総合マネージメントサービス不動産担保ローンの口コミ評判と特徴解説:金利・無料審査内容・注意点もリースバック・融資返済計画

《PR・広告》

総合マネージメントサービスの評判・口コミ:不動産担保ローン融資の無料審査・リースバック・融資返済計画シミュレーション 不動産担保ローン
不動産ニュース

クラモア(東証プライム上場のスターツコーポレーションのグループ会社)の調べでは、
ここ1年間で約300万円アップ5年1000万円アップのデータが紹介されています。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません

当たり前ですが、住宅ローン金利が上昇すれば、
・返済苦の人が出ます。
・購入者の融資額が減り・購入希望額が下がります。
必然的に、不動産市況に影響を与えます。

株価も急激な上昇で新高値を更新している現状。
バブル崩壊の悲劇が薄れている現状だからこそ、
真剣に資産に向き合うことをおすすめします。

このタイミングで家の価値を確認することで、

  • オーバーローン・アンダーローンの確認
  • 近隣の不動産市況・売買実績の確認
  • 同じマンション内・近所の売り物件の確認

また、家の価値が想像以上に高ければ、老後資金等、気持ちに余裕もできます。

マンション売却体験談としてブログ形式で紹介してありますので、
家の価値の仕方や売却の考え方などの参考になればと思います。

マンション売却体験談はコチラ


 

総合マネージメントサービス

不動産担保ローンに関しては、これまでにも何社か紹介しました。

マイホームを担保にお金を借りるシステムとして非常に有効な融資の手段ですが、

なんとなくイメージが悪いと感じている人も少なくないようです。

消費者金融、人によっては闇金レベルで考えている人もいるようです。

今回紹介する総合マネージメントサービスは、
不動産を担保に融資だけでなく、

  • 売却前提の不動産つなぎローン
  • 住んだままOKのリースバック

資産活用を前提とした不動産コンシェルジュ的な存在です

日本貸金業協会(日本貸金業協会会員第003672号)だけでなく、東京都宅地建物取引業協会:東京都知事(4)第81043号宅地建物取引業にも登録の正規貸金業登録業者です。

不動産担保ローンだけでなく、資産活用(売却・任意売却・リースバック等)に関して相談に乗ってくれるわけですから、安心できると思います。

本記事では、総合マネージメントサービスの特徴、おすすめポイント、メリット・デメリット、利用者の評判口コミ・感想、またよくある質問まで徹底解説します。

不動産担保ローン・資産活用

不動産担保ローンを行う人は、

  • 融資額(いくら融資してくれるか?)
  • 金利・利率(融資金利は高いか?低いか?)
  • 返済期間(企業圧迫しない返済期間なのか?)

比較が基本です。
厳密に言うと、担保があるからと言って審査は甘くありません。
他社の融資額をおとりに釣り上げる作業が必要です。
*登記簿謄本などの準備は必要ありません

そこで、

総合マネージメントサービスと併せて比較するといいと思います。

総合マネージメントサービス・不動産担保ローンの金利 審査・融資額情報・特徴を紹介:こんな方におすすめ

お金を借りたいと思った時に真っ先に思い浮かべるのが、キャッシングではないかと思います。
アイフル・アコム・プロミス・レイク・モビット・・・。

テレビCMで刷り込まれているため、お金を借りるならキャッシング(カードローン)というイメージが強いのではないか?
っと思います。

しかし、総合マネージメントサービスの強みである不動産担保ローンは、本来、真っ先に考える融資の方法であることは間違いありません。

単純にローン金利を見ただけでも、

  • キャッシングの場合、3.0%~18.0%とは書かれていますが、実際のところ15%程度です。
  • 不動産投担保ローンの場合、6%程度です。

さらに、融資額に関しても、

  • キャッシングの場合、最大800万円などとは書かれていても実際は30万円程度が限度額です。
  • 不動産担保ローンの場合、担保価値にもよりますが、100万円単位は当たり前です。

不動産を担保にするため、

  • 金利の交渉
  • 融資額の交渉

も難しくはありません。

総合マネージメントサービスは、

資金使途 自由
年利 年利3.4%~9.8%
遅延損害金 年20.0%
収入証明 必要
※源泉徴収書、給料明細書など
返済期間 最長35年(1回~420回)
返済方法 元利均等・自由返済・一括返済・ボーナス併用返済等
保証人 原則として不要
融資金額 30万円~5億円(5億以上要相談)
担保 対象物件に抵当権、根抵当権設定。
物件については火災保険に質権を設定。
何番順位でも可。
融資迄 最短3日(但し物件状況、ご融資の条件により更に日数を必要とする場合もございます。)
(所有権・底地・借地・担保提供・共有名義・共有持分可能)
※相続及び税務問題についてもご相談ください。

