ファクタリングはやばい?ファクタリングがやばいと言われる理由を解説、違法経営?利用方法・仕組み・注意点・企業の資金繰りに

≪PR≫
ファクタリングはやばい?!やばいと言われる理由を検証、契約時の注意点、ファクタリング会社の選び方 ファクタリング
  1. ファクタリングがやばいと言われる理由
    1. “やばい”と言われる背景・悪質なファクタリング会社:違法な経営?
  2. ファクタリングが活用される理由 メリット・デメリット:資金繰りの改善
    1. 民法が改正(債権法改正)による規制緩和
  3. やばいファクタリング会社 貸金業・違法な契約・実態がない会社・悪徳業者の見分け方と選び方
    1. 優良なファクタリング業者の選び方
    2. 1:ファクタリングベスト(おすすめ企業)
    3. 2:エスコム(おすすめファクタリングサービス)
    4. 3:ネクストワン(赤字決算や債務超過でも可)
    5. 4:アクティブサポート(債権譲渡登記設定)
    6. 5:アクセルファクター (年間相談件数3000件:オンライン上で手続き完了)
    7. 6:GMOフリーランスファクタリング(最短30分)
    8. 7:ラボル:上場会社が親会社
    9. 8:えんナビ(24時間365日対応可能)
    10. ファクタリングの基礎知識
    11. ファクタリング会社の特徴・仕組み 通知の必要の有り無、リコース・ノンリコース
    12. 買取型と保証型 取引先の支払い能力
    13. 契約時の注意点
    14. 他の資金調達方法との比較
    15. 違法業者の対応は?金融庁への報告
  4. ファクタリングの成功事例と失敗事例 手数料・安全性・ファクタリングを利用するポイント
    1. ファクタリングに依存するのは危険行為?
    2. よくある質問・Q&A:疑問・悩み・不安を解決・注意点
    3. 更新履歴:解説・追記
  5. ファクタリングはやばい:記事まとめ まずは気軽に見積もり依頼してみてください

ファクタリングがやばいと言われる理由

ファクタリングは、企業が資金調達を行う方法の一つで、売掛金を現金化することで、資金繰りを改善し、企業の成長を支援します。

しかし、近年、「ファクタリング やばい」という言葉を耳にしたことがある方も多いでしょう。

Google検索でも、やばいという単語が一緒に検索候補にあがってきます。

これは、悪徳業者が増加し、違法な営業で契約を迫ったり、不安を煽ったり、保証料の請求、高額な手付金要求・手数料を請求したりするケースが増えているためです。

この本記事では、

  • “やばい”と言われる背景
  • ファクタリングのメリットとデメリット
  • 悪徳業者の見分け方・こんな会社は要注意

そしてファクタリング会社の選び方について解説します。

“やばい”と言われる背景・悪質なファクタリング会社:違法な経営?

「ファクタリング やばい」というフレーズが広まった背景には、いくつかの要因が考えられます。

ファクタリングは、資金調達の手段として有効な金融サービスです。

しかし、”やばい”と言われる背景には、悪徳業者の存在があります。

悪質なファクタリング会社
一部のファクタリング会社が、契約者に不利な条件を押し付けたり、見積書や契約書の提示なしに過度な取り立てを行ったりするなど違法性のある業務事例が報告されています。
これらの事例がメディアで取り上げられることで、「ファクタリング=やばい」というイメージが広まってしまう可能性があります。

  • 高い手数料
    ファクタリングは、売掛金を即時に現金化するための手段ですが、そのサービスの利用料が非常に高い場合があります。
    特に、中小企業や個人事業主の場合、ファクタリング会社の提示する条件(手数料、利息など)が、経営にとって重荷となる場合があります。
  • 不透明な契約内容
    ファクタリング会社との契約内容が複雑で不透明な場合があり、契約者が十分に理解していないまま契約を進めることがあります。
    これにより、後で予期せぬトラブルやコストが発生する可能性があります。

ファクタリングが活用される理由 メリット・デメリット:資金繰りの改善

メリット
ファクタリングのメリットには、資金繰りの改善、売掛金の早期回収、審査が取引先、など便利なサービスです。

資金繰りの改善
売掛金を資金化することで、資金繰りが改善されます。
これにより、運転資金の確保や、新たな事業の展開が可能になります。
売掛金の早期回収
ファクタリング会社が売掛金を買い取ることで、売掛金の回収が早まります。
審査の特異性
銀行融資と比較すると、ファクタリングの審査には大きな違いがあります。
銀行融資は、借入会社の財務状況が審査されます。
対して、ファクタリングの場合、請求先が審査されます。
よって、ファクタリングを利用する会社の財務状況は関係なく借りやすい傾向があります。
取引先への影響が少ない
ファクタリングは、クライアントに対して直接的な影響が少ないため、関係に悪影響を与えにくいです。

