狭小地とは?狭小地住宅メリット、デメリット、活用方法、事例紹介、Q&Aまで徹底解説

狭小地とは?狭小戸建てメリット、デメリット、活用方法、事例紹介、Q&Aまで徹底解説 不動産コラム
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢・・・の再来リスクも

お住いのエリアは上がってる?

イエウールなら簡単に家の価値を確認できます。

月間2万8000人突破の定番のサイト

机上査定なら査定員が家に来ることなく査定が可能

↓ 全国対応なので気になる方は ↓

北海道
・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県
愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国
・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県
高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

貴重な1分が人生を変える1分に!
無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

狭小地

狭小地とは、一般的に面積(15坪、50平方メートル等)が狭く、形状が不規則な土地のことを指します。

都市部では土地が限られているため、狭小地の活用が進んでいます。

しかし、狭小地には多くの制限があるため、家づくりを進める際には様々なポイントに注意が必要です。

この記事では、

  • 狭小地について
  • 狭小地のメリット、デメリット
  • 狭小地の活用方法
  • 狭小地の購入時の注意点

また、事例紹介、よくある質問について解説します。

狭小地のメリットとデメリット

狭小地、特に狭小地住宅・狭小戸建てというとオープンハウスのイメージがありますね。

日本の都市部では土地が限られているため、狭小地に建てられる住宅の需要が高く、

オープンハウスは、このような狭小地でも効率的に空間を使い、機能的で快適な住宅を提供することに力を入れています。

そんな狭小地のメリット・デメリットを考えてみました。

メリット

価格
狭小地は、一般的に面積が狭いため、土地購入費用を抑えることが可能です。
都市部でも、坪単価は高くても坪数を抑えることで土地を購入することが可能です。
利便性
都市部の狭小地は、駅や商業施設、学校などの利便性が高い場所に多く存在します。
これにより、生活に必要な施設へのアクセスが良く、生活が便利になります。
開放感
狭小地(容積率の低い土地)は、一般的に高さ制限が緩いため、建物の高さを取ることができます。
建ぺい率が増えることで、狭い土地でも開放感のある空間を作り出すことが可能です。

狭小地

《狭小地の活用方法》

狭小地は、狭いというデメリットを上手に転換することでメリットに変えることができます。

狭小地では、空間が狭いため、圧迫感を感じやすいです。
そのため、吹き抜けを取り入れることで、空間に開放感を持たせることができます。
狭小地では、土地の面積が限られているため、上方向に空間を取ることが重要です。
ロフトを取り入れることで、有効な空間を確保することができます。
狭小地では、地上部分の空間が限られているため、地下に空間を取ることで、有効な空間を確保することができます。

