不動産投資に失敗しないためにリノシーは儲からない?リノシーの口コミ・評判・資料請求

不動産投資 リノシーマンション投資・不動産投資

マンション投資の現状

個人的に不動産投資をしている関係で、不動産投資会社のセミナーや相談会にもちょいちょい顔を出していますが、

現状の考え方は、
基本的にどの会社も言っている方向性は同じです。

10年前と違い物件自体の価格が上がっているだけに、利回りを取りに行くというよりは、

  • 生命保険的な考え
  • 老後のための資産形成
  • 税金対策(税金還付)

をベースとしています。

老後の生活費

いきなり脱線しますが、
このサイトでもたびたび出てくる老後の資金・老後の生活をどうするか?という議論。

今の年金制度になったのは1959年。

  • 1959年の平均寿命は65歳で、11.2人に1人で老人を支える計算でした。

当初の年金の意味合いは、60歳から5年間の保障的な存在でした。

しかし 現状、

  • 平均寿命は80歳を超え、2.2人に1で老人を支える計算です。

2050年には、平均寿命91歳、1.4人で1人を支えているとも言われています。

年金の受給年齢は、今後もっと上がっていくのは確実でしょう。

となると、60歳までに住宅ローンを支払い、老後安定的に家賃収入を得るという考え方は、
今以上に真剣に考える時が来るのは間違いないでしょう。

また、団体信用生命保険(団信)で万が一のことがあった場合、住宅ローンが免除、遺族に資産も保険になるでしょう。

リノシー 口コミ

マンション投資の罠

複数の不動産投資の話を聞いている中で思うのは、

  • 売っておしまいの会社
  • 自社の物件を高値で売却する会社
  • 管理費や現況回復で搾取を画策する会社

が多いのが現実。

ただ単に不動産投資に失敗する人を生み出している装置に感じることも・・・。

そんな中、不動産投資・不動産テックの【RENOSY(リノシー)】は、
そのリスク管理が上手だと感じています。

先に言っておきます。
リノシーは、儲かりません!!

しかし、長期目線で
これまでの不動産投資のリスク・デメリットをしっかり見据えた上で、

  • 手間となるであろう部分を省き(原状回復費用0円)
  • 短縮化できる部分を短縮化(最短7日間
  • 賃貸管理サービスを低価格化(1000円税別/月

不動産投資を行ったことがある人なら、これだけで今までの不動産投資会社との違いを感じると思います。

*不動産テックとは?
不動産テックとは、不動産とテクノロジーを組み合わせて作られた言葉。
不動産業界の革新のために、課題解決や商慣習を変えるサービスを言います。
VR(Virtual Reality)、IOT(Internet of Things)、クラウドファンディング、仲介・管理など

ところでリノシーって?

リノシーの人気と株価

リノシーを運営する株式会社GA technologiesは、
2013年創業し、2018年07月東証マザーズ市場に新規上場、増収増益の急成長企業です。

最近では、川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーとして知名度も上がってきました。
口コミを見ても、安心感を感じる人が多いようです。

リノシー 業績

業績も右肩上がり。

物件選びで失敗していませんか?

不動産投資物件選びにおいて、

  • 業者におすすめ物件を紹介してもらう
  • マイソク(物件のチラシ)を1枚1枚確認する

こんな物件選びは、終焉を迎えつつあります。

  • 業者の売りたい物件を掴まされて儲かると思いますか?
  • デメリットを隠しているマイソクに意味があると思いますか?

そこでリノシーは、”AI”を活用し、
世の中に出ているマイソク(物件チラシ)をデータ化し、「収益性」・「資産性」を客観的に評価するために独自スコアリングの算出:レーダーチャートで比較できるようにしました。

リノシー アプリ

つまり 、簡単に言えば、
物件を”同じ土俵で比較”できるということです。
間取りと築年数と立地と施工・物件情報などを数値化できたら、簡単に比較できると思いませんか?

