株式会社レフトハウジングの評判・口コミ:全国対応!地盤沈下修正工事のプロ、家の傾き・液状化・地盤沈下、現地調査なら

レフトハウジングの評判・口コミ:家が傾いている・液状化・地盤沈下・軟弱地盤修正工事・現地調査ならレフトハウジング レフトハウジング

レフトハウジング

レフトハウジングの事業内容・基本情報 家の傾きを直したい方・地震による地盤沈下・液状化の現地調査

今回紹介するレフトハウジングは、

  • 軟弱地盤による家の傾き
  • 地震による液状化
  • 地殻変動による地盤沈下

など資産価値を大きく下げる事象に対して、現地調査、工事・施工を行ってくれます。

本記事は、レフトハウジングの強み・特徴、活用するメリット・デメリット、利用者の口コミ評判、またよくある質問・気になる情報まで徹底解説します。

液状化・地盤沈下・軟弱地盤修正工事ならレフトハウジング

【お問い合わせは簡単】

  1. 公式サイトの↓のボタンをクリック
    レフトハウジング 迷惑電話
  2. お問い合わせフォームに記述し送信するだけ
    レフトハウジング メール相談
  3. 後日、担当者から問い合わせ内容の返信が届きます。

≪こんな方におすすめ≫
★傾いた家の診断をして欲しい方
★低コストで傾き修理・補修をして欲しい方
★震災工事に対応している会社を探している方
>>問題は”プロ”に見てもらうのが一番です
無料現地調査と見積もりで問題を確認
全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)

*放っておくと、100万単位の修理に及ぶ可能性があるため、このタイミングで無料調査・お見積りをおすすめします。

レフトハウジングとは

「マンションは管理を買え」と言われます。

日々の管理が20年後・30年後のマンションを形成します。

計画的な大規模修繕工事、設備の保守・管理で、マンションの骨組み部分のメンテナンスを行っていきます。

併せて、

  • 掃除の行き届いたマンション
  • ゴミ置き場、ごみ分別の徹底

は住民のモラルを高め、住みやすいマンションを形成します。
モラルの低いマンションは、住民問題・近隣トラブルがたえません

一軒家のメンテナンス

一軒家も同様に定期的なメンテナンスが必要です。

  • 外壁のチェックでシーリングの打ち替え(継ぎ目やひび割)、外壁塗装
  • 屋根のチェックで、瓦、防水、トタン屋根の交換、雨どいの修理
  • 室内であれば、クロスの張替え
  • 水回りの点検・水漏れ修理(お風呂・トイレ・洗面所・キッチン)
  • その他、床(フローリング)や給湯器、その他設備

ある程度、修理や点検の周期が決まっています。

しかし、レフトハウジングが行っている液状化や地盤沈下や軟弱地盤の調査・工事は、

家の構造的部分である地盤を軸としたもので、基本的に想定外(地震・劣化・先天的なもの)の事象と言っていいでしょう。

レフトハウジングの強み

  • 床に置いたボールがコロコロ部屋の隅に転がっていった。
  • ドアがきちんと閉まらない・隙間からヒューヒューと風が入ってくる
  • 水はけが悪くなった
  • 床のきしむ音が気になるようになった
  • クロス・外壁のヒビ割れが、大きくなっている
  • 平衡へいこう感覚取れない気がする
  • サッシや玄関のカギがかかりにくくなった

など、新築の時は気づかなかったことが急に起きることは少なくありません。

最近の日本の家の建築の基礎も含めて基本的にしっかりしています。

しかし、地盤は各地各々ですし、
築40年の家、それも木造となればそれなりの問題が出てくるのは避けないことです。

また、地盤が段丘(台地)・扇状地・自然堤防・海岸砂州・丘陵地など、どこに建っているかで地盤のリスクも変わってきます。

レフトハウジングの強みは、
殊時な地盤の把握はもちろん、高精度の調査、そして低コスト化に向けた提案です。

起きている問題に対して

  • どう対処すればいいのか?
  • ほかに問題はないか?
  • 今後起きる可能性まで対処できるか?

