Yahoo!不動産(ヤフー不動産)の評判口コミ:のメリット・デメリット・特徴 。マンション・不動産売却査定情報サイト

Yahoo!不動産の評判・口コミ:地域に密着した不動産会社に無料で査定依頼ができる不動産売却査定サービス(全国対応) Yahoo!不動産
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

Yahoo!不動産

Yahoo!ブランドを、誰も疑うことはないでしょう。

  • ネットショッピングならAmazon、楽天、Yahoo!
  • オークション・フリマアプリならメルカリ、モバオク、Yahoo!(PayPayフリマ)
  • 旅行ならトリバゴ、エクスペディア、楽天トラベル、Yahoo!トラベル

ポータルサイトとしての位置づけ・認知度はトップクラスであることは間違いありません。

今回紹介するYahoo!不動産(以下、Yahoo!不動産)は、
マンション・一戸建て・土地の売却査定において、全国の不動産会社に無料で査定依頼ができる不動産サービスです。

査定金額の比較・検討は無料、カンタン入力でスピード査定依頼が可能です。

不動産査定なら
マンション・中古一戸建て・土地の無料一括査定サービス
>>Yahoo!不動産の簡単査定はコチラ

『Yahoo!不動産』とは 不動産一括査定サービス

Yahooブランドは誰もが知るとことでしょう。

ただ、Yahoo!不動産のことは意外と知られていないように思えます。

不動産ポータルサイトと言えば
しっかり調査はしていませんが、

  • スーモ(リクルート)
  • アットホーム
  • LIFULL HOME’S

のほうが、認知度が高いかもしれません。

そんなヤフー株式会社運営のYahoo! JAPANに属する
Yahoo!不動産の不動産売却査定サービスには大きな特徴があります。

不動産会社と言っても、

  • 大手不動産会社
  • 中小不動産会社
  • 地元の不動産屋

様々ですが、ビジネスモデル・ビジネス方針は大きく違います。

大手不動産(野村・三井・住友・三菱・東急等)は、資金力と知名度でダイナミックな展開が基本です。
多くの支店を持ち、広告宣伝費投下(ネット広告)、そして安心感で多くの顧客を保有しています。

中小不動産の特徴は、広告宣伝費とフットワークの良さです。
大手企業の差別化として提案力やサービス範囲も広く、大手が手を出さない不動産取引等にも積極的です。

対して、地元の不動産屋は、
限られたエリアにおける情報収集能力と地道や仕事に強みがあり、問題解決に強みがあります

マンション管理組合レベルの内部情報や大手が進行している計画情報など、地元密着の強みを最大限に活かします。

大手からの仕事や相談を受けることもあり、少数精鋭の貴重な集団です。

総括:それぞれの特色

戦略とサービス、積極的なCM投下

大手会社、中小会社、地元密着型不動産屋の特色とサービスについて詳しく解説します。

≪大手不動産会社の戦略とサービス≫
大手は、全国規模でのネットワークや豊富な物件情報、高度なマーケティング戦略を持つのが特徴です。

多くの大手不動産会社は「一括査定サービス」や「オンライン物件情報提供」など、デジタル技術を活用した新しいサービスを展開しています。
また、テレビCMや広告活動を積極的に行い、ノウハウを活かしブランドの認知度を高める戦略を取っています。

賃貸(アパート・マンション)、売買、新築、中古物件など、幅広い物件情報を提供。
また、リフォームやリノベーション、資産運用のアドバイスなど、トータルでのサポートが充実しています。

≪中小不動産会社のアプローチと強み≫
中小の会社は、特定の地域や市場に特化したサービスを提供することが多いです。そのため、地域の特性やニーズを深く理解しているのが特徴です。

地域の住民や事業者との綿密なコミュニケーションを通じて、地域に密着したサービスを提供。
また、特定の市場やセグメントに特化したサービスを展開することも。

地域の物件情報や市場動向を熟知しているため、的確なアドバイスや提案が可能。
また、フットワークの軽さや柔軟な対応が魅力となっています。

≪地元密着型不動産屋の情報収集能力とサービス≫
地元密着型の不動産屋は、特定の地域やコミュニティに深く根ざしており、その地域の情報収集能力が非常に高いのが特徴です。

