事業資金エージェントの口コミと評判:ファクタリング会社の手数料や利用方法を解説、売掛金を早期に現金化、最短即日、資金調達

≪PR≫
事業資金エージェントの評判・口コミ:ファクタリングで3時間で売掛金を早期に現金化!!最短即日、事業資金調達 ファクタリング

事業資金エージェント

ファクタリングで資金調達を行ったことがありますか?

例えば、手元に200万円の売掛債権(売掛金)があったとします。

しかし、請求書を取引先に発行し会社の口座に入金されるのは、翌月・翌々月の月末です。

資金調達は急を要します。

事業資金エージェントのファクタリングを利用すれば、3時間で現金化・資金化が可能です。

今回は紹介する事業資金エージェントは、
アネックス株式会社が運営する売掛金で最短即日、事業資金調達が可能なファクタリング会社です。

本記事では、注目の事業資金エージェントの利用法・審査や手数料、メリット・良い口コミ・評判、またよくある質問まで徹底解説します。

『事業資金エージェント』とは 顧客満足度95%・10万円から最大2億円まで(少額可)・審査通過率90%以上

翌々月の月末に入金予定の200万円の請求書が、なぜ3時間で現金化されるのか?

事業資金エージェントのファクタリングのシステムを1例紹介すると

200万円の売掛金のうち”150万円”を”手数料8%”で事業資金エージェントが買取。
*8%ということは138万円で買取(手数料12万円)

即指定口座に振込まれる金額は、138万円

翌々月の月末、取引先から200万円の振り込みがされたら、150万円を事業資金エージェントに振込。

要するに1ヶ月・2カ月先の入金を、ファクタリング会社に手数料(12万円)を払って、即現金化するスキームになります。

  • 即資金化された138万円
  • 手元に残る50万円(200万円-150万円=50万円)

事業資金エージェントのファクタリングによって、

キャッシュフローを健全化される1例です。

事業資金エージェント

ファクタリングで資金調達するなら
担保・保証人は不要、売掛金を早期に現金化なら
顧客満足度95%、年間取扱件数:3,000件以上、10万円から最大2億円迄利用可能、最短2時間で契約締結、審査通過率90%以上、手数料は1.5%~。
>>事業資金エージェント公式サイトへ

事業資金エージェントの利用・売掛債権の現金化 経済産業省中小企業庁もファクタリングを推奨

ファクタリングは違法ではないのか?

気になる人も少なくないでしょう。

そもそも、欧米ではポピュラーな事業資金調達方法であるファクタリングです。

ファクタリング自体、融資のような「貸付」ではなく「売掛金の売買契約」であるため、負債にはなりませんし決算書(バランスシート)が悪くなることなく、資金繰りの改善が可能です。

事業資金エージェントをはじめとしたファクタリング会社が、売掛債権の現金化までを行う売買取引ですが、経済産業省中小企業庁もファクタリングを推奨しています。
参考ページ:経済産業省中小企業庁

債権譲渡禁止特約の解除とは?
売掛金や債権者と債務者との間の契約に”譲渡制限特約”と言って、他社への譲渡を禁止する制限があります。
これによって、売掛債権の売買であるファクタリングの障壁になります。
この撤廃を国が推進し、資金繰りを銀行の借入れや不動産担保に頼らないポジションを目指しています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの特徴 風評被害に注意喚起

