トイレリフォームで使える補助金・助成金を紹介!トイレリフォームを安くする・節約!安心して依頼できるリフォーム会社

トイレリフォームで使える補助金・助成金を紹介!トイレリフォームを安くする・節約!安心して依頼できるリフォーム会社 トイレリフォーム 補助金
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

《補助金申請強いリフォーム会社探しなら》
SUUMOリフォーム
タウンライフリフォーム

 

トイレリフォーム 補助金

トイレリフォームは、住宅の価値を高めたり、快適な生活を実現したりするために有効な方法です。

しかし、リフォーム費用は決して安くないため、補助金・助成金制度を活用して費用を抑えたいと考える方も少なくありません。

本記事では、トイレリフォームで使える補助金制度・助成金制度を詳しく解説します。

また、トイレリフォームを安くする・節約する方法についてもご紹介します。

さらに、安心して依頼できるリフォーム会社についてもご紹介します。

トイレリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ややこしい、補助金・助成金のシステム

補助金や助成金の活用ですが、
毎年、そのレギュレーションが変わります。

更にお住いの地域によって、
トイレリフォームの助成額や補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

特に、少しでも出費を少なくしたい人にとって、

悩ましいのが、

どれが該当するのか?
リフォーム箇所を調整することで似たような募集が活用できる可能性もあります。
⇒トイレリフォーム洗面台リフォーム畳 (フローリング)
長期優良住宅化リフォーム推進事業
介護保険の住宅改修費補助
こどもエコすまい支援事業
自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
長期優良住宅化リフォーム推進事業
介護保険の住宅改修費補助
こどもエコすまい支援事業
自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
洗面台リフォームで活用できる補助金・助成金
既存住宅における断熱リフォーム支援事業
こどもエコすまい支援事業
自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助額が高いからと言って、満額出るとは限らないため、

  • トイレリフォーム時において

自分で判断するよりも、
補助金・助成金申請に実績のあるリフォーム会社選びがポイントとなります。

補助金に実績のある
リフォーム会社が簡単にわかる

そこでオススメしたいのが、
一括見積もりサイトの活用です。

1回の登録で複数の会社から相見積もりを取れるサイトです。

助成金・補助金を活用した見積もり比較

トイレリフォーム時の最安値比較

これなら助成金・補助金に詳しいリフォーム会社が簡単に見つかると思いませんか?

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
トイレリフォーム 補助金

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望の屋根リフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

補助金とは? 助成金とは?

補助金と助成金は、国や地方公共団体(民間の団体で行っているものもあります)から支給されるお金のことです。
これらの制度は、公的な資金から出されるものであり、誰でももらえるわけではありません。

補助金は、特定の事業や活動に対して、費用の一部を国や地方自治体などが負担する制度です。
補助金を受けるためには、申請が必要で、審査の結果、交付が決定されます。
補助金の額は、事業や活動の目的や内容によって異なります。
助成金は、特定の事業や活動に対して、費用の全額または一部を国や地方自治体などが負担する制度です。
助成金を受けるためには、申請が必要で、審査の結果、交付が決定されます。
助成金の額は、事業や活動の目的や内容によって異なります。

補助金と助成金の違い

補助金と助成金の違いは、以下のとおりです。

項目 補助金 助成金
負担割合 費用の一部 費用の全額または一部
申請 必要 必要
審査 必要 必要
目的や内容によって異なります 目的や内容によって異なります

補助金・助成金のメリット

補助金・助成金のメリットは、以下のとおりです。

  • 費用を抑えることができる
  • 自己負担を減らすことができる
  • 事業や活動を推進することができる

補助金・助成金の注意点

補助金・助成金を受ける際には、以下の点に注意が必要です。

  • 申請期限を守る
  • 審査の条件を満たす
  • 補助金や助成金の額を正確に把握する

補助金・助成金は、事業や活動を推進するために有効な制度です。

利用を検討している場合は、各制度の概要や条件をよく確認してから申請するようにしましょう。

トイレリフォームの基礎知識

トイレリフォームとは、トイレの設備や仕様を変更する工事です。

トイレは、毎日使用する場所であり、リフォームすることで、快適性や機能性を向上させることができます。

トイレリフォームの主な内容は、以下のとおりです。

  • 便器の交換
  • ウォシュレットの設置
  • 手洗い器の設置
  • 壁紙の張替え
  • 床の張替え
  • 照明器具の交換
  • 収納スペースの増設

