フファクタリングのメリット・デメリットを解説!企業の資金調達に利用できるファクタリングの仕組み・適したケース・注意点

≪PR≫
ファクタリングのメリット・デメリット:資金調達にファクタリングはどこまで有効なのか? ファクタリング
  1. ファクタリング メリット デメリット
    1. 利用者数も多いおすすめのファクタリング会社
    2. ファクタリングベスト:全国対応の一括見積もり
    3. エスコム:リスケ中でも契約可能
    4. ネクストワン
    5. アクティブサポート:請求書1枚で調達可能
    6. アクセルファクター:早期資金化
    7. GMOフリーランスファクタリング:用意は売掛債権だけ
    8. えんナビ
  2. ファクタリングのメリット・デメリット
    1. 資金調達のスピード 資金繰り改善・売掛金売却・資金調達手段・企業の成長
    2. 信用情報の影響を受けにくい 一般的な銀行融資との差
    3. 倒産リスクの回避 支払い能力・設備投資を行う・事業の成長と持続性
    4. キャッシュフローの改善 小額資金・赤字決算でも
    5. 契約の柔軟性 小額資金にも適した資金需要対応
    6. 手数料の負担 手数料率を比較検討
    7. 売掛先への通知 2社間・3社間ファクタリングサービス
    8. 売掛金の評価
    9. ファクタリングの基礎知識 仕組み・サービスの流れを提供
    10. ファクタリングの種類をご解説 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
    11. 他の資金調達方法の比較 銀行融資・ビジネスローン・自己資金
  3. ファクタリングのメリット・デメリット ファクタリングを利用・実感した方の口コミ・体験談・ケース
    1. よくある質問・Q&A・疑問・悩み 審査基準・必要書類・審査などの注意点
    2. クレジットカード債権のファクタリングサービス
    3. ファクタリングとの違いいろいろ
  4. ファクタリングのメリット・デメリット:まとめ まずは一括見積もり・相場の確認を活用してみてください

ファクタリング メリット デメリット

中小企業の経営者や経理担当者の皆さん、資金調達にお困りではありませんか?

資金調達はビジネスの成長と発展にとって不可欠な要素です。

しかし、その方法は一つではありません。

  • 銀行融資
  • ビジネスローン
  • 自己資金
  • クラウドファンディング

など、様々な選択肢があります。

その中でも、「ファクタリング」は特に注目されています。

しかし、そのメリットとデメリットは十分に理解されていないかもしれません。

この記事では、ファクタリングの全貌を解説し、
ファクタリングのメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

また、実際にファクタリングを利用した企業の体験談も共有します。

これにより、皆さんがファクタリングを適切に理解し、自社の状況に最適な資金調達方法を選ぶ一助となれば幸いです。

利用者数も多いおすすめのファクタリング会社

そもそも、ファクタリングは、
ファクタリング会社によって

  • 手数料
  • 買取り額(上限・下限)
  • 買取まで期間(即日・翌日・数日)

変わりますのでメリット・デメリットも変わります。

そこで、利用者数も多いおすすめのファクタリング会社を紹介します。

ファクタリングベスト:全国対応の一括見積もり

ファクタリング/売掛金一括査定サイト
優良ファクタリング会社最大4社に無料相見積もり
ファクタリング 資金調達 メリット

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能

《基本的なファクタリング会社》
ファクタリング 融資 デメリット

《ファクタリングベストなら》
ファクタリング相見積もり メリット

一番有利なファクタリング会社が
簡単に見つかります!

 
《ファクタリングベストの口コミ》

ファクタリング 安い手数料の会社

銀行融資もビジネスローンや個人のキャッシングも限度額いっぱい。
しかも、赤字の業績。そんな状況で、どうしても月末の人件費の支払いが厳しくなった時に救われたのが、ファクタリングでした。
人件費は、どうしても先の支払いになるため資金繰りには悩まされ続けています。
そんな当社にとってファクタリングは、今や最後の砦です。