最初の測量と診断によって作成される「施工計画」がこれです。

そもそも、家の傾き修正工事は特殊な土木工事のため、すべての土木業者、誰もが行える工事ではありません。

レフトハウジングは、
最新のレーザーを使用した精密な測量と診断、適切な施工計画書とコスト面を考慮した見積もりを無料で行ってくれます。

>>詳細はコチラ

レフトハウジングの実績

レフトハウジングの高い技術力は、大手建設会社や行政からもお墨付きです。
・リフォーム会社
・不動産会社
・建設会社
・ハウスメーカー
・行政
など、再沈下の可能性がほとんどない工法で修正工事、地盤改良工事を行い、

  1. 高い満足度
  2. 低コスト化の実現
  3. 10年保証

地盤沈下修正事業の技術者として一級土木施工管理技士の資格を持つ人(一級土木施工管理技士、一級建築士試験に合格し、国土交通大臣の免許を受けた者が工事監理等の業務)が施工計画を立て工事を行うなど個人だけでなく企業・行政(公共事業)からも支持されています。

行政やリフォーム会社・建設会社・ハウスメーカー等から直接、工事依頼を受けているため、営業コスト(広告・人件費)がかかっていないため、その分、低コストで質の高い工事の提供が実現しています。

家の傾き工事

レフトハウジングの工事は庭からの工程が多く、工事中も電気・ガス・水道は問題なく使えるので、仮住まいや一時的な引越しの必要がなく住んだまま、普段通りの生活が送れます。

また今までの実績を重ねて得られた技術、当たらな技術開発・企業努力によって、
以前と比べ音が小さい機材を使用しているため、近隣への騒音被害も最小限に抑えることが可能です。

>>無料現地調査と見積もりで問題を確認

レフトハウジングの口コミ・評判 利用者・お客様の声ををご紹介

レフトハウジングについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

公式サイトに実際の工事・調査内容が体験談・口コミとともにが掲載されていたのでご紹介します。

 

レフトハウジングの口コミ

私達夫婦は結婚3年目に子供に恵まれ、それを期に新築で家を建てました。
自分たちも間取りなどの設計に参加し、とても満足のいく家が完成しました。
 
しかし、建てて半年も経たないうちに東日本大震災による震度6強の揺れを受けてしまい、大きく家が傾いてしまいました。
家具が転倒するぐらいで、幸いにも家族に怪我はありませんでしたが、玄関ポーチはボロボロで、ベランダも歪んでいますし、開けられない窓もいくつかありました。
35年の住宅ローンを組んだばかりでしたので、今後のことを考えると目の前が真っ暗になりました。
 
家の傾きは我慢するしかないと思って生活していましたが、常に倦怠感があり、吐き気を感じたり、廊下を歩いているとふらついたりすることもありました。
日中は仕事に出ている夫も、「帰宅して階段を登るとめまいがする」と言います。
子供もまだ生まれたばかりですので、「平衡感覚がおかしいまま成長し、まっすぐ歩けなくなるかもしれない」と考えるととても不安になり、市の窓口に相談に行きました。
 
窓口で、建て替えまでしなくても現在は家の傾きを直す技術も確立されている、という話を聞き、すぐにインターネットで検索してレフトハウジングさんを見つけました。
レフトハウジング 口コミ
 
工事については私のすることはほとんどなく、近所の挨拶も担当者さんが全てやってくれましたし、私は子供の世話に専念することができたので気楽に過ごすことができました。
 
傾きが直ってからは吐き気もふらつきもありませんし、なにより子供への悪影響を心配しなくていいのは気が休まります。
一体あの心配は何だったのかと思うほど悩みがすっかりとなくなっていて、霧が晴れたようにすがすがしい生活が送れています。

 

 

レフトハウジングの評判

我が家は木造の一戸建てで、もうすぐ築30年になります。
かなりしっかりと建ててくれてたようで、この30年近くの間に大規模な修繕が必要になることはありませんでした。

ただ最近になって、裏の用水路に向かって家が傾いていることが分かりました。

家の傾きに気づいたきっかけは、妻が炊事をしている姿勢に違和感を感じたことでした。
妻は「キッチンに立っていると左足だけが痛くなるので、いろいろ姿勢を変えている」と言うのです。
 
最近は私にも足の痛みや体調不良があったのですが、年齢のせいだとばかり思っていました。
すぐに近所の工務店に相談したところ、キッチンだけではなく家全体が傾いているかもしれないと言われ、レフトハウジングさんを紹介してくださいました。
 
レフトハウジングの担当者さんによると、用水路側の地盤に水が少しずつ染み込んでいるせいで、地盤が家の重みで変形し、少しずつその方向に引っ張られるように家が傾いている可能性が考えられるそうです。
直す方法として、地盤を強化しながら家の傾きを直すという工法を提案していただきました。
 
