《マンション売却 期間》マンションはどれくらいの期間で売却できるか?平均何か月?期限がある場合の考え方

マンション売却 期間 マンション査定・不動産査定
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢・・・の再来リスクも

お住いのエリアは上がってる?

イエウールなら簡単に家の価値を確認できます。

月間2万8000人突破の定番のサイト

机上査定なら査定員が家に来ることなく査定が可能

↓ 全国対応なので気になる方は ↓

北海道
・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県
愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国
・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県
高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

貴重な1分が人生を変える1分に!
無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

このページは、マンション売却にかかる期間についてまとめたページです。

  • これからマンションを売却する人
  • 売却中だけど、なかなか売れなく気になっている人

マンション売却 期間

マンションの売却期間は、地域や物件の特徴に大きく影響されます。

例えば、首都圏では競合物件が多く、多様なニーズに対応する必要があるため、売却期間が長くなる傾向があります。

一方で、地方都市では物件の供給量や需要のバランスが異なるため、売却のスピードも変わってきます。

また、物件の立地や間取り、築年数、設備といった要素も売却期間に影響を与えます。

これらの要因を考慮し、適切なマーケティング戦略を立てることが重要です。

  • 急にマンションを売らないといけなくなった
  • 高く売れそうだから、そこそろ売りたい
  • 転勤が決まって賃貸と売却を考えている

など、売却の理由はいろいろありますが、売却金額・売却益と一緒に気になるのが

  • 大体、どれくらいの期間で売れるのだろうか?
  • 平均どれくらいの期間で売れているだろうか?
  • 期間として何か月くらいを考えておいたほうがいいだろうか?
  • 販売期間や手続きの期間は?

時間軸を知りたいということだと思います。

そこで、今回はマンション売却 期間:マンション売却にかかる販売期間・時間について紹介します。

マンション売却にかかる期間は?

気になるマンション売却に関わる期間、結論を言うと平均期間を容易に出せないというのが結論です。

ただ、そんなことで終わらせるのも悪いので、一般的な数字を挙げると

  • 早く売ろうと思えば、引き渡しまで”6か月”
  • 金額を調整しながらチャレンジするなら”1年”

で見とくといいでしょう。

ただ、

  • 高く売りたい!
  • でもなるべく早く売りたい!

ということをベースにしているため、多少時間をかけてでも高値売却を目指すためのテクニックを紹介したいのが事実です。

価格設定の重要性

適正価格の設定は、売却期間を短縮する重要なポイントです。

査定価格は、不動産会社による物件評価の結果であり、これを基に売り出し価格が設定されます。

市場の相場価格や近隣の競合物件の価格も参考にし、購入希望者が納得感を持てる価格設定が必要です。

価格設定が適切であれば、購入希望者との交渉もスムーズに進み、売却までの期間を大幅に短縮することができます。

不動産会社の選び方

信頼できる不動産会社の選定は、スムーズな売却に繋がります。

一括査定サービスを利用することで、複数の不動産会社から査定額や提案を受けることができ、比較検討が可能です。

不動産会社選びでは、実績や信頼性はもちろん、担当者とのコミュニケーションやアフターフォローも重要なポイントです。

また、専任媒介契約や専属専任媒介契約を結ぶことで、より密接なサポートを受けることができます。

売却方法の選択

売却方法には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約などがあります。

一般媒介契約では、複数の不動産会社に依頼することができますが、専任媒介契約や専属専任媒介契約では、一つの不動産会社に依頼します。

それぞれの契約形態にはメリット・デメリットがあり、自身の状況や希望に合わせて選択する必要があります。

適切な契約形態の選択により、売却期間の短縮や条件の最適化が期待できます。
関連ページ:媒介契約とは?

基本的に買い主あってのもの

不動産売買は、買主あってのものです。

潜在的に購入したいというユーザーがたくさんいたとしても、そのユーザーに販売物件の情報が届かなくては売買は成立しません。

囲い込み・両手取引などの不動産会社の違法行為でも、その期間が長引きます。

と考えると、
売主に情報がスムーズに届き、And そして 満足して購入してもらうことがすべてとも言えるでしょう。

マンション売却 期間

売主が考えるべきこと

では売主は、マンション売却期間をどのように考えればいいのでしょうか?

