2024年度の庭のリフォームで使える補助金・助成金制度を解説!種類別の費用や申請ポイント・注意点をご紹介(外構工事等)

《PR・広告》

2023年度の庭のリフォームで使える補助金・助成金制度を解説!種類別の費用や申請ポイント・注意点をご紹介(外構工事等) リフォーム
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。

ただ、
申請業者が限定(*注意)されていたり、
申請時期や予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

そのため、自己判断はおすすめできません。

スーモがこの問題を解決!
補助金の確認はコンシェルジュに相談

そこでオススメしたいのが、

  • 補助金情報・リフォームプランを確認・比較できる
     
  • リフォーム会社選びをコンシェルジュに相談できる

SUUMOリフォームの活用です。

SUUMOは、賃貸物件の検索サイトだけだと思っていますか?

《ここが違う》
SUUMOリフォームは、

  • 複数の見積もりを一回で比較検討できる
  • 優良リフォーム会社のみ登録されているため安心して依頼できる
  • お断り代行あり
     見積もりを取っても契約の必要なし

疑問、質問がサクサク解決していくため、
スムーズにリフォーム・リフォーム会社選びが可能です。

SUUMOリフォームの評判・口コミ:家づくり相談”スーモカウンター”によるおすすめリフォーム会社紹介

また、リフォームプランの相談やリフォーム会社へお断りサービスもあるため、無駄な手間を省くことができます。

 

まずはSUUMOリフォームに登録

【登録はこんな流れです】
コンシェルジュの質問に回答していくだけ。
物件情報・リフォーム箇所・希望予算・連絡等を入力

リフォーム見積サイト

そもそも、悪質業者が多いリフォーム業者業界ですから、
厳しい審査で管理されているSUUMOリフォームでまず確認してみてください。

中立の立場で相談に乗ってくれるコンシェルジュの存在は
非常に、心強い存在になると思います。

お住いの都道府県は?

北海道・東北 北海道青森県岩手県宮城県
秋田県山形県福島県
関東 東京都神奈川県千葉県埼玉県
茨城県群馬県栃木県
中部 新潟県富山県石川県福井県
山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県
関西 大阪府兵庫県京都府三重県
滋賀県奈良県和歌山県
中国・四国 鳥取県島根県岡山県広島県
山口県香川県徳島県愛媛県高知県
九州・沖縄 福岡県佐賀県長崎県熊本県
宮崎県大分県鹿児島県沖縄県

簡単60秒で入力完了!
リフォームプランを確認する
リフォーム 一括見積もり

【おすすめページ】
ポイ活:総額40万円以上
不動産投資相談でAmazonギフト券がもらえる!

 

庭リフォーム 補助金

みなさんのお庭は、どんな風になっていますか?

古くなったり、使い勝手が悪くなったりしていませんか?

もし、お庭のリフォームを検討しているなら、ぜひ補助金・助成金制度を活用してみてはいかがでしょうか。

国や自治体から、さまざまな補助金・助成金制度が提供されており、庭のリフォームにも利用できます。

たとえば、省エネ化や防犯性向上、バリアフリー化、環境に配慮したリフォームなど、さまざまな目的に応じた制度があります。

補助金を利用することで、リフォーム費用を抑えることができ、お得にリフォームをすることができます。

そこで、今回は、2024年に庭のリフォーム(外構・エクステリア・ガレージ等)で活用できる補助金・助成金制度について、詳しく解説します。

2024年度には、以下のような補助金があります。

・外構部の木質化対策支援事業
・介護用リフォームの補助金
・再生可能エネルギー事業者支援事業費
・自治体のリフォーム補助金・助成金

それぞれの補助金には、対象となるリフォーム内容や補助額、申請方法などが異なります。

予算がなくなり次第終了となるケースもあるので、早めに確認しておきましょう。

また、申請には一定の書類が必要となるため、事前に準備しておきましょう。

それでは、早速、庭のリフォームで活用できる補助金・助成金制度について、解説していきます。

補助金制度の基本情報とその重要性・種類

補助金制度とは、
国や地方自治体などの行政機関が、特定の目的のために行う事業に対して、費用の一部を負担する制度です。

補助金制度には、以下の2つの種類があります。

  • 補助金:事業の実施に必要な経費の一部を補助する制度
  • 助成金:事業の実施後に、一定の要件を満たした場合に交付される制度

補助金制度の申請には、一定の条件や手続きが必要となります。
また、予算がなくなり次第終了となる場合もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