建物の設計

狭小地では、土地の面積が限られているため、建物の高さを取ることが重要です。
3階建ての建物を設計することで、有効な空間を確保することができます。

また、狭小地では、道路斜線制限により、建物の設計に制約が出ることがあります。
そのため、道路斜線制限を考慮した設計が必要です。

また、北側斜線により、建物の設計に制約が出ることがあるため、北側斜線を考慮した設計が必要です。

外部スペースの活用・駐車場・庭

狭小地では、土地の面積が限られているため、駐車場のスペースが確保しにくいです。

そのため、建物の設計時に、駐車場のスペースを考慮することが重要です。

また、建物内の収納スペースが限られているため、外部に収納スペースを設けることで、有効な空間を確保することができます。

更に狭小地では、土地の面積が限られているため、庭のスペースが確保しにくいです。
そのため、建物の設計時に、庭のスペースを考慮することが重要です。

狭小地の購入時の注意点

狭小地は、訳あり物件というくくりとして考えられます。

よって

  • 財務計画
  • 法律や規制
  • ハウスメーカー選び

など、考える事前に考えておく必要があります。

資金・財務計画

狭小地の購入には、住宅ローンを利用することが一般的です。

しかし、狭小地は一般的な土地に比べて、金融機関からの融資が受けにくい場合があります。

そのため、事前に複数の金融機関に相談し、融資の可能性を確認しておくことが重要です。

また狭小地は、一般的に土地代が割高になりにくい傾向にあります。
しかし、都市部では特に土地価格が高くなるため、土地取得費用が大きな足かせになる場合があります。

更に狭小地では、建築制限が多いため、建築費用が高くなる可能性があります。
そのため、建築費用を事前に算出し、資金計画を立てることが重要です。

狭小地住宅は、土地の面積が限られているため、効率的に空間を使うことが求められます。

そのため、狭小地住宅は、一般的な規模の住宅に比べて、オーダーメイドになりがちです。

例えば、狭小地に合わせた特別なデザインや、限られたスペースを最大限に活用するためのカスタマイズが必要になることが多いです。

このようなカスタマイズは、住宅の機能性や快適性を高めるためには必要なものですが、それに伴ってコストも高くなります。

特別なデザインやカスタマイズを多くすると、建設業者にとっても、設計や施工が複雑になり、それがコストアップにつながります。

また、狭小地住宅では、隣地との距離が近いため、プライバシーを確保するための工夫や、日照、通風を考慮した設計が必要になります。

ただし、狭小地住宅の場合、土地の面積が限られているため、建物の規模も一定以上大きくならないため、その分、建設費用を抑えることができます。

法律・規制

狭小地では、都市計画税の軽減が期待できます。
都市計画税は、土地の面積や位置によって異なります。
そのため、都市計画税を事前に確認し、財務計画に組み込むことが重要です。

また、狭小地では、土地面積が限られているため、建築基準法による制約が多いです。
そのため、土地面積を考慮した建物の設計が必要です。

道路斜線制限により、建物の設計に制約が出ることがありますので、道路斜線制限を考慮した建物の設計が必要です。

ハウスメーカー選び

狭小地での家づくりには、ハウスメーカーの選び方も重要です。

ハウスメーカーの評判を事前に確認し、信頼できるハウスメーカーとの出会いが重要です。

ハウスメーカーの実績を事前に確認し、狭小地での家づくりに経験があるハウスメーカーを選びましょう。

また、狭小地での家づくりには、ハウスメーカーの対応力が重要です。
ハウスメーカーの対応力を事前に確認し、迅速かつ的確に対応してくれるハウスメーカーを選びましょう。

おうちキャンバス

【注文住宅・新築】における希望に合うハウスメーカーの優秀な営業担当を紹介するサービスとしておうちキャンバスがあります。

住宅四天王エース:秋葉 雄太氏が監修者として、展示場で出会える確率が極めて低い、有能な担当者を厳選して紹介してくれます。

これから注文住宅を検討する方におすすめの無料オンライン相談です。
狭小地とは

【おうちキャンバスの口コミ・評判】

ヒヤリングも丁寧で、かつ私達の好みや細かなこだわりなど、全て踏まえてハウスメーカーを提案していただきました。

最初は夫婦で意見が割れていましたが、オンライン相談後は意見が合致し、ハウスメーカーも決まりました。なにより、家を建てるモチベーションがとても上がりました。

お話も面白くて…絶対このオンライン相談すべきだと思います。

不安なことを1つ1つ潰してくれたり、見方を変えて伝えてくれたり、本当に安心につながりました。
>>おうちキャンバスの相談はこちら

その他の注意点

狭小地では、隣家との距離が近くなるため、プライバシーの確保が重要です。
そのため、隣家との距離を考慮した建物の設計が必要です。

狭小地では、土地の面積が限られているため、有効な空間の活用が重要です。
そのため、有効な空間の活用を考慮した建物の設計が必要です

狭小地 間取り

 

狭小地の事例紹介

一戸建ての事例

建築デザイン
狭小地では、建物と建物の間隔が狭いため、デザインに工夫が必要です。例えば、窓の位置を工夫することで、プライバシーを確保しつつ、採光を取り入れることができます。
間取り
狭小地では、土地の面積が限られているため、間取りに工夫が必要です。例えば、吹き抜けやロフトを取り入れることで、空間に開放感を持たせることができます。
コスト
狭小地では、建築制限が多いため、建築費用が高くなる可能性があります。そのため、コストを抑えるための工夫が必要です。

マンションの事例

建築デザイン
狭小地では、建物と建物の間隔が狭いため、デザインに工夫が必要です。例えば、バルコニーの位置を工夫することで、プライバシーを確保しつつ、採光を取り入れることができます。
間取り
狭小地では、土地の面積が限られているため、間取りに工夫が必要です。例えば、共用スペースを効率的に配置することで、有効な空間を確保することができます。
コスト
狭小地では、建築制限が多いため、建築費用が高くなる可能性があります。そのため、コストを抑えるための工夫が必要です。