トイレリフォームの費用は、リフォームの内容や工事の規模によって異なります。

《トイレの水漏れ・便器のヒビ》
給排 水管やパッキンの消耗が水漏れを引き起こします。

また、便器のヒビ・ヒビ割れは印象が悪くなりますので、交換もしくはリフォームを考えたいところです。

《トイレの汚れ》
トイレは、清潔感あってのものです。
日ごろの掃除次第で、10年・20年経った時に、大きく違いが出ます。

《温水洗浄便座》
今の時代、和式トイレというマンションは少なく、

温水洗浄便座・ウォシュレットは、今や定番となりましたがデザインや機能は進化を遂げています。

トイレのリフォームは

  • 清潔感を生む
  • 機能向上が望める

誰が見ても古い、汚いということであれば、是非、行いたいところです。

一般的には、便器の交換のみの場合は、10万円~20万円程度、ウォシュレットの設置と便器の交換を同時に行う場合は、20万円~30万円程度、手洗い器の設置と床の張替えを同時に行う場合は、30万円~40万円程度が目安となります。

【トイレリフォームを検討する際の注意点】

トイレリフォームを検討する際には、以下の点に注意しましょう。

リフォームの目的を明確にする
トイレリフォームには、快適性の向上、機能性の向上、デザイン性の向上、省エネ化、バリアフリー化など、さまざまな目的があります。
まずは、リフォームの目的を明確にしましょう。

リフォームの内容や工事の規模を決める
リフォームの目的を明確にしたら、リフォームの内容や工事の規模を決めましょう。
リフォームの内容や工事の規模によって、費用や工事期間が大きく異なります。

複数のリフォーム業者に見積もりを取る
リフォーム業者によって、費用や工事内容が異なります。
複数のリフォーム業者に見積もりを取ることで、比較検討することができます。

リフォーム業者の口コミや評判をチェックする
リフォーム業者の口コミや評判をチェックすることで、信頼できる業者かどうかを判断することができます。

工事期間や騒音、ゴミの処理方法などを検討する
トイレリフォームは、工事期間が1~2週間程度かかる場合があります。
また、工事中は騒音が発生するため、近隣への配慮が必要です。さらに、工事中はゴミが発生するため、処理方法を検討しておきましょう。

予算を立てて、無理のない計画を立てる
トイレリフォームは、費用がかかる場合があります。
そのため、事前に予算を立てて、無理のない計画を立てることが大切です。

また、トイレリフォームを検討する際には、以下の点も考慮するとよいでしょう。

家族構成やライフスタイルの変化
家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、リフォーム内容を検討しましょう。
例えば、小さな子どもがいる場合は、手洗い器の設置やウォシュレットの設置がおすすめです。また、高齢者や障がい者がいる場合は、手すりの設置や段差の解消がおすすめです。

住宅の構造や設備
住宅の構造や設備によっては、リフォームができない場合や、費用が高額になる場合があります。事前に確認しておきましょう。

トイレリフォームは、生活の質を向上させるための有効な手段です。
目的や予算に合わせて、最適なリフォームを検討しましょう。

トイレリフォームのメリット

そもそも、トイレリフォームは何のために行われるか?

トイレリフォームを行うメリットは以下になります。

快適性の向上 新しいトイレは、使用感が良く、より快適な使用体験を提供します。

節水効果 節水型トイレへのアップグレードにより、水道料金の節約に貢献します。

清掃の簡易化 新しいトイレは清掃が容易で、衛生的な環境を保つのに役立ちます。

デザインの改善 現代的なデザインのトイレは、バスルームの見栄えを向上させます。
家の価値の向上 良質なトイレリフォームは、不動産の価値を高めることができます。

効率的な使用 最新のトイレは、より効率的な水流技術を備えており、節水にもつながります。

臭いや汚れの軽減 新しいトイレは、臭いや汚れが付きにくい材質で作られていることが多く、清潔を保ちやすいです。
補助金や助成金の利用 政府や地方自治体の補助金を活用することで、リフォームコストを削減することが可能です。