民法が改正(債権法改正)による規制緩和

民法にも記載されている資金調達方法、経済産業省も資金調達手段として推奨しているわけでに決してファクタリングはやばいものではありません。
資金調達の選択肢の1つとして非常に有効です。
*2020年、民法が改正(債権法改正)され、譲渡制限特約がついた売掛債権でもファクタリングが可能(規制緩和)に

デメリット
一方、デメリットとしては、手数料がかかる、取引先に対しての信用が失われる可能性がある、などが考えられます。

手数料がかかる
ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらう際に、手数料が発生します。この手数料が高額になる場合があります。
クライアントに対しての信用が失われる可能性
一部のファクタリング会社では、取引先に通知が行くため、取引先からの信用を失う可能性があります。
悪徳業者のリスク
悪徳業者に騙されるリスクがあります。
法外な手数料を請求・要求されたり、上乗せされたり、手数料が途中から変動したり、強引な勧誘、違法な契約を迫られたりする可能性があります。

参考ページ:ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリング やばい

やばいファクタリング会社 貸金業・違法な契約・実態がない会社・悪徳業者の見分け方と選び方

では、なぜ悪徳業者のファクタリング会社が存在するのか?

大きな理由は、
ファクタリングは貸金業ではなく、ファクタリング業者は貸金業の登録を受ける必要がないことが1つの要因です。

そこで、やばいファクタリング悪徳業者の見分け方を説明します。

悪徳業者に騙されないためには、以下のポイントに注意することが重要です。

過度なセールス
業者が過度なセールスを行ってきた場合、チェックが必要です。
市場相場よりも高額な手数料
市場相場よりも高額な手数料を請求する業者には注意が必要です。
違法な契約を迫る
違法な契約を迫ってくる業者には注意が必要です。
契約通り代金が支払われなっかり、貸付などの文言が出てきたり・・・
会社の存在が分からない
代表者名、住所、連絡先、設立年数などを公式サイト上に公開されていない会社、実態・実在していないような場合は悪徳業者である可能性があります。
近年、問題となったものに悪徳業者の逮捕として一般社団法人「ハートフルライフ協会」の逮捕事件があります。
中小企業に法外な金利で金を貸し付けたなどとして、警視庁は、一般社団法人「ハートフルライフ協会」(東京都中央区)の幹部ら男6人を貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで逮捕した。
企業が未払い料金を取引先から受け取る権利(売り掛け債権)を安く買い取る「ファクタリング」業者を装っていたが、同庁は営業実態から、事実上の「ヤミ金」業者とみて調べている。

生活経済課によると、6人は2016年11月ごろ~20年4月ごろ、貸金業登録がないのに香川県や宮城県の中小企業の経営者ら5人に計約1億3千万円を貸し付け、法定金利の8倍から34倍にあたる利息計約3千万円を受け取った疑いがある。いずれも否認しているという。
これら摘発がファクタリングのイメージを悪化させているのは間違いありません
出典元:朝日新聞デジタル

優良なファクタリング業者の選び方

ファクタリングは会社が保有している資産なので、銀行(金融機関)などからの借入ではないため負債(バランスシート・貸借対照表上:B/Sの負債)にならない特徴もあります。

良いファクタリング業者を選ぶためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 実績
    業者の実績を確認しましょう。長い実績がある業者は、信頼できる可能性が高いです。
  • 業者選びの徹底
    ファクタリング会社を選ぶ際には、その実績や評判をしっかりと調査し慎重に選ぶことが重要です。
    また、業界団体に加盟しているかどうかも、信頼性の一つの指標となります。
  • 契約内容の詳細確認
    ファクタリングの契約を結ぶ前に、契約内容をしっかりと確認し、不明点や疑問点は業者に質問することが大切です。
  • 手数料の交渉
    ファクタリングの手数料は、業者や契約内容によって異なります。
    そのため、手数料をしっかりと認識し、必要であれば交渉することも考慮すると良いでしょう。
  • 長期的な視点での検討
    ファクタリングは短期的な資金調達の手段として魅力ですが、長期的な視点での利用を検討することも重要です。
    特に、継続的にファクタリングを利用する場合、そのコストやリスクをしっかりと評価する必要があります。

そもそも、ファクタリングは、
ファクタリング会社によって

  • 手数料
  • 買取額(上限・下限)
  • 買取まで期間(即日・翌日)

変わりますのでメリット・デメリットも変わりますので、まずは無料見積もりを取るところ・比較するところから始まります。

1:ファクタリングベスト(おすすめ企業)

ファクタリング/売掛金一括査定サイト
優良ファクタリング会社最大4社に相見積もり ファクタリング一括見積もり やばい?