庭のリフォームに補助金制度を活用するメリットは、以下の2点です。
☆リフォーム費用を抑えることができる
☆リフォームの目的を達成しやすくなる
補助金制度を利用することで、リフォーム費用の一部が補助されます。
そのため、リフォームの予算が限られている場合でも、希望のリフォームを実現しやすくなります。

省エネ化のための補助金制度を利用すれば、省エネ効果の高いリフォームを実施しやすくなります。
また、防犯性向上のための補助金制度を利用すれば、防犯性の高いリフォームを実施しやすくなります。

庭のリフォームを検討しているケースは、ぜひ補助金制度を活用してみてはいかがでしょうか。
庭リフォーム 補助金

ややこしい、補助金・助成金のシステム

補助金や助成金の利用ですが、
毎年、そのレギュレーションが変わります。

更にお住いの地域によって、
庭(外構・エクステリア)のリフォームの助成額や補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

特に、少しでも出費を少なくしたい人にとって、

悩ましいのが、

どれが該当するのか?
リフォーム箇所を調整することで似たような募集が活用できる可能性もあります。
⇒庭・外構玄関ドアリフォーム断熱リフォーム窓 (サッシ)リフォーム
・外構部の木質化対策支援事業
・介護用リフォームの補助金
・再生可能エネルギー事業者支援事業費
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
長期優良住宅化リフォーム推進事業
介護保険の住宅改修費補助
・こどもエコすまい支援事業
自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
参考:玄関ドアリフォーム補助金・助成金
・次世代省エネ建材の実証支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・こどもエコすまい支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・先進的窓リノベ事業
・こどもエコすまい支援事業
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
もう終了しているもの、次年度予算が確定しているもの様々です。
参考:窓リフォームで補助金・助成金事業

補助額が高いからと言って、満額出るとは限らないため、

  • リフォーム時において

自分で判断するよりも、
補助金・助成金申請に実績のあるリフォーム会社選びがポイントとなります。

火災保険が適用できる場合も

また、火災保険が併用できる場合もあります。

・暴風によって壁にヒビ
・大雨が原因で腐敗
・泥棒による被害
・漏電による破損・汚損

など、加入している火災保険によって適用が可能な場合があります。

ちなみに、火災保険の場合、
工事前に事前に見積額が保険会社から口座に振り込まれます。

厳密に言うと、入金後、施工会社を変更(もっと安い業者)してもかまいません。
*浮いたお金の返金の必要もありません。

補助金に実績のある
おすすめリフォーム施工会社が簡単にわかる

そこでオススメしたいのが、
一括見積もりサイトの利用です。

1回の登録で複数の会社から相見積もりを取れるサイトです。

助成金・補助金を活用した見積もり比較

庭リフォーム時の最安値比較

これなら補助金に詳しいリフォーム会社が簡単に見つかると思いませんか?

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
庭リフォーム 補助金

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望の屋根リフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

庭の工事・リフォーム補助金・助成金について 活用するメリット・デメリット

補助金を活用する際は、メリットとデメリットをよく理解し、自身の状況やリフォームの目的に合わせて検討することが重要です。

また、補助金の詳細や条件は自治体によって異なるため、事前に情報をしっかりと収集し、計画的に進めることが望ましいでしょう。

≪メリット≫

リフォーム費用を抑えることができる
補助金制度を利用することで、リフォーム費用の一部が補助されます。
そのため、リフォームの予算が限られている場合でも、希望のリフォームを実現しやすくなります。

リフォームの目的を達成しやすくなる
補助金制度は、特定の目的を達成するための制度です。
補助金制度を活用することで、リフォームの目的を達成しやすくなります。

たとえば、省エネ化のための補助金制度を利用すれば、省エネ効果の高いリフォームを実施しやすくなります。
また、防犯性向上のための補助金制度を利用すれば、防犯性の高いリフォームを実施しやすくなります。

税制優遇を受けられる可能性がある
一部の補助金制度では、税制優遇を受けられる場合があります。
住宅ローン減税や住宅設備機器の購入費用の控除などです。

デメリット

申請手続きが煩雑な場合がある
補助金制度の申請には、一定の書類が必要となります。
また、申請期限が設けられている場合もあります。そのため、事前に確認しておくことが大切です。

対象となる工事が限定されている場合がある
補助金制度は、対象となる工事が限定されている場合があります。
希望する工事が対象となるかどうかを確認しておくことが大切です。