トイレは、毎日使用する場所であり、リフォームすることで、快適に過ごすことができます。

また、ウォシュレットの設置や手洗い器の設置などにより、機能性を向上させることができます。

さらに、壁紙や床の張替えにより、デザイン性を向上させることができます。

トイレリフォーム 補助金 代行

トイレリフォーム補助金の定義と目的・補助金額

トイレリフォーム補助金は、国や地方自治体が、トイレリフォームの費用の一部を負担する制度です。

補助金を受けるためには、申請が必要で、審査の結果、交付が決定されます。

補助金の額は、トイレリフォームの目的や内容によって異なります。

【トイレリフォーム補助金の目的】
トイレリフォーム補助金の目的は、主に以下のとおりです。

  • 省エネ化の推進
  • バリアフリー化の推進
  • 子育て世帯の支援
  • 国や地方自治体によるトイレリフォーム補助

それでは具体的に、トイレリフォームに活用できる補助金・助成金を確認しましょう。

省エネ化の推進

省エネ型の便器やウォシュレットの設置は、水道光熱費の削減に大きく貢献します。
節水型のトイレは、従来型に比べて水の使用量を大幅に減少させることができます。
また、最新のウォシュレットには、省エネ機能が搭載されており、電気代の節約にも繋がります。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは、国土交通省が実施する、長期優良住宅基準に適合するリフォーム工事に対して補助金を交付する事業です。
断熱改修・省エネ設備の導入・バリアフリー化・耐震改修・子育て支援型リフォームなどから
トイレリフォームに該当するのが、
★節水型トイレの設置
★手すりの取付け
★出入口の段差解消
★トイレ増設
などに対して、
補助率:1/3、限度額:100万円/戸
参考:長期優良住宅化リフォーム推進事業
省エネリフォームで利用できる補助金・助成金

バリアフリー化の推進

手すりの設置や段差の解消は、特に高齢者や障害を持つ方々にとって、トイレの安全性と利便性を大幅に向上させます。
バリアフリートイレは、転倒のリスクを減少させ、自立したトイレ利用を可能にします。

介護保険の住宅改修

★手すりの設置
★すべりにくい床材に取替
★洋式便器等への取替
★扉の変更及び開口幅の変更
★ドアノブの取替
に対して、20万円を上限とし、工事費に対し7~9割を補助

子育て世帯の支援

子育て世帯向けのトイレ設備は、小さな子どもでも使いやすい設計が特徴です。
例えば、子ども用の便座や、安全で使いやすいウォシュレットなどが、子育て家庭の日々の生活を容易にし、負担を軽減します。

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助金が交付される制度です。

節水型トイレを導入することで、補助金が受けられます。

  • 掃除しやすい機能を有するもの以外
    JIS A5207:2011 に規定する「タンク式節水Ⅱ形大便器」もしくは「洗浄弁式節水Ⅱ型大便器」、JIS A5207:2014 に規定する「タンク式節水Ⅱ形大便器」もしくは「専用洗浄弁式節水Ⅱ型大便器」または JIS A5207:2019 またはJIS A5207:2022に規定する「タンク式Ⅱ形大便器」もしくは「専用洗浄弁式Ⅱ型大便器」と同等以上の性能を有すること。
  • 除しやすい機能を有するもの
    上記の節水に関する基準に加え、(1)~(3)のいずれかを満たすトイレであること。
    (1)総高さ 700mm 以下に低く抑えていること。
    (2)背面にキャビネット(造作されたものを除く)を備え、洗浄タンクを内包していること。
    (3)便器ボウル内を除菌※1する機能を備えていること。

参考ページ:エコ住宅設備の設置

各自治体の助成金

大阪市 トイレリフォーム 補助金
大阪市子育て世帯等向け民間賃貸住宅改修促進事業
*節水型トイレへの取替え
補助の金額:補助対象工事費の 1/3 (補助限度額 1戸当たり75万円)

荒川区 トイレリフォーム 補助金
給付対象になる住宅改修
*手すりの取り付け
*便器の取り替えに伴う給排水設備工事
*洋式便器等への便器の取り替え
補助の金額:上限額20万円(1住宅につき)

足立区 トイレリフォーム 補助金
足立区住宅改良助成制度
手すり設置
和式トイレから洋式トイレへの変更
畳から滑りにくい床材への変更

準備中

トイレリフォーム補助金の申請方法と注意点

トイレリフォーム補助金は、高齢者や障害者の生活の質を向上させるため、または環境配慮型の設備への更新を促進するために、地方自治体や国から提供される財政支援です。
この補助金は、バリアフリー化や節水型トイレへの更新など、特定の条件を満たすリフォームに対して支給されます。

申請方法

  1. 補助金の対象となる条件確認
    ☆バリアフリー化:手すりの設置、段差解消、洋式トイレへの変更など。
    ☆節水型トイレ:既存のトイレを節水型トイレに交換する場合。
    ☆高齢者・障害者対応:特に高齢者や障害者の利用を考慮した設計。
  2. 自治体の情報収集
    補助金の詳細、申請書類、締切日などは自治体によって異なるため、居住地の市町村役場や公式ウェブサイトで確認します。
  3. 見積もりの取得
    認定された業者からリフォーム工事の見積もりを取得。
    この見積もりは申請書類の一部として必要となります。
  4. 申請書類の準備
    補助金申請書、見積書、リフォーム計画書、本人確認書類などを準備。
  5. 申請書類の提出
    必要書類を揃えて、指定された期限までに自治体へ提出。
注意点
申請期限 申請期限を厳守すること。期限後の申請は受け付けられない場合が多い。
指定業者 自治体によっては指定業者を通じてのみ申請が可能な場合がある。
補助金の上限と自己負担

