住宅ローンが払えない! 新型コロナウイルス感染症に対する住宅ローン特例を活用するには

住宅ローンが払えないマンション売る・マンション売却

コロナウイルスと住宅ローン

コロナウイルスによる給料減等により、
住宅ローンが払えない状況に対して、銀行・信用金庫との交渉が可能となりました。

  • 1年間だけ、毎月の返済を利息部分の返済のみになったらどうですか?
  • 毎月の返済金額が一時的に半分になったらどうですか?

それが、住宅ローン特例ですし、コロナ対策としてどこの銀行でも相談に乗ってくれます。

併せて、賢い人は、
住宅ローンの返済総額を減らせるチャンスとも考えています。

  • 金利が0.5%下がるだけで、返済総額が大幅に減ります。
    (例:3500万円:35年、2%→1.5%で約300万円減の効果)

審査期間やスピード感も早いので、
住宅ローン返済の減額・猶予、金利の見直しを考えている人は、是非、ご参考ください。

*コロナウイルスに関係なく、返済が難しくなった人でも、この方法を活用することは可能です。

住宅金融支援機構:(住宅ローン・フラット35など)が出している
新型コロナウイルス感染症による住宅ローンの返済特例によると、

  • 毎月の返済額を見直す
  • 一時的に返済額を減額する
  • ボーナス返済の取りやめ

は現実的となりました。

住宅金融支援機構

ただ、
注釈(↓↓)として、審査の結果、お客さまのご希望に添えない場合があります。

住宅金融支援機構

  • 毎月の返済が減額になった場合、その分、返済期間が延びます。
  • 各自、融資を受けている金融機関に相談ください。
  • 審査があります。

要するに、
審査に通りやすい準備が重要ということです。

そこで、新型コロナウイルス感染症に対する

  • 今後の不動産市況・今取るべき対策
  • 住宅ローン特例の活用方法
  • そのための銀行対策・最低限の準備
  • 住宅ローン以外に消費者金融の借金がある場合

を紹介します。

競売の心配、家を売る必要なし!

本来であれば、住宅ローンの返済に黄色信号が灯り始めたら

  • 借り換えで金利の見直し、毎月の返済額を抑える
  • 家の売却を考える

2択しかありませんが、
特例の活用が可能となったことで、家を手放す必要がなくなりました。

強制的に差し押さえ・競売の心配もなくなりました。

住宅ローン特例の活用

住宅ローン問題は、基本的にスピード感が大切です。

とは言え、
住宅ローン特例とは言っても一定の審査があります。

そのため最低限の準備は行ってください。

銀行に相談に行く前の準備

銀行・金融機関の融資担当者は、
住宅ローンの相談にいえば、全てを叶えてくれるわけではありません。

少なくとも、
事前に、今回の交渉に対してどこまで真剣に考えているのか?

  • 今のローン状況をしっかり把握しているか?
  • 家の価値(近隣相場)を認識しているか?
  • どれくらいの減額・猶予期間が必要なのか?

この3つくらいは、
銀行員に聞かれたときに、即答えられるようにしておきたいところです。

あなたの誠意嘘・虚偽のない報告は、担当者への印象も良くなります。

今の住宅ローン残額

住宅ローン残額は、毎年、金融機関から送られてくる「返済のお知らせ」等の書類・ハガキで

  • 返済金額
  • 元本部分
  • 金利部分
  • 返済後の残高

が確認できます。

もし手元にない場合は、金融機関に電話をして確認しておきましょう。

家の価値を把握

当たり前ですが、
家を購入した時の金額と現状では、家の価値は変わります。

担当者も行いますが、お互いの認識が違うと深く突っ込んだ話に発展しません。

現実を知る意味で、今の家の価値を確認してください。

不動産相場に詳しくない人は
ここで確認するといいと思います。

不動産売却一括査定

LINE風に会話形式で査定ができます

マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括査定できるサイトです。

イエウール

名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。

全国対応・無料・24時間OK
イエウール公式サイト

返済額、見直しの考え方

毎月の返済額を試算します。

  • 単純にいくらなら、返済可能なのか?
  • いくら減額できれば、生活していけるか?

ここがベースになりますが、
一番シンプルなのは、”利息部分のみの返済” を真摯な態度でお願いしたいところです。

銀行からすれば、最低限”利息部分のみの返済”が滞らなければ焦げ付きにはなりません。

もちろん、お互いの歩み寄りによって決まるものなので、それが叶わないとしても

  • 返済額を半分にする
  • ボーナス払いを廃止する
  • 2万円減額する

など、銀行も鬼ではありませんのでお願いしましょう。

コロナウイルスの影響は重々承知ですし、政府からも要請がでていますので、十分な準備と対応で望みたいところです。

コロナウイルスによる資産価値下落

コロナウイルスによる不動産相場は今後2割・3割は下落とも言われています。

個人的に、今の政府の動きから、それ以上の可能性もあると感じています。

【今後の見通し(最悪バージョン)】
不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。
最悪の状態は2・3年後と考えます。

  • コロナ自粛・経済下火(今)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ(これから)
  • 業績悪化(半年後)
  • 給料減額・ローン返済不能(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況でしょう。

ただ、それが不動産市況です。

今回のまとめ

住宅ローンの返済に暗雲が立ち込めたら

  • 住宅ローン残高を確認する
  • 毎月の返済可能な額を算出する
  • 家の価値を査定する
不動産売却一括査定

LINE風に会話形式で査定ができます

マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括査定できるサイトです。

イエウール

名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。

全国対応・無料・24時間OK
イエウール公式サイト

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました