ファクタリング手数料の相場・取引にかかる費用の内訳、ファクタリングの手数料を抑える方法を紹介|企業の資金調達ついて解説

≪PR≫
ファクタリングの手数料を安くする7つの方法:2023年、ファクタリングで賢い資金調達活用方法 ファクタリング

ファクタリング 手数料

ファクタリングの手数料を安くする方法・抑える方法はあるのか?

保有する売掛債権(請求書)や注文書・発注書を現金化できるファクタリング。

本来、請求書は取引先に発送すれば、翌月・翌々月等、支払いサイトには入金されるものです。

資材の購入や人件費などの経費を滞りなく支払うために、スピーディーな資金調達手段として有効活用したい!
そんなファクタリングですが手数料が高ければ、せっかくの事業成果を無駄にするだけです。

そこで、今回の記事は、
ファクタリングの手数料を安くする方法として、

  • ファクタリング手数料の相場
  • ファクタリングの手数料を安くする具体的な方法
  • 手数料が安いファクタリング会社”2024年1月最新版”

について徹底解説、ファクタリング会社の選び方として参考にしてください。

ファクタリングの手数料の相場は?

ファクタリングを運営している会社は、手数料で成り立っています。

資金調達をしたい申込会社から依頼された請求書を受注(買取)し、請求先からの入金のタイミングで申込会社から回収するシステムです。

そのため、取引先が倒産したり、支払いが遅れるなど回収のリスクが伴います。

そのリスク回避が、ファクタリングの手数料に転化されています。

一般的なファクタリング手数料の相場は、
2社間ファクタリング・3社間ファクタリングで区切ることができ、

  • 2社間ファクタリング:5%~20%
  • 3社間ファクタリング:1%~10%

等が目安ですがファクタリング会社によってマチマチです。

そもそもファクタリングの審査は、

2社間ファクタリング・3社間ファクタリング以外にも

取引先(請求先)会社の支払い能力(売掛先の信用力)や売掛債権買取額、利用回数、キャンペーン等によって変わります。

ファクタリング会社のホームページに表記されている手数料も、あくまでも想定ですので、実際にファクタリング審査を行ってみるまで分からないのが実情です。

そこで手数料に影響するファクタリング契約内容についてピックアップしてみました。
関連記事:おすすめのファクタリング

ファクタリング手数料に影響を与える要因・契約内容 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング取引

それでは、具体的にファクタリングの手数料に影響する項目を詳細に見ていきたいと思います。

《2社間ファクタリング・3社間ファクタリング》

ファクタリングを説明する時、

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

の仕組みを説明することで、大枠を紹介することが可能です。

2社間ファクタリングは、その名の通り、

  1. 資金調達をしたいファクタリング利用者
  2. ファクタリング事業社

売掛金を売却する企業とファクタリング会社の2者間で契約を交わす形態・ファクタリング契約です。

下記のイメージ・フローです。
ファクタリング 手数料
参考:Buy factor(手数料:1%~)

  • 2社間ファクタリングのメリット
    2社間の契約であるため、申込・審査・入金までのスピードが速く、即日審査(営業日であれば最短1時間等)・即日融資・買取(24時間以内・遅くとも翌日)が可能です。
    債権譲渡(ファクタリングした事実)がされたことを売掛先の会社に知られることなくファクタリング契約ができるため、売掛先に内緒で資金調達・取引先との信頼関係に影響を与えないメリットがあります。
  • 2社間ファクタリングのデメリット
    取引先からの入金の確証が取れないリスク・未回収リスクをぬぐえないため手数料が高くなります。

《3社間ファクタリング》

2社間ファクタリングに対して、請求先である取引先企業の承諾を得て、3社で契約するファクタリングが3社間ファクタリングです。
売上代金が、直接ファクタリング事業社に入金されるお金の流れです。

  1. 資金調達をしたい会社
  2. ファクタリング事業社
  3. 売掛先(取引先)の会社

ファクタリング 手数料を安くする方法

  • 3社間ファクタリングのメリット
    2社間ファクタリングと比べると手数料が割安になるというメリットがあります。
  • 3社間ファクタリングのデメリット
    契約の前提に売掛債権譲渡通知が必須であるため
    ★売掛債権譲渡の手続きに時間を要する
    ★取引先に債権譲渡を拒否される場合がある
    ★取引先に経営内・業績悪化など関係悪化・悪印象を与える可能性がある
    デメリットがあります。

上記のように、
ファクタリング会社にとっては売掛債権未回収のリスクが緩和されるため、2社間より3社間の方が手数料が低くなります。

《取引先・請求先会社の支払い能力》

ファクタリングの審査は、資金調達を行いたい申込会社ではなく、請求先である取引先を重視します。

  • 請求書がしっかり決済されるか?
  • 支払お期日に入金が確認できるか?

要するに、支払い能力が審査のポイントとなります。

ファクタリング会社は、取引先の信頼性・会社規模・経営状態等を確認した上で支払い能力を確認します。

支払いリスクがなく経営が安定してれば、手数料が大きく上がる心配はありません。

ちなみに、2社間ファクタリングの場合、取引先には内緒で審査を行います。

《ファクタリング取引額》

ファクタリング会社もビジネスです。

企業の資金繰り改善のサポート役の立ち位置であっても、慈善事業ではありません。

ファクタリングの取引金額(請求書・注文書等)の大小に関わらず、審査等の業務は変わりません。

よって、債権買取額が安い場合、その分、手数料は高くなる場合があります。

《利用頻度・利用回数》

ファクタリング会社は、貸金業ではありませんが金融機関(銀行)同様、信用を重要視します。

初回申込の企業、頻繁にファクタリングを行っている企業では信用度が変わります。

利用頻度・実績は、ファクタリング会社としても手数料で還元・柔軟性、また融資スピードにも影響を与えます。
リピート率の高いファクタリング会社も1つの指標になると思います。

《ノンリコース・ウィズリコースについて》 償還請求権なし/ありの場合・利用者に責任が発生する可能性

万が一、取引先が倒産してしまったどうなるのか?

ファクタリング契約で心配になる1つの要因です。

  • ファクタリングを申し込んだ企業が責任を追うのか?
  • ファクタリング会社が負担するのか?

ファクタリングの契約には、

  • 償還請求権なし(ノンリコース)
  • 償還請求権あり(ウィズリコース)

2種類があります。

もし、取引先が倒産等で支払いが不可能となった場合、

回収不能分の損失を

  • 償還請求権なし(ノンリコース)の場合、ファクタリングが責任を追う
  • 償還請求権あり(ウィズリコース)の場合、申込会社・利用者が責任を追う

請求する権利のありなしがこれで決定します。

よって、ノンリコース(責任を追う必要なし)を選択すると、手数料はその分、高くなります。

関連ページ:ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリング会社の手数料を安くする具体的な8つの方法 手数料を抑えるコツ

ファクタリングの手数料のカラクリを理解することで、手数料を安くする方法も見えてきたと思います。

ファクタリングは、借入や融資ではないため負債(バランスシート・貸借対照表上:B/Sの負債)にならない特徴、信用情報に傷がつく心配もなく、国(引用:経済産業省中小企業庁)も資金調達手段として推奨しています。

だからこそ健全な形で、また、少しでも手数料が安く・リスクを抑えた形で、ファクタリング契約を実行したいところです。

そこで、ファクタリングの手数料を安くする具体的な方法を紹介します。

企業として資金調達する上で、取引先との関わり合いにも影響が出るため、必要な契約方法を選択しファクタリング会社と手数料交渉をしてもらればと思います。

【①3社間ファクタリングを選択する】
通常、2社間ファクタリングを選択することが多いですが、

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、圧倒的に3社間ファクタリングの方が手数料は安くなります。

取引先に内緒で行いたいという場合は、
2社間がオススメですが、手数料だけに主眼を置いた場合、3社間ファクタリングになります。
ちなみに2社間・3社間、両方を対応している会社、2社間のみの会社もあります。

【②売掛先の信用力】

ファクタリングの審査は上記で紹介した通り、請求先の支払い能力が審査・評価されます。

  • 利用履歴・取引履歴(長期で安定的に仕事を請け負っている証拠)
  • 定期的に請求が発生している通帳等の入金記録

売掛先の信用力が手数料に反映する訳ですが、少なからずそのためのサポートをすることで手数料を操作することが可能です。

【③信頼度:信頼関係をアピールする】

ファクタリング会社は、請求先の企業以外に、少なからず申込会社も調査します。

  • 受け応えはしっかりしているか?
  • 信頼関係を築けるか?虚偽はないか?
  • 今後も長期の付き合いができるか?

ファクタリング時の面談での対応は、契約時は真摯な態度で対応することをおすすめします。

ちなみに二重譲渡等、ファクタリング会社を騙すような行為は禁止、詐欺罪に問われる場合もあります。

【④クラウドサイン・オンラインを活用したファクタリング会社を選択する】

ファクタリング会社は、利益追求のために、経費・手間の削減に努めています。

面接において、担当スタッフの申込企業への訪問・地方出張等を行う場合、

  • 移動に関する交通費・移動時間
  • 1日に対応できる会社数・人員

経費がかかり、より多くの人員確保が必要となります。

そこで、クラウドサインやオンラインを活用することで経費削減、業務の効率化を図っています。

  • ZOOM(ズーム)を活用したオンライン面談
  • クラウドサインを活用したオンライン契約

など、経費削減を手数料還元しているファクタリング会社もありますのでチェックしておきたいところです。

【⑤償還請求権あり(ウィズリコース)の契約(条件付き)】

償還請求権に関しては、人それぞれ・会社としての判断が分かれます。

請求先が倒産し、売掛金が回収できない場合、
償還請求権なし(ノンリコース)の契約であれば、ファクタリング会社が責任を追うため、申込会社は何の心配をする必要がありません。

とはいえ、手数料を考えたらウィズリコース(償還請求権あり)の方を選択したいところです。

取引信用保険・売掛金保証として、以前、URIHO(ウリホ)を紹介しました。

売掛金保証は、

  • 倒産:破産・民事再生・不渡り
  • 1ヵ月以上の支払い遅延:資金不足・夜逃げ・事務所の閉鎖

など、取引先の未払い・回収不能時に、その金額を保証してくれるサービスです。

会社として売掛金保証の契約をしておくことで、ファクタリングでは、償還請求権あり(ウィズリコース)を契約しても倒産リスクを回避できることになります。

9,800円/月~で、何社でも売掛金保証の登録が可能なので、少し紹介しておきます。


最低利用期間なし、今なら30日間無料期間中

【⑥キャンペーンを利用する(乗り換え)】

ファクタリング会社は、新規顧客獲得のキャンペーンとして、ファクタリング乗り換えプランを設けている会社があります。

企業として、キャンペーンを立ち上げている以上、ファクタリング手数料のメリットを受けられる可能性は高いでしょう。

乗り換えプランで言えば、他社で一度ファクタリングを実施したことのある企業に限られます。

システムを理解している企業へのファクタリング実施という側面から手数料還元の傾向があります。

【⑦”重要”複数のファクタリング会社を徹底比較する】

ファクタリングは、一度しか利用できないわけではありません。

請求書(注文書等)があれば、いつでも資金調達できる非常に便利なサービスです。

また、永久指名などはなく、一度利用した会社からの乗り換えも自由です。

逆に、利用回数・長期的な取引・付き合いで手数料も優遇されるため、先を見据えたファクタリング会社の選定もポイントです。

その意味で、ファクタリングを行う時は、都度、手数料比較を行うことをおすすめします。

  • 納得できる手数料か?
  • 買取額としも文句なしか?

初めて行う時はもちろんですが、
2度目以降も、付き合いのあるファクタリング会社はもちろん、他のファクタリング会社との相見積もりをもらうことで、最も手数料の安い業者を見つけることが可能です。

その上で、付き合いのあるファクタリング会社とさらに交渉することで、ファクタリングを実施する度に手数料を”コンマ1(0.1)”でも抑える形が夢ではありません。

ファクタリングにかかる手数料の基礎知識・内訳 登記費用・事務的な経費

手数料の内訳は、各社明確に表記されているものではありません。

ファクタリング手数料1.5%~の一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構の公式サイトに記載されていますが、

内訳は、
大きく分けて

  • 「基本手数料(ファクタリング会社の収入)」
  • 「登記費用」
  • 「事務的な経費など」

の3つになります。

登記費用は「債権譲渡登記」にかかる費用のことで、
債権回収リスクを抑える債権譲渡登記では司法書士報酬に5万円〜10万円ほど、登録免許税に7,500円ほどになります。

経費において一部のファクタリング会社では、出張対応を行った際に「出張費」として高額な費用を請求したり、用途が不透明な経費を手数料として請求される場合があります。
事前に、見積時に手数料以外にも消費税の所在・料金内容の確認をおすすめします。

