株式会社SAの評判・口コミ:共有持分不動産専門会社が「持分のみ」を高額買取!訳アリ不動産・離婚・底地・再建築不可など

株式会社SAの評判・口コミ:共有持分不動産専門会社が「持分のみ」を高額買取!訳アリ不動産・離婚・底地・再建築不可など マンション査定・不動産査定
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

株式会社SA

共有持分不動産や共有不動産の売却は、通常の不動産売却とは異なります。

共有持分不動産とは、
複数の所有者がその所有権を分割して持つ不動産のことを指し、これには共有名義の土地や建物が含まれます。

この種の不動産取引は、所有権の分割が複雑であり、特有の法的課題を伴うため、専門的な知識が必要です。

そこで今回は、共有持分不動産売却に特化した専門会社である株式会社SAをご紹介します。

株式会社SAは、共有持分不動産売却に関する豊富な経験と専門知識を活かし、お客様一人ひとりの状況に寄り添った最適な解決策を提案しています。

本記事では、株式会社SAのサービスの特徴、活用するメリット・デメリット、利用者の口コミ・体験談、またよくある質問まで徹底解説します。

共有持分不動産専門会社の売却なら
「共有不動産の持分(共有持分)」「底地」「再建築不可」など複雑な不動産分野の相談、買取に実績あり!
株式会社SA公式サイトへ

関連ページ:底地とは?

『株式会社SA』とは

共有持分不動産または共有不動産とは、
複数の所有者が一つの不動産に対して所有権を共有している状態を指します。

土地や建物などの不動産が複数の人々によって所有されることを意味し、各共有者は不動産の一部に対して所有権の割合を持ちます。

この所有権の割合は、共有者間の合意や遺産分割などによって決定されることが一般的で、共有不動産の管理や利用、売却に際しては、全ての共有者の合意が必要となるため、しばしば複雑な調整が求められます。

例えば、
夫婦が共同名義で購入した住宅や、相続によって兄弟姉妹が共同名義で所有することになった土地などが該当します。

共有持分不動産の持分は、登記簿謄本に記載(各名義義者の氏名、住所、および持分が記載)されています。

株式会社SAは、こうした共有持分の評価、売買、そして管理まで、一貫したサービスを提供することにより、クライアントのニーズに対応しています。

共有持分不動産の一般的な例

共有持分不動産の一般的な例として、相続、離婚、贈与、共同購入などによって発生することが多く、日常生活においても様々な場面で遭遇する可能性があります。

相続による共有持分不動産
夫婦と子供
夫婦が亡くなり、子供たちが共同で家を相続する場合

兄弟姉妹
両親が亡くなり、兄弟姉妹が共同で土地や建物を相続する場合

親戚
遺言書に基づき、親戚間で不動産を共有する場合

離婚による共有持分不動産
夫婦共有名義の住宅
離婚に伴い、夫婦が共有していた住宅を分割する場合

婚前・婚後に取得した不動産
婚前・婚後に取得した不動産を、夫婦が共有する場合

関連:離婚後の財産分与で不動産売却をすべき理由

贈与による共有持分不動産
親から子供への贈与
親が子供へ土地や建物を贈与する場合

兄弟姉妹への贈与
一方が兄弟姉妹へ土地や建物を贈与する場合

共同購入による共有持分不動産
友人同士での住宅購入
友人同士で共同して住宅を購入する場合

投資目的での不動産購入
複数人で共同出資して不動産を購入する場合

上記以外にも、様々な状況で共有持分不動産が発生します。

株式会社SA

共有持分不動産のデメリット

共有持分不動産は、通常の不動産と異なり、様々なデメリットが存在します。

売却が困難な場合がある
共有持分不動産を売却するには、すべての共有者の合意が必要となります。
共有者全員が売却に同意すれば問題ありませんが、意見がまとまらない場合は、売却が難航する可能性があります。

特に、相続による共有持分不動産の場合、相続人同士の関係が良好でない場合や、遠方に住んでいる相続人がいる場合などは、合意形成が困難になるケースが多くあります。

手続きが複雑
共有持分不動産を売却するには、通常の不動産売却よりも複雑な手続きが必要となります。

  • 共有者全員の合意を得ること
  • 持分に応じた名義変更を行うこと
  • 複雑な登記手続きを行うこと
  • 共有者間の価格交渉を行うこと

これらの手続きは、専門的な知識が必要となるため、一般の方が独自に行うのは困難です。

価格決定が難しい
共有持分不動産の価格は、通常の不動産よりも決定が難しいと言われています。

その理由は、以下のとおりです。

  • 共有持分の評価方法が定まっていない
  • 共有名義者同士の価格交渉が必要
  • 周辺環境や市場動向だけでなく、共有持分特有の事情も考慮する必要がある

共有持分不動産の価格を適正に決定するためには、共有持分不動産に精通した専門家に依頼する必要があります。

トラブルが発生するリスクがある
共有持分不動産は、トラブルが発生するリスクが高いと言われています。

主なトラブルとしては、以下のようなものがあります。

  • 共有者間の意見対立
  • 売却益の分配に関する揉め事
  • 修繕費などの負担に関するトラブル
  • 名義変更や登記手続きに関するトラブル

これらのトラブルは、訴訟に発展するケースもあり、解決には多額の費用と時間がかかる場合があります。

自由な処分が制限される
共有持分不動産は、通常の不動産よりも自由な処分が制限されます。

  • 売却には、すべての共有者の合意が必要
  • 賃貸借には、すべての共有者の合意が必要
  • 修繕には、すべての共有者の合意が必要
  • 担保設定には、すべての共有者の合意が必要