>>一括見積もりはコチラから

 
株式会社フューチャーリンク
札幌市中央区北2条西28丁目1-26 エストラーダ円山3F
公式サイト:https://futurelink-cvc.net/

エスコム:リスケ中でも契約可能

赤字決算・税金の未納・個人信用ブラック・銀行とリスケ中でも契約可能(全国対応)
即日対応可能業界最安水準(最低手数料1.5%〜)のおすすめファクタリングサービス
ファクタリングメリット

  • 手数料:5%~12%(3社間のケース、1.5~5%)
  • 申込方法:電話・FAX・メール・郵送
  • 資金化までの日数審査・入金:最短即日
  • 利用額:30万円~1億円

>>エスコム公式サイトへ
 
株式会社エスコム:s-com, Inc.
大阪府大阪市淀川区西中島4-3-21 NLCセントラルビル406
公式サイト:https://scom-f.jp/

ネクストワン

赤字決算や債務超過でも資金調達可能、資金調達の成功率96%を起こるオススメのファクタリング会社
業界トップクラス(最低手数料1.5%〜:3社間
ファクタリング 安い手数料

  • 手数料:5%~10%
    ※3社間:1.5%~8%
  • 審査・入金:最短即日
  • 利用額:30万~上限無
  • 申込方法:面談、郵送、電子契約

>>ネクストワン公式サイトへ
 
株式会社ネクストワン
東京都千代田区内神田3-24-4 9STAGEkanda 6F
公式サイト:https://next1-one.jp/

アクティブサポート:請求書1枚で調達可能

少額買取専門 ”300万円”までの資金調達ですが、保有する請求書1枚で調達可能なファクタリング会社
ファクタリングのメリット

【アクティブサポートの特徴】

  • 手数料:2%~14.8%
  • 手数料以外の費用:なし
  • 債権譲渡登記の設定:原則として必須
  • 審査方法:訪問・電話・WEB
  • 審査通過率:90%
  • 審査時間:最短即日
  • 調達までの時間:即日対応可能
  • 利用可能額:原則300万円
  • 審査に必要な書類:通帳コピー・請求書・本人確認書類
  • 契約方法:郵送・来社・訪問対応
  • キャッシュフローコンサルタントの有無:◎

>>アクティブサポート公式サイトへ
 
株式会社アクティブサポート
東京都豊島区南池袋二丁目13番10号 南池袋山本ビル3階
公式サイト:https://ac-s.net/

*手数料以外にかかる費用として、登記費用や印紙税が発生する場合もあります。

アクセルファクター:早期資金化

【年間相談件数3000件】買取申込額累計290億円超の取引実績・即日資金調達なら(対応エリア:全国対応)
ファクタリング デメリット

  • スピード:5割以上が早期資金化
  • 調達可能額:30万〜1億円対面・郵送・オンライン
  • 手数料:2〜20%
  • 調達可能額:30万〜1億円

>>アクセルファクター公式サイトへ
 

株式会社アクセルファクター
東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
公式サイト:https://accelfacter.co.jp/

GMOフリーランスファクタリング:用意は売掛債権だけ

クリエイターのためのファクタリングサービス、担保や保証人も不要
ファクタリングのデメリット

  • 会員登録:不要
    審査完了まで写真付き身分証などの登録も不要
  • 審査スピード:最短30分
  • 審査書類:請求書のみ
  • 手数料:9.5%
  • 担保・保証人:不要

>>GMOフリーランスファクタリング公式サイトへ
 
GMOクリエイターズネットワーク株式会社
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
公式サイト:https://ennavi-factoring.com/

えんナビ

業界最低水準の手数料・徹底した秘密厳守・24時間365日対応可能なファクタリング(対応エリア:全国対応)
ファクタリング メリット 債務者

  • 調達時間:最短1日・スピード資金調達可能
  • 手数料:5%~
  • 融資可能額:50万円~5000万円(法人から個人事業主まで)
  • 安心のノンリコース契約(償還請求権ナシ・返金義務がない)

>>えんナビ公式サイトへ
 
株式会社インターテック
東京都台東区東上野3-5-9 本池田第二ビル4階
公式サイト:https://ennavi-factoring.com/

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングの流れは以下の3つの流れです。

  1. まず、ファクタリング会社と契約を結びます。
  2. 次に、売掛金の買取を申し込み、審査(審査対象は取引先)を受けます。
  3. 審査が通れば、売掛金が現金化され、その資金を自由に利用することができます。

