【2024年版】洗面台リフォームの補助金・助成金。補助金の活用・申請方法・期限、工務店・リフォーム会社の選び方?

【2023年版】洗面台リフォームの補助金・助成金。補助金の活用・申請方法・期限、工務店・リフォーム会社の選び方? リフォーム
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

《補助金申請強いリフォーム会社探しなら》
SUUMOリフォーム
タウンライフリフォーム

 

洗面台リフォーム 補助金

日本では、住宅リフォームにおける補助金や助成金制度が多数存在しています。

これらの制度は、特に浴室やお風呂のリフォーム、エコ対応、バリアフリー改修などを促進するために設けられており、子育て世帯や高齢者、障害を持つ人々の生活の質の向上を目的としています。

2024年現在、多くの自治体や政府機関がこれらのリフォームを支援するための様々なプログラムを提供しており、リフォーム工事の費用を補助するものから、特定の条件を満たす住宅に対する助成金まで、幅広い選択肢があります。

この記事では、
洗面台リフォームに焦点を当て、
これらの補助金や助成金制度の詳細、利用方法、対象となるリフォームの種類、申請の手続きについて詳しく解説します。

補助金・助成金を利用することで、浴室リフォームの費用を抑えることが可能になります。

用条件を満たしている場合は、ぜひ利用を検討してみてください。

洗面台リフォーム 補助金の基本情報とその重要性

洗面台リフォームの補助金・助成金とは?

洗面台リフォームの補助金・助成金とは、国や自治体などが、洗面台リフォームを促進するために、費用の一部を補助する制度です。

補助金の対象となる工事や条件は、制度によって異なります。

国が実施している補助金としては、以下のようなものがあります。

  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • こどもエコ住まい支援事業
  • バリアフリー改修助成金
  • 介護保険の住宅改修費補助

また、自治体によっては、独自の補助金制度を設けているところもあります。

《洗面台リフォームの補助金・助成金の対象者》
洗面台リフォームの補助金・助成金の対象となるのは、原則として、住宅所有者です。
ただし、制度によっては、以下の条件を満たす必要があります。
☆自己居住用住宅であること
☆一定の耐震性能を有していること
☆一定の省エネ性能を有していること
《洗面台リフォームの補助金・助成金の適用条件》
洗面台リフォームの補助金・助成金の適用条件は、制度によって異なります。
★洗面台の設置場所
★洗面台の種類
★工事の内容
★工事費の金額

ややこしい、補助金・助成金のシステム

補助金や助成金の活用ですが、
毎年、そのレギュレーションが変わります。

更にお住いの地域によって、
浴室・お風呂リフォームの助成額や補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

特に、少しでも出費を少なくしたい人にとって、

悩ましいのが、

どれが該当するのか?
リフォーム箇所を調整することで似たような募集が活用できる可能性もあります。
⇒洗面台リフォームトイレリフォーム断熱リフォーム
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
・自治体のリフォーム補助金・助成金
・介護保険の住宅改修費補助
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
もう終了しているもの、次年度予算が確定しているもの様々です。
長期優良住宅化リフォーム推進事業
・こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
・自治体のリフォーム補助金・助成金
・介護保険の住宅改修費補助
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
もう終了しているもの、次年度予算が確定しているもの様々です。
・次世代省エネ建材の実証支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
  次の公募は令和6年1月頃
・こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
省エネリフォームで補助金・助成金

補助額が高いからと言って、満額出るとは限らないため、

  • 洗面台リフォーム時において

自分で判断するよりも、
補助金・助成金申請に実績のあるリフォーム会社選びがポイントとなります。

火災保険が適用できる場合も

また、火災保険が併用できる場合もあります。

・大雨が原因で雨漏り
・暴風によって壁にヒビ
・キッチンの水漏れ
・泥棒による被害
・漏電による破損・汚損

など、加入している火災保険によって適用が可能な場合があります。

ちなみに、火災保険の場合、
工事前に事前に見積額が保険会社から口座に振り込まれます。

厳密に言うと、入金後、施工会社を変更(もっと安い業者)してもかまいません。
*浮いたお金の返金の必要もありません。

補助金に実績のある
リフォーム会社が簡単にわかる

そこでオススメしたいのが、
一括見積もりサイトの活用です。

1回の登録で複数の会社から相見積もりを取れるサイトです。

助成金・補助金を活用した見積もり比較

洗面台リフォーム時の最安値比較

これなら助成金・補助金に詳しいリフォーム会社が簡単に見つかると思いませんか?

