バーチャルオフィス1の評判・口コミ:880円で法人登記、東京(渋谷)・広島の格安バーチャルオフィス

バーチャルオフィス1の評判・口コミ:880円で法人登記、東京(渋谷)・広島の格安バーチャルオフィス バーチャルオフィス

バーチャルオフィス1

昔は、起業と言えば、
・資本金を用意
・法人登記
・オフィスを構える
など一連の流れを踏むことが一般的でした。

会社としての信用も求めらたため、
資本金だけでも300万円(有限会社)、司法書士への支払い、賃貸契約(保証金・前家賃)、オフィス機器・家具など、非常にお金がかかりました。

しかし、現状は、副業から始める、スモールビジネスから様子を見ることが許容され、ビジネスのあり方も多様化しました。

今回紹介するバーチャルオフィス1は、
渋谷・広島に拠点を持つ、月々880円で利用可能なバーチャルオフィスサービス会社です。

個人契約から法人契約への切替が無料なので、副業から法人化への切り替え時も追加費用なくスムーズに行えます。

低価格のバーチャルオフィスサービスなら
>>バーチャルオフィス1公式サイトへ

『バーチャルオフィス1』とは

バーチャルオフィスに関して
バーチャルオフィス1を紹介する以前に、おすすめのバーチャルオフィス比較を紹介しました。

その中から少しピックアップすると

  • 東京にこだわらずトコトン安さを求めるなら京都:和文化推進協会550円/月
  • 都心にこだわるが、法人登記の必要なしなら最安価格のGMOオフィスサポート660円/月
  • 徹底的に住所にこだわるのであれば、
    上場企業も多数活用、有名タワービル・ホテルにオフィスを構えられるリージャス

など、一概にバーチャルオフィスと言っても、用途によって選び方が変わります。

闇雲に安さだけで契約しても、あとから後悔ということも少なくありません。

副業として個人事業主でビジネスをはじめ、軌道に乗り始めて法人化を検討した場合、バーチャルオフィス会社によっては、名義変更等の手数料を取られる場合があります。

その意味で、バーチャルオフィス1の特徴の1つが冒頭でも紹介した個人契約から法人契約への切替が無料なのでうれしいサービスと言えるでしょう。

【バーチャルオフィス1が選ばれる理由】

東京・渋谷のバーチャルオフィスが月額880円で利用できる
バーチャルオフィス1渋谷店は、東京都渋谷区道玄坂にあります。
渋谷駅からも近く、郵便物の受取で来館する際も非常に便利な立地です。

渋谷はIT企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業など多くの企業が集まり、起業の際の法人登記の住所としてはグレード・信頼度も高いエリアです。
*マクアケ、ランサーズ、Sansan、ミクシィ、GMOグループ、サイバーエージェントなど

そのためオフィスを持とうとすると坪単価も高く、起業段階ではかなりハードルが高くなります。
バーチャルオフィス1では月額880円~で東京都渋谷区道玄坂に住所が持てます。

関連ページ:バーチャルオフィス 東京:渋谷区など
法人登記と週1回の郵便転送サービスが基本料金(月額880円)
バーチャルオフィス1は、月額880円の中に法人登記と週1回の郵便転送サービスが含まれています。
・法人登記をする場合は手数料○○円
・郵便物を転送する場合は○○円追加
といった追加料金を請求されることはありません。
サインの必要な郵便物(簡易書留)も無料で受け取ってくれる
バーチャルオフィス1は、簡易書留などの代理サインが可能なものについては特に追加費用なく代理サインを行ってくれます。

本人限定郵便などについては不在票を受け取り、連絡してくれます(無料)
*会員宛の郵便物が届いた場合にLINEで通知(画像送信が基本)