我が家に一番適していると自分でも感じましたし、担当者さんの対応もとても誠実でしたので、すぐに工事をお願いしました。
レフトハウジング 評判
 
工事が終わった今では、妻の炊事する姿を後ろから見ても、背筋が伸びて姿勢が良くなっているのがはっきりと分かります。
妻は「足の痛みがなくなった」と喜んでいますし、私自身も最近は体調が明らかに回復しています。
夫婦で健康に、不安を感じずに住み続けることができるのは一見当たり前のような気もしますが、今までの私からすると爽やかな風に吹かれているように感じてしまいます。

 

 

レフトハウジング 見積り

私は両親とともに千葉県浦安市ではに住んでいます。
もともと地盤が弱いことは知っていたのですが、東日本大震災で予想以上の液状化被害を受けてしまいました。
*4,000棟近くの家が半壊以上の被害を受け、住めなくなった建物が多数発生
 
家の奥で泥水が噴水のように噴き出し、家が大きく傾いていき、「このまま倒壊するのではないか」と、不安になったのを覚えています。
さらに大きな地震がきたらと思うと、怖くて、とても住んでいられませんでしたが、壊してまた次の家というわけにはいきませんし、建て替えしている間に住むところもありませんでした。
 
同じ被害を受けた近所の人に「住んだままで液状化対策と家の傾き修正工事ができる会社があるよ」と、レフトハウジングさんを紹介してもらいました。
 
工事では薬液がどんどん土の中に入っていき、地盤が盛り上がりつつ家が持ち上がっていく様子を見ていたので、地盤に対する不安はすっかりとなくなっています。
 
工事前は、大掛かりな工事になるのでは、と心配していましたが、ほとんどが外からの工事で、期間も10日間と短かったのでとても気楽でした。
 
レフトハウジング お問い合わせ
今はみんなで心地よい生活が送れていて、「家族の笑顔が一番だ」と話す父が一番ニコニコしています。
ダメ押しの10年間保証もいただいて、本当に安心を獲得できました。

 

 

レフトハウジング 電話番号: 047-721-5522

私たち夫婦は築23年の一戸建て住宅に住んでいます。
しかし、築15年頃になり、家が傾いているかなと思い始めました。
 
いろいろ調べてみると、むかしは沼だった所を埋め立てた土地のようです。
 
当時は意識しないと気づかない傾きでしたが、東日本大震災によって大きく傾いてしまい、それ以降、廊下が歩きにくかったり、夫婦ともに肩こりや腰痛に悩まされるなど、いろいろな問題が出てきてしまいました。
 
そのまま3年ほど我慢しましたが、これ以上は限界と思い、インターネットで検索して、数社から見積もりを取りました。
 
住んだままで工事ができること、ていねいに対応してくれたこと、分かりやすい説明をしてくれたことが決め手で、レフトハウジングさんに家の傾き修正工事をお願いしました。
 
レフトハウジング地盤沈下修正工事部
 
工事が終わって、肩こりと腰痛もピタッとなくなりましたし、今後の地震への不安も解消しましたので、大満足しています。
今後も夫婦で健康に暮らせていけると思うとすごく嬉しくて、工事に踏み出してよかったねと二人で話をしています。

 
>>口コミの続きはコチラ

レフトハウジングニュース

事前診断と地盤改良工事で対策を

地震や台風などもしもの時に備え、食料や水などの備蓄を行っておくことはとても大切です。たびたび起こる災害による被害状況を見て、備蓄はもちろん、住宅に関する事前の備えの重要性を再認識された方も多いのではないでしょうか。

マンション・アパートの傾きの調べ方

マンションやアパートの部屋を借りる場合、年単位の長い契約
マンション・アパートの傾きを調べる方法やポイント、傾きがわかった場合に管理側が行うべき対策

家の傾き修正事例

東京都八王子市 一部のみ沈下している新築住宅の傾き修正工事
千葉県船橋市 交通量の多い交差点に接している家の傾き修正工事
大阪府枚方市 深さ3メートルの特殊基礎の沈下修正工事
神奈川県相模原市 畑を埋め立てた土地の地盤沈下修正工事
埼玉県所沢市 リフォーム中に発覚した傾きの修正工事

過去の地震による家の傾き

1995年 1月(平成7年)阪神・淡路大震災
2004年10月(平成16年)新潟県中越大震災
2011年 3月(平成23年)東日本大震災
2016年 4月(平成28年)熊本地震
2018年 9月(平成30年)北海道胆振東部地震
被災地でも活動しています。
https://left-h.co.jp/

