《2024年最新》おすすめのリフォーム会社:失敗しない優良施工業者の選び方・探し方・比較方法ランキング・口コミ・評判

おすすめのリフォーム会社:リフォーム施工会社の選び方・探し方・比較方法・口コミ・評判、価格(一括見積り・相談も) リフォーム

リフォーム会社 おすすめ

おすすめのリフォーム会社どこなのか?

リフォームを考える時、どの施工会社に工事を依頼するのがいいのか?

リフォーム会社の探し方や選び方は意外と悩むところです。

しかしリフォーム比較のポイントを押さえれば、それほど難しくありません。

まず、一軒家であれば、家を建てた業者・工務店・建築会社に依頼することです。

設計も施工を把握してる会社・業者であれば、リフォーム自体スムーズに進むことは間違いありません。

しかし、安い費用でリフォーム工事が可能か?

となると別の話です。

だからこそ、

  • おすすめのリフォーム
  • 費用の確認・見積もり

を行うのです。

リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

リフォーム補助金の流れ(簡易版)

ステップ 内容 詳細
1 申請前に確認する 対象制度、スケジュール、予算、書類
2 工事業者を選ぶ 国の登録事業者、見積もり比較
3 工事請負契約を締結 工事内容、費用、支払い方法などを確認
4 工事を行う 必ず国の登録事業者に依頼、工事を確認
5 補助金交付申請を行う 工事完了後、施工業者から交付申請
6 補助金が交付される 審査後、認められれば交付
7 その他 追加書類提出、交付まで数ヶ月かかる場合も

上記の通り、補助金の手続きは、
登録リフォーム事業者を介して行うことが多いため、

事前に、
登録事業者探し・話し合い・スケジュール管理が重要となります

 

リフォーム見積りのポイント

リフォーム時の自己判断はおすすめできません。
希望するリフォームの見積もり比較にチカラを注ぐ事がポイントです。

1社・2社の見積もりで、決めてしまうと後悔することが多々あります。

 

まず、使いたい無料サービス

そこでオススメしたいのが、

  • 補助金情報・リフォームプランを確認・比較できる
     
  • リフォーム会社選びをコンシェルジュに相談できる

SUUMOリフォームの活用です。

SUUMOは、賃貸物件の検索サイトだけだと思っていますか?

SUUMOリフォームは、

  • 一回の登録で複数の見積もり比較できる
  • 優良リフォーム会社のみ登録されているため安心して依頼できる
  • お断り代行あり
     見積もりを取っても契約の必要なし

疑問、質問がサクサク解決していくため、
スムーズにリフォーム・リフォーム会社選びが可能です。

SUUMOリフォームの評判・口コミ:家づくり相談”スーモカウンター”によるおすすめリフォーム会社紹介

また、リフォームプランの相談やリフォーム会社へお断りサービスもあるため、無駄な手間を省くことができます。

安心のSUUMO

スーモは、リクルート株式会社が運営する不動産情報サイトです。

SUUMO(スーモ)リフォームはリフォームポータルサイトの日本全国直近利用率No.1!(調査期間2023年03月20-23日、2023年3月時点(株)マクロミル調べ)
たくさんの施工事例からあなたにぴったりのリフォーム会社が探せます。
また、無料でアドバイザーに相談も可能です。

 

リフォームは早めにやらないと損

リフォームを検討している方

故障や破損個所をごまかしながら使用している方

そんな方は、リフォームの検討を先延ばしにしないでください。

デメリットが増えるだけです。

先延ばしにするデメリット

★補助金は、募集期限だけでなく予算消化で終了します。
多くの方が利用・事前申請するため、終わってしまう可能性があります

★破損・故障の規模が広がるとリフォーム費用がかさみます

このタイミングで具体的なリフォーム費用・補助金の活用を確認し、リフォーム業者を何社かに絞ることが出来れば、競わせることで値引き交渉も可能となります。

 

まずはSUUMOリフォームに登録

【登録はこんな流れです】
コンシェルジュの質問に回答していくだけ。
物件情報・リフォーム箇所・希望予算・連絡等を入力

リフォーム見積サイト

まずは、お近くのリフォーム会社検索から。

お住いの都道府県は?

簡単60秒で入力完了!
リフォームプランを確認する
リフォーム 一括見積もり

【おすすめページ】
ポイ活:総額40万円以上
不動産投資相談でAmazonギフト券がもらえる!

 

失敗しない”おすすめのリフォーム比較”のポイント 費用・提案対応・アフターフォロー

リフォーム会社を比較する場合、

  • 料金:予算に合った費用で収まるか?
  • 提案:イメージ以上の仕上がり、適材適所の施工が行われるか?
  • アフターフォロー・対応:リフォーム工事後のトラブル対応・保証システム

を無視できません。

そもそもリフォーム工事自体は滅多に行うものではありません。

そのため、業者との知識差が出るものなので失敗・騙されるという環境が整っているのは間違いありません。

リフォームに限らず、リノベーション、外壁塗装やシロアリ駆除などは、未だに訪問販売や悪徳業者が多く、消費生活センターへのタレコミ・苦情・トラブルは絶えません。
*見積もりよりも高い金額の請求書が届いたなどなど

だからこそ、おすすめのリフォーム会社を紹介する前に、
最低限の知識として

  1. リフォーム箇所による会社選びの優劣
  2. リフォーム箇所別の費用相場
  3. 対応の良し悪し・安心感

を紹介します。

【リフォーム箇所による会社選びの優劣】

リフォームを考える場合、

  • ”リフォーム ”比較”
  • ”リフォーム ”口コミ”
  • ”リフォーム” ”安く行う方法”

などで検索すると思います。

基本的にその方法で比較サイトを活用するのは間違っていません。

しかし、施工会社には、得意不得意のリフォーム工事があります。

例えば、リフォームを受注している窓口として、以下のような所があります。

  • 住宅メーカー(ハウスメーカー)・デベロッパー
  • リフォーム専門店
  • 設計事務所
  • 住宅設備・部品メーカー系工事店
  • 電気・水道・ガスなどの設備工事店
  • 塗装・内装・屋根・板金・タイル・左官などの工事店
  • 建材店
  • デパート・家具店・燃料店・ホームセンター
  • 不動産仲介会社

どこにお願いしても、基本的にリフォーム工事を請けてくれます。

しかし、

  • 大手の会社であれば下請けや孫請けに工事を流します。
  • 専門外であれば、提携会社に仕事を探します。
  • 営業窓口であれば、外注という形で仕事を依頼します。

要するに、間に何社かの企業を経由しリフォームが施工されることになります。

仲介手数料・マージンがプラスする形で、見積もり(割高)がなされるのが基本なのです。

間に人が入るということは伝達ミスも生じる可能性があります。

窓口で受け、業務部に流れ、業者に依頼し、施工業者が施工するとなれば、伝達ミスや何度も同じことを聞かれるなど・・・

そのため、リフォームを行う場合、
行いたいリフォーム箇所

  • 部分的なリフォーム(キッチンや水回り)
  • 増築・耐震・断熱などの大規模リフォーム
  • 外壁塗装・屋根工事などのエクステリアのリフォーム

などに対して、強みを持っているリフォーム会社に依頼することです。

『リフォーム会社の選び方・比較”12社”』2024年最新ランキング

《リフォーム会社の選び方》

住まいのリフォームは、多くの人にとって一生に一度か二度の大きな投資となります。
そのため、リフォーム業者の選び方は非常に重要です。

評判と口コミの確認
インターネット上の口コミサイトやSNSでの評価をチェック、実際の利用者の声を参考にすることで、業者の実力やサービスの質を知ることができます。
また、近所の住民や知人からの情報も非常に価値があります。特に、同じ地域でのリフォーム実績がある業者は、地域の特性やニーズをよく理解している可能性が高いです。

実績の確認
業者の公式サイトやカタログで、過去の施工事例を確認。使用材料や施工方法、完成後の仕上がりなどを詳しく見ることで、業者の技術力を判断する材料となります。
また、「住宅リフォーム協会」や「全国リフォーム業協同組合連合会」などの団体が認定する資格を持つ業者は、一定の技術や知識が保証されています。

提供サービスの確認
リフォーム後のアフターサービスの内容や期間を確認。特に保証期間や定期的な点検サービスがあるかどうかは重要なポイントです。
また、リフォームの計画段階から完成後まで、しっかりとした相談体制が整っている業者を選ぶことで、安心してリフォームを進めることができます。

価格とコストパフォーマンス
初回の相談時に、詳細な見積もりを提供してくれる業者を選ぶことで、後々のトラブルを避けることができます。
価格だけでなく、提供されるサービスや材料の質、施工の技術力などを総合的に評価し、コストパフォーマンスの高い業者を選ぶことが大切です。

リフォーム会社選びは、
とにかく無料見積もり・無料相談で一番理想に近い・有利な条件でリフォームが可能な会社を選び、それに尽きます

その上で、同じ条件のもと再見積もりすれば、
最安値の施工業者を見つけられれば、お財布に優しいリフォームが実現することは間違いないでしょう。

リフォーム

まずは、多くのリフォーム会社にお問合せ・相談してみてください。

そこで、
リフォーム会社・業者の選び方・見極め方として

  • おすすめのリフォーム
  • 一括見積りサイト
  • 全国対応のリフォーム会社
  • 地場に強い地域密着店

を口コミや評判(リフォーム比較 ランキング)と併せて紹介します。

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
リフォーム会社比較サイト

初心者にもオススメ
リフォーム相談

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望のリフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

≪SUUMOリフォームの口コミ≫
初めてのリフォームでわからない事が多く不安でしたが、親切に話を聞いてくださりアドバイスや提案をいただけて安心しました。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

リフォームの見積サイト【タウンライフリフォーム】

全国300社以上のリフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォーム費用の見積りやリフォームのアドバイス対応を無料でご提案するサービスです
リフォーム会社 おすすめ

提案力が特徴!
発想を自由に膨らませてより良いプロのアイデアを盛り込むことが可能

  • リフォームアドバイス・アイデア
  • リフォーム無料見積もり(費用確認)
  • リフォームプランニング

≪タウンライフリフォームの口コミ≫
1件1件探すより、まずは一気に調べてみようと思ってこのサイト(タウンライフリフォーム)を利用しました。
自分の希望を送り、それに応じてくれるリフォーム会社さんだけが連絡をくれました。
自分の希望を知っているので、細かい部分まで打ち合わせができ、スムーズに希望通りのリフォーム・対応にも満足でした。
おすすめのリフォーム会社です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ

 

優良工務店のリフォーム一括見積もりサービス【リフォームガイド】
累計50万人以上が利用のリフォームの一括見積もりサービス
リフォーム一括見積もりサービス

  • リフォーム内容をヒアリング
  • リフォーム内容に合った会社を紹介
  • 複数のリフォーム会社の現地調査日程を調整
  • リフォーム会社への見積もり催促やお断り対応も代行

≪リフォームガイドの口コミ≫
やはりこのご時世、まずはネットで情報収集してみようと色々探していたところ、大手の紹介サイトとリフォームガイドに登録してみることにしました。
”リフォームガイド”は、ネットの記事に「リフォーム会社の選び方」みたいなものが書いていたので、ちゃんとした会社なのかなという印象を持てました。

>>リフォームガイド公式サイトへ

 

全国800社から希望のリフォーム会社をマッチング【リショップナビ】
全国の優良おすすめリフォーム会社から金額の公開されたリフォームプランや事例を厳選して比較することが可能
リフォーム会社比較

復数の審査項目をクリアした優良なリフォーム会社
専門のスタッフがヒアリング後、リフォーム会社をマッチング
リフォーム施工会社情報やリフォーム事例など情報満載

≪リショップナビの口コミ≫
信頼できる担当の方が親切に対応してくれました。
担当者の感じがよく、非常に熱心でした。
知識も豊富で検討していたリフォーム工事の内容や費用についてなど、他メーカーの利点欠点を説明していただき不安や疑問が解決できました!