がベースとなっています。

ローンご契約時 必要書類

資金調達を検討している人へ

必須 書類 部数
土地・建物登記簿・謄本
各1部
公図(写)
1部
評価証明書(土地・建物)
1部
住民票
世帯全員、省略無しのもの
1部
印鑑証明書
4部
借入金残金証明書
償還予定表があれば添付
1部
給与証明書(源泉徴収票)
または給料明細
1部
確定申告書
1部
住民税決定通知書
1部
身分証明書
保険書・運転免許証・パスポート等
1部

【ローンご契約時 諸費用】

  • 登記費用(実費)
  • 収入印紙代
  • 火災保険料
    又は家財保険質権設定の為)
  • 事務手数料(融資金額の1~5%)

総合マネージメントサービスの会社の強み メリット・デメリット、おすすめポイント

  • 急な出費でお金が必要
  • 治療費・医療費が発生
  • 会社の事業資金の補填

など、いつお金が必要となるか分かりません。

手軽で簡単、即日でお金を借りられるのがキャッシングかもしれませんが、
少しでも時間があるのであれば総合マネージメントサービスに相談をオススメします。

総合マネージメントサービスは、貸金業に特化した会社ではありません。

不動産担保ローンはもちろんですが、

  • 買い替え時の不動産サポートローン
  • 売却前提の不動産つなぎローン

さらに、

  • 売却のサポート
  • リースバックの相談

まで、不動産会社でもあります。

1:不動産担保ローン

不動産を担保に:事業資金・ローン返済・用途全般可能

【不動産担保ローン】
・住宅ローンは、住宅購入
・カーローンは、車購入
などに限定されますが、
不動産担保ローンは資金の使い道が自由なフリーローンなので、

  • 生活費
  • 冠婚葬祭
  • 物品購入
  • 旅行費用
  • 引越費用
  • 教育資金
  • 事業資金
  • 医療費用
  • 車両費用

など、様々な目的で融資可能、低金利のローン・最大35年の長期ローンの設定も可能です。

2:売却前提の不動産つなぎローン

不動産売却は、すぐに売れるとは限りません。

急ぎで3か月以内に売却したいと思っても、平均6か月程度かかりますし、着手金を受け取ってから引渡しまで残金の入金はありません。
引渡しに関しても2か月、3か月後の引き渡しとなることも少なくなく、その間にキャッシュが必要という人もいるでしょう。

また、買い替え時に、一時的にキャッシュが必要となる場合もあります。
*仲介してくれる不動産会社が段取りを取ってくれることが多いですが、その場合、不動産会社主体の売却と購入になってしまい、自身での意思決定が効きにくくなることも少なくありません。

総合マネージメントサービスは、売却基本の不動産つなぎローンを用意しています。

少しでも高く売りたいと思ったら、容易に販売価格を下げるのは得策ではありません。
場合によっては足元を見られるだけです。

売却を基本とした不動産つなぎローンは、返済は後からでOK!前借りみたいなものです。

総合マネージメントサービスの不動産つなぎローンは、
不動産売却の意思確認ができれば、売却の契約を取り交わす前に、スピーディーに融資が可能です。
*定年でも親族・第三者の家でも承諾があればOK!
*使途制限なく、日本全国の不動産が対象です。
【リースバックサービス】

セール&リースバックは、徐々に認知されてきました。

融資とは違い、今の家を売却し、その後は家賃を払う形で住み続けるものです。

  • 不動産を売却して資金作りをしたいけれど、引越したくない・子供を転校させたくない。
  • 不動産を継続利用したいけれど、親戚や知人に買ってもらうことができない。

など、これまでにもリースバックサービスとして

  • いえカツLIFE
    仲介/買取/リースバックの一括売却査定が可能!家の価値を売却方法ごとにも比較
  • 家まもルーノ
    リースバック専門コンシェルジュの一括査定サイト
  • いえオピ
    リースバックやリバースモーゲージ、お金・自宅の悩みを専属コンサルタントが無料相談
  • ピタットハウス 北浜店
    買取リースバック 、最高額で売るリースバック一括査定:株式会社 リユースホーム