Youtubeからリノシーをまとめたものを

お問合せも簡単

①公式サイトから資料請求(資料を見てみる)をクリック
公式サイトから資料請求(資料を見てみる)をクリック

②お問合せフォームを入力
投資のご経験等
お問合せフォームを入力

簡単な質問に答えるだけ!

《リノシー今だけ:資料請求キャンペーン中》
ワンルームマンション投資 リノシー
今まで5000円だったAmazonギフト券プレゼントが30,000円からさらに50,000円に増額中!!
50,000円のAmazonギフトを是非、受け取ってください
*ページが表示されなければキャンペーン終了です。

【注意】
昨日、資料請求を行った方、メアドが間違っていたようです。
連絡手段が断たれてしまうため、登録時はご注意を。

マンション管理の比較

いくら、老後のためにマンション投資をしようと思っても、

  • 手間がかかるようでは、踏み切れないでしょう。
  • 修繕や急な出費のリスクが高いと躊躇するでしょう。

リノシーの不動産投資が急速に伸びている理由が、月額一律1,000円の賃貸管理サービスと言えるでしょう。

一般的な賃貸管理の手数料は5%。
3%でも安いと言われます。

For example 例えば家賃10万円の場合

  • 賃料の3%の場合:3,000円(年間36,800円)
  • 賃料の4%の場合:4,000円(年間48,400円)
  • 賃料の5%の場合:5,000円(年間60,000円)
  • リノシー:1,000円(年間12,000円)
賃料に関わらず月額一律1,000円(年間12,000円)で、

  • 入居者募集
  • 入居者審査
  • 賃貸借契約
  • 家賃集金送金
  • 管理料金
  • 解約清算(クリーニング・原状回復費用なし)
  • 滞納保証
  • 空室保証

充実の賃貸管理サービスと言えるでしょう。

特に、原状回復費用は借主だけなくオーナー負担の場合もあります。

固定費が安く、クリーニング費用の負担がないだけでも、不動産投資における大きなメリットとも言えます

マンション管理・各社比較

社名管理手数料原状回復
費用
原状回復
期間
賃料振込
手数料
設備保障家賃滞納時
保証
売却時
手数料
リノシー1000円0円
(1年間)
0円
(1年間)
100%保証1%
A社3000円オーナー負担×オーナー負担×100%保証3%+6万円
B社賃料の5%オーナー負担
(2年間)
0円
(2年間)
100%保証3%+6万円
C社3500円オーナー負担95%保証0円95%保証100%保証3%+6万円
D社5000円オーナー負担特定特約に
含まれる
不明特定特約に
含まれる
手数料6000円
退去代行9000円
3%+6万円
E社賃料の3.5%0円×0円×100%保証3%+6万円
F社賃料の3~5%0円オーナー負担100%保証3%+6万円

>>リノシーの資料請求はこちら

リノシー 評判

《リノシー今だけ:資料請求キャンペーン中》
ワンルームマンション投資 リノシー
今まで5000円だったAmazonギフト券プレゼントが30,000円からさらに50,000円に増額中!!
50,000円のAmazonギフトを是非、受け取ってください
*ページが表示されなければキャンペーン終了です。

