西日本ファクターの評判・口コミ:最短で即日1000万円迄買取り、九州、中国エリアのおすすめファクタリング会社

≪PR≫
西日本ファクターの評判・口コミ:最短で即日1000万円迄買取り、九州、中国エリアのおすすめファクタリング会社 ファクタリング

西日本ファクター

ファクタリング会社は、様々の強みを持っています。

  • 買取り額
  • 審査スピード
  • 手数料

などによる比較は容易ですが、それだけではありません。

以前紹介した建設業界に強い建設ガーディアンもその1つですし、エリアの強みもその1つです。

今回紹介する西日本ファクターは、
福岡を中心に九州・中国地方に強みがあるファクタリング会社です。

九州、中国エリアのファクタリング
最短で即日1000万円迄買取り(三社間なら3000万円迄)
対象地域:九州、中国、四国、近畿

北海道
東北
北海道、青森県、岩手県、宮城県
秋田県、山形県、福島県
関東 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
茨城県、群馬県、栃木県
中部 新潟県、富山県、石川県、福井県
山梨県、長野県、岐阜県、静岡県
愛知県、三重県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県滋賀県
奈良県和歌山県
中国・四国 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
香川県徳島県愛媛県高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県宮崎県
大分県鹿児島県沖縄県

>>西日本ファクター公式サイトへ

『西日本ファクター』とは

ファクタリングは、資金繰り・資金調達において非常に便利なサービスです。

よって、1度の利用に限らず、リピートする企業経営者・経理担当者も少なくありません。

となると、非常に重要なのがファクタリング会社選びです。

以前、ファクタリングのおすすめ優良会社を紹介しました。

  • 手数料
  • 融資額
  • 審査通過率
  • 即日対応・審査時間
  • 保証人、担保の有無

などをランキングではないですが比較しました。

ファクタリングの口コミ・評判堂
ファクタリング おすすめ 業種・業界に限らず、キャッシュフローは非常に重要です。 売上が大きく黒字であってもキャッシュフローが崩れれは倒産(黒字倒産)になりかねません。 取引会社によっては、請求月締め、翌々月払いなどの支払いサイクルも当たり

西日本ファクターは、福岡の地に事務所を構えるファクタリング会社です。

経理担当者・企業経営者であれば、
銀行や信金などの金融機関の担当者との付き合いの重要性は重々承知だと思います。

・新規事業取り組みによる融資のお願い
・給与振替え・送金サービス
・コンサルティング・提案
など、基本的にお金の相談ですが付き合い方によって企業の発展・衰退につながりかねません。

ファクタリング会社は銀行とは違い融資・お金の貸し借りの関係ではありませんが、

ファクタリング自体が売掛金を資金化するシステムとして、

  • 手数料
  • 買取額(利用額)

が重要となるため、ファクタリング会社との付き合いも重視せざるを得ません。

そこで、注目される地域密着型のサービス”西日本ファクター”は、
福岡を中心に九州・中国地方をカバー、強みを持っています。

【西日本ファクターの特徴】

  • スピード感
    最短で即日1000万円迄買取り可能です。
    *三社間なら3000万円迄
  • 個人事業主も可
    法人あての売掛債権なら法人、個人事業主問わず買取り可能です。
  • 独自審査
    融資と違い、税金滞納、赤字決算等の会社の経営状態を問いません
  • 取引先には知られず可能
    二社間取引なら売掛先に知られず買取可能です。
  • 地域密着
    地元に根付いた顔の見える取引きが可能です。
    九州・中国エリアならスピーディー対応が可能

>>西日本ファクター審査はこちら

西日本ファクターの口コミ・評判

西日本ファクターについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

Googleクチコミ、SNS:X(旧:Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などから
良い口コミ・悪い口コミ・怪しい・騙されたなどのクチコミを確認しました。

公式サイトにお客様の声(体験談・口コミ)が掲載されていたので紹介します。

西日本ファクター

急な大口受注を無事に獲得できました
突発的に大きな仕事を打診されると業績的には嬉しいのですが、資材の発注にも職人の手配にも現金が急に必要になって困る部分もあります。
支払いサイトが長い売掛があって、それを買い取ってもらって無事に受注できました。
取引が早かったので発注元にすぐ受注の連絡をできたのも助かりました。

西日本ファクター 口コミ

事業拡大の悩みが解消されて順調です
需要が増えているタイミングだなと事業の拡大を考えましたが、車両とドライバーを増やすにも手元に動かせる資金が乏しく決断を鈍っていました。
経営は黒字で上向きなのに売掛をすぐに運用できないのがネックだったのですが、西日本ファクターのファクタリングで資金化してもらい事業拡大に乗り出しました。
今では順調に準備が整っております。

西日本ファクター 評判

おかげさまでピンチを乗り切ることができました
工場を拡張して製造ラインを増やし、従業員も増やしました。
それ自体は良かったのですが、従業員の給料で悩んでおりました。
規模を拡大して受注は増えましたが入金までの期日がだいぶ先で、資金繰りがショートしそうだったんです。
拡張工事や設備の代金は銀行に融資を受けていて、さらに融資を受けるのは難しいだろうなと頭を抱えていたところ知人からファクタリング(西日本ファクター)のことを教えてもらいました。
こんな方法があるのかと驚きましたが、今では積極的に利用して資金繰り問題を解決しています。

西日本ファクターのファクタリング

ファクタリングは、
銀行に融資を断られたとしても売掛債権を買い取り資金化が可能です。
*担保や保証人も必要なく融資や借入金とは異なるものです。

借入ではないため、バランスシート(貸借対照表上)上の負債にもなりませんので、取引業者や金融機関からのイメージが悪くなることもありません。

売掛金(請求書・注文書等)の有無が基本なので赤字決済や債務超過の状態であっても、審査・買取が可能です。

西日本ファクターのファクタリングの流れは

2社間取引の場合(最も多い例)

  1. 取引会社へ売掛金の請求
  2. お問合せ(公式ホームページからメール送信)
  3. ファクタリング審査
  4. ファクタリング契約
  5. 売掛金の買取(契約・資金化)
  6. 取引会社から期日に売掛金の支払い
  7. 集金代行により、受け取った売掛金を入金後に支払い

になります。

2社間取引では、西日本ファクターの信用調査だけなので、取引先企業への連絡のやり取りは必要ありません。
取引先企業に知られずに利用できるため、

  • 審査が早いため、入金時間までが早い特徴があります
  • 信用を損なう心配もありません

償還請求権なしのファクタリング(ノンリコース)なら、
もし売掛金のある取引先が倒産しても支払いの義務はありません。
*経営破綻リスクも軽減

 

クラウド契約でスムーズ

西日本ファクターは、クラウド契約も導入しています。
オンラインで契約が出来る、クラウド契約にて、完全非対面にて契約を締結することができます。

従来、契約書に印鑑を押し締結していた契約をオンライン上で簡単に締結できるサービスです。
これにより、契約に関する時間の短縮が大幅に見込めます。
また、セキュリティに関しては、信頼のおける外部クラウド契約サービスを利用することにより、安心してご利用いただけます。
https://nishinihonfactor.jp/flow/

【よくある質問】

西日本ファクターについて疑問・質問・Q&Aなどよくある質問をまとめました

よくある質問  

西日本ファクターのお問い合わせ

そもそも売掛金は、支払期日が来れば、取引会社から入金されるものです。

わざわざ、手数料まで取られて売掛金を買い取ってもらうのは無駄と考えるかもしれません。

しかし、企業経営におけるキャッシュフローは、入金日まで待ってくれません。

取引先によっては、請求月締め・翌々月払いであれば、売掛としては立っていますが、手元にキャッシュがない状態で資金繰りに困る経営者も少なくないでしょう。

西日本ファクターに限らず、ファクタリングは、先に現金化が可能というメリットがあるわけですが、

だからこそ、手数料はシビアに考えたいものです。

ファクタリング会社を検索すると多くの場合、東京に事務所を構える会社が多いと思います。

その意味で、西日本ファクターの地域密着型サービス・顔が見える会社という魅力は無視できないでしょう。

手数料は審査によって決まりますが、それまでの信用や人間関係も1つのポイントです。

まずは、無料のお問合せ・ファクタリング審査を活用ください。

九州、中国エリアのファクタリング
最短で即日1000万円迄買取り(三社間なら3000万円迄)
>>西日本ファクター公式サイトへ

【契約時に必要書類】

  • 商業登記簿謄本・印鑑証明書
    契約書に署名押印するサインや印鑑の証明として提出
    ※他に身分証明書や住民票を求められる場合もあります
  • 基本契約書
    売掛先企業との間で取引基本契約を結んでいる場合
  • 銀行通帳
    過去の売掛先企業との継続的取引の有無確認の為、必要となります。
  • 決算書・確定申告書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料を二期分用意
  • 請求書等
    売掛金の元になる商品やサービスに対する個別の契約書や発注書、納品書、請求書など

《参考サイト》