先祖・故人のお墓を探す:知人友人のお墓を探す方法・難しいお墓の場所調査時のマナー解説|大切な人のお墓の探し方・探偵事務所

故人のお墓を探す:墓地探しなら、故人・亡くなった人のお墓探しテクニック

故人のお墓を探す

故人のお墓を探す:亡くなった人・故人のお墓探し

本記事では、
・知りたいのお参りをしたいけどお墓の場所が分からない
故人の墓地を探したい
・亡くなった人のお墓探しのテクニック
お墓探しを始めるタイミング、所在不明な時の探し方、お墓の場所を簡単に見つけるヒントについて解説、詳しくひも解いていきます。

お世話になった人(故人)に会って伝えたい、そんな願いのお手伝いをさせていただきます。

【お墓探しを考えるとき】

  • 恩人・恩師のお墓を探してお礼を言いたい。
  • 生き別れた父・家族のお墓を見つけたい。
  • 先祖の供養をしたいがどこにあるかわからない。
  • 交流のなかった祖父母のお墓参りに行きたい
  • 大切な人・知人・幼馴染のお墓の場所を知りたい。
  • 離婚した元夫(妻)の墓参りをしたい。
  • ずっと好きだった芸能人(有名人)のお墓参りをしたい。

と思ったときには、当人の行方は分からず、人づてに聞いても所在が分からない。

墓地の場所を調べる方法も手段も手詰まりの状態。

そんなときに、すばやく調べる方法を紹介します。

家族のお墓・友人のお墓の探し方について

分からない時の探し方・具体的なお墓の場所を知りたい場合

故人のお墓の所在地を調べる方法として

  • 家族や親戚に尋ねる:手掛かりを探す
    故人 お墓 探し方
    まずは、本人が住んでいたと思われる自宅周辺・お墓の所在地を知っているかもしれない家族や親戚(両親・兄弟姉妹等)に尋ねてみることからはじまります。
    先祖代々のお墓の有無、宗派・生活習慣やSNS有無(ネット検索履歴)など情報を収集を行います。
    お墓の場所や詳細を知っている可能性が高いです。
  • 役所での聞き込み開始(本籍地等)
    故人 墓 探し
    本籍が置いてある役所での丁寧な聞き込みお墓を見つけるヒントが隠れているかもしれません
  • 葬儀社に問い合わせる
    個人の墓
    もし葬式が行われた葬儀社の情報を持っているケースは、葬儀社に問い合わせてみることもできます。
    葬儀社はお墓の所在地や詳細を把握していることがあります。
  • 教会や寺院に連絡を取る
    お墓 母 役所 調べる
    もし葬儀が宗教的な儀式として行われた場合、関連する教会や寺院に問い合わせてみることもできます。
    お墓の所在地や詳細を提供することができます。
  • 墓地管理事務所に問い合わせる
    先祖供養 お墓がわからない
    もし具体的な墓地の名前を知っている場合は、その墓地の管理事務所に問い合わせてみることができます。
    墓地管理事務所はお墓の所在地や詳細を管理しています。
  • 納骨堂を探索
    お墓の場所 わからない
    納骨堂とは(イオンのお葬式より)
  • お墓が判明
    霊園 お墓の位置 わからない

*個人情報の管理が厳しくなっている現状、入手しにくい環境になっているため、段取りも重要です。

自分でやってみた友人の場合

では、どこまで自力でできるのか?