【注意】
昨日、資料請求を行った方、メアドが間違っていたようです。
連絡手段が断たれてしまうため、登録時はご注意を。

首都圏在住の人だけでなく、地方の方も都心の不動産投資を安心して行える
不動産投資を身近な存在に押し上げるだけのポテンシャルを持った会社とも言えそうですね。


リノシーの口コミ・評判

リノシーの口コミに関しては、まず、アマゾンギフトが受け取れなかったという口コミも見受けます。
理由はいくつかありますが、その1つが年収:最低500万円は必要ですし、一時期、リノシーへのお問い合わせが増えた時は、年収は800万円でも会社規模を疑われることもありました。
やはり、アマゾンギフト狙いのユーザーが増えたことが理由だと思いますが、老後の生活設計・資金のためには投資は必要ですので、根気よくお問い合わせ・説明が必要ではないかと思います。
口コミから見ても、リノシーの不動産投資を始めた理由に、「将来お金のこと・お金の心配」を答える人が多いのを見受けます。
このページでも紹介していますが、投資の仕方としてリスクを抑えながら長期目線でどこに投資をするか?
会社の成長とともに、サービスの幅も増えることで、キャピタルゲインまで見通せるメリットが評判にもつながっているようです。
不労収入・不労所得は基本的に悪魔のキーワードです。
そんな簡単にお金が入るシステムが構築出来たら、誰もが行います。
そこにはリスクがありますし、万全だと思っていても落とし穴があったりします。
不動産投資は、将来のために行うものではありますがサラリーマンやOLの方たちの口コミらしく税金対策や保険(団信)としてリスク回避を考える人も少なくないようです。
安定的に家賃収入が入るのが不動産投資です。
いきなり家賃が止まることは基本的にないですし、借主が退去ということであれば、そのための準備として新規募集する形で隙間なく埋めていくわけですが、リノシーの特徴はその間隔を極限狭められること。
短期間のクリーニング・原状回復工事は大きなメリットです。
もちろん、原状回復工事中でも入居募集は可能ですから

投資する物件の考え方

立地

立地に関しては、ほぼ都心でリノシーを含め各社一致しています。
以前にも紹介しましたが、人口が増加中の都心など五大都市圏で疑う余地はないでしょう。

  • 人口は増え続けいる東京
  • 23区内で約1000万人が在住
  • 東京の1人暮らしの割合は”50%”

中古・新築

”新築”・”中古”選びに関しては、各社考え方が変わります。

マンション仕入・開発から販売、賃貸管理サービスを一括で行っている会社は、新築マンションを推奨します。
新築の場合、住宅ローン控除額が中古より良かったり、仲介手数料(一般的に3%:リノシーは1%)がかからないなどのメリットもあります。
不動産開発・管理まで一貫しているので、安心感もあると思います。

BUT しかし、新築プレミア(住んだ瞬間に価値が10%、15%下がる)は不動産投資でも同じことが言えます。

新築より取得費用を2,3割安くできる中古マンション投資がいいと感じている筆者同様に、実際には、不動産投資会社の多くは中古マンションを推奨しています。

その中でもリノシーは明確に築10年~15年の物件と定めています。

不動産の場合、どの物件も最終的には売却という形になりますが、
リノシーの場合、安易なキャピタルゲインを基本的に期待しない投資スタイルが特徴で、老後まで長く持ち続けることを基本としています。
そもそも、マンションの寿命はもっと長いわけですから・・・。

不動産投資リノシーのリスク管理

いいことばかりではありません。

不動産投資にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

これを無視して不動産投資を始めていけません。

  • 地震のリスク
  • 火災のリスク
  • 空室のリスク
  • 家賃滞納のリスク
  • 金利上昇のリスク
  • 倒産のリスク
  • 修繕のリスク

地震のリスク

地震に関しては、ワンルームマンションは構造上被害を受けにくいと言われています。
新耐震基準(1981年以降)の物件を選ぶことでリスク軽減となります。
地震保険は任意の加入ですが、心配であれば個人の判断で付けるのもありだと思います。

火災のリスク

基本的に、火災保険に入ることで火災のリスクは軽減できます。
ワンルームマンションはRC・SRC構造なので、保険料が安く押さえられるのも計算されています。

空室のリスク

空室リスクは、マンション経営で最大のリスクといえます。
立地に関しては、Aiによるスコアリングで確認できますし、管理サービスの中で入居募集・審査など含まれています。
さらに入居率98.2%という数字は、リスクを管理する上で安心感ともなるでしょう。
また、空室保証もついています。