手数料が安いファクタリング会社 資金調達に活用

以前、

などで、
東京、大阪、福岡、名古屋など各エリアに強みを持つ会社、全国展開・強みのある会社、ファクタリングの手数料についても紹介・徹底比較しました。

資金繰りで悩みんでいる企業経営者は少なきないでしょう。

その悩みをファクタリングで改善、別に難しい話ではありません。

たた少なからず、悪徳会社は存在します。

手数料が30%を超えているなど、どんなに切羽詰まっていたとしても、契約はおすすめできません。

闇金に手を出すようなものです。

そこで、手数料が安いファクタリング会社をおすすめランキングの形ではありませんが、公式サイトに掲載されている手数料をもとに評判のいいファクタリング会社(運営会社)を厳選して紹介しましょう。
*手数料は状況によって変動します

ファクタリングベスト

ファクタリング/売掛金一括査定サイト
優良ファクタリング会社最大4社に相見積もり
ファクタリング一括見積もり 安い手数料

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能

《基本的なファクタリング会社》
ファクタリング相見積もり 安い手数料

《ファクタリングベストなら》
ファクタリング相見積もり 安い手数料比較

一番有利なファクタリング会社が
簡単に見つかります!

 
《ファクタリングベストの口コミ》

ファクタリング 安い手数料の会社

銀行融資もビジネスローンや個人のキャッシングも限度額いっぱい。
しかも、赤字の業績。そんな状況で、どうしても月末の人件費の支払いが厳しくなった時に救われたのが、ファクタリングでした。
人件費は、どうしても先の支払いになるため資金繰りには悩まされ続けています。
そんな当社にとってファクタリングは、今や最後の砦です。

>>一括見積もりはコチラから

 
株式会社フューチャーリンク
札幌市中央区北2条西28丁目1-26 エストラーダ円山3F
公式サイト:https://futurelink-cvc.net/

ペイブリッジ

広告・IT業界限定のファクタリング・請求書を売掛債権額で買取り・支払い代理・資金調達サービス、業界に特化したおすすめのファクタリング。
業界を熟知しているからこそ、審査をスムーズに進めることが可能です。
ファクタリング 手数料 安い

  • 手数料:0.5%~(低めの手数料)
  • 審査・入金:最速2時間
  • 利用額:3億円までと魅力的
  • 審査通過率:95%

 
株式会社トップ・マネジメント
東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
参考サイト:https://www.t-pb.com//

アウル経済:手数料:1%~

経営コンサルティングに強みのある株式会社アウル経済が運営するファクタリングサービス
ファクタリング会社 手数料

  • 最短2時間
  • 手数料:1%~
  • 10万円以上から1億円まで
  • 平均買取成功率:97.5%
  • 全てオンライン完結
  • 注文書も可

 
株式会社アウル経済
東京都中央区日本橋2-2-3 RISHEビル UCF4階
公式サイト:https://owl-economy.jp/

PayToday(ペイトゥデイ)

創業したばかりの会社・ベンチャー企業・スタートアップ企業・地方中小企業・フリーランス/個人事業主への支援にも強み!
小口~大口まで、AIを活用した審査で即日入金可能なおすすめのファクタリング会社
ファクタリング 手数料 安いところ

  • 即日振込:最短30分~
  • 初期費用・月額費用:完全無料
  • 手数料:1〜9.5%
  • 調達可能額:10万〜上限なし
  • 法人・個人事業主・フリーランス:様々な業種、開業すぐの方に最適です

 
Dual Life Partners株式会社
東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
公式サイト:https://duallife-partners.com/

Buy factor(バイファクター)買取金額:最小買取額20万円〜

他社から断られても買取実績多数、日本全国対応可能のファクタリング
ファクタリング 手数料比較

  • 調達時間:最短1時間後
  • 手数料:1%~
  • 審査通過率:95%
  • 買取金額:最小買取額20万円〜最大買取額5,000万円
  • オンライン完結、来店不要で手続き完了

 
誠和キャピタル株式会社
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-6 第二オンダビル2F
公式サイト:https://seiwa-c.net/

日本中小企業金融サポート機構

東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関として、中小企業に専門的な支援
ファクタリング 手数料 ランキング

  • 一般社団法人の安心感
  • 手数料:1.5〜10%
  • 印紙代なし
  • 審査結果まで30分
  • 即日振込
  • 個人事業主の対応可能

 
一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル 2階
公式サイト:https://chushokigyo-support.or.jp

事業資金エージェント

500万円以下なら最短3時間・1,000万円以下なら即日対応可のファクタリング
ファクタリング 手数料 相場

  • 調達時間:最短3時間
  • 手数料:1.5%~
  • 融資可能額:2億円
  • 担保・保証人の提供は不要
  • 税金滞納、保険料滞納でも対応可

 
アネックス株式会社
〒105-0004 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
公式サイト:https://js-agent.com/

