リトライの評判・口コミ:住宅ローン返済・滞納でお困りの方、任意売却無料相談・メリット・デメリット、競売回避なら:港区赤坂

《PR・広告》

リトライの評判・口コミ:住宅ローン返済・滞納でお困りの方、任意売却無料相談・メリット・デメリット、競売回避なら:港区赤坂 マンション売却・不動産売却
不動産ニュース

クラモア(東証プライム上場のスターツコーポレーションのグループ会社)の調べでは、
ここ1年間で約300万円アップ5年1000万円アップのデータが紹介されています。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません

当たり前ですが、住宅ローン金利が上昇すれば、
・返済苦の人が出ます。
・購入者の融資額が減り・購入希望額が下がります。
必然的に、不動産市況に影響を与えます。

株価も急激な上昇で新高値を更新している現状。
バブル崩壊の悲劇が薄れている現状だからこそ、
真剣に資産に向き合うことをおすすめします。

このタイミングで家の価値を確認することで、

  • オーバーローン・アンダーローンの確認
  • 近隣の不動産市況・売買実績の確認
  • 同じマンション内・近所の売り物件の確認

また、家の価値が想像以上に高ければ、老後資金等、気持ちに余裕もできます。

マンション売却体験談としてブログ形式で紹介してありますので、
家の価値の仕方や売却の考え方などの参考になればと思います。

マンション売却体験談はコチラ


 

リトライ

住宅ローンが払えなくなった…

競売になってしまう前に、任意売却で解決しませんか?

任意売却は、住宅ローンの返済が難しくなった場合に、債権者の合意を得て不動産を売却する方法です。

競売と比べてメリットが多いとされています。

今回紹介するリトライは、
住宅ローン返済が払えない・困難な方向けに、
専門的な知識と経験を持つプロフェッショナルチームを通じて、個々の状況に合わせた最適な売却戦略を提案し、金融機関との交渉から新しい住まいの確保まで、一貫したサポートを無料で提供しています。

東京・赤坂で任意売却を検討している方へ
任意売却の道を検討している方々にとって、リトライは信頼できるパートナーとして、再出発への手助けをしてくれるでしょう。

任意売却無料相談:リトライの特徴 メリット・デメリット、こんな人におすすめ

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンなどの返済が困難になった場合に、債権者の同意を得て不動産を売却し、その売却代金で残債務を返済する方法です。

簡単に通常の売却との主な違いを紹介すると、以下の3点です。

  • 債権者(金融機関;銀行)の同意が必要
  • 売却価格は債権者と相談して決定する
  • 競売よりも高値で売却できる可能性が高い

住宅ローンを借りて不動産物件を購入する際、金融機関は購入者の年収に見合った返済計画を審査します。

しかし、経済環境の変化や予期せぬ事態により、返済が計画どおりにいかなくなることがあります。

住宅ローンが滞った場合、債権者は保証している保証会社に弁済を求めます。
次に保証会社は、所有者に債務一括での返済を求めてきます。

長期分割での返済が滞った債務者には、一括での返済は難しいでしょう。
そうなると、抵当権の実行である競売へと話は進みます。

一方、任意売却は、競売に至る前に、残債務の処理を含めて債権者(保証会社など)と話し合い、物件を売却する方法です。

売却後に債務が残る場合でも、その処理も含めて債権者の同意を得なければなりません。

競売が法的処理であるのに比べ、任意売却であれば債務処理後の生活設計を含めた相談も可能です。

リトライは、もし住宅ローンの返済が難しくなった場合に、現状把握・任意売却の選択肢を検討等の相談が可能です。

住宅ローン滞納の末路・・・
住宅ローンは借金であるため、滞納期間に応じて遅延損害金が発生します。
滞納金と遅延損害金を早期に返済できれば問題ありませんが、滞納を続けると、住宅ローンを分割で支払う権利を失い一括返済を求められます。

【滞納期間と影響】

  1. 3~6ヶ月程度
    一括返済請求される可能性があります。
    信用情報に事故情報が登録され、ブラックリストに載る可能性があります。
  2. 10~12ヶ月程度
    競売手続きが始まる可能性があります。
  3. 競売
    家が強制的に売却されます。
    売却代金で残債務を返済し、不足分があれば支払う必要があります。
    場合によっては、引っ越し費用も自己負担となります。
  4. 強制退去
    競売で家が売却されると、家を出て行く必要があります。

