契約には法的な規制がある場合があります。
    専門家との相談が必要な場合もあります。
  • 契約内容の確認: 売却価格、賃料、契約期間など、契約内容をしっかり確認する必要があります。
長期的な視点

  • 将来的なプラン: 契約後の生活設計や資金計画など、将来的な視点からも契約を検討する必要があります。
  • 物件の状態: 物件の状態や価値の変動により、将来的に契約内容の見直しが必要になる場合があります。
業者選びの重要性

  • 業者の信頼性: 信頼できる業者を選ぶことが重要です。
    評判や実績を確認する必要があります。
その他のリスク

  • 市場価格の変動: 不動産市場の価格変動により、売却価格や賃料が変動するリスクがあります。
  • トラブル対応: 契約後のトラブルに対応するための体制や保証が必要になる場合があります。

参考ページ
リースバックのトラブル
リースバック詐欺・騙された

リースバック おすすめ大手業者

リースバックサービスを提供している不動産会社は、沢山あります。

大手から中小、またリースバック専門業者まで様々です。

その中から、おすすめ大手業者を紹介します。

《セゾンのリースバック》
リースバック リース会社

セゾンのリースバックは、クレディセゾングループの一員として、多岐にわたる金融サービスを提供しています。

  • 最短即日見積り
  • 最短2週間でご契約
  • 普通賃貸借契約で長く住み続けられる

>>公式サイトはコチラ

《SBIスマイル》
リースバック 大手 6 社
SBIは、オンライン金融サービスの先駆者として知られ、多岐にわたる金融サービスを展開しています。

  • シニアが魅力を感じるリースバックNo.1
  • 最短一週間で現金化
  • 家賃が相場よりも安い
  • 仲介手数料・事務手数料0円
  • 敷金・礼金・更新料0円
  • 一級建築士による建物検査

>>公式サイトはコチラ

《センチュリー21》
リースバック 大手 おすすめ
センチュリー21は、世界中で展開する不動産仲介のフランチャイズチェーンです。

  • 老後の生活資金確保に
  • 住宅ローンの解消に
  • 事業資金の調達に
  • 急な相続対策に
  • 設備投資に

>>公式サイトはコチラ

《いえカツLIFE》
リースバック 大手 どこ
株式会社 サムライ・アドウェイズ(東京証券取引所プライム市場:証券コード2489)が運営する一括査定サイトの中でも、仲介/買取/リースバックの売却査定が可能です。

  • 相続、離婚、金銭問題の専門分野満足度
  • 弁護士への無料相談も可能
  • たった一手間で3つの売却方法査定が凄い

>>公式サイトはコチラ

参考ページ:リースバックの定期借家契約・普通借家契約

《リースバックのプランとサービス》
最短期間での現金化や、柔軟な契約期間など、おすすめのプランが各業者から提供されています。

  • 即日現金化プラン: 売却後、即日で現金化が可能なプラン。資金調達が急を要する場合に適しています。
  • 長期賃貸借プラン: 長期間の賃貸借契約が可能なプラン。安定した賃料収入を求める方におすすめです。
  • 柔軟な契約プラン: 賃料や契約期間など、条件を柔軟に設定できるプラン。個人のニーズに合わせた契約が可能です。
  • 高齢者向けプラン: 高齢者のライフプラン

また、無料査定、相談サポート、一括査定サイトなど、利用者に合わせたサービスも提供されています。

  • 相談サポート: 専門の担当者がリースバックのプロセスを詳しく説明し、相談に応じてくれます。
  • 無料査定: 物件の価値の確認、基本的に無料で査定が行えます。
  • 一括査定サイト: 複数の業者から査定を受け、比較することができるサイトの提供。
  • 全国対応:大手の強み、 全国どこでもサービスを提供しています。
  • アフターサポート: 契約後のトラブル対応や相談にものってくれます。
買取価格は物件の特徴や業者の評判によって変動します。
条件も業者ごとに異なるため、比較検討が重要です。