これらの制限により、共有持分不動産を有効活用することが難しくなる場合があります。

株式会社SA 紀尾井町

共有不動産の持分(共有持分)の高額買取なら”株式会社SA”

共有持分不動産の売却は、様々な課題があり、多くの方が悩んでいます。

共有者と不仲で話したくない
相手方の共有持分を買取りたい
自分の共有持分だけを売却して早く共有状態を解消したい
共有者の行方がわからず連絡が取れない
他の共有者と一緒に売却したいが意見がまとまらない
不動産を賃貸にしているが賃料配分が不公平で納得いかない
固定資産税を共有者は一切払わず自分が全て払っている
自分も住みたいが他の共有者が使っており全く使えない

株式会社SAは、共有持分不動産の複雑な問題に直面している方々に対して専門的なサービスを提供しています。

共有持分の不動産問題を解決し、スムーズな取引や管理が可能になります。

株式会社SA公式サイトへ

株式会社SAの強み
複雑な権利調整の専門チーム
共有持分不動産売却においては、共有者間の合意形成や複雑な権利調整が求められます。
SAグループは、不動産の共有持分や空き家の再生、権利関係が複雑な借地権や底地、接道を満たしていない再建築不可などの問題を解決する専門チームを持ち、揉め事やトラブルを引き継ぎ、問題解決を実現しています。
国家資格保持の代表と弁護士との連携
代表取締役は国家資格である不動産鑑定士を持ち、顧問弁護士(堂野法律事務所)とも連携し、権利調整を一手に引き受けます。
これにより、どのような状況でも対応可能です。
自己資金による直接買取と国からの投資支援
SAは自己資金で直接買取を行い、高額買取を実現しています。
また、中小企業投資育成会社から投資支援を受けており、国が安定株主としてSAの株式の一部を長期保有しています。
結果、大手金融機関からも高い評価と信頼を得ています。
高値で売りたい、早く現金化したいという希望にも、株式会社SAは柔軟に対応してくれます。
短期での現金化と柔軟な対応
専門チームがワンストップで契約・決済まで対応し、最短3日で現金化の実績が多数あります。
書類がない、諸費用が出せないなどのお困りの事情に柔軟に対応します。

株式会社SAの口コミ・評判

株式会社SAについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い感想・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトに買取事例が記載されていたので掲載内容を紹介します。

買取事例を紹介

公式サイトに過去の買取実績が掲載されていましたので紹介します。

買取実績①
不仲な親族3人で共有していた土地の持分を買い取り
エリア: 新宿区四谷
買取価格:1580 万円
共有者:3人
株式会社SA 口コミ
母が2分の1、 姉が4分の1、 妹が4分の1で共有となっていた土地。
依頼主のお母様と妹様は、遠方に居住され ていました。
弁護士様経由でお問い合わせ、 希望に沿い、 無事解決へと至りました。

買取実績②
親族2人で共有していた負担付き遺贈の土地の持分を買い取り
エリア: 文京区湯島
買取価格:3150 万円
共有者 : 2人
株式会社SA 評判
母(被相続人)の遺言により、 父 (被相続人の夫 【持分 2分の1】)が亡くなるまでの居住権を持っていました。
司法書士様経由でお問い合わせ、希望に沿い、 無事解決へと至りました。

買取実績③
共有者から遺留分を求められた土地・建物の持分を買い取り
エリア: 港区白金台 種別 土地・建物
買取価格:5270 万円
万円 共有者:2人
株式会社SA 怪しい
遺言で単独相続の予定だったが、 被相続人である父の内 縁の妻から遺留分を求めて裁判を受けた案件。
(土地の 半分の権利と建物の永住権は、 判決で相手方に渡ってい ました)
仲介様経由でお問い合わせ、 希望に沿い、 無事解決へと至りました。

買取実績④
不仲で連絡をとりたくない共有者がいる土地の持分を買い取り
エリア: 目黒区下目黒
買取価格:7860万円
共有者: 2人
株式会社SA 共有不動産
姉が2分の1、妹が2分の1で共有となっていた土地。
(共有者は建物に居住中でした)。
希望に沿い、無事解決へと至りました。

 

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

株式会社SAについて疑問・悩み・不安においてよくある質問・Q&Aを公式サイトから抜粋し紹介します。

共有持分とは?

共有持分とは、複数人で一つの不動産を共同で所有している場合に、それぞれの所有する割合のことを指します。

例えば、夫婦が共同で住宅を購入し、夫が60%、妻が40%の割合で所有している場合、夫の共有持分は60%、妻の共有持分は40%となります。

底地とは?