筆者の体験談

筆者が築古の一軒の購入を考えていた時、一番気を使ったのが、傾いた家を購入しないということでした。
知り合いからも、
「水平器を持ち歩いてある一定の数値以上の場合は、値切ることもせずあきらめたほうがいい」
ということもレクチャーされました。

*基礎が壊れている物件(破損)は、その後大きなトラブルになる、想定以上の出費になる可能性があるということから

家の傾きは、家の構造自体に影響を与えているものなので、
最悪の場合、雨漏りやガス漏れ・水漏れなど、さらに費用がかさむ工事に発展する可能性があります。

また、健康面(めまいや吐き気、頭痛)への影響もあるので要注意です。

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

工法選びのポイント・施工内容・建設工事内容

無料診断、無料測量、無料見積もりはいつごろ来てくれますか?

状況にもよりますが、できるだけ一週間以内・最短2日で来てくれます。
緊急の場合は相談することをおすすめします。

工事期間の目安を教えてください。

工事の期間は、特に修正工事の際に多くのお客様から気にされるポイントの一つです。この期間は、修正工事の具体的な工法や建物の規模に大きく影響されます。
例えば、大規模な建物や複雑な修正が必要な場合、工事期間は長くなる可能性があります。逆に、小規模な建物やシンプルな修正の場合は、短期間で工事が完了することも考えられます。
しかし、一般的な目安としては、修正工事にかかる期間は約2~3週間となります。この期間内に、専門家のチームが効率的に作業を進め、高品質な結果をお届けすることを目指しています。

工事費用はいくらぐらいになりますか?

一般的な一戸建てで全体的な修正あれば、200万円~300万円が目安となります。
家の部分的な修正であれば上記より安い金額になります。
建物の大きさ、工事のしやすさ等によっても変わりますので、無料診断・無料測量・無料見積もりをご利用ください。

工法はどのように選べばいいですか?

工法を選ぶ際の第一歩として、現地調査を行います。
この調査では、お住まいの現状や周辺環境、土地の特性など、さまざまな要因を詳細に確認します。
さらに、より正確なデータを得るために、レーザー測量を使用して建物の傾きや歪み、土地の高低差などを計測します。

工事が終わった後、報告書はもらえますか?

施工内容、施工写真、データをまとめた完了報告書をもらうことができます。
将来の売却、賃貸時、もしくは地震保険加入時にも利用可能です。

仮住居は必要ですか?

必要ありません。
庭からの工事になりますので、在宅でも、外出等しても大丈夫です。

植栽を移動する必要はありますか?

一般的に必要ありません。
ただやむを得ない場合は、相談を受ける場合もあります。

お客さまに安心してもらうための工事後10年間の無償保証

再沈下のおそれはありますか?

建物の沈下は、多くの家主にとって大きな懸念となる問題です。

特に修正工事を行った後、再び沈下が起こる可能性については、多くの方が不安を感じることでしょう。

レフトハウジングでは、そのような不安を取り除くために、一時しのぎの工事や表面的な修正は行っていません。

レフトハウジングの目標は、根本的な問題を解決し、長期的な安心を提供することです。
そのため、最先端の技術と経験豊富な専門家のチームが、各建物の状況に合わせた最適な方法で工事を行います。

さらに、万が一の再沈下やその他の問題が発生した場合に備えて、工事後10年間の無償保証を提供しています。

この保証は、技術とサービスへの自信の表れであり、お客さまに安心して長くお住まいいただくためのサポートとなっています。

再沈下のリスクを最小限に抑え、安全で快適な住環境を維持するために、レフトハウジングとともに最適な解決策を見つけ出しましょう。

壁や建物自体に負担はかかりませんか?

一般的な一戸建てでも数10トンの重量がありますので、多少の負担はかかります。
しかし、レフトハウジングではできるだけ家にいびつな負担をかけないように、バランスよく少しずつ傾きを直していきますので、ほとんど破損が出ないで工事が完了することもあります。

自宅前の道幅が狭いのですが工事は可能ですか?

道幅が狭い場合は小型のトラック、ワゴン車などで伺います。
また、必要な場合は、道路使用許可の所得もレフトハウジングの方で行います。

職人さんは何名で工事されるのですか?

