おすすめのバーチャルオフィスの評判口コミ:バーチャルオフィス徹底比較(利用者の声)・エリア・大手から中小まで安い料金

おすすめのバーチャルオフィス バーチャルオフィス
  1. おすすめバーチャルオフィスの評判
  2. バーチャルオフィスとレンタルオフィス基本比較
  3. 【日々更新中】バーチャルオフィス”6社”比較 良い評判口コミ・利用者の声・料金プラン・エリア・基本情報
    1. METSオフィス:格安利用可能
    2. GMOオフィスサポート:格安利用可能
    3. DMMバーチャルオフィス:格安利用可能
    4. 京都朱雀スタジオ(京都)
    5. レゾナンス
  4. バーチャルオフィスのメリット・デメリット 使い勝手比較・良い点・悪い点
    1. ナレッジソサエティ
    2. リージャス
    3. ユナイテッドオフィス
    4. 京都バーチャルオフィス(京都)
  5. バーチャルオフィスの特徴・検討材料 向いている人・向いていない業種
    1. Karigo
    2. ワンストップビジネスセンター
    3. NAWABARI
    4. バーチャルオフィス1
    5. オギャーズ
  6. コスト削減のためのバーチャルオフィスの活用方法 オプション・転送・電話代行
  7. リモートワークに最適なバーチャルオフィス・比較サイトの選び方
    1. よくある質問・利用者の疑問
  8. バーチャルオフィス比較:まとめ
    1. フリーランス・個人事業主ニュース
    2. JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会/h3> JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会は、会員サービスとして、 入居者募集支援 募集計画の策定をはじめ、不動産業者の紹介やインターネット広告の運用代行支援 運営支援及びコンサルティング 運営経験豊富なスタッフが現在の運営方法の改善点やアドバイス 業界動向に関するレポーティング 最新の業界全体の動きの分かる統計情報や、業界トピックス、エリレポートなど、経営改善や新規出店の際にお役立て頂けるレポートをWebマガジンとして定期刊行 会員向けICTシステムの提供 入居者管理、請求管理をはじめ、オプションサービス受付のための専用サイトの運用などが可能なICTシステムの提供 入居者向けセミナーの企画・開催 当協会顧問の税理士、弁護士、社労士その他各分野の専門家によるセミナーを入居者向けに開催 開業・出店・M&A支援 開業予定地の立地診断から、収支シュミレーション、各種業者紹介、現場監理まで、一貫して監修 等、行っています。 JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会レンタルオフィス業界の更なる発展と健全化を目指す日本レンタルオフィス協会では、レンタルオフィスが探せるレンタルオフィスナビ東京版・レンタルオフィスナビ全国版運営のほか会員企業へのビジネス活動をサポートします。www.jroa.or.jp バーチャルオフィスの評判や問題を監視・サポートしています。 信憑性・信ぴょう性についても、チェックし、今後も更新していきたいと思います。 【更新履歴/お知らせ】 2023年7月(令和5年):クーポンコード 2023年3月(令和5年):記事リライト 2022年4月(令和4年):口コミ/体験談追加 2021年7月(令和3年):画像2枚追加 2020年11月(令和2年):体験談追加 2019年12月(令和元年):新規記事アップロード 表参道ストーリーズ

おすすめバーチャルオフィスの評判

バーチャルオフィスに求めるものは何ですか?

バーチャルオフィスを提供している会社に関して、

その活用法にバリエーションを持たせるために、どこを選べばいいのか?

オフィスという単語は含まれているわけですが、実際にそこをワーキングスペースとして活用できないバーチャルオフィスですが、

  • レンタルオフィス
  • コワーキングスペース
  • 貸し会議室

も併設していることも多く
バーチャルオフィスの比較をしている人も少なくないと思います。

今回の記事は、バーチャルオフィス徹底比較として、

  • 価格:料金体系
  • エリア:オフィス所在地
  • 特典・サービス内容:オプション
  • 口コミ・体験談

の説明と併せて、バーチャルオフィスで人気のエリア

  • 東京でおすすめのバーチャルオフィス
  • 銀座でおすすめのバーチャルオフィス
  • 新宿でおすすめのバーチャルオフィス
  • 渋谷でおすすめのバーチャルオフィス
  • その他、各県の都心分のバーチャルオフィス

を紹介します。

≪バーチャルオフィス選び方・ポイント≫

  1. エリアをしっかり決めてる
  2. 必要としている用途・目的とのマッチングを確認
  • 用途に合わせた月額料金比較(相場の確認)
  • バーチャルオフィス選びの注意点・ポイントはこの”3つ”です。

    その上で

    • 値段にこだわり、東京以外でも問わない場合は、京都:和文化推進協会550円/月
    • 都心にこだわるが、法人登記の必要なしなら最安価格のGMOオフィスサポート330円/月
      クーポンコード「t0u0y6」入力で10%オフ!さらに初年度基本料金3ヶ月無料
    • 特商法の表記を都心に設定したい、法人登記の必要なしなら最安価格のDMMバーチャルオフィス660円/月

    年間1万円弱程度のオススメバーチャルオフィスです。

    バーチャルオフィスとレンタルオフィス基本比較

    今では当たり前となってきましたが、
    バーチャルオフィスという言葉が広がりだした頃は、レンタルオフィスとの違いを誤解している人が多くいたように思います。

    さらに、そこから

    • シェアオフィス
    • コワーキングスペース

    などのオフィススタイルが確立してきました。

    以前、バーチャルオフィスのレゾナンスの時に紹介しました。

    基本的にすべて貸し事務所ですが、
    ざっくりと

    1. レンタルオフィス(シェアオフィス・ コワーキングスペース)
    2. バーチャルオフィス

    の2つに分類できます。

    【レンタルオフィス:Rental office】
    レンタルオフィス(Rental office)は、

    • 固定の作業スペース(ワークスペース:机・テーブル等)
    • オフィス設備・備品・(固定電話番号(取得)・コピー機・シュレッター・Wi-Fi等)
    • ラウンジや会議室(プロジェクター・ホワイトボード等)

    等が備わっているオフィスです。

    レンタルオフィスから分岐するコワーキングスペースとシェアオフィスは、
    シェアオフィス、コワーキングスペースともにフリーアドレス形式で自由に場所を選べるワークスペースです。

    更に細分化すると、コワーキングスペース(Coworking・Co working)は、
    利用者同士が交流・コミュニケーション等(協働や協創)の意味合いを持ったスペースと言われることが多く、シェアオフィスを細分化したものの1つがコワーキングスペースという位置づけです。

