モンゴル不動産投資・ココザス海外不動産投資セミナーの評判口コミ:ウランバートル投資のメリット・デメリット、日本との比較

《PR・広告》

モンゴル不動産投資・ココザスの評判・口コミ:日本のマンション投資の比較、利回り10%・資産価値上昇中のウランバートル投資 ココザス

モンゴル不動産投資 ココザス

モンゴルの不動産市場は、その豊かな自然資源と経済の成長に支えられています。

この地でマンション投資を検討する際、ココザスは魅力的な選択肢の一つです。

今回紹介するココザスは、
モンゴルの首都ウランバートルを中心に、革新的な不動産プロジェクトを展開している企業です。

高品質な住宅開発に注力し、モンゴルにおける生活の質の向上と、投資家への持続可能な収益の提供を目指しています。

ココザスのプロジェクトは、地域社会の発展に貢献しつつ、国際的な資本家にとっても魅力的な機会を提供しています。

本記事では、ココザスのサービスの特徴、投資のメリット・デメリット、利用者の口コミ・体験談、利回り保証や買取保証はあるのか?またよくある質問まで徹底解説します。

モンゴルの不動産投資なら
モンゴル不動産投資オンライン説明会
★所有期間利回り11.39%〜13.39%(10年保有)
★800万の物件を購入すると10年後に1,000万円の利益
>>モンゴル不動産投資公式サイトへ
一緒に比較したいフィリピン投資
国内の不動産投資は、物件価格の観点から利回りが取れません。
海外と言っても、ハワイやニューヨークも同じ。

そこで、フィリピン不動産を一緒に比較することもおすすめします。
モンゴル同様、小資金で始めることができ、ココザス同様、オンライン説明会を行っています。
>>フラッグシティパートナーズのフィリピン投資はコチラ

魅力的な『モンゴルの不動産投資』とは 新興国の魅力・国内外の資本家から高い関心

モンゴルはその経済と潜在能力により、いろいろな面で注目されています。

前年比実質GDPが約7%で上昇しており、これは資源豊富な国土と安定した経済政策が支えとなっています。

さらに、人口ボーナスのピークが2045年に予測されており、長期的な発展が期待される新興国の一つです。

これた背景から、モンゴルの不動産市場は国内外の資本家から高い関心を集めています。

資源開発、交通システム、インフラ整備、都市開発など、多岐にわたる分野での投資機会があり、
特に首都ウランバートルでは、住宅、オフィスビル、商業施設などの開発が進んでいます。

投資を検討する際には、市場の動向やリスク、法規制などを十分に調査し、慎重な判断が求められます。

モンゴル不動産投資

経済成長率

2023年のモンゴル経済は前年度比6.4%で、資源価格の高騰やインフラの拡大が上昇を支えています。
国際通貨基金(IMF)は、2024年も7%を予測しています。

人口動態

人口は約345万人→500万人(2045年)

モンゴルは中国とロシアに囲まれた内陸国で、面積は156万4,100平方キロメートル(日本の約4倍)、人口は約345万人です。

この人口ですが、2045年には500万人に達すると推計されています。
労働年齢人口が増え、労働力が豊富になるため、モノやサービスの生産が高まり、消費の増加が想定されます。
対して、高齢者人口は少ないため、医療や年金の負担は減ります。

人口増加は、経済の活性化・住宅需要の増加につながり、投資にとって有利な要因となります。

*2024年のモンゴルの総人口は3,470,939人で、労働年齢人口は2,184,532人
62.94%を占める。2045年には労働年齢人口は65.62%となる。

鉱業資源

モンゴルは銅、金、石炭等の鉱業資源が豊富で、主要な産業(GDPの約4分の1)となっています。
資源価格の高騰は、政府の財政収入を増加させ、インフラの拡大につながります。