事業資金エージェントのファクタリングは2社間ファクタリングを基本としています。

2社間ファクタリングは、

  1. ファクタリング会社である事業資金エージェント
  2. 売掛債権を買い取ってほしい申し込み会社

その名の通り、2社間で行われる契約です。

ファクタリングは、これに取引先(請求先)を交えた3社間ファクタリングもあります。

しかし、この3社間ファクタリングは利用によって、
取引先から「資金繰りが厳しいのか?」と思われる事象も起きています。

経済産業省中小企業庁は、
この3社間ファクタリングにおける風評被害にも注意喚起を促し、ファクタリングの認知向上を目指いしています。

ファクタリングサービスのメリットを解説

  • 売掛金を早期に現金化が可能
    売掛金をファクタリング会社(事業資金エージェント)に譲渡売買することにより、早期に現金化することができるので、キャッシュフローの改善が期待できます。
  • 融資・借入にならない
    金融機関等からの融資は「借入金」となりますが、ファクタリングは”事業資金エージェント”との「売掛金売買」となるため、借入金とはなりません。
  • 売掛先倒産でも返済義務なし
    もし売掛先が倒産した場合でも、支払いする義務はありません
    早期資金調達とリスクの低減を同時に行えるのもファクタリングのメリットです。
  • 秘密を保持
    事業資金エージェントとの2社間で行うファクタリングの場合、売掛先(取引先)への連絡等は一切行わないため、最後まで売掛先に知られることなく事業資金調達が可能です。
    信用低下のリスクもありません。
  • 担保・保証人は不要
    ファクタリングであれば、取引先(売掛先)の信用が重視されるため、申し込み会社の借入れ状況や財務内容(税金滞納、保険料滞納でも対応OK)に関してはそれほど問いません。
    またファクタリングの場合、担保や保証人等も不要です。

事業資金エージェントの評判・口コミ 注目の事業資金エージェントの口コミ・体験談

ファクタリング会社を探している人にとって事業資金エージェントの口コミ評判は気になると思います。

Googleクチコミ、SNS:X(旧:Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などをチェックし、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトにお客様 ご利用事例(口コミ・体験談)が掲載されていたので紹介します。

事業資金エージェント 口コミ

売掛金を早期に資金化

都内で内装業を営んでいます。
直近では新規工事の受注も増えていて、それはそれで嬉しい限りですが、工期が延びたりすると、入金のズレが生じ、工事の一部再委託費用や建築材料の仕入費用の先払いでどうしても資金繰りに困ることが多々あります。
当社の場合、銀行からの融資枠の制限もある中、ある時、同業の仲間から売掛金を早期に資金化できるファクタリングというサービスがあることを教えてもらい、その仲間も利用していた事業資金エージェントを勧められました。
ファクタリングという資金調達方法は使ったことがないサービスだったこともあり、正直、最初は不安もありましたが、担当の方も大変親身になって相談にのっていただき、当日という無理な要望にも快く対応していただき、いまではとても感謝しています。
サービス内容だけではなく、担当さんの人柄にも惹かれ、最初の取引をはじめてからはまだ数ヶ月ですが、当社の資金調達パートナーとして、いまでは非常にいいお取り引きをさせて頂いてます。

事業資金エージェント 評判

ピンチの時に助かりました

当社は広告代理店として、名古屋を中心に活動している会社です。
とある大手広告代理店の下請けとして対応した約1000万円のプロジェクトの報酬が入金予定日の当日になっても入金確認ができず、問い合わせたところ、一緒に下請けとして対応していた他代理店が担当する業務の納期遅延を理由に、施工主の振込が遅れるとのことでした。
当社もこの入金をあてにして、数件の支払いを予定していたこともあり、急にピンチの状態に陥り、早急にキャッシュが必要となりました。
正直なところ、この支払いに対応できるほどの資金もなかったため、まずは銀行に連絡したものの、すぐの融資対応は難しいという返答。
そんな時、インターネットを使っていろいろな資金調達方法を調べたところ、ファクタリングというサービスがあることを知り、急いで数社に問い合わせを入れました。
その後、数社のファクタリング業者さんとやりとりをしましたが、結果として、一番対応も良く、スピーディーに、そして何より手数料も安かった事業資金エージェントにその売掛金を買い取ってもらい、何とかその時のピンチを乗り切りました。
こういう仕事をしていると、どうしても納期に入金が左右されてしまうのですが今後もピンチの時に頼れて相談できる会社として、事業資金エージェントの利用をお薦めします

事業資金エージェント クチコミ

ホームページ制作・IT関連業

我が社は、首都圏に拠点を置き、大手広告代理店を経由して、ホームページ制作などを受注および制作するIT関連業を展開しています。
資金面でいうと、当社のような下請けのIT業は特に人件費の割合が非常に高く、案件に対して給与の支払いは先行するのに、案件に対する売上の入金はあとになる、という特性があり、銀行からも度々つなぎ資金融資を受けていました。
実は今回も銀行からの融資をあてにして担当者に相談をしていたのですが、事前申し込みの段階で税金の未納分を指摘され、納付して納税証明書を提出しない限り、融資は難しいと言われてしまいました。
税金滞納があると融資は難しいことは知っていましたが、給料日は迫っており、その時に利用したのがファクタリングでした。
数社に問い合わせた中で、対応が丁寧であったこと、そして何よりもスピード対応をしてくれるということで事業資金エージェントさんを利用することにしました。
また事業資金エージェントさんは、未納であった税金に関する分納納付に関する助言や交渉方法も教えてくれました。
おかげさまで今では、給与未払いという最悪の結果を免れただけではなく、税金の未納も解決を実現しました。
ファクタリングという方法は使い方次第だとも思いますが私たちのような会社には重要な選択肢の1つにできると思います。