予算がなくなり次第終了となる場合がある
補助金制度は、予算がなくなり次第終了となる場合があります。
その意味で、早めに確認しておくことが大切です。

2024年、庭のリフォームで使える補助金・利用可能な補助金 賢く活用するポイントをご紹介

庭のリフォームで使える補助金・助成金をご紹介します。

条件や申請方法を解説し、賢く活用するポイントを提供します。

・自治体のリフォーム補助金・助成金
・再生可能エネルギー事業者支援事業費
・外構部の木質化対策支援事業
・介護用リフォームの補助金
などが、該当する可能性があります。

自治体の補助金・助成金相談

緑化・ブロック塀の倒壊・危険回避・タンク設置

庭リフォームにおける補助金や助成金は、国の補助金より、

各自治体の方が、非常にバラエティにとんだものを用意しています。

地域によって環境・風習・気候が違うため、庭・外構に求められるものが変わります。

例えば、

サービスタイトル

屋上緑化の推進(東京都)
・ヒートアイランド現象の緩和
・ビルの省エネルギー等
・大気浄化
・都市景観の向上、日常的な緑とのふれあい

参考ページ:屋上緑化の推進について – 東京都環境局

エクステリアリフォーム 補助金

サービスタイトル

災害対策(地震)としてブロック塀の倒壊を回避するための補助
住宅・建築物安全ストック形成事業

【交付対象事業】
地方公共団体が地域防災計画又は耐震改修促進計画で位置付けた避難路(通学路を含む)沿道のブロック塀等の耐震診断、除却、改修等

【交付対象地域】
ブロック塀等の所有者等に対し危険回避、ブロック塀の安全確保に関する積極的な周知
(パンフレット等の資料配布や広報誌への掲載等)を実施している地域

【交付率】
耐震診断 国1/3、地方1/3、民間1/3
除却、改修等 国1/3、地方1/3、民間1/3
※一定の条件を満たすブロック塀等について地方公共団体が耐震診断を義務付けた場合、
耐震診断は国1/2、地方1/2、除却、改修等は国2/5、地方2/5、民間1/5

【交付対象限度額】
80,000円/m (耐震診断、除却、改修等の事業費総額)

参考:ブロック塀等の安全確保対策について

サービスタイトル

緑のまちなみ整備事業(千葉県流山市)
流山市では、緑豊かで災害に強い街にするため、住宅地の生垣づくり(フェンス)に対し補助制度を定めています

・1メートルあたり 4,000円以内で、設置工事費の半額を補助
・自力(DIY)で生垣の設置を行う場合は、1メートルあたり 4,000円以内で、樹木購入費の半額を補助

参考:緑のまちなみ整備事業

サービスタイトル

水資源の有効活用をしましょう(品川区)
品川区では雨水利用タンクの設置費を助成しています。
屋根に降った雨を貯めて、夏場の打ち水や植木の水やり、いざというときの水の確保にご利用できます。

助成対象
雨水タンク本体、および雨水タンク設置工事費

助成額
雨水タンク本体価格と雨水タンク設置工事費の合計の2分の1で上限5万円
(※雨水タンク設置工事費については1万5千円が助成額の上限となります。)

参考サイト:雨水利用タンク設置助成

補助対象工事や補助金額は、自治体ごとに異なります。

庭リフォーム + 自治体
等で、検索してみてください。

お住まいの自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

再生可能エネルギー事業者支援事業費(環境省)

環境省の再生可能エネルギー事業者支援事業費には、
駐車場を活用した太陽光発電設備(ソーラーカーポート)の導入を行う事業・補助金があります。

駐車場を活用した自家消費型の太陽光発電設備(ソーラーカーポート)の導入支援を行うものです。

参考サイト:再生可能エネルギー事業者支援事業費

外構部の木質化対策支援事業(塀やウッドデッキ)

外構部の木質化対策支援事業は、
建築物の外構部及び外装の木質化に係る先進的な取組の効果又は普及効果の実証を通じて課題解決に取り組む次の実証事業を対象としています。

木材・製品・技術の性能等の検証に関するもの
外構部等における木材の新たな利用方法等を企画し、性能等を確認するもの。

利用者や社会に及ぼす効果等の把握に関するもの
木質化した外構施設又は外装が利用者や社会に及ぼす効果等を把握するもの

塀やウッドデッキで助成金がもらえます
参考ページ:外構部の木質化対策支援事業

介護保険の住宅改修費

要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修、バリアフリー化工事が助成対象になります。
・手すりの取付け
・段差の解消
・滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
・引き戸等への扉の取替え

支給限度基準額
20万円

補助金の申請方法と必要な書類の準備

補助金の申請方法と必要な書類の準備について、一般的な流れをご説明いたします。

[補助金の申請方法]