    【バーチャルオフィス:Virtual Office】

    レンタルオフィスがワークスペースが用意されているものに対して、
    バーチャルオフィスはワークスペース自体有していない賃貸システムです。

    オフィスにおける必要性は、デスクワーク(desk work) ・作業場だけではありません。

    • 名刺やホームページの記載する住居、電話番号貸出し
    • サインの必要な宅配便・簡易書留・郵送物の荷物の届け先

    など事務所の所在地としてのニーズがあります。
    バーチャルオフィス:wikipediaより

    【日々更新中】バーチャルオフィス”6社”比較 良い評判口コミ・利用者の声・料金プラン・エリア・基本情報

    バーチャルオフィスの主なサービス・特徴は

    • 法人登録・登記
    • 会社住所
    • 電話番号
    • ファックス番号(FAX)

    です。

    • 業務主体は地方だけどオフィス所在地だけは東京(都心)に構えたい
    • 副業としてビジネスを始めたけど、自宅を所在地にしたくない(できない)
    • 一等地に会社登記を行いたい
    • 特定商品取引法に記述する住所は3区(千代田区・中央区・港区)のどれかにしたい

    など、形だけオフィスの所在地を設定できるのがバーチャルオフィスです。

    そこで、バーチャルオフィス比較が可能なように

    • 料金面でのメリット・デメリット
    • オフィスエリアの強み弱み・優劣
    • 良い口コミ・悪い評判・体験談の抜粋
    • 初月無料・入会金無料等のキャンペーン情報

    を紹介します。

    • 東京でおすすめのバーチャルオフィスはどこか?
    • 港区でおすすめのバーチャルオフィスはどこか?
    • 銀座や渋谷で料金が安いバーチャルオフィスはどこか?

    など、厳選バーチャルオフィス比較としてご活用ください。

    METSオフィス:格安利用可能

    月額270円〜東京都内で希少な自社ビル運営バーチャルオフィス
    バーチャルオフィス・レンタルオフィスを運営している全てのビルが運営会社であるオリンピア興業株式会社の所有物件なので大幅コストカットを実現。業界最安値の月額270円
    新宿区・中央区・北区のバーチャルオフィス
    バーチャルオフィス比較

    *自社物件のメリット
    自社物件なので賃料がかからない分、サービス利用料金の格安設定が可能
    テナントではなく自社物件として保有している場合、立ち退き等によって住所自体が消滅などのリスクは少なく、安定した経営基盤が保たれています。

    ≪METSオフィスの口コミ(お客様の声)≫
    メリットはコワーキングスペースがキレイで明るいから始まり、たくさんあるのですが、特に私にとっては個別で申込みしている個室や事務所でもないのに、24時間365日利用できるところが気に入っています。
    またそれほど混みあう事もなく、周りが気にならず集中して仕事できるところも気に入っています。
    デメリット発生を感じたことは特にないです。

    【店舗情報】
    駅近、利便性抜群!

    • METSオフィス新宿三丁目:新宿三丁目駅から徒歩2・3分と超駅近
    • METSオフィス日本橋兜町:日本橋駅と茅場町駅から徒歩で約4分
    • METSオフィス新宿御苑:新宿三丁目と新宿御苑前駅から徒歩で約4・5分
    • METSオフィス赤羽:赤羽駅東口から徒歩1分

    【料金プラン・初期費用について】

    • ライトPLAN:270円/月額・税込
      住所利用可能・法人登記不可
    • ビジネスプラスPLAN:1,430円/月額・税込
      住所利用可能・法人登記可能

    >>METSオフィス公式サイト詳細はコチラ

    GMOオフィスサポート:格安利用可能

    GMOインターネットグループ(東証プライム上場:9449)が2021年に運営スタートさせたバーチャルオフィス
    人気エリア(都内4ヶ所:渋谷・中央区銀座・新宿・港区青山|横浜|名古屋|大阪|京都|福岡)のバーチャルオフィスが、最安値プランで330円/月額で利用可能です。
    おすすめのバーチャルオフィス
    ≪GMOオフィスサポートの利用ユーザーの評判(メリット・デメリット)≫
    最短即日で口座開設、料金体系が非常にわかりやすく、法人口座とつながれるので嬉しい。
    コスパ最高だと思う。
    また、銀行(GMOあおぞらネット銀行)の法人口座開設提携がスムーズです。

    【店舗情報】

    • 渋谷:東京都渋谷区道玄坂1丁目10番8号
    • 新宿:東京都新宿区西新宿3丁目3番13号
    • 銀座:東京都中央区銀座1丁目12番4号
    • 青山:東京都港区南青山3丁目1番36号
    • 横浜:神奈川県横浜市西区浅間町1丁目4番3号
    • 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24番5号
    • 大阪・梅田:大阪府大阪市北区梅田1丁目2番2号
    • 京都:京都府京都市下京区七条通油小路東入大黒町227番地
    • 福岡・天神・博多:近日提供予定

    【料金プラン・月額費用について】

    • 【必要最低限 住所だけ貸してほしい方】
      基本プラン:住所貸しプラン:330円
    • 【登記出来る住所を借りたい方】
      バーチャルオフィスプラン:1,650円~
    • 月1転送プラン 月額1,650円
    • 隔週転送プラン 月額2,200円
    • 週1転送プラン 月額2,750円
    • LINEで郵便物の通知、頻度が高い、週1転送の上位プランでも2000円台と圧倒的にお得です。

    シンプルな料金体系です。
    >>GMOオフィスサポート公式HPへ

    DMMバーチャルオフィス:格安利用可能

    動画配信事業とオンラインゲーム事業、FX等の金融サービスなど数々のサービスを提供している合同会社DMM.comが運営する業界最安水準の660円〜/月 で利用可能なバーチャルオフィスサービスです。
    大手バーチャルオフィス会社
    ●銀座●渋谷●大阪梅田●福岡天神●名古屋
    都心の一等地にオフィス住所が可能!

    ≪DMMバーチャルオフィスの口コミ≫
    今回、バーチャルオフィスというものを初めて知ったが、ネットショップ運営をするのに自宅住所を公開したくない人にとってとても良いと思いました。
    EC・小売 30代の方

    【店舗情報】

    • 渋谷店
      東京都渋谷区渋谷2丁目
      渋谷駅徒歩2分 
    • 銀座店
      東京都中央区銀座1丁目
      銀座一丁目駅徒歩3分・京橋駅徒歩4分 
    • 大阪梅田店
      大阪府大阪市北区梅田1丁目
      梅田駅徒歩4分
    •  

    • 福岡天神店
      福岡県福岡市中央区天神4丁目
      天神駅徒歩6分 
    • 名古屋店
      愛知県名古屋市中村区名駅3丁目
      名古屋駅徒歩6分

    【料金・費用について】

    1. ネットショップ支援プラン:660 円
    2. ビジネスプラン:2,530 円
    3. ライトプラン:1,650 円

    >>DMMバーチャルオフィス詳細はコチラ

    京都朱雀スタジオ(京都)