私の友人の話になりますが、
元妻の行方が分からず、お金もかかるというので、探偵事務所に頼まず、自分で探しました。

所在が確認ができず無駄足・個人では限界・問題は・・・

元妻の友人の話をもとに、いろいろな場所におもむき、結果的に探し続けましたが、半年であきらめました。

結果的に、土日を利用し、地方都市4か所、交通費、宿泊費を含め30万程度がパーになり後悔ていました。

人探しより簡単だと思っていたようですが、やはり個人では困難・限界があるとのことです。

人探し同様、故人のお墓を探す場合、

プロに頼むと、無駄な時間が省け、余計な交通費・宿泊費を削減できます。

闇雲に遠方に行っても交通費がムダにかかりますし、2箇所・3箇所いけばその分費用がかさみます。

問題は必ず見つかるとも限りません。

2023年今年の夏は熱波・猛暑が続きました。

無駄な調査に合わせて熱中症になってはたまったものではありません。

プロへの無料相談・費用削減にも

検討中の方へ全国展開:都道府県網羅が基本

故人のお墓を探したい

そこで、亡くなった人探し、お墓探しに定評がある事務所として

テレビの特集でもたびたび協力会社として登場する原一探偵事務所を紹介します。

費用面などメール無料相談が可能です。

調査員をお願いする場合も交通費などの費用はかかりますが、自分で行うのとは異なり、ピンポイントにプロの仕事を期待できるため、捜索期間短縮も期待できます。

また、全国展開(都道府県)の探偵事務所の場合、交通費の削減にもなります。
目安の予算で相談に乗ってもらえるか、提案を聞くだけでもいいかもしません。

*芸能人のお墓探しに活用するのは、あまりオススメしません。
逆に、お世話になった人のお墓捜索には、是非、活用してください。

 

 

お墓参りに行ってきました

手が付けられない状況でプロに相談

小学校まで一緒だった幼馴染と中学校に入ってから疎遠になっていましたが、亡くなってしまったことが手紙で判明したためお墓参りに行きました。

しかしお墓は住所とは別のところにあるだけではなく幼馴染は生涯独身だったので家族が誰もいないという状況だったので原一に依頼して探しました。

その結果、手紙に書かれてあった県内にあり無事に会うことができました。

事務所に依頼していなければもう会えなかったと思います。

人探しに強い原一探偵事務所。

  • 今すぐ故人のお墓の場所を知りたい
  • 相談・問い合わせだけでもOK!
  • 料金に関しての質問だけでもOK!

故人のお墓を探す・墓探しならテレビ番組の調査協力でも有名な原一探偵事務所を紹介します。
*まずは、WEB無料相談・お問い合わせで気になることを質問してみてください。

テレビの調査番組でもよく目にする原一。

費用感が分かるだけでも、今後の方向性が変わってくると思います。

http://www.haraichi.co.jp/
WEB無料相談・お問い合わせがありますので、質問・金額面などお問い合わせしてみては?っと思います。

 

【原一探偵事務所の特徴】
50年以上の実績!テレビ番組への調査協力等でもよく目にする原一の特徴を紹介します
故人のお墓を探す 原一探偵事務所
故人のお墓を探し 原一探偵

公式ホームページはこちら
故人・亡くなった人のお墓を探す

探偵に調査依頼をしました;体験談・良い口コミ

お世話になった小学校の先生

故人のお墓を探す/お墓を知りたい

私は小学校の頃、転校してきた生徒として先生に大変お世話になったのですが、2年ほど前にその先生が亡くなってしまったという話を聞きました。

ですが地元から離れていて先生の遺族の連絡先やお墓の場所が分からなかったので、興信所にお墓を探す事をお願いしてみました。

その結果、1週間で、住所などを調べて提示してもらえたので、無事にお墓参りができました。

自分では探す方法も分からなかったので、お願いして本当に良かったです。

事前に見積もりを出してもらったので高かったら諦めようと思っていたが、想像の範囲内でした。

 

やはり、故人、亡くなった人のお墓探しは、興信所や探偵に調査をお願いするのが一番です。

先祖の墓:”故人のお墓探す”