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
洗面台リフォーム 補助金

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望の屋根リフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

洗面台時に補助金・助成金を活用するメリット・デメリット

洗面台は、毎日使うものだからこそ、使いやすく、おしゃれなものにしたいものです。

しかし、リフォームには費用がかかるため、なかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、補助金や助成金の活用です。国や自治体では、洗面台リフォームを促進するために、さまざまな補助金や助成金制度を設けています。

洗面台リフォームの補助金・助成金を活用するメリットは、以下のとおりです。

【洗面台リフォームの補助金・助成金を活用するメリット】

リフォーム費用の自己負担額を抑えられる
洗面台リフォームの費用は、一般的に10万円〜100万円程度かかります。
補助金・助成金を活用することで、自己負担額を抑えることができるため、リフォームを検討しやすくなります。

リフォームのきっかけになる
洗面台リフォームは、費用がかかることから、なかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。
補助金・助成金を活用することで、リフォームのきっかけになり、生活の質を向上させることができます。

省エネやバリアフリー化を実現できる
補助金・助成金制度によっては、省エネやバリアフリー化を目的とした工事に限定されている場合があります。
そうした制度を活用することで、省エネやバリアフリー化を実現し、より快適な住まいにすることができます。

【洗面台リフォームの補助金・助成金を活用するデメリット】

洗面台リフォームの補助金・助成金を活用するデメリットは、以下のとおりです。

適用条件を満たす必要がある
補助金・助成金制度には、それぞれ適用条件が定められています。条件を満たしていないと、補助金・助成金を受け取ることができません。

申請手続きが煩雑になる
補助金・助成金を受け取るには、申請手続きが必要です。申請手続きには、書類の作成や提出、審査などが必要になるため、手間がかかります。

補助金・助成金の金額が限られている
補助金・助成金の金額は、制度によって異なります。また、工事費の全額を補助してくれるわけではありません。

洗面台リフォームの補助金・助成金を活用するかどうかは、メリットとデメリットを比較して判断することが大切です。
適用条件を満たしており、手間や費用をかけてでもリフォームをしたい場合、補助金・助成金を活用することで、よりお得にリフォームすることができます。

洗面台リフォーム 助成金

2024年、洗面台リフォーム時に利用可能な補助金・助成金

リフォーム時に補助金・助成金を活用できるものとして
★こどもエコすまい支援事業
★長期優良住宅化リフォーム推進事業
★介護保険の住宅改修費補助
★自治体のリフォーム補助金・助成金
などが考えられます。

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅の新築や、世帯問わず省エネリフォーム等を行う場合、所定の補助金額が交付されます。

こどもエコすまい支援事業の中では

  • バリアフリー改修

が考えられます。

【バリアフリー改修】

手すりの設置 便所、浴室、脱衣室その他の居室および玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事
転倒予防もしくは移動または移乗動作に資することを目的として手すりを取り付けるものをいい、手すりの取付けに当たって工事(ネジ等で取り付ける簡易なものを含む)を伴わない手すりの取付けは含まれない。

段差解消 便所、浴室、脱衣室その他の居室および玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事(勝手口その他屋外に面する開口の出入口および上がりかまち並びに浴室の出入口にあっては、段差を小さくする工事を含む)
敷居を低くしたり、廊下のかさ上げや固定式スロープの設置等を行う工事をいい、取付けに当たって工事を伴わない踏み台、段差解消板、スロープ等の据え置き等は含まれない

参考ページ:玄関ドアリフォームでもらえる補助金

対象⼯事

補助額

手すりの設置

5,000円/戸

段差解消

6,000円/戸

《こどもエコすまい支援事業の申請の流れ》

  1. 住宅省エネポータルのアカウントを取得
  2. こどもエコすまい支援事業者に登録
  3. 工事請負契約の締結
  4. 共同事業実施規約の締結
  5. 工事の着手
  6. 交付申請
  7. 交付決定
  8. 実績報告(兼、請求)/ 補助金額の確定・交付(振込)
  9. 補助金の還元