急ぎであろうと、期間を問わない場合であろうと、絶対、期間を区切ってください。

今回、2つの期間での考え方を紹介します。

  • 期間を最優先(早く):1ヵ月~3ヵ月
  • 金額を最優先(高く):3ヵ月~1年

実際にその期間で売買締結といくと保証できるものではないですが、前提・目標をしっかり持つことで売却方法を明確化できます。

【期間優先の場合:1ヵ月~2ヵ月】
売却期間を優先する場合、不動産会社の営業マンの動きがすべてです。

モチベーションが低い状況では、売却活動に拍車がかかりません。

では、どうモチベーションを上げればいいのか?

とは言え、そう難しいものではありません。

それは、販売価格です。

近隣マンション相場が3000万円だったとします。

  • 3300万円の強気の金額で売却を行う場合、
    営業マンは、いいお客様との出会い、お問い合わせが来るのを待ちます。
    購入者は価格だけで物件を見ているわけではないので、お問い合わせも内覧もありますが、営業マンは基本的に待ちのスタンスです。
  • 2500万円の価格で売却を行う場合、
    営業マンは、売りやすい金額ということで、優良物件として積極的に広告・アピールを行います。
    社内にも情報を共有し購入希望者を物色し、同等の物件を探している人にも、よりお買い得物件をアピールします。
    さらにこの時、一般媒介契約で他社がライバルであった場合、先を越されまいとより拍車がかかります。

要するに、営業マンのテンション・モチベーションの上がる価格を設定することで、マンション売却期間・時間軸を操作することが可能です。

金額優先の場合:3ヵ月~1年

少しでも高く売りたいという心理は誰にでもあります。

強気の金額で売却を進めるわけですが、それでも期間・時間軸を無視してはいけません。

金額優先で考える場合、

  • 戦略的な価格設定
  • 柔軟な価格変更
  • 賢く値引き交渉
  • 潔く販売中止

の作戦です

住宅(不動産・家・マンション)を売る時、
”いつか売れる”というスタンスでは意外と売れません。

いつまでに売るという明確な目標(期間)を持つことがポイントで、そのために不動産営業マンに動いてもらわなくてはいけません。

例えば、

  • 5000万円で売れたら嬉しい。
  • 最低でも4400万円で売れればOK

と考えている場合、

  • 5490万円で売却を開始
  • 1か月様子を見て4990万円に変更
  • 2か月の反応を見て、4490万円に変更

柔軟に価格を変更していくわけです。

そして、3か月で売却しなかった場合は、一旦売却を辞めます。

3か月でいい買い主(お客様)との出会いはなかったから、もう1度一からやり直しです。

中断期間は1・2か月空けて改めて売却開始です。

そして、また5490万円で売却を開始です。

新しい買い主も出てくるでしょう。

ルアーフィッシングみたいなものです。
ルアーを投げ、投げたルアーを巻き終え、また投げる。
ルアーが魚の前を通るまで、リトリーブ・キャストを繰り返します。

マンション売却期間

マンション売却にかかる期間よりも大事なこと

マンション売却にどれくらいの期間がかかるか?