売掛債権を即現金化できるわけですから、非常にメリットがある資金調達と言えるでしょう。

ただ、メリットの裏にはデメリットも存在します。

【ファクタリングのメリット】

資金調達のスピード 資金繰り改善・売掛金売却・資金調達手段・企業の成長

ファクタリングは、企業が直面する資金繰りの問題を迅速に解決するための有効な手段です。

企業活動を行う上で、売上は生命線とも言えますが、売上が発生しても、実際に現金が手元に入るまでには時間がかかるのが通常です。
特に、支払い条件が30日、60日、あるいはそれ以上といった長期にわたる場合、企業のキャッシュフローは大きく圧迫されます。

ここでファクタリングの出番です。
例えば、A社はB社に商品を販売し、その代金として100万円の売掛金を持っています。
しかし、B社の支払い条件が60日後と長期であるため、A社はその資金をすぐには利用できません。

ここで、A社はファクタリング会社に売掛金を売却します。
ファクタリング会社は、ある割合で売掛金を割り引いた上で、例えば95万円をA社に即座に支払います。

この取引により、A社は現金を速やかに手に入れることができ、貸倒リスクの軽減・資金繰りが改善されます。

ファクタリング メリット 資金調達

買取型ファクタリングの大きなメリットは、このスピード感にあります。
急な資金需要に対応できるだけでなく、新たなビジネスチャンスに迅速に対応するための資金を確保することができるのです。
たとえば、A社が新しい仕入れ先から割引価格での大量購入のチャンスに直面したとします。
しかし、そのチャンスを活かすためには、すぐにでも大量の資金が必要です。ファクタリングを利用すれば、A社は待つことなく必要な資金を手にし、そのビジネスチャンスを逃すことなく利益を得ることができます。

もちろん、ファクタリングには売掛金を割引価格で売却するため、全額を回収できないというデメリットも存在します。
しかし、資金繰りを改善し、ビジネスの持続可能性を高めることを考えれば、この短期的な損失は、長期的な視点から見れば投資と考えることもできます。
また、ファクタリングによって得られる現金は、新しい設備投資、研究開発、さらなる市場拡大など、企業成長のための再投資にも活用できます。

ファクタリングは、資金調達のスピードと柔軟性を企業に提供し、資金繰りの問題を即解決する強力なツールです。
そのため、特に現金流が企業の成長に直結しているスタートアップや中小企業にとっては、銀行融資のような従来の資金調達手段ではなく、ファクタリングを選択することで、ビジネスの機動力を高め、市場の変化に素早く対応することが可能になります。

信用情報の影響を受けにくい 一般的な銀行融資との差

ファクタリングは企業の信用情報に依存することなく資金を調達する方法として注目されています。
一般的な銀行融資では、企業の信用情報や財務状況が融資の可否や条件を大きく左右します。
つまり、過去の赤字決算、債務超過、債務整理中、破産申告や税金の未払いがある場合、銀行からの融資を受けることは困難になります。

しかし、ファクタリングでは、売掛金の「質」、すなわち売掛金が支払われる確実性が最も重要なポイントとなります。
たとえば、C事業者社は過去に赤字決算を経験し、信用情報に傷がついているが、大手企業D社からの安定した売掛金を持っています。
この場合、ファクタリング会社はC社の信用情報よりもD社の信用力と売掛金の確実性を評価します。
もしD社が信用度の高い企業であれば、C社はファクタリングを通じて容易に資金を調達できる可能性があります。

ファクタリングのメリット、赤字決算でも利用可能

ファクタリングのこの特性は、特に信用情報に問題を抱えている企業にとって、新たな資金調達の道を開きます。
仮にC社が新しいプロジェクトのチャンスを掴んだとしても、信用情報の問題で銀行融資が受けられなければ、そのチャンスを活かすことはできません。
しかし、ファクタリングを利用すれば、D社の売掛金を前もって現金化することで、必要な資金を確保し、ビジネスの拡大を図ることが可能になります。