Good Plus

法人・個人事業主を問わず、少額でも対応可能なおすすめのファクタリング会社(全国対応)
ファクタリング 手数料 口コミ

  • 調達時間:最短即日で終了簡単手続き
  • 手数料:1.5%~
  • 取引先(顧客)に完全秘密厳守
  • 土日・祝日も対応可能

 
GoodPlus株式会社
東京都渋谷区東三丁目25番3-1107号
公式サイト:https://goodplus-service.co.jp/

ネクストワン

赤字決算や債務超過でも資金調達可能、資金調達の成功率96%を起こるオススメのファクタリング会社
業界トップクラス(最低手数料1.5%〜:3社間
ファクタリング 安い手数料

  • 手数料:5%~10%
    ※3社間:1.5%~8%
  • 審査・入金:最短即日
  • 利用額:30万~上限無
  • 申込方法:面談、郵送、電子契約

 
株式会社ネクストワン
東京都千代田区内神田3-24-4 9STAGEkanda 6F
公式サイト:https://next1-one.jp/

ビートレーディング

オンライン契約導入のファクタリングサービス
ファクタリング 手数料 1%

  • 申し込みから入金まで最短2時間(以前は5時間)
  • 業界屈指の売掛金対応率98%
  • 業界最安の手数料2%~
  • 秘密厳守の徹底
  • 幅の広い売掛金に対応
  • 調達可能額:無制限

 
株式会社ビートレーディング
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
公式サイト:https://betrading.jp/

うりかけ堂

最短2時間での資金調達、クラウドサイン対応!
会社にいながら可能なファクタリング・売掛金売却
ファクタリング 手数料 相場

  • 申し込みから入金まで最短2時間
  • 業界屈指の売掛金対応率98%
  • 業界最安の手数料:2%~
  • 秘密厳守の徹底
  • 幅広い売掛金に対応

 
株式会社hs1
東京都千代田区神田須田町2-2-7 トーハン須田町ビル10
公式サイト:https://urikakedo.com/

ベストファクター

平均買取率92.2%、即日で資金調達が可能な売掛金回収:ファクタリングサービス会社です。
ファクタリング 手数料 高い

  • 手数料:2%~20%
  • 申込方法:電話・WEB・出張訪問
  • 審査通過率:92.25%
  • 振込までの日数:最短即日・60分
  • 利用額:額面30万円以上の売掛金

 
株式会社アレシア
東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F
公式サイト:https://alesia-187.jp

イージーファクター

クラウドサイン・フィンテックを活用したオンラインファクタリング
オンラインファクタリング 手数料

  • 業界最低水準の手数料(2%〜8%)
  • 最短即日振込対応
  • 個人事業主様歓迎
  • 建設業特化型ファクタリングサービスあり
  • 他社からの乗り換え特化型ファクタリングサービスあり
  • 10万円〜5,000万円まで買取可能
  • 2社間ファクタリングに特化
  • 債権譲渡登記(誰に対して債権を譲渡したのか):無し
  • 事務手数料(出張費等):無し

 
株式会社 No.1
東京都豊島区池袋4丁目2−11 CTビル3F
公式サイト:https://no1service.co.jp/

アクティブサポート

少額買取専門 ”300万円”までの資金調達ですが、請求書1枚で調達可能なファクタリング会社
ファクタリング 手数料 おすすめ人気ランキング

  • 手数料:2%~14.8%
  • 手数料以外の費用:なし
  • 債権譲渡登記の設定:原則として必須
  • 審査方法:訪問・電話・WEB
  • 審査通過率:90%
  • 審査時間:最短即日
  • 調達までの時間:即日対応可能
  • 利用可能額:原則300万円
  • 審査に必要な書類:通帳コピー・請求書・本人確認書類
  • 契約方法:郵送・来社・訪問対応
  • キャッシュフローコンサルタントの有無:◎

 
株式会社アクティブサポート
東京都豊島区南池袋二丁目13番10号 南池袋山本ビル3階
公式サイト:https://ac-s.net/

アクセルファクター

【年間相談件数3000件】買取申込額累計290億円超の取引実績・即日資金調達なら(対応エリア:全国対応)
ファクタリングの手数料を抑えるには?