地域の住民や事業者との日常的なコミュニケーションを通じて、新しい物件情報や市場の動向、地域の変化などをリアルタイムでキャッチしています。

地域の文化や歴史を活かした物件の提案、地域住民とのネットワークを活用した情報提供、地域に密着したイベントやセミナーの開催など、地域の魅力を最大限に活かしたサービスが充実しています。

不動産会社の種類や特色によって、提供するサービスやアプローチが異なります。
ユーザーは自身のニーズや利用目的に合わせて、最適な不動産会社を選択することが求められます。

売却査定を依頼

こんな人におすすめ

Yahoo!不動産の不動産査定は、

  • 所在地(都道府県・市町村・町)
  • 物件種別(マンション・戸建て・土地)

の選択を行うことで、そのエリアに合わせた不動産会社一覧が表示され、そこから査定依頼したい不動産会社に一括送信が可能なシステムです。

一覧表示される不動産会社は、

  • 中小の不動産会社
  • 地域密着の不動産会社

が多いため、

  • 少しでも高く売却したい
  • 売りにくい不動産売却の相談に乗ってほしい
  • 不動産会査定~不動産売却までを一括サポートしてほしい
  • なかなか売れないので媒介契約の不動産会社を増やしたい

などを考えている人にもおすすめです。

Yahoo!不動産(ヤフー不動産)の特徴と強み

Yahoo!不動産は、国内外の多くのユーザーに利用されている不動産サイトの一つです。
その最大の特徴として挙げられるのは、Yahoo!という強力なブランドの下で提供されている点です。

《Yahoo!ブランドの信頼性と認知度》
Yahoo!は、インターネット黎明期から存在する老舗のウェブサービスであり、その名前は国内外で非常に高い認知度を誇ります。
このような背景から、Yahoo!ブランドは「安全」「信頼性が高い」というイメージが根付いています。

特に、不動産取引は高額なものも少なくなく、信頼性が求められる分野です。
Yahoo!ブランドの下で提供される不動産情報サイトであるため、ユーザーは安心して閲覧・取引を進めることができます。
また、Yahoo!の「検索エンジン」との連携も強みとなっており、検索時の露出度が高いのも特徴です。

≪全国の不動産会社との連携による無料査定サービス≫
Yahoo!不動産のもう一つの大きな特徴は、全国の不動産会社と連携している点です。
これにより、ユーザーは自分の物件に対する査定を複数の会社から一度に受けることができる「一括査定サービス」を利用することができます。

この一括査定サービスは、物件の「市場価格」を正確に知ることができるため、売却時の価格交渉の参考になります。
また、複数の会社から査定を受けることで、それぞれの会社の「サービスの質」や「提案内容」を比較検討することができ、最も適切な不動産会社を選ぶ手助けとなります。
参考ページ:おすすめ不動産査定サイト

さらに、Yahoo!不動産では、専門家による「物件の価値を上げるためのアドバイス」や「不動産取引の流れ」に関する情報提供も行っており、初めての不動産取引でも安心して進めることができます。