また、ファクタリングは迅速な資金調達が可能であるため、資金繰りの危機にある企業が時間を稼ぎ、経営の正常化に向けた措置を講じる際の一時的な橋渡し資金としても役立ちます。
破産寸前の企業がファクタリングを利用して資金を確保し、その資金で生産設備を改善した結果、製品の品質と生産効率が向上し、事業を再生することができたという実例もあります。

ファクタリングは、財務状況や信用情報に問題がある企業でも、質の高い売掛金を持っていれば、新しい資金調達の機会を提供します。
この柔軟性は、特に経営が困難な時期にある企業にとって大きな支援となるでしょう。

倒産リスクの回避 支払い能力・設備投資を行う・事業の成長と持続性

ファクタリングを活用することで、企業は取引先の倒産リスクを効果的に回避できます。

通常、取引先からの売掛金回収は企業の通常の業務運営において重要な要素ですが、取引先が経済的に不安定になり倒産するリスクは常に存在します。
取引先が倒産してしまうと、売掛金が回収できなくなり、それが自社の資金繰りに甚大な影響を与えることになりかねません。

例えば、E社がF社に商品を供給し、その代金として300万円の売掛金を得ました。
しかし、F社の財務状況は不安定で、E社はF社の倒産リスクに常に悩まされています。
ここでE社がファクタリングを利用すると、ファクタリング会社がその売掛金をあらかじめ定められた割引率で買い取ります。
すると、E社はF社の支払い能力に左右されずに、すぐに資金を手にすることができます。

ファクタリング会社は売掛金の回収リスクを負担しますので、もしF社が経済的な困難に直面し、最終的に倒産してしまったとしても、E社の資金繰りには影響がありません。
これはE社にとって大きな安心材料となります。さらに、このような安定した資金繰りは、E社が他のビジネスチャンスに注力するための余裕を生み出し、事業の成長と持続性に寄与します。

ファクタリングのメリット、取引先が倒産しても返済の必要なし

また、ファクタリングによって得られる即時性のある現金は、他の緊急の費用や投資にも充てることができ、経営の安定にもつながります。
たとえば、ある企業が自社の製品ラインの拡充や市場の拡大のために、新たな設備投資を行う必要がありました。
ファクタリングによって得た現金を投資に充てることで、企業は市場での競争力を高め、将来的な収益の増大につながる可能性があります。

倒産リスクの回避は、特に取引先の財務状況が不安定な場合や、経済状況が不透明な時期においては、企業が存続するための重要な戦略の一つです。
ファクタリングはそのような不確実性を軽減し、企業が長期的な計画を立て、安定した成長を目指す上で貴重なツールとなります。

ファクタリング 資金調達 デメリット

キャッシュフローの改善 小額資金・赤字決算でも

キャッシュフローは企業経営における酸素のようなものです。
資金がスムーズに流れ、常に健全な状態を保つことは、企業の健全な運営と成長のために不可欠です。
ファクタリングは、売掛金を即座に現金化することで、企業のキャッシュフローを劇的に改善する手法として重宝されます。

例を挙げて説明しましょう。
G社は大きなプロジェクトを成功させ、複数の顧客から合計で500万円の売掛金を有しています。
しかし、これらの顧客は30日から60日の支払い期間を要求しており、G社はその間、他の運転資金が手薄になるリスクを抱えています。
ファクタリングを利用することで、G社はこれらの売掛金を即日で現金化し、運転資金を補充することが可能になります。

キャッシュフローの改善は、即座に利益をもたらすだけでなく、企業の将来に対する投資の機会を広げます。
例えば、G社が新しいビジネスチャンスを見つけたとします。競合他社より先に市場に進出するためには、迅速な資金調達が求められます。
ファクタリングによって得た現金を使って、その新規事業への投資を行うことで、市場の先駆者としての地位を確立し、利益を最大化することができるのです。

また、キャッシュフローの改善は、赤字決算を避けるための戦略としても機能します。資金繰りが改善されれば、企業は必要な支払いを適時に行うことができ、財務状況を健全に保つことができます。
仮にG社が一時的な資金不足により赤字決算に陥りそうになった場合でも、ファクタリングによって資金を確保し、そのピンチを回避することが可能です。

