フィリピン不動産投資のメリット・デメリット:人口・エリア分析、コンドミニアム投資・プレビルドなどの種類を紹介

フィリピン不動産投資のメリット・デメリット:人口・エリア分析、コンドミニアム投資・プレビルドなどの種類を紹介 フィリピン不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

フィリピン不動産投資

フィリピンは、急速な経済成長、若い世代を中心とした人口増加、そしてASEAN諸国としての戦略的な位置づけにより、不動産投資の新しいフロンティアとして注目を浴びています。

特に、マニラやBGC、メトロマニラなどの都市部では、物件価格の上昇や高い賃貸収入が期待されています。

しかし、成功のためには、市場の理解と正しい戦略が不可欠です。

この記事では、フィリピンの不動産市場の魅力と、投資を成功させるためのポイントを詳しく解説します。

《フィリピンの不動産市場の現状》
フィリピンの経済成長とASEANでの位置づけ。

フィリピンは、東南アジアの中でも特に急速な経済成長を遂げている国の一つです。

GDPの成長率は近年、ASEAN諸国の中でもトップクラスを記録しています。

この経済成長の背後には、外国からの投資の増加、新興産業の発展、そして政府のインフラ投資の拡大が挙げられます。

特に、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)産業の発展は、オフィス需要の増加をもたらしています。

人口の動向

フィリピンの人口は現在1億人を超え、その大半が若い世代です。

この人口構造の変動は、消費の増加や労働力の供給増として経済にプラスの影響をもたらしています。

都市部への人口集中も進んでおり、これが都市部の住宅需要の増加を後押ししています。

主要エリアの特徴

マニラ、BGC、メトロマニラなどのエリアの特色。

  • マニラ
    フィリピンの首都であり、ビジネスの中心地。オフィスや商業施設が集まり、不動産価格が高騰しているエリアです。
  • BGC (ボニファシオ・グローバル・シティ)
    マニラの中心部に位置する新興のビジネスエリア。高級物件やオフィスビルが立ち並びます。
  • メトロマニラ(マカティ)
    マニラ都市圏を形成する都市群。
    各都市にはそれぞれの特色があり、物件価格や賃貸収入の平均も異なります。

フィリピン不動産投資

フィリピン不動産価格の動向

物件価格の上昇傾向とその理由。

近年、フィリピンの不動産価格は上昇傾向にあります。

特に、マニラやBGCなどの都市部では、外国人投資家の参入や人口増加による需要の増加が、価格上昇の要因となっています。

しかし、エリアや物件の種類によっては供給過多となるリスクもあります。

物件選びの際には、エリアの将来性や供給・需要のバランスをしっかりと確認することが重要です。

《投資のメリットとデメリット》
投資のメリット

高い利回り
フィリピンの不動産は、他の国々と比較しても高い利回りが期待できます。
特に都市部のコンドミニアムは、賃貸収入が安定しており、5%以上の利回りが見込めます。
キャピタルゲインの期待
経済成長と人口増加に伴い、物件価格の上昇が期待されています。
長期的な投資戦略を持つことで、資産価値の増加を享受できます。
外国人投資家への規制緩和
フィリピン政府は外国人の不動産投資を奨励しており、所有や購入のハードルが低くなっています。
多様な投資商品
コンドミニアム、土地、オフィスビルなど、多様な不動産商品から選ぶことができます。

《投資のデメリット》
リスク、税金、管理費用などのデメリットもあります。

外国人所有の制限
土地の直接所有は外国人には認められていません。
これを回避するための方法もあるが、正確な知識が必要です。

フィリピン共和国憲法に基づき、土地を所有できる主体が、フィリピン国籍を有する個人、および、フィリピン法人(例えば、フィリピン国籍を有する個人またはフィリピン法人が60%以上の資本を所有しているフィリピン法に基づいて設立された法人)に制限されています。
国土交通省;海外建設・不動産市場データベース

市場の変動性
特定のエリアや物件タイプにおいては、供給過多となるリスクがあります。
税金や手数料
購入時や売却時の税金、管理費用など、予想外のコストが発生する可能性があります。
政治・経済の不安定性
フィリピンの政治や経済は一定の不安定性を持つため、その影響を受けるリスク、カントリーリスクがあります。

