家まもルーノの評判・口コミ:リースバック専門コンシェルジュ・一括査定サイト【家まもルーノ】

家まもルーノの評判・口コミ:リースバック専門コンシェルジュ・一括査定サイト【家まもルーノ】 リースバック

家まもルーノ

このサイトでもたびたび出てくる
老後の資金・老後の生活をどうするか?
という議論。

老後資金と言っても、

  • ギャンブル的にお金を増やすことはできません。
  • 60歳から資産形成は容易ではありません。

そこで、注目されているのがリースバックです。

今回紹介する家まもルーノは、
株式会社応援宣言が運営するリースバック専門コンシェルジュ・一括査定サイトです。

リースバックで家を高く売る!安い賃料に住む!
>>リースバック査定はコチラ

”家まもルーノ”とは

今の年金制度になったのは1959年。

  • 1959年の平均寿命は65歳で、11.2人に1人で老人を支える計算でした。

当初の年金の意味合いは、60歳から5年間の保障的な存在でした。

しかし 現状、

  • 平均寿命は80歳を超え、2.2人に1で老人を支える計算です。

2050年には、平均寿命91歳、1.4人で1人を支えているとも言われています。

年金の受給年齢は、今後上がっていく可能性すらあります。

となると、
今の生活はもちろん、長期目線で今後の人生を真剣に考えなくてはいけないのは間違いありません。

そこで、老後の生活費の確保として、
所有している不動産を売却し現金化するという考えが生まれるのは自然な流れです。

そこで、家まもルーノのメインであるリースバックという考え方が生まれました。

リースバックとは

  1. 所有しているマンション・家を不動産会社に売却
  2. そのまま賃料(リース代)を払うことで住み続けられる

サービスです。

たとえば、

  • 自宅を売却してローンを解消したいが、この家に住み続けたい
  • 引越しはできないが、資金調達をしておきたい
  • 不動産担保ローン、リバースモーゲージは条件に合わない
  • 老後の資金に不安がある
  • 借金の返済にせまられている
  • 事業資金の目処を今月中に出したい
  • 子供の学校の関係で引越し出来ない 事情がある

など、お金は欲しいけど、引越しはしたくない人、

特に高齢で

  • 現金が欲しい
  • 年金+アルファが欲しい。
  • 他の土地に移動したくない
  • 引越しが面倒

などの人に、人気です。

となると、

  • 少しでも家を高く売る
  • 少しでも安い家賃で契約する

が重要のポイントとなります。

リースバック専門コンシェルジュ「家まもルーノ」は、
たくさんの不動産業者からあなたにピッタリな買い手をご紹介する見積もり/紹介サービスです。

100社以上の不動産業者から、最高額で購入してくれる会社が分かります。
*一括査定・完全無料です。

家まもルーノの評判

>>リースバック査定はコチラ

家まもルーノの口コミ・評判

家まもルーノについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

公式サイトにセミナー参加者の声(体験談・口コミ)が掲載されていたので紹介します。

家まもルーノ 後悔

ローン返済の悩み解決

勤め先の経営状況が怪しくなり転職、マイホーム購入時よりも年収が100万ほど下がり予定していたペースでの返済ができなくなってきました。
せっかく妻とゼロから建てたこの家もこのままでは競売にかけられてしまう、そう思っていた時リースバックという手段を知りました。
家まもルーノの担当者のおかげで、愛着ある我が家にローンの返済額よりも安く住み続けることができて助かりました。

 

家まもルーノ リースバック

事業資金確保にも

昨今の不況で経営が悪化し、古くなった機材の買い替えも厳しい。
代々受け継いできた工場も自分の代で終わりか、と半ば諦めていたところ、工場を売却した上で経営を続ける手段がある、と教えていただきました。
売却した資金で設備を一新し、賃料を払いながら経営を続けています。
業績が上向きになった際は再び工場を買い戻すことを目標に日々励んでいます。

 

家まもルーノ 損する

老後の生活費確保

4年前に仕事を定年退職。
夫婦2人で質素な年金生活を送ってきましたが、人生100年時代と言われる今、この年金とわずかな貯蓄だけでどこまで生活できるのか、という漠然とした不安がありました。
知り合いの弁護士さんに勧められリースバックを利用しましたが、手元に現金を置いておける安心感とともに生活に余裕ができ、家まもルーノさんにとても感謝しています。