最後に、キャッシュフローの改善は企業の信用力を高める効果もあります。
現金が豊富であることは、投資家や金融機関に対して企業が健全な財務を維持していることを示します。
これは、将来的な資金調達の可能性を高め、より良い条件での融資や投資を受けるための重要な要素になります。

ファクタリングは、キャッシュフローの改善を通じて、企業のさまざまな財務上の課題を解決し、新たな成長への道を開く重要な戦略です。
キャッシュが手元にあることで、企業は不測の事態に迅速に対応できるだけでなく、将来的なビジネス展開に向けた資金を確保することができます。

ファクタリング メリット 即現金化

契約の柔軟性 小額資金にも適した資金需要対応

ファクタリングにおける契約の柔軟性は、企業が自身の財務ニーズに合わせて資金調達を計画できる大きなメリットです。
多くの場合、ファクタリングの契約は企業が持つ売掛金全体を対象に行われますが、企業によっては全ての売掛金を一度に現金化する必要はありません。
売掛金の一部だけを現金化することで、必要な資金を得つつ、残りの売掛金を通常通り回収することが可能です。

例えば、H社は特定の大手顧客からの売掛金が1000万円ありますが、現時点で必要な資金は300万円のみです。
全ての売掛金を現金化してしまうと、将来的に不必要な現金過多となり、その分の割引損も大きくなってしまいます。
H社がファクタリング会社と交渉し、必要な300万円分の売掛金のみを現金化する契約を結ぶことができれば、資金は確保できる上に、割引損も最小限に抑えることができます。

このように一部の売掛金のみを対象にする契約は、特に資金需要が定期的に変動する企業や、一時的な資金繰りのための小額の資金が必要な場合に適しています。
例として、I社が季節によっては特定の原材料の仕入れに追加資金が必要になる場合、必要な時期だけ売掛金の一部を現金化してそのニーズに応えることができます。

ファクタリングの柔軟な契約はまた、企業が取引先の支払い状況に応じて戦略的に売掛金を管理するのにも役立ちます。
もし企業がある取引先からの支払いが遅れるリスクが高いと知っていれば、その特定の取引先の売掛金だけをファクタリングによって現金化することができます。
これにより、そのリスクを回避しつつ他の安定した取引先からの売掛金はそのまま保持できます。

企業がファクタリングサービスを選ぶ際には、このような柔軟性を提供するファクタリング会社を選ぶことが重要です。
そうすることで、企業は資金繰りの最適化を図るとともに、不必要なコストを避けることができるのです。この契約の柔軟性は、企業がより戦略的な資金管理を行う上での重要な要素となります。

参考ページ;返済不要の資金調達方法:手続きが簡単ランキング
ファクタリング メリット デメリット

【ファクタリングのデメリット】

手数料の負担 手数料率を比較検討

ファクタリングを利用する際の主なデメリットの一つは、その手数料の負担です。
ファクタリングを利用することで迅速に現金を手に入れることができますが、その便利さにはコストが伴います。
売掛金を現金化するために、ファクタリング会社は一定の手数料を請求します。
この手数料は、通常、売掛金の総額の1%から15%程度に設定されており、これが直接的な財務コストとなります。

たとえば、J社が100万円の売掛金を持っており、ファクタリングを利用してこの売掛金を現金化したいと考えているとします。
手数料率が10%だとしたら、J社はファクタリング会社に100,000円の手数料を支払うことになります。
結果として、J社が手にする現金は900,000円となり、実質的に100,000円のコストが発生するわけです。

ファクタリング デメリット 手数料

手数料の率は、ファクタリング会社のポリシーや、売掛金の質、つまりその回収がどれだけ確実か、また買取る額によって変動します。
売掛金の質が高く、回収がほぼ確実であれば、手数料率は低く抑えられることが多いです。逆に、回収のリスクが高い売掛金の場合は、そのリスクをカバーするために高い手数料が設定されます。

例を挙げると、K社が非常に信用度の高い大企業からの売掛金をファクタリングに出す場合、手数料率は比較的低いかもしれません。
しかし、もしK社が取引先の信用度が低い、あるいは支払いが不安定な中小企業からの売掛金をファクタリングに出す場合、手数料率は高くなる傾向があります。