リトライ

任意売却のメリット・デメリット

任意売却には、債務者、債権者、買い手の各当事者にとって、メリットとデメリットが存在します。

【任意売却のメリット】
債務処理の柔軟性
任意売却では、債権者(保証会社など)との交渉が可能です。
債務の処理方法を相談でき、返済計画を調整することができます。
債務残高を一括で返済するのが難しい場合でも、分割での返済や特定の条件での処理を検討できます。

信用への影響の軽減(クレジットヒストリー)
競売と異なり、任意売却では物件の価格を最大限に引き出すことができるため、債務残高を減らすことができます。
信用スコアへの影響を最小限に抑えることができます。

生活設計の維持
任意売却では、物件を売却した後の生活設計を含めて相談できます。
競売の場合、法的手続きが進行中であるため、柔軟性が制限されます。

【任意売却のデメリット】
債務残高の処理
物件を売却しても、債務が完全に解消されるわけではありません。
売却後に残った債務の処理を考慮する必要があります。

時間と手続き
任意売却は、競売よりも時間と手続きがかかります。
債権者との交渉や物件の売却プロセスを進めるために時間を要します。

市場価格の変動
物件の市場価格は変動するため、売却時の価格を予測するのは難しい場合があります。

最終的な判断は、個々の状況によります。
住宅ローンの返済が難しくなった場合は、専門の不動産会社や金融機関に相談することをお勧めします。

リトライなら
周りに知られずに相談が可能
何度でも無料で相談が可能
競売より高値で売却が可能
住宅ローン返済の悩みの相談が可能です。

関連ページ

これまでに、任意売却について、いくつかの記事を紹介しています。

任意売却とは?
任意売却のメリット・デメリット、誰に相談したらいいの?口コミ・体験談

競売になった家にいつまで住めるか?
競売のメリット・デメリット、競売を回避する方法と任意売却を考える
リトライ 任意売却

任意売却なら”リトライ”

リトライの任意売却なら
☆競売より高値で売却が可能
☆引越し費用を貰ってリスタートが可能
☆周りに知られずに相談が可能
☆何度でも無料で相談が可能
☆再出発資金が得られる可能性がある
☆報酬がかからない場合も
数々の特徴を享受することが可能です。

競売より高値で売却が可能

任意売却は市場価格に近い価格で不動産を売却できる可能性が高いです。
競売では価格が市場価格より大幅に低くなることが一般的なので、任意売却の方がより多くの債務を返済できる可能性があります。

引越し費用を貰ってリスタートが可能

売却の際に、一部のサービスでは引越し費用の支援を受けられることがあります。
これにより、経済的な負担を軽減しつつ、新たな生活を始めるための支援を受けることができます。

周りに知られずに相談が可能

任意売却サービスでは、プライバシーを重視して相談が可能です。
競売になると公的な手続きが伴うため、周囲に知られるリスクが高くなりますが、任意売却ではそのような心配が少ないです。

何度でも無料で相談が可能

多くの任意売却サービスでは、無料で相談に乗ってくれるため、状況や選択肢についてじっくりと考えることができます。

再出発資金が得られる可能性がある

競売よりも高値で売却できた場合、債務を超える売却金が得られることがあり、その余剰金が再出発の資金となる可能性があります。

報酬がかからない場合も

サービスによっては、成功報酬のみで済む場合があり、前払いや固定の手数料が発生しない場合があります。

任意売却の流れ:8つの流れ

基本的な任意売却の流れは以下になります。

  1. 「任意売却に関する申出書」の提出
    任意売却の手続きを始める前に、お客様が仲介業者を選定し、「任意売却に関する申出書」を提出します。
  2. 物件調査・価格査定
    仲介業者は物件調査を行い、その結果に基づいて価格査定書を作成します。
  3. 売出価格の確認
    お客様の意向を考慮しつつ、仲介業者の査定価格を当方が承認できるか確認します。
    注意点として、金融機関が確認していない価格での売出は、抵当権抹消に応じられない可能性があることを理解しておくことが重要です。
  4. 媒介契約の締結
    お客様と仲介業者との間で、(専属)専任媒介契約を締結します。
  5. 販売活動
    仲介業者は広範な販売活動を行います。
    定期的に「販売活動状況報告書」を提出します。
  6. 抵当権抹消応諾の審査
    購入希望者が現れた場合、当方が抵当権抹消に応じるか審査します。
  7. 売買契約の締結
    金融機関が抵当権抹消を承諾した後、お客様と購入希望者との間で売買契約を締結します。
  8. 代金決済・抵当権抹消
    売買代金の決済や抵当権抹消書類の引き渡しを行います。