リフォーム工事のマッチングサイトなら

>>リショップナビ公式サイトへ

 

新築・リフォーム見積り、住環境情報サイト【ハウジングバザール】
木づかいの活動(木の家や自然素材を使った住まいをつくる)をベースに、全国各地で木の家をつくる優良工務店を紹介(一括資料請求)が可能なサイト
リフォーム会社 口コミ

地元の施工会社・地域密着

≪ハウジングバザールの口コミ≫
1番大切なことは良きパートナーを見つけることでしょうね。
色々な情報が溢れていますが、私はやっぱり地元の家づくりに詳しい会社さんがいいと思います。
家って建てて終わりではないですからね。
ずっと近くにいてくれる安心感を得られるのは地元の会社ではないでしょうかね?
なので、ハウジングバザールを活用し、まず近くの工務店さん・施工会社に目を向けてみることをおすすめします。

>>ハウジングバザール公式サイトへ

 

中古マンション探しからリフォーム・リノベーションまで【マイリノ】
マイリノ(MyRENO)は、
大阪ガスマーケティング(Daigasグループ)とグローバルベイスによる、
希望のエリア・条件で中古マンションを探し、理想の間取り・内装につくりかえることができるオーダーメイドリノベーションサービスです。
中古マンション探しからリフォーム

中古マンション×リノベで理想の家づくり!
関西圏(大阪・京都・兵庫・奈良エリア)を中心に展開、梅田にリノベーションショールームもOPEN!

>>マイリノ公式サイトはコチラ

 

リフォームの見積サイト【リフォーム比較プロ】
全国対応、全国500社以上の業者登録
複数の優良リフォーム施工会社からリフォームプラン・見積をオンラインでもらえるサービス
リフォーム会社比較 リスト

  • >最大5社まで紹介
  • 現金5,000円キャッシュバック

≪リフォーム比較プロの口コミ≫
古くなったキッチンの交換を検討していましたが、どこに相談すればいいのかわかりませんでした。
そんな ときに見つけたのがリフォームアベンジャーズさんです。
たくさんの候補のなかから業者を厳選して紹 介してくれたので、どれも目からウロコの魅力的な提案ばかりで感心しました。
またリフォームをする機会があれば、間違いなくもう一度 リフォームアベンジャーズさんに相談・利用します。

>>リフォーム比較プロ公式サイトへ

 

見積もり比較:リフォーム会社紹介サービス【ハピすむ】
経験豊富な専門スタッフが地元の優良”おすすめリフォーム会社”を無料紹介
リフォーム会社比較 ランキング

ハピすむのリフォームコンシェルジュは、

  • リフォームスタイリスト
  • インテリアコーディネーター
  • キッチンスペシャリスト
  • 福祉住環境コーディネーター

など、リフォームにまつわる資格保持者が多数在籍。

≪ハピすむの口コミ≫
最初の見積もりの段階で管理事務所に色々確認をしていてくれたみたいでした。
工事の申請の仕方や工事期間の確認を事前にして下さっていたのがとても好印象でした。
来て下さる時間も少し前には着いていてくれていたようで、きちんとしている会社だなと思いました。
他社とも比較しようとおもっていたのですが、工事を早くしたいといった気持ちと来て下さった方の対応がすごくよかった事が相まってすぐに依頼を決めました。
金額(工事費用)は予算を大幅に超える事になりましたが、工事の規模を広げたので納得しております。
施工方法も分かりやすく説明して下さったので安心の対応・任せられます。

>>ハピすむ公式サイトへ

 

おすすめのリフォーム会社の基礎知識 見積もり・提案力・トラブル回避に

リフォームに関しての基礎知識、また相場情報を紹介します。

おすすめのリフォーム会社選びの参考になると思います。

【リフォームとリノベーションの違い】

リフォームとリノベーションを一緒だと思っている人も少なくありません。

リフォームとリノベーションは、実は大きく違います。

難しい定義としては

  • リフォームは、古くなったものを修復・一新する
  • リノベーションは、間取りを変えるなど新しい価値を生む・改装する

が一般的です。

スケルトンリノベのような、3LDKを1LDKなどのように間取りを変えるものをリノベーション。
キッチンや洗面台を新しくする、給湯器を最新のものにするなどがリフォームになります。

そのため、デザインアイデアより機器の交換などが多いのがリフォームです。

型番が決まった商品の交換となれば、
見積もりに型番(水回りならLIXIL・TOTO・リンナイ等)と単価をしっかり明記してもらうことで、リフォーム時の見積もり比較も容易です。

リフォームの見積サイト【スミレナ】
給湯器やコンロなどのガス機器、お風呂やトイレなどの水回りの住宅設備機器の分割払いリフォーム
リフォーム会社比較 メーカー

東京ガスグループだからこその安心感ある手厚い対応。

≪スミレナの口コミ≫
20年以上昔のお風呂を使っていたので、金利がゼロの分割払いをできるスミレナにお願いしました。
こちらの要望(費用・日程)を細かく反映した提案をしてくれて、きちんと予算内に収めていただきました。
新しくなった浴室のお掃除のしやすさや保温性能の高さに驚きました。
ほっカラリ床(TOTOの浴室床)は水切れがよく、冬でもひんやりしないので日々の拭き上げ掃除も楽ちんです。

>>”スミレナ”リフォーム公式サイトへ

参考サイト:ガス給湯器の仕組み:給湯器交換・トラブル
今すぐできる!ガス給湯器でかかる光熱費を節約する方法7選

 