補助金には上限があり、それを超える部分は自己負担となる。

後付け申請の不可 工事完了後の後付け申請は認められないことが多いので、工事開始前に申請を完了させること。
書類の正確性 申請書類に誤りがあると審査が遅れる場合があるため、正確に記入する。

補助金を利用したリフォームのメリットとデメリット

補助金を利用したリフォームのメリット

経済的負担の軽減
補助金は、リフォームにかかる費用の一部を補填(ほてん)するため、個人の経済的負担を大幅に軽減します。
特に高額なバリアフリーリフォームや省エネルギー設備の導入において、その効果は顕著です。

住環境の質の向上
補助金を活用することで、高齢者や障害者のためのバリアフリー化、耐震性の向上、省エネルギー設備の導入など、住環境の質を向上させるリフォームを実現できます。

不動産価値の向上
リフォームにより住宅の機能性や快適性が向上すると、不動産としての価値も上昇します。
特に、エコリフォームや耐震リフォームは、将来的な売却価格にも好影響を与える可能性があります。

環境への配慮
節水トイレや太陽光発電システムなど、環境に優しい設備への更新は、CO2排出量の削減に貢献します。
これは、地球温暖化対策としても重要な意義を持ちます。

生活の安全性・快適性の向上
バリアフリーリフォームによる安全性の向上は、高齢者や障害を持つ人々の生活の質を大きく改善します。
また、最新の設備導入による快適性の向上も見逃せません。

トイレ リフォーム会社 補助金

補助金を利用したリフォームのデメリット

申請の手間と複雑さ
補助金の申請には、多くの書類の準備と手続きが必要です。
これには、リフォーム計画書、見積書、申請書類などが含まれ、手続きの複雑さがネックになることがあります。

補助金の条件の厳格さ
補助金の支給条件は非常に厳格であり、対象となるリフォームの範囲や仕様が限定されていることが多いです。
これにより、希望するリフォームが補助金の対象外となる可能性もあります。

予算の制約
補助金には予算が設定されており、予算の枠内でのみ利用可能です。
予算が尽き次第、補助金の支給は終了するため、タイミングによっては利用できない場合があります。

工事の遅延
補助金の申請と承認には時間がかかるため、リフォーム工事の開始が遅れることがあります。
また、補助金の条件に合わせたリフォーム計画の調整も必要になることがあります。

指定業者の制限
一部の補助金では、指定された業者を通じてのみリフォームが可能です。
これにより、利用者が希望する業者を選べない場合があります。

よくある質問

補助金の申請条件は何ですか?

介護保険を利用する場合、各自治体の条件、国の制度など、申請条件は制度によって異なります。

補助金の額はどのくらいですか?

補助金の額はおおよそ20万円から50万円程度で、制度によって異なります。

どのようなトイレリフォームが補助金の対象になりますか?

節水型トイレへの交換など、省エネや介護向けの改修が対象になることが多いです。

自分の住んでいる地域で補助金は利用できますか?

それは、お住まいの自治体によって異なります。自治体のウェブサイトや窓口で確認してください。

トイレのみのリフォームでも補助金は申請できますか?

はい、トイレのみのリフォームでも補助金の申請が可能な場合があります。

補助金の申請方法はどうすればいいですか?

申請方法は制度によって異なります。詳細は関連する自治体や機関のウェブサイトで確認してください。

補助金を使うと、トイレリフォームはどれくらい安くなりますか?

補助金によってトイレリフォームの費用は数万円から数十万円安くなる可能性があります。

どの工事業者に頼めば助成金が使えますか?

補助金や助成金が使える業者は、制度によって指定されている場合があります。詳細は各制度の要件を確認してください。

補助金の申請に必要な書類は何ですか?

申請に必要な書類は制度によって異なりますが、見積書、住所証明、身分証明書などが一般的です。

補助金の申請期限はいつまでですか?

申請期限は制度によって異なります。
自治体や関連機関のウェブサイトで最新の情報を確認してください。

トイレリフォーム 補助金:まとめ

トイレリフォームの補助金には、国や自治体、民間企業などから様々な種類があります。
補助金を受けるには、それぞれの補助金の条件を満たす必要があります。申請方法や申請期限も異なるため、事前に確認しておきましょう。

トイレリフォームの補助金を受けると、リフォーム費用を安く抑えることができます。
また、省エネやバリアフリーなどの性能を向上させることができるため、補助金を利用するメリットは大きいと言えます。

トイレリフォームを検討している方は、ぜひ補助金の利用を検討してみてください。

具体的には、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。
・補助金の種類や条件をよく確認する
・申請方法や申請期限を守る
・リフォーム会社・施工業者に補助金の申請を代行してもらうか、自分で申請するかを決める
トイレリフォームの補助金は、お得にリフォームを行うための有効な手段です。

ぜひ活用して、快適で安全なトイレ空間を手に入れましょう。