他の競合、不動産査定サイトの比較 Yahoo!不動産のデメリット・メリット

不動産ポータルサイトは、物件情報の検索や不動産会社との連絡を容易にするためのプラットフォームとして、多くのユーザーに利用されています。

Yahoo!不動産もその一つですが、他の主要なポータルサイトとはどのような違いがあるのでしょうか。

そこでスーモ、アットホーム、LIFULL HOME’Sとの比較を中心に、ユーザー目線でのメリット・デメリットを比較してみました。

Yahoo!不動産
  • Yahoo!不動産のメリット
    ★ブランド力: Yahoo!という大手IT企業のブランド力を背景に、集客力・信頼性や安全性が高い。
    ★一括査定サービス: 全国の不動産会社との連携が強く、一括査定の範囲が広い。
    ★情報量: Yahoo!の検索エンジンとの連携により、多岐にわたる物件や関連情報を提供。
  • Yahoo!不動産のデメリット
    ★専門性: 不動産に特化したサービスではないため、専門的な情報提供やサービスが限定的。
スーモ
  • メリット
    ★情報量: 物件の豊富さは業界トップクラス。新築・中古物件を問わず幅広い情報を提供。
    ★ユーザビリティ: インターフェースが直感的で、物件検索や条件設定が容易。
    ★専門記事: 不動産に関する専門的な記事やコラムが豊富。
  • デメリット
    ★広告表示: 物件情報とともに多くの広告が表示されることがある。
アットホーム
  • メリット
    ★専門性: 不動産業界に特化した情報提供やサービスが充実。
    ★地域情報: 地域ごとの生活情報や環境データなど、物件選びに役立つ情報が豊富。
    ★賃貸: 賃貸物件も充実しており、幅広いニーズに応える。
  • デメリット
    ★UIの古さ: 一部のインターフェースが古く、操作性に難がある場面も。
LIFULL HOME’S
  • メリット
    ★シンプルなUI: シンプルで洗練されたデザインで、ユーザビリティが高い。
    ★一括査定サービス: Yahoo!不動産と同様に一括査定サービスが充実。
    ★関連サービス: 引越しやリフォームなど、不動産取引に関連するサービス情報も提供。
  • デメリット
    ★情報量: 他の大手ポータルサイトに比べると、物件の量がやや少なめ。

総じて、多くの情報を手間をかけずに確認できます。
また、各不動産ポータルサイトはそれぞれの特色や強みを持っています。
ユーザーは自身のニーズや利用目的に合わせて、最適なサイトを選択することが求められます。

Yahoo!不動産の査定依頼システムの詳細・流れ マンション・戸建て

一括査定とは?

一括査定とは、一度の査定依頼で複数の不動産会社から査定額を受け取ることができるサービスです。
これにより、各不動産会社の査定額やサービスを比較・検討することが容易になります。

一括査定の4つのフロー

  1. 査定依頼フォームの入力: Yahoo!不動産のサイト上で、マンション・戸建てなど物件の基本情報(所在地、物件タイプ、築年数、専有面積、現況:居住中・賃貸中・空室など)を入力します。
  2. 不動産会社の選択: 依頼者の希望に合わせて、複数の会社を選択します。この際、Yahoo!不動産が提携する不動産会社の中から自動的に推薦されることもあります。
  3. 査定結果の受け取り: 選択した不動産会社から、査定結果がメールや電話で連絡されます。
    査定結果は、物件の情報や市場の動向、不動産会社の独自の評価基準に基づいて算出されます。
  4. 査定結果の比較・検討: 複数の仲介してくれる不動産会社からの査定結果を比較し、最も適切な不動産会社を選択します。
    実際に売却を行う場合は、仲介手数料の確認や媒介契約等の確認も必要です。

*YahooIDでログインすることなく査定可能です。

《地域ごとの不動産会社一覧の表示方法》

地域検索
Yahoo!不動産のトップページには、都道府県や市区町村を基にした地域検索の機能があります。
この機能を利用することで、特定の地域に特化した不動産会社の一覧を表示することができます。
詳細検索
更に詳しい条件(物件タイプ、予算、面積など)を設定することで、その条件に合致する不動産会社の一覧を絞り込むことができます。
ランキング表示
Yahoo!不動産では、ユーザーの評価や査定実績などを基に、不動産会社のランキングを表示することもあります。

これにより、信頼性や実績の高い不動産会社を簡単に探すことができます。

総じて、Yahoo!不動産の査定依頼システムは、ユーザーが気軽に適切な不動産会社を見つけることができるように設計されています。
一括査定のメカニズムを活用することで、効率的に物件の適正価格を知ることができ、安心して不動産取引を進めることができます。