墓地の場所を調べる方法・手段

故人のお墓を探す・分からない

基本的に、故人のお墓を探す・墓地の場所を調べる方法・手段は

生前生活していた場所に赴き、現地調査、刑事ドラマでいう足で稼ぐという地道な作業です。

そこから、新たな引越し先や家族や同居人等の情報を元に次の地へ移動・・・・。

地味に足で調査・調査内容

地道な作業ではありますが、亡くなった人を探にはこれしかありません。

故人のお墓を探す場合は、

1人では時間がかかります。

ある程度の人数で分担し、無駄のない調査内容も必要となります。

お世話になった人、お墓の前で手を合わせたい人を探すポイントは”足で稼ぐ”これに尽きるわけです。

故人のお墓を探す・墓探し

家族や親戚からの情報収集

お墓の捜索において、最も身近で信頼性の高い情報源は家族や親戚です。
特に、亡くなった方との関係が深い高齢の家族や親戚は、貴重な情報を持っていることが多いです。

≪過去の写真や日記の活用方法≫

写真の背景をチェック
過去の家族の写真を見る際、背景に写っている景色や建物、墓石の形状などを注意深くチェックしましょう。これらの情報から、お墓がどの地域や墓地にあるかの手がかりを得ることができます。
日記の記述を確認
亡くなった方や家族が残した日記には、お墓参りの際の出来事や感想が記述されていることがあります。特に、お盆や彼岸などの時期に書かれたエントリーには、お墓の場所や特徴に関する情報が含まれている可能性が高いです。
写真や日記に記載された日付や場所
「昭和○○年○月○日に○○墓地で」といった具体的な日付や場所の記載があれば、それを基に墓地や寺院に問い合わせることができます。

≪家族の記憶を頼りにする際のポイント≫

感情を尊重する
お墓の捜索は感情的になりやすいテーマです。家族や親戚に情報を尋ねる際は、その人の感情や記憶を尊重し、無理に思い出させないように気をつけましょう。
具体的な質問をする
「どこにあるか知っていますか?」といった抽象的な質問よりも、「○○墓地の近くにあると聞いたことがありますか?」といった具体的な質問の方が、記憶を引き出しやすいです。
複数の人に確認
一人の家族や親戚の記憶だけを頼りにするのではなく、複数の人に同じ質問をすることで、情報の正確性を確認することができます。
記憶のバイアスを理解する
人は時間が経つと記憶が変わることがあります。特に、長い時間が経過した情報に関しては、確認作業を怠らないようにしましょう。

お墓の捜索は時間と労力がかかる場合が多いですが、家族や親戚の協力を得ることで、よりスムーズに進めることができます。
感謝の気持ちを忘れずに、情報収集を進めていきましょう。

公的記録を活用したお墓の捜索

死亡届の確認・戸籍の附票の活用

お墓の捜索において、公的な記録は非常に信頼性の高い情報源となります。
特に、戸籍謄本や戸籍の附票は、亡くなった方の生死や葬儀の情報が詳細に記載されているため、お墓の場所を特定する手がかりとして利用することができます。

【戸籍謄本や戸籍の附票の活用方法】

戸籍謄本の取得
戸籍謄本は、市区町村の役場や出張所で取得することができます。亡くなった方の氏名や生年月日を伝え、戸籍謄本の発行を依頼します。
死亡届の確認
戸籍謄本には、亡くなった方の死亡日や死亡場所が記載されています。これを手がかりに、葬儀が行われた場所や墓地を特定することができます。
戸籍の附票の活用
戸籍の附票には、葬儀の詳細や墓地の情報が記載されている場合があります。特に、葬儀社や寺院の名前が記載されていれば、直接問い合わせることでお墓の場所を確認することができます。

【地方自治体や墓地管理事務所への問い合わせの仕方】

地方自治体の窓口を利用
  • 亡くなった方が最後に居住していた市区町村の役場や出張所に問い合わせることで、墓地の情報や葬儀の詳細を確認することができます。
墓地管理事務所の利用
  • 大きな公営墓地や私営墓地には、墓地管理事務所が設置されています。墓地の地図や名簿をもとに、お墓の場所を特定することができます。
情報提供の際の注意点
  • お墓の捜索に関する問い合わせをする際は、亡くなった方の氏名や生年月日、死亡日などの情報を明確に伝えることが重要です。また、情報提供を求める際のマナーや礼儀を守ることで、スムーズに情報を得ることができます。