内装工事、店舗改装のことなら何でも相談【内装マスター】
小規模、大規模のリフォーム、オフィス・店舗の改装・内装工事、店舗改装
リフォームおすすめ会社

  • ニーズに合わせたご提案
  • 無駄なコストの削減
  • 安心の工事保証制度

≪内装マスターの口コミ≫
他社で工事見積りをとったところ、何百万もかかる内容だったので予算に合わず、内装マスターに相談させて頂きました。
なんとかコストダウンできないかという要望に熱心に応えて下さり最適な提案をして下さいました。
こちらのサービスを利用・依頼して良かったです。

>>内装マスター公式サイトへ

 

外壁塗装や水まわり専門業者が多数加盟【リフォームアベンジャーズ】
直接業者を紹介してくれますので、リフォーム会社の意見を直に聞けますし、蓄積された知識をベースにいろいろな話ができます。
リフォーム会社比較 口コミ

コンシェルジュが業者選びを行い、業者に伝達・段取り・お断り等まで行ってくれるので非常に便利です。
あとは紹介された施工業者の中から

  • 見積り比較
  • 過去の実績比較
  • 担当者との相性

などから1社を選ぶだけです。

≪リフォームアベンジャーズの口コミ≫
何度かリフォームの経験がありますが、いつも1社ずつ電話をして現地調査にきてもらったり、見積もりをとったりする手間に悩まされていました。
このサイトを利用したことで、予算や費用、日程調整など希望・要望にあった業者を何社か紹介してもらえて、自分で業者を1から選ぶ面倒くささが大幅に軽減されました。
わが家のように共働きで時間がとれない家庭にとってはかなり助かりました。

>>リフォームアベンジャーズ公式サイトへ

 

リフォームの大手・中小・種類・工事単価・相場

リフォームは、住まいの価値を高めるための大切な手段の一つです。

しかし、リフォームにはさまざまな種類があり、それぞれの特徴や適したケースが異なります。

《リフォームの種類》

一部リフォーム(部分改修)
  • 特徴
    住宅の一部分だけを改修する方法です。例えば、キッチンや浴室などの水回りのリフォーム、フローリングの張替えなどが該当します。
  • 適したケース
    特定の部分が古くなったり、機能的に問題がある場合。コストを抑えたい場合にも適しています。
  • #リモデリング #リフレッシュリフォーム
増築
  • 特徴
    既存の住宅に新たな部屋やスペースを追加するリフォーム方法です。
  • 適したケース
    家族構成の変化や、新たな趣味・ライフスタイルに合わせてスペースが必要になった。
  • #アディション #新築増築
全面リフォーム
  • 特徴
    住宅全体を対象に、床や壁、天井などの内装から外装までを一新するリフォーム方法です。
  • 適したケース
    住宅全体が古くなったり、ライフスタイルの変化に合わせて間取りを変更したい。
  • #リノベーション #大規模改修

リフォームの種類を選ぶ際は、現在の住まいの状態や将来のライフスタイル、予算などを考慮して、最適な方法を選ぶことが大切です。
また、専門家やリフォーム会社に相談することで、より適切なアドバイスを受けることができます。

《工事単価・相場:リフォームのコストと費用の内訳》

住まいを長持ちさせるため、また快適な生活空間を実現するためにリフォームは欠かせないものです。

しかし、リフォームにはそれなりの費用がかかるため、事前にしっかりとコストを把握しておくことが大切です。

《費用の内訳》

  • 工事費
    リフォームの主な費用。解体、施工、仕上げなどの工事にかかる費用です。
  • 材料費
    使用する建材や設備の費用。例えば、フローリング材やタイル、キッチンや浴室の設備など。
  • 設計費
    リフォームのプランを作成するための費用。専門家やリフォーム会社に依頼する場合にかかる費用です。
  • その他の費用
    申請手数料や廃材処理費、仮設材のレンタル費など、その他の付随する費用。

リフォームに関して、ある程度の相場を知っておくことでリフォーム比較が容易になります。

【水回り】
風呂・浴室:80~110万円
トイレ:20~40万円
キッチン・台所:80~150万円
洗面所:20~50万円

【屋外】
外壁・外壁塗装:80~150万円
屋根・屋根塗装:50~100万円
エクステリア・外構:30~110万円
庭・ガーデニング:~100万円
ベランダ・バルコニー:50~90万円
ポーチ:~20万円

【屋内】
リビング:50~200万円
ダイニング:50~120万円
洋室:30~50万円
和室:30~50万円
廊下:~50万円
階段:~30万円
玄関:40~60万円

【その他】
リノベーション:700~1,200万円

《コストを抑えるためのアドバイス》

見積もりを複数取得
複数のリフォーム会社から見積もりを取得することで、適正な価格を把握することができます。
オフシーズンに工事
リフォームの需要が低い時期に工事で、工事費を抑えることが可能です。
リフォームローンの活用
低金利のリフォームローンを利用することで、負担を分散させることができます。

リフォーム施工の際は、予算や希望する内容をしっかりとリフォーム会社に伝え、納得のいく見積もりを取得することが大切です。
また、リフォームの内容や規模に応じて、適切な「補助金」や「助成金」が利用できる場合もあるため、事前に調査しておくと良いでしょう。

