住宅ローンステーションの評判口コミ!借り換えを検討の方、メリットデメリットから料金プランまで徹底解説、銀行情報もご紹介

住宅ローンステーションの評判・口コミ:全国すべての銀行を網羅、最安金利での借り換え、住宅ローンの借換えなら 住宅ローン
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢・・・の再来リスクも

お住いのエリアは上がってる?

イエウールなら簡単に家の価値を確認できます。

月間2万8000人突破の定番のサイト

机上査定なら査定員が家に来ることなく査定が可能

↓ 全国対応なので気になる方は ↓

北海道
・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県
愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国
・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県
高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

貴重な1分が人生を変える1分に!
無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

住宅ローンステーション

家を購入する時、少しでも安く購入したいと誰でも思うでしょう。

売れ残り新築マンション・未入居物件であれば多少値引き交渉は可能ですが、新築マンションはほぼ難しいと言えるでしょう。

ただマイホームは購入後に、マンション購入総額を減らすことが可能です。

それが、住宅ローン借り換えです。

今回紹介する住宅ローンステーションは、
株式会社インフィニティエージェントが運営する全国すべての銀行を網羅、最安金利での借り換えを提案する住宅ローンの見直しサイトです。

考え直すことで、

  • 月々2万円コストカット
  • 総額350万円以上のコストカット

などが期待できます。

本記事では、住宅ローンの見直しの特徴・メリットデメリット、審査の仕組み、利用者、住宅ローンステーションの評判口コミ、またよくある質問まで徹底解説します。

住宅ローンの見直し・借り換えなら
>>住宅ローンステーション公式サイトへ

参考ページ:売れ残りの新築マンション(未入居マンション)を購入するならメリット・デメリット

『住宅ローンステーション』とは こんな人におすすめ

当たり前の話ですが、
 ・マンション販売価格

 ・住宅ローンの支払い総額

は一致しません。

マイホーム(不動産購入)の場合、基本的に住宅ローンを組んで購入しますので、

  • 融資額
  • 金利

によって、マンション販売価格を大きく上回る返済金額になります。

住宅ローンステーションは、
住宅ローンの見直しで最安金利での借り換えを提案してくれるサービスです。

シミュレーションを一部紹介:メリット・デメリット

住宅ローンステーションの公式ホームページに、住宅ローンを借り換えた場合のシミュレーションが掲載されていました。

住宅ローンステーションは、

ただ金融会社を変えるだけではありません。

  • 固定金利・変動金利を賢く選択
  • 返済期間の調整
  • 月々の返済額の見直し
  • 複数のローン(住宅ローン・リフォームローン)のまとめ(おまとめローン)
  • 団体信用生命保険の見直し(ガン団信追加・7大疾病・就業保証など)
  • 太陽光蓄電池導入で光熱費削減

など、総合的に見直すことで、トータルの支払総額を大きく削減させます。

例えば・・・・

【公務員、年収550万のO様(35歳)の場合】

BEFORE
・変動金利1.35%
・団信のみ
・残債3400万
・期間29年

AFTER
・変動金利0.49%
・団信のみ
・期間24年

支払総額420万円コストカット

【某電機メーカー、年収530万のI様(29歳)の場合】

BEFORE
・変動金利1.1%
・団信のみ
・残債2300万
・期間20年
・月々110,400円

AFTER
・変動金利0.49%
・団信のみ
・メリット40万
・期間21年
・月々104,300円
・リフォーム工事160万
 (内容外壁塗装)
・月々メリット5,900円

支払総額200万円コストカット

【某建設会社、年収440万のU様(44歳)の場合】

BEFORE
・住宅ローン
変動金利1.275%、団信のみ、
残債2690万、期間27年、
月々98,177円
・諸費用ローン
金利2.35%、団信のみ、
残債240万、期間13年、
月々17,869円
・リフォームローン
金利3%、団信のみ、
残債140万、期間5年、
月々25,156円

AFTER
・変動金利0.625%
・団信のみ
・期間27年、
・月々106,020円
・月々メリット
 35,182円お得に

支払総額198万円コストカット

【某土木会社、年収430万のK様(35歳)の場合】

BEFORE
・固定金利1.5%
・団信のみ、
・残債1800万
・期間23年
・月々77,153円

AFTER
・変動金利0.6%
・団信と7大疾病&就業保証
・期間23年
・月々76,837円
・+太陽光蓄電池導入費190万
・光熱費削減分年間
  平均12,000円

支払総額320万円削減

住宅ローンステーションの見直し・借り換えサービスの流れ

住宅ローンの見直しを行った人はどれくらいいるでしょうか?

