耐震補強改修工事・住宅の耐震リフォーム補助金制度の利用、費用・申請・耐震診断の解説|県市町村の住宅耐震改修支援制度・事業

耐震補強改修工事・住宅の耐震リフォーム補助金制度の利用、費用・申請・耐震診断の解説|県市町村の住宅耐震改修支援制度・事業 リフォーム
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

《補助金申請強いリフォーム会社探しなら》
SUUMOリフォーム
タウンライフリフォーム

 

耐震リフォーム 補助金

令和6年1月1日の発生した能登半島地震では、多くの家屋が倒壊しました。

地震で家が壊れることはないというイメージがありますが、
それはあくまでも”新耐震基準”の家の話です。

地震発生後の情報から、地震が発生した地域の家屋は半数の50%が、旧耐震基準の家であったようです。

高齢化や過疎化による費用負担が新耐震補強を遅らせた側面もありますが、
このような形で、耐震補強・耐震リフォームの重要性が注目されることとなりました。

地震大国日本:国・自治体の対応

地震大国日本において、我々の生活を守るためには、住宅の耐震性が極めて重要です。

特に、中古住宅を購入したり、長年住み続けている住宅をリフォーム・リノベーションする際には、耐震補強を検討することが大切です。

しかし、耐震補強には専門的な知識が必要で、何から始めれば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

本記事では、
耐震補強・耐震リフォームについて、その基本的な知識から補助金・助成金の活用方法まで、詳しく解説します。

これを読めば、あなたもリノベーションと耐震補強のプロフェッショナルに一歩近づくことができます。

補助金制度・特例措置に関する基本情報(申請内容・条件)とその重要性

補助金制度は、国や地方公共団体が特定の政策目的を達成するために、事業者や個人に対して経済的な支援を提供する仕組みです。

これには、事業費の一部を補助することで、新たな技術開発、社会的課題の解決、地域経済の活性化など、特定の目標を推進する目的があります。

特例措置とは、一般的な規則や基準からの例外を認める制度で、特定の条件や状況下でのみ適用されます。
これにより、通常では支援の対象外となる事業者や個人が、特定の状況下で支援を受けることができます。

補助金制度と特例措置の重要性は、以下の点にあります

  • イノベーションの促進
    新技術やサービスの開発を刺激し、経済成長に貢献します。
  • 社会的課題の解決
    環境保護、社会福祉、教育などの分野で、重要な問題に対処するのを助けます。
  • 地域経済の活性化
    地方の事業者に対する支援を通じて、地域の経済発展を促進します。
  • 緊急事態への対応
    災害やパンデミックなどの緊急時に迅速に対応するための資金を提供します。

耐震リフォーム 補助金

ややこしい、補助金・助成金のシステム

補助金や助成金の活用ですが、
毎年、そのレギュレーションが変わります。

耐震リフォームの場合、

  • 自治体のリフォーム補助金・助成金
  • 所得税の特例措置
  • 固定資産税の特例措置
  • 建築物耐震対策緊急促進事業(事業者用)

が考えられますが、

お住いの地域によって、
助成額や補助額も変わります。

また、
住宅の耐震診断が必要ですし、
申請時期に合わせる必要もあり、
場合によっては、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

地震保険(火災保険)が適用できる場合も

また、地震保険(火災保険)が併用できる場合もあります。

地震保険は、地震・津波等が原因で火災・損壊・埋没・流出による損害を補償する保険です。

ちなみに、耐震補強とは異なりますが、
・大雨が原因で雨漏り
・暴風によって壁にヒビ
・泥棒による被害
・漏電による破損・汚損
など、加入している火災保険によって適用が可能な場合があります。

耐震リフォームのタイミングで併用・増改築も検討可能です。

補助金・助成金申請に強みのあるリフォーム会社は、
保険にも精通しているため、見積時に、確認するといいと思います。

補助金に実績のある
リフォーム会社が簡単にわかる

そこでオススメしたいのが、
一括見積もりサイトの活用です。

1回の登録で複数の会社から相見積もりを取れるサイトです。

助成金・補助金を活用した見積もり比較

耐震リフォーム時の最安値比較

これなら助成金・補助金に詳しいリフォーム会社が簡単に見つかると思いませんか?