実際に使ってみる・シミュレーション

実際に、不動産査定をシミュレーションしてみました。
例:三軒茶屋(東京都世田谷区)のマンション


*画面内容や掲載不動産会社は2022年9月時点

ちなみに、査定依頼できる不動産会社は、”同時依頼で4社”までとなっています。

>>Yahoo!不動産の簡単査定はコチラ

不動産売却のステップと注意点

Yahoo!不動産の査定後の流れを気になるところです。

不動産の売却は、多くの手続きや判断が伴う大きな取引です。
適切なステップを踏み、注意点を把握することで、スムーズな売却を実現することができます。

媒介契約の3つの種類とその選び方

  1. 専属専任媒介契約
    一つの不動産会社だけが売却活動を行う契約。他の不動産会社を通じての売却はできません。成功報酬が低めに設定されることが多いです。
  2. 専任媒介契約
    一つの不動産会社が主に売却活動を行いますが、売主自身が買主を見つけることは可能です。
  3. 一般媒介契約
    複数の不動産会社と契約可能。しかし、競合することで売却活動の質が低下する可能性も。

参考ページ:媒介契約とは?

《不動産会社の選び方のコツ》
信頼性: 過去の実績や評判を基に、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。
報酬: 契約形態によって成功報酬が異なるため、予め確認しておくことが必要です。
提案力: 物件の魅力を最大限に引き出すための提案やアドバイスが求められます。
売却活動の流れと成功:5つのポイント
  1. 査定: 不動産会社による物件の査定を受け、適正な売却価格を設定します。
  2. 物件情報の公開: 不動産情報サイトやチラシなどで物件情報を公開し、買主を募集します。
  3. 内覧: 買主候補が物件を実際に確認するための内覧を実施します。
  4. 契約: 買主との間で売買契約を締結します。この際、契約内容の確認や条件交渉が行われます。
  5. 決済: 売買代金の支払いや物件の引き渡しを行い、売却が完了します。

不動産売却成功のポイント

販売価格の決め方、物件の魅力の最大化、信頼関係

適正な価格設定
高すぎると買主が集まらず、低すぎると損をする可能性があります。
関連ページ:マンション販売価格の決め方とは?
物件の魅力の最大化
物件の良さや特徴を強調し、買主の興味を引くことが重要です。
迅速な対応
買主からの問い合わせや要望に迅速に対応することで、信頼関係を築くことができます。

Yahoo!不動産の口コミ・評判 無料査定・体験談・使ってみた感想を紹介

Yahoo!不動産は、

  • マンション購入を検討している人向けに、マンションごとにユーザーからの口コミ・使ってみた感想
  • 知恵袋的な不動産売却・購入・賃貸における疑問・悩みに対して専門家が答える、「教えて! 住まいの先生」

など、数々のサービスも提供しています。

そこで、Yahoo!不動産について、一番気になるのは、口コミ(ポジティブな印象・ネガティブ)や評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認しました。

Yahoo!不動産に関しては、

  • 買いたい!
  • 借りたい!

属性のユーザーの活用が多いため、査定を活用した人のクチコミ自体あまり見受けられませんでしたが、
オリコン顧客満足度ランキングに体験談・口コミが掲載されていたので紹介します。

Yahoo!不動産 賃貸情報サイトの評判・口コミ
総合得点68.6点(コメント総数・回答:16件)

Yahoo!不動産 口コミ

取り扱っている不動産会社に一括で問い合わせできる。

Yahoo不動産 評判

ポップアップでよく出てきた。シンプルでわかりやすい。

Yahoo不動産 クチコミ

問い合わせたが、返答がない不動産会社があったため、どうなったかのフォローが欲しい。

《ユーザーの実際の使用感》

多くのユーザーは、Yahoo!不動産のインターフェースが直感的であり、物件検索や査定依頼がスムーズに行えると評価しています。特に、初めて不動産ポータルサイトを利用するユーザーからの好評価が多いです。
Yahoo!ブランドの信頼性を背景に、沢山の不動産会社が物件情報を掲載しています。
物件数も多く、ユーザーは幅広い選択肢の中から希望に合った物件を探すことができるとの声が多いです。
このサービスの利便性や効率性を評価する声が多く、複数の不動産会社からの査定結果を比較することで、適正な物件価格を知ることができるとのフィードバックが寄せられています。