リフォームの流れとステップ

リフォームを進める際、計画的に進めることでスムーズな工事が期待できます。

工事する内容によって、若干異なりますが、基本的なリフォームの流れは以下になります。

  1. ニーズの整理
    ★要望リストの作成: 何を目的としてリフォームを行うのか、具体的な要望や希望をリストアップします。
    ★ライフスタイルの考慮: 住む人のライフスタイルや将来の生活設計を考慮して、リフォームの方向性を定めます。
  2. リフォーム会社の選定
    ★情報収集: 口コミやネットの評価、展示場の訪問などでリフォーム会社の情報を収集します。
    ★初回相談: 複数のリフォーム会社に要望を伝え、提案や見積もりをもらいます。
  3. プランニング
    ★設計図の確認: リフォーム会社から提供される設計図やプランを確認し、細部まで確認します。
    ★材料選び: 使用する建材やインテリアを選定。エコカラットやサーモスタットなどの専門用語も出てくるので、不明点は確認しましょう。
  4. 契約
    ★工事契約: 見積もり内容や工事日程などを確認し、契約を締結します。
    ★建築確認申請:市町村に建築確認申請を行います。
  5. 工事開始
    ★養生作業: 家具や床などを保護するための養生作業を行います。
    ★解体工事: 既存の部分を解体し、新しいリフォームに適した状態にします。
  6. 中間確認
    進捗の確認: 工事の進捗状況を確認し調整を行います。
  7. 工事完了
    ★最終確認: 完成したリフォームを確認し、不具合や要望に応じた調整を行います。
    ★アフターフォロー: リフォーム後のメンテナンスやアフターサービスについての説明を受けます。
  8. 生活開始
    ★住み心地の確認: 新しくリフォームされた空間での生活をスタート。住み心地や使い勝手を確認し、アフターサービスを利用します。
    ★リフォームは大きな投資となるため、しっかりとした計画と確認作業が必要です。上記のステップを参考に、安心してリフォームを進めてください。

リフォームを行うのメリットとデメリット:リスクやトラブル

住まいのリフォームは、多くの家庭で検討される大きなテーマです。
しかし、リフォーム前に、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが重要です。

≪リフォームのメリット≫

住み心地の向上
  • 機能性
    古い設備や間取りを最新のものに変えることで、生活の利便性や快適性が向上します。例えば、IHクッキングヒーターの導入や、ウォークインクローゼットの設置など。
資産価値の維持・向上
  • 耐震補強
    地震に強い家へのリフォームは、不動産の資産価値を維持・向上させる要因となります。
  • 外観のリフレッシュ
    外壁の塗装や屋根の葺き替えなど、外観を新しくすることで、家の価値を高めることができます。
エコロジー&経済性
  • 省エネリフォーム
    高断熱窓の取り付けや、太陽光発電システムの導入など、エネルギーの効率的な使用を促進します。これにより、電気代やガス代の削減が期待できます。
ライフスタイルの変化に対応
  • バリアフリー化
    高齢者や車椅子の家族がいるシチュエーションで、段差のない家や手すりの取り付けなど、ライフスタイルに合わせたリフォームが可能です。

≪リフォームのデメリット≫

初期費用がかかる
  • 高額な投資
    リフォームは、大きな初期投資が必要となる場合が多いです。特に、大規模なリフォームや高品質な材料を使用する場合は、費用が高くなる傾向があります。
工事による生活の不便
  • 騒音や振動
    工事中は、騒音や振動、埃などによる生活の不便が発生します。特に、大規模なリフォーム時、一時的に他の場所への移住を検討することも。
期待とのギャップ
  • 完成後の不満
    打ち合わせやプランニングの不足により、完成したリフォームが期待と異なる場合があります。
メンテナンスの必要性
  • 定期的な点検
    リフォーム後も、定期的なメンテナンスや点検が必要となります。特に、新しい設備やシステムを導入した場合、専門的な知識や技術が求められることも。
リフォームは、住まいの価値や快適性を向上させる大きな投資です。
メリットとデメリットを参考に、自分のライフスタイルや家の状況に合わせたリフォームを検討してみてください。

資金計画と予算の組み方
優良の専門会社へ無料見積もりの活用を

リフォームは家の価値を向上させるだけでなく、住み心地を良くするための投資です。
しかし、そのための資金計画や予算の組み方は難しいと感じる方も多いでしょう。

現状の資産・収入
資産の棚卸し: 所有している資産や貯蓄、投資などの現状を把握します。
収入の見込み: 今後の収入やボーナス、退職金などの見込みをリストアップします。
リフォームの目的と優先順位の設定
目的の明確化: リフォームの目的(例: キッチンのリニューアル、バリアフリー化など)を明確にします。
優先順位の設定: 予算に合わせて、リフォームの内容を優先順位ごとにリストアップします。
予算の設定
全体の予算: リフォームにかけることができる最大の予算を設定します。
項目別の予算: リフォームの内容ごとに予算を割り振ります。例えば、設備交換や内装工事、外構工事など。
資金調達の方法
自己資金: 所有している貯蓄や資産を活用する方法です。
ローン: リフォームローンや住宅ローンの追加融資、無利息・低利の公的融資など、複数のローンの選択肢があります。
補助金・助成金: 地方自治体や国から提供されるリフォームの補助金や助成金を活用することも考えられます。
コスト削減の工夫
見積もりの比較: 複数のリフォーム会社から見積もりを取り、コストパフォーマンスの良い会社を選ぶ。
工事の時期: 工事のオフシーズンにリフォーム施工で、コストを削減することが可能です。
緊急時の資金の確保
予備費用: 予期せぬ追加工事やトラブルに備え、全体の予算の10%程度を予備費用として確保することをおすすめします。
アフターケアの予算確保
メンテナンス費用: リフォーム後のメンテナンスや修繕にかかる費用も考慮し、予算を確保しておくことが重要です。

リフォームの資金計画や予算の組み方は、計画的に進めることで無駄な出費を避けることができます。

リフォームに関する法律と規制の確認

リフォームを行う際には、以下のような法律や規制を遵守することが非常に重要です。
適切な手続きを行い、安全で法的な問題のないリフォームを実現しましょう。

建築基準法
建築物の安全性、衛生性、利便性を確保するための基本的な法律です。

リフォームにおける適用: 構造的な変更や増築など、建築基準法の適用を受けるリフォームがあります。この場合、建築確認申請が必要になることがあります。
地域による規制
地域によっては、独自の建築規制が設けられていることがあります。例えば、景観保護区域内での外観変更に関する規制など。

