日本中小企業金融サポート機構の口コミ評判:資金調達のファクタリングサービスの特徴・利用方法・必要書類・手数料・審査を解説

≪PR≫
一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構の評判・口コミ:事業資金・資金繰りならファクタリングがおすすめ ファクタリング

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

事業マッチングに強みがある企業・団体は、

  • 資金調達・ファクタリング
  • 事業再生
  • M&A
  • 事業承継

など、その取扱いは様々で、企業の将来性や現状の立ち位置の分析に優れています。

今回紹介する一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構は、
関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関として、中小企業に専門的な支援を行っています。

本記事では、一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構の特徴、メリット・デメリット、良い口コミ・感想、またよくある質問まで詳細に徹底解説します。

事業資金で困っているのであれば
一般社団法人だからこそ実現したサービス、中小企業のためのファクタリング
>>日本中小企業金融サポート機構公式サイトへ

『日本中小企業金融サポート機構』とは 日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービス

ファクタリングにも、いろいろな種類があります。

  • 買取ファクタリング
  • 保証ファクタリング
  • 医療ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 注文書ファクタリング

など、業種や条件によって多少変わります。

その中でも、中小企業におすすめ、特に経営者や経理 · 財務. 経理に携わっている人が活用するのが買取ファクタリングです。

売掛金をファクタリング会社が買い取り、売掛先からの入金日より前に早期資金化できるサービスですし、経済産業省も普及を進めており、融資に代わる資金調達方法として利用者(会社)が増えています。

最短即日で資金調達できるため、資金繰り改善・融資の審査中のつなぎ資金としても有効です。

日本中小企業金融サポート機構は、
その国が推奨する資金調達方法「ファクタリング」に強みがあります。

中小企業のバランスシート構成を見てください。

  • 現金預金 85.7兆円
  • 受取手形 15.4兆円
  • 売掛債権 75.6兆円
  • 在庫(棚卸資産) 46.9兆円
  • 有価証券 5.1兆円
  • 土地 86.9兆円
  • その他建物機械設備等 109.3兆円

日本中小企業金融サポート機構

大きな割合を占める売掛債権:75.6兆円

経済産業省の見解として、
「売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である」

具体的に国も売掛債権を有効に資金調達に向ける流れを推奨しています。

日本中小企業金融サポート機構の利用 ファクタリングに関する情報・概要

国も推奨しているファクタリング。

日本中小企業金融サポート機構もファクタリングを活用し中小企業をサポートしています。

【日本中小企業金融サポート機構が選ばれる理由】

日本中小企業金融サポート機構も含めてファクタリングの特徴は、

  • 申し込みから最短即日振込み
    急に資金が必要になった場合でも、最短即日で資金調達が完了します。
    銀行融資より圧倒的に早い資金調達方法、最速の資金繰り改善となります。
    *銀行の場合、信用・担保・審査で1か月程度かかる場合もあります
  • 保証人や担保の準備は不要
    ファクタリングは融資ではありません。
    売掛金の売買契約になりますので、第三者の保証人や不動産担保は一切不要です。
  • 信用情報への影響一切なし
    借入ではないため、信用情報に影響しません。
    財務状況・バランスシート影響が出ないため、融資の審査中のつなぎ資金として利用もおすすめです。
  • 赤字や税金・社会保険滞納での利用可能
    ファクタリングの審査で重要視されるポイントは、売掛先の信用です。
    申し込み会社が赤字でも債務超過でも税金未納など、融資の審査では不利となる要素があっても利用可能です。

こんな方におすすめ・おすすめのご利用タイミング 資金調達の際の申込方法・メリット・デメリット

ファクタリングは、売掛金を現金化することで、資金調達ができる方法です。

ファクタリングを検討する方には、以下のような方がいます

  1. 売掛先からの入金・回収サイクルが長くて困っている
  2. 融資の審査が通るまでのつなぎ融資を検討している
  3. 事業拡大に伴い、設備投資をする予定

また、ファクタリングのメリットには、以下のようなものがあります1。
☆売掛金を早期に現金化できる
☆信用情報に影響しない
☆審査基準が銀行融資より柔軟
☆取引先が倒産しても、支払い義務は発生しない
☆取引先に知られることがない
☆連帯保証人や担保は不要
☆貸し倒れのリスクを回避できる

一方、デメリットには、以下のようなものがあります
★手数料が発生する
★資金調達は売掛金の範囲内
★分割返済ができない
★債権譲渡登記が必要な場合も

以上のように、ファクタリングは、資金調達の手段として、売掛金を現金化することで、早期に資金調達ができるメリットがあります。
しかし、手数料が発生するなどのデメリットもあるため、日本中小企業金融サポート機構の利用する際には、メリットとデメリットを比較し、自社に合った資金調達方法を選択することが重要です。

日本中小企業金融サポート機構の特徴・他社比較 低手数料・申込み時の必要書類(請求書)・サービス内容・個人事業主の場合・入金時間

一般社団法人
日本中小機構金融サポート機構

  • 一般社団法人
  • 手数料下限1.5〜上限10%
    (安めの設定)
  • 印紙代なし
  • 審査結果まで30分
  • 即日振込
  • 個人事業主・フリーランスの対応可能
A社

  • 株式会社
  • 手数料8〜20%
  • 印紙代あり
  • 審査結果まで半日
  • 2〜3日で振込
  • 個人事業主のお取り扱いなし
B社

  • 株式会社
  • 手数料3〜15%
  • 印紙代あり
  • 審査結果まで1日
  • 3日で振込
  • 個人事業主のお取り扱いなし

日本中小企業金融サポート機構の評判・良い口コミ 実際の利用者・活用した人の声・悪い口コミ評判

ファクタリング会社検索をしている人は、
日本中小企業金融サポート機構の評判口コミが気になると思います。

SNS:X(旧:Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認し、お客様の声、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

Googleクチコミに実際に活用した人の口コミ・体験談が掲載されていたので紹介します。

日本中小企業金融サポート機構 口コミ

大口のお客さんからの入金が遅れ、日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービスを使いました。
融資や借金よりも手軽に使えていいですね。
いざという時はまたお願いします。

日本中小企業金融サポート機構 評判

初めて利用したんですが、他のファクタリング業者に比べて対応が良かった気がします。
入金もスムーズで手数料も安く、使いやすいなと感じました。

日本中小企業金融サポート機構 クチコミ

取引先からの入金が遅れて困ってた時に、友人の紹介で利用した日本中小企業金融サポート機構のサービス。
こういうサービスがあると、零細企業としてはかなり安心できる。
無事に資金調達も成功し、困ったときはまたお願いしようと思う。

日本中小企業金融サポート機構 怪しい

前回の対応がとても良く、再度利用させてもらいました。
同じ方が担当してくれたので、とてもスムーズに対応してもらえて良かったです。

ファクタリングに関しては、
【おすすめ】優良ファクタリング会社の口コミ・評判
即日OK!審査スピード・審査通過率、オンライン契約のファクタリングを紹介しました。

一般社団法人だから、日本中小企業金融サポート機構が一番おすすめ!というわけでもありません。

ファクタリングは、売掛債務を手数料を払って買い取ってもらうわけですから、

少しでも安い手数料を提示してくれる会社との出会いが一番重要です。

是非、ファクタリング会社 比較としてご活用ください。

関連記事・引用先サイト ファクタリングの注意点

以前ご紹介した”オススメのファクタリング会社”には、

みんなのファクタリングの評判・口コミ:完全オンライン型ファクタリング、非対面・土日祝でも最短60分振込・1万円~
うりかけ堂の評判・口コミ:最短審査時間2時間での資金調達、クラウドサイン対応・出張訪問も可

バイファクターの口コミと評判:ファクタリングの手数料、審査、買取金額(買取可能額:20万円〜5,000万円)、利用方法とメリット・デメリットを徹底調査
ファクタリングのTRYの評判・口コミ:最短で即日入金!売掛金を高額で買取り、24時間365日対応可能

アクティブサポートの評判・口コミ:資金化される売掛金・ファクタリングを無料見積査定、少額買取専門300万円までの資金調達

その他、一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構・支払い.com
注意点:ファクタリングは、契約内容に注意し相場チェック・多くの見積もり徹底比較が非常に重要です。

 