インフラ整備

政府はインフラ整備に力を入れており、道路、鉄道、電力などのインフラが整備されています。
インフラ整備は、経済と不動産市場の活性化に貢献します。

”モンゴルマンション投資”ならココザスのオンライン説明会・セミナーについて サービスの特徴・こんな人におすすめ

モンゴルの魅力の一つは、確かに経済発展に伴う不動産価格の上昇です。

ココザス

モンゴルは経済が拡大を続けており、
IMFによると、物価上昇率は2023年で12.27%、2026年には10.5%と高い水準が予測されています。

このような環境では、不動産価格も上昇する可能性が高く、現在の市況は運用に適した時期と言えます。

経済成長と物価上昇の傾向を踏まえ、モンゴル不動産への資本投下は、将来的に価格上昇による利益を期待できる魅力的な機会を提供します。

モンゴル(ウランバートル)と日本の不動産の違い

利回り・キャピタルゲイン・平米単価・家賃上昇率

モンゴルと日本の不動産の違い

特徴 モンゴル(ウランバートル) 東京の区分不動産
利回り 10年間の利回り(IRR)が約25% 東京都心で約3.5%
キャピタルゲイン 大きな可能性あり ほぼなし
平米単価 約20万円(2023年7月時点、為替レートによる) 東京港区で約600万円(ハイブランドマンション、2023年7月時点)
家賃上昇率 毎年10%上昇 ほぼ横ばい
将来性 生産人口の人口爆発で第2のドバイに近い将来性 超少子高齢化で需要が低迷

モンゴルは高い利回りとキャピタルゲインのチャンスがあり、将来性も期待されています。
東京の区分マンションは利回りは低めでキャピタルゲインは限られており、将来的な需要には注意が必要です。

投資シミュレーション

海外の不動産を購入・物件選び

ココザスのモンゴルマンション・オンライン説明会は、以下の方におすすめです。

金融資産1000万円以上の人
★資産運用に興味があり、新たな投資先を探している
★安定的な資産形成をしたい
★将来に向けて、資産を増やしたい
海外不動産に興味がある人
★海外市場に興味があり、リスク分散を図りたい
★新興国に期待したい
★円建てでできる海外不動産を探している
安定的な利益を求めている人
★高利回りの資産運用先を探している
★インフレ対策として、実物資産への出資を検討している
★長期的な視点で資産形成をしたい

参加は無料です。

日本の不動産投資では考えられない利回りは以下の感じです。

年数 実質利回り回収累計
1年目 5.5%
2年目 10.9%
3年目 16.4%
4年目 21.8%
5年目 27.3%
6年目 32.7%
7年目 40.5%
8年目 48.3%
9年目 56.2%
10年目 64.0%

>>オンライン説明会はコチラ

ココザスおすすめ計画予定・販売予定のマンション紹介

ココザス 口コミ

立地・建設予定時
他社にはないウランバートル市の中央にある好立地に位置しています。
行政の要人や富裕層が集まる地区で、同市の中で最もにぎわいを見せる地区。

価格
地価がまだ安い数年前から1件ずつ時間と手間をかけて土地を開拓して建設しているため、価格を競合物件より約1割安く、平米単価14.8万円(日本円換算)で提供できます。

品質
日本の不動産とほぼ同様の建築ノウハウ、素材、デザインを採用しており、洗練された内装で快適な生活を送ることができます。

モンゴル不動産 メリット・デメリット

ココザスの口コミ・評判 実際の利用者の声・体験談

一番気になるのは、ココザスの口コミや評判でしょう。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い感想・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトにお客様の声(口コミ・体験談)が掲載されていたのでご紹介します。

ココザス 評判

1:モンゴルという伸び代ある市場が魅力(月一の進捗会)

Tamelu投資(ココザスの商品)やその他日常的な情報発信の視聴などお世話になっている中で、いよいよ海外進出第一号の事業ということでココザスとともにそのスタートを共有できることに特別感を抱きました。また、モンゴルという伸びしろがまだある市場でココザスが自信をもって取り組めるという姿勢を見せてくれていることも大きかったです。今後も月一の進捗会などでスタートを一緒に見守っていきたいです。
匿名希望様 40代男性