公的な記録や地方自治体、墓地管理事務所の協力を得ることで、お墓の捜索が大きく進展することが期待されます。
しかし、情報収集の過程でのプライバシーや感情の配慮も忘れずに、慎重に捜索を進めていきましょう。

探偵事務所の方が時間を省ける

プロに依頼する際の知っておきたいこと

その観点から言うと、故人のお墓を探す場合
興信所や調査員に調査をお願いするのも1つの方法です。

先祖のお墓探しは探偵事務所
結果的に、

その友人は、興信所に依頼したところ、1週間かからず所在が確認できたのです。

ただ、闇雲に頼んでも逆に、騙されたり、費用を余分に取られたりトラブルになります。

そこで、人探し、故人のお墓探しに定評がある探偵事務所として
テレビの探偵特集でもたびたび登場する原一探偵事務所を紹介します。
費用面などメール無料相談が可能です。

*お問い合わせのポイント
1秒でも早く、相談に乗ってもらいという方は電話がオススメです。
急がないけど・・・という人はメールお問い合わせで十分です。

どちらとも、お問い合わせをしたからといって即契約というワケではありませんので、気軽に問い合わせみるといいと思います。

http://www.haraichi.co.jp/
*まずは、WEB無料相談・お問い合わせで気になる事を質問してみてください。

〈故人のお墓を探す〉なら探偵事務所に依頼を

故人のお墓を探すなら探偵事務所:原一探偵事務所を検討してみました。

【原一探偵事務所】
テレビやラジオなどの特集でもたびたび、協力出演しているのが原一探偵事務所です。

長年の実績から、その調査能力は他の追随を許さず、探偵事務所の第一線として活躍しています。

その原一探偵事務所の得意分野の1つが墓地探しです。

手持ちの情報からの着実な調査・そして丁寧・しっかりとした聞き込みは、プロの仕事そのものです。

墓地は、住民票のような登録の義務がありません。
よって、近所に住んでいる人でさえ場所を知らないという場合も多々あります。
少ない情報をもとに、スピーディな対応で故人のお墓を探す、それがハライチです
【原一探偵事務所】
オフィシャルサイトはこちら
http://www.haraichi.co.jp/
*まずは、WEB無料相談・お問い合わせで気になる事を質問してみてください。

故人のお墓を探す;お墓の場所を聞く

自分がお世話になった恩師とも言うべき先生・故人のお墓探しをすることは、とてもよいです。

墓と言っても、時代ごとに色々な形態があります。

庶民の墓にも石塔を立てるようになったのは、江戸中期からとされています。

  • 墓石を調べる
    それゆえ、現代のお墓探しは、墓石を調べるのが鍵となります。お世話になった先生の出身地が分かっているなら、その地方へ行って心当たりのある寺院を調べます。日本においては、江戸時代になると寺請制度が確立され、強制的に住んでいる地域の寺の信徒とされましたから、伝統的な地域であれば仏教寺院に埋葬されている可能性が高くなります。
  • 住職に確認
    心当たりのある寺院に直接行って、住職から話を伺います。歴史がある寺には、埋葬した人の名前を記録した過去帳があるはずです。

興信所ニュース

マナー・需要が高まる時期

故人のお墓を探すなら探偵事務所がおすすめです!
原一探偵事務所

墓地の中でどこにあるか分からない場合のお墓の探し方

  1. ご遺族を探す・ご親族を探す・友人の実家のご近所を探す
  2. 別の友人に聞く・お寺に聞く・管理者に聞く
  3. 友人のお墓参りをする時のマナー
  4. ご遺族やご親族に連絡する・ご遺族やご親族に弔問する
  5. 友人のお墓参りはいつ行けば良い?
  6. 祥月命日・月命日・お盆やお彼岸・その他

