【質問】転勤時の持ち家はどうする?転勤によるマイホーム・不動産売却・賃貸運用、貸すか?売るか?

マンション売 転勤 マンション査定・不動産査定
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢・・・の再来リスクも

お住いのエリアは上がってる?

イエウールなら簡単に家の価値を確認できます。

月間2万8000人突破の定番のサイト

机上査定なら査定員が家に来ることなく査定が可能

↓ 全国対応なので気になる方は ↓

北海道
・東北
北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県
愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国
・四国
鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県
高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

貴重な1分が人生を変える1分に!
無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

転勤 持ち家

転勤という言葉は、多くのサラリーマンやその家族にとって、喜びとともに様々な悩みをもたらすものです。

新しい環境での仕事や生活のスタートは刺激的である一方、特に持ち家を所有している場合、その取り扱いに頭を悩ませることが少なくありません。

  • 持ち家を売却するか?
  • 賃貸として貸し出すか?
  • あるいはそのまま保有するか?

それぞれの選択にはメリットとデメリットが存在しますが、その中でも特に注意すべきは「税制面」です。

不動産に関する税金は、その計算方法や適用される税率、さらには特例措置など、非常に複雑であり、適切な知識がないと予期しない税金の負担を背負うこととなりかねません。

この記事では、

  • 転勤時の持ち家の選択肢
  • 転勤時の不動産売却のメリット・デメリット
  • 転勤時の不動産賃貸のメリット・デメリット
  • そのまま保有する時のポイント

また、転勤時の持ち家の税制面での注意点まで、
売却や賃貸といった選択をする際の税金のポイントを詳しく解説します。

不動産の取引や賃貸経営を検討する際の参考として、ぜひともご活用ください。

転勤時の持ち家の選択肢

転勤が決まった際、持ち家をどうするかは大きな悩みの一つです。

特に、不動産の価値や市場動向、税制面などの専門的な知識が求められるため、適切な判断が必要です。

《売却する》
持ち家を売却する選択は、資産を現金化し、新たな生活のスタートに資金を充てるための方法として考えられます。
しかし、売却を検討する際には、以下の専門用語を理解することが重要です。

不動産査定
不動産の価値を専門家が評価すること。不動産会社や鑑定士に依頼して行われます。
売却価格
実際に不動産が売られる価格。市場動向や物件の状態によって変動します。
仲介手数料
不動産会社に支払う手数料。売却価格の一定割合として計算されることが多い。
売却のメリットとしては、即時の現金化が可能であること、また、維持費や固定資産税の負担から解放されることが挙げられます。
一方、市場価格が低迷している場合や、物件の状態が良くない場合は、期待した価格での売却が難しいこともあります。

《賃貸として貸し出す》
持ち家を賃貸物件として貸し出す選択は、定期的な賃料収入を得ることができるため、経済的な安定を求める方に適しています。
賃貸に関連する専門用語をいくつか紹介します。

家賃保証会社
賃料の未払いリスクを軽減するためのサービス。家賃の一部を手数料として支払うことで、家賃の保証を受けることができます。
敷金・礼金
入居時に賃借人から受け取るお金。敷金は退去時の修繕費用などに充てられ、礼金は入居の際の礼として受け取るものです。
賃貸のメリットは、持ち家を手放さずに収入を得られること、また、将来的に自宅として利用することができる点です。
しかし、賃貸管理には手間がかかることや、トラブルが発生するリスクも考慮する必要があります。

《そのまま保有する》
転勤先が近場である場合や、将来的に再びその地域に戻る可能性がある場合は、持ち家をそのまま保有する選択も考えられます。

固定資産税
土地や建物を所有している者が支払う税金。評価額に応じて計算されます。
空き家管理
長期間家を空ける際の管理サービス。防犯やメンテナンスを代行してもらえます。
そのまま保有するメリットは、住宅ローンの途中であれば継続して返済が可能であること、また、自宅としての価値を保持できる点です。
一方、固定資産税の負担や、空き家となるリスクも考慮する必要があります。