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能

《基本的なファクタリング会社》 ファクタリング相見積もりサイト やばい

《ファクタリングベストなら》 ファクタリングなぜ怪しいと思われるのか?

一番有利なファクタリング会社が
簡単に見つかります!

 
《ファクタリングベストの口コミ》

ファクタリング一括査定 デメリット

銀行融資もビジネスローンや個人のキャッシングも限度額いっぱい。
しかも、赤字の業績。そんな状況で、どうしても月末の人件費の支払いが厳しくなった時に救われたのが、ファクタリングでした。
人件費は、どうしても先の支払いになるため資金繰りには悩まされ続けています。
そんな当社にとってファクタリングは、今や最後の砦です。

>>一括見積もりはコチラから

 
株式会社フューチャーリンク
札幌市中央区北2条西28丁目1-26 エストラーダ円山3F
公式サイト:https://futurelink-cvc.net/

2:エスコム(おすすめファクタリングサービス)

赤字決算・税金の未納・個人信用ブラック・銀行とリスケ中でも契約可能(全国対応)
即日完結業界最安水準(最低手数料1.5%〜)のおすすめファクタリングサービス ファクタリング やばい?

  • 手数料:売掛金の総額の5%~12%(3社間の場合、1.5~5%)
  • 申込方法:電話・FAX・メール・郵送
  • 審査・入金:最短即日・スピーディー入金
  • 利用額:30万円~1億円

>>エスコム公式サイトへ
 
株式会社エスコム:s-com, Inc.
大阪府大阪市淀川区西中島4-3-21 NLCセントラルビル406
公式サイト:https://scom-f.jp/

3:ネクストワン(赤字決算や債務超過でも可)

赤字決算や債務超過でも資金調達可能、資金調達の成功率96%を起こるオススメのファクタリング会社
業界トップクラス(最低手数料1.5%〜:3社間ファクタリング やばいのか?

  • 手数料:5%~10%
    ※3社間:1.5%~8%
  • 審査・入金:最短即日
  • 利用額:30万~上限無
  • 申込方法:面談、郵送、電子契約

>>ネクストワン公式サイトへ
 
株式会社ネクストワン
東京都千代田区内神田3-24-4 9STAGEkanda 6F
公式サイト:https://next1-one.jp/

4:アクティブサポート(債権譲渡登記設定)

少額買取専門 ”300万円”までの資金調達ですが、請求書1枚で調達可能なファクタリング会社 ファクタリング やばい会社

  • 手数料:2%~14.8%
  • 手数料以外の費用:なし
  • 債権譲渡登記の設定:原則として必須
  • 審査方法:訪問・電話・WEB
  • 審査通過率:90%
  • 審査時間:最短即日
  • 調達までの時間:即日対応可能
  • 利用可能額:原則300万円
  • 審査に必要な書類:通帳コピー・請求書(確定債権)・本人確認のための資料(運転免許証やマイナンバーカードなど)の提出
  • 契約方法:郵送・来社・訪問対応
  • キャッシュフローコンサルタントの有無:◎

>>アクティブサポート公式サイトへ
 
株式会社アクティブサポート
東京都豊島区南池袋二丁目13番10号 南池袋山本ビル3階
公式サイト:https://ac-s.net/

*手数料以外にかかる費用として、登記費用や印紙税が発生する場合もあります。

5:アクセルファクター (年間相談件数3000件:オンライン上で手続き完了)

買取申込額累計290億円超の取引実績・即日資金調達なら(対応エリア:全国対応) ファクタリング 悪徳業者

  • スピード:5割以上が即日入金・最短2時間のスピード感
  • 調達可能額:30万〜1億円対面・郵送・オンライン上で手続き完了
  • 手数料:2〜20%

>>アクセルファクター公式HP
 

運営会社・株式会社アクセルファクター
東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
公式サイト:https://accelfacter.co.jp/

6:GMOフリーランスファクタリング(最短30分)

クリエイターのためのファクタリングサービス、担保や保証人も不要 ファクタリング 危険性

  • 会員登録:不要
    審査完了までスムーズ、写真付き身分証などの登録も不要
  • 審査スピード:最短30分
  • 審査書類:請求書のみ、手間は最小限
  • 手数料:9.5%
  • 担保・保証人:不要

>>GMOフリーランスファクタリング公式HP
 
会社名:GMOクリエイターズネットワーク株式会社(GMOグループ)
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
公式サイト:https://ennavi-factoring.com/

7:ラボル:上場会社が親会社

自営業・個人事業主・フリーランス向けの請求書買取・ファクタリング、資金調達サービス ファクタリング 個人事業主 オンライン

  • 入金スピード:最短60分
  • 最小利用額:1万円~
  • 手数料:10%
  • 担保:必要なし
  • 保証人:必要なし
  • 信用情報調査:照合せず