    一般社団法人和文化推進協会が運営する業界最安値、月額500円で住所と電話番号がレンタルできる充実のバーチャルオフィスです。
    安いバーチャルオフィス

    ≪和文化推進協会の口コミ≫
    ありがとうございます!
    私は和文化推進協会様のバーチャルオフィスのおかげで、ネット店舗・ネット通販を安心して運営できております。
    格安料金ですし、感謝しております。

    【料金・費用について】
    ・入会金6,000円ですが、1年目の年会費は0円
    ・2年目以降は、年会費は6,000円

    >>和文化推進協会公式HPへ

    レゾナンス

    株式会社ゼニスが運営、浅井企画に所属する日本のお笑いコンビ”キャイ~ン”(天野ひろゆき · ウド鈴木)がCMを務める
    月額1650円!都内有数のオフィス街(東京都・浜松町、銀座、 渋谷、西新宿)のバーチャルオフィス【レゾナンス】
    バーチャルオフィス 比較

    ≪レゾナンスの評判・口コミ(メリット・デメリット)≫
    テレワークなのでオフィスはいらないがどうしても登記住所を渋谷にしたく利用開始しました。
    想定よりかなり安くすんだので創業期には助かります。
    レゾナンスさん、これからもよろしくお願いします。

    【店舗情報】

    • 浜松町本店:〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15
    • 銀座店:〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-11
    • 渋谷店:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-4
    • 新宿店:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-3-13

    【料金・月額費用について】
    入会金:5,500円

    • 格安料金 バーチャルオフィスコース(住所のみ)
      月額3,300円相当 ⇒ 月額1,650円
      *来店受取可能
    • 転送電話2点セットコース(住所+電話転送サービス)
      月額5,500円相当 ⇒ 月額3,850円
    • 転送電話3点セットコース(住所+転送料:転送電話+転送FAX)
      月額6,600円相当 ⇒ 月額4,950円
    • 電話秘書代行セットコース(住所+電話秘書代行)
      月額7,700円相当 ⇒ 月額6,050円

    >>レゾナンス公式サイトへ

    バーチャルオフィスのメリット・デメリット 使い勝手比較・良い点・悪い点

    バーチャルオフィスなら低コストで会社設立が可能です。

    本来、一般的な賃貸オフィスは、

    • 光熱費
    • 清掃費用
    • 機器リース費
    • 賃貸料+共益費

    などが多額な費用負担がかかります。
    賃貸借契約を結び家賃として支払いますが、バーチャルオフィスならすべて不要、無駄なコスト削減が可能です。
    支払いも、家賃ではなく、支払手数料・利用料になります。
    賃貸オフィス、レンタルオフィス、シャアオフィスに比べて、一番コスト面で魅力的なのがバーチャルオフィス申し込みです。
    *面倒な手続きもネットから簡単申込

    そのバーチャルオフィスの活用は幅広く、

    • ビジネスが軌道に乗っている人・スタートアップの人
    • 副業として利用
    • 営業所としての住所活用

    など、様々です。

    そこで、バーチャルオフィスのメリットを紹介すると

    《自宅の住所は使いたくない》

    副業が軌道に乗り、法人化を考える時、登記する住所を自宅にするか?悩みます。

    敷金・礼金・保証金を払って事務所を借りるのはコストもかかるし、そこまで規模を必要ない。

    自宅住所を公開することなく隠す形で、バーチャルオフィスの住所を使用することが可能です。

    また、一等地が住所であれば、イメージも良く信用度増します。

    《とにかく安い・リーズナブル》
    バーチャルオフィスは、
    私書箱(郵便局に設けておく個人・会社専用の郵便箱)と似たようなもので、架空のオフィスみたいなものです。

    よって、オフィススペースとしての実態は必要ないため、事業者もコストをかけることなく運営できます。
    スマホから簡単登録可能・会員専用サイトから予約手続き可能等

    そのため、コストも安く(月々1,000円台~)、それも東京の都心(銀座・渋谷・新宿・青山)に会社住所を設けることが可能です。

    コストパフォーマンスの良さは疑う余地がありません。

    《設備・機器の準備が不必要》

    本来、オフィスを構えるとなると、デスク・パソコン・コピー機・Wi-Fiをはじめてオフィス機器の用意が必要です。

    それに併せて、引越し、荷物の搬入が必要となります。

    バーチャルオフィスは、架空のオフィスなので、引越しの必要も設備の準備(リース・購入)がありません。

    《活動拠点との相違》

    会社登記と活動拠点が違うバーチャルオフィスですから、ビジネススタイルによってはデメリットになる場合があります。

    例えば、会社情報を紹介しているサイト・団体の場合、登記住所が登録される場合があります。

    Googleビジネスプロフィール等への登録(SEO対策)においても、Google Mapでは登記住所が表示されるため、実ビジネスにプラスにならない場合もあります。

    《バーチャルオフィスは怪しいのか?》
    バーチャルオフィスは、複数の相手に住所を貸して収益を得るビジネスモデルであるため、
    実態の不透明な情報商材系のサービスや犯罪組織の利用されやすいサービスであるのも事実です。

    そのため、人によってはちょっと不安という人もいると思います。
    価格だけでなく検索サイトのレビューや口コミの確認、審査基準やフローを用意している大手(上場会社等)や運営主が見える会社を選ぶことをおすすめします。

    ナレッジソサエティ

    上場企業が多い区、千代田区(九段南)に法人登記ができるバーチャルオフィス
    バーチャルオフィスの所在するビルは、”りそな九段ビル”(りそな銀行)なのでオフィスとしての価値がワンランク上がります。
    また、ちょっとした作業、取引先とのラフな打ち合わせ・気軽なコミュニケーションに”追加料金なく”利用可能な「無料ミーティングシート」がついているワンランク(オシャレな内装)の最適なバーチャルオフィスサービスです。

    ワンランク上のバーチャルオフィス

    ≪ナレッジソサエティの口コミ≫
    これからバーチャルオフィスを利用しようと検討している方に一言
    バーチャルオフィスを利用することで開業・独立時の初期費用はもちろん、毎月の固定費も大幅におさえることができるので、自分の本業に投下できる資金的なゆとりが増えます。
    私のケースは自分で取り組んでいたホームページの作成を外注することで時間的なゆとりを確保することができました。
    バーチャルオフィスを利用することで皆さんのビジネスにプラスの影響があることを願っております。

    基本料金:4,950円
    入会金16,500円 / 保証金30,000円

    • 法人登記
    • 届いた郵便物は月1回転送
    • 無料スペース(ミーティングシート)
    • 有人受付:受付スタッフ常駐

    >>ナレッジソサエティ公式サイトへ

    リージャス

    レンタルオフィス・バーチャルオフィス、信頼性の高い世界最大手ブランド
    世界最大手(拠点数:世界120ヵ国、1100以上の都市)、日本では全国45都市、170拠点に展開、それも一等地の象徴となるビル・ホテルなどにあるラグジュアリーオフィスです。
    バーチャルオフィス 口コミ