底地とは、土地の所有者と建物の所有者が異なる場合に使用される用語で、土地(底地)上に第三者が建物(上物)を所有する権利構造を指します。

この構造においては、土地の所有者は底地権を、建物の所有者は上物権を持ちます。

底地の流動性は低く、建物が存在することで土地の価値が低く評価されがちで、地代の未払いや土地の有効活用の制約など、底地権者にとってのリスクが伴います。

再建築不可とは?

再建築不可物件とは、建物を解体した後に新たに建築することが法的に制限されている土地です。

主に、土地が十分な幅の公道に接していない場合にこの制限が適用され、緊急車両のアクセスが困難なため安全規定として設けられています。

再建築不可の物件は、低価格や税金の利点があるものの、建て替えが不可能であるため将来の建築計画に制限があり、物件の価値が低下しやすく、売却や賃貸が困難になるデメリットも伴います。

参考ページ:再建築不可物件とは?再建築不可物件の購入はリスクが多い?

共有持分の売却は可能?

共有持分は、共有物全体を売却するのではなく、自身の持分のみを売却することが可能です。

ただし、共有持分のみを売却する場合は、共有者全員の合意は必要ありませんが、以下の点に注意する必要があります。

  • 売却価格が安くなる可能性が高い
    共有持分のみの売却は、購入者にとって将来的なトラブルリスクがあるため、共有物全体を売却する場合よりも安くなる傾向があります。
  • 共有者とのトラブルが発生する可能性がある
    共有持分のみを売却する場合、他の共有者との間でトラブルが発生する可能性があります。
共有者とトラブルになっているが問題ないですか?

共有者とトラブルになっている場合でも、専門家に相談することで解決できる可能性があります。

専門家は、共有者との交渉や法的手段などを用いて、共有持分の売却を実現することができます。

共有持分(共有状態)を株式会社SAはどのように調整するのですか?

株式会社SAは、共有持分売却に関する豊富な経験と専門知識を活かし、お客様一人ひとりの状況に寄り添った解決策を提案をしてくれます。

具体的には、以下のようなサポートも
☆共有者との合意形成
☆複雑な権利関係の調査・分析
☆遺産分割協議
☆共有持分の評価
☆登記簿謄本等の各種書類の取得
☆必要書類の作成
☆税務・法務に関するアドバイス

共有者に知られずに売ることはできますか?

共有持分のみを売却する場合は、他の共有者の同意は必要ありませんので、知られずに売ることは可能です。

ただし、売却後にトラブルが発生する可能性があることに注意する必要があります。

共有者が住んでいますが、そのまま売却できますか?

共有者が住んでいる場合でも、共有持分のみを売却することは可能です。

株式会社SA チンピラ

無料相談から買取の流れ

株式会社SAでは、以下のステップで不動産の共有持分問題に対応しています。

  1. 無料相談
    まずはお電話での無料相談を通じて、お客様の事情を詳しくお聞きします。
    匿名での相談や他社での相談後でも問題ありません。
  2. 物件調査
    お客様の事情を理解した後、専門チームが物件の現地調査を行います。
    共有者に知られたくない場合は、外観のみの調査も可能です。
  3. 解決案の提案
    専門知識を持ったチームから、具体的な解決策を提案します。
    提案は完全無料です。
  4. 解決案の実行
    解決案の実行時には所定の料金が発生しますが、解決が困難だった場合は料金は発生しません(完全成果報酬制)。
    事前に見積もりを提示し、納得していただいた上で進行します。
  5. 問題解決
    最終的な問題解決が行われた際には、事前の見積もりに基づいて料金をお支払いいただきます。

関連ページ
訳あり物件買取プロの評判・口コミ
共有持分・再建築不可・事故物件・借地など訳あり物件を買取りなら”訳あり物件買取プロ”

URUHOME(ウルホーム)の評判・口コミ
市街化調整区域、再建築不可、底地等ニッチな不動産の買取:ドリームプランニング

ワケガイの評判口コミ
訳あり不動産専門買取・共有持分・再建築不可物件・事故物件・空き家・借地権物件:株式会社ネクスウィル

株式会社SAのお問い合わせ:まとめ記事

訳アリ不動産を所有、相続して困っている人におすすめ!

共有持分不動産は、複数の人が一つの不動産を共有する形態で、個々の持分割合に基づく所有権が設定されます。

この形態の管理や変更には、共有者の同意が必須であり、しばしば意思決定が複雑になります。

共有持分の売却は可能ですが、市場価値は通常低下するため、慎重な検討が求められます。

株式会社SAは、共有持分不動産売却に関する豊富な経験と専門知識を活かし、お客様一人ひとりの状況に寄り添った最適な解決策を提案してくれます。

共有持分不動産専門会社の売却なら
「共有不動産の持分(共有持分)」「底地」「再建築不可」など複雑な不動産分野の相談、買取に実績あり!
株式会社SA公式サイトへ

《参考サイト》