ファクタリングの手数料は、企業の利益率にも影響を及ぼします。
手数料が高ければ高いほど、企業の実質的な収益は減少するため、利益率の低い企業にとってはファクタリングの利用が経済的に厳しい選択となることがあります。
したがって、ファクタリングの利用を検討する際には、手数料の負担と、それによって得られる現金の即時性との間で、慎重にバランスをとる必要があります。

最終的には、ファクタリングは即座に資金を手に入れることができる一方で、その利便性のためには一定のコストがかかるということを理解しておくことが重要です。
そのためにも、複数のファクタリング会社の手数料率を比較検討し、自社の財務状況に最適な金融サービスを選択することが求められます。

売掛先への通知 2社間・3社間ファクタリングサービス

ファクタリングのデメリットとして、売掛先への通知が必要なことが挙げられます。
特に3社間ファクタリングの場合、この通知は必須で、売掛先に債権がファクタリング会社に譲渡されたことを伝える必要があります。
ファクタリングの利用を取引先に事前に伝え、理解を得る、売掛先への通知や承諾。
このプロセスが取引関係にどのような影響を及ぼすかは、取引先の受け取り方に大きく依存します。

例えば、L社がM社に商品を販売し、その代金としての売掛金をファクタリングを通じて現金化したいと考えているとしましょう。
3社間ファクタリングでは、L社はM社に対して債権譲渡の通知を送ることになります。
この通知を受け取ったM社は、L社の財務状態について疑念を持つかもしれません。
特に、M社がファクタリングの目的やメカニズムを十分に理解していない場合、彼らはL社が財務上の困難に直面しているのではないかと誤解するリスクがあります。

また、M社は自らの支払いが第三者によって管理されることに対して不快感を示すかもしれません。
取引の個人的な側面や、これまで築いてきた信頼関係が損なわれることを懸念することがあります。
実際、一部の企業はファクタリングを利用している取引先を不安定なパートナーと見なし、将来的なビジネスの縮小や他のサプライヤーとの取引に切り替えることを検討する場合があります。

ファクタリング デメリット 通知

このような誤解を避けるために、L社はM社にファクタリングを行う理由を説明し、これがL社の財務状態の悪化ではなく、資金流動性を高める戦略的な決定であることを明確にする必要があります。
ファクタリングは広く用いられる資金調達手段であり、多くの健全な企業が現金流を改善するために利用していることを強調することが大切です。

最終的に、ファクタリングによる債権譲渡の通知は、取引先との関係におけるコミュニケーションと透明性を重視することが求められます。
二社間ファクタリングは取引先への通知はありませんが、手数料に影響ができるため、適切な説明と理解があれば、三社間ファクタリングによる影響を最小限に抑え、健全なビジネス関係を維持することができるでしょう。

売掛金の評価

ファクタリングを利用する際のデメリットの一つに、売掛金の評価があります。
ファクタリング会社は、売掛金を買い取る前に、その売掛金の価値を評価します。
この評価によっては、売掛金の全額が現金化されないことがあります。なぜなら、ファクタリング会社は支払いの回収リスクを考慮して売掛金の価値を決定するからです。

売掛金の評価は、取引の歴史、顧客の信用度、支払い期間、業界の状況など、多くの要因に基づいて行われます。たとえば、N社がO社に対して500万円の売掛金を持っているとします。
O社が以前に支払いを遅延させた歴史がある場合、ファクタリング会社はこのリスクを考慮に入れて、売掛金の価値を下げるかもしれません。
結果として、N社は売掛金の額面通りではなく、例えば450万円の現金化のみをオファーされることになるかもしれません。

このプロセスは、企業にとっては二重の打撃を意味することがあります。
一つは、売掛金の全額を即座に現金化できない可能性があること、もう一つは、評価が低くなった分だけ実質的な収入が減少することです。
このような状況は特に、資金繰りに困っている企業にとっては深刻な問題となりえます。

さらに、売掛金の評価が低いと判断されると、ファクタリングの手数料率も高くなりがちです。
これは、ファクタリング会社が高いリスクを負うために、そのリスクをカバーするために手数料を増やすからです。
したがって、N社のような企業は、売掛金を現金化するためのコストが予想以上に高くなるリスクに直面することになります。