  1. 補助金プログラムの特定
    まず、適用可能な補助金プログラムを特定します。
    インターネットでの検索、自治体や関連機関のウェブサイトを通じて情報を集めることで行います。
  2. 条件と要件の確認
    適用できる補助金を見つけたら、その条件や要件を確認します。
    補助金の対象となるプロジェクトの種類、申請期限、必要な書類などが含まれます。
  3. 書類の準備
    申請に必要な書類を集め、適切に準備します。
    計画書、見積書などが含まれることが一般的です。
  4. 申請書の記入
    指定された申請書を正確に記入します。
    オンラインで提出する場合もあります。
  5. 書類の提出
    必要な書類をすべて集めたら、指定された方法で申請書と共に提出します。
    提出は郵送またはオンラインで行うことが多いです。
  6. 審査を受ける/補助金の交付を受ける

補助金によって提出を求められる書類は様々ですが、自治体のホームページや窓口で確認することができます。
また、補助金申請には、事前に補助対象となる経費・補助の割合・上限額などを確認する必要があります。

庭リフォーム 補助金申請

補助金申請の際の注意点

補助金の申請は複雑で手間がかかることが多いですが、適切に準備し申請を行うことで、リフォーム費用の負担を大幅に軽減することができます。

補助金の詳細は、それぞれのプログラムや自治体によって異なるため、最新の情報を確認することが重要です。

補助金申請の際の注意点は、以下のとおりです。

申請資格や対象となる工事内容を必ず確認する
申請資格や対象となる工事内容を満たしていない場合、補助金の交付を受けることができません。
必ず確認しておきましょう。
必要書類をすべて揃えてから申請する
必要書類に不備があると、申請が却下される可能性があります。
すべて揃えてから申請しましょう。
申請期限を守る
申請期限を過ぎると、申請を受け付けてもらえません。
申請期限を守りましょう。
審査の基準を理解する
補助金の審査は、各制度によって基準が異なります。
審査の基準を理解して、審査に通るように工夫しましょう。
申請書は丁寧に作成する
申請書は、丁寧に作成しましょう。
誤字脱字や不備があると、審査に不利になる可能性があります。
申請後も連絡を密に取る
申請後も、担当者からの連絡に応じて、必要に応じて補足資料を提出するなどの対応をしましょう。
また、補助金制度は、予算がなくなり次第終了となる場合もあります。そのため、早めに確認しておくことが大切です。

庭リフォーム補助金・助成金申請を依頼する業者の選び方を解説

庭のリフォームに関する補助金や助成金の申請を依頼する業者を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

適切な業者を選ぶことで、申請プロセスがスムーズに進み、成功の可能性が高まります。

庭リフォーム補助金・助成金申請を依頼する業者の選び方のポイントは、以下のとおりです。

★専門知識と経験
補助金や助成金の申請には専門的な知識が必要です。経験豊富な業者は、申請プロセスを正確に理解しており、効率的に申請手続きを進めることができます。

★過去の実績
過去に同様の補助金や助成金の申請を成功させた実績がある業者を選びましょう。実績がある業者は、申請書類の適切な準備や審査プロセスのノウハウを持っています。

★地域の知識
補助金や助成金のプログラムは、地域によって異なることが多いです。そのため、地元の業者や、対象地域の制度に詳しい業者を選ぶことが望ましいです。

★評判と口コミ
他の顧客からの評判や口コミは、業者の信頼性を判断する上で重要な指標です。良好な評判を持つ業者は、信頼できるサービスを提供する可能性が高いです。

★明確な料金体系
申請代行にかかる費用は明確で透明であることが重要です。隠れた費用がないか、事前に料金体系を確認しましょう。

★コミュニケーション能力
申請プロセスにおいては、業者との密なコミュニケーションが必要になります。相談や質問に対して迅速かつ的確に対応できる業者を選ぶことが望ましいです。

★アフターサポート
申請後のフォローアップや、必要に応じた追加サポートを提供する業者を選びましょう。

自治体に相談する
自治体によっては、補助金制度の申請をサポートする業者を紹介してくれる場合があります。

業者を探す際には、複数の業者から見積もりを取るなどして、比較検討することをおすすめします。

また、業者と契約する際には、必ず契約書を交わすようにしましょう。
契約書には、補助金制度の申請に関する費用や、申請が却下された場合の対応などについて、明確に記載しておくことが大切です。

よくある質問
リフォーム費用相場・利用基準・対象者・注意する点

庭リフォームの費用はいくらくらいか?

