防音リフォームのメリット・デメリット解説:防音リフォームで快適生活!費用、効果、補助金の最新情報2023

防音リフォーム リフォーム
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

《補助金申請強いリフォーム会社探しなら》
SUUMOリフォーム
タウンライフリフォーム

 

防音リフォーム 補助金

日々の生活の中で、音は私たちにとって避けられない存在です。

子どもの泣き声、隣人のテレビの音、自宅での楽器演奏など、音は私たちの生活を豊かにする一方で、時と場所によってはストレスの源ともなります。

特に集合住宅での生活では、自分の生活音が近隣に迷惑をかけていないか、または、隣人の生活音が自分の生活を邪魔していないかという問題は常につきまとう課題です。

そこで今回は、
そんな音の悩みを解決するための「防音リフォーム」について詳しく解説します。

防音リフォームの基本的な知識から、

  • 防音リフォームの具体的な施工方法
  • 防音リフォーム費用
  • 防音リフォームに対する補助金の活用方法

など、防音リフォームについて知りたい方はぜひ最後までお読みください。

防音ドアリフォームの補助金について、ご存知でしょうか?

国や自治体によっては、防音ドアリフォームを対象とした補助金制度を設けているところがあります。

補助金を利用すれば、リフォーム費用の負担を軽減することができます。

「防音ドアリフォーム 補助金」に関する記事を書くことになったとのことですね。

2024年版には、以下の補助金があります。

・こどもエコすまい支援事業
・先進的窓リノベ事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・自治体のリフォーム補助金・助成金
それぞれの補助金には、対象となるリフォーム内容や補助額、申請方法などが異なります。

そこで、今回は、防音ドアリフォーム補助金について、詳しく解説していきます。

補助金制度の基本情報とその重要性

防音リフォームの補助金は、特に騒音が多い地域(例えば、空港や幹線道路の近く、自衛隊や在日米軍の基地周辺など)での住宅改修を対象としています。

国や自治体から提供されることが多く、地域によって異なる条件や支援の内容があります。

≪その重要性≫

費用の軽減

防音リフォームはしばしば高額になります。補助金を利用することで、個人の負担を減らすことができます。

生活環境の向上

騒音によるストレスや生活の質の低下を防ぐため、防音リフォームは非常に重要です。補助金はこのような改善をより手軽に実現するために役立ちます。

不動産価値の向上

防音リフォームを行うことで、住宅の不動産価値が向上する可能性があります。

ややこしい、補助金・助成金のシステム

補助金や助成金の利用ですが、
毎年、そのレギュレーションが変わります。

更にお住いの地域によって、
防音ドアリフォームの助成額や補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

特に、少しでも出費を少なくしたい人にとって、

悩ましいのが、

どれが該当するのか?
リフォーム箇所を調整することで似たような募集が活用できる可能性もあります。
⇒防音リフォーム窓 (サッシ)リフォーム断熱リフォーム
・こどもエコすまい支援事業
・先進的窓リノベ事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・先進的窓リノベ事業
・こどもエコすまい支援事業
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
もう終了しているもの、次年度予算が確定しているもの様々です。
・次世代省エネ建材の実証支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・こどもエコすまい支援事業

補助額が高いからと言って、満額出るとは限らないため、

  • 家づくり(戸建て・注文住宅)
  • リフォーム・リノベーション
  • 外壁塗装・屋根等の修理
  • 水回り・断熱や太陽光・省エネ

などのリフォーム時は、
自分で判断するよりも、
補助金・助成金申請に実績のあるリフォーム会社選びがポイントとなります。

火災保険が適用できる場合も

また、火災保険が併用できる場合もあります。

・暴風によって壁にヒビ
・大雨が原因で腐敗
・泥棒による被害
・漏電による破損・汚損

など、加入している火災保険によって適用が可能な場合があります。

ちなみに、火災保険の場合、
工事前に事前に見積額が保険会社から口座に振り込まれます。

厳密に言うと、入金後、施工会社を変更(もっと安い業者)してもかまいません。
*浮いたお金の返金の必要もありません。

補助金に実績のある
おすすめリフォーム会社が簡単にわかる

そこでオススメしたいのが、
一括見積もりサイトの利用です。

1回の登録で複数の会社から相見積もりを取れるサイトです。

助成金・補助金を活用した見積もり比較

防音ドアリフォーム時の最安値比較

これなら補助金に詳しいリフォーム会社が簡単に見つかると思いませんか?