《フィードバックと課題》

一部のユーザーからは、物件情報の更新頻度に関する指摘があります。特に、既に成約済みの物件が掲載されていることに対する不満が見受けられます。
Yahoo!不動産は広告収益を重要な収益源としているため、物件情報とともに広告が表示されることがあります。これに対して、一部のユーザーからは広告が多いとの意見も。
一部のユーザーは、問い合わせやトラブル時のカスタマーサポートの対応について、改善の余地があるとの意見を持っています。

【Yahoo!不動産の活用法】

不動産売却・マンション売却における成功のポイントは、多くの人に情報提供することです。

その意味で、Yahoo!不動産は、購入したい!と考えているユーザーが検索するサイトです。

各マンションごとに口コミ機能もあることで、購入希望者も判断・お問合せがしやすいサービスとなっています。

その意味で、Yahoo!不動産に売却物件を掲載することは大きなメリットになりますし、その窓口となる一括査定は有効に活用したいところです。

Yahoo!不動産のメリット(不動産情報アプリ利用) アパート・一戸建て・賃貸・土地売買・活用・物件検索

スマートフォンの普及に伴い、不動産情報もアプリを通じて手軽に閲覧・検索することが増えてきました。

Yahoo!不動産もアプリ(Yahoo!不動産 – 賃貸・マンション・一戸建て・物件検索)を提供しており、アプリも少し紹介します。

【アプリの機能・特徴と使い勝手】

  • リアルタイム通知
    アプリを利用することで、新しい物件情報やお気に入りの物件の価格変動など、リアルタイムでの通知を受け取ることができます。これにより、希望の物件を逃さずキャッチすることが可能です。
  • カスタマイズ機能
    ユーザーの検索履歴や閲覧履歴を元に、おすすめの物件情報を表示するカスタマイズ機能が搭載されています。これにより、ユーザーのニーズに合わせた情報提供が行われます。
  • オフライン閲覧
    一度閲覧した物件情報は、オフラインでも確認することができます。移動中や通信環境の悪い場所でも、物件情報のチェックが可能です。
  • 直感的な操作性
    スマートフォン向けに最適化されたUI/UXにより、直感的な操作が可能。物件の検索や条件設定、お気に入り登録などがスムーズに行えます。

【ユーザーレビューとその対応】

ポジティブなレビュー
多くのユーザーからは、アプリの使いやすさや情報量の豊富さ、リアルタイム通知の機能などに対して高い評価が寄せられています。
ネガティブなレビュー
一方で、アプリの動作の不安定さや、特定の機能の不具合、広告表示の多さなどに関する指摘も見受けられます。

Yahoo!不動産は、ユーザーレビューを元にアプリのアップデートを定期的に行っています。
特に、不具合の修正や新機能の追加、ユーザビリティの向上に努めている様子が伺えます。

 

運営会社:Zホールディングスニュース

Yahoo不動産は、親会社:Zホールディングス株式会社にもつYahooが運営しています。

Yahoo!不動産に関して、平成以降いろいろな動きがありました。

おうちクラベルでも紹介していますが、

2015年7月にヤフーとソニー不動産が資本業務提携を結び、おうちダイレクトという一括査定サイトを展開していました。

しかし、ポータルサイトが不動産会社と提携することは、公平、中立な立場を保つことができないとうことで

  • 一般社団法人 不動産流通経営協会
  • 全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)

が反発し、運営する不動産情報サイト「ハトマークサイト」から民間情報サイト(不動産関連会社が運営している物件情報ポータル)を経由してYahoo!不動産に物件情報を提供しているが、これを民間情報サイトにとどめ、Yahoo不動産には提供しないように定めたという流れがありました。