    ≪リージャス;Regusの口コミ(良いクチコミ・悪いクチコミ)≫
    テレワークなのでオフィスはいらないがどうしても登記住所を渋谷にしたく利用開始しました。
    想定よりかなり安くすんだので創業期には助かります。
    現在はワークスペースやお客様を招いたミーティングスペースとして活用している他、自身の訪問先にリージャスの拠点があればメンバーシップを利用してビジネスラウンジでテレワークをしています。
    受付スタッフさんの応対は丁寧ですし、オフィスのグレードや好立地、周辺のランチ先を含めた環境も整っているので、従業員のモチベーションアップにつながっていると感じます。お客様からも「良いビルに入っているね」とお褒めいただくことも多いです。
    結果的に探していた月額予算からオーバーしてしまっていますが、選んでとても良かったなぁと満足しています。

    コロナ禍で拠点を一か所に集約することをリスクに感じたため、テレワークを通じて事業を継続するためにも、様々な場所にワークスペースを持てることはメリットだと思っています。
    自宅やその近くの拠点でのテレワーク勤務をOKにすることで、従業員のワークライフバランスにも寄り添えるので推進していきたいです。

    【店舗案内】
    日本では全国45都市、170拠点に展開
    信用力・信頼度の高さは↓を見れば一目瞭然

    • 日本有数の高層オフィスビル、横浜ランドマークタワー
    • 渋谷で最も有名なオフィスビルの1つ渋谷マークシティ
    • 日本を代表するビジネス街、丸の内のハイグレードビル:パシフィックセンチュリープレイス
    • 都内でも有数のオフィスと商業施設のコンプレックス・ビル:アーク森ビル
    • 日本を代表する帝国ホテル:帝国ホテルタワー
    【リージャスのサービス内容】
    バーチャルオフィス:業務スペース(事務所)を構えることなく、事業を始める際に必要な住所・電話番号取得などの基本的な情報などを借りることができるサービス
    プライベートオフィス:一般的なオフィスタイプで、1名から100名越えオフィスまで。自社のアレンジも可能
    セミプライベートオフィス:1名〜3名程度の少人数用。パーテーションで区切ったオフィススペース
    コワーキングスペース:共有型でオープンなオフィススペース

    【月額料金・月額費用(年間契約)について】
    Regusは、日本全国にバーチャルオフィスを用意するため、エリアによって料金が変わります。
    そこで、都心の主要エリアの料金体系を紹介します。

    • 丸の内パシフィックセンチュリープレイス:¥36,900/月(12ヶ月契約)
    • 麹町:¥28,900/月(12ヶ月契約)
    • 銀座三丁目:¥32,900/月(12ヶ月契約)
    • 赤坂Kタワー:¥36,500/月(12ヶ月契約)
    • 品川グランドセントラルタワー:¥32,900/月(12ヶ月契約)
    • SPACES六本木:¥36,500/月(12ヶ月契約)
    • 渋谷マークシティ:¥34,900/月(12ヶ月契約)

    >>リージャス公式サイトへ

    • 日本リージャスホールディングス株式会社
    • 〒163-1030 東京都新宿区西新宿三丁目7番1号 新宿パークタワー30階
    • URL:https://www.regus-office.jp/

    ユナイテッドオフィス

    バーチャルオフィスを東京で安さがウリ・格安利用するなら
    青山・表参道・銀座・日本橋・渋谷・虎ノ門・新宿・池袋など都⼼一等地の住所を利⽤できるバーチャルオフィス
    おすすめのバーチャルオフィス

    ≪ユナイテッドオフィスの評判や口コミ(クチコミ)≫
    テレワークなのでオフィスはいらないがどうしても登記住所を渋谷にしたく利用開始しました。
    想定よりかなり安くすんだので創業期には助かります。
    レゾナンスさん、これからもよろしくお願いします。

    【店舗案内】

    • バーチャルオフィス青山:〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2-15 win青山ビル
    • バーチャルオフィス表参道店:東京都渋谷区神宮前6-29-4 原宿komiyaビル
    • バーチャルオフィス銀座:東京都中央区銀座6-13-16 銀座Wallビル
    • バーチャルオフィス日本橋:東京都中央区日本橋2-2-3 RISHEビル
    • バーチャルオフィス渋谷:東京都渋谷区渋谷3-1-9 渋谷YAZAWAビル
    • バーチャルオフィス虎ノ門:東京都港区虎ノ門1-16-6 虎ノ門Rapportビル
    • バーチャルオフィス新宿:東京都新宿区西新宿7丁目5-5 Plaza西新宿
    • バーチャルオフィス池袋東京都豊島区西池袋3-22-5

    【料金・月額費用(年間契約)について】

    • MAIL BOX:メールボックス プラン
      初回登録料:6,000円・月払い:2,100円(12か月前納)
    • MAIL msg BOX:メールボックス 通知プラン
      初回登録料:6,000円・月払い:2,818円(12か月前納)
    • Tele BOX Ⅰ:テレボックス Ⅰ(専用固定電話付きプラン)
      初回登録料:6,000円・月払い:4,000円(12か月前納)
    • Tele BOX Ⅱ:テレボックス Ⅱ(電話秘書・電話対応)プラン
      初回登録料:6,000円・月払い:7,000円(12か月前納)

    >>ユナイテッドオフィス公式サイトへ

    京都バーチャルオフィス(京都)

    京都御所から徒歩1分という好立地に加え、充実したサービス(書類転送無制限無料のサービス・GMOあおぞらネット銀行開設)とリーズナブルな価格で、多くの起業家やフリーランスから支持されています。
    京都のバーチャルオフィス

    ≪京都バーチャルオフィスの口コミ≫
    追加料金が一切ないところが魅力的なので、使い始めてから5年ほど経ってますが、ずっとここ使い続けるつもりです。
    いろいろ調べた結果、この値段で郵便物の無料転送サービスまでついているのはなかなか他にはないです。 住所もとても良い立地で京都の一等地です。もちろん対応も丁寧で早いです。そんなわけで安心して利用できるのでおすすめのオフィスです

    【料金・費用について】
    入会金 初回のみ:5,500円(税込)
    エコノミープラン:月額料金:1,650円(税込)
    スタンダードプラン:月額料金:3,850円(税込)
    ビジネスプラン:月額料金:7,150円(税込)
    *電話番号取得手数料 初回のみ:11,000円(税込)
    >>京都バーチャルオフィス公式HPへ

    バーチャルオフィスの特徴・検討材料 向いている人・向いていない業種

    バーチャルオフィスは、副業・スタートアップ企業、ECサイト運営など、コスト抑えてビジネスをすすめたい方におすすめ、向いています。

    ただ、業種によってバーチャルオフィスの不向きな業種も存在します。

    いくつかの業種では、許認可の要件として専有スペースの有無が定めれています。

    それが士業:税理士 弁護士 司法書士 行政書士 古物商 有料職業紹介業 人材派遣業 宅地建物取引業 金融商品取引業 産業廃棄物収集運搬業になります。
    *監督官庁へ確認をオススメします。