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
防音リフォーム 補助金

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望の屋根リフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

防音リフォームとは

防音リフォームとは、住まいの中で発生する音や外から入ってくる音を抑えるためのリフォームのことを指します。

これにより、生活音や騒音に悩まされることなく、静かで快適な生活を送ることが可能になります。

また、自身の家からできる音を遮断することで、住民トラブルの回避につながります。

防音リフォームの対象となる箇所は、
床、壁、天井、ドア、窓など、音が伝わりやすい部分全てです。
これらの箇所に防音材を設置することで、音の伝わりを軽減します。

壁は、隣室や隣人の音を遮断するための重要な箇所です。

壁への防音リフォームは、防音材を壁に貼り付けるか、壁自体を防音仕様のものに交換することで行います。

レオパレスの不動産投資・アパート投資オーナーとトラブルとして

  • 防火壁未施工
  • 界壁施工不備

などが問題になりましたね。

床は、上下の階との音を遮断するための重要な箇所です。

床への防音リフォームは、防音材を床に敷くか、床自体を防音仕様のものに交換することで行います。

天井

天井もまた、上下の階との音を遮断するための重要な箇所です。

天井への防音リフォームは、防音材を天井に貼り付けるか、天井自体を防音仕様のものに交換することで行います。

ドア・窓

ドアや窓は、外部からの音を遮断するための重要な箇所です。

ドアや窓への防音リフォームは、防音ガラスを使用したものに交換することで行います。

防音リフォームの方法

防音リフォームの方法は、防音材を使ったリフォームや防音室の設置など、様々です。

具体的な方法は、リフォームを行う業者や、防音を求めるレベルによります。

  • 防音材の設置
    防音材を壁や床、天井に設置することで、音を遮断します。
    防音材には、吸音性能や遮音性能があり、それぞれの性能によって音の遮断効果が異なります。
  • ドア・窓の交換
    防音ガラスを使用したドアや窓に交換することで、外部からの音を遮断します。
    特に、交通量の多い道路沿いや飛行機の騒音が気になる場合に有効です。
  • DIY
    一部の防音リフォームは、自分で行うことも可能です。
    例えば、防音カーペットを床に敷く、防音カーテンを窓に設置するなどの方法があります。
    しかし、専門的な知識が必要なため、自分で行う場合は十分な情報収集と準備が必要です。
防音リフォームは、音楽の練習や映画鑑賞など、自由に生活を楽しむために必要です。
また、集合住宅では、近隣への音漏れを防ぐためにも重要です。

防音リフォーム:おすすめリフォーム会社の選び方・比較

防音リフォーム会社選びは、
無料見積もり・無料相談で一番理想に近い・有利な条件でリフォームが可能な会社を選び、それに尽きます

防音リフォームの場合、デザインより・機能性を重視するリフォームです。

そのため、比較サイトを中心に、複数のリフォーム施工会社から見積もりを取ることで、最適なリフォーム工事を実現できます。

まずは、多くのリフォーム会社にお問合せ・相談してみてください。

《関連ページ》
おすすめのリフォーム会社
おすすめのリノベーション会社ランキング

防音リフォームとフルリフォームの違い

フルリフォームは、住まい全体を新しくすることを目的としています。
一方、防音リフォームは、音の問題を解決することが目的です。

フルリフォームは、住まい全体を対象としますが、防音リフォームでは、音が問題となる特定の部分を対象とします。

《リフォームの費用》
フルリフォームは、住まい全体を新しくするため、費用は高額になります。
一方、防音リフォームは、部分的なリフォームなので、費用は比較的抑えられます。