転勤を機に持ち家の売却

自宅マンションを売却する理由はいろいろあります。

  • 家族が増えて部屋が手狭になった
  • 今が売り時だと思った
  • 古くなった
  • 結婚した・離婚した
  • 子供の学校・教育のため
  • 親の介護や実家に戻るため
  • 子供が独立した
  • ローンが払えない・借金などお金が必要となった
  • 近隣トラブル
  • 駅近(周辺環境)に引越したくなった
  • 事件・事故が起き、引越ししたくなった

などがあります。

その売却の中で、転勤による不動産売却・マンション売却は、意外と割合を占めています。

転勤による売却の場合、
基本的に期限が決まってるため、その販売価格も重要ですが、

  • いつまでに売れるか?
  • どのタイミングでキャッシュは入ってくるのか?

も気になることです。

住宅ローンが残っている場合、
引越し後も売買が成立しないと、住宅ローン返済が新生活を圧迫します。

そのため、1日も早く売って住宅ローンを完済し、気持ちよく転勤先に引越したいものです。

そこで、転勤による所有するマンションの扱い方について、

  • 早く・高く・安心の不動産売却にするためには
  • 賃貸と売却の考え方・判断ポイント

について紹介します。

転勤による不動産売却で考えること

転勤だからといって、
不動産売却を行う以上、少しでも高く売りたい!
という気持ちは誰でも思うでしょう。

しかし 、引越しのタイミングは決まっているし、早めに売買締結させたい。

必ずしも贅沢な悩みではありません。

転勤による売却のポイントは以下4つです。

  • ①売却の期間を明確にする
  • ②媒介契約で失敗しない
  • ③販売価格を柔軟に考える
  • ④買取保証でリスク管理

①期間を明確にする

不動産売却でまず考えることは、そのスケジュールです。

転勤の場合、新天地への引っ越しのスケジュールが確定している以上、
タイトなスケジュールになりますが、だからこそ緻密なにって設定が必要となります。

  • いつまでに売買締結するのか?
  • 引渡し時期はいつなのか?
  • どのタイミングで販売方法を変えるのか?

これらを明確し、不動産会社の営業マンと意思統一します。

とはいえ、その不動産会社選びで失敗すると売れるものも売れなくなります。

それが、②媒介契約の考え方です。

②媒介契約で失敗しない

媒介契約には、主要なものとして

  • 専任媒介契約:仲介を不動産会社1社(自分で買主を探すのはあり)にお願いする
  • 専属専任媒介契約:仲介を不動産会社1社(自分で買主を探すのはなし)にお願いする
  • 一般媒介契約:複数の不動産会社に仲介をお願いする

転勤による不動産売却の場合は、2・3社との契約による一般媒介契約をおすすめします。

急いでいない場合であれば、4社以上の媒介契約もおすすめですが、今回の場合、多くても3社に媒介契約をお願いする形がいいでしょう。

ライバルが多すぎると、モチベーションが下がり売却活動のスピードが落ちます。

2・3社が丁度良い競争関係を生んでくれます。

もちろん、専任媒介契約による囲い込みを回避できます。

③販売価格を柔軟に考える

転勤に関係なく、販売価格は媒介契約を結ぶ不動産会社と話し合って決定させます。

その販売価格を誤ると売却期間が長くなります。

【強気な販売価格】
もし、売却予定のマンションが都心ということであれば、

今の都心の不動産市況から、高め・強気の価格を設定しても売却は実現します。

もちろん、スケジュール優先の価格設定になりますが・・・。

【相場に合わせた販売価格】
一括査定サイトで複数の不動産会社の査定額を確認することで相場の確認は容易です。

その上で

  • 相場に合わせた販売価格にするのか?
  • 相場より下の価格でスピードを優先するか?