    ちなみに、
    架空の住所を設定という意味合いから犯罪に使われたりする可能性も少なくありません。

    バーチャルオフィスの場合、他社と住所を共有するため、他社が犯罪を犯してしまうと会社のイメージダウンにつながる場合もあります。

    多くのバーチャルオフィス運営会社は、入会にあたって審査を厳しくしています。
    各サイトにその考え方・レギュレーションを解説しています。

    Karigo

    起業や副業、SOHO、地方拠点に活用できるバーチャルオフィスサービス
    全国各地で経済活性化を担う起業家、副業家、フリーランス、個人事業主、全国展開するバーチャルオフィス(50拠点以上)
    バーチャルオフィス 料金比較

    ≪Karigoの口コミ≫
    起業するにあたり、ネットでバーチャルオフィスを探していたんです。
    そこでKarigoさんを見つけて。契約から全てネットでできるのが良いなと思いました。
    あと、浦和で起業することにこだわりがあったので、浦和の住所を探していたところ、Karigoさんには浦和の住所もあったので。
    浦和に面白い企業があるぞっていうものを目指しているので浦和から会社を移すつもりはないんです。地元ですしね。

    【店舗案内】
    Karigoは、日本全国に50店舗以上にバーチャルオフィスを有しています。
    そこで、都心の主要エリアの料金体系を紹介します。

    • バーチャルオフィス東京:銀座一丁目:東京都中央区銀座一丁目
    • バーチャルオフィス渋谷:桜丘町:東京都渋谷区桜丘町
    • バーチャルオフィス東京:新宿:東京都新宿区新宿
    • バーチャルオフィス港区:浜松町:東京都港区芝大門
    • バーチャルオフィス赤坂:東京都港区赤坂
    • バーチャルオフィス東京 日本橋:東京都中央区日本橋本石町

    【基本プラン:料金・初期費用について】

    • whiteプラン:住所貸し・荷物受取
      入会金:5,500円~ 月額・金額:3,300円~ 
    • Blueプラン:住所貸し・荷物受取・転送電話
      入会金:7,300円~ 月額・金額:8,800円~ 
    • Orangeプラン:住所貸し・荷物受取・電話代行
      入会金:7,300円~ 月額・金額:10,400円~ 

    >>Karigo公式サイトへ

    ワンストップビジネスセンター

    全国に30店舗以上のバーチャルオフィス
    青山・銀座・渋谷など、東京都心の人気がある地域を中心(全国に30店舗以上)に”法人登記・屋号使用”が可能な住所を提供するバーチャルオフィス会社
    バーチャルオフィス 東京

    ≪ワンストップビジネスセンターの口コミ≫
    価格設定、おしゃれな立地条件、郵送物(書類保管)の転送サービス(転送費用は実費)のどれを取っても非常に充実・顧客満足度が高く満足しています。
    ワンストップビジネスセンターは、特にこれから起業を考えている方には是非オススメしたいです。

    【店舗案内】

    【東京都内】
    »青山本店»田町店»表参道店»六本木店»虎ノ門店»麻布十番店»品川店»渋谷店»恵比寿店»二子玉川店»新宿店»西新宿店»高田馬場店»麹町店»銀座店»日本橋店»秋葉原店»飯田橋店»池袋店»上野店»五反田店
    【大阪府】
    »大阪心斎橋店»大阪梅田店»大阪本町店
    【その他の地域】
    »横浜店»横浜桜木町店»札幌大通西店»札幌店»福岡天神店»福岡博多店»名古屋駅前店»名古屋栄店»京都店»神戸店»仙台店»高松店»広島店»熊本店

    【月額料金・費用について】

    • エコノミープラン
      初期費用:9,800円(税込10,780円)
      月額利用料:4,800円(税込5,280円)
      法人住所登記・郵便物無料転送・来客対応・会議室利用(商談・セミナー開催):1時間1,100円(税込)で6名(最大8名)
    • ビジネスプラン
      初期費用:9,800円(税込10,780円)
      月額利用料:8,900円(税込9,790円)
      法人住所登記・郵便物無料転送・来客対応・会議室利用:1時間1,100円(税込)で6名(最大8名)・電話転送サービス・・FAX転送
    • プレミアムプラン
      初期費用:9,800円(税込10,780円)
      月額利用料:14,800円(税込16,280円)
      法人住所登記・郵便物無料転送・来客対応・会議室利用:1時間1,100円(税込)で6名(最大8名)・電話転送サービス・電話秘書代行・FAX転送

    >>ワンストップビジネスセンター公式サイトへ

    NAWABARI

    株式会社Lucciが運営する業界最安値水準 月額980円(税込み1,078円)~の住所・電話番号(固定電話)・郵便物受取(書留郵便)・電話用件転送が利用可能なバーチャルオフィスです。

    CMでもおなじみのEC作成サイト「BASE」の公式バーチャルオフィスとして業務提携をしているため、特にネットショップ運営者にはおすすめです。
    バーチャルオフィス 住所だけ

    ≪NAWABARIの口コミ≫
    個人でスニーカーや衣類をネット販売
    今のところトラブルはないですが、何かあってからでは遅いので、先に保険をかけるという意味で、契約しました。今のところ不都合もなく、料金も気になりません。

    【料金・費用について】

    • 1ヶ月プラン:1,628(税込)
    • 1年月プラン:12,936円(税込) *1カ月当たり1,078(税込)

    レンタルアドレス、電話要件転送サービス、郵便物受け取りサービスがワンセット

    オプションサービス

    • 会社登記:目黒区 3,300円(税込)
      *渋谷区は新規受付は終了
    • 電話転送:2,728円(税込) *03番号発着信
    • 電話代行:3,828円(税込)
    • インターネットFA:3,278円(税込)

    >>NAWABARI公式サイトへ

    バーチャルオフィス1

    880円で法人登記、東京(渋谷)・広島の格安バーチャルオフィス
    バーチャルオフィス 渋谷
    写真の金額はキャンペーン等により変わる場合があります

    ≪バーチャルオフィス1の口コミ≫
    コンサルタント自宅では法人登記ができない
    クライアント先に出向いてのコンサルティング業務と自宅での執筆業がメインのため、オフィスは必要ない。
    対外的に開示できる住所が必要であるが、自宅がマンションで公開できないや事務所利用ができないためバーチャルオフィスを利用している。

    【料金・費用について】
    ・入会金:5,500円/月
    ・料金:880円/月
    法人登記・週1回転送・郵便到着状況確認・来客対応システム・郵便受取・会議室(有料)
    >>バーチャルオフィス1公式サイトへ

