屋根塗装・外壁塗装の助成金・補助金紹介:申請方法・流れ、条件、注意点を解説|2024年最新版・都道府県市区町村の情報一覧

《PR》
外壁塗装に使える助成金:都道府県・市町村別、助成金をもらう条件と申請方法、満額もらえるの?いつもらえるの? 外壁塗装

外壁塗装 助成金・補助金制度

家の外壁塗装は、美観を維持するだけでなく、住宅の寿命を延ばす重要な役割を果たします。

しかし、外壁塗装は一般的に高額な費用がかかるため、多くの家庭にとって大きな負担となります。

そこで、多くの自治体が外壁塗装の補助金・助成金制度を提供しています。

この制度を利用することで、
家のメンテナンスを経済的にサポートすることができます。

この記事では、外壁塗装の補助金に関する基本的な情報から申請の方法、活用のポイント、都道府県・市区町村など各自治体の最新情報までを詳しく解説します。

なぜ補助金が出るのか?

自治体は、住民の住環境の向上や地域の美観の保全を重視しています。

外壁塗装は、家の耐久性や防水性を高めるだけでなく、地域の景観を美しく保つ役割も果たします。

また、古くなった家のリフォームや改修を促進することで、住宅の長寿命化やエコリフォームを推進し、環境への負荷を減少させる目的もあります。

これらの理由から、自治体は外壁塗装を奨励し、そのための補助金・助成金を提供しています。

【補助金の金額と条件】

補助金の金額や支給条件は、自治体や補助金・助成金制度の内容によって異なります。

一般的には、工事費用の一部が補助される形となり、上限額や支給率が設定されています。

例えば、工事費用の20%を助成、上限額が20万円などの条件が設けられることが多いです。

また、補助金を受けるための条件として、申請者の所得制限や住宅の築年数、使用する塗料の種類などの条件が設けられることもあります。

【補助金の申請方法】
補助金の申請は、主に市区町村の窓口やホームページで行います。

まず、対象となる工事や補助金・助成金の条件を確認し、必要な書類を準備します。

書類には、見積もり書や工事内容の詳細、申請者の情報などが含まれることが多いです。

準備が整ったら、指定された期間内に申請書とともに提出します。

申請後、審査が行われ、承認されれば支給されます。

【助成金の対象となる工事】

補助金の対象となる工事は自治体によって異なりますが、一般的には外壁塗装や屋根塗装が主な対象となります。

また、断熱改修やバリアフリー改修、エコリフォームなど、環境や安全性を向上させる工事も対象となる場合があります。

具体的な対象工事や条件は、各自治体のホームページや資料を参照することが必要です。

自治体の一部を解説 工事費用を大幅に削減・安くする

《外壁塗装で補助金が受けられる自治体を確認してみました。》

東京都内をまず確認すると、
足立区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区などで補助金の活用が可能という情報がありますが、