付け加えると、通常解約予告は1ヵ月が基本ですが、2ヵ月に設定されていますので、入居募集の告知に余裕を持たせることで空室の間隔を短くが可能となっています。

家賃滞納のリスク

滞納保証もついていますので、家賃滞納が起きたときもリノシーが立替してくれます。

金利上昇のリスク

現状、歴史的な低金利なのでマンション投資には絶好の時期です。
景気回復・インフレとなれば、金利の上昇のリスクはあります。
しかし 、コロナによって金利上昇はさらに先延ばしは確実ですし、物件の資産価値・キャッシュフローを確認しながら出口戦略ととりやすいのもリノシーの特徴です。

倒産のリスク

倒産のリスク、これは別にリスクと考えることはないでしょう。
管理会社を変えることで、今までどおり継続が可能です。

修繕のリスク

入居者の退去時のクリーニング費用は、リノシーが負担してくれます。
Moreover さらに一般的な原状回復は3,4週間かかりますが、1週間程度で次の募集・内覧が可能となっています。

もちろん、リフォームやリノベーションを行うタイミングも来ると思います。
その際は、実費になりますがローコスト(低額)で行えるようなプレン提案もしてくれます。

マンションの寿命

マンションの寿命を国土交通省が出している資料がありました。

鉄筋コンクリート造建物の減耗度調査に基づく物理的寿命の推定
実際の建物の減耗度調査のうえ、建物の減耗度と実際の使用年数との関係から、鉄筋コンクリ-ト造建物の物理的寿命を117年と推定
飯塚裕(1979)「建築の維持管理」鹿島出版会
参考:国土交通省

間取り

不動産投資には、ファミリータイプの2LDK、ビル投資、一棟アパートなどもありますが、間取りに関しては、各社さまざまです。

とはいえ、年収500万円以上のサラリーマンをターゲットとして不動産投資会社は、リノシーも含め、ワンルームマンション投資を推奨しています。

都心のマンション投資ということですから、ファミリー世帯より単身者・一人暮らしをターゲットにで、賃貸ニーズを享受するということでしょう。

もちろん、住宅ローンの兼ね合いもあるので取得価格という側面もあるでしょう。
リノシー 賃貸

《リノシー今だけ:資料請求キャンペーン中》
ワンルームマンション投資 リノシー
今まで5000円だったAmazonギフト券プレゼントが30,000円からさらに50,000円に増額中!!
50,000円のAmazonギフトを是非、受け取ってください
*ページが表示されなければキャンペーン終了です。

OWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)。

不動産投資家のためのアプリOWNR by RENOSY(オーナーバイリノシー)をついでに紹介しておきます。

不動産投資を行うと基本的に毎月決まった口座に入金があり、2年に1度更新、退去からの新規募集はリノシーにお願いする程度なので、投資をしている感覚はなくなります。

もちろん、何も考える必要はないともいえますが、
物件を1つ持つと2つ目の計画を立ててこそ不動産投資です。

融資を受けながら、資産を増やすという意味で、
リノシーで不動産投資を行っている人限定のサイトでは、
所有物件の情報やキャッシュフローの確認、新着販売物件の確認まで不動産投資に関トータルにサポートされています。

キャッシュフローの確認が容易にできることで、
不動産投資で資産を増やして生きたい人、旦那の名義で奥さん(主婦)が管理などにもおすすめです。

不動産投資 リノシー:まとめ

不動産投資会社、不動産管理会社はたくさんあります。
しかし ながら、ここまで無駄な部分をIT/AIを駆使し、費用削減(管理手数料1000円)をしている会社は少ないと思います。

この部分に関しては、口コミを見てもリノシーは他の不動産会社の追随を許さないといってもいいかもしれません。

不動産投資は、物件を買って・人に貸すという非常にシンプルなものです。

しかし 、だからこそ誰でも簡単にできそうなイメージにも見えますが、実際には手間がかかります。

今回は、リノシーの不動産投資を簡単に説明しましたが、
年収500万円以上の方であれば、今後の資産形成のために相談してみてもいいと思います。

コロナウイルスが物件価格を抑制しちょうどいいタイミングになるかもしれません

>>リノシー公式サイトはこちら

リノシー公式サイト
タイトルとURLをコピーしました