>>ラボル公式サイトへ
 
運営元・株式会社ラボル(親会社:株式会社セレス 東証プライム上場会社・100%資本)
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエア タワー 24階
公式サイト:https://labol.co.jp/

 

8:えんナビ(24時間365日対応可能)

業界最低水準の手数料・徹底した秘密厳守・24時間365日対応可能なファクタリング(対応エリア:全国対応) ファクタリング ヤミ金

  • 調達時間:最短1営業日・スピード資金調達可能
  • 手数料:5%~
  • 融資可能額:50万円~5000万円(法人から個人事業主まで)
  • 安心のノンリコース契約(償還請求権ナシ・返済義務無し)
【えんナビ利用者の感想】
ファクタリングは何度か利用した事があったのですが、どこも利用額に対して費用が高いと感じており、使いづらい印象でした。
ちょっとした資金繰りを行うためにファクタリングを検討していたところえんナビさんの噂を耳にしたため、見積りだけ取ってみようかな、という軽い気持ちで申し込み。
その日のうちに営業スタッフから内容確認の連絡が入り、その後すぐに見積書(買取額)・契約内容をメールで送ってくださいました。
届いた見積書を見た私はまず何といっても、今まで利用してきたファクタリング会社よりも手数料が安さに大変驚きました。
当然、すぐにえんナビさんにお願いする事に決めました。
また利用させて頂きます

>>えんナビ公式サイトへ
 
運営会社・株式会社インターテック
東京都台東区東上野3-5-9 本池田第二ビル4階
公式サイト:https://ennavi-factoring.com/

その他、一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構なども
関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等援機関。

ファクタリングの基礎知識

ファクタリングに関しては、これまでにも

などを紹介しました。

[ファクタリングのメカニズム]
ファクタリングの流れは以下のようになります ファクタリング ヤバすぎる

参考:エスコム:2社間ファクタリング

  1. 企業A(申込者)が商品やサービスを提供し、売掛金を発生させる。
  2. 企業Aはこの売掛金をファクタリング会社Bに売却する。
  3. 会社Bは、売掛金の一部を差し引いた金額を企業Aに即時支払う。
  4. 会社Bが売掛金の回収を行い、その際のリスクも負担する。
【ファクタリングでの資金調達の流れ】

具体的に相談・申込みから契約まで4つステップは以下になります。

  1. 相談・申込み
    各公式ホームページにある問い合わせフォームから送信。
    電話・FAX・メール・オンライン面談などで申込みに必要な書類の連絡があります
    *最近は、LINEでのやり取りという会社も
  2. 審査
    必要書類が揃ったら審査になります。
  3. 契約
    審査に通過したら電話もしくはメール等で結果が伝えれます。
    契約内容に納得したら契約締結
  4. 入金
    契約後、速やかに希望する銀行口座へ振込みされます。

以上で一般的なファクタリング申し込みの流れです。

ファクタリングの契約は手間がかかる?必要書類は?

ファクタリングで用意するものは、各社審査の方法・契約時の契約内容(契約書)の記載によって若干変わりますが、
売掛債権(請求書・注文書・納品書)、個人の身分を確認できるもの、取引先との入出金が確認できる通帳の写しなどです。

銀行口座・預金通帳(指定期間のコピー:入出金の通帳・WEB通帳等)
その他決算書・直近の確定申告書(昨年度のもの)・納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本
初回の実施の場合は必要書類が複数になる場合もあります。
*取引が初めての場合、慎重になるため

ファクタリングは、前述の通り、企業が資金繰りを改善するための一つの手法として、近年注目を集めています。

ファクタリング会社の特徴・仕組み 通知の必要の有り無、リコース・ノンリコース

企業が持つ売掛金を第三者のファクタリング会社に売却し、即時に資金を調達する手法を指します。
売掛金は、商品やサービスの提供後、一定期間後に入金されるものですが、この待ち時間を無くして現金化することができます。

≪ファクタリングの方法・種類≫

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング
  • 無保証型ファクタリング
  • 有保証型ファクタリング

などの上記も無視できません。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングは、売主(企業)とファクタリング会社の2者間で取引が行われる形態を指します。
クライアントにファクタリングを利用していることを通知する必要ないため、取引先との関係を審判する必要がありません。
売掛金の回収は、売主が取引先から行い、その後でファクタリング会社に対して清算を行います。

別に違法な取引ではありません。
第466条【債権の譲渡性】
債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングは、売主(企業)、ファクタリング会社、そしてクライアントの3者間で行われる形態を指します。
売主は取引先にファクタリングを利用していることを通知する必要があります。
売掛金の回収は、取引先からファクタリング会社が直接振り込まれます。

無保証型ファクタリング(ノンリコースファクタリング)とは?