ファクタリングを検討する際には、このような売掛金の評価プロセスを十分に理解し、ファクタリング会社がどのように売掛金を評価するかを把握しておくことが重要です。
適切な期待値を持ち、売掛金の現金化によって得られる資金と、そのために支払うべきコストとの間にバランスを見いだすことが、賢明な資金調達戦略を練る上での鍵となります。

ファクタリングの基礎知識 仕組み・サービスの流れを提供

ファクタリングに関しては、

を紹介しました。

改めてファクタリングを確認しましょう。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、企業が持つ売掛金(請求書)を現金化するための手法です。

具体的には、企業がファクタリング会社に売掛金を売却し、その代金を即日受け取ることができます。

この売掛金の現金化は、資金繰り改善や資金調達に大いに役立ちます。

《ファクタリングの仕組み》
ファクタリングは、企業が持つ売掛金を現金化するための手法です。

具体的には、以下の5つのステップで進行します。

  • 契約
    まず、企業(売掛金を持つ企業)とファクタリング会社との間で契約が結ばれます。
    この契約には、売掛金の買取に関する条件や手数料などが明記されます。
  • 売掛金の買取
    契約が結ばれた後、企業はファクタリング会社に売掛金を売却します。
    売掛金の買取価格は、売掛金の額面価格から手数料を差し引いた金額となります。
  • 現金化
    売掛金が買取られると、企業はその代金を即日受け取ることができます。
    これにより、売掛金が現金化され、その資金を自由に利用することができます。

ファクタリングの種類をご解説 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

《ファクタリングの種類》
ファクタリングには主に2種類があります。

  • 一つは「通知型」である3社間ファクタリング
  • もう一つは「非通知型:2社間ファクタリング」

どちらを選ぶかは、自社の事情や取引先との関係性によります。
ファクタリングのメリット・デメリットは、この選択が大きく影響します。

3社間ファクタリング
売掛先(債務者)に対して債権譲渡の通知が必要となります。
つまり、企業がファクタリング会社に売掛金を売却したことを、売掛先に通知する必要があります。
2社間ファクタリング
売掛先に対する通知が不要となります。
企業がファクタリング会社に売掛金を売却したことを、売掛先に事実を知らせる必要はありません。
ファクタリング会社としては、回収不能の可能性が残るため、手数料は高くなる傾向にあります
*2者間ファクタリング(3者間)は誤りです。

《ファクタリング会社の選び方》
ファクタリング会社を選ぶ際には、手数料や審査基準、サービスの内容などを比べることが重要です。

また、オンラインでの申し込みが可能な会社もあり、手続きのスピードや手間も考慮に入れましょう。
参考ページ:ファクタリング 資金調達

他の資金調達方法の比較 銀行融資・ビジネスローン・自己資金

企業における資金調達手段は、ファクタリングだけではありません。

ファクタリング自体にメリット・デメリットがある以上、他の資金調達手段と天秤にかけ、比較したいところです。

そこで、ファクタリングと他の資金調達手段を比較してみました。

銀行融資との比較
銀行融資は、低金利で大きな資金を調達することが可能ですが、
ただ審査が厳しく時間もかかります。
一方、ファクタリングは審査が比較的緩やかで、スピーディーに資金を調達することが可能です。

金利・現金化までの時間が選択のポイントです。

ビジネスローンとの比較
ビジネスローンも一定の金利で資金を調達することが可能ですが、返済期間や金利、審査基準などが厳しい場合があります。
ファクタリングは、売掛金の現金化により、返済の心配をせずに資金を得ることができます。

売掛金と取引先の支払い能力によって金利が上下しますので、金利比較でビジネスローンとの比較もおすすめです。

自己資金との比較
自己資金を使う場合、利息負担はありませんが、資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。
ファクタリングは、売掛金を現金化することで、自己資金を有効に活用することができます。

その他の資金調達方法との比較
他にも、クラウドファンディングやベンチャーキャピタルからの資金調達など、様々な資金調達方法があります。
しかし、これらは一定の条件を満たす必要があり、全ての企業が利用できるわけではありません。
ファクタリングは、売掛金さえあれば利用可能な、比較的手軽な資金調達方法です。