会議室も利用可能
バーチャルオフィス1は、打ち合わせが必要なケースを想定して各拠点に会議室を設置しています。

会議室料金:渋谷店 1時間1,100円

起業に役立つサービスを提供
個人契約から法人契約への切替が無料のバーチャルオフィス1ですから

  • 法人設立を助けてくれる司法書士の紹介
  • 税務会計業務を助けてくれる税理士の紹介

など、起業家にとって有益なサービスを提供しています。

他社バーチャルオフィスとの比較

価格の安いバーチャルオフィスは東京でも数多く存在します。

公式サイトに他社比較がありましたので、抜粋し紹介します。

バーチャルオフィス1 A社 B社 C社 D社
月額料金 880円 990円 270円 660円 330円~
入会金 5,500円 5,500円 詳細不明 0円 5,500円
保証金 0円 1,000円 詳細不明 0円 0円
法人登記 法人登記可能 法人登記可能 法人登記不可 法人登記不可 法人登記不可
郵便物転送周期 月4回 月1回 郵便物転送なし 郵便物転送なし 郵便物転送なし
郵便物転送費用
  • 50gまで/150円
  • 100gまで/200円
  • 150gまで/300円
  • 250gまで/400円
  • 500gまで/500円
  • 500g以上は宅配便
郵送料は実費 郵便物転送なし 郵便物転送なし 郵便物転送なし
郵便来店受付 平日11:00~16:00
オプションで時間外受取可能
不可 不可 不可 不可
簡易書留の受領 無料で代理サインし受領
定期転送にて転送
代理サインし
受領(1回300円)
不可 不可 不可
本人限定郵便の受領 不在票を受け取り
ご連絡(無料)
不在票を受け取り
ご連絡(無料)
不可 不可 不可
来客応答システム あり なし なし なし なし
会議室 あり(有料)
渋谷店 24時間
広島店 8:00~21:00
なし あり(有料) なし あり(有料)
初期費用 16,060円
(入会金・月額料金1年分)
18,380円
(入会金・保証金・月額料金1年分)
4,750円
(入会金・手数料・月額料金3ヶ月分)
660円
(月額料金1ヶ月分)
5,830円
(入会金・月額料金1ヶ月分)

バーチャルオフィス1の口コミ・評判

バーチャルオフィス1について、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトに利用例(口コミ・体験談)が掲載されていたので紹介します。

バーチャルオフィス1

コンサルタント自宅では法人登記ができない
クライアント先に出向いてのコンサルティング業務と自宅での執筆業がメインのため、オフィスは必要ない。
対外的に開示できる住所が必要であるが、自宅がマンションで、事務所利用ができないためバーチャルオフィスを利用している。

バーチャルオフィス1 口コミ

システムエンジニア法人契約の必要が出てきた
フリーランスのシステムエンジニアとして活動していたが、新規のクライアントが上場企業のため法人との契約が必要になった。
働き方としては何ら変わりないため、バーチャルオフィスで法人を設立した。

バーチャルオフィス1 評判

中小企業診断士信頼性のある住所を利用したい
国家資格保有者として活動するにあたって対外的に信頼性のあるオフィスを利用したいが、自宅は住宅地の住所なので都心の住所が使えるバーチャルオフィスを利用している。

バーチャルオフィス1 クチコミ

アフィリエイター運営者情報をしっかり掲載したい
アフィリエイターとして活動していて、活動場所としてはそれほど困っているわけではないが、Googleのアップデートによりサイトの運営者情報をしっかり記載する必要が出てきたのでバーチャルオフィスを利用している。

バーチャルオフィス1 怪しい

WEBデザイナー打ち合わせはクライアント先
PCを使用した仕事なのでオフィスに行く必要はなく自宅で作業することがほとんどだが、まれにクライアントが直接会って打ち合わせをしたいというリクエストがあるので、法人登記ができる上に打ち合わせの場所としても利用できるバーチャルオフィスを利用している。

バーチャルオフィス1 渋谷

通信販売・EC特定商取引法の記載をしたい
通信販売で起業をしたが、サイトに掲載する「特定商取引法(特商法)に基づく表記」に基づく住所表記を自宅住所にしたくないためバーチャルオフィスを利用している。

バーチャルオフィス 広島

地方企業経営者①東京に進出したい
地方都市で起業をしたが、東京を含む首都圏からの問い合わせが頻繁にあるため拠点を確保したいが、先を見通せないためコストをかけて東京に進出ができない。バーチャルオフィスを利用して拠点住所を確保している。

 

Q&A

バーチャルオフィスは違法なの?