  • スピード:5割以上が即日入金
  • 調達可能額:30万〜最大1億円、対面・郵送・オンライン
  • 手数料:2〜20%
  • 調達可能額:30万〜1億円

 

株式会社アクセルファクター
東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
公式サイト:https://accelfacter.co.jp/

ファクタリング福岡

最短3時間で買取!低手数料!九州・西日本エリアに特化したおすすめファクタリング
ファクタリング手数料相場一覧

  • 手数料は安心の低利率(業界最安水準の手数料2%~)
  • スピード審査で最短3時間の資金調達可能、迅速に進められます
  • 売掛金買取10万〜最大1000万対応
  • 個人事業主もOK
  • 秘密厳守他社利用でもOK
  • 保証人・来店もちろん不要
  • 経営状況(赤字・債務超過等)に関わらず柔軟な審査
  • 相談から契約まで非対面(メールや電話のみ)での買取実績あり

 
有限会社トラスト・コーポレーション
福岡県福岡市中央区春吉3丁目21番21号
公式サイト:https://nishinihonfactor.jp/

TRY

最短で即日入金!売掛金を高額で買取り、24時間365日対応可能のファクタリングのTRY
手数料の安いおすすめファクタリング業者

  • 資金化までの日数:最短即日
  • 手数料:3%~
  • 償還請求権:なし
  • 秘密主義:完全秘密主義
  • 申請の手続き:担当者のサポートでスムーズ

 
株式会社SKO
東京都台東区東上野2-21-1-4F ケーワイビル
公式サイト:https://www.factoring-try-sko.co.jp/

ソレイユ

ソレイユは、1%~15%という業界でも低水準の手数料で、最短30分で資金調達が可能。
低手数料ファクタリング

  • 2社間ファクタリングでも最高99%(手数料1%~)の高額買取を実現
  • 連絡いただいてから最短30分でお振込可能
  • ソレイユ独自の柔軟審査で高い買取率。安心の専任担当制
  • 豊富な実績があるため安全に資金調達が可能

 
株式会社ソレイユ
東京都豊島区東池袋3‐11‐9 三島ビル2階
公式サイト:https://soreiyu.co.jp/

みんなのファクタリングの評判・口コミ:完全オンライン型ファクタリング、非対面・土日祝でも最短60分振込・1万円~

よくある質問:疑問・注意点・Q&A ファクタリングを利用に関する不安を解決

債権額や取引先に問題があるなどファクタリングの審査は落ちる場合もあります。

その理由は、審査基準が各社違いますし、回収見込みのハードルも変わります。

複数業者に申し込むと手数料(買取額)が各々違うのもそんな経緯からです。

その他、疑問・質問・よくある質問(Q&A)を紹介します。

ファクタリングとは何ですか?

ファクタリングは、売掛金を支払期日を待たずに早期に現金化・資金化するための資金調達方法です。
売掛金をファクタリング会社に売却することで、現金化が可能になります。

ファクタリングの手数料は、事業者の信用度によって変わりますか?

事業者の信用度が低いと、リスクが高いと判断され、手数料が高くなる可能性があります。

赤字決算でも可能か?

赤字決算では銀行の融資は期待できません。
ファクタリングは、融資ではないので赤字決算・債務超過、負債があっても利用することは可能です。

税金の滞納があっても利用可能か?

何の問題もありません。
利用可能です。

ファクタリングの手数料は、取引の金額によってどれくらい変わりますか?

取引の金額が大きいほど、手数料も安くなる傾向があります。

起業して間もない・開業間もなくても可能か?

起業して間もなくても、ファクタリングは可能です。
手数料に大きく影響することはありません。

個人事業主でも大丈夫か?

基本的に、個人、法人を問わず売掛金があれば大丈夫です。
ただ、ファクタリング会社によって、法人のみ・業種・売上高・債券価格・エリアなどの縛りを設けている会社があります。

ファクタリングの手数料は、取引の回数によって変わりますか?

取引の回数自体は直接的に手数料に影響するものではありませんが、取引の回数が多い場合、信用力が高くなる分、手数料が安くなる・交渉の余地が増えます。

プライバシーは大丈夫か?

コンプライアンスが重要視される現状から、プライバシーに関しては各業者、きっちり管理しています。
1つの選択肢としてプライバシーマーク制度・SSL証明書・セキュリティ面強化の企業選びもおすすめです。

買取額がいくらからですか?

ファクタリングの買取額は、資金調達:上限・下限なし、10万円~の会社もあれば、100万円~、500万円~、1000万円、5000万円、限度額、MAX1億円、それ以上、様々です。

ファクタリングの手数料が高い場合、交渉することは可能ですか?

ファクタリングの手数料は、契約内容によりますが、一般的には交渉が可能です。

ファクタリングの契約は手間がかかる?必要書類は?

