リゾートマンションを売却するなら:維持・運営費用が重くのしかかる不動産売却

リゾートマンション売却マンション売る・マンション売却

夏休みは、別荘がある軽井沢へ・・・。

リゾートマンション・別荘と言えば、お金持ちの象徴というイメージでした。

しかし 、最近では、
ドラマのワンシーンにも使われることもなくなり、

それどころか、

  • リゾートマンションが売れない
  • リゾートマンションが廃墟化している
  • 100円でリゾートマンションが売りに出ている

リゾートマンションが負動産化しているニュースまでも目にします。

実際に当サイトにも
リゾートマンションを売る方法はないですか?

っとお問い合わせが来ます。

そこで、今回はリゾートマンション売却・考え方として

  • 不動産会社の仲介による売却
  • 不動産会社による買取
  • リゾートマンション賃貸不動産会社へのコンタクト
  • リゾートマンションオーナーへの告知
  • 事業譲渡の形で売却をする方法

を紹介したいと思います。

リゾートマンション売却:売れない

不動産売買の需給関係は常に変わります。

バブル時は

  • 別荘を持つ
  • リゾートマンションを所有する

ことがステイタスでした。

熱海や軽井沢、那須など別荘地のリゾートマンション建設が盛んでした。

しかし 、
多くの別荘地はバブル崩壊以降、下火になり、そのまま現状に来ています。

リゾートマンションの価値が下がり、完全に需給関係が崩れました。

Moreover さらに値引きに値引きを繰り返しても売れない状況が起きているのも現状です。

ちなみに、
今、別荘地という位置づけでかなり地価が高騰しているのが
北海道のニセコ沖縄など。
海外投資家も含め、売買が盛んに行われていますね。

リゾートマンション売れない

買い手がいない・タダでも売りたい

そんな状況だからこそ、タダでも売りたい・手放したいオーナーが増えているのも現状です。

リゾートマンションは、

  • 温泉・大浴場
  • サウナ
  • ジャグジー
  • ジム
  • テニスコート

などの魅力がいっぱいあります。

しかし 、
そこには管理費・修繕積立金だけでなく、運営・管理費用など施設維持のための費用が毎月かかります。

その毎月の費用が大きな足かせになり、販売活動が長期化、また成約に至らずというケースが多いのが現状です。

リゾートマンションを持っているけど、

  • ほぼ使わない
  • あまり行かない

ということになれば、タダでも手放したいと思うのもわかります。

逆に、
古くなったリゾートマンションをタダと言われても持ちたくないという両者の関係が今のリゾートマンションの側面です。

需要はないのか?

そんなリゾートマンション、実際に需要はないのか?

結論から言えば、マチマチです。

マンション同様、リゾートマンションも管理がしっかりされているマンションは十分に価値があります。

ニュースで言われている廃墟化リゾートマンションは、
管理が行き届かず、住人もまばらの形が多いのが現状です。

管理人もおらず、温泉施設等の設備も稼働していないリゾートマンションすらあります。

よって、管理が行き届き、維持・運営費用などがしっかり徴収されているリゾートマンションは、売却方法をしっかりすることで売却は難しくないと考えます。

需要という意味では、
新型コロナウイルスにより、地方移住の流れが生まれました。

テレワークによって、働き方・住環境への考え方も変わりました。

企業自体もオフィス費用削減・パソナのように本社機能を地方(淡路島)に移転という地方回帰の流れも出てきました。

その意味では、設備が整ったリゾートマンションは、
売り出し方次第で、売りやすい不動産になると思います。

リゾートマンション売却の基本

  • 一般的な中古マンション売却
  • リゾートマンション売却

では、買主と売主の関係は同じですが、売却方法は若干変わってきます。

不動産会社選びや媒介契約の考え方、また、売却活動自体も少し変わってくるでしょう。

リゾートマンション 不動産会社

不動産会社選び

リゾートマンション売却に関しては、大手の不動産会社が必ずしもいいとは言えません。

都心のマンション売却とは違い、購入希望者自体も現地への見学が容易ではありません。

現地を確認したいですし、内覧なしに購入というのは少ないでしょう。

そこで、
まとめて内覧ができる環境を用意することで、購入希望者・内覧者数の獲得が容易となります。

その意味で不動産会社選びは、

  • その地域に強い不動産会社
  • 同様・同地区の物件(リゾートマンション)の仲介している不動産会社

に限定したいところです。

海外投資家・購入者層に強い会社

また、購入するターゲットを日本人以外の人も含めることで市場が広がります。

中国・香港をはじめ、海外投資家との接点のある不動産会社にコンタクトを取るのも1つの選択でしょう。

一括査定サイトには、

  • 大手不動産会社
  • 中小不動産会社
  • 地元の不動産会社
  • 海外顧客を持つ不動産会社

など、様々です。

ただ、リゾートマンションの一括査定の場合、そもそも仲介を行っていない不動産会社の方が多いため、
査定できる不動産会社の数が場合によってはゼロ件ということもあります。