今は、この提携も解消しおうちダイレクは、おうちクラベルという名称でサービスを提供。

ソニー不動産は、ソニーグループであるSRE不動産が売却サポートを行っています。

教えて! 住まいの先生

教えて! 住まいの先生 で見かけた不動産査定の質問抜粋

  • マイホームの査定をしていただきたいのですが、おすすめの不動産業者などは有りますでしょうか?
  • 遺産分割で、不動産の評価額で、もめています。 築30年の2階建ての一戸建てです。
  • 借地権について 借地権を売るとして価値が全く分かりません。 金額の算定はどのようにするのでしょうか。大体の価値を知りたいのです。
  • 不動産を売却することで悩んでいる主です。 当時は 定住地として購入したのですが 目途が立たず事情により手放すことになりました。
  • 注文住宅を建てて1年2ヶ月です。 諸事情により引っ越してから結構ずっと売却したいと悩んでいます。残債が出るのは承知の上です。

多くの場合、Yahooと比較される楽天。

  • 楽天とヤフーだとどっちの方がいいで?
  • ポイントの貯まりやすさ楽天?ヤフー?

ただ、最近、楽天経済圏が怪しくなってきました。

その中心にいるのが三木谷浩史社長。

  • 2022年度第2四半期決算(2Q)でモバイル事業は営業赤字は2500億円を計上
  • ガーシーさん(東谷義和参議院議員)によるコロナ自粛化のウクライナパーティから始まり、六本木REXで未成年の白人女性を買春等の数々の暴露(Yahoo!知恵袋より)
  • 井川意高さんの「たぶん数年内に楽天、経営危機に陥ります」発言

などなど。

ある意味、”楽天”の屋台骨が崩れつつあるようです。

ちなみに、ヤフー株式会社の親会社はZホールディングス株式会社、その筆頭株主はソフトバンクグループ。

ソフトバンクグループ自体、現状、投資会社に近いのでヤフーとの関係は薄くなっているのが現状でしょう。 Yahoo!不動産

[Yahoo!不動産での売却の進め方]
不動産売却時は、Yahoo!不動産限らず、媒介契約を締結します。

  • 1社とだけ契約する「専属専任媒介契約」
  • 複数の会社と契約する「一般媒介契約」

があります。

担当する不動産会社が決まったら、売却活動が始まります。
Yahoo!不動産に限らず、不動産のサイトに広告を掲載したり、物件チラシを配ったりする会社など様々です。
居住用物件であれば、購入希望者が見学(内見)に来たりします。
家を掃除して綺麗にして内覧者を出迎えましょう。
購入者が決まったら売買契約を締結します。
物件の代金を受け取ったら売却完了です。
自身のローンの残りがある場合はここで精算します。

アプリの口コミ・プレビュー

Yahoo!不動産 は、アプリダウンロードによって利用も可能です。

App Storeプレビューから、口コミを確認しました。

 

Yahoo!不動産 査定から売却

なかなか使いやすい
他社に劣らずの使い勝手で、よく見てます。

特に、似たような条件で売買、賃貸をレコメンドしてくれるのは良いですね。

★一つ引いたのは、以下二点から。

1.保存条件から調べてまた保存条件に戻りたいのに、左上の戻る押すと検索条件に行くのは、使い勝手よくないです。意図を反映してない感じがします。

2.これは元データの問題かもですが、実質同じデータはまとめるなりしてくれると助かります。

 

 

Yahoo!不動産 アプリ

検索に『浴室に窓』は助かる
私にとって重要な『浴室に窓』が検索で選択出来る便利さには感謝です。他に『大型車可』や『ハイルーフ可』を駐車場分野に加わると助かります。

そしてこれも釣りかも知れませんが、問い合わせをさせて『小型犬1匹のみ』と即答して譲らないのなら『ペット相談』と記載しないで欲しい。

都会の物件探しだとペットと車は特に細かい決まりが多く大体問い合わせが必要になる上に、ブラックな店舗(社名を隠しているが大元はTやAだったりするので、平和な暮らしのために違法行為や対応に問題有りな店、担当者は記録しています。無法地帯だからと弁護士さんからアドバイスされました。証拠を残す事が一番役立つと。)意味不明や対応も悪いスタッフによく当たり、更に折り返しが来ない、人によって言う事が違う等々、いちいち面倒くさいし不快。高いお金のやり取りなのに不安満載。