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
耐震リフォーム 補助金

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望の屋根リフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

耐震改修リフォーム工事に活用できる補助金・助成金・税金の特例措置

耐震リフォームに対して、

国の補助金
国土交通省が提供する「住宅の耐震改修促進事業補助金」などがあります。
これらの補助金を利用することで、耐震補強工事の費用の一部を補助してもらうことができます。
関連ページ
地方自治体の補助金・助成金
各地方自治体でも、耐震補強工事の費用を補助する制度が設けられています。
自治体によって補助金の内容や補助額は異なるため、詳細は各自治体のホームページや窓口で確認しましょう。
関連ページ
住宅ローンの特例措置
耐震補強工事を行う場合、住宅ローンの特例措置を利用することができます。
これにより、耐震補強工事の費用を住宅ローンで賄うことが可能となります。
関連ページ

などの利用が考えられますので、1つずつ説明したいと思います。

自治体のリフォーム補助金・助成金(県市町村の支援)

耐震診断・耐震改修設計・耐震改修工事・耐震除却工事

耐震補強工事に関しては、各自治体が力を入れいます。

自治体の一例を紹介します。

千代田区ホームページ住宅付建築物の耐震化促進助成
・木造以外の建築物
・建築物の過半の用途が住宅以外である建築物
・昭和56年5月31日以前に建築確認を得た建築物
・建築物の所有者が居住する住戸を含む建築物
・耐震診断の結果、耐震性が不足している建築物

[助成率 助成限度額] 緊急輸送道路沿道の場合
2/3:430万円

一般道路沿道の場合
23%:150万円


石川県住宅耐震化促進事業
石川県では、1981(昭和56)年以前に建てられた住宅について、
耐震診断や耐震改修を行う際に、その費用に対して、県と市町が合わせて補助を実施しています。

新たな耐震改修補助制度(定額150万円)


民間戸建住宅等の耐震診断・改修等補助制度
地震に強い安全なまちづくりを目指すため、令和7年における民間住宅の耐震化率を95パーセントとすることを目標に、耐震診断・耐震改修設計・耐震改修工事・耐震除却工事に要する費用の一部を補助しています。

主な補助の条件:耐震診断・耐震改修設計
・大阪市内にある民間住宅であること
・平成12年5月31日以前に建築された住宅であること
・店舗等の用途を含む併用住宅は、半分を超える床面積が住宅であること
・過去に国または大阪府並びに大阪市の同様の補助制度を活用し実施されたものでないこと
など

補助内容・申請締切
  補助内容 補助率 限度額 申請締切
1 耐震診断 11分の10 1戸あたり5万円

1棟あたり20万円

12月28日(木曜日)
2 耐震改修設計 3分の2 1戸あたり10万円

1棟あたり18万円

12月28日(木曜日)
3 耐震改修工事 2分の1 1戸あたり100万円 12月15日(金曜日)
4 耐震除却工事 3分の1 1戸あたり50万円

1棟あたり100万円

12月28日(木曜日)

住宅の耐震改修工事費補助事業(福岡市)

対象となる住宅
昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工した以下の条件を満たす住宅。

<木造戸建住宅>
2階建て以下のもの
上部構造評点を建物全体を1.0以上となる耐震改修工事又は1階部分を1.0以上になる耐震改修工事を行うもの
耐震シェルター等の設置については、高齢者、障がい者等の方が居住している世帯

<共同住宅>
3階建て以上かつ延べ面積1,000平方メートル以上のもの。
現行の耐震基準に適合する耐震改修工事を行うもの。(ピロティ階の改修を先行して実施する段階的改修も含む。)
耐震改修促進法の認定等を受けたもの。

補助内容
<木造戸建住宅>
耐震改修工事に要する費用の額の46%に相当する額と延べ面積に34,100円を乗じて得た額の46%に相当する額のどちらか低い額

<共同住宅>
耐震改修工事に要する費用の額の23%に相当する額と延べ面積に50,200円を乗じて得た額の23%に相当する額のどちらか低い額
ただし、1戸につき400,000円を上限。


また、自治体では支援融資制度(リフォーム融資・耐震改修工事)なども用意しています。

また、耐震改修工事を省エネ化やバリアフリー化など、
内外装材をはがすことが多いリフォーム工事の機会に併せて実施することで、工事費用や工事期間、施工の面で効率的、合理的、経済的に進めることができます。

省エネ化バリアフリー化などのリフォーム工事に関する助成制度の確認もおすすめします。

耐震補強 補助金

所得税の特例措置・固定資産税の特例措置

250万円までは10%

耐震リフォームの所得税の特例措置・固定資産税の特例措置は、
耐震リフォームを行った場合、その費用を一定の限度額まで所得税・固定資産税から控除することができる制度です。

所得税の特例措置と固定資産税の特例措置の比較

区分 所得税の特例措置 固定資産税の特例措置
控除対象 耐震リフォームの費用 耐震改修を行った家屋
控除率 250万円までは10%、それを超える場合は5% 耐震診断:2分の1、耐震改修:3分の1
控除期間 なし 耐震診断:5年間、耐震改修:10年間

所得税の特例措置は、耐震リフォームの費用を直接的に減らすことができます。

一方、固定資産税の特例措置は、耐震改修を行った家屋の固定資産税を減額することで、間接的に耐震リフォームの費用を抑えることができます。

所得税の特例措置
耐震改修工事に係る標準的な工事費用相当額(上限:250万円まで) :10%を控除

固定資産税の特例措置
昭和57年1月1日以前に建築された住宅を現行の耐震基準(昭和56年6月1日以降の耐震基準)に適合する耐震改修を行った場合について、翌年度分の固定資産税が2分の1に減額されます。

建築物耐震対策緊急促進事業(国・事業者用)

基本的に昭和56年5月31日以前(新耐震基準前の旧耐震の建物)

建築物耐震対策緊急促進事業とは、耐震診断を義務付けられた建築物の所有者である民間事業者等が実施する耐震診断・補強設計・耐震改修、及び、超高層建築物等の所有者である民間事業者等が長周期地震動対策として実施する詳細診断・補強設計・改修工事に対して、国が事業に要する費用の一部を助成するものです。

対象となる建築物は、以下のとおりです。

[要緊急安全確認大規模建築物] ・昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・病院、店舗、旅館等の不特定多数の者が利用する建築物
・小学校、老人ホーム等の避難弱者が利用する建築物
・火薬類等危険物の貯蔵場・処理場のうち大規模なもの
超高層建築物等
・南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動の影響が大きい区域にあるもの

補助率は、以下のとおりです。
*耐震診断:80%
]補強設計:100%
]耐震改修:50%
補助金の交付申請は、国土交通省のホームページからダウンロードできる申請書に必要事項を記入して、地方公共団体に提出します。

耐震補強とは?

日本は地震が多い国であり、大地震が発生した場合、住宅が倒壊すると生命に直結する危険性があります。

そのため、住宅の耐震性を高めることは非常に重要です。

耐震補強とは、建物が地震の揺れに耐えられるように、その構造を強化することを指します。

具体的には、建物の骨組みを強化したり、壁や基礎を補強したりする工事を行います。

住宅耐震補強の方法(木造住宅)をご説明

補強工事を行う意味

耐震補強の方法としては、基礎部分の補強、土台の交換、壁の補強、接合部分の補強、屋根の軽量化などがあります。
これらの補強工事を行うことで、住宅は地震の揺れに対して強くなります。