  • 受付期間
  • 予算の消化
  • 補助・助成額

など、そのタイミングごとで補助・助成の有無が変わります。

そのため、簡単に補助金の有無が確認できるツールを紹介します。

株式会社Speee(東京証券取引所 スタンダード市場 証券コード:4499)が

外壁塗装・屋根塗装のおすすめ会社紹介サービス”ヌリカエ”は、

下のように、補助金もわかる相場算定サイトを提供しています。

外壁塗装 補助金

・外壁塗装の見積もりサイト
・外壁塗装業者紹介サイト
はありますが、

「補助金の確認は施工会社で確認してください。」

という投げっぱなしの場合が大半です。

ヌリカエは、見積比較の段階で、補助金の有無・補助金額が確認できるため、

最安値での見積比較が可能です。

補助金・助成金は市区町村によって予算や期限が異なるため、まずは、確認してみてください。

外壁塗装 補助金 東京都
外壁塗装・屋根塗装・耐震改修、それ以外などの相談や見積もりの可能、補助金対策なら
>>助成金の確認はコチラから

外壁塗装の助成金・補助金をもらう方法・受けるための流れ 補助金制度を実施の確認をしましょう

補助金を受けるためには、事前にいくつかの確認が必要です。

まず、自身が住む市区町村が外壁塗装の補助金制度を実施しているかを確認しましょう。

次に、補助金の対象となる工事や条件、金額の上限、申請期間などの詳細を確認します。

これらの情報は、自治体のホームページや資料、窓口で入手できます。

また、補助金の申請に必要な書類や手続きの流れも事前に確認しておくとスムーズに申請が進められます。

  1. 見積もりの取得
    補助金・助成金の申請には、塗装業者からの見積もりが必要となります。

    複数の業者から見積もりを取得することで、適正な費用や工事内容を比較・検討することができます。

    見積もりを取る際は、工事の詳細や使用する塗料の種類、工事期間などを明確にしてもらうよう依頼しましょう。

  2. 申請書の提出
    補助金の申請書は、自治体のホームページからダウンロードできるケースが多いです。

    申請書には、申請者の情報や工事項目、見積もりの金額などを記入します。

    また、必要書類として、見積もり書や住民票のコピー、工事前の住宅の写真などが求められることがあります。

    すべての書類を揃えたら、指定された期間内に市区町村の窓口に提出します。

  3. 工事の実施
    申請が承認されたら、工事を開始します。

    工事中は、業者との連絡を密に取りながら進めていきましょう。

    また、工事が完了したら、その後のメンテナンスやアフターケアについても業者に確認しておくと良いでしょう。

    工事完了後、補助金の受け取りに必要な書類や手続きがある場合もあるので、自治体の指示に従って進めてください。

外壁塗装時の補助金・助成金制度、利用の際の注意点 対象とならないケース

補助金の申請には、自治体ごとに定められた期間が存在します。

この期間外に申請を行うと、補助金の対象とならないケースがあります。

申請期間は、毎年度の予算や補助金制度の内容によって変動することがあるため、事前に自治体のホームページや窓口で正確な情報を確認することが重要です。

また、申請期間の開始直後は混雑が予想されるので、早めの手続きを心がけましょう。

【補助金の上限額】
補助金には、支給される金額の上限が設定されています。

この上限額は、自治体や補助金制度の内容によって異なります。

例えば、工事費用の20%を補助・助成する場合でも、上限が20万円と定められている場合、工事費が100万円を超える場合でも補助金は20万円までとなります。このような条件を事前に確認し、工事費用とのバランスを考慮しながら計画を立てることが必要です。
外壁塗装 補助金 千葉県

【対象外の工事】
補助金の対象となる工事は自治体や制度によって限定されている場合が多いです。

例えば、一部の塗料や施工方法が補助・助成の対象外となっていることがあります。

また、簡単な補修や部分的な塗装、新築時の塗装など、特定の条件下での工事が対象外となることも考えられます。

補助金を活用するためには、事前に対象となる工事の詳細を確認し、計画を進めることが重要です。

【補助金の受け取り】

補助金の受け取りは、工事が完了し、必要な書類を自治体に提出した後に行われます。

受け取りに必要な書類には、工事完了の報告書や領収書、工事後の住宅の写真などが含まれることが多いです。

書類が承認されると、指定された口座に補助金が振り込まれます。

なお、補助金の受け取りには期限が設けられている場合があるので、その点も注意が必要です。

外壁塗装 補助金 大阪
>>補助金・助成金の確認はコチラから

補助金を活用した外壁塗装工事のメリット 家の外観・家の価値向上を考えたい方

費用の軽減
外壁塗装は一般的に高額な費用がかかるため、多くの家庭にとっては大きな負担となります。
補助金を活用することで、工事費用の一部を補助してもらえるため、実質的な費用を大幅に軽減することができます。
例えば、工事費が100万円の場合、20%の補助が受けられれば、実質的な費用は80万円となり、20万円の経済的な負担を軽減することができます。
高品質な塗料の利用
補助金を活用することで、予算内でより高品質な塗料を選択することが可能となります。
高品質な塗料は、耐久性や防水性、紫外線からの保護性能が高いため、長期間美観を保つことができます。
また、特定の環境対応塗料や健康に配慮した塗料を選ぶこともでき、住環境の向上にも寄与します。
住宅の価値向上
外壁塗装を行うことで、家の外観が美しくなるだけでなく、家の価値も向上します。
特に、高品質な塗料を使用することで、長期間の耐久性や保護性能が向上し、家の寿命を延ばすことができます。
これにより、将来的なリセール時の価値も上がる可能性があります。
省エネ・エコリフォームの推進
補助金制度の中には、省エネやエコリフォームを推進する目的で提供されるものもあります。
断熱塗料や太陽光を反射する塗料を使用することで、室内の温度を適切に保つことができ、冷暖房の負担を軽減することができます。
これにより、エネルギー消費を削減し、CO2排出量の削減にも寄与することができます。

塗料の種類
ラジカル制御形塗料・シリコン塗料・フッ素塗料・無機塗料・ウレタン塗料・アクリル塗料・遮熱・断熱塗料・ピュアアクリル塗料・ナノテクノロジー塗料・光触媒塗料・含浸塗料・漆系塗料

住宅の外壁塗装の流れを紹介

外壁塗装の工期は、1週間~2週間が目安です。

  1. 【足場設置】
    外壁塗装において、1.2を争う重要度の足場。
    塗装をスムーズに進めるための職人の導線の確保、また安全な作業のために重要です。
    足場の設置後は、塗料等が近隣の飛ばないように養生ネットを張ります。
    外壁塗装 補助金 埼玉県
  2. 【高圧洗浄】
    外壁の汚れやコケ、カビを高圧洗浄機の水圧で洗浄します。
    外壁塗装 補助金 横浜市
  3. 【養生作業】
    高圧洗浄のあとは、塗装時に窓などに汚れが付かないように養生作業。
  4. 【下処理・クラック処理】
    • 外壁の亀裂・ヒビであるクラックの補修
    • 傷んでいる箇所の修理(コーキング)
    • 塗装面を目慣らし