バーチャルオフィスは違法ではありません。
「住所だけ貸す」と聞くといかがわしい印象を抱く人もいるかもしれませんが、そのようなことを禁じる法律は無いのです。
法人の場合は法務局に法人登記をし、個人事業主の場合は税務署に開業届を出します。
https://houmukyoku.moj.go.jp/homu/touki2.html

よくある質問

”バーチャルオフィス1”に関して、質問・疑問・Q&Aなどよくある質問をまとめました。

バーチャルオフィスの所在地を教えていただけますか?

渋谷店の住所は、〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル8Bとなります。
広島店の住所は、〒730-0051 広島県広島市中区大手町1-1-20 相生橋ビル7階 A号室です。
法人設立を検討している場合、まず個人としての契約を経て、その後に法人設立を進めます。

この住所を使用すると、バーチャルオフィスであることが外部に知られる可能性はありますか?

住所を多くの方に共有いただくことから、検索を行うとバーチャルオフィス1のサイトが表示されることが考えられます。そのため、バーチャルオフィスであることが知られる可能性があります。ただし、バーチャルオフィスの利用は正当な理由があり、経営上のメリットがあるため、クライアントには適切に説明し、理解を深めていただくことが大切です。

どのような業種でもバーチャルオフィスの利用は許可されていますか?

一部の業種については、バーチャルオフィス1の審査を通過することが難しい場合がございます。
具体的には、アダルト、ギャンブル、ネットワークビジネス(連鎖販売取引)、情報商材販売、出会い系サイト、ナイトワーク、麻薬、探偵業、政治活動をする団体、宗教活動をする団体、労働組合活動をする団体、暴力団活動をする団体、活動目的が不明瞭な団体、その他当社が適切でないと判断する業種・団体などの業種です。

下記の業種の方は許認可の都合上、バーチャルオフィスを利用することができません。
税理士 弁護士 司法書士 行政書士 古物商 有料職業紹介業 人材派遣業 宅地建物取引業 金融商品取引業 産業廃棄物収集運搬業

法人用の銀行口座を開設する際の住所として、このサービスを利用することはできますか?

はい、法人用の銀行口座を開設する際の住所として、バーチャルオフィス1を利用することが可能です。

海外法人の日本支店の住所として、このサービスは利用可能でしょうか?

日本支店の代表が日本国内に在住しており、郵便物の転送先が日本国内に設定されている場合、バーチャルオフィス1を利用可能です。

契約前に物件を実際に見学することは可能ですか?

はい、来館し実際の物件を確認することが可能です。

物件の写真を撮影し、バーチャルオフィス1のホームページに掲載することは許可されていますか?

はい、他の利用者様が映り込まないように撮影を行っていただければ、問題ありません。

利用に年齢制限は設けられていますか?

バーチャルオフィス1は、18歳以上の方にご利用いただけます。

利用に必要な書類や、身分証明として受け付けられるものについて教えてください。

個人の方(新規で法人を設立される方)
・住民票(発行から3か月以内)
・印鑑登録証明書(発行から3か月以内)
・顔写真付き身分証明書
(運転免許証、マイナンバーカード等)
・事業概要説明書類(※)
・クレジットカード

法人の方
・履歴事項全部証明書(発行から3か月以内)
・印鑑証明書(発行から3か月以内)
・代表権を持つ方の顔写真付き身分証明書
(運転免許証、マイナンバーカード等)
・事業概要説明書類(※)
・クレジットカード

バーチャルオフィス1のお問い合わせ

バーチャルオフィス1の法人登記・住所利用プランは

  • 入会金5,500円/月
  • 880円/月(年間一括前払い10,560円)
  • 法人登記・週1回転送(別途郵送料)・郵便到着状況確認・来客対応システム・郵便受取(11:00~16:00)・会議室(有料)

非常にリーズナブルなプランです。

申込の流れは

  1. 申込フォーム入力
    公式ホームページの申込フォームから入力および必要書類のアップロード
  2. 審査
    入力内容及び必要書類をもとに審査を行います。
    審査結果は最短即日
  3. クレジットカード登録&初期費用入金
    審査結果のお知らせのメールにクレジットカード登録用のURLがありますので、登録を行います
  4. 利用開始
    初期費用の決済後契約成立です。
低価格のバーチャルオフィスサービスなら
>>バーチャルオフィス1公式サイトへ

≪参考サイト≫