建物修理ドットコムの評判・口コミ:台風や地震等の自然災害で火災保険や地震保険を活用した屋根修理、建物修理のエキスパート

《PR》
建物修理ドットコムの評判・口コミ:台風や地震等の自然災害で火災保険や地震保険を活用した屋根修理、建物修理のエキスパート 建物修理ドットコム
外壁塗装で失敗しないためには、

たくさんの情報をインプットし比較することです。

①「助成金・補助金を活用した見積もり比較
②「火災保険の活用チェック(50万円以上の削減可能)
③「外壁塗装プランの比較
この3つの比較が非常に重要です。

ただ、
未だに悪徳業者・訪問販売等の苦情は
毎日、国民生活センターに寄せられています。

特に、初めて補助金を活用した外壁塗装を行う方は
補助金・外壁塗装プラン・不安や悩み・・・など、
なんでも相談できる担当者選びが
成功・失敗の分かれ道
になります。

助成金・補助金の確認は一括見積もりサイトで

そこでオススメしたいのが、
  • 補助金・補助金・火災保険情報を確認できる
     
  • あなたの地域の優良業者が確認できる

外壁塗装見積り

ヌリカエの活用です。

簡単60秒で入力完了!
助成金・火災保険が貰えるか調べてみる
外壁塗装 一括見積もり

 

建物修理ドットコム

近年、異常気象の影響で、台風や地震などの自然災害による被害が各地で増加しています。

突如襲い来る災害は、住まいや生活に甚大な被害を与えてしまいます。

特に、屋根は被害を受けやすく、放置すれば雨漏りなどの二次被害を引き起こす可能性も高くなります。

しかし、ご安心ください。

火災保険や地震保険に加入していれば、被災した屋根の修理費用を補償してもらえる場合があります。

そこで今回は、台風や地震等の自然災害で火災保険や地震保険を活用した屋根修理に強みを持つ「建物修理ドットコム」をご紹介します。

建物修理ドットコムは、豊富な経験と知識を持つ専門スタッフが、お客様の状況に最適な火災保険・地震保険のプランを提案し、申請手続きから修理までワンストップでサポート。

お客様の負担を最小限に抑え、安心・安全な住まいづくりをお手伝いします。

本記事では、建物修理ドットコムのサービスの特徴、活用するメリット・デメリット、利用者の口コミ・体験談、またよくある質問まで徹底解説します。

関連ページ:火災保険を利用して外壁塗装を行う方法
適用条件とそのための準備、外壁塗装会社選びのポイント

『建物修理ドットコム』とは

台風や地震などの自然災害による屋根や瓦の破損については、火災保険や地震保険が大きな助けとなることがあります。

火災保険は通常、自然災害による建物の損害をカバーしており、地震保険は地震、噴火、津波による直接的な被害をカバーします。

保険の適用を受けるには、保険契約時に自然災害補償が含まれているかを確認し、被害が発生した場合には速やかに保険会社に連絡し、必要な書類を準備する必要があります。

具体的には、被害の写真、修理見積もり書、警察や消防の報告書などが求められることが一般的です。

これらの手続きを適切に行うことで、保険からの補償を受け、修理費用の一部または全額をカバーすることができます。

火災保険

火災保険は、火災だけでなく、台風や竜巻、突風、ひょう、雪などの自然災害による風災・ひょう災・雪災の被害も補償します。

ただし、経年劣化による損害は補償されない点に注意が必要です。

火災保険で屋根修理が補償される主な例

・強風で屋根瓦が飛んでしまった
・台風による暴風雨で雨漏りが生じた
・台風による暴風が原因での漆喰や雨樋の破損
・台風による暴風が原因での棟板金のズレや浮き

火災保険で屋根修理を申請するには?
  1. 火災保険会社に被災状況を連絡する
  2. 必要書類を提出する
  3. 保険会社が損害状況を調査する
  4. 損害額が確定したら、保険金が支払われる
火災保険とは?
火災保険の補償範囲はどこまで?
外壁塗装・リフォームも大丈夫?地震保険との違いなど火災保険の基本から選び方