 

家まもルーノ やばい

相続・生前贈与にも

子供たちもそれぞれ家庭を持ち、長かったローンの返済も完了。
さてこれからは元気なうちに終活でも、と身の回りのものを整理していましたが、一番頭を悩ませたのが不動産でした。
残された子供たちに負担をかけないためにも、今のうちに現金に変え、家まもルーノを活用し生前贈与をすることに。
思い入れのある我が家から離れることなく相続対策ができ、安心しています。

 

家まもルーノ やめとけ

住み替えの一時的な住まいにも

娘もあと一年で小学校を卒業、というタイミングで突然転勤の辞令が。
急いで条件のいい転居先を探したものの、ローンもまだ残っているし娘を転校させることになるのも申し訳ないと途方に暮れていたところ、リースバックという制度を知りました。
家まもルーノを活用し、自宅を売却した資金で新居を購入でき、小学校卒業まで元の家に住み続けることができた為、家族全員大変感謝しています。

参考ページ:不動産リースバックのデメリット

 

家まもルーノの活用方法

リースバックはたしてお得なのでしょうか?

そこで、メリット・デメリットを考えてみました。

また、そこから考える、家まもルーノの活用法も考えてみました。

リースバックのメリット・デメリット

リースバック、現金化できて、引越しの必要がない訳ですが、
メリットだけでなくデメリットも存在します。

《メリット》
メリットを挙げると

  • 現金化できる
  • 引っ越す必要がない
  • 近所に人にわからない・バレない
  • 年齢制限なし
  • 買い主を見つける必要がない
  • 買い戻すこともできる
  • 財産分与が容易
  • キャピタルゲイン

等があります。

家まもルーノは、
一括査定で最高値の不動産買取会社が分かるので、
相場の確認にも活用できますし、その元でライフプランを考えれると思います。

家まもルーノ 評判

現金化でき、引っ越す必要がない
マンションを所有している場合、管理費や修繕費などの若干の費用はかかりますが、家賃はかかりません。

しかし 、生活する上でお金は必要です。

今すぐお金が必要となった場合、
不動産会社に仲介をお願いして売却したとしても、即買い主が見つかり売買は締結しません。
(6ヶ月程度)

また、不動産会社のマンション買取を利用しても、売却したマンションから引っ越さなくてはいけません。

その意味では、リースバックを活用で、
マンションを不動産会社に買い取ってもらい、家賃を払う形でそのまま住み続けることができるので引越しの必要がないのは大きなメリットです。

近所の人に気づかれない
リースバックは、権利上、不動産会社にオーナーが移行するだけですから、周りの人、近所の人に気づかれることはありません。

レインズなどの販売状況が載るわけでも、販売の経過・履歴が残るわけでもありません。

今までと変わらない生活である以上、そもそも気付かれるワケがありません。

買い主を見つける必要がない
リースバックは、不動産会社がそのまま買取るため、
一般的なマンション売却で発生する

  • 媒介契約
  • 内覧準備・内覧
  • 買主のローン審査

は必要ありません。

家まもルーノで買い手探しを行う場合、
リースバック専門コンシェルジュが、すべて段取りをつけてくれます。

  • 何社もやり取りするのがめんどう
  • 結局どこを信用していいかわからない

などの手間を省けます。

コンシェルジュに要望を伝えるだけで、最適な買い手を見つけてくれます。

>>リースバック査定はコチラ

家まもルーノニュース

[業界初!リースバック一括見積り/紹介サービス]
不動産リースバック・売買仲介事業を手掛ける、株式会社応援宣言は、『家まもルーノ-リースバック専門コンシェルジュ』を、2019年2月1日(土)から本格リリース

株式会社応援宣言 | 不動産の売買仲介およびリースバックサービス
株式会社応援宣言のコーポレートサイトです。不動産の売買仲介および賃貸仲介をしている渋谷区にある会社です

家まもルーノ 口コミ

生前贈与・財産分与が容易

不動産における財産分与は、その処分で意外ともめます。

生前にリースバックで現金化できることで、遺留分を現金で渡せるため相続が明確になります。

また買戻しもできるので、相続人(子供)が、その不動産を購入も可能です。

《デメリット》
デメリットを挙げると

  • オーバーローン状態では利用できない
  • 安く買いたたかれる場合がある
  • 近隣より家賃が高くなる場合もある
  • 買戻しの価格が高くなる場合もある

オーバーローン状態では利用できない
リースバックは、不動産会社の救済サポートではありません。

住宅ローンが残っていたり、抵当権がついていても申込は可能ですが、
そもそも、買い取っても住宅ローンが残るようでは、家賃の見通しがたちません。

よって、オーバーローンの状態では、リースバックは断られると考えたほうがいいでしょう。

安く買い取られる
リースバックで、一番注目されるのが、いくらの金額で買い取ってくれるのか?