それほど、特殊な物件だということを頭に入れておき、出来る限り多めの不動産会社にコンタクトを取るといいでしょう。

不動産買取も

仲介だけでなく、買取も検討したいところです。

即現金化できる側面、安くても早く売りたいという状況を考えると仲介より買取のほうが確実に売却が可能とも言えます。

もちろん、リゾートマンションの買取は行っていない不動産会社も多いでしょう。

しかし 、特殊な物件だからこそ、イレギュラーで買主からのリクエストを受けている不動産会社もいるので、何もしないという選択はないでしょう。

【↓ 一括査定サイト ↓】

【↓ 個別に大手に査定 ↓】

リゾートマンション売却を別の見方で

リゾートマンション売却のポイントは、買主との接点をどこに見出すか?

ということです。

通常のマンションとは違う特殊な物件であるため、少し視点を変えた接点の考え方も必要です。

リゾートマンション賃貸業者

その1つが
リゾートマンション賃貸管理を行っている不動産会社へのお問い合わせです。

リゾートマンション賃貸管理を行っている不動産会社は、顧客リストを持っています。

リゾートマンションを賃貸で借りている人(賃借人)は住みやすさを知っています。
そんな方は、金額によっては購入を考えてもいいかも?
となるかもしれません。

新規に購入希望者を探すより営業はハードルが低いと言えるでしょう。

リゾートマンションオーナーへのアプローチ

また、
リゾートマンションオーナーへの営業も1つの手です。

オーナーには、

  • 居住している人
  • 別荘として所有している人

だけではありません。

  • 貸している人
  • 福利厚生で使っている人
  • イベント用に所有している人

などリゾートマンションをビジネス展開化している人もいます。

その人たちにとって、物件購入のハードルは低いと言えます。

ポスティングで売却の告知ができますし、
オーナーだけでなく、賃貸でリゾートマンションに居住をしている人へのアプローチもできるので有効と言えるでしょう。

収益化して事業として売る

コロナによって、少し状況は変わりましたが、民泊利用として事業化し、その上で売却という形も可能です。

新型コロナウイルスによって、インバウンドの計画は崩れました。

民泊に力を入れていた人は大打撃。
民泊の事業撤退を決定した人も少なくありません。

しかし、今までやっていなかった人、更にリゾートマンションオーナーには絶好のチャンスです。

コロナによって、
緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置、

  • 行動制限
  • 自粛

を強いられたのは事実です。
海外からの観光客が戻ってくるのも当分先の話でしょう。

ただ、この後、政府が後押しするのが内需拡大戦略です。
国内旅行を協力プッシュアップです。
Gotoトラベル再開も時間の問題です。

リゾート地にあるリゾートマンションは民泊の絶好の場所です。

Gotoトラベルは、特定の旅行を利用した方へ付与される仕組みですが、
所定の手続きで、民泊物件もキャンペーンの適用をなります!

要するに、
このタイミングで民泊として、少しでも利益の出る事業化をすることで、
事業譲渡の形で、リゾートマンションを売却することが可能となるのです。

民泊の売り上げから、修繕積立・管理費・固定資産税等を差っ引いて、プラスになれば黒字事業です。

場合によっては、
民泊の営業許可を取っておくだけで、それをウリ文句に売却することも可能だと思います。

>>民泊予約システムはこんな感じです
*相談するといいと思います。

リゾートマンション売却:まとめ

リゾートマンションが売れなくて困っているがいるかもしれません。

手放したくても買い手がつかないものもあるかも知れません。

温泉をはじめとした施設が止まっているリゾートマンションであっても、諦めず知恵を使うことで打開策が見つかると思います。

リゾートマンションを高く売るポイント・早く売るポイント

高く売るポイント・早く売るポイントは、
情報を効率的に集めることです。

  1. 家がイクラで売れそうか?
    *最高でいくら?最低でもいくら?
  2. 近隣で売買された物件の価格
    *売却にかかった時間
  3. 販売中の物件の価格
  4. 近隣の開発情報・状況

昔は、駅前の不動産会社に行って査定をお願いしました。
1社では不安なので、3・4社に回る面倒くさいものでした。

 

しかし、今ではネットで簡単に査定が可能です。

 

↓↓簡単な質問に答えるだけ↓↓

初めて査定を行う方はコチラ

イエウール公式サイト
タイトルとURLをコピーしました