フィリピンの不動産投資の種類

フィリピン不動産投資は、以下のような投資の種類があります。

  • コンドミニアム投資:既に完成しているコンドミニアムを購入し、賃貸や資産価値の上昇を目的とする投資
  • 土地投資:土地を購入し、将来的な開発や価格上昇を目的とする投資
  • 商業施設投資:ショッピングモールやオフィスビルなどの商業施設を購入・運営
  • 住宅投資:アパートや一戸建てなどの住宅を購入し、賃貸として運営
  • リゾート・ホテル投資:観光地やビーチエリアに位置するリゾートやホテル投資。

【コンドミニアム投資の特徴】
コンドミニアムの人気とその理由は以下になります。

  • 安定した賃貸収入
    都市部のコンドミニアムは、外国人駐在員や富裕層のフィリピン人からの需要が高く安定した賃貸収入が期待できます。
  • 管理のしやすさ
    多くのコンドミニアムは、管理会社が運営しており、オーナーとしての手間が少ないと言えます。
  • 初期投資の低さ
    土地投資と比較して、初期投資が低く抑えられます。

【土地投資の特徴】
土地の所有とその特徴・メリットは以下になります。

  • キャピタルゲインの大きさ
    長期的に見ると、土地価格の上昇率はコンドミニアムよりも高い傾向があります。
  • 多様な利用方法
    アパートや商業施設の建設、農地としての利用など、土地の利用方法は多岐にわたります。
  • 長期的な視点が必要
    土地投資は、中長期的な視点での投資が求められます。
  • 外国人の所有制限
    外国人は土地を直接所有することができないが、会社を通じた所有やリース契約などの方法で回避することができます。

フィリピン不動産投資 利回り

プレビルド

フィリピンの不動産投資の種類は上記以外にも、
「プレビルド」(または「プレセリング」)もあります。

プレビルドとは?

「プレビルド」や「プレセリング」とは、物件がまだ建設されていない、または建設中の段階で販売されることを指します。

この方法での購入は、完成後の市場価格よりも低い価格で物件を手に入れることができる可能性があります。
そのため、投資家にとってはキャピタルゲインを期待しての投資として魅力的と言えます。

しかし、プレビルドの物件投資にはリスクも伴います。
例えば、

  • 建設が遅延する
  • 予定通りの品質で完成しない
  • 最悪の場合プロジェクトが中止される

などのリスクが考えられます。
そのため、デベロッパーの信頼性や過去の実績、プロジェクトの詳細などをしっかりと確認することが重要です。

フィリピンの都市部、特にマニラやセブなどの大都市では、新しいコンドミニアムのプロジェクトが次々と立ち上がっており、多くのプレビルドの物件が市場に出ています。
これらの物件は、外国人投資家を含む多くの投資家からの関心が高い現状です。

フラッグシティパートナーズ

フラッグシティパートナーズはフィリピン不動産の販売件数は日本一の不動産投資会社です。

  • 利回り20%を狙える
  • 短期売却益1000万円を狙える

大手デベロッパーの物件を中心に、現地スタッフを常駐させ、的確且つ迅速な情報提供を行っています。

フィリピン不動産投資 会社
 

フラッグシティパートナーズの海外不動産投資は、
国内の不動産投資とは異なり、月々3万円前後の積み立て投資なので

  • ローン審査不要
  • 勤続年数不問
  • 年齢(18歳以上)

など、縛りがありません。
国内不動産投資だとローンや年収の審査で落ちてしまっている方でも投資可能なのが魅力です。

 
フラッグシティパートナーズの不動産投資相談(オンライン相談)では、
海外投資のメリット・デメリット・リスク・リスク回避方法など

  • 海外不動産市場の最新動向
  • 海外不動産投資におけるメリットとリスク
  • 海外不動産の物件の選定方法と注意点
  • 海外の不動産開発業者(デベロッパー)の見極め方
  • 怪しい海外不動産会社を一発で見抜く方法
  • 海外不動産を取り扱う日本人仲介業者の見極め方
  • プレビルドの海外不動産投資の具体的なスキーム
  • プレビルドの不動産投資での実際の成功例と収益パターン
  • 月生田一成社長自身が騙された海外不動産投資の悪名な手口

などを知ることが出来きます。
 
【フラッグシティパートナーズの口コミ】

フィリピン不動産投資 失敗

国内の融資情勢が厳しく、御社海外不動産セミナーに辿り着きました。
個人の与信に関係なく分割の支払いが可能という事実を知り、取り組んでみようと思いました。

フィリピン不動産投資 融資

日本の不動産は人口減による価値低下は避けられず、慎重になってしまいます。
対して東南アジアでは、爆発的な人口増に伴う不動産需要が大きく見込めそうなので国内の不動産に拘っている理由は全くないと感じました