《リフォームの期間》
フルリフォームは、全体を新しくするため、工事期間は長くなります。
しかし、防音リフォームは、部分的なリフォームなので、工事期間は短くなります。

防音リフォームのメリット・デメリット

防音リフォームのメリット
防音リフォームの最大のメリットは、静寂な生活空間を手に入れられることです。

これにより、音楽の練習や映画鑑賞を自由に楽しむことができます。

防音リフォームにより、近隣への音漏れを防ぐことができます。これにより、近隣トラブルを防ぐことができます。

防音リフォームのデメリット

防音リフォームのデメリットは、費用がかかることです。
しかし、その費用を考える際には、防音リフォームによる生活の質の向上を考慮することが重要です。

防音リフォームは、工事期間が必要です。
その間、生活に影響が出ることもあります。しかし、工事が終われば、静寂な生活空間が手に入ります。

[防音リフォームの流れ]

  1. 相談・見積り
    まずは、防音リフォームを行う業者に相談し、見積りを取ります。
    この際、防音を求めるレベルや、リフォームを行う部分を明確に伝えましょう。
  2. 工事内容の確認
    見積りが出たら、工事内容を確認します。
    防音リフォームの方法や、使用する防音材、工事期間などを確認しましょう。
  3. 工事の実施
    工事内容に問題がなければ、工事を実施します。
    工事期間は、リフォームを行う部分や、防音を求めるレベルによります。
  4. 工事の完了・確認
    工事が完了したら、防音効果を確認します。
    防音リフォームが正しく行われているか、自分自身で確認しましょう。

防音リフォーム費用・相場

防音リフォームの相場は、リフォームを行う部分によります。
例えば、

  • 床の防音リフォームは約9万~16万円
  • 壁の防音リフォームは約10万~18万円
  • 防音室の設置は約300万円

となります。

【費用の内訳】
防音リフォームの費用は、防音材の費用、工事費用、その他の費用(設計費用や管理費用など)で構成されます。
これらを考慮した上で、見積りを取りましょう。

[防音リフォーム費用を抑える方法]

  • 自分でDIY
    防音リフォームを自分でDIYすることで、費用を抑えることが可能です。しかし、防音効果をしっかりと得るためには、専門的な知識が必要です。
  • 補助金の利用
    前述の通り、一部の自治体では、防音リフォームに対する補助金制度があります。補助金を利用すれば、費用を抑えることが可能です。
防音リフォーム補助金の活用

防音リフォームには、騒音問題の解決や生活環境の向上を目的とした補助金が存在します。

都道府県・市町村の補助金

各都道府県や市町村では、地域の騒音問題に対応するための補助金を提供しています。

  • 対象者: 地域に住む個人や法人
  • 補助内容: 防音リフォーム費用の一部
  • 申請方法: 各自治体の窓口で申請

参考ページ:
防音工事助成 – 東京都建設局
住宅防音工事助成事業について:藤沢市
住宅防音工事の助成について:町田市

交通騒音対策補助金

主要道路や鉄道沿いに住む住民向けの補助金です。

  • 対象者: 交通騒音に悩む住民
  • 補助内容: 防音窓の設置などの費用の一部
  • 申請方法: 交通機関の管理者や自治体への申請

参考ページ:
東京都建設局の防音工事助成: 幹線道路の沿道整備に関する法律に基づく補助金。
航空機騒音対策区域における補助事業: 住宅騒音防止工事を受けた住宅に対する助成(大阪市)
環状7号線沿道の防音工事助成制度: 道路交通騒音の対策としての助成金(中野区)
航空機騒音対策(住宅の防音工事に係る費用助成): 伊丹市における市補助金。

音楽関連業者向け補助金

音楽スタジオやライブハウスなど、音楽関連業者向けの補助金。

  • 対象者: 音楽関連の事業者
  • 補助内容: 防音設備の導入費用の一部
  • 申請方法: 関連団体や自治体への申請

防音リフォームの注意点

防音リフォームを行う際には、どのレベルまでの防音を期待するのかを明確にすることが重要です。
オーバースペックにならないように、防音不足にならないようにする必要があります。