地域計画:特定の地域で設定されている計画に基づいた規制。例えば、高さ制限や色彩制限など。

必要な許可や手続き
★建築確認申請
構造や用途を変更する大規模なリフォーム時、建築確認申請が必要です。
★届出義務
一定の条件下でのリフォームは、地方自治体への届出が必要な場合があります。

その他の関連法規
☆消防法
防火規制や避難経路の確保など、消防法に基づく規制が適用されることがあります。
☆バリアフリー法規
高齢者や障害者の利便性を考慮したバリアフリー改修には、特定の法規が適用されることがあります。

リフォームの評判・失敗例とその対処法

リフォームは、計画や実施の過程で失敗することも少なくありません。
以下に、一般的なリフォームの失敗例とその対処法を詳しく紹介します。

リフォーム業者 探し方
”予算オーバー”
原因: 最初の見積もりと実際の工事内容が異なる、追加工事が発生するなど。

対処法
事前にしっかりとした打ち合わせを行い、予備費用を含めた予算を設定する。
また、契約時には明確な仕様書を取り交わすことで、後からの追加料金を防ぐ。
リフォーム 比較サイト
”期待と異なる仕上がり”
原因: 打ち合わせ不足や、使用する材料の選定ミス。

対処法
事前にサンプルや模型を見て、イメージとのギャップを減らす。
また、専門家の意見やアドバイスを取り入れることで、より良い選択をする。
リフォーム業者 比較

” 工事の遅延”
原因: 職人の手配ミス、材料の納期遅れ、天候不順など。

対処法
契約時に工事スケジュールを明確にし、進捗を定期的にチェックする。
また、余裕を持ったスケジュールを組むことで、遅延のリスクを減らす。
リフォーム業者 おすすめ
”水回りのトラブル”
原因: 配管の老朽化や、工事中のミスによる水漏れ。

対処法
リフォーム前に配管の点検を行い、必要な部分は交換する。
また、工事後も定期的なメンテナンスを行い、早期にトラブルを発見・対処する。
リフォーム会社 選び方
” 断熱・遮音性の不足”
原因: 断熱材や遮音材の選定ミス、施工ミス。

対処法
事前に断熱性能や遮音性能の高い材料を選定し、専門家との打ち合わせを重ねる。
また、施工後の性能チェックも欠かさない。
リフォーム会社ランキング 東京
” 通気性の悪化”
原因: 換気設備の不足や、窓の位置・数のミス。

対処法
リフォーム前に家の風通しを確認し、換気設備を追加する。
また、窓の位置や数を適切に配置することで、通気性を確保する。

助成金や補助金の利用・活用について

住宅のリフォームを検討する際、費用の面でのサポートとして助成金や補助金の存在は大変重要です。

これらの制度を活用することで、リフォーム費用の一部を補填することが可能となります。

《助成金・補助金の基本概念》

  • 助成金とは?
    公的機関や団体から特定の目的を持って活動する個人や団体に対して、無償で提供される資金のことを指します。
  • 補助金とは?
    特定の事業やプロジェクトに対して、その費用の一部を公的機関が補助する制度です。

主な助成金・補助金の種類

エコリフォーム補助金
環境に配慮したリフォームを行う場合に、その費用の一部を補助する制度。例として、断熱材の追加や太陽光発電システムの導入などが該当します。
耐震リフォーム補助金
地震に強い住宅へのリフォームを支援するための補助金。耐震診断を受け、必要な耐震補強工事で適用されます。
バリアフリーリフォーム補助金
高齢者や障害者が安全に生活できるように、住宅内のバリアフリー化を進めるための補助金です。

【申請方法と条件】

  • 申請手続き: 各自治体や関連機関のホームページで、該当する補助金・助成金の申請書をダウンロードし、必要事項を記入後、指定の場所に提出します。
  • 審査: 申請内容に基づいて審査が行われ、補助金・助成金の交付が決定されます。
  • 条件: 各補助金・助成金には、対象となるリフォーム内容や住宅の築年数、家族構成など、特定の条件が設けられています。詳細は各自治体や関連機関の公式情報を参照してください。

注意点
*補助金や助成金には、支給される金額の上限が設定されています。事前にしっかりと確認しておくことが重要です。
*同じリフォーム内容に対して、複数の補助金・助成金を受け取ることは原則として禁止されています。

関連ページ
トイレリフォームの補助金・助成金
薪ストーブ・ペレットストーブの補助金・助成金

 

住宅市場動向調査

令和2年3月 国土交通省 住宅局が発行している住宅市場動向調査で、リフォーム動向が把握できます。

住み替え・建て替え・リフォームに関する事項
住宅の取得時期、取得方法 ・ 建築時期 ・ 前回のリフォーム時期 ・ リフォームの種類 ・ リフォームの内容 ・ リフォームの部位 ・ リフォームの動機 ・ リフォームの工事期間 ・ リフォームの施工者 ・ 施工者に関する情報収集方法 ・ リフォーム時に困った経験 ・ 設計図書の有無
リフォーム前後の住宅に関する事項
・延べ床面積 ・ 高齢者対応設備、省エネ設備
リフォームの資金調達に関する事項
・リフォーム資金 ・ リフォーム資金借入金の返済期間 ・ 住宅ローン年間返済額 ・ 住宅ローン減税適用の有無 ・ 住宅ローンの負担感 ・ 民間金融機関借入金の金利タイプ ・ 民間金融機関への融資申込みの有無 ・ 民間金融機関からの希望額融資

施工者・物件に関する情報収集方法はインターネットでの情報収集はトップとなっています。

安心という部分ではリフォーム協会に加盟・登録しているリフォーム会社もおすすめです。

全国に協会がありますが、Googleで検索するだけでも、

  • 一般社団法人ベターライフリフォーム協会
    住戸内の内装や設備等のリフォームに関わる建材・住宅設備メーカー、流通事業者や公的団体等と連携し、地域のリフォーム事業者(一般会員)に関する情報を発表
  • 一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会
    住宅リフォームに関する消費者向け・事業者向けセミナー(参加費無料)を開催。また、リフォーム減税制度などの各種情報も発表
  • 全建総連リフォーム協会
    住宅リフォーム事業の健全な発達及び消費者が安心してリフォームを行うことができる環境の整備