事業資金エージェント ファクタリング

ビジネスチャンスを活かすために

当社は10台前後のトラックで、主に短距離~中距離を中心とした運送業を営んでいますが、先日、取引先から長距離便の依頼がありました。
長距離はうちではない他社に依頼していることは把握していましたが、運賃の賃上げ交渉があったらしく、今後は長距離も当社に依頼したいとのことでした。
当社としても業績を一気に伸ばすことができる絶好の機会ではあるものの、長距離を担うには人材の用意とともに、長距離用トラックの手配も必要でした。
トラックに関しては銀行融資で調達できる目処は立ちましたが、求人費用をはじめとした人材の初期採用コストと、トラック購入の頭金が必要な状況であっととき、売掛金を素早く現金化できるファクタリングという選択を決意し、事業資金エージェントさんのファクタリングサービスに出会いました。
当社においても、ファクタリングという手法ははじめてであり、不安もある中、あとには引けない気持ちで商談に臨みましたが、事業資金エージェントさんはとても親身に対応してくれました。
取引先も通知・納得して頂けたので3社間で対応し調達金額を確保しました
ファクタリングという手段を使う企業においては、いろいろな背景や理由があるのだと思いますが、当社のように、ビジネスチャンスを活かすことにも使える手法なのではないでしょうか。

 

アネックスニュース

事業資金エージェントを運営しているアネックス株式会社

事業内容は、飲食業界を中心とした以下の各種コンサルティング業務ならびに付帯する関連業務
・経営戦略系コンサルティング
(経営・人事・営業・管理・業務改革 等)
・各種マーケティングリサーチ業務
・各種プロモーションコンサルティング
・人材育成・人材採用関連コンサルティング
・各種研修・講演・セミナー 等
を行っています。

【更新履歴】
2024年1月:記事リライト
2023年10月:口コミ・体験談・評判を追加
2023年5月:画像追加
2022年12月:新規記事アップ

よくある質問・疑問・悩み 即日対応・必要書類

事業資金エージェントについて疑問・質問などよくある質問をまとめました

よくある質問  

ファクタリングと他の資金調達方法との比較 信用情報・銀行融資との違い

ファクタリングは、売掛金を担保にして資金を調達する方法です。

企業は売掛金をファクタリング会社に売却し、その代金を前払いで受け取ります。

これにより、支払い期日を待たずに即時的なキャッシュフローを改善することができます。

【他の資金調達方法との違いを調査】
他の資金調達方法には、銀行融資、エンジェル投資、ベンチャーキャピタル、クラウドファンディングなどがあります。
これらの方法は、ファクタリングと比較して、審査が厳しく時間がかかる傾向があります。また、返済スケジュールや利息の支払いが発生する点も異なります。

ファクタリングのメリット

ファクタリングの最大のメリットは、迅速な資金調達が可能であることです。また、信用情報に依存せずに資金を得られるため、新規事業や信用実績が少ない企業にとって有利です。

ファクタリングのデメリット

一方で、ファクタリングは売掛金の一部を手数料としてファクタリング会社に支払う必要があるため、実質的な資金調達コストが高くなる可能性があります。また、契約内容によっては、売掛金の回収リスクを企業が負うケースもあります。

資金調達のためのファクタリング活用法
資金調達のためにファクタリングを活用する際には、売掛金の質やファクタリング会社の選定が重要です。適切なファクタリング会社を選ぶことで、手数料を抑えつつ迅速な資金調達が可能になります。

ファクタリングは、特にキャッシュフローを重視する中小企業にとって有効な資金調達方法です。
他の資金調達方法と比較して、その手軽さとスピード感は大きな利点と言えるでしょう。
しかし、コストやリスクを十分に理解した上で、適切なファクタリングサービスを選択することが重要です。