地震保険

地震保険は、地震や噴火による火災、建物全壊または一部損壊の被害を補償します。

火災保険と異なり、経年劣化による損害も補償されます。

地震保険で屋根修理が補償される主な例

・地震の揺れで屋根瓦がずれ落ちた
・地震の揺れで屋根棟が破損した
・地震の揺れで雨樋が破損した

地震保険で屋根修理を申請するには?
  1. 地震保険会社に被災状況を連絡する
  2. 必要書類を提出する
  3. 保険会社が損害状況を調査する
  4. 損害額が確定したら、保険金が支払われる

火災保険で屋根修理を活用するための条件

風災・ひょう災・雪災が原因であること
台風や竜巻、雹などの自然災害によって屋根が損傷した場合、火災保険は適用されます。雨どいの破損や屋根の一部の損壊でも補償がありますので、ご安心ください。
被害を受けてから3年以内であること
屋根修理が必要になってから3年以内に保険会社に申請する必要があります。
ただし、風災の対象になる突風や強風が3年に1度くらいは吹くことがあるため、3年が過ぎても申請は可能です。
修理費用が20万円以上であること
修理費用には足場代なども含まれます。
ただし、保険によっては20万円未満でも一部の費用を受け取ることができる場合があります。
申請は火災保険の加入者自身で行うこと
屋根修理業者による代行申請は認められませんので、ご注意ください。

「建物修理ドットコム」は、ドローン技術を活用して建物の損傷調査を行っています。

この先進的な手法により、従来の目視による調査よりも高速かつ正確に損傷の状況を把握することが可能です。

特に、屋根や高所の建物部分の損傷を調査する際に、ドローンは安全で効果的な選択肢となります。

ドローンによる調査は、人間がアクセスしにくい場所や広範囲を短時間でカバーできるため、災害発生直後の迅速な状況把握にも役立ちます。

これにより、必要な修理作業をより迅速に開始することができ、修理プロセス全体の効率化に寄与しています。

建物修理ドットコム

火災保険を活用した屋根修理なら”建物修理ドットコム”

台風や地震などの自然災害で、お住まいの屋根が破損してしまった経験はございませんか?

突然の災害で、屋根が飛んだり、雨漏りしたり…想像するだけで大変ですよね。

実は、このような自然災害による屋根の破損は、火災保険で補償される場合があるのです。

しかし、多くの場合、火災保険に加入していることを知らず、自費で修理をしてしまう方が多いようです。

火災保険は、火災だけでなく、様々な自然災害による被害を補償するものです。

具体的には、以下のような被害が対象となります。

  • 火災
  • 落雷
  • 雪・ひょう
  • 大雨・洪水等の水災
  • 物体の飛来・落下・衝突
  • 台風・暴風などの風災

ただし、補償内容は加入している保険の種類によって異なるため、詳しくはご加入の保険証券・約款をご確認ください。

地震保険は、全壊・半壊だけでなくても

地震保険に加入していると、地震による建物の全壊や半壊だけでなく、一部損と呼ばれる軽微な被害も補償される場合があります。

建物基礎の亀裂や外壁のひび割れ・クラック、屋根の破損など、日常生活に支障をきたすような損害であれば、保険金を受け取れる可能性があります。

地震保険で一部損が認められる例

被害箇所 具体的な被害内容 補償内容
基礎 地震の揺れで基礎に亀裂が生じ、不同沈下や建物の傾きが発生した場合 基礎の亀裂の補修費用、不同沈下や建物の傾きの修正費用
外壁 地震の揺れで外壁にひび割れが生じ、雨漏りの原因となる場合 外壁のひび割れの補修費用、雨漏りの修繕費用
屋根 地震の揺れで屋根瓦がズレたり破損したりした場合 屋根瓦のズレや破損の補修費用、屋根全体の葺き替え費用
ブロック塀 地震の揺れでブロック塀が倒壊し、建物や車に被害を与えた場合 ブロック塀の倒壊による建物の修繕費用、ブロック塀の再築費用、車などの損害賠償費用

※ 上記はあくまで例であり、すべての被害が補償されるわけではありません。

建物修理ドットコム 火災保険

地震保険の一部損の判断基準

地震保険で一部損が認められるかどうかは、建物の被害状況だけでなく、建物の時価によっても判断されます。

建物の時価の3%以上の損害があると、一部損として認定される可能性が高くなります。

地震保険で一部損を申請するには
地震保険で一部損を申請するには、地震保険会社に被災状況を連絡し、必要書類を提出する必要があります。

その後、保険会社が損害状況を調査し、損害額が3%以上と認められれば、保険金が支払われます。
引用:損保ジャパン
住宅金融支援機構特約火災保険

保険申請から振込みまでの流れ

  1. 被害発生
    自然災害や事故などの被害が発生します。
  2. 保険会社への連絡
    被害を受けた直後に、速やかに保険会社に連絡を入れ、事故の報告を行います。
  3. 必要書類の提出
    保険会社から指示される書類(被害報告書、写真、修理見積もりなど)を準備し、提出します。
    建物修理ドットコムが書類作成等、すべての手続きをサポートしてくれます。
  4. 現場調査
    保険会社が現場調査を実施が行われる場合が稀にあります。
    被害の詳細と保険金の支払い資格を確認します。
  5. 保険金の査定
    保険会社が被害状況を基にして、保険金額を査定します。
  6. 保険金の支払い
    査定結果に基づき、保険金が承認されたら指定の口座に保険金が振り込まれます。

各ステップでの詳細や必要な書類は保険契約によって異なる場合がありますので、具体的な流れについては保険会社に確認することが重要です。
建物修理ドットコム 評判

建物修理ドットコムの口コミ・評判

建物修理ドットコムについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

公式サイト、インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い感想・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

現状、お客様の声(体験談・口コミ)が確認できなかったため、随時確認し更新していきたいと思います。

 

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

建物修理ドットコムについて疑問・悩み・不安においてよくある質問・Q&Aを公式サイトから抜粋し紹介します。

保険の申請は複雑で難しいのでしょうか?

いいえ、そうではありません。
保険申請は案外簡単です。
被災箇所の写真撮影、申請書類の作成といったプロセスを、建物修理ドットコムが全面的にサポートしてくれます。
お客様が直接申請を行うことで、より希望に沿った保険金が支給される可能性が高まります。

保険を使用すると保険料が上昇することはありますか?

いいえ、保険料が上がることはありません。
火災保険には自動車保険のような等級制度がないため、支給を受けても保険料が上がることはありません。
自然災害による被害は何度でも適用されるのが一般的です。

保険の申請に先立って費用がかかることはありますか?

初期費用は一切かかりません。
保険金を受領した際のみ、建物調査や申請サポートに関する費用として、受領した保険金総額(臨時費用保険金、お見舞金を含む)の33%(税込)を請求されます。

建物修理ドットコムのお問い合わせ:まとめ記事

「建物修理ドットコム」は、災害や事故による建物損傷の修理を専門に扱う企業です。

最新のドローン技術を用いた調査から、保険申請のサポートに至るまで、顧客が直面するさまざまな問題に対して包括的なサービスを提供しています。

特に自然災害による屋根の破損や外壁のひび割れなど、緊急を要する修理に迅速かつ効率的に対応しており、被害を最小限に抑えながら安全な住環境の回復を支援しています。

[主なサービス内容]

  • ドローン調査: 高所や危険な場所でも安全に調査が可能で、広範囲を短時間で撮影・調査できます。
  • 火災保険・地震保険に関するサポート: 申請手続きから書類作成まで、お客様のご負担を軽減いたします。
  • 建物修理: 屋根や外壁などの修理を、経験豊富な職人が丁寧に行います。
  • 無料相談・見積もり: お気軽にお問い合わせください。

《参考サイト》

  • 運営会社:株式会社エンシエイト
  • 大阪府高槻市南芥川町9-28
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式サイト:http://tatemono-syuri.com/

出張料金・調査費用・保険サポートすべて無料!東北・関東・中部・関西・四国・九州に対応

参考ページ:火災保険を活用したリフォーム
家の修理:外壁塗装・雨漏り・キッチンリフォームに活用可能