>>フラッグシティパートナーズ公式サイトへ

フィリピン不動産投資を成功させるためのポイント

エリア選定の重要性
エリア選定は、不動産投資の成功を左右する最も重要な要素の一つです。
特にフィリピンでは、都市やエリアによって経済状況や人口動態が大きく異なるため、適切なエリアの選定が必要です。
例えば、ビジネスの中心地であるマニラや新興のビジネスエリアBGCは、高い賃貸収入や物件価格の上昇が期待される一方、供給過多のリスクも考慮する必要があります。
エリア選定の際には、将来の開発計画や経済動向、物件の供給・需要のバランスをしっかりと確認することが重要です。
現地エージェントとの連携
信頼できるエージェントの選び方。
フィリピンの不動産市場は、日本とは異なる特性や法律を持っています。
そのため、現地の市場や法律に精通したエージェントとの連携は、投資の成功の鍵となります。
良いエージェントは、適切な物件の選定や購入プロセスのサポート、税金や法律に関するアドバイスなど、多岐にわたるサポートを提供してくれます。
信頼できるエージェントを選ぶためには、実績や評判をしっかりとチェックすることが必要です。
法律・税制の理解
外国人の所有制限と税金の取り扱い。
フィリピンの不動産取得や管理に関する法律や税制は、日本とは大きく異なります。
特に、外国人の土地所有に関する制限や、購入時・売却時の税金、賃貸収入に対する税金など、多くの点で注意が必要です。
誤った理解や手続きは、後々のトラブルの原因となるため、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。
資金計画と融資:為替リスク
ペソとの為替リスク、銀行融資の取り扱い。
フィリピンの不動産投資には、物件価格だけでなく、税金や手数料、管理費用など、多くのコストが発生します。
そのため、しっかりとした資金計画を立てることが重要です。
また、フィリピンの銀行からの融資を利用する場合、金利や融資条件、為替リスクなどを考慮する必要があります。
融資を利用する際には、信頼できる銀行や金融機関を選ぶとともに、返済計画をしっかりと立てることが必要です。

今後の市場予測

2023年以降の市場の動向と予測。

フィリピンの経済は、今後も持続的な成長が期待されています。

特に、若い世代を中心とした人口増加や、外国からの投資の増加は、不動産市場にとって大きなプラス要因となります。

しかし、新型コロナウイルスの影響や、政治的な不安定性も考慮する必要があります。

特に、都市部の物件価格は、供給過多となるリスクもあるため、エリア選定や物件の選定には十分な注意が必要です。

長期的な視点での投資と、市場の深い理解が、成功の鍵となります。

フィリピン不動産投資の事例と実績

フィリピン不動産投資について、一番気になるのは、体験談や口コミだと思います。

クチコミサイト、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い体験談を探しました。

フィリピン不動産投資 知恵袋

マニラの新興エリアに位置するコンドミニアムを購入しました。
エリアの将来的な開発計画や、BPO産業の拡大に注目し、物件の選定を行いました。
購入から2年後、物件の価格は25%上昇し、賃貸収入も安定しています。
成功の秘訣は、市場の深い理解と、適切なタイミングでの投資でした。

フィリピン 不動産投資 成功

フィリピンのリゾートエリアにバケーションホームとしての物件を購入しました。
しかし、購入したエリアは、予想よりも開発が進まず、物件価格の上昇も見られませんでした。
さらに、管理会社とのトラブルが発生し、賃貸収入も期待通りに得られなかった。
失敗の原因は、十分なリサーチ不足と、現地の状況を過度に楽観していたことでした。

フィリピン 不動産 中古物件

フィリピンの不動産市場は、日本とは大きく異なるため、初めは不安でした。
しかし、信頼できるエージェントと連携し、市場の動向や法律をしっかりと学ぶことで、安定した賃貸収入を得ることができています。

フィリピン不動産 税金

私は、BGCのオフィスビルに投資をしました。
経済成長とBPO産業の拡大を背景に、オフィス需要が増加しており、非常に満足しています。

フィリピン 格安コンドミニアム投資

フィリピンの土地投資は、長期的な視点が必要です。
私は、メトロマニラの郊外で土地を購入し、将来的な開発を見越しています。

よくある質問・Q&A

外国人はフィリピンで土地を所有できますか?