が出てきました。

国土交通省の登録住宅リフォーム事業者団体一覧を確認しても
省エネリフォームで補助金・助成金

リクルートが100%出資する住宅リフォーム会社【ホームプロ】

匿名のままで、希望の内容・地域に対応可能なリフォーム施工会社を複数紹介してくれます。
利用者数No.1の住宅リフォーム会社紹介サイト

リフォーム会社比較 予算

  • 厳しい加盟審査
  • 加盟会社の指導・育成
  • 施主によるクチコミ
  • 無料の工事完成保証

安心して、リフォーム会社を選定できます。

≪ホームプロの口コミ≫
実際に利用した方のクチコミがきちんと書きこまれていて、とても参考になりました。
地方なのでクチコミは少ないと思い期待していなかったのですが、意外と充実していて驚きました。
ホームプロでたくさんのクチコミが見られてよかったです。

リフォームの見積比較サイト【リノコ】
無料&匿名で口コミ評価の高い人気のリフォーム施工会社から見積依頼
おすすめ リフォーム会社の選び方

提案力が特徴!

  • 口コミ評価の高い人気施工店のみご紹介
  • 完全に中立的な立場から徹底サポート
  • 相談・紹介・見積・・・何をしても無料!

≪リノコの口コミ≫
築15年のではじめてキッチンのリフォームをしようと考えていました。
費用・予算感がまったく分からないところでしたが、 見積りシミュレーションを使って概算金額を知れたことがよかったです。
いろいろと相談して決めていくうちに夢が広がって素敵なキッチンにリフォームすることができました。

おすすめのリフォーム会社が登録しているか?
一般社団法人マンション計画修繕施工協会
一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合
一般社団法人リノベーション協議会
一般社団法人ベターライフリフォーム協会

一般社団法人日本塗装工業会
一般社団法人リフォームパートナー協議会
一般社団法人全建総連リフォーム協会
一般社団法人 住生活リフォーム推進協会
一般社団法人JBN・全国工務店協会

一般社団法人住宅リフォーム推進サポート協議会
一般社団法人住活協リフォーム
一般社団法人全国古民家再生協会
一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会
一般社団法人ステキ信頼リフォーム推進協会
一般社団法人日装連リフォーム推進協議会

でてきました。

また、安心感を求めるのであれば、資格も無視できません。
建築物の工事には、国土交通大臣の建設業許可を取得することが定められています。
しかし、リフォーム工事はすべての業者に登録義務がありません。

リフォーム工事の請負総額が、500万円以上(税込)となる場合、建設業許可の必要なリフォーム工事になります。

要するに、500万円未満であれば、建設業許可の不必要という事になります。

リフォーム工事の場合、リノベーションと違い500万円以上のリフォームは少ないですが差別化・安心感という意味では少し気にするといいと思います。

そのため、

  • インテリア工事
  • 壁張り工事
  • 内装間仕切り工事
  • 床仕上工事
  • ふすま工事
  • 防音工事

などが内装仕上工事業を行っている内装仕上工事の許可を持っている建設業者にお願いするのもありかと思います。
技術や実績はもちろん、経営余力(資金余力)も重要なようです。

増築・減築・耐震・断熱などの大規模リフォーム特に増築・耐震・断熱の場合は、比較的大手のリフォーム会社(一級建築士・二級建築士)、リフォームの瑕疵(かし)保険なども加入しているためお勧めです

外壁・庭などのエクステリアなどは、専門の外構工事や外壁塗装会社の選択がおすすめです。

シロアリ・ネズミ・害虫・害獣駆除なども専門業者のほうが

  • 安い料金での駆除
  • 安心の技術

が担保できると思います。

リフォーム会社大手のリフォーム会社は怪しいか?安心か?

積水ハウスリフォーム
住友不動産株式会社:新築そっくりさん
住友不動産のリフォーム
セキスイハイムグループのREFORM
東京ガスリノベーション
ニッカホーム

LIXILリフォーム
三井のリフォーム
大和ハウスリフォーム
住友林業のリフォーム
朝日住宅リフォーム
CAINZ Reform
土屋ホームトピア

ミサワリフォーム
パナソニックリフォーム
旭化成リフォーム
コーナン
長谷工リフォーム
エディオン
東急Re・デザイン

大手のリフォーム会社は、知名度では有利な存在でしょう。
ただ、下請け・孫請けと子会社に仕事を流す形の場合、手数料が上乗せされる形も考えられます。
よって、相見積もりを上手に活用するといいと思います。

【更新履歴】

  • 2023年3月(令和5年):口コミ追加
  • 2022年5月(令和4年):記事リライト
  • 2021年11月(令和3年):画像アップロード追加
  • 2020年8月(令和2年):体験談・口コミ修正
  • 2019年4月(令和元年):新規記事アップロード

カラーセレクト・カラーコーディネート

リフォームを行う時、考えるのがカラーセレクト・コーディネート。

  • 壁紙・クロス
  • ドア
  • フローリング

などのカラー選びによって部屋のイメージが大きく変わります。

一般的なトーンとして

  • ホワイト系
  • ベージュ系
  • ブラウン系

の中から選ぶのが基本です。

各々にその良さがありますが、
中古マンション売却を前提の場合、色選びが逆に売りにくくなることがあります。

ホワイト系

ホワイト系は何といっても清潔感のある部屋を演出します。
服装も同じですが、何にでも合わせやすく、スタイリッシュで解放感のある部屋です。

リフォーム カラーセレクト

ベージュ系

ベージュ系は、温かみのある部屋を演出します。
木目調の家具にも合い、ホワイト系とは違う意味で使い勝手のいい部屋です。

ブラウン系

重厚感のある大人の部屋を演出できるブラウン系。
高級感を演出でき、素材も皮などの家具との相性がいい部屋です。

リフォーム カラーコーディネート

すべて統一するのがいいか?
  • ホワイト系・ベージュ系をどう考えたらいいでしょうか?
  • 無理にすべて統一するのがいいか?