関連記事・引用先ページ

バイファクターの口コミと評判:ファクタリングの手数料、審査、買取金額(買取可能額:20万円〜5,000万円)、利用方法とメリット・デメリットを徹底解説
うりかけ堂の評判・口コミ:最短審査時間2時間での資金調達、クラウドサイン対応・出張訪問も可
アクセルファクター:【年間相談件数3000件】【買取申込額290億円超】ファクタリング・即日資金調達なら
ネクストワン:手数料・審査・必要書類、即日入金、資金調達に利用したいファクタリング会社
JTCの評判・口コミ:業界トップクラス最低水準の手数料1.2%~10%のファクタリング、年商7,000万円以上の企業限定

その他、一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構・支払い.com
ファクタリングは、契約内容に注意し相場比較・見積もり比較が非常に重要です。

事業資金エージェントのファクタリング:記事まとめ おすすめファクタリング会社・利用手続き

ファクタリングに関しては、
おすすめの”ファクタリング”会社ランキングとして、

  • 手数料比較
  • 買取額比較
  • 即日買取が可能な会社

を紹介しています。

事業資金エージェントの契約方法は、

  • 手数料1.5%~
    業界最低水準の手数料設定(最安値水準)
  • 請求書で早期現金化
    入金までのストレス・不安を解消
  • 10万円から最大2億円迄利用可能
    高額買取も可能です
  • 契約時は最短2時間で振込が可能
    8割以上の方が、2時間で振込完了の実績、短期で資金調達が可能
  • スマホでオンライン手続きで完結
    非対面でファクタリングサービスを受けられます。
  • 新規事業主でもOK
    個人事業主の方、フリーランスでも申込み可能

が特徴です。

申し込みの流れ・注意点について

事業資金エージェントの契約までの流れを紹介すると

  1. 申し込み(相談・お問い合わせ)
    公式ホームページのインターネットお申し込みフォームからお問合せ・相談
    買取希望金額(~100万円・101万円~200万円・201万円~500万円・501万円~1000万円・1001万円~3000万円・3001万円~5000万円・5001万円~)・法人名・代表者名・所在地(都道府県)・保有の売掛金・メールアドレス・電話番号なども入力・選択
  2. 面談・審査
    面談でヒアリングを実施、審査はオンライン。
    必要書類(本人確認資料(免許証/マイナンバーカード等)、ご入金がわかる通帳、成因証書:売掛金がわかる請求書)を揃え、メールやFAXで送信、売掛先の審査を行います。
    ※審査結果:審査所要時間は、概ね30分程度
  3. 最終確認
    審査終了後、買い取り条件を提示。
    契約書の内容・詳細な条件を検討し納得したら契約日時の決定。
    ※来店の必要はありません。
  4. 実行
    契約締結完了後、即日で指定口座から手数料を引いた金額が振込まれます。
    契約時は、身分証明書・法人謄本(履歴事項全部証明書)・実印・印鑑証明・決算書等が必要
契約時の必要書類は、全て事前に揃えておくことで即買取が可能となります。
注意点:不備があれば、翌日になってしまう場合もあります。

まとめ:会社概要・運営会社

ファクタリングで資金調達するなら
担保・保証人は不要、売掛金を早期に現金化なら

顧客満足度95%、年間取扱件数:3,000件以上、最短2時間で契約締結、審査通過率90%以上、手数料は1.5%~。
初めての方も大歓迎、急激な売上の増減による資金ショート、企業の利益や成長のための資金繰り改善に非常に便利なファクタリングを是非、活用してみてください。
>>事業資金エージェント公式サイトへ

《参考サイト》

ファクタリングとは?

ファクタリングは売掛金比較がポイント

売掛債権は時間が経てば、指定の口座に振り込まれます。

ファクタリングは、
その期間を大きく短縮し、資金繰りを助けてくれるものです。

ただ、手数料は、各ファクタリング会社によって変わります。

手数料:3%・5%・10%・15%・・・。

シンプルに一番手数料の安いファクタリング会社選びがポイントです。

”全国対応”の一括見積もりサイト”ファクタリングベスト”の活用を

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能
あなたの選ぶべきファクタリング会社が簡単に見つかります!

優良ファクタリング会社最大4社に相見積もり

ファクタリングベスト紹介ページへ

ファクタリング事業資金エージェント