通報はきちんと反映させてください。

話しは逸れますが、

今は楽◯メインですが、Yahoo・PayPayポイント還元も良いのでまた変えようと思いましたが、他社ではゴールドやプレミアムカードの審査が通るしショッピング枠増額にも対応していただけているのに、20年くらい前からずっとプレミアム会員でYahooカードメインでかなり使用していましたが、連絡も無く勝手にカードを止める

という無礼な行為により延滞などブラック要素を増やされた事や、母体のワイジェイカードの攻撃的な対応を思い出し…ので星 −2。(本気でワイジェイカードは何様なのでしょうか。というかYahooさん。)

PayPayカードも引き続きワイジェイカードが管理するとの事で、申し込みをしたはずのPayPayカードが届かないので審査に落ちたのでしょう。プレミアム会員もやめないと。

改めて、楽◯天さんや他社様の対応やクオリティに感謝する機会が出来ました。

※ 物件検索に『浴室に窓』は他にもあります。

 

 

Yahoo!不動産 売却査定

細かい所に良さがある(玄人向け?)
色々なアプリ使ってますが、

中古マンション探してる時に、

築年数表記や坪単価だしてくれるのはこのアプリだけでした。

近隣と比較して高いか安いかの目安にもなるので、

よく地図で探すを利用しつつ、

一覧で坪単価なども見てます。

一般的な探し方じゃないかもしれないですが。笑

学校区とかそういったのもパッとわかったりするといいなと思ったので、更に良くなることを期待して星4つにしました。

 

Yahoo!不動産(ヤフー不動産)の評判口コミ:のメリット・デメリット・特徴 。マンション・不動産売却査定情報サイトの紹介。
今回の記事は、全国対応のYahoo!不動産のメリット、無料査定の依頼したい人、検討中の方へ不動産一括査定サイトの利用方法を解説。
運営会社ヤフーは賃貸物件情報も提供し実績十分のポータルサイトです

Yahoo!不動産 マンション査定

Yahoo!不動産の評判・メリット・デメリット

Yahoo!不動産はポータルサイトとしての不動産情報サイトです。

よって、独自に物件情報を仕入れる・お宝物件をいち早く見つけるという意味では、決して利便性の高いサイトというわけではありません。

ポータルサイトならではのデメリットと言えるかもしれません。

しかし、不動産査定においては地域密着の不動産会社とのコンタクトが可能なので、一括査定サイトや大手不動産とは別の視点からの売却プランの提示・気づきが得られるかもしれません。

不動産査定サイトには、一長一短・メリットデメリットが各々あるのは事実です。

Yahoo!不動産をベースに、
AI査定、一括査定、大手不動産会社とのコンタクト、バリエーション豊かに売却を進めるといいと思います。

PR:不動産査定サイト比較の活用も

リースバックや不動産買取

Yahoo!不動産を紹介する以前に
不動産査定サイトの口コミ・評判を紹介しました。

  • 家・マンションを売るならどこがいいのか?
  • 大手不動産会社と一括不動産査定サイトどちらがオススメか?
  • 不動産査定サイトの口コミ・評判
  • 一括査定サイトを利用すると営業電話・勧誘電話がしつこいのは本当か?

など、不動産売却におけるアドバイスとしても活用してもらえればと思います。
また、リースバック不動産買取も併せてオススメします。

補足:Yahoo!不動産の背景と歴史

Yahoo!不動産は、日本のインターネットサービスの草分けとも言えるYahoo! Japanが提供する不動産情報サービスです。
その背景や歴史、Zホールディングスとの関係、そして過去の提携や業務展開の変遷について補足します。

Yahoo!不動産の背景
1990年代後半から2000年代初頭、インターネットの普及とともに、多くの人々がオンラインでの情報収集を開始しました。
この流れを受けて、Yahoo! Japanは多岐にわたる情報サービスを展開。その一環として、不動産情報の提供を開始し、Yahoo!不動産が誕生しました。