などを紹介しました。

株式会社 総合マネージメントサービスも、

  • 短期での資金調達
  • 引越し不要
  • 買い戻しも可能
  • 総量規制対象外

のリースバックサービスが可能です。

*ちなみに、総量規制対象外とは、
貸金業者からの個人の借入限度額が年収等の1/3までに制限されるという規定のことです。
リースバックは融資ではなく「売却」なので、総量規制による制限を受けません。
例えば、年収600万円の方が借入できる金額は、200万円が上限となります。

>>総合マネージメントサービスの相談はコチラ

総合マネージメントサービス不動産担保融資の口コミ・評判・評価 実際に利用した方、不動産担保ローンの評判口コミ

総合マネージメントサービス・不動産担保ローンの評判口コミを知る必要があるでしょう。

Googleクチコミ、ツィッターやインスタグラム、フェイスブック、公式サイトから体験談・口コミを確認しましたが

良い口コミ・悪い口コミ・騙された・融資が断られた・信用できないなどのクチコミは確認できませんでした。

随時確認しながら、追加していきたいと思います。

総合マネージメントサービス

総合マネージメントサービス 口コミ

総合マネージメントサービス 評判

総合マネージメントサービス クチコミ

総合マネージメントサービス 最悪

総合マネージメントサービス 電話

総合マネージメントサービス 迷惑

総合マネージメントサービス 融資

総合マネージメントサービス 担保

総合マネージメントサービス 不動産

総合マネージメントサービス お問い合わせ

総合マネージメントサービス 相談

総合マネージメントサービス 宅建事業者

総合マネージメントサービス 金利

総合マネージメントサービス 査定

>>総合マネージメントサービス公式サイトへ

 

AMSの不動産活用コンシェルジュサービス(ご相談)を解説

総合マネージメントサービス(AMS)は最善のサービスを提案してくれます

  • 車を購入したい
  • 教育資金が必要
  • 医療費・介護費用が必要
  • 事業資金の調達
  • リフォーム・増築したい
  • 自宅しか不動産がない
  • 住み替え・買い足しをしたい

お金が必要なシチュエーションは様々です。

本来は、銀行から低金利で融資できれば一番でしょう。

コンシェルジュは、不動産の価値や今後のイメージに合わせてアレンジしてくれるので、是非、参考にするといいと思います。
https://www.ams-tokyo.co.jp/html/loan06.htm

よくある質問:疑問・悩みをどうする?

不安を解決・注意点をお答えします

総合マネージメントサービスを検討している人へ、よくある質問に対しての答えをまとめました。

父の自宅を担保に私が借り入れすることは可能でしょうか?

はい、可能です。お父様が健勝で、今回の借り入れについて十分に理解いただき、協力いただける場合に限り、融資を検討してくれます。

新規に事業を始めたいのですが、現在無職でも借り入れは可能でしょうか?

事業計画に無理がなく、将来的な収益が見込まれると判断された場合、無職の方でも融資が可能です

土地を売却したいのですが、買い手が見つからず困っています。売却までのつなぎ融資は可能でしょうか?

はい、土地の売却が確実であることが確認できれば、つなぎ融資が可能です。

家族に内緒で借り入れをしたいのですが、可能でしょうか?

原則として、家族に相談した上で融資が基本です。しかし、事情によっては相談に乗ってくる場合もあります。

急遽資金が必要になり、やむなく高利金融で借りてしまいました。相談は可能でしょうか?

はい、総合マネージメントサービスでは金利が低く、資金用途が比較的自由なタイプのローンも用意されています。
高利金融からの借り換えも可能ですので、気になる方はお気軽に相談ください。

父親など自分以外の所有する不動産を担保に借り入れは可能でしょうか?

はい、所有者の方から担保提供の承諾をいただくことで融資が可能です。

収入面が不安なのですが、借り入れは可能でしょうか?

不動産担保ローンは、不動産を担保とするため、比較的低金利で借り入れが可能です。返済方法などについても、相談に応じてくれます。

家族に内緒で借り入れをしたいのですが、可能でしょうか?

自身が不動産の所有者であるか、所有者の方から承諾を得ることが最低条件となります。

借り入れ可能な年齢は?

満20歳以上であれば年齢制限はありませんが、場合によっては保証人をお願いされる場合もあります。

未納税があるのですが、借り入れは可能でしょうか?

はい、総合マネージメントサービスでは納税資金としての融資も行っています
未納税については、融資実行までに支払うか、融資額から精算することが必要となります。

競売物件の購入資金について融資は可能でしょうか?

はい、競売物件の購入資金についても融資を検討してくれます。
ただし、一般の不動産担保ローンとは入札や残金納付の関係上、手続きが異なります。

決算が赤字だったのですが、借り入れは可能でしょうか?