    等を行います。
    下地処理は非常に重要です。
    外壁塗装 補助金 愛知県

  5. 【塗装(下塗り・中塗り・上塗り)】
    外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3工程で塗っていきます。

    壁と塗料の密着性を高める下塗りに始まり、
    中塗り・上塗りで厚み・強度をもちろん見栄えを含めて整えていきます。

  6. 【細部の塗装】
    破風はふ雨樋あまどいなどの細部の塗装
    外壁塗装 補助金 福岡

  7. 【足場解体・点検】
    足場の解体前にチェックを行い点検・手直しを行います。
    養生・足場を撤去し完成、作業完了です。
  8. 【アフターフォロー・アフターサービス】
    作業後も不具合があった場合の補修等、5年・10年等のアフターフォロー・アフターサービス

参考ページ:外壁塗装の口コミ・評判

よくある質問・Q&A:一般的に何万円の金額・いつ受け取れる? 利用条件・申請費用・工事内容・注意点・補助対象を確認

どのような住宅が補助金の対象となりますか?

一般的には、特定の築年数以内の住宅や特定の条件を満たす住宅が対象となりますが、詳細は各自治体の補助金制度の内容によります。

補助金の申請はいつ行えますか?

申請期間は自治体ごとに異なります。各自治体のホームページや窓口で正確な情報を確認してください。

上限額はどのくらいですか?

補助金の上限額は、自治体や補助金制度の内容によって異なります。具体的な金額は各自治体の情報を参照してください。

申請に必要な書類は何ですか?

一般的には、見積もり書や工事内容の詳細、申請者の情報などが必要ですが、詳細は各自治体の要件によります。

はいつ受け取れる?

工事が完了し、必要な書類を提出・承認された後に受け取ることができます。

申請をすると、どのくらいの費用が軽減されますか?

補助金の支給率や上限額によりますが、一般的には工事費用の一部が補助されます。

申請をしたが、不承認となった場合の対処方法は?

不承認の理由を自治体から確認し、必要な書類の再提出や条件を満たすための対応を検討してください。

申請をする際の注意点は?

申請期間や必要書類、補助・助成金の上限額や支給条件など、各自治体の補助金の詳細をしっかりと確認して、申請を進めることが重要です。

外壁塗装 補助金 神奈川

最新:都道府県・市区町村・各自治体別の補助金について情報一覧 外壁塗装・屋根塗装・リフォーム業者

都道府県・市町村別の補助金情報をお願いします。

外壁塗装の補助金情報は、各自治体によって実施の有無も、タイミングも補助・助成額も変わります。

よって、小まめに確認が必要ですが、北海道から沖縄まで、各自治体の補助金情報をまとめました。

北海道地方

 北海道

東北地方
 青森県

 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

関東地方
 茨城県

 栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県

中部地方
 新潟県

 富山県  石川県  福井県  山梨県  長野県  岐阜県  静岡県  愛知県

近畿地方
 三重県

 滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県 外壁塗装 助成金 兵庫県
中国地方
 鳥取県  島根県  岡山県  広島県  山口県

四国地方
 徳島県

 香川県  愛媛県  高知県

九州・沖縄地方
 福岡県

 佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県
 
屋根塗装・外壁塗装の助成金・補助金紹介:申請方法・流れ、条件、注意点を解説|2024年最新版・都道府県市区町村の情報一覧

外壁塗装の助成金・補助金についていくら受け取れる?
費用削減が可能なケースが気になるでしょう。
本記事は屋根塗装工事の際の補助金制度・助成金制度を利用したリフォームを検討の方に助成金をもらうための流れ、申請方法や条件、注意点を解説まとめました。
2024年最新、各自治体都道府県市区町村の情報一覧もご紹介、是非参考ください。

受け取れる条件は自治体によって違い、以下のようなパターンが多く見受けられます。
☆申請する自治体に住宅がり、自らが所有し、自らが居住する建築物
☆工事費の1/3・1/5・20%・30%(上限12万円・25万円・45万円・50万円・新築補助額+50万円等)
☆工事に要する費用が10万円以上・30万円以上であること。
☆バリアフリー等の場合、65歳以上の高齢者のみの世帯等

外壁塗装/屋根塗装 補助金;記事まとめ 業者選択・補助金の制度を最大限に活用

外壁塗装の補助金・助成金は、家のメンテナンスをサポートするための非常に有益な制度です。

この制度を知り、適切に活用することで、外壁塗装の費用を大幅に削減・安くすることができます。

また、補助金を利用することで、より高品質な塗料や工事を選択することも可能となります。

しかし、補助金の申請や受け取りには一定の条件や手続きが必要です。

この記事を参考に、補助金の制度を最大限に活用し、住宅の美観と耐久性を長く保つためのサポートを受けましょう。

《参考サイト》
助成金・補助金の確認・外壁塗装の見積り依頼なら
株式会社Speee (Speee, Inc.)
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階

外壁塗装 補助金 北海道
塗装工事を安くしたい方、補助金を使って賢くリフォームしましょう
>>補助金の確認はコチラから