マンションナビの評判・口コミ:マンション専門の売却一括査定サイトならマンションナビ:マンションリサーチ株式会社

マンションナビの評判・口コミ:マンション専門の売却一括査定サイトならマンションナビ:マンションリサーチ株式会社 マンションナビ
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

マンションナビ

マンション査定と言っても、
実際は多岐にわたり査定の考え方も大きく変わります。

構造的に

  • タワーマンション
  • 大規模(多棟型)マンション
  • 中高層マンション
  • 低層マンション

そこにタイプや用途

  • ワンルーム・ファミリータイプ
  • 賃貸物件(収益物件)

など、
高額売却を実現するためには、

  • 精度の高い査定額
  • 不動産会社選び売却戦略

が重要です。

今回紹介するマンションナビ
マンションリサーチ株式会社は運営するマンション専門の一括査定サイトです。

マンションの査定額を知りたい!高く売りたい!
一括で複数の不動産会社に査定依頼ができるサービス
>>早速マンションナビで無料査定

”マンションナビ”とは

マンション査定に限らず不動産査定は、ただ単に物件を売るために活用するものではありません。

  • 人生で一番大きな買い物
  • 資産でもある不動産

株式投資やFXは、売ったり買ったりするのに、

なぜ、大切な資産である家に関して、ひたすら借金だけを返済し続けるのか?

日本人が、金融リテラシー(Financial literacy)が低いと言われる典型の1つです。

マイホームは住むものなので投資とは違うのか?

昔は、親子二世帯、三世帯が同居し、長男が家を継ぐという家系システムが普通だったのは事実です。

しかし、核家族化が進んだ今、不動産はいずれ売却のタイミングが訪れるのは当たり前です。

さらにマンションとなれば、200年も300年も立ち続けるわけではないですし、一軒家のように容易に建て替えができるものではありません。

”マンションナビ”が、マンションに特化する理由は、マンションという資産の有効活用を前提としているからです。

  • 高額売却の実現
  • スムーズな買い替えのサポート
  • 1日も早く売買締結・現金化のお手伝い

不動産市況は、常に動いています。

その動きの中で、
部屋が手狭になったり、高齢化しバリアフリーの家に住み替えたり・・・。

必ずしも高額売却の実現が難しい不動産市況であっても、経験とノウハウは、そのダメージを最小限にしてくれます。

マンションナビは、
年間利用者360万人、月間査定依頼数1500件超の大手査定サイトです。

パソコンやスマホから、いつでもどこでも最短わずか45秒のカンタン査定・カンタン申し込み
全国700社2500店舗が登録し大手不動産会社から中小不動産会社、また地場はもちろん、リノベーションやリフォームに強い不動産会社など、独自のシステムでマッチングした会社を紹介してくれます。
マンションナビ

また、マイホームを売るか?貸すか?
迷ったときには、売却価格だけでなく賃貸した場合の査定額を確認できます。
*最大9社の査定額比較(売却・買取が最大6社、賃貸が最大3社)

不動産実務経験者が、不動産会社の対応で困ったことや、わからないことなど、第三者の立場からアドバイスしてくれます。

>>マンションナビで査定してみる

『マンションナビ』の不動産査定

マンション専門の一括査定サイト”マンションナビ”のメリットは、一度に複数の不動産会社に査定依頼ができるということでしょう。

相場の確認は、手間をかけずに簡単に査定登録したいものです。

【マンションナビが選ばれる理由】

  • 全国約14万棟のマンション価格相場を公開
    マンションナビが保有する2億件超の売買・賃貸事例データを基に、より正確な価格相場が確認できます。
  • 日本最大級のビッグデータ:2億件超を活用
    マンションナビは、マンションの販売価格履歴を公開しています。
    直近の販売履歴はもちろん、マーケットや価格推移など価格相場だけでなく、知っておきたい情報が盛りだくさんあります。
  • 売却時に役立つツールを続々リリース
    • 売り時シミュレーター
    • 売却時費用シミュレーター
    • あなた専用の査定書をメールでお届け!

    会員(無料)限定のサービスは売却をスムーズに進めることが可能です。

  • 不動産実務経験者によるマンション売買知識
    売買経験豊富な人が揃っているから具体的なアドバイスが可能です。

家の査定はもちろん、売却サポートも充実のマンションナビ

その結果、多くの人に活用され、信頼度も増しています。

不動産(マンション)売却一括査定サイトで4冠達成!
★初めての方におすすめできる
★売却価格満足度の高い
★不動産売却経験者がおすすめする
★知人に紹介したい
4つの項目で1位を獲得しています。
毎月約1,000人超えの利用者数
利用者実績500万人突破
不動産会社最大9社を無料で紹介
年間約2万人が「プロによる査定」を受けています。
マンション専門の一括査定だから叶うマッチング
全国2,500店舗の不動産会社から、マンション売却を得意とする会社を提案!
売却したい物件の特徴にあった不動産会社を選択することも重要です。

>>マンション査定はコチラ

マンションナビを活用した売却までの流れ

大きな金額が動くこともあり、スーパーでものを買う・売るなど
そもそもマンションは、右から左へ簡単に所有権が移動するものではありません。

そのため、

  • 売却準備
  • 売却活動

要所要所で準備・検討が必要です。

売却準備:参考期間:目安1ヶ月〜

  1. 所有マンションの価格相場の確認
    売却活動を始めるにあたって、大切なのは価格相場を把握することです。
    資金計画や売却活動のスケジュール、マンションナビを活用し適正な売却価格を確認します。
  2. 売却のパートナーの決定
    不動産会社は売却に関する契約手続きだけではなく、購入希望者探しから物件引き渡し手続きまで行ってくれます。
    ★いつ売れるのか
    ★いくらで売れるのか
    スムーズに引き渡せるかは不動産会社の手腕によるところが大きいので不動産会社選びはしっかりと行いたいところです。
  3. 机上査定・訪問査定の活用
    マンションを売却する際、マンションナビでも机上査定と訪問査定の2つの方法で査定は可能です。
    ★簡易的な机上査定
    ★査定員(不動産会社の営業マン)が家に来て査定する訪問査定

    最低でも3社以上の査定をおすすめします。

  4. 媒介契約を締結するまで
    マンションを売却する際に結ぶ媒介契約には
    「一般媒介契約」
    「専属専任媒介契約」
    「専任媒介契約」
    の3つの媒介契約形態があります。
    それぞれの媒介契約の特徴を確認し、あなたに合った方法で売却に進みます

売却活動:参考期間:目安1〜3ヶ月

準備期間で
マンションナビを活用し不動産会社の選定、ある程度の売却イメージを固めたら、いよいよ売却活動です。

基本的に引き渡しまで半年は見ておきたいところですが、不動産市況が良い現状は、早期売却も難しくありません。

  1. 売却活動開始
    媒介契約を締結したら、不動産ポータルサイト(スーモ・アットホーム)、またレインズやチラシなどで広告活動が行われ、購入検討者を集めます。
    マンションを気に入った購入検討者には内覧対応(内覧前・内覧中)が必要となります。
  2. 購入申込〜価格交渉
    内覧の結果「このマンションを買いたい」と思ってくれた人から購入申込が入ります。
    しかし、この時点ではまだ買主が決まったわけではありません。
    それは、申込金額が売出価格のままとは限らないからです。
    ここから値引き交渉が始まります。
  3. 売買契約
    無事、取引金額に折り合いがつけば、売買契約となります。
    ただし、売買契約とマンションの引き渡しは別日となることが一般的です。
    売主も引越しの準備が必要ですし、買主も小学校入学のタイミングなど、時期が決まっているため、2か月後・3カ月後の引き渡しも一般的です。
    売買契約時点では、手付金を受領し、契約書を取り交わすだけです。
  4. 決済・引き渡し
    決済日をもって、マンションの所有権は買主に移行します。
    手付金を除いた残代金を受領し、住宅ローン残債がある場合には、このときに住宅ローンを完済・抵当権解除を行います。

関連ページ:不動産無料査定のメリット・デメリット

机上査定と訪問査定

マンションの査定には、大きく分けて「机上査定」と「訪問査定」の2つの方法があります。
これらの査定方法は、それぞれ特徴や適用するシチュエーションが異なります。

《机上査定》
机上査定は、文字通り「机の上」で行われる査定方法です。
物件を実際に訪問することなく、提供された情報や公的なデータを基に査定額を算出します。

メリット
手軽さ: 物件の訪問が不要なため、手間や時間がかからずに査定結果を得ることができます。
迅速性: 短時間で査定結果を提供することが可能です。
デメリット
精度の問題: 実際に物件を訪問していないため、査定結果の精度が訪問査定に比べて低くなる可能性があります。
情報の限定性: 提供された情報のみで査定を行うため、物件の独自性や特色を考慮しづらい。