Yahoo!不動産の歴史
初期: Yahoo!不動産は、主に賃貸情報の提供を中心にサービスを開始。
ユーザーは無料で物件情報を閲覧できるという新しいスタイルを取り入れ、多くのユーザーから支持を受けました。
2000年代中盤: 売買物件情報(新築マンション・中古マンション・新築一戸建て)の提供を開始。また、不動産会社との提携を強化し、一括査定サービスなどの新機能を追加しました。
一括査定サービスの開始や、リフォーム・リノベーションに関する情報提供、不動産投資に関するセミナーの開催(空室リスク)など、ユーザーの多様なニーズに応える業務展開
2010年代: ソニー不動産が資本業務提携を結び新たなイノベーションを模索。(現在、解消)
スマートフォンの普及に伴い、アプリをリリース。ユーザーのライフスタイルに合わせたサービス展開に至っています。

Zホールディングスとの関係

Yahoo! Japanは、その後の経営統合を経て、Zホールディングスの一部となりました。
Zホールディングスは、Yahoo! JapanとLINEの経営統合によって誕生した持株会社であり、多岐にわたるインターネット関連事業を手掛けています。
Yahoo!不動産も、Zホールディングスの傘下として、その強力なバックアップを受けながらサービスを展開しています。

よくある質問

Yahoo!不動産の利用料金はかかりますか?

Yahoo!不動産の利用料金は、無料です。物件情報の検索や閲覧、不動産会社への問い合わせなど、すべて無料で利用することができます。

Yahoo!不動産で査定を依頼する場合の注意点は何ですか?

Yahoo!不動産に限らず、査定を依頼する場合は、以下の点に注意しましょう。
★査定結果は、あくまでも目安です。
★査定結果は、不動産会社によって異なる場合があります。
★売却を検討している場合は、複数の不動産会社から査定を依頼し、比較検討しましょう。
査定結果は、あくまでも目安であり、実際の売却価格と異なる場合があります。
また、査定結果は、不動産会社によって異なる場合があります。そのため、売却を検討している場合は、複数の不動産会社から査定を依頼し、比較検討することが大切です。

 

[更新履歴] 2023年10月:記事リライト
2022年6月:画像追加
2021年12月:口コミ追加
2021年6月:新規記事アップ

Yahoo!不動産の一括査定:記事まとめ

Yahoo!不動産の一括査定登録の流れは、文中で紹介した通り簡単登録(60秒)です。

不動産売却時の不動産会社選びは、
大手不動産会社・中小不動産貸家・地場の不動産屋を丁寧に比較しバランスよく媒介契約を進めることも重要です。

  • 売りやすい物件か?
  • 売却に時間がかかりそうな物件か?

都心の不動産売却は、大きな冷え込みはありませんが、地方・田舎に行けば買い叩かれる物件・環境も少なくありません。

上記で説明した通り、Yahoo!不動産は全国対応ですし、広告媒体・販路としてもYahooというブランドを上手に活用できるため、まずは人気の不動産会社に査定・コンタクトしてみてください。

【Yahoo!不動産売却査定の流れ】

  1. 査定を依頼
    Yahoo!不動産公式ホームページから売却したい不動産の情報を選択
    売却したい不動産の物件種別・所在地を選択(10項目程度)
  2. 不動産会社を選択
    売却したい不動産の情報をもとに最適な不動産会社を表示。
    気になる不動産会社を選択して査定依頼(おすすめは2~4社)。
    査定価格の違いや売却活動の内容、担当者との相性などを比較検討できます。
  3. 不動産の詳細情報と連絡先を入力
    Yahoo!不動産の査定に必要な情報を入力(検討状況なども)します。
  4. 査定依頼を送信し、不動産会社から連絡を受け取る
    同意事項に同意して送信すると不動産会社から連絡が届きます。
  5. 不動産会社を比較
    不動産会社ごとに査定金額が違ったり、売却活動の方法が変わります。
    担当者との相性なども比較検討して売却を依頼する不動産会社を決定しましょう。
不動産査定なら
マンション・一戸建て・土地の無料一括査定サービス

売却査定のお申し込みが完了したら
毎月先着30名様に3万円相当のPayPayポイントプレゼントキャンペーン中
(キャッシュバックや割引ではないですが、ポイ活に)
>>Yahoo!不動産の簡単査定はコチラ

《参考サイト》