ノンリコースファクタリングは、売掛金の回収リスクをファクタリング会社が全て負担する形式のファクタリングを指します。
つまり、売掛金の回収ができなかった場合でも、元の企業はその差額を補填する責任がありません。
これにより、企業は資金調達を行いつつ、回収リスクから解放されるメリットがあります。

有保証型ファクタリング(リコースファクタリング)とは?

リコースファクタリングは、売掛金の回収ができなかった場合(不払い・倒産等)、元の企業がその差額の全額を補填する形式のファクタリングを指します。
この方式では、ファクタリング会社は一時的に資金を提供しますが、最終的な回収リスクは元の企業が負担します。

買取型と保証型 取引先の支払い能力

ファクタリングは通常、「買取型」と「保証型」に分類されます。

  1. 買取型ファクタリング
    これは、ファクタリング会社が売掛金を企業から買い取り、その後、取引先から直接回収を行うタイプのファクタリングです。
    この場合、売掛金を売った企業は、ファクタリング会社に売掛金を売却した後、取引先の支払い能力に関連するリスクから解放されます。
  2. 保証型ファクタリング
    これは、ファクタリング会社が売掛金の支払いを保証するタイプのファクタリングです。
    契約先が支払いを行わなかった場合、ファクタリング会社は、売掛金を売った企業に対して、未回収の売掛金の支払いを行います。

資金調達に活用されるファクタリングは買取型ファクタリングになります。

買取型ファクタリングは、
手元にある売掛債権(請求書・注文書等)を、ファクタリング会社に買い取ってもらうことで、本来の支払いサイトより早く現金化できるサービスです。
買取額も10万円程度の少額から1000万円、1億円、無制限の会社もあります。
キャッシュフロー悪化を回避させるものです。
逆に、手数料を支払うため、利益の目減りにもなります。

契約時の注意点

契約時には、手数料、契約期間、売掛金の買取価格などを確認することが必要です。

ファクタリングの契約書の以下の点に注意することが必要です。

  • 手数料: 市場相場を把握し、適正な手数料を取っている業者を選びましょう。
  • 契約期間: 契約期間について、しっかりと確認しましょう。長期間の契約を結ぶ場合、将来的なリスクも考慮することが大切です。
  • 売掛金の買取価格: 売掛金の買取価格についても、市場相場を理解し、適正な価格であるか見直しましょう。
  • 契約の解除条件: 契約の解除条件についても、事前に確認しておくことが大切です。

他の資金調達方法との比較

資金調達は、多くの企業やスタートアップにとっての重要な課題です。
適切な資金調達方法を選ぶことで、ビジネスの成長や安定を実現することができます。
ファクタリングと他の主要な資金調達方法、すなわち銀行融資、クラウドファンディング、ベンチャーキャピタルとの違いについて詳しく解説します。

ファクタリング ファクタリングは、企業が持つ売掛金をファクタリング会社に売却し、即時に資金を調達する方法です。

  • 特徴: 売掛金の即時現金化、回収リスクの軽減
  • 対象: 資金繰りに困っている中小企業や、売掛金が多い企業
銀行融資 銀行や金融機関からの借入れを指します。

  • 特徴: 低い金利、長期の返済期間
  • 対象: 信用情報が良好な企業、安定した収益を持つ企業
クラウドファンディング 一般の人々からの小額の資金を集める方法。リワードベースやエクイティベースなど、様々な形式が存在します。

  • 特徴: 製品やサービスの市場テスト、広告効果
  • 対象: 新しいアイディアやプロジェクトを持つスタートアップ、一般消費者との直接的な関係を持つ企業
ベンチャーキャピタル 投資家や投資ファンドからの資金調達。株式の一部を譲渡することで資金を得る。

  • 特徴: 大きな資金調達が可能、ビジネスのアドバイスやネットワークの提供
  • 対象: 高い成長ポテンシャルを持つスタートアップ、将来の大きなリターンを期待できる企業
闇金:悪徳業者からの資金調達 通常の金融機関よりも手軽に資金を調達できることが売り。
しかし、高い金利や不透明(明記が曖昧)な契約内容が多い。

  • リスク: 過度な金利や手数料、不利な契約条件など、後々の返済が困難になる可能性が高い。
    詐欺被害・闇金被害
  • 対象: 通常の金融機関からの融資が難しい企業や個人。

各資金調達方法には、それぞれの特徴や対象となる企業があります。
ファクタリングは、資金繰りの改善や回収リスクの軽減を目的とした資金調達方法であり、即時の資金ニーズに応えることができます。
一方、銀行融資やベンチャーキャピタルは、より大きな資金調達を目指す企業に適しています。
クラウドファンディングは、新しいアイディアやプロジェクトの市場テストを行いながら資金を調達する方法として注目されています。
適切な資金調達方法を選ぶことで、ビジネスの成長や安定を実現することができます。