業者選び
防音リフォームの費用を抑えるためには、業者選びも重要です。
現状の室内の状態から、どの程度の防音が必要なのかを推定して、最適な防音リフォームを提案してくれる業者を選ぶと良いでしょう。
費用対効果
防音リフォームは決して安くありません。
安い見積もりを提示してくれる業者に依頼したくなりますが、その結果として安い素材で防音リフォームをされてしまい、期待するだけの防音効果が得られないことがあります。あくまでも防音することが重要ですので、あまり安すぎる業者は避けるようにしてください。
 

防音リフォーム後の生活

防音リフォーム後の生活を想像することも重要です。
防音リフォームにより、生活の質が大きく向上することを忘れないでください。

音楽を楽しむための部屋を防音リフォームした例です。
防音室を設置することで、音楽の練習を自由に楽しむことができました。

  • 集合住宅の防音リフォーム
    集合住宅での防音リフォームの例です。床や壁を防音リフォームすることで、近隣への音漏れを防ぎ、快適な生活を送ることができました。
  • 自宅映画館の防音リフォーム
    自宅で映画を楽しむための部屋を防音リフォームした例です。防音リフォームにより、映画を見る際の音量を気にすることなく、映画を楽しむことができました。
  • DIYによる防音リフォーム
    自分でDIYにより防音リフォームを行った例です。専門的な知識を身につけ、自分の手で防音リフォームを行うことで、費用を抑えることができました。

防音リフォーム:体験談・口コミ

防音リフォームを検討している方は、防音リフォーム工事を行った人の口コミや体験談が気になると思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・体験談などを探しました。

私はピアノを趣味にしているのですが、マンション住まいのため、いつも演奏するのに気を使っていました。
そこで防音リフォームを決意し、リビングを防音室にする工事を行いました。
結果、防音リフォーム後は気兼ねなくピアノを弾くことができ、趣味の時間がさらに楽しくなりました。

我が家は一戸建てなのですが、近くに飛行場があり、飛行機の騒音がとても気になっていました。
そこで、防音リフォームを行い、窓や天井に防音材を設置しました。
防音リフォーム後は、飛行機の騒音がほとんど気にならなくなり、静かな生活を取り戻すことができました。

私は賃貸アパートで生活しているのですが、上の階の足音がとても気になっていました。
しかし、賃貸なので大規模なリフォームはできません。
そこで、DIYで防音カーペットを床に敷くことにしました。
これが思った以上に効果があり、上の階の足音がほとんど気にならなくなりました。

よくある質問・Q&A

防音リフォームの費用はどのくらい?

防音リフォームの費用は、リフォームを行う部分や、防音を求めるレベルによります。一般的には、数万円から数百万円の範囲となります。

防音リフォームは自分でできる?

防音リフォームは、専門的な知識が必要なため、自分で行うのは難しいです。しかし、一部の防音リフォームはDIYで行うことも可能です。

防音リフォームはどの業者に依頼すれば良い?

防音リフォームは、リフォーム業者に依頼するのが一般的です。複数の業者から見積りを取り、比較検討することが重要です。

防音リフォーム後、どの程度静かになる?

防音リフォーム後の静寂度は、リフォームを行う部分や、防音を求めるレベルによります。しかし、適切な防音リフォームを行えば、大幅に静寂度を向上させることが可能です。

防音リフォーム:まとめ

防音リフォームは、生活の質を大きく向上させるための重要な手段です。

音の問題に悩まされることなく、自由に生活を楽しむためには、自分のニーズに合った防音リフォームを選ぶことが重要です。

また、防音リフォームの費用を抑えるためには、適切な業者の選択や補助金の利用などが重要です。

この記事を参考に、自分の生活に最適な防音リフォームを見つけて、静寂を取り戻しましょう。

音の悩みから解放され、快適な生活を送りましょう。