考え方にバリエーションを持たせることが重要です。

  • 1ヶ月以内に即売却したいのであれば、落としどころの金額を販売価格に設定し、若干の値引きも頭に入れておく。
  • 3ヶ月以内に売りたいのであれば、値引き分を上乗せした形で販売価格に設定し、様子をみながら1ヵ月ごと金額の変更を考える

④買取保証でリスク管理

不動産会社との打ち合わせの中で、

  • 近隣の不動産市況がイマイチ
  • 売れ残り物件が多い
  • 即売却の可能性が低い

など、不動産市況によっては、販売戦略を一般媒介契約から専任媒介契約に変更も検討も1つです。

大手不動産会社では、

  • 買取保証
  • 売却保証サービス

などを用意しています。

3ヶ月間売りにだし、もし、売買が成立しなかった場合、
査定価格の90%(上限)で買い取ってくれるというシステムです。

たとえば、査定額3000万円のマンションを例に買取保障の流れを紹介すると、

  • 買取価格を3450万円で販売開始
  • 1ヵ月後に3150万円に価格変更
  • 2ヵ月後に2835万円に価格変更
  • 売却が実現しない場合、不動産会社が2700万円(査定額3000万円の90%)買取

買取保証

急ぎの場合は、買取保障のある会社の検討も1つです。

*ちなみに、その場合、専任媒介契約が必須です

《転勤時の不動産売却:総括》
持ち家の売却は、転勤や生活環境の変化など、さまざまな理由から選択される手段です。売却を検討する際には、不動産の市場動向や税制、そして売却プロセスに関する専門的な知識が必要となります。

売却のメリット

現金化できる
☆不動産の流動性:不動産は通常、流動性が低いとされる資産です。しかし、売却により、この大きな資産を現金化することができます。特に、新しい住居の購入資金や生活費、子供の教育費など、大きな出費が予想される場合には、この現金化は大きなメリットとなります。
維持費の心配がない
☆固定資産税: 持ち家を保有していると、毎年固定資産税を支払う必要があります。売却すれば、この税金の負担から解放されます。
☆維持・管理費: 物件の老朽化に伴う修繕費や、共有部分の管理費など、持ち家の維持にはさまざまなコストがかかります。売却により、これらの維持費の心配がなくなります。

売却のデメリット

売却価格が期待通りでない場合がある
☆不動産市場の動向: 不動産の価格は、経済状況や地域の開発状況など、多くの要因によって変動します。好況時には高値での売却が期待できますが、不況時や地域の人口減少などの影響で、価格が下落することもあります。
☆物件の状態: 物件の老朽化や設備の古さなど、物件自体の状態も売却価格に影響します。期待した価格での売却を目指す場合、リフォームや修繕が必要となることも考えられます。
☆仲介手数料: 不動産会社を通じて物件を売却する場合、仲介手数料が発生します。この手数料は、売却価格の一定割合として計算されるため、実際に手元に残る金額は、売却価格からこの手数料を差し引いた額となります。

転勤を機に持ち家の賃貸運用

転勤が決まった時に、考えることとして、

  • 今売り時なら今売却したい・・・。
  • まだまだ上がるなら賃貸で回してそのタイミングを計りたい・・・。

賃貸物件として家賃収入を得るという考えもあります。

  • 地価が高騰している
  • 売るなら今がおすすめ

という人もいれば、

  • これからインフレになるんだからまだまだ上がることは間違いない
  • オリンピック後も不動産価格は崩れない

という人もいれば、

  • 不動産バブルの崩壊は近い
  • コロナの影響はこれから

など、ポジティブ・ネガティブのニュースが錯綜し、判断が難しいと思っている人も少なくないでしょう。

転勤による所有マンションを賃貸運用する場合、

  • ローン残高の判断
  • 転勤先から今の地域に帰ってくる可能性
  • 節税・老後の資産として考える

などを考えたいところです。

不動産を売却した金額で、

  • ローンを完済できるのか?
  • ローンを返済して、どれくらいキャッシュが残るのか?
  • 返済してもローンが残るのか?