私は、性格的なものやオタク的なので、かなり頻繁に行っています。

返済総額を少なくすることはメリットでしかないですし、それはそのまま資産価値向上に繋がります。

住宅ローン残が減れば減れるほど担保価値も高くなりますし、それ以上に、最近の流れから金利政策も気になるシチュエーションになってきました。

住宅ローンステーション

ご存じ通り、現状、超が付くほどの低金利時代です。

以前、住宅ローンは変動金利・固定金利どっちがいいの?

でも紹介しましたが、国の政策である「マイナス金利政策」によって軒並み住宅ローンの金利が底値を更新しています。

物価高・欧米のインフレであっても微調整レベル、金融機関によっては、更に低金利の住宅ローンを用意しています。

よって、今の住宅ローンの見直しで考えることは、

  • 少しでも有利な変動金利型の住宅ローン探し
  • リスク管理を考慮し固定金利型の住宅ローンの金利の確認

住宅ローンステーションに限らず、住宅ローンの見直しをしたからと言って借り換えする必要はありません。

関連記事:不動産査定・マンション査定サイト

このサイトでも多くの人が活用している不動産査定・マンション査定も多くの人は、今、マイホームを売却するために査定を行っているわけではありません。

資産価値の観点から

  • 今の家の価値
  • 近隣の動向(成約・売出し)
  • 近隣の開発計画

の確認が基本です。

人生で一番高い買い物ですし、老後のための資金作りのために生かすも殺すも所有者次第だからです。

住宅ローンの見直しも同じです。

住宅ローンステーションの評判口コミはどう? 編集部がメリットデメリットから料金プランまで徹底解説。 実際に利用した人・体験者の声を紹介

住宅ローンステーションについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などから良い口コミ・悪い口コミ・騙された・怪しいなどクチコミを確認しました。

公式サイトにお客様の声(体験談・口コミ)が掲載されていたので紹介します。

住宅ローンステーション 口コミ

本来65歳まで住宅ローンを払う予定でしたが、担当の方から様々なご提案を頂き、定年退職前に支払いが終わるプランに変わり、老後も安心です。

住宅ローンステーション 評判

外壁の塗装を去年から考えていて、リフォームローンを組もうとしましたが、金利が2.7%で高い!と踏み止まりました。
しかし、住宅ローンと一緒にまとめられることを知り、0.49%で借りることが出来ました。リフォームも実行でき満足です。

住宅ローンステーション クチコミ

家以外にもローンが2本ありまして、借換えは出来ないと思っていましたが、担当の方がよく動いてくれたので金利を下げることが出来ました。
支払日もまとめられて、家計管理が楽になったと妻が言っていました(笑)

住宅ローンステーション 怪しい

不動産屋さんに、固定金利がおすすめと言われ当時ローンを組みましたが、金利が今こんなに安くなっているとは知りませんでした。
また浮いた分で太陽光と蓄電池が出来まして、売電での収入もあるので今後が楽しみになりました。

 

インフィニティエージェントニュース

住宅ローンステーションを運営している株式会社インフィニティエージェント

フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)+技術(Technology)の造語

フィンテック事業として
住宅ローンの借換えなら住宅ローンステーションを運営しています。
・全国すべての銀行を網羅、最安金利での借り換えをご提案
・月々2万円削減、総額368万円のメリットも
・業界最安金利0.429~
・10年以上の実績、Pマーク取得企業で安心
・業界初、訪問型で借り換え業務のすべてをサポート
・太陽光や蓄電池、オール電化、リフォームも借り換えで0円で導入
https://infinity-agent.co.jp/service/fintech/

【更新履歴】
2024年2月:記事リライト
2023年5月:画像アップロード・利用者の体験談・感想を追加
2022年7月:新規記事アップ

よくある質問

手続き代行・必要書類・銀行や金融機関との取引実績情報

相談はどこで受けられますか?