  • 基礎の補強
    建物の基礎は地震の揺れを直接受ける部分であり、補強が必要な箇所です。
    基礎が弱いと建物全体の耐震性が低下します。
    基礎の補強には、コンクリートを追加して補強する方法や、鉄筋を追加して補強する方法などがあります。
  • 土台の交換
    古い木造住宅では、シロアリ被害や腐食により土台が弱っていることがあります。
    そのような場合、新しい土台に交換することで、建物の耐震性を高めることができます。
  • 壁の補強
    壁は建物の揺れを支える重要な部分です。
    壁の補強には、筋交い(壁の中に斜めに木材や金属材を入れる)を追加する方法や、耐力壁(壁全体が建物の揺れを支える)を設ける方法などがあります。
  • 接合部の補強
    建物の各部分をつなぐ接合部は、地震の揺れにより破損しやすい箇所です。
    接合部を補強することで、地震の揺れに対する耐性を高めることができます。
  • 屋根の軽量化
    重い屋根は地震の揺れにより大きな力が加わります。
    屋根を軽量化することで、地震の揺れによる影響を軽減することができます。
耐震補強にはそれなりの費用がかかりますが、補助金や助成金を利用することで負担を軽減することが可能です。
また、リノベーションと同時に行うことで、工事費用を抑えることも可能です。

リフォーム 耐震補強 減税

リフォーム・リノベーションと耐震補強の組み合わせ・工事の流れについて

リフォーム・リノベーションと耐震補強は、一石二鳥の効果を発揮します。
リフォームで住まいを快適にし、耐震補強で安全性を確保することができます。

《リフォームと耐震補強の流れ》
リフォームと耐震補強を同時に行う場合、まずは建物の現状調査から始まります。
その後、リフォーム・リノベーションの設計と同時に、耐震補強の計画も立てます。

  • 現状調査
    まずは建物の現状を詳しく調査します。建物の構造や状態、耐震性能などをチェックします。
  • 設計
    現状調査の結果をもとに、リフォームの設計と耐震補強の計画を立てます。自分の理想の住まいと安全性を両立させるための設計を行います。
  • 見積もり
    設計が決まったら、工事の見積もりを取ります。費用や工期、補助金・助成金の活用などを確認します。
  • 工事
    見積もりに納得したら、工事を開始します。リフォームと耐震補強が同時に進行します。
  • 完成・引き渡し
    工事が完了したら、完成した住まいを確認し、引き渡しを受けます。

耐震リフォームのメリット・デメリット

耐震リフォームとは、建物の耐震性を向上させるためのリフォームです。
耐震リフォームを行うことで、地震の際に倒壊や損傷を防ぐことができます。

耐震リフォームのメリットは、以下のとおりです。

【メリット】
地震の被害を軽減できる
耐震リフォームによって、地震の際に建物が倒壊したり、大きく損傷したりすることを防ぐことができます。
そのため、地震による人的被害や物的被害を軽減することができます。

建物の価値を高めることができる
耐震リフォームによって、建物の耐震性が向上すると、建物の価値が高まります。
売却や賃貸の際に有利になります。

災害に備えた安心感が得られる
耐震リフォームによって、地震に対する安心感を高めることができます。
安心して暮らすことができます。

耐震リフォームのデメリットは、以下のとおりです。

【デメリット】
費用がかかる
耐震リフォームには、費用がかかります。
建物の構造や規模、施工内容などによって費用は異なりますが、一般的な戸建住宅の場合、100万円~300万円程度が相場です。

工事期間が長くなる
耐震リフォームには、工事期間が長くなる場合があります。
建物の構造や規模、施工内容などによって工事期間は異なりますが、一般的に1~2ヶ月程度かかります。

間取り変更が難しい
耐震リフォームを行う場合、間取り変更が難しい場合があります。
建物の構造や規模、施工内容などによって間取り変更の可否は異なりますが、原則、大きな間取り変更は難しいと考えられます。

耐震リフォームを検討する場合は、メリット・デメリットを十分に理解した上で、慎重に判断することが大切です。

耐震リフォーム時に補助金・助成金を活用するメリット・デメリット

耐震リフォームにかかる費用は高額であるため、補助金・特例措置を活用することで、費用負担を軽減することができます。

補助金・助成金を受け取ることで、耐震リフォームの品質を高めることができます。

ただし、補助金・助成金には、それぞれ一定の条件があります。
また、申請や手続きには、一定の時間やコストがかかる場合があります。
そのため、補助金・助成金を利用する際には、事前に詳細を確認し、慎重に判断することが重要です1