《転勤時の不動産賃貸:総括》
持ち家を賃貸として貸し出す選択は、転勤や一時的な居住地変更など、一時的に自宅を離れる場合に考えられる方法です。
賃貸には多くのメリットがありますが、同時に管理の手間やリスクも伴います。

賃貸運用のメリット

定期的な収入が得られる
★賃料収入: 賃貸物件として貸し出すことで、毎月の家賃を収入として得ることができます。この収入は、新しい住居の家賃や生活費の補填、または投資として再利用することが可能です。
★賃貸保証: 家賃の未払いリスクを軽減するためのサービス。家賃保証会社と契約することで、家賃の未払いが発生した場合でも、一定期間の家賃を保証してもらえます。

将来的に自宅として戻れる
★居住権の維持: 賃貸として貸し出しても、物件の所有権は変わりません。そのため、将来的に再びその物件に住むことを選択することができます。
★物件の価値維持: 長期間の空き家は、建物の劣化や犯罪のリスクが高まるため、賃貸として活用することで、物件の価値を維持することが期待できます。

賃貸運用のデメリット

管理やメンテナンスが必要
★賃貸管理: 賃貸物件の管理は、家賃の徴収や修繕の手配、トラブル対応など、多くの手間が伴います。多忙な場合や遠隔地の物件の場合は、賃貸管理会社に委託することも考えられますが、その場合は管理手数料が発生します。
★修繕・更新: 物件の老朽化や設備の故障など、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。これらのコストは、大家の負担となることが多いです。

賃貸トラブルのリスク
★未払い家賃: 賃借人の経済的な理由や意図的な未払いなど、家賃の未払いは賃貸物件の大きなリスクの一つです。
★物件の損傷: 賃借人による物件の損傷や、退去時の修繕が必要な状態など、物件のトラブルも考慮する必要があります。

転勤を機に持ち家をそのまま(空き家のまま)保有する

転勤や一時的な生活環境の変化があった場合でも、持ち家を空き家のまま・そのまま保有する選択は、多くの家主にとって考慮すべき選択肢の一つです。
この選択には、一定のメリットが存在しますが、同時にいくつかのデメリットも伴います。

そのまま保有のメリット

住宅ローンの途中であれば継続して返済可能
☆住宅ローン: 多くの家主が住宅購入時に利用する融資のこと。返済期間や金利、返済方法などが契約されています。
☆継続的な返済: 物件をそのまま保有することで、住宅ローンの返済を継続的に行うことができます。これにより、ローンの完済を目指すことが可能となります。
☆金利控除: 住宅ローンの金利に関して、一定の条件下で税制上の控除を受けることができる制度。物件を保有し続けることで、この控除を継続的に受けることができます。

そのまま保有のデメリット

維持費や固定資産税の負担
☆固定資産税: 土地や建物を所有している者が毎年支払う税金。評価額や地域によって税額が異なります。
☆維持費: 物件の老朽化や設備の故障など、定期的なメンテナンスや修繕が必要となる場合の費用。これらのコストは、物件を保有する限り継続的に発生します。

空き家のリスク
☆空き家問題: 長期間使用されていない家が、老朽化や犯罪の対象となる問題。日本では、この問題が社会的な課題となっています。
☆空き家管理: 長期間の空き家は、建物の劣化や犯罪のリスクが高まるため、定期的な管理や点検が必要です。この管理には、専門の業者を利用する場合や、自ら定期的に点検を行う場合など、さまざまな方法が考えられます。

住宅ローンの対応方法

転勤が突然の命令として下されることは、多くのサラリーマンにとって珍しくありません。
その際、最も頭を悩ませるのが「持ち家の住宅ローン」です。
転勤先での新居の確保と並行して、現在の住宅ローンの対応策を練る必要があります。

  • 賃貸運用による収益化
    転勤や転職などやむを得ない場合、一時的に持ち家を賃貸物件として貸し出すことが許されています。
    よって、賃料収入を得ることができ、この収入を住宅ローンの返済に充てることで、経済的な負担を軽減することができます。
    ただし、賃貸運用には「家賃収入の税金」や「空室リスク」などのデメリットも考慮する必要があります。
  • ローンの見直し・借り換え(リファイナンス)
    金利の低下や経済状況の変動により、より有利な条件でのローン契約が可能になることがあります。
    現在のローン契約を見直し、新しい金融機関との契約に切り替えるタイミングが転勤時でもあります。
    返済額の削減や返済期間の短縮が期待できます。

急な転勤でマンションを売却したい

転勤先から帰ってくる可能性があるか?