ファクタリングで用意するものは、各社審査の方法・契約時の契約内容(契約書)の記載によって若干変わりますが、
売掛債権(請求書・注文書・納品書)、個人の身分を確認できるもの、取引先との入出金が確認できる通帳の写しなどです。

銀行口座・預金通帳(指定期間のコピー:入出金の通帳・WEB通帳等)
その他決算書・直近の確定申告書(昨年度のもの)・納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本
初回の実施の場合は必要書類が複数になる場合もあります。
*取引が初めての場合、慎重になるため

関連公式サイト
違法な貸付(ファクタリング等)や悪質な金融業者にご注意ください:消費者庁
多重債務防止のための注意喚起:国民生活センター

≪ファクタリング手数料が高騰する主な要因≫
ファクタリングの手数料は、売掛金の買取に伴うリスクやサービスの提供コストに基づいて算出されます。手数料が高くなる主な要因には、以下のようなものがあります。

売掛金の信用度
  • 売掛先の信用状況が不安定である場合、ファクタリング会社は高いリスクを負うため、手数料が上昇します。
取引の規模
  • 小額の売掛金に対する手数料率は高くなる傾向があります。これは、取引コストが固定的な要素を含むためです。
契約の形態
  • 非リコース契約の場合、ファクタリング会社が債権回収不能リスクを負うため、手数料が高くなります。
支払いサイクルの長さ
  • 支払い期間が長い売掛金は、資金回収までの時間が長くなるため、手数料が増加します。
≪手数料高騰の対策と最適化戦略≫
手数料を適正化し、コストを抑えるためには、以下のような戦略を採用することが重要です。

★信用情報の管理と向上
売掛先の信用情報を正確に把握し、信用度の高い取引先とのビジネスを優先することで、手数料率の低減を図ります。

★一括査定の利用
複数のファクタリング会社に一括で査定を依頼し、最も条件の良い会社を選択することで、手数料の削減が可能です。

★契約条件の見直し
リコース契約や短期間の支払いサイクルを選択することで、リスクを分散し、手数料を抑えることができます。

★大口取引の交渉
売掛金の額が大きい場合、量的割引を交渉することで手数料率を下げることが期待できます。

ファクタリング手数料を巡る誤解と真実 比較検討の重要性

ファクタリングの手数料に関しては、多くの誤解が存在します。
これらの誤解は、適切な情報が不足していることや、ファクタリングの複雑な性質が原因で生じることが多いです。

ファクタリング手数料は不透明である
多くの企業がファクタリングの手数料を「不透明」と感じることがありますが、これはファクタリング会社が提供する情報の理解不足によるものです。実際には、手数料は売掛金の金額、信用度、支払い期間などに基づいて計算されます。

手数料の計算基準は明確
ファクタリング会社は、手数料の計算基準を明確に示しています。これには、売掛先の信用評価、売掛金の期間、取引の頻度などが含まれ、これらの要素に基づいて手数料が決定されます。
ファクタリング手数料は高額である
ファクタリングの手数料が一律に高額であるという誤解がありますが、実際には多様なファクタリング商品が存在し、手数料はそれぞれ異なります。

手数料は多様な要因によって変動する
ファクタリングの手数料は、取引のリスクや売掛金の性質によって変動します。また、競争の激しいファクタリング市場では、より良い条件を提供することで顧客を獲得しようとする動きもあります。
すべてのファクタリングが同じ手数料を適用する
市場には多くのファクタリング会社が存在し、それぞれが異なる手数料体系を持っています。一概に「ファクタリング=高手数料」とは限りません。

ファクタリング会社によって手数料は異なる
各ファクタリング会社は、自社のリスク管理方針やサービス内容に応じて手数料を設定しています。そのため、顧客は複数の会社を比較検討することで、最適な手数料のプランを見つけることができます。
【ファクタリングでの資金調達の流れ】

相談・申込みから契約までステップは基本的に以下になります。

  1. 相談・申込み
    各公式ホームページにある問い合わせフォームから送信。
    電話・FAX・メール・オンライン面談などで申込みに必要な書類の連絡があります
    *最近は、LINEでのやり取りという会社も
  2. 審査
    必要書類が揃ったら審査になります。
  3. 契約
    審査に通過したら電話もしくはメール等で結果が伝えれます。
    契約内容に納得したら契約締結
  4. 入金
    契約後、速やかに希望する銀行口座へ振込みされます。