いいえ、外国人はフィリピンで土地を直接所有することはできません。しかし、フィリピンの法人を設立してその法人名義で土地を所有する方法や、長期リース契約を結ぶ方法など、間接的な方法で土地を利用することは可能です。

フィリピンの不動産の利回りはどれくらいですか?

エリアや物件の種類によりますが、都市部のコンドミニアムでは5%以上の利回りが期待されることが多いです。

税金や手数料はどれくらいかかりますか?

購入時や売却時には転売税や印紙税などがかかります。また、賃貸収入に対しても所得税が発生します。具体的な税率や手数料は物件の価格や種類、エリアによって異なるため、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

フィリピンの不動産市場の将来性はどうですか?

フィリピンの経済成長や人口増加を背景に、不動産市場の将来性は引き続き高いとされています。ただし、エリアや物件の種類によっては供給過多のリスクもあるため、慎重な選定が必要です。

現地での物件管理はどのように行われますか?

多くのコンドミニアムでは、管理会社が物件の管理や運営を行っています。また、賃貸物件の場合、エージェントや管理会社を通じて入居者の募集や家賃の回収などのサポートを受けることができます。

フィリピンの銀行から融資を受けることはできますか?

はい、フィリピンの銀行から不動産投資のための融資を受けることは可能です。ただし、融資の条件や金利は銀行や個人の信用状況によって異なるため、事前にしっかりと確認することが必要です。

フィリピンの不動産投資のリスクは何ですか?

供給過多による物件価格の下落、政治的・経済的な不安定性、外国人所有の制限など、様々なリスクが考えられます。リスクを回避するためには、市場の深い理解と適切な戦略が必要です。

フィリピンでの不動産取引の手続きは複雑ですか?

フィリピンの不動産取引の手続きは、日本とは異なるため、初めての方には複雑に感じることがあるかもしれません。しかし、信頼できるエージェントと連携することで、スムーズな取引が可能です。

フィリピンの物件は日本と比べてどれくらい安いですか?

エリアや物件の種類によりますが、一般的にフィリピンの物件価格は、日本の都市部と比較すると低い傾向にあります。

フィリピンの不動産投資のためのセミナーや情報はどこで得られますか?

フィリピンの不動産投資に関するセミナーや情報は、不動産エージェントや投資関連のウェブサイト、書籍などで得ることができます。信頼性の高い情報源を選ぶことが重要です。

フィリピン不動産投資は、不動産投資ローンの活用が可能ですか?

フィリピンの不動産投資において、不動産投資ローンの活用は基本的に可能ですが、いくつかの制約や注意点があります。

  • 外国人の融資制約
    フィリピンの銀行は、外国人への融資に対して制約を持っている場合が多いです。
    しかし、フィリピンの法人を設立し、その法人名義での融資を受ける方法が一般的に取られます。
  • 融資条件
    融資の条件、金利、返済期間などは銀行や金融機関によって異なります。
    また、物件の種類や場所、価格、投資家の信用状況などによっても融資の条件は変動します。
  • 物件の評価
    ローンを受ける際、銀行は物件の評価を行います。
    この評価額が融資額の上限となることが多いです。
  • 頭金(ダウンペイメント)
    多くの銀行や金融機関は、物件価格の一部を頭金として支払う必要があります。
  • その他の費用
    融資を受ける際には、手数料や保証金、保険料などの追加の費用が発生することがあります。

参考ページ:海外不動産投資向けのローン

 
関連公式サイト
フィリピン共和国|外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan
Philippine Embassy – Tokyo, Japan | フィリピン 共和国 大使館
FORTH 厚生労働省検疫所 フィリピン

フィリピン不動産投資:まとめ

フィリピンの不動産投資は、高いリターンの期待値とASEANでの経済的な位置づけから、多くの投資家の注目を集めています。

特に、都市部のコンドミニアムや土地への投資は、賃貸収入やキャピタルゲインの大きなメリットが期待されます。

しかし、成功のためには、市場の深い理解、現地のエージェントや管理会社との連携、そして法律や税制の正確な理解が不可欠です。

この記事を参考に、フィリピン不動産投資の魅力を最大限に活かし、成功への一歩を踏み出してください。

《参考サイト》

≪告知:フィリピン不動産投資会社様へ≫
おすすめのフィリピン不動産投資として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)