トラブル事例と対処法

リースバックでトラブルを避けるためには、業者選びや契約内容の確認が重要です。
事前に相場を調べるなどの対策が求められます。

業者の信頼性: 業者の実績や評判を確認し、信頼性が高い業者を選ぶことが重要です。
契約内容の確認: 売却価格、賃料、契約期間など、契約内容をしっかり確認しましょう。
敷金・保証料: 新しい賃貸借契約に伴う敷金や保証料などの初期費用を確認します。
法的な規制: 契約には法的な規制がある場合があるため、専門家と相談することも検討しましょう。
将来的なプラン: 契約後の生活設計や資金計画など、将来的な視点からも契約を検討することが重要です。
 

リースバックの大手不動産のサービス内容

リースバックのサービスは、不動産の売却から賃貸借契約の締結、さらにはアフターサポートまで、一貫したサービスが提供されます。
物件の価値を維持しながら、資産を有効活用することができるため、多くの人々に利用されています。

不動産の売却

  • 査定: 専門の査定士が物件を訪問し、物件の価値を正確に査定します。物件の立地、築年数、物件の状態などが査定の基準となります。
  • 売却価格の提示: 査定結果を基に、業者から売却価格が提示されます。市場の動向や物件の特性を考慮した価格が提案されます。
  • 契約: 価格や条件に納得した場合、売買契約を結びます。契約内容や手続きに関する詳細な説明が行われます。

賃貸借契約の締結

  • 賃貸条件の提示: 売却後、物件を賃貸する条件が提示されます。賃料、契約期間、更新条件などが明示されます。
  • 契約締結: 賃貸条件に納得した場合、賃貸借契約を結びます。契約内容や手続きに関する詳細な説明が行われます。

アフターサポート

  • 定期的な物件チェック: 契約後も物件の状態を定期的にチェックし、必要な修繕やメンテナンスの提案が行われます。
  • 相談窓口の提供: 契約後のトラブルや疑問に対応する専門の相談窓口が提供されます。契約内容の確認や更新時の相談など、様々なサポートが受けられます。

その他のサービス

  • リフォーム提案: 物件の価値向上や快適な生活のためのリフォーム提案が行われることもあります。
  • 資産運用の相談: 売却によって得た資金の運用方法に関する相談や提案が行われることもあります。

《リースバックコラム》

小見出し: 賃貸借期間と更新
賃貸借期間や更新の条件も重要なポイントです。自分のライフプランに合った契約を選ぶことが大切です。
老後のリースバック活用
老後資金の確保や住まいの選び方など、高齢者にとってのリースバックの活用方法を解説します。
リースバックの今後の展望
2023年の市場動向
2023年のリースバック市場は、さらなる成長が予想されます。新しいサービスや業者の参入も期待されています。
テクノロジーの活用
AIや最新の技術を活用した査定や契約プロセスなど、今後の展開が検討されています。
地域密着型のサービス展開
地域に密着したサービス展開や、地方エリアでの取り組みも増えてきています。

よくある質問・Q&A

リースバックの資金調達は?

 リースバックは資金調達の一つの手段として利用されます。買取金額や契約内容によって変動します。

家賃設定のポイントは?

 家賃設定は物件の特徴や市場価格、業者の方針によって決定されます。

リースバックのリスクは?

 リースバックには契約違反やトラブルのリスクがあります。信頼性の高い業者選びが重要です。

一括査定サイトの利用は?

 一括査定サイトを利用することで、複数の業者から見積もりを取得し、比較することが可能です。

リースバック 大手:まとめ

リースバックは、不動産の売却と賃貸借を組み合わせた複雑な手法ですが、その利用価値は高いものがあります。

大手から地域密着型の業者まで、多岐にわたる選択肢が存在し、自分のニーズに合ったサービスを見つけることが可能です。

しかし、契約内容や業者の信頼性など、慎重に検討するべき点も多いため、情報収集と比較検討が欠かせません。

今後の市場動向やテクノロジーの進展も注目される中、リースバックの活用は今後も増えると予想されます。資産の有効活用や資金調達の一つの選択肢として、リースバックの検討をおすすめします。

参考ページ:リースバックの買戻し、メリット・デメリット

≪告知:リースバック業者様へ≫
大手のリースバック業者として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)
 

参考ページ:おすすめのリースバック会社