工事の状況や工程により異なりますが、3名~5名体制で工事を行います。
ちなみに、お茶・食事などを出す必要はありません。
飲み物、食事、トイレ等はレフトハウジングの職人さん・現場の方で手配します。

家の一部だけ傾いてしまっていますが工事できますか?

家の傾きは、多くの家主にとって深刻な問題となります。特に、家全体ではなく一部だけが傾いてしまった場合、どのように対処すれば良いのか迷うこともあるでしょう。

レフトハウジングでは、部分的な傾きにも対応した工事が可能です。

部分的な傾きの原因は様々です。土地の沈下、地盤の不安定さ、または建築時の問題など、さまざまな要因が考えられます。
専門家チームは、まず原因を正確に特定し、それに基づいて最適な修正方法を提案します。

また、部分的な修正でも、その後の安全性や耐久性を確保するための最新技術と高品質な材料を使用します。
これにより、お住まいの安全と快適さを長期間にわたって保つことができます。

倉庫、工場、マンションなどの大きな建造物でも工事は可能ですか?

問題なく工事可能です。

古い建物ですが工事は可能ですか?

古い建物は、その歴史や風格を持つ一方で、時の経過とともにさまざまな問題を抱えることがあります。
そのため、修正や改修工事を検討する際、建物の年数や構造による制約を心配される方も多いでしょう。

レフトハウジングでは、古い建物に対しても適切な工事を提供しています。

古い建物は、新しいものとは異なる特有の問題や課題を持っています。
しかし、それらの課題を乗り越え、長持ちする建物を更に長く大切に使い続けることは、持続可能な社会を築く上で非常に価値のあることです。

古いお家(築40年以上のお家)の修正や改修に関する悩みや不安があれば、ぜひレフトハウジングに相談してみてください

工事中の騒音はどの程度でしょうか?

土間を斫る(コンクリートを削る)場合やポンプ等は多少の音がでますが、それ以外の騒音はほとんどありません。
レフトハウジングのスタッフにて工事前に近隣挨拶を行い、工事中も音に配慮を欠かさない、工事に定評があります。

液状化被害は火災保険で補償されますか?

液状化被害が火災保険で補償されるかどうかは、契約内容によります。
日本では、火災保険は一般的に火事や落雷、爆発による被害をカバーしますが、地震、津波、噴火、そしてそれに伴う液状化による被害は、特別な地震保険に加入することで補償されることが多いです。
地震保険は、火災保険に特約として付加する形で提供されることが一般的で、これには地震や噴火、そしてそれらが原因で起こる津波や液状化による被害が含まれます。
したがって、液状化による被害をカバーしたい場合は、地震保険の特約が含まれているか、またその範囲を確認することが重要です。
具体的な補償内容や条件は保険会社や契約内容によって異なるため、レフトハウジングさんに直接問い合わせることをお勧めします。

株式会社レフトハウジングのお問い合わせ;記事まとめ

  • 家の傾きが気になる方
  • 不同沈下(不等沈下)をどうにかしたい方
  • 液状化被害をどうにかしたい方
  • 軟弱地盤上で新築・建て替えを検討中の方

など、日々生活をする家だからこそ、早めに手を打っておきたいところです。

レフトハウジングの無料相談を上手に活用したいですね。

まとめ:地盤沈下修正工事の業界の人気企業

他社を圧倒するレフトハウジングの会社概要・全国対応・営業時間(年中無休)

液状化・地盤沈下・軟弱地盤修正工事ならレフトハウジング
地盤沈下修正工事の業界の人気企業、家の傾きを直したい方・地震による地盤沈下・液状化、軟弱地盤修正工事、現地調査なら。
技術力に自信があるから無料の10年保証、最短2日でスピード診断、交通費も0円、無料レーザー測量・無料お見積もり!
業界トップクラスの技術と確かな実績で確実に地盤沈下修正工事。
地盤沈下修正工事は全国対応のレフトハウジングへお任せください。
気になる方は、お気軽にお問い合わせしてみてください。
全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)
無料現地調査と見積もりで問題を確認

≪参考サイト≫

  • 株式会社レフトハウジング
  • 〒350-0313 埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘1-5-5
    鳩山町公式ホームページ
  • 営業時間:9:00~21:00 / 年中無休
  • 埼玉県知事許可 (般-26)第68132号
  • 所有資格 一級土木施工管理技士、一級建築士
  • 全国対応(北海道・沖縄・一部の離島を除く)
  • 公式サイト:https://left-h.co.jp/