そもそも資金繰りの悪化の原因は、売り上げが上がっていない、出費が多いなど運転資金のです。
資金管理は重要ですから売掛先の取引先リスト・買掛金の取引先リストを作成し、カレンダー管理するなど管理が前提です。

ちなみに、アクト・ウィルは借入一本化(複数の金融機関からの借金をまとめてひとつの債務にして、借金返済をスムーズにする債務整理法)に注力しています。

違法業者の対応は?金融庁への報告

違法業者に対しては、契約を結ばない、金融庁に報告する、などの対応が必要です。

契約を結ばない
違法業者である可能性がある場合、契約を結ばないことが最も重要です。
金融庁に報告する
違法業者であると確信した場合、金融庁に報告しましょう。
警察に報告する
違法業者からの嫌がらせや脅迫があった場合、警察に報告しましょう。

トラブルが解決しない場合、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、法的なアドバイスを受けましょう。

ファクタリングの成功事例と失敗事例 手数料・安全性・ファクタリングを利用するポイント

ファクタリングを利用して、資金繰りを改善し、事業を拡大した成功事例があります。

ファクタリング ヤバいと言われる理由

ある中小企業が、新しい事業を展開するための資金を必要としていました。
しかし、銀行からの融資は難しく、資金調達に困っていました。
そこで、ファクタリングを利用することを決意しました。
選んだファクタリング業者は、手数料が適正で、取引実績が豊富な業者でした。
契約内容もしっかりと確認し、無保証型のファクタリングを選びました。結果、資金繰りが改善され、新しい事業の展開に成功しました。

一方で、悪徳業者に騙され、高額な手数料を支払った失敗事例もあります。
典型的なヤバい手口・ヤバいファクタリング会社です。

ファクタリング 取り立て

ある個人事業主が、資金繰りの改善のために、ファクタリングを利用しました。
しかし、選んだファクタリング業者は、市場相場よりも高額な手数料を請求する悪徳業者でした。
契約内容も不透明で、契約の解除条件も不利でした。
結果、高額な手数料によって、資金繰りはさらに悪化し、事業が困難な状況に陥りました。

これらの事例を分析することで、ファクタリングの利用時に注意すべきポイントが見えてきます。

適正な手数料: 適正な手数料を取っている業者を選んだことが、資金繰りの改善につながりました。
契約内容の確認: 契約内容をしっかりと確認し、無保証型のファクタリングを選んだことが、リスクの軽減につながりました。

一方、失敗事例では、以下のポイントが失敗の要因となっています。

高額な手数料: 高額な手数料を請求する悪徳業者を選んだことが、資金繰りの悪化につながりました。
契約内容の不透明さ: 契約内容が不透明で、契約の解除条件も不利であったことが、事業の困難な状況につながりました。
不審に思ったら、一度立ち止まって考えたいところですが、悪徳業者は間髪入れず契約に持っていきます。
事例から学ぶことで、ファクタリングを上手に利用するためのヒントが得られます。

適正な手数料を取っている、信頼できる業者を選ぶことが、ファクタリングの成功につながります。

契約内容が自社にとって不利な条件でないか確認することが、リスクの軽減につながります。

 

【ファクタリングのリスクと対策】

借入れ(借金)の場合、返済の必要がありますが、
ファクタリングの場合、取引先から入金があったタイミングでファクタリング会社に支払う形であるため、返済とは少し形は異なります。

ファクタリングは、

  1. 手数料・買取額
  2. 入金までの時間

一般的に、この2つをしっかり確認することで”やばい!ファクタリング会社”に騙されることはありません。

そのため、最低限のリスク対策を把握しておきたいところです。

ファクタリングには、取引先の信用失墜、貸し倒れリスク、高額な手数料などのリスクがあります。

高額な手数料: 一部のファクタリング業者は、市場相場よりも高額な手数料を請求する場合があります。
取引先の信用失墜: 顧客にファクタリングの事実が知られると、取引先からの信用を失う可能性があります。
悪徳業者のリスク: 悪徳業者に騙されるリスクがあります。違法な契約を迫られたり、高額な手数料を請求されたりする可能性があります。

【対策】
リスクを回避するためには、取引先との信頼関係を保つ、適正な手数料を確認する、などの対策が必要です。

  • 手数料: 市場相場を確認し、適正な手数料を取っている業者を選びましょう。
  • 取引先との信頼関係の構築: 納品先との信頼関係を構築し、ファクタリングの事実を事前に共有することで、信用失墜のリスクを軽減できます。
  • 業者の選び方: 金融庁に登録されている、信頼できる業者を選びましょう。
  • 契約内容の確認: 契約内容、契約の解除条件についても事前に確認しておくことが大切です。

ファクタリングに依存するのは危険行為?