  • 売却するか?
  • 賃貸にするか?

の判断として、転勤後、”今の地域に戻ってくる可能性”があるか?

これも判断の1つです。

いずれ帰ってくる可能性があるのであれば、その期間、賃貸に回しておくことで住宅ローンの返済も進みます。

節税・老後の資産として考える

賃貸で運用する考え方として、税金対策と老後資金という考え方もあります。

サラリーマンのうちに住宅ローンを完済することで、老後の生活費をサポートしてくれます。

サラリーマンのマンション投資が今、人気な理由は、この老後のための私的年金作りが1つの要因です。

現役の間は、給料もボーナスもあるけど、老後はそれがなくなる。
年金の受給年齢も分からない。

家賃収入であるインカムゲインだけでなく、売却益であるキャピタルゲインとしても計算できます。

転勤が決まった時のマンション媒酌

確定申告が面倒?

転勤によるマンション売却を考えた時、とりあえず早く売却できればOKという考えは止めましょう。

賃貸運用を行えば、毎年不動産所得の確定申告必要です。
固定資産税等もかかります。

面倒と感じる人もいますが、それは立派な資産の証です。

e-Taxで簡単に確定申告は可能です。
https://www.e-tax.nta.go.jp/

新居選びのポイント

転勤が決まった際、新しい生活の拠点となる住居の選び方は非常に重要です。
転勤先での新居選びには、多くのポイントや注意点が存在します。
特に、賃貸と購入の選択は、経済的な側面だけでなく、ライフスタイルや将来の計画にも影響を与える大きな決断となります。

≪立地の確認≫
転勤先のオフィスや子供の学校、日常の生活施設へのアクセスを重視して、物件の立地を選ぶことが重要です。
また、「交通機関の利便性」や「周辺環境」もチェックポイントとなります。
≪賃貸と購入の比較≫
★賃貸のメリット: 初期費用が低く、転居が容易。修繕や管理に関する負担が少ない。
★賃貸のデメリット: 資産形成が難しく、家賃が継続的な出費となる。
★購入のメリット: 資産形成が可能。自由なリフォームや改築ができる。
★購入のデメリット: 初期費用が高額。物件の価値変動リスクが存在。
≪予算の設定≫
転勤先での生活費や住宅ローンの返済額などを考慮し、適切な予算を設定することが必要です。
特に、「固定資産税」や「管理費」などの継続的な出費も忘れずに計算に入れることが大切です。
≪物件の将来価値≫
購入を検討する際、物件の将来的な価値変動を予測することもポイントです。特に、都市部や交通の便が良いエリアは、将来的な価値上昇が期待される場合が多いです。
≪物件の設備や条件の確認≫
セキュリティや駐車場の有無、ペットの飼育可否など、自身のライフスタイルに合った物件条件を確認することが重要です。
≪専門家の意見を取り入れる≫
不動産のプロフェッショナルや「不動産コンサルタント」の意見を取り入れることで、より適切な物件選びが可能となります。

転勤先での新居選びは、一時的なものであっても、その場所での生活の質を大きく左右します。
上記のポイントを参考に、自身のニーズや予算に合った最適な物件を選ぶことが求められます。

転勤先での生活費の見直しと節約術

転勤は、生活の舞台が変わるだけでなく、生活費の構造も大きく変わることが多いです。
新しい生活環境での経済的な安定を求めるためには、生活費の見直しと節約術の導入が不可欠です。

生活費の変動要因の確認
転勤先の物価、交通費、住居費など、生活費が変動する主な要因を把握することが第一歩です。特に、「都市部」と「地方」での生活費の差は大きく、この変動を正確に把握することが重要です。

家計簿の導入
「家計簿アプリ」や「クラウド家計簿」を利用して、日常の支出を詳細に記録することで、無駄な出費を見つけ出すことができます。

公共交通の活用
転勤先での移動手段として車を利用する場合、ガソリン代や駐車場代が大きな出費となります。
可能な限り公共交通を活用し、交通費を節約することを検討しましょう。