参考ページ:バリアフリー改修

長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業は、住宅の長寿命化や省エネ性能の向上、バリアフリー化などを図る改修工事を行う場合に、補助金を交付する事業です。

長期優良住宅化リフォーム推進事業においては、

  • 高齢期に備えた住まいへの改修工事

などが、洗面台リフォームに該当することが考えられます。

高齢期に備えた住まいへの改修工事として、
いすや車いすに座って使用できる調理台・洗面台の設置が該当します。

参考ページ:長期優良住宅化リフォーム推進事業に関する説明資料

介護保険の住宅改修

介護保険の住宅改修は、要介護者や要支援者が、自宅で安全に生活できるように、住宅の改修を行う場合に、介護保険から費用の一部を助成する制度です。

洗面台リフォームの対象
介護保険の住宅改修の洗面台リフォームの対象となる工事は、以下のとおりです。
★洗面台の引き出しや収納を増やす
★手すりを取り付ける
★洗面台の高さを上げる
★洗面台の位置を移動する
など
住宅改修費の9割相当額が償還払いで支給されます。
*支給限度基準額:20万円

【介護保険の住宅改修の申請の流れ】

  1. ケアマネジャー等に相談する
    まずは、介護保険の被保険者の方が、ケアマネジャー等に相談します。
    ケアマネジャー等は、介護保険の住宅改修の対象となるかどうかや、具体的な工事内容などをアドバイスしてくれます。
  2. 申請書類又は書類の一部を保険者へ提出・確認
    ケアマネジャー等のアドバイスを受けて、介護保険の住宅改修の申請を行うかどうかを決めます。
    申請を行う場合は、保険者へ申請書類の一部を提出します。
    保険者は、提出された書類等により、保険給付として適当な改修かどうか確認します。
  3. 施工→完成
    保険者から支給決定を受けたら、住宅改修業者と工事契約を締結します。
    工事が完了したら、住宅改修費の支給申請を行うための書類を作成します。
  4. 住宅改修費の支給申請・決定
    工事が完了したら、住宅改修費の支給申請を行うための書類を保険者へ提出します。
    保険者は、提出された書類等により、工事が行われたかどうかを確認し、当該住宅改修費の支給を必要と認めた場合、住宅改修費を支給します。

参考ページ:介護保険における住宅改修

洗面台リフォーム いくらもらえる

自治体のリフォーム補助金・助成金

自治体によっては、独自の浴室リフォーム補助金・助成金を実施している場合があります。

補助対象工事や補助金額は、自治体によって異なります。

お住まいの自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

洗面台の補助金・助成金申請を依頼する業者の選び方

洗面台のリフォームを検討する際には、補助金・助成金制度を活用することで、費用を抑えることができます。
補助金・助成金の申請は、リフォーム業者に依頼することも可能です。

洗面台の補助金・助成金申請を依頼する業者を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

補助金・助成金制度に精通している
補助金・助成金制度は、制度によって適用条件や申請方法が異なります。
また、申請書類の作成や審査対応など、専門的な知識や経験が必要です。
そのため、補助金・助成金制度に精通した業者に依頼することで、スムーズに申請を進めることができます。
施工実績や知識・経験が豊富
洗面台のリフォームは、水回りの工事であるため、専門的な知識や経験が必要です。
施工実績や知識・経験が豊富な業者に依頼することで、安心してリフォームを任せることができます。
コミュニケーション能力が高い
補助金・助成金制度は、複雑な内容であるため、丁寧な説明や相談に対応できる業者を選びましょう。
また、リフォームのプランニングや施工についても、綿密な打ち合わせを行うことが大切です。
信頼できる
補助金・助成金制度の申請は、個人情報や収入状況などの情報を提出する必要があります。
そのため、信頼できる業者に依頼しましょう。
具体的な選び方
補助金・助成金制度の種類や適用条件を調べる
まずは、洗面台のリフォームに適用できる補助金・助成金制度の種類や適用条件を調べましょう。