耐震リフォーム時に補助金・助成金を活用するメリットは、以下のとおりです。

《補助金・助成金・特例措置を活用するメリット》

費用を抑えることができる
耐震リフォームは、費用がかかるものです。
活用することで、費用を抑えることができます。
耐震性をより高めることができる
補助金には、一定の基準を満たす必要がある場合があります。
そのため、活用することで、より高い耐震性を確保できる可能性があります。
地域貢献につながる
補助金は、地域の活性化や防災対策を目的として設けられている場合もあります。
そのため、地域貢献につながります。

耐震リフォーム時に補助金・助成金を活用するデメリットは、以下のとおりです。

《補助金・助成金・特例措置を活用するデメリット》

条件を満たす必要がある
補助金には、一定の条件を満たす必要があります。
条件を満たしていない場合、補助金・助成金を利用することができません。
手続きが煩雑になる
補助金を利用するためには、申請手続きが必要となります。
そのため、手続きが煩雑になる場合があります。
補助金の額が少ない
補助額は、制度によって異なります。
補助額が少ない場合、費用を大幅に抑えることができない場合があります。

耐震リフォーム時に補助金・助成金を活用するかどうかは、メリットとデメリットを十分に検討した上で判断することが大切です。

以下に、耐震リフォーム時に補助金・助成金を活用する際の注意点を挙げます。

複数の制度を比較する

複数の制度を比較することで、より有利な制度を利用することができます。

早めに情報収集する

補助金は、毎年内容が変更される場合があります。
そのため、早めに情報収集を行い、条件や申請手続きを確認しておくことが大切です。

申請手続きを早めに行う

補助金・助成金は、予算が限られている場合があります。そのため、申請手続きは早めに行うことが大切です。

耐震リフォーム 補助金 申請方法

補助金の申請方法と必要な書類の準備(住宅の耐震診断)

見積もり・計画書の作成・業者選定

耐震リフォームに関する補助金の申請方法と必要な書類の準備は以下の通りです。

補助金申請の流れ

  1. 耐震診断の受ける
    まず、専門業者による耐震診断を受けます。これにより、リフォームが必要な箇所や程度が明らかになります。
  2. 耐震改修工事の見積もりを取る
    耐震診断の結果に基づき、必要な耐震改修工事の見積もりを業者に依頼します。
  3. 補強計画の設計書・計画書の作成
    耐震改修工事に関する詳細な計画書や設計書を作成します。
  4. 自治体に補助金を申請する
    準備した書類をもって、住んでいる地域の自治体に補助金の申請を行います。
  5. 交付決定後、工事の契約をする
    補助金の交付が決定したら、正式に耐震改修工事の契約を業者と結びます。

必要な書類
*耐震診断報告書: 専門業者が作成する耐震診断の結果報告書。
*耐震改修工事の見積書: 工事業者が提出する改修工事の見積書。
*耐震改修工事の計画書または設計書: 耐震改修を行うための詳細な工事計画や設計に関する書類。
*申請書: 各自治体が指定する補助金申請書。
その他、自治体が指定する書類: 住民票の写しや固定資産税の納税証明書など、自治体によって追加で必要とされる書類。

耐震リフォームの補助金・助成金申請を依頼する業者の選び方 実績・口コミ・無料診断

耐震リフォームの補助金申請を依頼する業者を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

耐震リフォームの経験と実績がある
耐震リフォームの補助金申請は、専門的な知識や経験が必要です。耐震リフォームの経験と実績がある業者に依頼することで、スムーズに補助金申請を進めることができます。
補助金制度に精通している
耐震リフォームの補助金制度は、毎年内容が変更される場合があります。補助金制度に精通している業者に依頼することで、最新の制度に対応した補助金申請を行うことができます。
親身になって相談に乗ってくれる
耐震リフォームの補助金申請は、複雑な手続きが伴う場合があります。
無料診断はもちろん、親身になって相談に乗ってくれる業者に依頼することで、安心して補助金申請を進めることができます。