訪問査定
訪問査定は、不動産専門家が実際に物件を訪れ、現地の状況を確認しながら査定を行う方法です。

メリット
高精度: 物件の実態を直接確認するため、より正確な査定結果を得ることができます。
詳細なフィードバック: 物件の良い点や改善点など、具体的なアドバイスを受け取ることができます。
デメリット
手間と時間: 物件の訪問を行うため、査定までの手間や時間がかかる場合があります。
プライバシーの懸念: 実際に査定士が物件を訪れるため、プライバシーに関する懸念が生じることがある。

マンションナビの口コミ・評判

『マンションナビ』は数多くのメディアで取り上げられています。

不動産仲介業・チバテレ・企業情報バンク沖縄・TEIKOKUNEWS・住宅新報・DIAMONDonlineなどなど

そのマンションナビについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

ツィッターやインスタグラム、フェイスブック、公式サイトに体験談・口コミが掲載されていたので紹介します。

マンションナビの口コミ

子どもが産まれ、ライフスタイルが変わり、駅から遠いことがネックになり売却検討。
一括査定は時間が短縮できて効率が良く、このマンションに興味ある、または売ろうとしてくれる会社を探しやすい。

マンションナビ 口コミ

マンションナビを活用し、1~2日ですばやく連絡がきたので助かりました。

不動産屋さんがどこにあり、どこがいいのか全くわからない状態だったので、不動産屋さんからアプローチしてくれるのは助かります。

マンションナビの評判

引越のため、現在のマンションを売却することを検討。

マンションナビは、1度に5社の不動産会社から査定をもらえて、客観的に売却金額を知ることができて良かったです。

マンションナビ 評判

実際に不動産会社を一社、二社と回るのは大変で、多くの査定や資料を貰えるのがよい。

各社の規模や実績も確認できるので安心できました。

また、マンションナビは、
マンション売却活動の口コミ @全国マンションという口コミページがあり、
そこで、過去一括査定利用者が投稿した口コミが紹介されています。
(口コミ投稿でQUOカードPay500円分が当たる)

マンションナビ おすすめ

不動産会社のアドバイスに従わずに、自分で下調べして決めた価格でスムーズに売却することができました。相場よりもかなり安い査定額を出す不動産会社が多いですが、強気の売却開始価格を設定してもいいと思います。

マンションナビ QUOカード

不動産会社、担当者選びが重要だと思います。いい人に出会えたので高く素早く売却ができました。売却後は一戸建てを探していたのですが、新しい住居も探してもらったので売却からすべて安心して任せられたのが大きいと思います。

マンションナビの評判や信頼性

コロナが始まってすぐに売却したのはタイミングが悪かったなと思います。すぐに手放す必要はなかったが、コロナ禍で内覧もなく焦ってしまい、金額を大幅に下げてしまった。 売却の際は状況にもよりますが、焦らないことが大事です。

マンションナビ利用者のリアルな評判・口コミ

もともと売却についての知識が全然なかったので、最初はもっとスムーズに進むものかと思っていました。書類を集めたりなんかも土日は受け付けていなかったりして手間がかかるし、最終的に売却できたときは本当にホッとしました。

マンションナビ - マンション売却徹底比較

査定から売却まで非常にスムーズにすすみました。購入時の価格ともあまり変わらずに売却することができたのは、不動産会社の担当さんのおかげだと思います。良い担当の方との出会いは運もあるかと思いますが、これから売却の皆さんにも良い出会いがあることを祈っています!