商業施設の事例

建築デザイン
狭小地では、建物と建物の間隔が狭いため、デザインに工夫が必要です。例えば、店舗の入口を工夫することで、顧客の流れをスムーズにすることができます。
間取り
狭小地では、土地の面積が限られているため、間取りに工夫が必要です。例えば、商品の配置を工夫することで、効率的な販売スペースを確保することができます。
コスト
狭小地では、建築制限が多いため、建築費用が高くなる可能性があります。そのため、コストを抑えるための工夫が必要です。

公共施設の事例

建築デザイン
狭小地では、建物と建物の間隔が狭いため、デザインに工夫が必要です。例えば、入口の位置を工夫することで、利用者の流れをスムーズにすることができます。
間取り
狭小地では、土地の面積が限られているため、間取りに工夫が必要です。例えば、共用スペースを効率的に配置することで、有効な空間を確保することができます。
コスト
狭小地では、建築制限が多いため、建築費用が高くなる可能性があります。そのため、コストを抑えるための工夫が必要です。

よくある質問・Q&A

狭小地の定義・狭小地とは何ですか?

狭小地とは、一般的に面積が狭く、形状が不規則な土地のことを指します。

狭小地のメリットは何ですか?

狭小地のメリットは、価格が比較的安く、都市部でも利便性が高い場所に多く存在することです。

狭小地のデメリットは何ですか?

狭小地のデメリットは、建築制限が多く、建物と建物の間隔が狭いため、圧迫感を感じやすいことです。

狭小地での家づくりにおすすめのハウスメーカーはありますか?

狭小地での家づくりにおすすめのハウスメーカーは、狭小地での実績が豊富で、対応力が高いハウスメーカーです。

狭小地での建築費用はどれくらいかかりますか?

狭小地での建築費用は、建築制限や建物の設計によって異なりますが、一般的には、通常の土地に比べて高くなる可能性があります。

狭小地での住宅ローンは組めますか?

狭小地での住宅ローンは、金融機関によって異なりますが、一般的には組むことが可能です。

狭小地での間取りの工夫は何がありますか?

狭小地での間取りの工夫は、吹き抜けやロフトを取り入れることで、空間に開放感を持たせることがあります。

狭小地での外部スペースの活用方法は何がありますか?

狭小地での外部スペースの活用方法は、駐車場や収納スペース、庭を建物の設計時に考慮することがあります。

狭小地での法律・規制は何がありますか?

狭小地での法律・規制は、都市計画税や土地面積、道路斜線制限などがあります。

狭小地での財務計画のポイントは何ですか?

狭小地での財務計画のポイントは、住宅ローンの可能性を事前に確認し、土地代と建築費用を抑えることが重要です。

狭小地住宅は、売却し難いですか?

狭小地住宅の売却の難易度は、いくつかの要因によって異なります。

  • 立地: 狭小地でも、都心や駅近くなどの便利な立地であれば、需要は高く売却しやすいです。
  • デザインと機能性: 狭小地でも、デザインが良く、機能的に優れた住宅であれば、需要があります。
  • 価格: 価格が適正であれば、売却しやすいです。
  • 市場の状況: 不動産市場の状況によっても、売却の難易度は変わります。不動産市場が活況であれば、売却しやすいです。

狭小地住宅は、一般的には、土地の面積が限られているため、価格が抑えられ、比較的手頃な価格で住宅を購入したいと考える人々にとって魅力的な選択肢となります。
ただし、将来的に家族が増えるなど、ライフスタイルの変化によって、狭小地住宅が手狭に感じる可能性もあります。
そのため、将来的なライフスタイルの変化を考慮した上で、狭小地住宅を購入することが重要です。

狭小地 住宅

関連ページ:
コンパクトマンション売却
人口減少社会における土地の利用 と管理を巡る動向:国土交通省

狭小地:まとめ

狭小地は、都市部での土地利用の可能性を広げる重要な要素です。

しかし、その特性上、多くの制限と課題があります。

この記事では、狭小地のメリットとデメリット、活用方法、購入時の注意点、事例紹介、そしてよくある質問について詳しく解説しました。

狭小地での家づくりを進める際には、土地の形状、建築制限、財務計画、ハウスメーカー選びなど、多くのポイントに注意が必要です。

また、狭小地の活用事例を参考に、自分に合った家づくりを進めることが大切です。

最後に、狭小地での家づくりに関連するよくある質問とその回答をまとめました。

これらの情報を参考に、狭小地での家づくりを進め、快適な居住空間を作り上げることができるでしょう。