地域の割引サービスの活用
転勤先の自治体や商店街が提供する「地域クーポン」や「割引サービス」を活用することで、日常の買い物や外食をお得に楽しむことができます。

無駄な固定費の見直し
不要な雑誌の定期購読や、使用していない有料サービスの契約を見直すことで、固定費を削減することが可能です。

節電・節水の取り組み
「LED照明」の導入や「節水型トイレ」の利用など、日常生活の中での節電・節水の取り組みを意識することで、光熱費を削減することができます。

食費の節約術
地元の「直売所」や「農協」を利用することで、新鮮で安価な食材を手に入れることができます。
また、週末のまとめ買いや、食材の冷凍保存などの工夫で、食費を節約することが可能です。

専門家のアドバイスを活用
「ファイナンシャルプランナー」や「家計アドバイザー」の意見を取り入れることで、より効果的な節約術や生活費の見直し方法を知ることができます。

転勤時の持ち家の税制面での注意点

転勤時に持ち家をどうするかを決める際、税制面での注意点は非常に重要です。

特に、売却や賃貸としての貸し出しを選択する場合、税金の負担が変わる可能性があります。

《売却益の税金》
持ち家を売却する際に得られる利益は、所得税や住民税の対象となります。
この利益を「譲渡所得」といい、以下の専門用語とともに理解することが重要です。

  • 譲渡所得
    不動産を売却した際の売却価格と取得価格(購入時の価格や関連する費用)との差額。
  • 譲渡所得税
    譲渡所得にかかる税金。所得税と住民税で構成されます。
  • 特例措置
    一定の条件を満たす場合、譲渡所得税の特例措置を受けることができます。例えば、5年以上居住していた自宅を売却した場合など、一部または全額が非課税となる場合があります。

売却を検討する際には、譲渡所得の計算や特例措置の適用条件を確認し、税金の負担を最小限にするための対策を検討することが重要です。

《賃貸収入の税金》
持ち家を賃貸として貸し出す場合、得られる家賃収入は所得として課税されます。
この収入を「不動産所得」といい、以下の専門用語とともに理解することが必要です。

  • 不動産所得
    賃貸物件から得られる家賃収入から、必要経費(管理費や修繕費など)を差し引いた金額。
  • 所得税
    不動産所得にかかる税金。税率は所得の金額やその他の所得との合算によって決まります。
  • 経費控除
    賃貸物件の管理や維持にかかる経費は、所得税の計算上、収入から控除することができます。これにより、税金の負担を軽減することが可能です。

賃貸収入を得る際には、適切な経費控除を行い、税金の最適化を図ることが重要です。
また、税金の計算や申告には複雑な手続きが伴うため、税理士などの専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

転勤 持ち家:まとめ

転勤時に持ち家の取り扱いを決定することは、多くの家主にとって難しい選択の一つです。

売却、賃貸、あるいはそのままの保有という選択肢それぞれには、経済的なメリットやデメリットが存在します。

しかし、これらの選択をする際に最も注意すべき点は「税制面」であることが、本記事を通じて明らかとなりました。

不動産の売却益や賃貸収入にかかる税金は、その計算方法や税率、さらには特例措置など、非常に複雑です。

適切な知識や対策を持たずに取引や賃貸経営を進めると、思わぬ税金の負担を背負うリスクが高まります。

そのため、税理士や不動産の専門家との相談を積極的に行い、最も経済的に有利な選択をすることが求められます。

特に、
転勤によるマンション売却に関係なく不動産は資産価値をベースに判断することが重要です。

  • 今の資産価値
  • 今後の資産価値

賃貸に回しても、入居者が決まらなければ家賃収入は入りません。

また、今後、資産価値が下がるようであれば、早めに売却して現金化したほうが賢明です。

マンションを購入したときを思い出してください。

何を基準にマンションを選びましたか?

  • 間取りですか?
  • 立地・エリアですか?

今、改めて考えてみてください。

  • 駅からの距離はどれくらいか?
  • 近隣の売買実績・賃貸動向はどうか?
  • 家賃が10%下がった時の返済計画は崩れないか?