    オギャーズ

    大阪梅田や京都御池のスタートアップ向けレンタルオフィス&コワーキングです。
    起業サポート付きのバーチャルオフィス(住所利用プラン)が特徴です
    バーチャルオフィス 大阪

    【オフィス情報】
    オギャーズ梅田

    • 大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル7階
    • 大阪メトロ 谷町線 東梅田駅 徒歩7分・御堂筋線 梅田駅・堺筋線 扇町駅 徒歩9分・阪急電鉄 大阪梅田駅 徒歩9分・JR大阪駅 南口 徒歩11分

    オギャーズ御池

    • 京都市中京区新町通三条上ル町頭町112 菊三ビル2階 201号室
    • 地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」から徒歩約4分・阪急京都線「烏丸駅」から徒歩約10分

    ≪オギャーズの口コミ≫

    内装はスタイリッシュ、おしゃれです。東梅田で駅からアクセスもいいですし、関西屈指の飲み屋街が真裏にひかえる好立地!笑。スタッフさんもみなさんいい人たちです。

    【料金・費用について】

      月額会費:9,680円

      サービス内容

      • インキュベーションサービス
      • 法人登記
      • 郵便物の郵送
      • 会議室の利用
      • 専用電話の転送
      • 住所利用
      • 来客対応
      • 書類保管サービス

    >>オギャーズ公式サイトへ

    コスト削減のためのバーチャルオフィスの活用方法 オプション・転送・電話代行

    バーチャルオフィスは、企業が物理的なオフィススペースを持たずに、ビジネスを運営するための革新的なソリューションです。

    そこでバーチャルオフィスを利用してコストを削減する具体的な方法を考えてみました。

    物理的なオフィススペースの削減
    バーチャルオフィスを利用する最大のメリットの一つは、物理的なオフィススペースの必要性を排除することです。
    賃貸料、光熱費、メンテナンス費用などの固定費を大幅に削減できます。また、オフィス家具や機器の購入にかかる初期投資も不要になります。
    通勤コストの削減
    従業員がリモートで働くことができるため、通勤にかかる時間と費用を削済できます。
    これは従業員の満足度を高めるだけでなく、通勤に関連する環境負荷も軽減します。
    柔軟な人材採用
    バーチャルオフィスを利用することで、地理的な制約を超えて優秀な人材を採用できます。
    人材採用にかかる費用を削減し、より広範なスキルセットを持つ従業員を確保できます。
    オフィス運営の効率化
    バーチャルオフィスは、クラウドベースのドキュメント管理システムやコミュニケーションツールを活用します。
    文書の印刷や郵送にかかる費用を削減し、オフィス運営の効率を高めることができます。
    規模拡大・規模縮小に依存しない
    バーチャルオフィスは、会社の成長に合わせて容易に拡張できます。
    従来のオフィスでは、スペースの拡張や縮小に伴う費用が発生しますが、バーチャルオフィスではこのような追加コストが発生しません。
    信頼性向上
    多くのバーチャルオフィスは、プロフェッショナルなビジネスアドレスや電話応対サービスを提供しています。
    これにより、小規模なビジネスでも大企業と同様のプロフェッショナルなイメージを持つことができ、顧客の信頼を獲得することが可能です。
    災害対策と事業継続
    バーチャルオフィスは、自然災害やその他の緊急事態が発生した場合にも、継続を可能にします。
    物理的なオフィスが被害を受けた場合でも、リモートでの業務継続が可能であり、これにより損失を最小限に抑えることができます。
    環境への配慮
    バーチャルオフィスは、紙の使用量を減らし、通勤によるCO2排出量を削減することで、環境に優しいビジネスモデルを実現します。
    これは、企業の社会的責任(CSR)の一環としても評価されます。

    バーチャルオフィスは、コスト削減だけでなく、柔軟性、効率性、環境への配慮など、多くの利点を提供します。
    これらの要素を総合的に考慮することで、企業はバーチャルオフィスを最大限に活用し、持続可能なビジネスモデルを構築することができます。

    リモートワークに最適なバーチャルオフィス・比較サイトの選び方

    リモートワークが普及する中で、バーチャルオフィスの選択は非常に重要です。

    そこで、リモートワーカーにとって最適なバーチャルオフィスの特徴や選択基準について詳しく説明します。

    信頼できる会社の一等地住所
    バーチャルオフィスを選ぶ際、一等地の住所の提供が重要です。
    これにより、企業の信頼性を高め、顧客やビジネスパートナーに対して信頼感を与えることができます。

    《一等地のビルをオフィスにするなら》
    リージャス公式サイトへ
    高品質な通信インフラ
    リモートワークには安定したインターネット接続が不可欠です。
    高速で信頼性の高いインターネット接続を提供するバーチャルオフィスを選ぶことが重要です。
    また、セキュアなVPN接続やファイアウォールなどのセキュリティ対策も確認する必要があります。
    効率的なコミュニケーションツール
    リモートワークでは、効率的なコミュニケーションが不可欠です。
    ビデオ会議システム、チャットツール、電子メールなど、多様なコミュニケーションツールを提供するバーチャルオフィスを選ぶことが望ましいです。
    柔軟な契約オプション
    ビジネスのニーズに応じて、契約期間やサービス内容を柔軟に変更できるバーチャルオフィスを選ぶことが重要です。
    短期契約や拡張オプションなど、ビジネスの成長に合わせてサービスを調整できることが望ましいです。
    クラウドベースのドキュメント管理
    リモートワークでは、ドキュメントの共有や管理が重要です。
    クラウドベースのドキュメント管理システムを提供するバーチャルオフィスを選ぶことで、どこからでもアクセス可能な効率的なドキュメント管理が実現できます。
    サポートとカスタマーサービス
    万が一のトラブルや質問に迅速に対応できるサポート体制が整っているバーチャルオフィスを選ぶことが重要です。
    24時間対応のカスタマーサポートや専門的なテクニカルサポートが提供されているかを確認しましょう。
    バーチャルオフィスの評判と実績
    バーチャルオフィスを選ぶ際には、その評判や実績を確認することが重要です。
    他の企業のレビューや評価を参考にし、信頼できるサービス提供者を選ぶことが望ましいです。
    コストパフォーマンス
    コストパフォーマンスも重要な選択基準です。
    サービスの質と提供される機能を考慮し、予算内で最適なサービスを提供するバーチャルオフィスを選ぶことが重要です。

    《コスパのいいバーチャルオフィス》
    GMOオフィスサポート660円/月
    DMMバーチャルオフィス660円/月
    カスタマイズ可能
    ニーズに合わせてサービスをカスタマイズできるバーチャルオフィスを選ぶことが望ましいです。
    特定の機能やサービスを追加したり、不要なものを省いたりすることで、ビジネスに最適な環境を構築できます。
    リモートワークに最適なバーチャルオフィスを選ぶ際には、上記のポイントを考慮することが重要です。
    ニーズに合ったバーチャルオフィスを選ぶことで、リモートワークの効率と生産性を高め、ビジネスの成功に貢献できます。

    よくある質問・利用者の疑問

    バーチャルオフィスとは何ですか?