参考ページ:住宅金融支援機構(融資住宅等の任意売却)

リトライは、これら複雑な任意売却手続きについて、相談から施行まで経験豊富の担当者がサポートしてくれます。

リトライの口コミ・評判

リトライについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い感想・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

公式サイトにお客様の声(口コミ・体験談)が掲載されていたので紹介します。

リトライ 口コミ

月々の住宅ローン返済が苦しくなり、数か月滞納してしまっておりました。
競売決定通知書が届き、もう駄目だと思っていたところ、リトライのホームページに辿り着き、解決頂きました。
競売では2000万円ほどになるだろうと言われていましたが相場で売却してもらうことができ2,500万円で成約し、再出発資金として手元に残していただくことができました。仲介手数料もかかりませんでした。
★競売の場合:手元に残る資金0円
★リトライの場合:再出発資金100万円GET!

リトライ 評判

病気で仕事ができなくなり、ローンの支払いができなくなりました。
住み慣れた我が家を手放す判断が出来ず、ずるずると滞納を続けてしまっていて、ローン会社からたくさん手紙が届くようになりました。
リトライで出ていくことなく不動産を手放せることを知り、手続きをお願いすることにしました。
相場での売却(競売予想と比較し+300万円)と、賃貸物件として住み続けさせて頂くことになりました。
★競売の場合:手元に残る資金0円+引越し
★リトライの場合:再出発資金GET!+今の家に住み続ける

リトライ 任意売却相談

ギャンブルで使ってはいけないお金を使いこんでしまい、ローンが払えなくなりました。
山のようにくる手紙から逃げたいと思っていましたが方法が見当たらず困り果てたところでリトライと出会いました。
ローンが2000万円が0になり、引越し費用+再出発資金を援助頂くことが出来ました。
★競売の場合:手元に残る資金0円
★リトライの場合:再出発資金+引越し費用GET!

 

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

リトライについて疑問・悩み・不安においてよくある質問・Q&Aを公式サイトから抜粋し紹介します。

相談に費用はかかりますか?

いいえ、相談に関しては無償で受けることが可能です。
気になる方はお気軽に相談してみてください。

任意売却を行う際に、何か費用は発生しますか?

いいえ、お客様からの直接的な費用負担はありません。
売却に伴う手数料などは売却代金から充当されます。

手続きを行う上で、第三者に知られることはありますか?

いいえ、リトライではお客様のプライバシーを厳守し、秘密保持の下で手続きを進めてくれます。

銀行との交渉は自分で行う必要がありますか?

いいえ、必要な打合せや交渉はすべてリトライが代行いたしますので、安心してお願いできます。

再出発支援金を受け取ることは可能ですか?

お客様の状況に応じて、支援金の受領が可能な場合があります

売却後も現在の家に住み続けることはできますか?

お客様の希望と状況によって、継続居住を可能とする解決策を提案してくれます。

数ヶ月の住宅ローン滞納がありますが、解決は困難でしょうか?

滞納があっても解決策が可能です。
状況を放置するほど難易度は高まりますので、早期に相談をおすすめします。

リトライのお問い合わせ:まとめ記事

リトライは、住宅ローンの滞納や金融的な困難に直面している方々に対して、任意売却を通じたサポートを提供するサービスです。

このサービスは、お客様が直面している住宅ローン問題を解決するために、無料の相談から始まり、任意売却のプロセス全般をサポートします。

リトライでは、お客様が負担する費用は発生せず、売却によって得られる代金から手数料等が分配されるため、経済的な負担を感じることなくサービスを利用できます。

プライバシーを重視し、第三者に知られることなく手続きを進めることが可能です。

また、銀行との交渉や必要な手続きはリトライが代行するため、お客様はその過程で生じるストレスや手間を最小限に抑えることができます。

さらに、お客様の状況に応じて再出発支援金を受け取ることができる場合があり、売却後も現在の住宅に住み続ける解決策を提案することも可能です。

滞納が続いているという状況でも、リトライはより良い条件での解決策を提供することが可能です。

早期の相談が重要であり、問題を放置すればするほど状況は悪化するため、早めにリトライへの相談を検討することをお勧めします。

リトライは、困難な状況にあるお客様が一歩前に進むための信頼できるパートナーとなり得るでしょう。

《参考サイト》
株式会社ネクサスプロパティマネジメント

  • 東京都港区赤坂3丁目11-15 VORT赤坂見附5F
  • 宅地建物取引業免許番号
  • 国土交通大臣(1)第10311号
  • 公式サイト:https://re-try.org/