需要が高まる時期
今、お盆・お彼岸

よくある質問・疑問・不安をご紹介

お墓の場所を知りたい時・注意点

お墓探しに関して疑問・質問・よくある質問をまとめました。

  • 友人のお墓の場所を知りたい時、どうすればいいですか?
    まずは友人に聞きましょう。
    次に遺族や親族に聞きましょう。
    次に、実家のある近所の人に確認しましょう。
  • 故人のお墓の場所自体を知る方法はありますか?
    片っ端から人に聞くことからはじまります。
    また除籍膳本から辿る方法もあります。
    その上で、親族を頼ってもダメな場合、プロに依頼するのがオススメです。
  • 亡くなった故人のお墓探しの料金はどれくらいですか?
    興信所のお墓探しの場合、基本的に人探しと同じ料金体系になります。
    恩師など昔お世話になった故人、生き別れの父、恋人など・・。
  • 埋没許可証とは何ですか?
    埋没許可証(埋火葬許可証)とは、故人の遺体を埋葬する際に必要な公的な許可証のことです。
    日本においては、遺体を埋葬する前に、地方自治体からこの許可証を取得する必要があります。
    通常、葬儀社が関連する手続きを代行し、遺族に代わって埋没許可証を取得することが一般的です。
  • 墓碑銘とは?
    墓碑銘(ぼひめい)とは、墓石に刻まれる故人の名前、生没年月日、そして時には故人の生涯や遺徳を称える言葉などが記された文章のことです。これは故人を記憶し、後世にその存在を伝えるためのものであり、多くの文化や宗教において見られる伝統的な慣習です。
  • 卒塔婆とは?
    卒塔婆(そとば)は、日本の仏教の伝統において使用される木製の記念碑です。
    これは故人を偲ぶために、その名前が刻まれた独特の形をした板で、仏教の墓地や寺院に設置されます。
    一定期間(一般的には49日)が経過したら、お寺で供養して処分します。

関連公式サイト

墓地・埋葬等のページ:厚生労働省

所有者の所在の把握が難しい土地に関する探索:国土交通省

揮毫

お墓探しの基本は、墓石に刻まれている揮毫を丹念に探ります。

探している人の戒名までは分からないにしても、生前の名前である俗名も刻まれているのが普通ですからよく探します。

田舎のような学校の少ない地域なら、地元の墓地を何ヶ所か回れば分かるものですが、都会だと大変な手間がかかります。

どうしても手がかりが分からないときには、同級生たちからも情報を集めて、亡き先生が葬られている墓地を探す必要が出てきます。

学校にも資料が残っている可能性がありますから、問い合わせてみる必要があります。

あとは、地道に時間をかけて探すしかありません。

お墓が見つかったときには、感謝の気持ちを伝えて、合掌をしてあげてください。

死んでいる人のお墓を探す、お墓の場所が分からい、お墓の場所を調べてもらう、故人・亡くなった人のお墓を探す方法、死んでいてお墓の場所が分からない、是非、ご活用ください。

記事まとめ

詳しい報告・サポート・お墓を見つけたい時まとめ

最近は、遺言として散骨・樹木葬という形でお墓も持たない選択の方もいます。

いろいろな事情で、
お墓に行って手を合わせたいと思ってできなかったり、ただ、その事実を知ることで心もすっきりすると思います。

まずは、プロの調査を考えてみてはいかがでしょうか?
お墓を見つけるだけでなく、担当者の詳しい報告・サポートも期待できます。

気になる方は、お気軽に相談・お問合せしておきましょう。

本記事では、故人のお墓探しをプロの探偵員にお願いするお得な方法を紹介しました。

《参考サイト》