 

リサーチニュース

マンション”ナビ”を運営しているマンションリサーチ株式会社

都心の不動産市況は、
新型コロナウイルスの影響を大きく受けず、高値で推移しています。

繁華街では、

  • 閉店のお知らせ
  • テナント募集
  • For Rent

なども目立ち、コロナの影響を大きく受けている飲食業は、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の終了に当たり、協力金を失って悪い意味での悲鳴を聞こえてきます。

コロナ自粛が解禁されても、人出は以前のように戻っていませんし、夜の街においては閑古鳥が鳴いている始末。

こんな状況下でも、不動産市況は大きく下げることなく、高値で維持しています。

マンションナビを運営するマンションリサーチ株式会社の【マンションナビマガジン】(すみかうる)においても、
今後の不動産価格は、大きく下がることは考えらないという結論を出しています。

とはいえ、不動産市況はみずもの。

残念ながら、現総理:岸田文雄総理は、
経済より財務省の方を向き、景気回復には無関心・相当時間がかかりそうなイメージです。

税収を増やすのであれば、

  • 企業が儲かり
  • 社員の給料が増え
  • 消費が活発になり

この好循環によって、景気がよくなり国民の機運が高まり、そこから税金を取るのが一番でしょう。

現状、どんよりした雰囲気はコロナだけではなく、その経済状況・政府の意思決定がもたらしているように思えます。

そもそも、
コロナによってインバウンド需要は、そう簡単に復活しないでしょう。

その状況下で、商業地域がどう復活できるか?

住宅地は別物になりますし、マンション相場とは別の区分になりますが相乗効果あってのものです。

テレビで取り上げられる

  • 路線価日本一は銀座「鳩居堂前」
  • 公示価格上昇

などは、切り取りの典型です。

都内でも下がっているエリアも多数ありますし、今後も下がり続けると予想されているエリアもあります。

有限会社ジオネットワークと賃貸管理業界のサービス拡大に向けて資本業務提携

マンションリサーチ株式会社(東京都千代田区)は、賃貸管理企業へサービス展開を行っている有限会社ジオネットワーク(東京都世田谷区)と資本業務提携を締結

関連不動産仲介会社の仲介が多いは本当なのか?

マンションリサーチ株式会社はブランドマンションの中古取引は関連不動産仲介会社による仲介が多いのかを検証
【ブランドマンション「販売業務受託力」調査方法】
三井不動産「パーク・ホームズ」
住友不動産「シティー・タワー」
野村不動産「プラウド」
三菱地所レジデンス「パークハウス」
東急不動産「ブランズ」
東京建物「ブリリア」

東京都23区の価格最高値更新

消費税増税によって中古マンション需要は低下し、2020年からの新型コロナウイルス感染拡大により、価格はさらなる下降局面に転換することが予想されていました。

しかし、コロナ禍により価格は下がるどころか価格はどんどん上昇していき、2022年を迎えた現在でも上昇基調にあります。

不動産査定サイトの口コミ・評判

家・マンションを売るならどこがいい?大手不動産会社と一括不動産査定サイト

マンションの価格相場の確認方法

マンションの売買や賃貸を考える際、最も気になるのが「価格相場」です。価格相場を知ることで、適正な価格での取引を進めることができます。以下に、マンションの価格相場の確認方法や、マンションナビが提供するデータの活用方法、価格相場を知ることの重要性について詳しく解説します。

マンションの価格相場の確認方法

  • 公示価格
    国が毎年公表する土地の価格で、**「地価公示」**とも呼ばれます。これは、土地の基準価格を示すもので、マンションの価格相場を知る一つの指標となります。
  • 不動産情報サイトの活用
    多くの不動産情報サイトでは、過去の取引実績や物件の詳細情報を公開しています。これらの情報を参考にすることで、エリアや物件の特徴に応じた価格相場を把握することができます。
  • 不動産会社の査定
    不動産会社に査定を依頼することで、現在の市場価格に基づいた価格相場を知ることができます。特に、**「訪問査定」**を選択することで、より正確な価格を知ることができます。

マンションナビが提供するデータの活用方法

マンションナビは、マンション専門の一括査定サービスとして、多くのデータを提供しています。これらのデータを活用することで、価格相場の確認が容易となります。

過去の取引実績
マンションナビでは、過去の取引実績を基にした価格相場を提供しています。これにより、同じエリアや同じ物件タイプのマンションの価格相場を瞬時に知ることができます。
査定結果の比較
複数の不動産会社からの査定結果を比較することで、各会社の評価基準や価格相場の違いを把握することができます。
価格相場を知ることの重要性
価格相場を知ることで、高すぎる価格や安すぎる価格での取引を避けることができます。これにより、適正な価格での売買や賃貸を進めることができます。
価格相場を知っていることで、物件の価格交渉において有利な立場を取ることができます。特に、売主としては、価格相場以上の価格での売却を目指すことができます。
価格相場は、不動産市場の動向を反映しています。そのため、価格相場を知ることで、市場の上昇傾向や下落傾向を把握することができます。
マンションの価格相場を知ることは、適正な価格での取引を進めるための重要なステップです。
マンションナビなどのサービスを活用することで、簡単に価格相場を確認することができます。市場の動向や自身の状況を考慮し、適切な価格での取引を目指しましょう。