ココザス モンゴル

2:実需がある物件…竣工が楽しみです

不動産についてはこれまで怪しい、損をした話しか聞いたことがなく避けていました。
ココザスさんとの面談を重ねる中でステップを踏んで投資への取り組み方を説明いただいたことでリスクを具体的に理解できました。
そのリスクを抑えられる条件選定や考え方を学ぶことで納得してチャレンジすることができました。
また海外不動産は、通貨分散の意味でも自分の投資方針に合致しており、かつ一般的に投機色が強い海外集合住宅に対し、今回は実需がある物件への出資であったため有意義と感じ前向きに取り組むことができました。竣工を楽しみにしています。
けろけろろ様 30代男性

モンゴル不動産投資なら

3:情報開示がしっかりしていて安心できた!

投資に関するリスクとリターンの情報開示をしっかりしていただけたこと、質問に何でも答えていただけたこと。
何より社長の絶対成功させるという自信と意気込みを感じ、投資に取り組むことに決めました。
投資後も毎月の進捗報告会にて情報提供していただいており安心しています。
匿名希望様 40代男性

関連ページ

海外不動産投資比較:メリット・デメリット

フィリピンやマレーシアなどの新興国と比較して、モンゴルではより低価格から不動産投資を始めることができ、それにより大きな売却益を狙うことができます。

モンゴルがまだ発展途上であり、不動産市場が他の新興国に比べて価格が低めに設定されているためです。

このような状況は、投資初期コストを抑えつつ、将来的な市場・価値が上昇する不動産に投資する絶好の機会といえます。

モンゴルに限らず、マレーシアやフィリピンに加え、シンガポール・ドバイ、ハワイなどの海外投資も紹介します。

関連ページ
海外不動産投資のメリット
高利回り・デメリット・リスクとどっちを取る?

フラッグシティパートナーズ海外不動産投資セミナー
年収を問わないフィリピン

マレーシア不動産
購入リスク・日本との利回り比較、マレーシア移住を検討の方にもおすすめ情報

フィリピン不動産
人口・エリア分析、コンドミニアム投資・プレビルドなどの種類を紹介

シンガポール不動産
人気エリア・物件の選び方・外国人投資家の制限などを紹介

ドバイ不動産投資のメリット・デメリット
不動産市況・エリア分析、今からでも大丈夫?

 

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

通貨:円建て投資・為替リスク

ココザスについて疑問・悩み・不安においてよくある質問・Q&Aを公式サイトから抜粋し紹介します。

日本語しか話せなくても、投資は可能ですか?

ココザスは日本語対応なスタッフが常駐していますので、契約から管理まで全部、安心して相談できます。
現地法人のサポートも責任を持って対応いたします。

売買取引の通貨は何ですか?

売買取引は日本円でのお取引ができます。

税務申告はどうすればよいですか?

モンゴルでの課税は売却時のみ発生します。
売却益は譲渡所得、賃料は不動産所得として、国内不動産と同様の税区分で申告となります。

投資のリスクは?

経済情勢や政治情勢の変化、為替リスク、空室リスクなどがあります。
投資を行う前に、これらのリスクを十分に理解し、慎重に判断することが重要です。

ココザスの投資のメリットは?

モンゴルは、高い利回りと成長性が期待できます。
また、円建てで投資できるため、為替リスクを軽減できます。

初心者でもできますか?

はい、可能です。ココザスでは、初心者向けの説明会やセミナーも開催しております。

モンゴル投資の将来性は?

モンゴル経済は近年、資源開発による経済発展が著しい新興国です。
人口増加も予想されており、今後も不動産市場の繁栄が見込まれます。

投資の始め方は?

1. 投資の目的と目標を明確にする
2. リスクとリターンを理解する
3. 投資する物件を選ぶ
4. 現地法人設立
5. 購入手続き
になります。

ウランバートルマスタープランとは?