ファクタリングのメリット・デメリット ファクタリングを利用・実感した方の口コミ・体験談・ケース

ファクタリングを検討している事業主の方にとって気になるのは口コミや体験談だと思います。

メリット・デメリットがあるファクタリングですので成功談・失敗体験談も多々目にします。

そこで、インターネットやSNSから体験談・口コミを紹介します。

ファクタリング デメリット 3社間ファクタリング

私たちの会社は、製品の製造に多くの資金を必要としていました。
しかし、銀行融資の審査に時間がかかり、資金調達に困っていました。
そんな時、ファクタリングを知り、試しに利用してみました。
結果、売掛金を即日現金化でき、製品の製造をスムーズに進めることができました。
手数料は少々高めですが、その分、資金調達のスピードが格段に上がりました。

ファクタリング デメリット 口コミ

新しいプロジェクトの開始に伴い、大きな資金を必要としていました。
しかし、新規事業のため、銀行からの融資が難しい状況でした。
そこで、ファクタリングを利用することにしました。
売掛金を現金化することで、新規事業の資金を確保することができ、無事にプロジェクトを開始することができました。

ファクタリング メリット 体験談

新店舗の開設資金を調達する必要がありました。
しかし、信用情報が不利で、銀行融資が難しい状況でした。
そこで、ファクタリングを利用することにしました。
売掛金を現金化することで、新店舗の開設資金を確保することができました。
また、取引先の倒産リスクも回避でき、安心してビジネスを展開することができました。

よくある質問・Q&A・疑問・悩み 審査基準・必要書類・審査などの注意点

よくある質問詳細はこちら  

ファクタリングとの違いいろいろ

ファクタリングと手形割引の違いは?

ファクタリングと手形割引の主な違いは、財務サービスの対象となる資産の種類にあります。
ファクタリングは、売掛金(未回収の請求書)を財務会社に売却することによって資金を調達するサービスです。
これにより、企業は請求書が支払われるのを待たずに即時に資金を得ることができます。
一方、手形割引は、企業が持つ未到来の手形を割引価格で金融機関に売却し、手形の額面金額よりも低い金額で即時に現金を得ることができるサービスです。
手形割引では、手形の支払期日までの間に金融機関がその金額を回収します。
要するに、ファクタリングは売掛金に焦点を当て、手形割引は手形に焦点を当てた資金調達方法です。

買取型と保証型ファクタリングとは?

ファクタリングは、売掛債権を利用した資金調達方法の一つです。
買取型ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、当初の支払期日より前に現金化する方法です。
一方、保証型ファクタリングは、売掛債権の回収不能リスクを軽減するため、ファクタリング会社が売掛債権の回収を保証する方法です。
買取型ファクタリングは、現金化までの期間が短く、手続きが簡単である反面、手数料が高めで、売掛債権以上の金額は現金化できないというデメリットがあります。
保証型ファクタリングは、回収不能リスクを軽減できるため、取引先の信用力が低い場合や、海外取引などでリスクが高い場合に利用されます。
ただし、保証料が発生するため、費用がかかることがデメリットです。

【参考公式サイト】
クレジットカード業,割賦・金融業(日本標準産業分類小分類項目 643)の調査結果:総務省
ファクタリングの利用に関する注意喚起・注意点:金融庁

ファクタリングのメリット・デメリット:まとめ まずは一括見積もり・相場の確認を活用してみてください

ファクタリングは、売掛金を現金化することで、スピーディーに資金を調達する方法です。

そのメリットとしては、資金調達のスピードや信用情報の影響を受けにくい点、倒産リスクの回避、キャッシュフローの改善などがあります。

一方、デメリットとしては、手数料の負担や売掛先への通知、契約の柔軟性、売掛金の評価などが挙げられます。

しかし、これらのメリットとデメリットは、自社の状況やニーズにより、その重要性が変わるかもしれません。

資金調達は企業経営において重要な要素であり、その方法は一つではありません。

ファクタリングのメリットとデメリットを理解し、自社の状況に合った最適な資金調達方法を選びましょう。

気になる方は、お気軽にお問い合わせ・一括見積もり(無料)・相場の確認等を活用してみてください。