庭リフォームの費用は、工事内容や施工業者によって大きく異なります。

一般的には、1坪あたり10万円から30万円程度が費用相場と言われています。
具体的な費用については、リフォーム会社に相談して、見積もりを取ることをおすすめします。

庭リフォームの工期はどれくらいか?

庭リフォームの工期は、工事内容によって異なります。
例えば、ウッドデッキの設置工事であれば、2週間から1ヶ月程度が目安です。
また、庭の舗装工事であれば、1ヶ月から2ヶ月程度が目安です。

庭リフォームのメリットは?

庭リフォームのメリットは、以下のとおりです。
・見た目や使い勝手を改善できる
・安全性を高められる
・省エネや防犯効果を高められる
・資産価値を高められる

庭リフォームのデメリットは?

庭リフォームのデメリットは、以下のとおりです。
・費用がかかる
・工事期間がかかる
・騒音や粉塵が発生する

庭リフォームの時期はいつがいい?

地域の気候によりますが、一般的には春か秋が作業に適しています。
過度な暑さや寒さは作業を困難にします。

庭リフォームの時期は、以下のとおりです。

春(3月~5月):植栽の時期で、新緑を楽しむことができる
夏(6月~8月):工事が早く進む
秋(9月~11月):植栽の時期で、秋の紅葉を楽しむことができる
冬(12月~2月):工事費が安い

庭リフォームの業者の選び方は?

庭リフォームの業者の選び方のポイントは、以下のとおりです。
・実績がある
・保証がある
・見積もりが明瞭
・対応が丁寧

庭リフォームのよくある失敗例は?

庭リフォームのよくある失敗例は、以下のとおりです。
*予算をオーバーする
*工事内容を後悔する
*業者の対応に不満がある

庭リフォームのトラブルを防ぐためには、以下のことに注意しましょう。

  • 事前に十分な情報収集をする
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 契約書をよく確認する

庭リフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

庭リフォームは自分(DIY)でできますか?

はい、庭のリフォームはDIY(自分で行う)で可能ですが、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。

DIYで庭リフォームを行うメリット
・費用を抑えることができる
・自分のイメージ通りにリフォームできる
・達成感を得ることができる
DIYで庭リフォームを行うデメリット
・技術や知識が必要になる
・時間と労力がかかる場合がある
・失敗する可能性がある

庭のデザインと計画、法規制と制限

DIYで庭のリフォームを行う際の主なポイントは以下の通りです

スキルと知識
庭のリフォームには、植物の知識、土壌の理解、必要な工具の使い方など、特定のスキルと知識が必要です。
初心者の場合は、小規模なプロジェクトから始めることをお勧めします。

計画
プロジェクトを始める前に、庭のデザインと計画をしっかりと立てることが重要です。
どのような植物を植えるか、パスやデッキの配置などを考慮してください。

予算
必要な材料、工具、植物などのコストを考慮して予算を立てます。
DIYはプロに依頼するよりもコストを抑えられることが多いですが、予期せぬ出費も考慮に入れるべきです。

時間と労力
庭のリフォームは時間と労力を要する作業です。
特に大規模なリフォームの場合、数日から数週間かかることもあります。

安全性
DIYプロジェクトでは安全が最優先です。
適切な保護具を使用し、特に機械を使用する際は安全に注意してください。

法規制と制限
一部のリフォーム作業は地域の法律や規制によって制限されている場合があります。
特に構造物を建設する場合は、地域の建築規則を確認してください。

DIYリフォームは非常に満足のいく経験になる可能性がありますが、プロジェクトの規模や自分のスキルに応じて、プロの助けを借りることも検討すると良いでしょう。

庭リフォーム 助成金

庭のリフォームの補助金・助成金;記事まとめ

庭のリフォームを検討している方は、補助金・助成金制度を活用することで、費用を抑えることができます。

国や自治体によって提供されている補助金・助成金制度は、主に以下の2種類に分けられます。

  1. 省エネ・防犯・バリアフリーなどの目的達成を支援する補助金
  2. 地域振興や住環境の向上を支援する補助金

省エネ・防犯・バリアフリーなどの目的達成を支援する補助金は、リフォームによって省エネや防犯、バリアフリーの性能を向上させることを目的としています。

地域振興や住環境の向上を支援する補助金は、地域の活性化や住環境の向上を目的としています。

補助金・助成金の対象となる工事内容や補助率は、制度によって異なります。

補助金・助成金を利用するためには、申請資格や提出書類などの要件を満たす必要があります。

庭のリフォームを検討している方は、お住まいの自治体のホームページなどで、補助金・助成金制度の情報をご確認ください。