ウランバートルマスタープランは、モンゴルの首都ウランバートル市の都市開発と将来の進歩を計画的に導くための総合的な計画です。
このマスタープランは、市のインフラの整備、交通システムの改善、住宅政策の策定、公共空間の開発、環境保護の取り組みなど、幅広い分野にわたる都市の持続可能な発展を目指しています。
具体的な目標には、市民の生活の質の向上、経済的な成長の促進、社会的な包摂の強化が含まれます。
この計画は、ウランバートルをモンゴルを牽引する現代的で活力ある都市にすることを目指しています。

ウランバートルのゲル地区では、地方から多くの移住者が無秩序にゲル(移動式住居)を建てること、また多くの石炭使用(大気汚染源)が問題となっています。
これを解決するために、モンゴル政府は「ウランバートルマスタープラン」という政策を進め、ゲル地区の人々の都心部への住み替え・居住の確保を推奨しています。

オンライン説明会は、どのような講師が担当ですか?

ココザス株式会社 コンサルタント:薗部智さんが担当
朝日新聞社・日経新聞社・マネーフォワード・ZUU online・HBC北海道放送・khb東日本放送などが主催する数多くの講演会に登壇し、年間約4,000名に向けて正しいお金・投資の知識を普及。
さらに独立系ファイナンシャルアドバイザーと呼ばれるIFA会社(金融商品仲介業)の立ち上げに参画。
自身でも投資をしながら株式・太陽光・住宅など幅広い分野で情報発信をする薗部は担当します

【モンゴル基本情報】

首都 ウランバートル(人口約169万人)(2022年、NSO)

民族 モンゴル人(全体の95%)及びカザフ人等

言語 モンゴル語(国家公用語)、カザフ語
宗教

チベット仏教等(社会主義時代は衰退していたが民主化(1990年前半)以降に復活。1992年2月の新憲法は信教の自由を保障。)

議会 国家大会議(一院制、定員76、任期4年、直近の総選挙:2020年6月)

モンゴル不動産投資相談・ココザスのお問い合わせ

モンゴル政府は農牧業以外の産業育成と経済構造の多角化に力を入れています。

これにより、経済成長が順調に進んでおり、GDPの推移もその成果を示しています。

香港上海銀行の予測によると、2050年までにモンゴルの経済規模は世界で16位にまで上昇し、東南アジアで最大の経済国になる可能性があるとされています。

このようなポジティブな展望は、国内外の投資家にとって大きな魅力となります。

投資を検討するにあたっては、このような政府の政策方向性や将来的な経済成長の予測を踏まえ、慎重に市場分析を行うことが重要です。

まとめ記事:所有期間利回り11.39%〜13.39%

モンゴルの不動産投資なら
年収800万円以上の預貯金がある方対象
モンゴル不動産投資オンライン説明会
★所有期間利回り11.39%〜13.39%(10年保有)の不動産投資・管理業務
★800万の物件を購入すると10年後に1,000万円の利益
>>モンゴル不動産投資公式サイトへ

《参考サイト》

  • 運営会社:ココザス株式会社(COCOZAS.Co.,Ltd.)
  • 所在地:東京都港区芝2-27-8 VORT芝公園7F
  • 代表者名代表取締役:安藤義人
  • 設立:2016年7月11日
  • 資本金:1億8,833万円(グループ単純合算・資本準備金含む)
  • 事業内容:個人向けライフデザイン事業(資産形成/転職支援/住宅関係)
  • 許認可:有料職業紹介事業(許可番号:13-ユ-312603)
  • アクセス
    JR各線「浜松町駅」南口から徒歩8分
    JR各線「田町駅」三田口から徒歩12分
    都営三田線「芝公園駅」A1出口から徒歩6分
    都営三田線「三田駅」A9出口から徒歩7分
    都営大江戸線/浅草線「大門駅」A3出口から徒歩9分
  • 公式サイト:https://cocozas.jp/