住宅ローンステーションでは、無料での訪問サービスやオンライン面談を提供しています。
関東地域にお住まいの方には、出張費用も無料で対応してくれます。。また、お近くのカフェやレストランでの相談も可能です。

相談する際に必要な書類は何ですか?

住宅ローンステーションを利用の場合、返済予定表と源泉徴収票(または確定申告書)が必要です。光熱費コンサルティングの場合は、光熱費の1年分の明細書を用意します。く
また、太陽光発電やオール電化のローンをお持ちの方は、返済予定表も。
個人事業主や経営者の方は、決算書や確定申告書の最新3期分の用意が必要です。

相談した結果、提案された内容を必ず採用・契約しなければなりませんか?

もし提案内容・要望に合わない場合は、断り可能です。

相談内容や提供した情報が外部に漏れることはありますか?

ユーザーから預かった情報は厳重に管理し、第三者に提供することは一切ありません。
住宅ローンステーションは情報管理に関する法律や規定を遵守し、プライバシーを最優先に考慮しています。

本当に無料で相談できますか?

相談自体は完全無料です。ただし、借り換えが成立した際には、手数料として30万円がかかります。

なぜローンの借り換えをすると、支払いが安くなるのですか?

現在の金利環境は、過去の高金利時代と比べて非常に低くなっております。
そのため、ローンの見直しを行うことで、より低い金利での借り換えが可能となり、月々の返済額を削減することができます。
関連ページ:住宅ローンは変動金利・固定金利どっちがいいの?

固定金利でのローン契約なのですが、借り換え可能ですか?

固定金利のローンでもアップデートは十分に可能です。金利の種類やそのメリット・デメリットを再確認し、最適な選択を提案してくれます。

以前、銀行での借り換え申し込みが断られたのですが、再度相談は可能ですか?

銀行の審査基準は様々ですので、一度断られたからといって諦める必要はありません。。
住宅ローンステーションは多くの銀行や金融機関との取引実績があります

住宅ローンの借り換えが完了するまで、どれくらいの期間が必要ですか?

申し込みから完了まで、概ね1ヶ月から2ヶ月の期間を要します。

団体信用生命保険とは何ですか?

団体信用生命保険は、住宅ローンのご利用者が亡くなった場合や一定の障害を負った場合に、保険金が支払われ、その保険金で住宅ローンの残高を返済するための保険です。
関連ページ:団信とは

ソニー銀行の住宅ローンの特徴は?

ソニー銀行の住宅ローンならではの特徴は以下の5つになります。

  1. 変動、固定金利のどちらも金利が低い
  2. 専任ローンアドバイザーが電話やメールでサポートしてくれる
  3. 団信の内容が充実している
  4. さまざまな諸費用が「0円」
  5. 金利タイプの変更や繰上返済の手数料が「0円」

住宅ローンステーションのお問い合わせ:記事まとめ

住宅ローンの見直しに踏み切れない人の中には

  • 見直したいけど面倒くさそう
  • どこの金融機関がいいのか分からない
  • 書類を揃えるのが大変

と思う人もいるでしょう。

住宅ローンステーションは、面倒な手続きや書類集めをすべてやってくれます。

見直しの結果、満足の行くものでなければ断ればいいですし、
それ以上に、全国すべての銀行を網羅しているため、提案を受けて損はないと思います。

住宅ローンステーションと他社・自分で見直した時に比較をすると、

住宅ローン
ステーション
他社 自身で見直し
金融機関 ◎750社 〇700社 ▲情報収集
 と判断に時間
取扱ローン ◎16,000 〇1,300 ▲情報収集
 と判断に時間
借り換え
平均金利
◎0.439〜 〇0.6〜 ▲0.625〜
手続き ◎訪問して説明、
手続きは代行します。
〇電話、メール
 のやり取りのみ
▲各金融機関に来訪
期間 ◎最短3週間 〇最短1ヶ月 ▲3〜6ヶ月
支払い ◎成果報酬 ◎成果報酬 ◎ー
支払方法 〇自己資金ゼロで可能 ▲現金
及びクレジットカード
◎ー
住宅ローンの見直し・借り換えなら
太陽光や蓄電池、オール電化、リフォームなども借り換えで0円で導入
>>住宅ローンステーション公式サイトへ

《参考サイト》