利回り不動産の評判・口コミ:1万円からできる不動産投資、不動産クラウドファンディング、利回り不動産

利回り不動産の評判・口コミ:1万円からできる不動産投資、不動産クラウドファンディング、利回り不動産 不動産クラウドファンディング
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

利回り不動産

ロンブーの田村淳さんの広告見たことありませんか?

以前、

  • 不動産クラウドファンディング
  • 不動産投資
  • REIT(リート)

を3つを比較しました。
*不動産投資・クラウドファンディング・REIT(リート)3つを比較

各々メリット・デメリットがありますが、
一番手軽に始められるのが不動産クラウドファンディングであることは間違いありません。

1万円(少額)から不動産投資ができますし、面倒な不動産管理業務もありません。

今回紹介する「利回り不動産」は、
不動産会社(運営:株式会社ワイズホールディングス)としての実績を活かし、購入に多額の資金が必要な不動産を、小口化し少額・短期間で始められる不動産クラウドファンディングによる新しい不動産投資サービスになります。

1万円からできる不動産クラウドファンディング

【こんな方におすすめ】
・リスクの少ないクラファンを始めたい
・とりあえず、口座開設だけしておきたい
・ワイズコイン2,000円分が欲しい
>>利回り不動産公式サイトへ

”利回り不動産”とは

不動産クラウドファンディングに関しては
以前、COZUCHI(コヅチ)を紹介しました。

このところ、プロパティエージェントが”Rimple”、FANTAS funding、SYLA FUNDING(シーラ)・リノシー:RENOSY クラウドファンディング、CREAL(クリアル)など続々と不動産投資会社が参入しています。

『利回り不動産』を運営する株式会社ワイズホールディングスは、
ホテル用地やレジデンスを中心に不動産開発、不動産仲介事業、不動産賃貸事業、
主に単身者向け・駅徒歩圏内の立地にこだわり、構造は鉄筋コンクリート造、スマートロックをはじめとしたIOT機器を導入し、
安心、快適、便利な自社マンションブランド「リブタス」を展開しています。

また、グループ会社による管理体制、太陽光パネルの設置、周辺環境や立地とIOT設備による安定した入居率など不動産経営サポートにも実績があります。

利回り不動産は、
このワイズホールディングスの長年の実績・培ってきた経験・サポート体制を活かし不動産経営をクラウドファンディング化しています。

なぜ、投資をするのか?

老後2,000万円問題を発端に、老後資金は自分で作りましょう!!

  • 自分年金
  • 私的年金
  • 私設年金

など、
公的年金とは別に、定年後・老後の資産運用が注目されました。

そもそも日本人は、金融リテラシーが低いと言われます。

投資 = 投機 = ギャンブル

この区別もできず、

  • 短期投資
  • 中期投資
  • 長期投資

の考え方も曖昧であったのは事実です。

投資 = ギャンブル 

というイメージも強い為、
セロリスクでなければ投資に値しないというマインドさえ根付いています。

しかし、そのイメージも薄れてきました。

クラウドファンディングの違い

そもそも、家賃収入を得るイメージのある不動産投資。

不動産投資と不動産投資クラウドファンディング(利回り不動産)、
一般的に不動産に投資して家賃を得る(分配する)、大きな違いはありません。
*例外:底地案件(借地権)、残土(ざんど)受け入れ地などもあります

しかし、投資の形に大きな違いがあります。

  • 不動産投資は、金融機関から融資を受けて物件に投資することが可能です。
  • 不動産クラウドファンディングは、原資(キャッシュ)で物件(ファンド)に投資します。

不動産投資は、貯金ゼロであっても、
年収500万円以上あれば、信用枠で金融機関(銀行)から年収の5倍~7倍程度の融資が可能です。

不動産投資が、唯一借金してできる投資と言われる所以です。

>>詳細はコチラ

サラリーマンのワンルームマンション投資は、
利回りは低く、家賃はすべてローンの返済に回ります。
場合によっては、毎月1万円程度の持ち出しすら発生します。

しかし、この長期投資も徐々に理解されてきました。

現役中は給料やボーナスなどあるため、家賃収入は期待しない。
ローンの返済が終わる定年退職後は家賃収入が、老後の生活費になる。

これが認知され、徐々にサラリーマン投資が増えてきます。

ただ、物件価格の高値水準傾向から参加できるプレーヤーに制限がかかるようになりました。

もともと、ワンルームマンション投資は、

  • マンションの管理
  • 空室対策・客付け
  • 出口戦略

などを自身で意思決定していかなくてはなりません。

利回りが期待できない状況で、購入後の管理・空室等のリスクヘッジの判断が難しくなりました。

さらに、シェアハウス「かぼちゃの馬車」、スルガ銀行の不正融資、レオパレスのサブリース問題、TATERUの改ざん、西京銀行・・・・・など不動産投資絡みの事件によって、金融機関の審査が厳しくもなりました。

そんな状況下で
生まれたのが、〈利回り不動産〉をはじめとした不動産クラウドファンディングです。

  • 投資する物件が見えている
  • 投資利回りが想定されている
  • 手間な管理業務はない
  • 投資期間が短い

参加者のパイが一気に広がりました。

みんな(投資家)で物件(ファンド)に出資しあうため、少額で始められます。

さらに、優先劣後構造で投資リスクを軽減してくれています。

投資家を保護する優先劣後構造は、
劣後出資部分が出た場合、まず事業者がそれを負ってくれるというものです。
簡単に言うと、投資家を守る意味で、一定の割合でまず最初に事業者がリスクを負うというものです。
その割合は、劣後出資は10~60%程度

また、空室リスクを抑え安定した賃料収入を確保のため、マスターリース契約(満室保障)を行っています。

利回り不動産のファンド案件

利回り不動産のファンドにも、優先劣後構造が付いていますし、

  • 運用期間:6ヶ月~1年
  • 予定利回り:5%~8%

なので、
不動産投資とは別に短期投資のポートフォリオとして活用できます。

利回り不動産
申込期間:2022/03/08~2022/03/09

利回り不動産の口コミ・評判

利回り不動産について、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

SNS(ツィッター等)で多く聞かれる口コミのが、抽選に関することです。

利回り不動産 口コミ

抽選にまた落ちた

利回り不動産 怪しい

利回り不動産さんラークセーンしました。
幸先悪いスタートですがここから捲り返すぞ!!