    バーチャルオフィスは、物理的なオフィススペースを持たないが、住所や電話番号、メール転送などのサービスです。
    主にホームオフィスやリモートワークをする個人や企業が利用します。

    バーチャルオフィスの主な利点は何ですか?

    物理的なオフィスを維持するコストを削減できる、プロフェッショナルなビジネスイメージを維持できる、異なる地域でのビジネス拡大をサポートするなどの利点があります。

    バーチャルオフィスを利用すると、どのようなコストがかかりますか?

    サービス内容や提供企業によって異なりますが、月額料金制や年間契約などの形態が一般的です。追加サービスや特定の機能を利用する場合、追加料金が発生することもあります。

    バーチャルオフィスの内容はどのようなものがありますか?

    住所提供、電話番号提供・転送、メール転送、会議室の利用、受付サービスなどが一般的です。

    バーチャルオフィスの住所を法人登録の住所として使用することは可能ですか?

    一般的には可能ですが、提供している企業や地域の法律・規定によって異なる場合がありますので、事前に確認が必要です。

    バーチャルオフィスには実際の物理的なスペースはありますか?

    一部のバーチャルオフィスサービスには、実際の物理的なスペースや会議室が提供される場合がありますが、すべてのサービスにそれが含まれているわけではありません。
    レンタルオフィス併用の場合、エントランスが綺麗で、クライアントへの印象も良くなる場合もあります。

    バーチャルオフィスを利用する際の契約期間はどれくらいですか?

    月額契約から年間契約まで、様々な契約期間が提供されています。利用者のニーズに合わせて選択することができます。

    バーチャルオフィスの電話転送やメール転送サービスはどのように機能しますか?

    提供されたビジネス専用の電話番号や住所に届いた電話や郵便物を、指定された実際の電話番号や住所に転送します。

    バーチャルオフィスを利用すると、ビジネスの信頼性やイメージにどのような影響がありますか?

    プロフェッショナルな住所や電話番号を使用することで、ビジネスの信頼性やイメージを向上させることができます。

    バーチャルオフィスを提供している企業を選ぶ際のポイントは何ですか?

    提供されるサービスの内容や料金、契約期間、サポート体制、利用者の評価や口コミなどを参考に選ぶと良いでしょう。

    手間をかけずにバーチャルオフィスを開始する方法は?

    オンラインでの申し込み方法や自動化されたシステムを利用することで、簡単かつ迅速にサービスを開始することができます。

    希望するサービス内容をカスタマイズすることは可能ですか?

    はい、多くのバーチャルオフィスでは、利用者の希望に合わせてサービス内容をカスタマイズすることができます。

    登録時に提供する個人情報はどのように保護されますか?

    提供された個人情報は、厳重なセキュリティ対策のもとで保管され、不正アクセスや漏洩を防ぐための措置が講じられています。

    プライバシーを保護するためのバーチャルオフィスの機能はありますか?

    はい、住所や電話番号の提供により、実際の住所や電話番号を公開することなく、プライバシーを保護することができます。

    希望する住所や地域を選択することはできますか?

    はい、多くのサービスでは、利用者の希望に応じて様々な住所や地域から選択することができます。

    オフィスDX化にバーチャルオフィスとの関連は?

    オフィスDXとは、バックオフィス業務のデジタルトランスフォーメーションを指し、業務を効率化し、より良いビジネス機能を実現することを目的としています。DX化を進めることで不要な業務や手間のかかる業務を排除し、働きやすい環境を作り出します​

    参考ページ:経産省の「DX」で世の中はどう変わる?

    バーチャルオフィスのオプションサービスには同様なものがありますか?

    バーチャルオフィスの提供者によっては、基本的なサービスに加えて、以下のようなオプションサービスを提供している場合があります:

    専用電話番号サービス ビジネス用の専用電話番号(フリーダイヤル)を提供し、その電話番号への着信を指定の番号に転送するサービス。
    電話応対サービス 専門のオペレーターが電話に応対し、メッセージを取る、または指定の担当者に転送するサービス。
    メール転送サービス 提供されたビジネス住所に届いた郵便物や小包を指定の住所に転送するサービス。
    会議室利用 物理的な会議室やコンファレンスルームを時間単位や日単位で利用するサービス。
    デスク・オフィススペースのレンタル 一時的に物理的なデスクやオフィススペースを利用するサービス。
    ビジネスサポート 秘書サービス、翻訳・通訳サービス、ビジネスコンサルティングなどのサポートを提供。
    登記サポート 法人登記や業務登記のサポートを提供するサービス。
    ITサポート Wi-Fi、プリンター、スキャナー、FAXなどのIT関連のサポートや設備の利用サービス。
    コンシェルジュサービス クライアントの希望に合わせて特定のサービスをカスタマイズするオプション。

    バーチャルオフィス比較:まとめ

    バーチャルオフィスは、ここ数年で多くの企業が参入してきています。

    • ユナイテッドオフィス:2005年リリース
    • Karigo:2006年リリース
    • ワンストップビジネスセンター:2009年リリース
    • レゾナンス:2016年リリース
    • Lucci:2017年リリース
    • GMOオフィスサポート
    • DMMバーチャルオフィス:2021年リリース
    • TAPIOCA:2021年リリース
    • 京都朱雀スタジオ:2021年リリース
    • バーチャルオフィス1:2022年リリース
    • 2023年:現代に至る

    など、収益性の高いビジネスモデルであることは間違いありません。

    そのため、バーチャルオフィス業界のサービス向上のためにオプションも多数増えてきています。

    バーチャルオフィスのオプションサービスは、
    会議室やワーキングスペース以外にも

    • 銀行口座開設
      会社設立された多くの人が法人銀行口座を開設
      ソニー銀行や楽天銀行といったネット専業のネット銀行、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行のような大手都市銀行でもネットバンキングサービス
    • 法人クレジットカード開設
      仕入れ代や広告費など様々な経費を法人クレジットカードでお支払いで完結。
      主な審査基準は、「財務状況」「経営実績」「営業実態」
    • 格安ホームページ制作
      会社の名刺的な位置づけのホームページ作成
    • 会社創業費用フォロー
      開業資金・起業資金として創業費用フォロー・サポート
    • 法人設立(freee会社設立・会計)
      個人から法人へ法人設立・会社登記
    • 法人印鑑用意