よくある質問

マンションナビに関して、疑問・質問・よくある質問をまとめました。

  • 一括査定って何ですか?
    マンションナビの一括査定では、所有マンションの特徴に合った、複数の不動産会社へ査定依頼を申し込むことができるサービスです。
    ・売ったらいくら? ・買い取ってもらったらいくら? ・貸したらいくら? という観点から査定価格の算出が可能です。
  • マンションナビを使うメリットは?
    マンションナビでは2億件を超えるビッグデータを活用して「推定売却(賃料)価格相場」をはじめ、個別マンションの販売履歴や価格推移などを無料で確認できます。
    相場や販売履歴を知ることでマンション売買の参考にすることができます。
  • マンションナビ一括査定のメリットは?
    所有マンションをより高く、納得した売却を実現するためには複数の不動産会社に相談することが大切です。
    マンションナビの一括査定では、簡単WEB申込で、売却したいマンションの取り扱いを得意とする不動産会社を最大9社(売買6社・賃貸3社)に査定が可能です。
  • 一括査定には何か必要ですか?
    一括査定のご利用は売却したいマンション情報(マンション名、住所、階数、専有面積など)と連絡先を入力するだけで無料で利用できます
  • 個人情報の取扱いが不安です。
    全国の優良不動産会社2,500店舗と提携しています。
    利用者からのクレームがあったり、不適切と判断した不動産会社は利用を停止の措置を取っています。
  • 残債がかなり多いのですが。
    買った時よりもマンション価格が上昇しているケースが増えています。
    少しでも「売りたいな」と思っていたら、まずは価格を調べることから始めることをオススメします。
  • 売却と買取で悩んでいます。
    通常、売却までに時間を要してもなるべく高く売りたい場合は「仲介」
    価格よりもスピードを優先する場合には「買取」
    がおすすめです。
    マンションナビでは仲介・買取の両面から査定を行うことも可能です。
  • 一括査定はすぐに価格がわかりますか?
    査定依頼を受けた不動産会社が各種調査の上で連絡がきます。
    通常、即日~2日で簡易査定結果(年末年始、特別休暇などを除く。)
  • 一戸建てや土地、アパート一棟の査定は可能になりますか?
    マンションナビはマンション専門の一括査定サービスとなります。
    一戸建て、土地、アパート一棟の査定依頼については、不動産査定サイトランキングで確認ください。
  • マンションナビが売却を保証してくれるのですか?
    売却保障するものではありません。

マンションナビの査定方法

マンション管理適正化法改正「マンション管理計画認定制度」と「マンション管理適正評価制度」の施工のよって、マンションの新しい基準が設けられる下地ができました。

実施、これによる大きな査定額の差は出ていませんが、業界内では

  • 良いマンション
  • 問題のあるマンション
  • 悪いマンション

などの暗黙の了解・レッテル貼りは起きておかしくないでしょう。

マンションに限らず不動産は、

  • 高いから売る
  • 安いから買う

右から左へそう簡単に動かすことができません。

日頃からマンションナビを活用し相場を確認しておくことで、いざ売却のタイミングになった時、冷静に売却戦略が考えられると思います。

マンションナビの査定の流れは公式サイトに漫画で紹介されていました。
マンションナビ クチコミ

マンションナビとは

マンションナビ お問い合わせ

マンションナビ 電話番号03-5577-2041

マンションナビ査定

マンションナビ 公式サイト

マンションナビ 一軒家

  1. 公式サイトから45秒無料査定登録
  2. 査定するマンションをもとに不動産会社(最大9社)の紹介
  3. 査定結果や不動産会社比較から売却の判断
  4. 媒介契約を締結・売却活動開始
マンションの査定額を知りたい!高く売りたい!
一括で複数の不動産会社に査定依頼ができるサービス
>>”マンションナビ”公式サイトへ

《参考サイト》