ホワイト系の部屋は清潔感がありますが、冷たいイメージも受けます。

ホワイト系の部屋の床をベージュ系のフローリングにするだけで、清潔感があり、温かみのある部屋を演出することが可能となります。

一般的な部屋のイメージがそれですが、
万人にうける色味のカラーセレクトが基本と考えていいでしょう。

《リフォームと不動産売却:コラム》
不動産売却でリフォームやリノベーションを行うと、売りやすくなるのは事実です。

ただ、買主が戸惑ってしまうような奇抜な演出はマイナスです。

リフォームでカラーセレクトに迷ったら、シンプルに白をベースとしたフローリングの色味で問題ないでしょう。

もちろん、

  • 駅から遠い
  • 築年数が古い
  • 同じマンション内に複数売り物件がある

など売りにくい特殊なマンションの場合は、
あえて個性的な演出で少ない顧客層に訴えるのは1つの方法ということを付け加えておきたいと思います。

よくある質問・疑問

リフォームとリノベーションの違いは何ですか?

リフォームは、既存の部分を修繕・改修することを指し、リノベーションは建物の機能やデザインを一新することを意味します。

リフォームの平均的な費用はどれくらいですか?

費用はリフォームの内容や規模により異なりますが、一般的な部屋のリフォームで数十万円から、大規模なリフォームでは数百万円以上かかることもあります。

リフォームの際、どのような助成金や補助金が利用できますか?

各自治体や国から、エコリフォームやバリアフリー改修などの補助金・助成金があります
詳細は各自治体のホームページ等で

リフォーム業者を選ぶ際のポイントは何ですか?

実績や口コミ、サービス内容、アフターサービスの有無などを確認することが重要です。

リフォームの工事中、住み続けることは可能ですか?

工事の内容や規模によりますが、部分的なリフォームの場合は住み続けることが可能です。ただし、騒音や埃などの影響を受ける可能性があるため、事前に業者と相談することが推奨されます。

リフォームの工事期間はどれくらいかかりますか?

工事の内容や規模により異なりますが、一般的な部屋のリフォームで1週間から数週間、大規模なリフォームの場合は数ヶ月かかることもあります。

リフォームの費用を抑えるための方法はありますか?

一度に全てのリフォームを行わなず、段階的に実行、または必要最低限のリフォームに絞ることで費用を抑えることができます。

リフォームの際、近隣への挨拶や相談は必要ですか?

騒音や振動などの影響が予想される場合、事前に近隣の住民への挨拶や相談することがマナーとして推奨されます。

リフォームで物件の価値はどれくらい上がりますか?

リフォームの内容や質によりますが、適切なリフォームは物件の価値は上昇に繋がります。特にキッチンやバスルームなどの水回りのリフォームは、物件価値の上昇に寄与すると言われています。

リフォーム後のアフターサービスや保証について教えてください。

住宅のリフォームを行う際、完成後の品質や安心を保証するための「保証」や「アフターサービス」は非常に重要な要素となります。

保証の内容とその重要性

  • リフォーム業者の保証には期間が設けられています。
    この期間内に施工不良などの問題が発生した場合、無償での修理や対応が行われます。
  • 保証内容は業者によって異なりますが、一般的には施工不良に起因する問題が対象となります。
    ただし、天災や経年劣化、お客様の取り扱いによるダメージなどは除外されることが多いです。
  • 信頼性の高い業者は、リフォーム完了後に保証書が渡されます
    この保証書には保証の内容や期間、連絡先などが明記されており、万が一のトラブル時には大変役立ちます。

アフターサービスの内容

定期点検
優良なリフォーム業者は、工事完了後も定期的に物件の点検を行い、問題がないかを確認します。これにより、早期に問題を発見し、大きなトラブルを防ぐことができます。
メンテナンス
一部の業者では、リフォーム後のメンテナンスサービスを提供しています。これにより、リフォームした部分の長持ちや美観を保つためのサポートを受けることができます。
トラブル対応
アフターサービスの中でも特に重要なのが、トラブル時の迅速な対応です。リフォーム後に問題が発生した場合、すぐに業者に連絡を取り、適切な対応を求めることができます。

リフォーム会社を選ぶポイント;まとめ

日本政府も【SDGs】の観点も含め
建てては壊してまた建ててのスクラップ& ビルドからストック型への転換、リフォーム・リノベーションを推奨しています。

小さなリフォームは、DIYとして自分で行うことが可能です。
LIXIL(リクシル)が「調湿」「脱臭」「有害物質低減」の機能を持った内装壁材”エコカラット”は自分でも行えるエコカラットセルフなども提供しています。

ただ、少なからずタッカーを使用したり、DIYに疎い人は、プロにお願いが一番です。

リフォーム会社選びのポイントは、

何をしたいのか?

を明確にすることが重要です。

これがおすすめリフォーム会社探しの近道になります。

ぼんやり描いているだけだと、

  • リフォーム見積もり比較
  • リフォーム会社比較

にブレが生じます。

リフォーム後に後悔の原因にもなります。

せっかくの施工会社の提案力が無になってしまいます。

もし、明確なリフォーム箇所が固まっていない場合は、
契約は先延ばしし、まずは情報収集に一括見積サイトを活用することをお勧めします。

たくさんの業者の提案を聞くことで、目が肥えてきますし、知識も増えていきますので。

≪告知:リフォーム会社様へ≫
おすすめのリフォームとして、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、気軽にお問合せ・相談ください。
2営業日以内に、返信させていただきます。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)

 

関連公式サイト
住宅リフォーム推進協議会
全建総連リフォーム協会