マンションにねずみが発生したら:ネズミ駆除?買い替え?引っ越し?

マンションにねずみが発生したら ネズミ駆除

かつては木造建築が多く、上下水道が行き届かない住宅環境が多かったので、ネズミと言えば天井の運動会をするクマネズミと、ドブのようにジメジメした場所が好きなドブネズミが一つの家に住み分けて住んでいた時代がありました。

近年では住宅環境が変化し、マンションのような集合住宅に住む人が増えました。
けれども、ネズミはしたたかな動物です。

マンションやビルには縦方向の移動が得意なクマネズミが好んで生息するようになりました。
厄介なことに、このクマネズミは駆除がことさら難しいネズミなのです。

駆除は粘着罠や捕獲かご捕まえたり、殺鼠剤と呼ばれる毒餌を使ったり、あるいは両方の併用で対応します。

そして最も大切なことは「ネズミの侵入口を塞ぐ」ということ。
捕獲するだけで侵入口を塞ぐことをしない限り、エンドレスでネズミがやってくることになります。

マンションでネズミが出た場合は、個人レベルで対応は難しく、専門のネズミ駆除業者に依頼するのが一般的です。

ネズミ駆除はマンションならではの困難さがある

マンションに住むのネズミの特徴

イエネズミと言われるネズミは「クマネズミ」「ドブネズミ」「ハツカネズミ」の3種類です。
マンションに住むほとんどがこの「クマネズミ」といわれています。

高所が得意なクマネズミ

クマネズミはもともと森林に住むネズミなので、高いところが好きです。

したがって同じマンションの建物の中でも、高層階の方が被害が多い特徴があります。
また、温かいのが好きなので、気密性に富み、一年中冷暖房が行き届いたマンションはクマネズミに好都合です。

殺鼠剤にも抵抗力があり、臆病で用心深く、犬なみの賢さを持つといわれるクマネズミは、罠の危険さを学習してしまい駆除が大変困難です。
こういったネズミは「スーパーラット」と呼ばれています。

クマネズミ

地下やジメジメが好きなドブネズミ

地下室や地下部分がある場合、一階が住居スペースの場合、ドブネズミが出るケースも考えられなくはないでしょう。

ドブネズミの場合は襲ってくるほど獰猛な性格をしていますが、知能はそれほどでもないので、比較的捕獲は楽です。

ドブネズミ

荷物に混ざってくることもあるハツカネズミ

小さな体を持つハツカネズミは荷物に紛れ込んで住まいにやってくることもあります。
また、開けておいた窓から侵入することもあるので、2階以上のマンションでも油断せずに網戸にしておいた方がこういう迷惑客を呼ばずにすみます。

【ネズミ駆除業者比較なら】

>> ねずみ110番

ハツカネズミ

 

マンションにネズミが発生しても明確な決まりがない

さて、実際にマンションでネズミが発生してはじめてこの問題を考えることも少なくありません。
大抵の人は自分のところは安泰だろうと思うものですし、管理費を払っているのでなにかあっても大丈夫だろうと漠然と構えていることでしょう。

駆除よりも大変なこと

ところが月々に管理費を払っている場合も、この費用は建物の維持に払っているので、こういった害獣が対象になっていない場合がほとんどです。

したがっていざネズミが出た場合、ネズミ駆除業者を頼むしても、最終的には住人と賃貸マンションの場合は持ち主との話し合いで決めることが多いようです。

住人全員の話し合いが必用

被害にあっている住人はもちろん、気が付かずにネズミに住まれていたということも多いため、マンションの住人全員の話し合いが、問題解決の上で重要になってきます。

ネズミ駆除そのものより、マンションでネズミが出たときの厄介さはここかもしれません。

管理費から出る場合

ネズミが発生する理由にもよって、ネズミ対策にかかる費用は管理費から出る場合があります。

それは建物の問題、例えば老朽化で建物の一部分に隙間ができ、そこから侵入した場合などは管理費からの支払い対象です。

住人が支払う場合

けれども、住人がうっかり開けておいた窓からの侵入だったり、不潔な住環境にしておいた場合は住人側の支払いになります。

要するにケースバイケースということです。

マンションにネズミが発生しても明確な決まりがない

ネズミ駆除はマンションならではの困難さがある

相手はちょろちょろと移動する動物です。
人間の手が届かない場所をみつけ、狭い空間を好んで使います。
マンションの構造による困難さというものもあります。

建物の構造はネズミ好み

マンションではコンクリート壁で囲まれており、また、水道管・ガス管・電線・ケーブルなども建物内に張り巡らされていること。
それらを伝ってネズミは縦横無尽に移動することができます。

冷暖房完備で気密性が高いマンションはネズミ御殿になる可能性を秘めています。

建物全体で対処する必要がある

ネズミをマンションに引き入れた場合、その直後で1部屋だけの問題だったら早急に対処すれば間に合うかもしれません。

ただ、たいていの場合、ネズミの存在に気が付いた時点でもう時すでに遅し、マンションのあちこちにネズミが移動して繁殖していることは多いものです。

住人全員の協力が必要

この場合、住人全員で強力しないと問題はまったく解決しません。

ネズミ駆除業者に頼んだとしても、一軒一軒の承諾を得て防鼠作業をしていくことになります。
世帯数の多いマンションならことさら大変です。

もう一度言います。

ネズミは自らの意志で移動する動物です。

一度に一斉に対処しない限り、罠や殺鼠剤が効かなくなったスーパーラット相手に困難を極めることとなるでしょう。

ネズミ駆除はマンションならではの困難さがある

思い切ってネズミマンションから逃げ出してしまうことも一つの方法

一度、ネズミに目を付けられてた建物というのは、ネズミは見放してくれないものです。
塞いでも塞いでも常に隙間はないか目を凝らし、歯がかかりすれば齧って穴を広げ侵入します。

ネズミは一度自分で開拓した侵入口に執着し続けます。
また指1本あれば小ネズミ、指2本で大人のネズミは侵入してしまいます。

大きなマンションのような建物で、すべての隙間を探すのは実際かなり時間と手間のかかることです。

一度でもネズミの出たマンションに住み続けるということは、ネズミによる衛生的な懸念、またノミやダニといった二次的な被害、さらに心理的なストレスを考えると心が重くなることもあるでしょう。

ネズミ駆除もありますが、リフォームの検討、
思い切って、ネズミのいない他の住まいに移る選択を選ぶケースもあるかもしれません。
それはそれで大変ですが、少なくとも衛生的な不安は解消されることでしょう。

マンション売却の近道

マンションを売るとき、大手に頼めがいいと思っていませんか?

実は、その答え正解です。

理由は、1人でも多くの人に売買している不動産・マンション情報が行き渡るからです。
大手のならではの広告力・資金力で”スーモ”・”アットホーム”・”HOME'S”などでバンバン告知をします。

小さいの不動産会社は、広告予算がまかなえず、広告が1社だけになってしまったり・・・。
場合によっては、不動産流通機構”レインズ”に載せて後は待つだけと言うような不動産会社も実際にあります。

不動産一括査定サイト”すまいValue”は、大手不動産会社へ最短60秒で無料査定が可能です。

住まいバリュー

  • 三菱地所ハウスネット
  • 三井のリハウス
  • 野村の仲介
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 小田急不動産株式会社

相場確認は、マンション売却の第一歩。
すまいValue

 

ネズミがマンションに出た場合まとめ

ネズミは一回で決着することはまずありません。
ネズミ駆除の専門業者が何度も通って対応することになるでしょう。
おそらく、話し合いも含めてゴタゴタは続くことになります。

ネズミに付き合って住み続けるか、他に移るかはあなた次第ということになります。

 

 

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました