プロレバの評判口コミ:弁護士監修の火災保険の申請・火災保険申請サポート。被害箇所の現地調査や見積書や被害報告書の作成なで

《PR》
プロレバの評判口コミ:弁護士監修の火災保険の申請・火災保険申請サポート。被害箇所の現地調査や見積書や被害報告書の作成なで プロレバ
外壁塗装で失敗しないためには、

たくさんの情報をインプットし比較することです。

①「助成金・補助金を活用した見積もり比較
②「火災保険の活用チェック(50万円以上の削減可能)
③「外壁塗装プランの比較
この3つの比較が非常に重要です。

ただ、
未だに悪徳業者・訪問販売等の苦情は
毎日、国民生活センターに寄せられています。

特に、初めて補助金を活用した外壁塗装を行う方は
補助金・外壁塗装プラン・不安や悩み・・・など、
なんでも相談できる担当者選びが
成功・失敗の分かれ道
になります。

助成金・補助金の確認は一括見積もりサイトで

そこでオススメしたいのが、
  • 補助金・補助金・火災保険情報を確認できる
     
  • あなたの地域の優良業者が確認できる

外壁塗装見積り

ヌリカエの活用です。

簡単60秒で入力完了!
助成金・火災保険が貰えるか調べてみる
外壁塗装 一括見積もり

 

プロレバ

突然の火災、大切な家や住環境が被害を受け、途方に暮れているあなたへ。

火災保険金の請求は、複雑な手続きや専門的な知識が必要となり、ご自身で対応するのは大変ですよ。

示談交渉や過剰査定のリスクもつきまとい、不安な気持ちでいっぱいではないでしょうか。

そんなあなたに、今回ご紹介したいのが、弁護士監修の火災保険申請サポート「プロレバ」です。

プロレバは、経験豊富な弁護士と専門スタッフがチームとなり、お客様一人ひとりに寄り添い、迅速かつ適切な火災保険金の請求をサポートしてくれます。

本記事では、プロレバのサービスの特徴、活用するメリット・デメリット、利用者の口コミ・体験談、またよくある質問まで徹底解説します。

火災保険の申請なら
火災保険や地震保険の申請は個人だと認定されにくいため、個人の代わりに保険や不動産の専門家がサポート。

対象エリア 都道府県
首都圏 東京神奈川千葉埼玉茨城群馬栃木山梨
東北 北海道宮城岩手青森秋田山形福島
北陸 新潟石川富山福井
九州 長崎佐賀福岡大分熊本宮崎鹿児島
中国地方 山口

>>プロレバ公式サイトへ

『プロレバ』とは

火災保険は、火災だけでなく、様々な災害で被害を受けた際に役立つ保険です。

しかし、いざという時に慌ててしまうと、申請内容や手続きを忘れてしまったり、損をしてしまうこともあります。

そこで、火災保険に関する意外と知られていない3つのポイントを紹介します。

申請できる災害

火災保険で申請できる災害は、火災以外にも様々あります。

代表的なものをいくつかご紹介します。

水災 台風や豪雨などによる洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ等の水災の損害を補償します。

風災・雹災・雪災 台風や竜巻、雹、大雪や雪崩などによって建物や家財が損害を受けた場合に補償されます。
落雷 落雷によって建物や家財が損害を受けた場合に補償されます。

破裂・爆発 ガス漏れやボイラーの爆発などによって建物や家財が損害を受けた場合に補償されます。
その他の特約 上記以外にも、地震保険や盗難保険などの特約を付帯することで、様々な災害に備えることができます。

申請期限

火災保険の申請期限は、火災やその他の災害が発生した日から計算して3年とされています

期限内に申請を行わないと、保険金を受け取る権利が失われる可能性があります

この期間は被害の評価を行い、必要な書類を整え、申請を完了させる必要があります。

何度でも大丈夫

火災保険金は、保険契約期間中に何度でも請求することができます。

例えば、台風で家が被害を受け、火災保険金を請求した後に、別の台風で再び被害を受けた場合でも、2回目の請求が可能です。

ただし、保険料の支払い状況や契約内容により異なるため、具体的なケースに応じて専門家に相談することをおすすめします。

火災保険は、いざという時に備えて加入しておきたい重要な保険です。

台風や大雪などの被害に遭った場合、3年を超えると給付金は受け取れません。

被害を放置すると100万円以上の給付金を損することになります。

今回ご紹介した3つのポイントを参考に、ご自身の火災保険の内容を今一度確認してみてはいかがでしょうか。

もし、火災保険金の請求について不安な点や疑問点があれば、プロレバに相談ください。

経験豊富な弁護士と専門スタッフが、お客様一人ひとりに寄り添い、迅速かつ適切な火災保険金の請求をサポートしてくれます。

火災保険申請サポートなら”プロレバの3つ強み”

[高い承認率と認定金額を実現するデータ分析力]

火災保険申請で難しいのは、保険会社に被害を認めてもらい、適切な額の保険金を受け取ることです。

しかし、プロレバは過去の膨大なデータ分析に基づき、96%という高い承認率と、他社比28%増の認定金額を実現しています。

具体的には、以下のようなデータ分析を行っています。
★類似事例の分析
★地域別・保険会社別の傾向分析
★被害状況ごとの分析
これらの分析結果を基に、お客様の案件に最適な請求方法を導き出し、確実に保険金を受け取れるようサポートしています。
プロレバ
[弁護士監修:弁護士による信頼のサポート]

プロレバは、飯田橋法律事務所の弁護士 中野雅也 先生が監修しており、法的な観点からもお客様の権利を守ります。

また、熟練の火災保険調査員が、調査・資料作成・保険会社との折衝まで、責任を持って申請をサポートしてくれます。

[Googleで★★★★★!比較サイトで1位を獲得]

プロレバは、火災保険申請比較.com で 1位 を獲得するなど、数多くの比較サイトで高評価を得ています。

特に、以下の点が評価されています。
★承認率・認定金額の高さ
★弁護士監修による安心感
★丁寧なサポート
また、Google の口コミ評価も満点の星5つと、多くのお客様から喜びの声が寄せられています。

プロレバは、高い専門性と豊富な経験に基づいて、お客様一人ひとりに寄り添った火災保険申請サポートを提供しています。

給付実績を紹介

給付金額 1,931,540円
保険会社 日新火災
築年数 40年
構造 木造
申請内容 雪災
被害箇所 雪による屋根回りの雨どいの変形、テラスの支柱の変形

地震災害により心配とのことで申し込み頂きました。
調査した結果、雪の重みにより屋根廻りの雨どいが垂れて変形しており、テラスの支柱も変形していることが判明しました。
このように思いがけない災害から被害箇所が見つかるケースもあります。
雪での災害は被害箇所が多く出る可能性があるので少しでも心配な方はご相談ください。
プロレバ 火災保険

給付金額 778,749円
保険会社 損保ジャパン
築年数 21年
構造 木造
申請内容 風災
被害箇所 台風による強風で棟スレート瓦が破損

木造住宅で強風により、ストレート瓦が吹き飛んでおり屋根業者に応急処置をしてもらった直後に調査依頼の申し込みがあった物件でした。
屋根を中心に調査したところその他にも複数の被害箇所が見つかりました。被害が発生した場合には、まずは専門家に相談することをお勧めします。

給付金額 2,977,997円
保険会社 東京海上日動
築年数 29年
構造 鉄筋コンクリート造
申請内容 風災
被害箇所 強風と飛来物による受水槽ラッキング被害

今回の物件は、風災による被害が多く見つかりました。
その中で、受水槽のラッキング被害はお客様が全く認識しておらずその他の被害も含め見積額2,737,245円に対して、2,977,997円と認証率100%超えで保険金がおりました。

給付金額 1,636,452円
保険会社 東京海上日動
築年数 80年
構造 木造
申請内容 風災
被害箇所 台風の強風による屋根瓦の変形被害

今回の物件では、台風被害による屋根瓦のズレ、雨樋の垂れなどの変形被害が見つかりました。
1,517,683円の見積もり金額で申請したところ1,636,452円の保険金が認定されました。

給付金額 1,437,536円
保険会社 AIG
築年数 31年
構造 木造
申請内容 風災
被害箇所 強風による屋根のひび割れ

今回の物件では風災による屋根材の破損、めくれ、軒樋の変形被害が見つかりました。
屋根材の被害は素人の方ではなかなか見つけることができないので定期点検も兼ねて現地調査を依頼することをおすすめします。
申請金額1,266,455円に対して、認証率100%超えの1,437,536円の保険金が認定されました。
プロレバ 火災保険申請代行

他社との比較

プロレバ
同業他社A 同業他社B 同業他社C
調査員 火災保険調査人 工務店等 自社社員 建築士等
手数料 28% 35%前後 33%~ ×40%
キャンセル料 なし なし ×数万円 ×数万円
認定率 96% 70%前後 90% 80%前後
弁護士監修 あり ×なし あり ×なし
業者紹介 紹介や営業は対象外 リフォーム業者等    なし リフォーム業者等
給付額 102万円 80万円前後 91万円 110万円
ドローン調査 ×高度カメラ あり ×なし あり

プロレバの口コミ・評判

プロレバについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い感想・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトにお客様の声(体験談・口コミ)が記載されていたので掲載内容を紹介します。

プロレバ 口コミ

認定受取額113万円
知人から紹介され無料調査を利用しました。仕事は丁寧で、とても感じの良い調査人でした。 実はあまり被害の認識はなかったんです。でもいざ調査してみると、屋根に被害が見つかり110万円ほどの給付金を受け取りました。

プロレバ 評判

認定受取額163万円
他社にも問い合わせしたのですが、対応が良かったのでプロレバに決めました。怪しい業者は嫌ですから。うちは大雪の地域なので屋根や雨樋の痛みが気になってました。 結果的に被害があったみたいで、十分な給付金をもらいました。

火災保険申請 よくある質問

認定受取額105万円
前に手数料の安さにつられてネット最安の業者に依頼したところ、申請不可となり散々でした。今回は弁護士がサポートする点や、独自のデータ分析力に期待して、火災保険申請サポートのプロレバに依頼して大正解でした。

 

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

プロレバについて疑問・悩み・不安においてよくある質問・Q&Aを公式サイトから抜粋し紹介します。

火災保険調査人の調査と、よくある工務店やリフォーム業者の調査の違いは何ですか?

火災保険調査人は、一級建築士や損害保険鑑定人、土地家屋調査士、一級施工管理技士、プロの保険調査員など、長年火災保険申請の実績を積んだ専門家です。

そのため、被害状況の調査方法や書類作成のクオリティが、一般的な工務店やリフォーム業者とは根本的に異なります。

具体的には、以下のような点が大きく異なります。
☆専門知識に基づいた調査: 火災保険調査人は、火災保険に関する専門知識を活かして、損害の程度を正確に判断することができます。
☆書類作成の精度: 火災保険調査人は、保険金請求に必要な書類を作成することができます。誤字脱字や不備のない書類を作成することで、保険金の支払い手続きをスムーズに進めることができます。
☆証拠収集能力: 火災保険調査人は、写真撮影や損害状況の記録など、保険金請求に必要な証拠を収集することができます。

調査では具体的にどのようなことをするのですか?

火災保険調査人は、主に以下のことを行います。

  • 被害状況の確認: 火災保険調査人は、建物の内外を調査し、被害状況を詳細に確認します。
  • 写真撮影: 火災保険調査人は、被害状況を記録するために写真撮影を行います。
  • 損害状況の記録: 火災保険調査人は、被害状況を記録するために、メモやスケッチを行います。
  • 必要書類の作成: 火災保険調査人は、保険金請求に必要な書類を作成します。
調査は本当に無料なのですか?

はい、調査は一切無料です。
交通費などの実費、書類作成代、火災保険調査人や弁護士への報酬なども、すべてプロレバが負担します。

ただし、調査後のキャンセルは原則できません。
止むを得ない事情でキャンセルされる場合は、事前に相談が必要です。

調査後、保険金が支払われなかった場合は、費用はどうなりますか?

調査後、保険金が支払われなかった場合でも、お客様が費用を負担することは一切ありません。

書類作成は有料ですか?

いいえ、書類作成も無料です。
火災保険調査人と弁護士が、お客様に代わり、必要書類を作成してくれます。

被害があるかどうか分からないのですが、調査を依頼できますか?

はい、被害の有無に関わらず、調査を依頼することができます。

火災保険は、加入者様自身が被害を認識していない場合でも、補償を受けられるケースが多くあります。

古い木造住宅でも調査は可能ですか?

はい、木造住宅でも調査は可能です。
むしろ、木造住宅は被害を受けやすい傾向にあるため、保険金が期待できる可能性が高いです。

過去に発生した被害も調査できますか?

はい、過去3年以内に発生した被害であれば、調査することができます。

ただし、国が指定する特定の災害(激甚災害等)については、3年以上経過していても請求可能な場合があります。

調査で被害が確認できなかった場合はどうなりますか?

調査で被害が確認できなかった場合でも、費用は一切発生しません。

複数物件の調査も可能ですか?

はい、複数物件の調査も可能です。

また、親族やお知り合い等を紹介していただいた場合には、謝礼のキャンペーンもあります。

調査はいつ来てもらえますか?

最速で翌日に調査してくれます。

火災保険調査人のスケジュールを確認し、お客様の希望の日程に調整します。

土日祝日でも対応しています。

火災保険の給付金とは何ですか?

給付金とは、火災や風災などの被害を受けた際に、保険会社から支払われるお金です。
建物の修理費用や家財の弁償費用などに充てることができます。

どのような保険が対象ですか?

大半の民間火災保険や共済が対象となります。
保険証券の写真を送信することで、プロレバで対象かどうかを確認してくれます。

いくらくらい給付金を受け取ることができますか?

給付金の額は、加入状況や築年数、被害の程度によって異なりますが、一般的には50万円~150万円程度です。

プロレバの直近の平均給付金は約102万円です。

給付金が受け取れない場合もあるのですか?

はい、被害状況によっては、給付金が受け取れない場合もあります。

プロレバでは、成果報酬のため、給付金が支払われなかった場合でも、費用負担に必要はありません。

本当に給付金が受け取れるんですか?

被害状況次第ではありますが、プロレバの調査を受けたお客様のうち、90%以上の方が給付金を受け取れています。

一見被害がないように見えても、調査で被害が確認できるケースも多くあります。

給付金はいつ頃受け取れますか?

給付金の受け取り時期は、調査内容や保険会社によって異なりますが、一般的には調査から1ヶ月半前後です。

早い場合は3週間程度で受け取れることもありますが、保険会社が混雑している場合は2ヶ月半ほどかかる場合もあります。

一度給付金を受け取ると、保険金が上がったりするんですか?

火災保険は自動車保険とは異なり、等級制度がないため、申請したことで保険金が上がったりすることはありません。

また、何度でも給付金を請求することができます。

火災保険は何度使えますか?

火災保険は、被害のたびに何度でも使うことができます。

ただし、申請した箇所を直さずに同じ箇所を再申請することはできません。

給付金は必ず被害箇所の修復に使わなければいけないんですか?

給付金を必ず被害箇所の修復に使わなければならないという決まりはありません。

ただし、次の災害に備えるためにも、最低限の修理はおすすめしています。

なお、プロレバでは修理やリフォームは一切承っておりません。

築10年未満の建物でも給付金は受け取れますか?

築年数が古いほど、自然災害に対して弱いため、火災保険が給付されやすいのは事実です。

しかし、築10年未満の建物でも被害があれば、当然給付金を受け取ることができます。

また、地震保険など別の保険で給付を受けられる可能性もあります。

手数料とは何ですか?

手数料とは、プロレバが火災保険金の請求をサポートさせていただく対価として頂戴する報酬です。

手数料は、給付金を受け取った後のみ発生し、率は28%(税込30.8%)です。

給付金が受け取れなかった場合、費用は一切かかりません。

業界の手数料相場はどのくらいですか?

火災保険請求サポートの業界の手数料相場は、一般的に35%~40%と言われています。

プロレバの手数料は、業界平均よりも低く設定しております。

ぜひ、他社と比べてみてください。
参考ページ:以前紹介した建物修理ドットコムは33%です。

火災保険の証券は必要ですか?

はい、火災保険金の請求には、保険証券が必要です。

保険証券がないと、必要な情報を確認できず、請求が難しい場合があります。

Amazonギフト券は必ずもらえますか?

Amazonギフト券は、火災保険金の請求が認定され、保険金の支払いが確定した場合にプレゼントされます。

関連ページ:Amazonギフト券がもらえる不動産投資相談

プロレバと他社との主な違いは何ですか?

プロレバの最大の特徴は、蓄積されたデータを分析し、申請の認定率や認定金額を高める能力にあります。
データ分析専門のスタッフが在籍しており、これにより他社にはない高い成果を出しています。
また、調査には専門の火災保険調査人が担当し、一般の工務店やリフォーム業者とは異なる高品質なサービスを提供しています。
プロレバ お問合せ

19,000件の実績は本当ですか?

はい、本当です。
プロレバは設立以来、約10年間で19,000件以上の調査を実施しており、多くの実績を積んでいます。

プロレバについてあまり聞いたことがないのですが?

プロレバはこれまで主に口コミや紹介で事業を展開してきました。
インターネットでの展開は最近始まったばかりで、そのため知名度がまだ低い可能性があります。

認定率とは何ですか?

認定率とは、申請した保険金が実際に支払われる確率を指します。
業界平均は60%前後ですが、プロレバは90%以上の高い認定率を誇ります。

違法性はありませんか?

いいえ、違法性はありません。
プロレバでは弁護士の監修のもと、法律に則った正当なサービスを提供しています。

リフォームは依頼できますか?

リフォームの施工は行っておりません。
また、リフォーム業者の紹介もしておりません。

補助金・助成金を活用したリフォームなら
キッチンリフォームで使える補助金・助成金制度
家を建てる(注文住宅)時の補助金・支援金

メールでのやり取りが苦手な場合、どうすればいいですか?

安心ください。
お客様が使いやすい通信手段で対応可能です。
電話やLINEなど、希望のツールをお知らせください。

プロレバのお問い合わせ:まとめ記事

プロレバは、専門的なデータ分析と経験豊富な火災保険調査人により、高い認定率と認定金額を実現している火災保険申請支援会社です。

データ分析を活用して保険申請の成功率を向上させることに特化しており、累計19,000件以上の調査実績を持ちます。

プロレバはこれまで口コミと紹介だけで事業を展開し、最近になってインターネットを通じた情報提供を始めました。

リフォームや業者の紹介は行っていないものの、火災保険の申請に際しては、法律に則った適正なサポートを提供しており、クライアントにとって最大のメリットを追求しています。

顧客対応においては、電話やLINEなど、顧客が便利と感じる方法で対応を行っています。

申請の流れ:4つのステップ

プロレバは、火災保険金の請求手続きをお客様に代わって行います。

お客様がしていただくことは、以下の4ステップだけです。

  1. STEP① 現地調査
    火災保険調査人が自宅を調査します。
    所要時間は約1時間です。
    調査の日程は、お客様の都合に合わせて調整しれます。
  2. STEP② 書類作成
    弁護士と連携して、専門的な書類を作成します。
    給付金の額を決める重要な作業です。
    作成された書類は、お客様に確認いただいた後、提出します。
  3. STEP③ 書類申請
    保険会社へ書類を申請します。
    申請方法は、郵送またはオンラインから選ぶことができます。
  4. STEP④ 給付金振込
    保険会社が給付金の額を確定させます。
    3~6週間程度で、給付金がお客様の口座に振り込まれます。
    ※給付金の支払い時期は、保険会社や被害状況によって異なる場合があります。
火災保険の申請なら
火災保険や地震保険の申請は個人だと認定されにくいため、個人の代わりに保険や不動産の専門家がサポート。

>>プロレバ公式サイトへ

《参考サイト》