ファクタリングに依存するのは危険行為ですか?

ファクタリングは、事業者が保有している売掛債権を現金化するための資金調達手段の一つです。
ファクタリングに依存すること自体は必ずしも危険行為ではありません。

ファクタリングは企業の資金調達手段を拡大し、特に現金流の管理が重要な時期に迅速な資金供給を可能にします。

ファクタリングは、売掛金を即時に現金化できるため、企業が資金繰りの厳しい状況を乗り越え、新たなビジネスチャンスを活用するための「橋渡し」となり得ます。

また、従来の銀行融資とは異なり、ファクタリングではクライアントの信用度が主に評価の対象となるため、若い企業や信用履歴が少ない企業でも利用しやすい特徴があります。

さらに、ファクタリングを利用することで、企業は債権管理や回収の手間を省き、本業に集中することができます。

これにより、効率的な経営と事業の成長を促進できる可能性があります。

ただし、ファクタリングに依存する際には、利用する会社の選定、契約条件の精査、コストと利益のバランスを慎重に考慮することが重要です。

適切に利用すれば、ファクタリングは企業の財務戦略において有効なツールの一つとなり得ます。

よくある質問・Q&A:疑問・悩み・不安を解決・注意点

ファクタリングは違法なのですか?やばいものですか?

ファクタリング自体は合法ですが、違法な手法を取る業者も存在します。そのため、業者を選ぶ際は、金融庁に登録されているか、手数料が適正であるかなどを確認することが重要です。

ファクタリングの手数料は高いですか?

ファクタリングの手数料は業者によって異なります。市場相場を確認し、適正な手数料を取っている業者を選びましょう。

ファクタリングはどのような企業に向いていますか?

資金繰りに困っている企業、特に中小企業や個人事業主に向いています。
融資のハードルが低く気軽に審査が可能なため、多くの企業に利用されるようになってきました。

ファクタリングのリスクは何ですか?

高額な手数料、取引先の信用失墜、悪徳業者のリスク、契約の解除リスクなどがあります。

ファクタリングのメリットは何ですか?

資金繰りの改善、取引先の信用リスクの軽減、資金調達のスピードアップなどがあります。
企業経営者にとって、会社の存続を左右するキャッシュフロー改善に欠かせないサービスです。

参考ページ:資金調達におすすめのファクタリング

分割払いを持ちかけてくるファクタリング会社は、違法業者ですか?

はい、分割返済可能を持ちかけてくるファクタリング会社は、違法業者である可能性が高いです。
ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、資金調達を行う方法です。
そのため、売掛先から回収した売掛金は、ファクタリング会社に一括で支払う必要があります。
分割返済を認めると、債権の売買ではなく貸付とみなされるため、ファクタリング会社は貸金業の登録を受ける必要があります。
貸金業の登録を受けずに分割払いを行っているファクタリング会社は、違法業者、意図的であればやばい会社である可能性があります。

ファクタリングと銀行融資の違いは何ですか?

ファクタリングは売掛金を担保に資金を調達する方法で、銀行融資は銀行からお金を借りる方法です。
ファクタリングは審査が比較的緩やかで、資金調達のスピードが速いという特徴があります。

給料ファクタリングとの違いは何ですか?

給与ファクタリングとファクタリングの違いは、対象となる債権の種類です。
ファクタリングは、事業者が保有する売掛債権を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービスです。
一方、給与ファクタリングは、個人が勤務先から受け取る給与(賃金債権)を給与支給日より前に、一定の手数料を徴収して買い取るサービスです。
したがって、ファクタリングは事業者を対象としたサービスであるのに対し、給与ファクタリングは個人を対象としたサービスであるという違いがあります。
また、ファクタリングは債権譲渡契約(債権の売買契約に該当:金銭消費貸借契約)を締結をベースに行われるのに対し、給与ファクタリングは貸金契約(貸金業の免許が必要)に基づいて行われることであるため、全く別物、誤解されている最大の理由です。

似て非なるものであり、給与ファクタリングに関しては、以下のような事件も起きています。
2021年1月、給料を受け取る権利を客から買い取り、現金を貸付ける「給料ファクタリング」を無登録で営んだうえ、債権回収・法外な利息を得たとして、警視庁は、給料ファクタリング大手「ZERUTA(ゼルタ)」(東京都新宿区)の社長ら男女7人を貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の容疑で逮捕されました。

利息制限法及び出資法の上限金利を越え立件(過去には法定金利の19倍という法外な金利で貸し付け等も)されたり、貸金業ではないのに給与ファクタリングを行い違法と認められた判例(実刑判決または執行猶予付き判決)は多数見受けられます。

売掛債権担保融資とファクタリングの違いは?