気になるのは分かります。

しかし 、期間を気にしすぎても始まりません。

外的要因もありますし、売却しやすい時期・しにくい時期もあります。

それよりも、

  • いざとなった時に早く売る方法を知っておく
  • そのメリットとリスクを把握しておく

この2つを認識しておくことで、焦ることなく冷静に判断を下せるかと思います。

早く売る方法は、
先ほど紹介したように金額の訴求以外にも

  • 売却保証
  • 買取サービス

も確認しておくといいでしょう。

マンション 販売 期間

売却をスムーズに進めるコツ

マンション売却において、「期間」は重要なキーワードです。
売却期間を短縮することで、売主様のストレス軽減や経済的なメリットが期待できます。

そこで、売却をスムーズに進め、期間を効率的に短縮するためのコツを紹介します。

これらのポイントを押さえることで、売却プロセスがより円滑に進みますので、ぜひ参考にしてください。

内覧の準備
内覧は、買主が物件を実際に確認する重要な機会です。
この際、部屋の掃除や整理整頓は基本中の基本。清潔感があり、明るい印象の物件は、買主に好印象を与えます。
また、不要な家具や荷物はできるだけ片付け、広々とした空間を演出しましょう。
香りにも注意が必要です。消臭スプレーや芳香剤を利用して、良い香りの空間を作りましょう。
これらの工夫により、物件の価値を高め、売却成功へと繋げることができます。
必要書類の準備
売却には、様々な書類が必要です。
物件の登記簿謄本、固定資産税評価証明書、管理組合の規約や会計報告書など、事前に揃えておくことで、売却プロセスがスムーズに進みます。
また、これらの書類は、買主や不動産会社からの信頼を得るためにも重要です。書類が不備だと、売却が遅れるだけでなく、取引自体が成立しない可能性もありますので、注意が必要です。
交渉のポイント
価格交渉が発生することもあります。
この際、適切な価格設定と、柔軟な対応が重要です。
価格交渉の際には、相場調査や査定結果を元に、適切な根拠を示しましょう。
また、柔軟な対応が重要で、売却価格だけでなく、引き渡し時期や修繕の取り決めなど、多角的な視点から交渉を進めることが求められます。
契約から引き渡しまで
契約締結後、引き渡しまでのスケジュール管理が大切です。売買契約書の内容をよく確認し、契約の条件や約束事を守りましょう。
また、引き渡し前の最終確認や、引き渡し時の手続きもスムーズに行うことが重要です。
これにより、両者の信頼関係を保ち、トラブルを防ぐことができます。

よくある質問

マンションの売却期間の平均はどれくらいですか?

マンションの売却期間の平均は、物件や市場状況により異なりますが、一般的には数ヶ月から半年程度とされています。

売却価格の設定はどのように行うべきですか?

売却価格の設定は、不動産会社の査定価格や近隣物件の相場、物件の特徴を考慮して行います。適正価格であれば、売却がスムーズに進むでしょう。
参考ページ:マンション販売価格の決め方とは?

どの不動産会社を選ぶべきですか?

信頼性や実績、担当者とのコミュニケーションがスムーズかどうかを考慮して選びましょう。一括査定サービスを利用すると、複数の会社を比較できます。

内覧の際、どのような準備をすれば良いですか?

内覧の際は、部屋の掃除や整理整頓を徹底し、明るく清潔な印象を与えることが重要です。不要な物は片付け、良い香りの空間を作りましょう。
参考ページ:マンション査定・売却時の掃除の必要性

売却契約後のスケジュール管理について教えてください。

売却契約後は、契約内容を確認し、引き渡しまでのスケジュールをしっかり管理しましょう。引き渡し前の最終確認や手続きもスムーズに行うことが大切です。
参考ページ:マンション売却の注意点

価格交渉の際のポイントは何ですか?

価格交渉の際は、適切な根拠を示し、柔軟な対応を心掛けましょう。売却価格だけでなく、引き渡し時期や修繕の取り決めなども考慮に入れます。

売却する際の必要書類は何ですか?

売却する際には、登記簿謄本、固定資産税評価証明書、管理組合の規約や会計報告書などが必要です。これらを事前に準備しておくことが重要です。

マンションの売却期間を短縮する方法はありますか?

売却期間を短縮するためには、適正な価格設定、信頼できる不動産会社の選定、内覧の準備、必要書類の整備などがポイントです。

売却期間中に住宅ローンの返済はどうすれば良いですか?

売却期間中も住宅ローンの返済は続きます。売却代金でローンを完済する場合、売却が完了するまでの間の返済計画を立てましょう。

売却後の税金について教えてください。

売却後には、譲渡所得税や住民税が発生する可能性があります。税金の計算方法や節税対策については、税理士に相談することをお勧めします。

参考ページ:不動産売却にかかる期間(PR TIMES)

不動産・マンション売却期間;まとめ

個人的に、自己所有物件時代が来ると思っています。

日本の年金制度や老後の保障は、30年後どうなっているか分かりません。

さらに平均寿命もまだまだ、長くなる可能性もあります。

60歳定年をベースに置いている現状ですが、平均寿命が仮に100歳となった場合、老後生活は40年となります。

その時に、年金や蓄えだけで衣食住まかなえるでしょうか?

買った時より高く売れるマンションの条件のページでも紹介しました。

新耐震基準のマンションであれば、マンションの寿命は70年以上楽勝です。
100年以上も大丈夫という人もいます。

老後の

  • 賃貸生活
  • 持家生活

論争が起きてもおかしくないでしょう。

また、昨今の不動産投資を生命保険の思考を取り入れている現状もその先駆けかもしれません。

今回は、不動産売却・マンションを売るときにかかる期間・時間を紹介しました。