気になるところだと思います。

結論から言えば、安く買いたたかれます。

一概に数字を出せませんが、相場の20%~30%くらい安く設定されると思っておいた方がいいと思います。

筆者の経験になりますが、
リースバックで有名がハウスドゥに査定を行った時、売却査定9,000万円の物件を5,400万円でリースバック査定されました。

ただ、この時は、試しに1社だけにお願いしたものです。

家まもルーノの場合、
多くの不動産会社にリースバック査定が可能です。
1社ではなく複数社に査定となるので、そこに競争が生まれます。

納得のいく価格でなかった場合、

  • コンシェルジュに値上げアップ交渉をお願いできます。
  • コンシェルジュに再度、査定をお願いします。

ダメ元であっても、交渉は可能です。

競争が起きているからこそ、価格交渉が可能です。

近隣より家賃が高くなることも
買取後の家賃(リース代)についても気になるところでしょう。

そもそも、近隣の相場より家賃が高いのであればリースバックを使う意味は薄れます。

一般的な賃貸マンションは、
近隣の相場に合せる形でオーナーが家賃を設定するため、管理費・修繕積立金が高いマンションでも、家賃が近隣相場とそう変わりません。

対してリースバックの場合、
管理費・修繕積立金・固定資産税をしっかり計算されます。
さらに管理費・修繕積立金は上がっていくものですのですので、それを加味されることで相場より高くなる場合もあります。

そもそも、売却する・賃貸するというセットで確定しているため、不動産会社に足元を見られているという側面があることを忘れないほうがいいでしょう。

だからこそ、家まもルーノの強みを最大限に活かしたいところです。

リースバックは、
家を高く買ってもらうことに目がいきがちです。

しかし、家賃も無視できなません。

近隣の家賃相場より2万円高かった場合、
・1年で24万円です。
・10年で240万円です。
・20年で480万円です。
・・・・。

  • 家を高く買ってくれる不動産会社
  • 家賃設定の安い不動産会社

このバランスを、家まもルーノのコンシェルジュに一任することで、
面倒なライフプランを考えることなく、賢いリーズバックが実現できます。

参考ページ:リースバックの買戻し、メリット・デメリット

買戻しの価格が高くなる

本来、時間が経つごとに資産価値は下がっていくものです。

リースバックは買戻しを前提としているものではありません。

長期的に賃料収入得るビジネスモデルでもあるため、買取時は、その時の相場になります。

場合によっては高くなることもあります。

家まもルーノの口コミ

よくある質問:Q&A

  • Q:査定にお金はかかりますか?
    A:無料で査定が可能です
  • Q:名義人以外でも手続きできますか?
    A:名義人の同意があれば手続き可能です
  • Q:古い物件でも大丈夫ですか?
    A:大丈夫です。まずは一度、相談をおすすめします
  • Q:マンションでも大丈夫ですか?
    A:マンションでも一軒家でも店舗でも全て対応しています
  • Q:お金の使い道に制限はありますか?
    A:ありません。用途は自由です
  • Q:賃貸契約の期限などはありますか?
    A:ありません。通常の賃貸と同様2年ごとに更新契約をして住むことが可能です

家まもルーノのリースバック

家まもルーノの活用方法は、何となく理解してもらったと思います。

ただ、本当にリースバックが得なのか?

リースバックは損か?得か?

普通に不動産(家・マンション)を所有し、
キャピタルゲインを得ようと思えれば、リースバックは損です。

仲介での売却の方が、高く売れます。

心配な人は、

  • 仲介での売却(普通の売却)査定
  • リースバック査定

両方の査定額を確認してもいいと思います。

100社以上に一斉に査定
リースバックで家を高く売る!安い賃料に住む!
>>リースバック査定はコチラ

参考サイト