転勤という事実は覆せないため、所有するマンションをどうするか?

短い期間で判断しないといけません。

  • 住んで善し
  • 貸して善し
  • 売って善し

というマンションであれば、焦らず賃貸運用まで考えたプランつくりもいいですね。

不動産査定時に、賃貸運用も含めて、不動産会社の営業マンに相談するといいと思います。

実績のある不動産会社の見分け方

家の査定は、
不動産会社選びがポイントです。

特に、重要なことは、

  • 家を高く売る方法はあるのか?
  • 高額売却を実現するにはどうすればいいのか?

先に結論を言えば、

  1. 明確な売却プランをもって売却活動を行っている不動産会社
  2. 査定額以上に高ってくれる不動産会社

この2つです。

不動産査定を行うと、
その営業エリアの社員が担当営業マンになりますが、
新人なのか?
有能なベテラン社員なのか?
会ってみるまで分かりません。

要するに、当たりハズレが発生します。
印象のいい担当者なら大丈夫というものでもありません。

・家が高く売れない!
・早く売れない!
これら口コミを目にしますが、その象徴です。

そこで、不動産売却エージェントの力を借り、綿密な計画を立てたいところです。

ソニーグループ:SREホールディングス株式会社(SRE Holdings Corporation:東証プライム上場企業:証券コード2980)が運営するSRE不動産です。

専属エージェントの仲介

SRE不動産は専属のエージェントを配することで、質の高いレベルの営業マンが担当に付きます。

高く早く売るためのアイデアと丁寧かつスピード感のある対応が特徴ですので、不動産売却における最適解を期待できます。

  • 不動産の価値を確認・市場調査
  • 売却プラン・戦略の策定
  • 買主への購入後の資産シミュレーション提案

ただ売るのではなく、購入後のイメージ・メリットを買主へ提案まで気をつかい、希望価格を上回る売却の実現を目指します。

売却方法にも特徴

多くの不動産会社は、仲介手数料を独り占めするために情報開示を最小限にします。

・売主からも
・買主からも
両方から仲介手数料が欲しい!!

目の前に購入希望者がいても、他社の紹介の場合、仲介手数料は半分になってしまいます。

これを業界用語で両手取引・囲い込みなどと言いますが、不動産業界の悪しきしきたりが当たり前のように行われています。

補足:囲い込みが行われていても、売主からは分からず、証拠もつかめないため、非常に残念な営業マンの悪行です。

対して、SRE不動産は、
売主の不動産に関する情報を、制限することなく他の仲介会社に広く紹介し、広告掲載量の最大化に努めています。

これにより、流通市場に広くいきわたり、購入検討者の目に触れる機会が最大化されます。

販路が他社を超越

販路が他社を超越

  • 買主までフォロー、徹底した売却戦略
  • 物件情報の告知の最大化

高額売却を実現しているSRE不動産の強みが理解してもらえたと思います。

この売却方法が、高額売却を実現するプロセスです。

申し込み方法を紹介

申し込みは、公式サイトの無料相談フォームから送信するだけ

お問合せフォームから送信するだけ

1分程度の簡単登録です。

*特に、東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・兵庫・京都・奈良等のエリアは、不動産市況も活発ですから、プラン提案も期待できます。

売却したい不動産のある都道府県は?

《まずは家の価値の確認をお願いする》
今申し込めば、早いところでは当日(時間によっては翌日)に、売却プランの提案がもらえます。

↓↓ AI査定が可能なお住いのエリア

北海道
東北
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県
山形県、福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県、群馬県、栃木県
中部 新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県
長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
関西 大阪府兵庫県京都府、滋賀県
奈良県、和歌山県
中国
四国
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
香川県、徳島県、愛媛県、高知県
九州
沖縄
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県
大分県、鹿児島県、沖縄県

*対象エリア拡大中
*ソニーグループの安心感と高精度AI

昨日もたくさんの方が相場の確認に活用されました。
[↓ 簡単60秒入力から登録するだけ ↓]

今すぐ”家の価値を確認”する