以上で一般的なファクタリング申し込みの流れです。

 

調査中の案件

現在、ファクタリングの手数料に関しては、お問合せを頂いた業者、口コミや評判から見つけたファクタリングを調査しています。

  • QuQuMo:1〜14.8%
  • anew:2〜9%
  • OLTA:2〜9%
  • GMO BtoB早払い:2〜10%
  • 株式会社JTC、Terasu、株式会社三共サービス、K2ソリューションズ、olta(オルタ)、マネーフォワード アーリーペイメント、えんナビ、ペイトナーファクタリング(手数料は一律10%・最短10分)、株式会社ウィット、
    中小から大手、利用可能対象者が法人専用・個人専用、業種に特化した業者(運送業・建設業・IT業・印刷業・フリーランス・個人事業主等)

など、少しでも安い手数料を実現できる会社、簡単診断できるサイト、無料査定サイトを含めて今後アップしていきたいと思います。

提出書類は、身分証明書、請求書、通帳の提出程度ですから、気軽に活用したいところです。
*決算書等は基本的に必要ありません。

資金調達手段としてファクタリング手数料:記事まとめ

ファクタリングは、資金調達のスピードと柔軟性を企業に提供し、資金繰りの問題を即解決する強力なツールです。
そのため、特に現金流が企業の成長に直結しているスタートアップや中小企業にとっては、銀行融資のような従来の資金調達手段ではなく、ファクタリングを選択することで、ビジネスの機動力を高め、市場の変化に素早く対応することが可能になります。

ファクタリングは、まだまだ知名度低いかもしれません。

企業経営者・財務担当者でさえも認識していないほどの資金調達方法です。

手形割引や不動産投資融資が中心の会社も多いかもしれません。

100万円の請求書を

  • 手数料5%(掛け目95%):95万円で買取
  • 手数料20%(掛け目80%):80万円で買取

手数料で大きく変わります。

悪質業者にご用心

ただ、ファクタリング会社は、そもそも認可事業でも貸金業でもないため、ファクタリング業界にも少なからず悪質が業者も存在します。

口コミサイトなどで優良・怪しい・悪徳がある程度把握できるかもしれませんが、資金難というネガティブな要素に漬け込み、法外な手数料を提示してきます。

基本的に25%・30%を越えるケースの手数料は、
早急にお願いしたい・いくら急ぎであっても悪徳業者、金融庁も注意喚起しているため注意点として認識しておくといいと思います。
*違法な営業で契約を迫ったり、不安を煽ったり、保証料の請求、高額な手付金要求・保証金・手数料を請求したりするケース

*闇金業者がファクタリングで顧客を誘い違法な金利で金貸しを行うケースもあります。
参考ページ:ファクタリングはやばいのか?

その意味で、ファクタリングを検討している人は、
沢山のファクタリング会社に見積依頼をする形で買取額、手数料の安さの確認
大切な売掛債権を現金化することをおすすめします。

今回の記事は、

  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 医療ファクタリング
    診療報酬債権ファクタリング
  • 商品在庫ファクタリング
  • 家賃収入ファクタリング

などがある中、法人向けの一括ファクタリングを中心に、ファクタリング手数料の最新情について解説しました。

その他比較する項目として手数料以外に
買取額・入金までの時間、営業時間などと一緒に比較をおすすめします。

また、取引先との関係や、長期的なビジネス戦略を考慮して、ファクタリングを利用・検討することが求められます。

ぜひ、この機会に、複数社のファクタリングの見積もりを取ってみましょう。

≪告知:ファクタリング会社様へ≫
手数料の安いおすすめファクタリング会社として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)
 
ファクタリングとは?

ファクタリングは売掛金比較がポイント

売掛債権は時間が経てば、指定の口座に振り込まれます。

ファクタリングは、
その期間を大きく短縮し、資金繰りを助けてくれるものです。

ただ、手数料は、各ファクタリング会社によって変わります。

手数料:3%・5%・10%・15%・・・。

シンプルに一番手数料の安いファクタリング会社選びがポイントです。

”全国対応”の一括見積もりサイト”ファクタリングベスト”の活用を

  • 審査通過率9割超
  • 優良4社への相見積もり
  • 最速3時間で振込
  • 赤字・債務超過・税金滞納でも可能
  • 創業間もなくても可能
あなたの選ぶべきファクタリング会社が簡単に見つかります!

優良ファクタリング会社最大4社に相見積もり

ファクタリングベスト紹介ページへ

ファクタリングファクタリング 手数料