耐震リフォームの補助金申請は、業者選びが重要です。慎重に選んで、安心して補助金申請を進めましょう。

リフォーム・リノベーション・耐震補強体験談・口コミ

耐震補強リフォーム・リノベーションを検討している方について、一番気になるのは、口コミや体験談だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・体験談などを探しました。

耐震リノベーション 助成金

体験談我が家は築30年の木造住宅で、リノベーションを考えていました。
その際、耐震補強も一緒に行うことを勧められ、初めて耐震補強の重要性を知りました。
補助金を活用したことで、思っていたよりも費用を抑えることができ、安心してリノベーションと耐震補強を行うことができました。

リノベーション 耐震 マンション

中古の戸建てを購入し、リノベーションを行いました。
その際、耐震補強も一緒に行うことで、安心して住むことができています。
リノベーションと耐震補強を同時に行ったことで、工事期間も短縮でき、効率的に工事を進めることができました。

耐震リフォーム デメリット

築50年の一戸建てをリノベーションしました。
旧耐震の建物だったため、耐震補強も一緒に行いました。
耐震補強を行ったことで、地震が来ても安心して過ごすことができています。
また、補助金を利用したことで、費用も思っていたより抑えることができました。

よくある質問
耐震基準・費用・利用基準・対象者・注意する点

耐震リフォームの補助金は、どこからもらえるの?

耐震リフォームの補助金は、国や地方自治体、民間団体などから提供されています。
☆国の補助金:国土交通省や経済産業省などが実施しています。
☆地方自治体の補助金:各都道府県や市区町村などが実施しています。
☆民間団体や企業の補助金:民間団体や企業が実施しています。

耐震リフォームの補助金の利用基準は?

補助金の利用基準は、制度によって異なります。
一般的には、以下の基準があります。

  • 対象となる住宅:昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅
  • 対象となる耐震リフォーム:現行の耐震基準に適合させるための改修工事
耐震リフォームの補助金の注意点は?

耐震リフォームの補助金を受ける際には、以下の注意点があります。
*申請の締切に注意する
*必要書類を揃える
*補助金の利用基準を満たす

耐震リフォームの補助金は、税金控除にも使えるの?

耐震リフォームの補助金は、税金控除にも使うことができます。
所得税の減税:250万円までは10%、それを超える場合は5%
固定資産税の減額:耐震診断:2分の1、耐震改修:3分の1

耐震 補助金

耐震リフォーム 補助金;記事まとめ

耐震リフォームは、住宅の耐震性を向上させるために必要な工事です。

耐震リフォームを行うことで、地震による被害を軽減することができます。

耐震リフォームの費用は、工事内容や規模によって大きく異なります。

そのため、費用を抑えるために、補助金を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

耐震リフォームの補助金は、国や地方自治体、民間団体などから提供されています。
補助金の額や利用基準は、制度によって異なります。

そのため、補助金を利用する際には、事前に情報を収集して、自分に合った補助金制度を探しましょう。

また、耐震リフォームの補助金を受けるためには、必要書類を揃えて、申請手続きを行う必要があります。

申請手続きは、複雑な場合があるため、早めに準備を始めるようにしましょう。

耐震リフォームは、住宅の安全性を高めるために、とても重要なことです。補助金を上手に利用して、安心・安全な住まいを手に入れましょう。

《まとめ》
耐震リフォームの補助金は、費用を抑えて耐震リフォームを行うことができる有効な手段です。

補助金を受ける際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 補助金の制度について、事前に情報を収集する
  • 必要書類を揃える
  • 申請手続きの締切に注意する
  • 補助金の利用基準を満たす

また、耐震リフォームの補助金は、税金控除にも使うことができます。

補助金を利用する際には、税金控除も検討してみてはいかがでしょうか。