資金繰り・融資・M&Aコラム

日本中小企業金融サポート機構はコラムページで資金繰り・融資・M&Aに対する細かい情報を紹介しています。
・銀行融資
・公的融資
・助成金
・事業者ローン
・個人投資家
・ベンチャーキャピタル
・ファクタリング
・資金繰り
・事業再生
・M&A
・在庫買取

毎月、月に10%以上の金利を請求されている、コンサルタント契約を途中解約できない、資金調達サービスに申し込んだにも関わらず物品の契約をさせられたなどトラブルがあった人にもおすすめです。

資金調達についてのコラム | 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
日本中小企業金融サポート機構の銀行融資についてのコラム一覧になります。ファクタリングなどについて詳しく解説しています。

日本中小企業金融サポート機構の口コミ評判。本記事は最短即日入金対応が可能な一般社団法人日本中小企業金融サポート機構のファクタリングサービスの特徴やメリットデメリット、必要書類、低手数料1.5%、クラウド契約の提供、審査時間について解説しました。資金調達を検討の人に実際の利用者の声、2社間3社間ファクタリング会社をご紹介

【更新履歴】
2024年1月:記事リライト
2023年10月:口コミ・評判・感想を追加
2023年4月:画像追加
2022年9月:初期記事アップ

よくある質問:疑問・悩み・不安について

日本中小企業金融サポート機構について質問・疑問・心配、Q&Aなどのよくある質問をまとめました

売掛金とは

売掛金(うりかけきん)とは、商品やサービスを販売・提供した後、取引先から代金の支払いを受ける権利を指します。
つまり、売上に伴い発生する未回収の代金のことです。
*一般的に売掛金の入金日は30日〜60日後

どのような売掛金がファクタリングの対象となるのでしょうか?

完了した業務に関連する売掛金がファクタリングの対象となります。しかし、既に入金済みの売掛金や、業務が存在しない架空の売掛金は、対象外となります。

非対面のファクタリングとは?

非対面のファクタリングは、オンラインプラットフォームを通じて売掛金の買取が完結するサービスです。
クラウドベースのシステムやラウドサインなどの電子署名技術を活用し、物理的な書類や直接的な面会を必要とせずに取引を行います。
これにより、スピードと効率性が大幅に向上し、遠隔地にある企業や時間の制約がある事業者も容易に資金調達を行うことが可能、便利なサービスです。
非対面ファクタリングは、特に現代のデジタル化されたビジネス環境に適応した革新的な資金調達の方法として注目されています。

個人事業主の場合、ファクタリングのサービスは利用可能でしょうか?

売掛先が法人である場合、個人事業主の方もファクタリングのサービスを利用できます。

赤字や税金の滞納がある場合、ファクタリングは利用できるのでしょうか?

ファクタリングは融資とは異なるため、赤字や税金滞納があっても、サービスを利用することができます。

必要な金額を全てファクタリングで調達することはできるのでしょうか?

ファクタリングでの資金調達は、持っている売掛金の金額を基準として行われます。複数の売掛金を同時に売却することで、希望する金額を調達することも考えられます。
参考ページ:資金調達 ファクタリング

経営革新等支援機関とは?

中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、平成24年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」(現在の「中小企業等経営強化法」)が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されました。
認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を経営革新等支援機関として認定することにより、中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。

介護報酬債権とは?

介護報酬債権とは、介護サービス提供者が提供した介護サービスに対して、国や地方自治体、または健康保険などから受け取る報酬の請求権のことです。
この債権は、介護サービスが提供された後、介護保険から支払われる報酬に関連して発生します。
介護報酬債権は、その性質上、一定の条件を満たせばファクタリングによる資金調達に利用することも可能です。
ちなみに、介護報酬債権は買い取りについて日本中小企業金融サポート機構がおこなっているかは不明です。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

売掛先にファクタリングの契約内容を伝えたくないのですが、どうすればよいでしょうか?

契約方法として2社間契約や3社間契約の選択が可能です。
契約内容を売掛先に知らせたくない場合、契約時に2社間契約を選択することが推奨されます。

2社間ファクタリングの手続きは、売掛先の承諾が不要のため、利用者と本機構の2社間での契約でスピーディーに完結可能です。
今後のお取引にマイナスの影響が出ることはありません。
お急ぎでの資金調達を希望の方や売掛先の承諾を得ることが難しい方には、2社間ファクタリングがおすすめです。
3社間ファクタリングは、売掛先の承諾を得てから3社間での契約となるため、資金調達が完了するまで3~4日程度かかります。
しかし、低手数料で資金調達することができるので、手数料をおさえて利用したい方には、3社間ファクタリングがおすすめです。
*売掛先からの承諾を得るまでに数日要してしまう可能性があり、当日中に資金調達できないことがあります。

日本中小企業金融サポート機構のお問い合わせ 認知度の低い資金調達方法・事業再生・M&A・事業承継

日本中小企業金融サポート機構のサポート内容は、ファクタリングに限りません。
資金調達
資金調達と一口に言ってもさまざまな方法があります。
一般的な資金調達方法(金融機関からの融資・補助金・助成金)から、認知度の低い資金調達方法(手形割引・ファクタリング・エンジェル投資家からの出資)まで、それぞれの概要や特徴などをアドバイスしてくれます。

事業再生
取引先の業績悪化や倒産、自社の売上の急激な減少など、会社の資金繰りが悪化してしまうケース・リスクはあります。
悪化してしまった際にどういう手段をとることができるのか、日本中小企業金融サポート機構が概要や方法を紹介してくれます。

M&A・事業承継
長く築いてきた会社をこれからも存続させたい。
昨今問題となっている事業承継問題。
会社の存続を考えた方法を紹介、日本中小企業金融サポート機構の強みです。

事業マッチング
事業を拡大したいが取引先が少ないなど、困っている経営者様も多いかと思います。
企業同士を繋ぐ事業マッチング。
概要や特徴・メリット・デメリット・リスクなどを日本中小企業金融サポート機構が紹介・説明してくれます。

債権買取、資金調達までの流れ 申込、審査、契約、入金、その他対応

日本中小企業金融サポート機構の資金調達までの流れは以下の4点になります。

【4STEP】

  1. 申込み
    公式ホームページの「今すぐ無料見積」より申込み。
    *入力は会社名・法人・個人事業主・担当者名・携帯番号(電話番号)・メールアドレス
    確認次第、専属のスタッフから連絡、ヒアリングで申し込み内容・状況を確認します。
    必要資料等の説明を受けます。
  2. 査定・結果の案内
    必要資料を提出後、査定になります。
    査定結果に納得したら契約、もちろん、納得しなかった場合、断る・辞退することも可能です。
  3. ファクタリング契約
    査定結果にご納得したら契約となります。
    契約内容を丁寧に説明してくれ、不明な点があれば、お気軽に相談してみてください。
  4. 入金
    15時までに契約が完了した場合は、即日振込みが可能となります。
    急ぎの方は、事前に必要書類を準備し午前中にお問合せするといいと思います。
    必要書類:当機構規定の申込書・売掛先からの入金が分かる通帳コピー(3ヶ月分)・請求書・契約書など売掛金の発生がわかるもの・代表者様の身分証明書

まとめ:会社情報

事業資金で困っているのであれば
一般社団法人だからこそ実現したサービス、中小企業のためのファクタリング
手数料1.5%~の安さは魅力、最短30分で審査結果提示のスピード、審査通過率95%以上の実績、非対面契約OKなので手間いらず、印紙代(4200円)・郵送代(510円)が0円
お問い合わせだけでもOKなので気になる方は見積もりを出してもらいましょう。
>>日本中小企業金融サポート機構公式サイトへ
(フリーランス・個人事業主はもちろん各業種に対応:建設業・卸売業・製造業・運送業・輸出入業・運輸業・サービス業など)

≪参考サイト≫

  • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
  • 所在地・東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル 2階
  • 代表理事:谷口 亮
  • 営業時間・受付時間 平日9:30~18:00
    土日祝日休み・相談フォームからの申し込みは24時間365日可能
  • 事業内容
    経営コンサルティング事業(財務コンサルティング)
    各種提案・コンサルティング事業
    助成金・補助金申請
    ファクタリング業
  • 参考サイト:https://chushokigyo-support.or.jp/