利回り不動産 評判

利回り不動産さんへ
そろそろ当ててください

など、
現状(2022.02.24)、利回り不動産21号ファンド募集の前です。

沢山のファンドの中から投資したい物件を選ぶというより、

限られたファンドしかなく、更に抽選結果待ちというのが、口コミからわける利回り不動産のデメリット部分です。

>>口コミの続きはコチラ

クラファンニュース

過去のファンドを確認

  1. 利回り不動産1号ファンド(コロナード中島)
    予定利回り7:.0%
    運用期間:6ヶ月
  2. 利回り不動産2号ファンド(メゾンクレスト北大前Ⅱ)
    予定利回り:6.5%
    運用期間:6ヶ月
  3. 利回り不動産3号ファンド(ダイアパレス北五条通)
    予定利回り:6.5%
    運用期間:6ヶ月
  4. 利回り不動産4号ファンド(ラ・パルフェ・ド・札幌)
    予定利回り:7.0%
    運用期間:6ヶ月

利回り不動産

ワイズコイン

「ワイズコイン」は利回り不動産で再度投資の原資として使えます。
また、利回り不動産ではワイズコインをAmazonギフト券に交換することができ、利回り不動産での投資活動以外にお買い物にも利用も可能です。
「ワイズコイン」の有効期限はありません。

【応援型不動産クラファン】

利回り不動産と似た名前の利回りくんというクラウドファンディングがあります。
“不動産投資の民主化。人生100年時代をテクノロジーと資産運用で豊かに。”をミッションに掲げる株式会社シーラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:湯藤善行、以下「シーラ」)は、応援型不動産クラウドファンディング「利回りくん」の会員登録者数が10万人を突破しました

田村淳:夫婦別姓論者

利回り不動産の広告塔の田村淳さんが選択的夫婦別姓で炎上!

選択的夫婦別姓について、竹田恒泰先生と田村淳さんの対談で地ならしを試みるが、本心は不明。

*田村淳さんは、隣人調査・トラブル対策 トナリスクのCMも行っていますね。

クラファン会社の特徴

Rimple:Rimpleの運営会社は東証一部上場でマンション開発業者のプロパティエージェント
ジョイントアルファ:東証一部上場の総合不動産会社・東京の他、大阪、福岡などの投資用マンション
property+:飯田グループホールディングスのグループ会社
大家どっとこむ:親会社が東証2部上場の不動産業者
FANTAS funding:ANTAS fundingの運営会社はITやAIを駆使した不動産会社
CREAL:業界最大手の不動産クラウドファンディング
ASSECLI:運営会社のエボルゾーンは港区の不動産業者
TSON FUNDING:TOKYO PRO Marketに上場している不動産業者
その他、Funds、Pocket Funding、J.LENDING、CRE Funding、高島屋SL、bitREALTY(ビットリアルティ)、AGクラファン、CAMPFIRE Owners、バンカーズ、ちょこっと不動産、FUNDROP・・など。

よくある質問

利回り不動産について、疑問・質問・Q&Aなどよくある質問をまとめました。

  • 誰でも会員登録できますか?
    以下に該当する方は、利用できません。
    ■個人のお客様の場合
     ・マイナンバーをお持ちでない個人の方
     ・非居住者の方
     ・18歳未満の方
     ・75歳以上の方
    ■法人のお客様の場合
     ・法人番号をお持ちでない法人の方
     ・海外法人の方
  • 口座開設にかかる日数を教えてください。
    本登録申請をされてから3~5営業日程度です
    本人確認書類、本人確認コードの到着状況、ウェブサイトのシステムメンテナンス等の事情により、それ以上かかる場合もあります。
  • 法人名義で会員登録することはできますか?
    利回り不動産は法人も可能です。
  • マイナンバーの提出は必要ですか?
    事業者は、お客様に分配した利益について税法に基づき支払調書の作成・提出が義務付けられています。
    また、支払調書には、個人番号(マイナンバー、法人のお客様の場合は法人番号)を記載することが求められています。

『利回り不動産』の申し込み

利回り5%の投資は、そう簡単にありません。

しかし、1000万円、3000万円を投資することは現状、難しいのが利回り不動産です。

更に、抽選になる可能性がたかいため、小まめに抽選に応募しておきたいところです。

ちなみに、会員登録からファンド応募までスマホで簡単解決です。

出資応募に当選された後、口座に入金なので、あらかじめ「預かり金」や「保証金」をポジットしておく必要もありません。

少額投資になるかもしれませんが、
リスク分散の1つに利回り不動産の登録だけしておくといいと思います。

ちなみに、会員登録には・マイナンバーが必要ですので、ご用意を。

1万円からできる不動産クラウドファンディング
>>利回り不動産公式サイトへ

≪参考サイト≫