売掛債権担保融資とファクタリングは、どちらも売掛債権を活用した資金調達の方法ですが、以下のような違いがあります。

項目 売掛債権担保融資 ファクタリング
仕組み 売掛債権を担保に融資を受ける 売掛債権を買い取ってもらう
手数料 融資手数料(利息) 買い取り手数料(割引率)
資金の流れ 金融機関から融資を受ける ファクタリング会社に売掛債権を売却する
売掛先への通知 金融機関から通知される 売掛先に通知される(3社間ファクタリングの場合)
会計処理 負債として計上される 売上減少として計上される
審査の難易度 通常の融資と同等 売掛債権の質が重視される
資金調達までの期間 数週間から数か月 最短即日

 

ファクタリングと手形割引の違いとは?

ファクタリングと手形割引は、どちらも売掛債権を現金化する資金調達の方法です。

対象となる債権の種類
・ファクタリングは売掛金
・手形割引は受取手形

売掛債権の回収リスクの負担
・ファクタリングはファクタリング会社が負担
・手形割引は利用者が負担

手形割引は、受取手形(商品やサービスを提供した相手から受け取る有価証券)を金融機関に割引してもらい、その対価として金融機関から現金を受け取るサービスです。金融機関は、受取手形の支払期日に受取手形の金額を売掛先から回収します。

したがって、ファクタリングは売掛債権の回収リスクをファクタリング会社が負担する一方、手形割引は売掛債権の回収リスクを利用者が負担することになります。

ファクタリングの審査とは?

ファクタリングの審査では、主に以下の3つのポイントが確認されます。

  1. 売掛先の信用力
  2. 売掛債権の回収可能性
  3. ファクタリング利用者の信用力

《売掛先の信用力》
ファクタリング会社は、売掛債権を買い取った後に、売掛先から現金を回収する必要があります。
そのため、売掛先の信用力を重視して審査を行います。
口座名義を確認し、取引先からの入金も確認します。

売掛先の信用力を確認するためには、売掛先の財務状況や経営状況、取引実績などを調査します。
また、売掛先の業界や取引先の状況なども考慮します。

《売掛債権の回収可能性》
ファクタリング会社は、売掛債権の回収が確実であると判断した場合にのみ、買い取りを行います。
そのため、売掛債権の回収可能性を確認するために、売掛債権の金額や支払期日、売掛先との取引内容などを調査します。

また、売掛債権が担保付きである場合は、担保の価値も考慮します。

《ファクタリング利用者の信用力》
ファクタリング利用者の信用力も、審査の重要なポイントです。
ファクタリング会社は、売掛債権の回収が滞った場合に、ファクタリング利用者から代位弁済を受ける可能性があります。
そのため、ファクタリング利用者の財務状況や経営状況などを調査して、代位弁済が可能なかどうかを確認します。

また、ファクタリング利用者がファクタリングを利用する目的や、資金の使い道なども考慮します。

 

更新履歴:解説・追記

2024年2月:必要書類・利用者の感想を追加
2023年12月:ファクタリングがやばいと言われる理由・実際・仕組みを解説
2023年10月:民法・危険行為・法律的な制限・観点を追加
2023年9月:初回記事アップロード

ファクタリングはやばい:記事まとめ まずは気軽に見積もり依頼してみてください

“ファクタリング やばい”というフレーズは、
ファクタリングのリスクや悪用に対する警戒感の意味で目にします。

金融庁は悪質なファクタリング(ヤミ金融業者)に関して
ファクタリングの利用に関する注意喚起をしているのも事実です。

そもそも、ファクタリングは、資金繰りを改善し、企業の成長を支援するための有効な手段です。

しかし、悪徳業者に騙されるリスクもあります。

そのため、契約内容をしっかり確認し、金融庁に登録されている信頼できる業者を選びましょう。

また、契約時には、手数料、契約期間、売掛金の買取価格などを確認してください。

万が一、トラブルが発生した場合は、速やかにファクタリング業者に連絡し、対応を求めることが大切です。

ファクタリング/売掛金一括査定サイト

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能

>>一括見積もりはコチラから

ファクタリングとは?

ファクタリングは売掛金比較がポイント

売掛債権は時間が経てば、指定の口座に振り込まれます。

ファクタリングは、
その期間を大きく短縮し、資金繰りを助けてくれるものです。

ただ、手数料は、各ファクタリング会社によって変わります。

手数料:3%・5%・10%・15%・・・。

シンプルに一番手数料の安いファクタリング会社選びがポイントです。

”全国対応”の一括見積もりサイト”ファクタリングベスト”の活用を

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能
あなたの選ぶべきファクタリング会社が簡単に見つかります!

優良ファクタリング会社最大4社に相見積もり

ファクタリングベスト紹介ページへ

ファクタリングファクタリング やばい