各制度の特徴や申請方法などを比較して、自宅の状況に合った制度を選びましょう。
複数の業者に見積もりを取る
補助金・助成金制度の申請を依頼する業者は、複数の業者に見積もりを取ることが大切です。

見積もりを取る際には、補助金・助成金の金額も確認しましょう。
実績や知識・経験を確認する
見積もりを比較する際には、実績や知識・経験も確認しましょう。

施工実績や知識・経験が豊富な業者を選ぶことで、安心してリフォームを任せることができます。
コミュニケーション能力を確認する
施工前には、打ち合わせを何度か行うことになります。

コミュニケーション能力が高い業者を選ぶことで、打ち合わせをスムーズに進めることができます。
信頼できるかどうかを判断する
最後に、信頼できるかどうかを判断しましょう。

ホームページや口コミなどを参考に、信頼できる業者を選びましょう。

洗面台リフォームの目安費用

洗面台リフォームの費用は、洗面台の種類やサイズ、工事内容などによって異なります。

一般的に、洗面台本体の交換のみであれば、5万円〜10万円程度が目安です。

洗面台の交換に加えて、壁紙や床材の張り替えを行う場合は、10万円〜30万円程度が目安です。

また、洗面台の位置や大きさを変えるなどの大規模なリフォームを行う場合は、30万円〜100万円程度が目安となります。

洗面台リフォーム 対象リフォーム

よくある質問

洗面台リフォームに補助金は出るの?

はい、出る場合があります。
介護保険の住宅改修費補助、こどもエコすまい支援事業、長期優良住宅化リフォーム推進事業、市町村のリフォーム補助金、市町村のバリアフリー化改修補助金があります

補助金・助成金の申請はいつからいつまで?

補助金・助成金の申請期間は、制度によって異なります。
一般的には、年度末までとなっていることが多いです。
また、自治体によっては、予算がなくなり次第終了となる場合もあるため、早めに申請することをおすすめします。

洗面台リフォームで補助金を受けるためには、どのような条件が必要ですか?

補助金の種類によって異なりますが、例えば、介護保険の住宅改修費補助を受ける場合、洗面台への手すり設置や段差の解消などのバリアフリー工事を行う必要があります

洗面台リフォームで補助金を受けるためには、どのような書類が必要ですか?

補助金の種類によって異なりますが、例えば、介護保険の住宅改修費補助を受ける場合、支給申請書、住宅改修が必要な理由書、工事費見積もり書、住宅改修後の完成予定の状態がわかるものが必要です

洗面台リフォームで補助金を受けるためには、どのような業者を選べばよいですか?

補助金・助成金申請に精通している業者を選ぶことが大切です。
また、複数の業者から見積もりを取り、比較することも重要です。業者の実績や評判を確認し、契約前に、業者との契約内容を確認することもおすすめです

洗面台リフォームの補助金は、どの程度の金額が出るのでしょうか?

補助金の種類によって異なりますが、例えば、介護保険の住宅改修費補助の場合、リフォーム費用の7割~9割(上限14~18万円)が補助対象となります

洗面台リフォームの費用相場はどのくらいですか?

一般的には、10万円前後から20万円前後になります
ただし、洗面台のグレードやオプションの追加などで費用は大きく変動します

補助金・助成金の支給は、何回でも受けられる?

補助金・助成金の支給回数は、制度によって異なります。
基本的に何度も申請可能ですが、制限されている助成金もあります。

洗面台リフォームで補助金:まとめ

洗面台リフォームは、日常生活の利便性や快適性を向上させるだけでなく、省エネやバリアフリー化にもつながる有効な手段です。

補助金・助成金制度を活用することで、洗面台リフォームの費用を抑えることができます。

洗面台リフォームを検討する際には、補助金・助成金制度を活用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

具体的には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 補助金・助成金の種類や適用条件を調べる
  • 複数の業者に見積もりを取る
  • 補助金・助成金の申請には、必要な書類を揃える
  • 補助金・助成金の申請は、早めに行う

これらのポイントを押さえて、賢く洗面台リフォームをしましょう。