はい、決算が赤字でも、将来的な収益が見込まれると判断された場合、融資を検討可能です。

悪徳業者の見分け方・甘い誘いに注意

「甘い誘い」には注意が必要です。広告やチラシで「絶対貸します」「断りません」「他店利用者歓迎」「まとめて一本化」「クレジットカードで現金」などといった甘い条件を提示する場合、消費者は注意が必要です。これらの広告には法外な事務手数料を請求されたり、脅迫されたりする被害が報告されています。

特に、無条件で融資を受けられるという甘い言葉には注意が必要です。適切な金利や条件で融資を受けるためには、信頼できる金融機関を選ぶことが大切です。生活相談や多重債務救済を提供する機関もありますが、その信頼性を確認することが重要です。

消費者は、広告に騙されないように注意深く行動し、信頼できる情報源を利用することをお勧めします。

「総量規制」とは

「総量規制」とは、消費者金融などの貸金業者が個人に対して行う融資の総額を、その個人の年収の3分の1以内に制限する法的規制のことを指します。

この規制は、消費者が過剰な借入れによって多重債務に陥ることを防ぎ、消費者保護を目的としています。

総量規制は、2006年に施行された改正貸金業法に基づいて導入されました。

この規制の対象となるのは、主に無担保で個人への貸し付けを行う消費者金融やクレジットカード会社のカードローンなどです。

ただし、住宅ローンや教育ローンなどの特定の目的を持つ貸し付け、また銀行の貸し付けは総量規制の対象外とされています。

総量規制によって、貸金業者は個人の年収を確認し、その3分の1を超える融資を行うことができなくなりました。

これにより、消費者が自身の返済能力を超えた借入れをするリスクが低減され、経済的な負担から守られることを目指しています。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローン相談:記事まとめ

総合マネージメントサービス(AMS)不動産担保ローンは、個人経営、自由業の方や新しく事業をはじめたい方、いろいろな理由で追加借り入れのできない方、急に数日先に資金が必要になった方などにも役立ちます。

総合マネージメントサービスは、

  • 不動産担保ローンの貸付業務
  • 不動産の総合ファインナンス
  • 不動産の売買・仲介
  • 不動産のコンサルティング業務
  • 不動産投資信託
  • 建設・内装業務

など、不動産における主要事業(商品構成・商品概要)を幅広く行っています。

そのため、金融屋というイメージではなく、融資周りを含めたコンシェルジュとして活用可能です。

  • 不動産担保ローン
  • 不動産つなぎローン
  • リースバック
  • 任意売却

などの検討している人は、不動産業務全般を扱っているため相談しやすいと思います。
是非、無料審査・無料相談・無料査定を活用するといいと思います。
*総合マネージメントサービスは宅建取引業者として東京都から免許を受けており、任意売却の相談も可能

サービスの流れ

総合マネージメントサービスの無料審査の流れは以下の4つの通りです。

  1. 【お問い合わせ】
    公式サイトのお問い合わせフォームから、
    *担保となる物件情報(住所)・融資希望金額・その他相談を送信
    入力情報:お名前・自宅住所・電話番号・携帯電話・メールアドレス・年齢・職業(会社名・電話番号)・年収・融資希望金額・融資希望日(至急・2週間以内・1ヶ月以内)・資金使途・家族に内密か?・担保となる物件所在地・物件の所有者・最寄駅・坪数、㎡数・築年数・購入年月日及び購入金額・住宅ローンの有無・他社からの借入
  2. 【正式お申し込みの為来店】
    正式なお申込み手続きを行います。
    申込書および必要書類を提出し、営業マンが綿密な打ち合わせをし、適切な案内をしてくれます。
  3. 【無料審査】
    総合マネージメントサービスが融資額を提示
  4. 【申し込み】
    融資額、年率、条件に納得したら申し込み。

    不動産担保ローンは、強気でいける融資です。
    担保を提示する以上、金利・限度額・返済期間など他社と比較し有利な借り入れをオススメします。

    〈比較サイト〉
    つばさコーポレーション
    ジェイエフシー
    日宝

  5. 【登記・融資実行】
    抵当権・根抵当権など、設定手続き。司法書士が代行し続きと同時に融資(最短3日)を実行します。

まとめ:株式会社総合マネージメントサービス・不動産企業概要

不動産担保ローンを前提とした資産活用
新たな未来生活、事業発展などのお手伝い!
>>不動産担保ローンの総合マネージメントサービス会社

≪参考サイト≫