      ☆代表者印(会社実印)
      ☆会社銀行印(法人銀行印)
      ☆会社角印

      ☆会社認印
      ☆住所印

      など

    • 電話番号、携帯電話転送
      携帯電話文化の今ですが、法人電話はやはり信頼感や信憑性が違います。
      090.080.070より東京であれば03の方が、法人としてイメージが変わります
    • 共有FAX・専用FAX
      インターネットの文化の今、FAXを使う業者は限定されます。
      不動産業界はまだまだ、FAXを手放せない業種ですがwww
    • 電話秘書代行
      秘書代行サービスは、バーチャルオフィスを活用する人の必須サービスでもあります。
      別にカモフラージュするわけではありませんが、電話秘書代行が便利です。
    • 郵便物転送
      地方の会社が、都心にバーチャルオフィスを借りる場合、郵送は転送が必要となります。
    • 税理士・行政書士・司法書士・社会保険労務士事務所の紹介
      弁護士なので専門家は、要所要所で必要となります。
    • 記帳代行サービス
    • リモートアシスタントの紹介
    • 電子契約サービスの紹介
    • 会員専用・交流サイト

    などの選択肢があります。

    格安で都内一等地に所在地がおけるバーチャルオフィス。

    それぞれ必要性に合わせてカスタマイズが可能です。

     

    フリーランス・個人事業主ニュース

    バーチャルオフィスにおいて、利用者の多くはフリーランス・個人事業主です。

    インターネットの発達・働き方の変革・新型コロナウイルスによる習慣の変化など、

    • 不動産市況
    • 経済
    • 生き方
    • 働き方
    • 住環境

    潜在意識に刷り込まれるレベルの著しく変化しました。

    • フリーランス
    • 個人事業主
    • 副業
    • ネットショッピング

    などの運営者にとっても、会社情報(運営者情報)、特商(特定商取引法)などの入力・表記にもバーチャルオフィスの所在地だけを借りるのは非常に大きなメリットでしょう。

    賢く比較してバーチャルオフィスを契約するのは当たり前と言えるでしょう。

    今後予定している取材中のバーチャルオフィス提供サービス

    ①DMMバーチャルオフィス
    【入会金無料キャンペーン中!】今なら通常5500円の入会金無料でお得!初期費用削減は重要です!。
    ②NAWABARI
    ネットショップ運営に必要な個人情報開示ですが、バーチャルオフィス「NAWABARI」では、販売店舗をお持ちでない方向けに住所貸しサービスをリーズナブルな価格で提供しています。
    ③GMOオフィスサポート
    月額990円から利用できるバーチャルオフィス。場所は渋谷、銀座、新宿から選択できる。東証プライム上場のGMOインターネットグループならではの安心感
    ④Knowledge Society
    バーチャルオフィス・シェアオフィス@東京都千代田区九段下 バーチャルオフィスは4,500円で銀行名の入ったビルに登記可能です
    ⑤SERVCORP
    東京、大阪、名古屋、福岡、横浜の一等地全27拠点、全世界に150以上の拠点を展開。起業、スタートアップ、支店、営業所、プロジェクトルームなどに即時利用可能な個室オフィス。
    ⑥和文化推進協会
    和文化推進協会(和文協)は、日本を拠点に活動する作家、クリエイター、アーティスト、職人等の方々を支援する活動
    ⑦デジラボ
    松戸駅徒歩3分にある「つかえる、はかどる、ひろがる仕事場」のコワーキングスペース「デジラボ」
    サーブコープ( Servcorp Limited)
    レンタルオフィス、コワーキングスペースなどのオフィスサービスを提供するオーストラリアの企業

    VIRTUAL OFFICEバーチャルオフィス – fabbit(ファビット)
    コワーキングスペース・レンタルオフィス・シェアオフィスの運営

    nex の THE HUB
    アセットデザインから「nex株式会社」に社名変更
    THE HUBを中心にコワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィス、バーチャルオフィスを

    また、

    • スマホから即日契約・即日申込可能なバーチャルオフィス
    • 30日間返金保証が付ているバーチャルオフィス
    • 事前に下見が可能(予約で下見・内見)なバーチャルオフィス

    も紹介します。

    JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会/h3> JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会は、会員サービスとして、 入居者募集支援 募集計画の策定をはじめ、不動産業者の紹介やインターネット広告の運用代行支援 運営支援及びコンサルティング 運営経験豊富なスタッフが現在の運営方法の改善点やアドバイス 業界動向に関するレポーティング 最新の業界全体の動きの分かる統計情報や、業界トピックス、エリレポートなど、経営改善や新規出店の際にお役立て頂けるレポートをWebマガジンとして定期刊行 会員向けICTシステムの提供 入居者管理、請求管理をはじめ、オプションサービス受付のための専用サイトの運用などが可能なICTシステムの提供 入居者向けセミナーの企画・開催 当協会顧問の税理士、弁護士、社労士その他各分野の専門家によるセミナーを入居者向けに開催 開業・出店・M&A支援 開業予定地の立地診断から、収支シュミレーション、各種業者紹介、現場監理まで、一貫して監修 等、行っています。 JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会レンタルオフィス業界の更なる発展と健全化を目指す日本レンタルオフィス協会では、レンタルオフィスが探せるレンタルオフィスナビ東京版・レンタルオフィスナビ全国版運営のほか会員企業へのビジネス活動をサポートします。www.jroa.or.jp バーチャルオフィスの評判や問題を監視・サポートしています。 信憑性・信ぴょう性についても、チェックし、今後も更新していきたいと思います。 【更新履歴/お知らせ】 2023年7月(令和5年):クーポンコード 2023年3月(令和5年):記事リライト 2022年4月(令和4年):口コミ/体験談追加 2021年7月(令和3年):画像2枚追加 2020年11月(令和2年):体験談追加 2019年12月(令和元年):新規記事アップロード 表参道ストーリーズ

    表参道オフィス(バーチャルオフィスとレンタルオフィス)が 月額880円から
    バーチャルオフィス メリット・デメリット

    ≪表参道ストーリーズの口コミ≫
    表参道・青山付近でお仕事する際に利用させていただきました。
    表参道駅より徒歩1分であるため、アクセスはすごく便利です。
    24時間使える会議室も併せて使わせていただきましたが、とても満足です。

    【料金・費用について】
    ミニマルプラン:月額880円(税込)

    • 会社登記可能
    • 会議室特別価格で利用可能
    • ホテル特別価格で利用可能

    《追加情報:関連記事》
    東京都内のバーチャルオフィス比較・口コミ・評判
    格安のバーチャルオフィスおすすめランキング(渋谷・銀座・新宿・千代田区)
    東京のおすすめバーチャルオフィスならコチラのページへ

    ≪告知:バーチャルオフィス業者様へ≫
    おすすめのバーチャルオフィスとして、掲載業者を募集しています。
    一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
    お問い合わせフォームより、気軽にお問合せ・相談ください。
    2営業日以内に、返信させていただきます。
    年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)

    参考関連公式サイト
    バーチャルオフィスについて:総務省
    郵便物受取サービス業における犯罪収益移転防止法対応:経済産業省
    JROA 一般社団法人日本レンタルオフィス協会